« May 2010 | Main | July 2010 »

June 19, 2010

信じ続けた者が掴んだ初勝利@2010 FIFA WorldCup SouthAfrica GroupLeague vs カメルーン

Js_pic_hondagoalafter_2

よく仕掛けた。

よく決めた。

よく競った。

よく耐えた。

よく戦った。

そして、よく勝った。

2010 FIFA WorldCup South Africa

Group E/Japan 1-0 Cameroon @ Free State Stadium,BLOEMFONTEIN
JPN:39'K.Honda!!!!!!!!!!!!!

FIFA.com

日本代表スタメン:GK川島永嗣"神通力"、DF駒野友一"応えた信頼"、中澤佑二"誇りを胸に果たした清算"、田中マルクス闘莉王"足りなかったピースが埋まった日"、長友佑都"ジャパニーズ・モンスター、エトーを止める"、MF阿部勇樹"全ての経験を、今ここに"、長谷部誠"逞しき背中"(→88'稲本潤一)、遠藤保仁"間に合った!"、FW松井大輔"「騙す」男の真骨頂"(→69'岡崎慎司)、本田圭佑"俺が日本を勝たせる"、大久保嘉人"らしさ、全開"(→82'矢野貴章"この時のためのスペシャルピース")

カメルーンスタメン:GKスレイマヌ・ハミドゥ、DFステファン・エムビア、ニコラ・ヌクル、セバスティアン・バソング、ブノワ・アス・エコト、MFジャン・マクーン(→75'ジェレミ)、エヨング・エノー、ジョエル・マティブ(→63'アシル・エマナ)、FWサミュエル・エトー、エリック・チュボ・モティング(→75'モダマドゥ・イドリス)、ピエール・アシル・ウェボ

-----------------------

東アジア選手権での失態、ワールドカップ出場国とのテストマッチ4連敗、直前に行われたジンバブエ代表との練習試合もスコアレス、内容・結果共に伴わない試合を続ける過程で岡田武史への信頼は地に落ち、期待感よりも悲観と諦観が世論の多くを占めていたのは間違いない。

しかし、彼らは勝った、勝ち取った。どんな状態でも下を向かず、諦めず、信じて、やりきった。その結果として得た『初めての「国外」でのワールドカップ初勝利』。その価値は重く、又尊い。

本当におめでとう!

-----------------------

"ゲームのポイント"

【色気・欲を制御し、徹底してリスクを避けたゲームプラン】

自陣で4-3(+2)でブロックを組む事もあり、ボール奪取の位置が低くなる前提の守備陣形において、奪った後にシンプルなクリア、もしくは1トップとして最前線に残る本田へのロングボールを持って押し返す形が非常に目立った。本来、これまでの日本の攻撃構築に置ける基本線はショートパスを多用したポゼッション、しかし、自陣でのロストの危険性も高く、その奪われ方如何によってはより危険な状態での応対を強いられる可能性が出てきてしまう。リスクを避けるための選択としてのロングボールの多用は、岡田武史らしい色気や欲を制御したディティールだったのかなと。

【1トップ・本田圭佑の効能】

上記にも通ずる部分ではあるけれど、決勝点を上げたと言う要素はもちろんのこと、彼がロングボールを収めた事は非常にポジティブだった。相対的な要素に置いて屈強な体躯と強さを持ったプレーヤーを避け、比較的華奢でサイズのない左サイドバックのブノワ・アス・エコトのポイントで競り合いを制す。この傾向を予めチームで共有していたこともあり、同サイドに人が集まり局面的に数的優位を生まれ、攻撃に移ることが出来、又守備に置いてもラインを上げ、ポジションを整え、又一息入れる時間を与えた。このロングボールを蹴るというディティールに置いて、そのロングボールの実効力を高めるための整備は見事な施術だった。綿密なスカウティング、チームとしての狙いの共有、もちろん本田圭佑のコンタクトへの強さとボールコントロールスキル、全てが嵌った結果だったかなと。

【松井と大久保が導き出した先制弾】

川島のパントキックを相手陣深く右サイドで本田がアス・エコトを背負いながら見事にコントロールして相手陣中央の遠藤へ落とす、遠藤は相手のアプローチをいなしパススピードの伴ったボールを松井へ。右ライン際でアス・エコトとの1vs1、松井は中央のタイミングを計りながらキックフェイクで左足に持ち替えてインスイングのキックでクロスボール、このボールに対し左サイドから大久保が斜めに入る形で中央のディフェンスを釣り、逆に逃げるようにファーへ出た本田がフリーに、その本田へ吸い込まれるようにクロスが収まり、冷静に左足インサイドで押し込んだ、という流れ。もちろん、決めた本田はもう賞賛しても仕切れない程の大きな仕事、多少の幸運はあったにしてもビッグチャンスにも動じずにきっちりとネットを揺すった事で大きな歓喜をもたらし、勝利への道標を示してくれた。ただ、その本田のゴールをお膳立てしてくれたのが松井と大久保、その仕事も称賛に値するし、素晴らしかった。

まず松井、上記の通り右サイドからの攻撃が多くなる展開の中で、彼含めて右サイドからクロスを上げるシーンはかなり多くなっていたが、大体がシンプルに早いタイミングで右足でGKとDFの間に入れるような弾道をイメージしたクロスボールばかりだった。しかし、このシーンではその早いタイミングで上げるイメージを逆手にとって大きなキックフェイクで逆を取り、余裕のある状態で良いボールを上げた。彼がサイドでボールを持つことで起点となった本田がゴール前に入る時間が出来た事も考えれば、そのプレーは少なからず価値があった。そして大久保、この試合の中でも右サイドに流れる本田が空けた中央のポジションに流れ飛び出したするシーンが見られたが、このシーンでも本田が外に流れる関係上中央でセンターフォワードの役割を担った。ここで彼の良さというか、クロスに対して斜めから本気度の伴う飛び込みを行ったことで高いカメルーンの選手達が完全に本田の存在を見失い、フリーとさせてしまった。二人の仕事が主役の活躍の場を与えたと言っても過言じゃない、それだけ素晴らしい仕事だった。

【苦境を耐え凌ぐ、アドバンテージを守る】

こうして、アドバンテージを奪うまでの条件を整えた。このゲームプランニングとディティールの整備は"リアリスト"岡田武史の真骨頂であり、又それを短期間で具現化出来た選手達のインテリジェンスと順応力は素晴らしい。

しかし、「本当の戦い」はここからだった。いくら戦術的に整えようと、ゲームプランを整えようと、スタミナが切れ、集中力が落ちる「苦しい」時間が来る。その中で相手の攻勢を耐えなきゃいけない。特に強豪と相対したとき普段にも増して緊張感を要し、コンタクトも強い、受けるプレッシャーも違う。そんな中でがくっと落ちる「時間帯」がテストマッチでも垣間見えていたし、何より「2006/6/12@カイザースラウテルン」のおぞましい記憶がある。その壁を乗り越えなきゃ世界の舞台での初勝利は上げられない。

しかし、その苦き経験を知る中澤佑二、そして「足りないピース」だった田中マルクス闘莉王を中心としたディフェンスは、守勢の中でも冷静さを失わず、跳ね返すべき箇所では強さ・高さを見せ、ボールサイドでも戦い続け、アプローチも(数回を除き)きっちりと掛け続けて相手に自由を与えなかった。不必要なファールも少なく、逆に本田圭佑がクリアボールをマイボールにし、時には突破、時にファールをもらうことでディフェンス陣に休む時間を与える。長友佑都が最も怖いサミュエル・エトーを全身全霊を掛けて張り付き、潰す、消す。それでも訪れたピンチは川島永嗣が神通力とファインセーブを持ってゴールに鍵を掛ける。チームが1つとなって集中力を保ち、声を掛け続け、戦う意志を持ち、身体を張り、1人1人が自分のタスクを全うする事で苦境を耐え凌ぐ。カメルーンが本来の力や鋭さを発揮知りきれなかったこともあるのかも知れない。しかし、その価値は落ちない。世界の舞台で「苦境を耐え凌ぎ、アドバンテージを守りきる」という世界と伍していく上での大きな成功体験のはず。大きな勝利だった。

-----------------------

4年前の悪夢を払拭し、(規模は小さいかも知れないけれど)8年前の熱狂がその瞬間戻ってきたような感覚を受けたこと。そして日々強くなった非難と中傷の逆風を受けながら下を向かずに前を向いてこの日の勝利だけを見据えてきた代表監督・岡田武史と日本代表の選手達の悲願成就は心から嬉しい。今、思い返しても涙が出てくる。

ただ、間違いなく大きな一歩を踏み出した。それだけ大きな事を成し遂げた。しかし、彼らが見据えるものはもっと先。そして、険しき道は続く。

だからこそ、泣いてる場合じゃないね。

-----------------------

ということでオランダ戦当日になってしまいましたが、どうしても書いておきたかったので。

とにかく今は前だけを向いて、信じて。

"In Takeshi Okada & His Team I Trust!"

うん。

んじゃ、ここまで。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 13, 2010

England 1-1 USA@2010 FIFA WorldCup SouthAfrica Day2/GameLog

ソリッドな4-4-2、鍛え上げられたフィジカル、違うのは歩んできた過程と歴史、かな?似たようなチーム同士の初戦。

しかし、大舞台って怖い……。伝統なのか、歴史なのか……。

2010 FIFA WorldCup South Africa

Group C/England 1-1 USA @ Royal bafokeng Stadium,RUSTENBURG
ENG:4'S.Gerrard USA:40'C.Dempsey

Man of the Match : T.Howard(USA)

FIFA.com


from twilog/ENG-USA

posted at 02:44:09

とりあえず見る。

posted at 02:57:25

功治知的な解説だのう……もう少し声張って欲しいかなぁ。功治格好いいよ功治。後ろ出て組んでるよ功治。

posted at 03:08:14

功治照れてるよ功治。僕の中での好き度は功治>ルーニー(当たり前)

posted at 03:10:00

功治がオフって言う事は主力組には一足先にオフが伝えられてたのね。健太は何を思う……

posted at 03:18:06

ジェラードがキャプテンなのかー。

posted at 03:24:29

個人的にはカペッロ好きなのでイングランド頑張って欲しい気持ちはあるけど、ブルース・アレーナボブ・ブラッドリーがイングランド相手にどんなロジカルなフットボールをしてくるのかの方が気になる。スペイン封じた知将の手腕は伊達じゃないと思うから。

posted at 03:26:08

ランパードとジェラードのセントラルは機能しないと言われて久しいけど、バリーの怪我でこうせざるを得なくなった。どうなる、本番で機能するか?キャリック使うかなーと思ってたけど、はてさて。

posted at 03:30:51

みうみうは何を言ってるんだ?

posted at 03:32:07

ジェラードキター。ヘスキーうまい!ジェラードの曲線的なラインを「泳ぐ」動きが素晴らしい!きっちり決めたなー。アメリカディフェンスは付いていけなかったねー。

posted at 03:35:57

ヘスキーのポストは、千真に見て欲しいな。出てくるタイミングで相手から離れて、動き出しを捉えてダイレクトで(身体の向きとマイナスに腰をひねって)落とす。こういうのが見方の動き出しとリンクしたプレーになる。

posted at 03:39:18

アメリカは攻撃は凄いシンプルで、スタンダードだね。外に出してアーリークロス、強さと高さを持って狙う。基礎スキルが高く、強さがあるチームらしい質実剛健な印象。ただ気になるのは守備なんだよねー。

posted at 03:42:16

2度連続はナイだろうと思って軽快といたところでもう一回というので逆を取ったからそこを活かしたかったかな、アメリカ。

posted at 03:45:19

みうみうにこのゲームは見て欲しくなかった……ブルース・アレーナボブ・ブラッドリーの表現するサッカーもファビオ・カペッロの表現しようとするサッカーもみうみうにとっては活かせるタクティクスでありディティールがあると思うから…… うーむ。

posted at 03:47:51

いやー、狙い通りだったねー。サイドバックのオーバーラップでドノバンのマークが剥がれ、フリーになったところでアーリークロス、隙間に入ったアルディドールがどんピシャも枠逸れる……いやぁー活かしたかったと思ったらイングランドもキター、でもさすがハワード。

posted at 03:50:28

ロスト後のフォアチェックへの意識の高さ、帰陣スピード、飛び込まずにラインブレイクを極力避けてコースを消すディフェンス、セオリー通りローリスクを徹底するカペッロの色が良く出てる。こりゃ堅い。

posted at 03:56:49

オニェウ、そして"モンスター"アルティドールは怖い。

posted at 03:58:08

寄せてて、身体つけててもターンするとか凄いタチが悪い。ジェラード凄い、対応する選手はどうすれば良かったんだろう……あの位置じゃ厳しくも行けないし、かといって離す訳にも行かないし……

posted at 04:00:06

ベッカムさんかっけーよ!何あのスーツ姿!

posted at 04:00:47

カペッロ采配の妙、SWPを張ってガシガシ来てたチェルンドロがあがれなくなった+カードまでお見舞い……恐ろしい目と決断力……

posted at 04:10:04

あああああああああああああああああああああああ。

posted at 04:10:37

流石ティム・ハワード!

posted at 04:11:39

うーん、スローだともの凄いミスって言うのが分かってしまう。正面だもん……

posted at 04:13:20

ベッカムさん「なにやってんだよ!ゴルァ!」

posted at 04:14:18

カペッロは次の試合、グリーンを使い続けるのかな……

posted at 04:19:30

ゴールキーパーのタイミングを外す……ちゃぶるってことですね、わかります。

posted at 04:29:29

グリーンのファンブルを改めて見る……うーん、言い訳出来ないミス。前半途中でレノンが、ハーフタイムでキングが下げれる、そんな無慈悲でシビアな交代策をするファビオ・カペッロが監督である以上、彼に次の機会が訪れないのではないか、そして彼は自信を失ってしまうのかな…怖いな、フットボール

posted at 15:16:25

山瀬功治談木村和司指導法「シュートは力はいらんのじゃー」「ゴールにパスすればいいんじゃー」←ものっそい頭悪く聞こえるのう……

posted at 15:26:41

-----ここから後半-----

後半開始。キング→キャラガー。この意図は一体なんだったのだろう?ハーフタイムでセンターバックの交代、しかも2枚目のカード、カペッロは何を持ってこの決断をしたのか………勝つため、なのはもちろんなんだけど、うーん。キングはそこまで悪くなかった印象。

posted at 15:33:08

イングランドがゴールをこじ開けようとしてる。エンドライン際まで切れ込んでグラウンダーのクロス、かと思ったらアーリークロスで隙間に入ったルーニーへピンポイント、サイドを意識させてたところで中央が開けばシンプルに縦のパスでスペースを突く、陣形維持は出来てもアプローチし切れてないかな。

posted at 15:39:47

アメリカは全般的にイングランドのプレッシャーに押されてる感じかな。前を塞がれ、スペースを消されると攻撃に閉塞感。ただ、アルティドールの高い身体能力はキャラガーを苦しめてる。フィジカルモンスターの真骨頂かな。

posted at 15:43:49

小さな綻びだけど、そのきっかけでゲームの流れが変わる。アルティドール>キャラガーというミスマッチが出来たことでアメリカが攻勢に出る。全般的にはイングランドの力が上回ってる感はあるけど、一カ所こういう箇所があるだけでパワーバランスが変わるんだね。

posted at 15:48:42

ランパード!ほとんどステップ踏めない、左足、それでも強烈な弾道!でもここもハワード、プレミアのシュートは知ってる、って感じだね。

posted at 15:49:49

これだ!アルティドール!返す刀、身体の位置はほぼ並んでる状態でドノバンから縦のパス受けると、並んだアルティドールがスピードとパワーで一気に前に出て、キャラガーの前に入った。そしてゴールエリアまで持ち込む。スゲーエネルギー。こういうのが出来る選手が1人いるとチームとしては助かる。

posted at 15:52:06

カードもらってる云々は別にして、こういう選手を抑えるにあたってどーすればいいんだろう?と考えると、やっぱりあの状況で受けさせた時点で負けなのかな……。うーん、難しい><

posted at 15:53:57

ランパードのFKが宇宙に行くと、ジャブラニがdisられます。

posted at 15:54:43

飛び込まずに、コースを塞ぎ、中央はきっちりとマークする相手とボールを同一視野に捉える。アメリカのディフェンスは、もの凄いセオリーに忠実な対応するね。それでもルーニーはマークを引っぺがしフリーになるのが恐ろしい……

posted at 15:58:05

キャラガー良く入った!経験ある選手だなー。ノーファール大前提、コースを切って身体入れてスピードのあるフィンドリーの勢い止めた。権威回復。

posted at 15:59:57

ルーニーもワンステップで強烈ミドル、相手が来ないと思ったらその隙を逃さない……レンジが広いわ。……と思ったら簡単にダイレクトで裁いてフリーで入ってきたSWPをダイレクトで使ってお膳立て、どうすりゃいいの…… ただ、ハワード冷静。

posted at 16:02:01

アメリカは少し引き杉かな、4-4で組織を保ってるとはいえ、深い位置に持ち込まれると何でも出来る。シュートを警戒せざるを得ないから外が空く、するとサイドから突破される。苦しい時間帯。

posted at 16:03:28

この展開でクラウチ……絶対的に高い選手だからなぁ……アメリカのセンターバックも我慢してるけど……こういう選手が入ると警戒せざるを得ない。すると周囲が空いてくる。ケネディが入った当初の名古屋もそういう効果があるよね(てか今もだけど)

posted at 16:06:04

でもクラウチはあんまりヘッドうまくない……

posted at 16:06:36

アルティドールを下げるか……ホルデンはMFでデンプシー一列前。みうみうが言う通り怖さとしてはアルティドールだよね。時間を作れる、1人で前に進める、剥がせる、そのエネルギーとパワーは脅しとして残しておきたかったかな……まあ守備を考えてフレッシュさが欲しかったのだろうけど。

posted at 16:13:51

イングランドのCK対応は隙がないなぁ……なんか見ていて安心出来るというか……なんでだろ

posted at 16:17:00

おわた。イングランド1-1アメリカ。互いにソリッドで集中力が高く、隙を見せないチーム同士の堅いゲーム。この2チームはやっぱりこういうチームを作ってくるな、というイメージ通り。勝てる可能性の高いチーム。まあ面白味はないけど、勝つには犠牲にしなきゃいけないこともある。

posted at 16:22:33

○感想

まあ、堅いゲームになるのは大方の予想通り。どちらもロジカルなタクティクスと高いモラルでチームの基盤が整っていて、フィジカル的に非常に長けた選手達が要所にいる。全般的に集中力も高い。となれば、オープンなゲームにはならないよね。

イングランドは、押し気味にゲームを進めただけに勝ち点3を「獲り逃した」感じだけど、ああいう大きなミスがありながらもきっちりと勝ち点1を得た訳だし、最大のライバルと目される相手に対して、こういうきっちりしたゲームが出来ることを示したという意味では、カペッロらしく仕上がってると思う。

スター達の出来をそれぞれに見ていくと、ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)は、やはり絶大な存在感。しっかりと中央で起点を作り、隙を見出せば強烈シュート、ポストに対して反応してスピード溢れるダイナミズムランニング、ゴールこそなかったけど、ゴールが獲れそうな匂いはぷんぷん。まあそのうち獲れそうな気はする。スティーブン・ジェラード(リバプール/ENG)とフランク・ランパード(チェルシー/ENG)のセントラルコンビは互いに気を遣いながらやってたかな……本来なら二人ともアタッキングエリアに入っていってフィニッシュに絡む、ラストパスを出す、と言う仕事をやりたいのだろけど、二人でセントラルを組むとなるとバランスをとる必要もあるし……もう少し大きな展開があるといいかなー。ジェラードのゴールに繋がるラインを見ながら引き出す動きの軌道は素晴らしかった。本当はバリーがいて、ジェラードがサイド、って事だったんだろうけど……どうなるかな。

アメリカは、スペインを押さえ込んだそのソリッドな守備組織を見たかったのだけど、イングランドのスピーディな展開と局面の圧力に押されて、相手の攻撃を閉塞させることが出来なかったかな……。ただ、組織的に狙い通りの形で守れなくとも、個々がセオリーをきっちりと守り、我慢強く耐えれるチームであることも示したはず。そして"怪物"系フォワードのジョジー・アルティドール(ビジャレアル/ESP)の脅威……堅いディフェンスと怪物系FW、躍進出来る素養は備えているのではないかなーと。

まあ、このグループは堅いと思う……爺ちゃん推薦のスロベニアが魅せてくれたら……何か起こるかも知れないけど……。

-----------------------

実は、ハーフタイムに寝ちゃいまして……しかも起きなきゃいけない時間に起きれず……うーむ。3:30キックオフはきつい……。

でもこういうのも幸せかも。平日はどうするかなぁ……。ということでここまでー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Argentina 1-0 Nigeria@2010 FIFA WorldCup SouthAfrica Day2/GameLog

ワールドカップの神に愛されたディエゴ・マラドーナがセレステ・イ・ブランコを率い、そのチームのエースは偉大なるレジェンドをも恋に落とす"世界の恋人"リオネル・メッシ、状況云々は置いておいてやっぱりワクワクしちゃうよね。

そんなアルゼンチンの初陣は、U年代のファイナルで何度も相まみえたアフリカのトップランナー・ナイジェリア。

GroupB最大の注目カード。

2010 FIFA WorldCup South Africa

Group B/ Argentina 1-0 Nigeria @ Elis Park Stadium,JOHANNESBURG
ARG:6'G.Heinze

Man of the Match : V.Enyeama(NGA)

FIFA.com

from twilog/ARG-NGA

片瀬那奈!千真を呼んで!すぐに呼んであげて!隣に座らせてクンカクンカさせてあげて!

posted at 22:32:59

あるへん:GKロメロ、DFデミチェリス、サムエル、エインセ、 MFグティエレス、マスチェラーノ、ディ・マリア、ヴェロン、FWテヴェス、イグアイン、メッシ……3バックかな?グティエレス次第だけど……

posted at 22:40:31

ひしゃくさんが煽ってたハルナは凄い楽しみにしてる。オリセーみたいなスーペルミドルとか見たいなー。てか、アルヘン-ナイジェリアは下部年代ではよくファイナルで当たってるし、その再戦的な意味合いもあるかな。

posted at 22:44:32

@shinyacook となると、4-3-3ってことですよね。少し中盤が危うい感じ……マスチェラーノがいかに危機察知するか……ってエリアが広いなぁ……エインセとグティエレスと協力しながらうまくスペース消さないと怖い事になりそうな予感。ありがとーございますー。

posted at 22:47:58

そういや、サバレタ選ばれてないんだね……サバレタのプレー好きなんだよなぁ……まあいいけどさ。

posted at 22:56:05

マスチェラーノ格好いい!#arg #nga #worldcup

posted at 22:57:35

@shinyacook まあ人海戦術っぽいですよね。それは感じます。ロジカルにスペースを管理するようなキャラじゃないwただ、相手がそれを許してくれるような相手じゃないのが不安ではありますね。個人で剥がせる、推進力がある、って感じの相手ですし。

posted at 22:58:48

ああやって、メッシが前向いて仕掛けるシーンが多くなると楽しいんだけど、やっぱり守備が不安。メッシ・テヴェス・イグアインで攻めきる事が最もリスクマネジメントになるかな。 #arg #nga #worldcup

posted at 23:02:05

4枚剥がすもんなぁ…

posted at 23:04:05

いきなりキター!エインセ!スイープ気味なプレーでエインセ!ヴェロンナイスキック!

posted at 23:06:45

やべぇ、ヴェロンのパスがうますぎる……エロい。アタッカーも剥がせるし……ナイジェリアはどうしても絞りきれない感じだなー。引いちゃってバイタルも空いちゃう。苦しい。 #arg #nga #worldcup

posted at 23:09:54

ナイジェリアは今の奪い方が理想なんだろうなー。ビルドアップを制御して、中盤の三角形が収縮する形で挟み込む。ドリブル中心のチームだから、ね。ただ、ヴェロンの存在が邪魔になるかな。#arg #nga #worldcup

posted at 23:15:42

緩いなぁ……前向かせちゃったら大体シュートまで持って行かれてしまう……距離詰めないと。メッシには最高警戒だろ。タイウォも素晴らしい選手だけど、今やどのディフェンダーでも受けに回ったらきついんだから……

posted at 23:19:12

アタッカー全員があれだけ前向いて余裕あったらそりゃ決定的な仕事するよ。危うすぎる……ラガーベックでもロジカルな組織を作れなかったのかな……。テヴェススルーパス→イグアイン抜け出すも、GK1vs1凌ぐ。惜しい!

posted at 23:23:06

セットプレーもマーク緩い……ナイジェリアは集中し切れてない感じ……。うむり。

posted at 23:23:28

オバシファーストタッチが……ゴールに向かえれば……凄い良いボール入ったんだけど……

posted at 23:28:40

4-4のゾーンをしっかり組んで、ボールサイドにしっかりプレッシャー掛けると、しっかり守れる。アルゼンチンも攻撃構築はそんなにうまくいってない。ヴェロンのボールタッチもそんなに多くないしね。序盤は混乱してぐちゃぐちゃになっちゃってたんだね。

posted at 23:31:19

ヴェロンは綺麗なパスも通してるけど、こんなにミスする選手だったっけ?やっぱりピークはもっと後かな……。ちょっと停滞気味かな、試合として。

posted at 23:32:51

現状、アルゼンチンの攻撃は個として間違いなく怖い、メッシもテヴェスも剥がせるし、そのプレーに応じてイグアインが裏を獲り、ヴェロンも正確に繋ぐであろう(コンディションが上がれば)ただ、選択肢は多くない。結構見ちゃう傾向がある。ビルドアップも外からやろうとしてるけどイマイチ。

posted at 23:36:12

もっと質の高い守備をするチームなら攻撃の取っかかりを掴めず散発的な感じになってしまうかも知れない。クオリティで獲れるだけのタレントを信じるってことだけど、それこそ今みたいに……

posted at 23:37:15

いやー、今のはセットプレーはうまい!ディ・マリアのスルーパスもうまかったー。あの形はメッシうまい!それだ!って感じ。

posted at 23:38:09

RT @sinalyouji: グティエレスのSBはムリだと決断しないとやばいぞマラドーナw

posted at 23:41:24

サネッティ待望論がふつふつとTLに……実際そうだよなぁ。ビルドアップも怪しければ対応も怪しい……グティエレス頑張れ><

posted at 23:43:17

メッシのスパイクは色が俊輔とかとは違うんだなー。そりゃ特別扱いだわなwキレキレではある。

posted at 23:44:05

でも僕はサバレタが見たかった……

posted at 23:45:30

アルヘン 1-0 ナイジェ セット一発、その後時折スターが光るも散発的なプレーに終始と少しゲームとしては停滞気味……。まだ「チーム」になっていないアルヘンティナ、序盤の混乱とミス気になるナイジェ、どちらが立て直すか。どちらに転ぶか、互いに爆発力のあるチームだけにまだわからない。

posted at 23:48:17

-----ここから後半-----

ナイジェリアはアクション起こらないなぁ……ボールホルダーが個人で剥がすしかない。アルゼンチンの選手も能力は高いから、そう簡単には……もちろん彼らの身体能力の凄さは理解しているけど……

posted at 00:06:10

いやー、やっぱメッシスゲー。あの繊細なタッチは美しいわー。ああいうシュートで決まると格好いいよなー。クロスもメッシのスピードを計算した良いクロスだった。

posted at 00:08:11

差と言ったら変だけど、アルゼンチンはチームとしてはアレでもメッシやテヴェスのドリブル、ヴェロンのスペースへのパスでスピードアップ出来る。ナイジェリアはそれが出来ていないからなかなか攻撃が乗ってこない。前塞がれちゃうと……。

posted at 00:10:24

うーむ、セットプレーでの対応はやっぱり……セットプレーで加点というのが一番可能性高いかな……。

posted at 00:15:04

オデムウィンギー!こいつがいたか!彼が局面打開してスピードアップ出来るのであれば、少しは変わるかな……まあ周囲との関係がもの凄い薄いからなー、個人で何とかするしかない……でも個vs個ならどう考えてもアルヘン>ナイジェなのは揺るがない……

posted at 00:17:35

ナイジェリア、守備はモダンになったけど攻撃は昔のアフリカ的なイメージに戻っちゃった感じ……速いけど、粗い。変化がなく、力任せ。もう少しアクセントがないと崩せない……

posted at 00:21:51

決まらないなぁ……メッシ……イグアイン……素晴らしいセーブだけど……でもミリート出てきたらスパッと決めちゃいそうな気もするwオデムウィンギーようやくいいとこでた!でもやっぱり変化やアイデアがないのう……

posted at 00:24:37

@yocchifootball ですね、1発凄いミドルが決まっても2発目の当たりはないと思いますから。だから、、次で決まるはず……なんですけどGK当たってますし……交代選手がやりそうな予感です。

posted at 00:26:34

それかセットプレーかな?危ういマーキングだから普通にあげた方が良いと思うけどな。

posted at 00:27:04

タイウォ!うわー!狙い打った感じだったけどなー、ほんの少しのズレがなー。オデムウィンギーがハイサイドで起点作れると閉塞感からは脱却出来るかな?

posted at 00:29:41

@yocchifootball 人数掛けない=人数を揃えて対応出来るってことですもんね。後は「ちゃんと」対応出来る選手を揃える、失っていけないエリアでミスをしない(=スムーズなボールムーブ)って感じであれば、はい。シュートで終わるのは難しくないチームですから……。

posted at 00:32:24

マキシかー。マキシもイイ選手なのは間違いない。ただ、中盤中央?イイ選手どこでも出来る論は現代サッカーではリスクもあるけどなぁ……。

posted at 00:33:36

ハルナのキックはスタンダードなモノも織り交ぜた方が良いんじゃないかなー。バレバレだし。高くバネあるジャンプ出来る選手もいる訳だし……嵌らない形を切り替えるのも又判断力だと思う。

posted at 00:34:36

レーザーポインター氏ね……

posted at 00:36:11

ミリートくるー。イグアインかな?not his dayだったね、イグアイン。まあ次は決める気もする。これでミリートが出てくるんだからきたねえよなぁ……ミリートはよりスナイパーな印象

posted at 00:37:25

いやー、ディ・マリアとのワンツーで完全に打開したにも関わらず決まらない……メッシの日じゃないのかなー。ただ素敵な崩しだし、GKも素晴らしい。スターなら決める、だからメッシに決めて欲しいな……ってあぶねー!

posted at 00:40:26

2vs2!もミリート少し不器用だったかなー。ボールホルダーが逆なら……うん。でもそろそろ試合が決まるゴールが出そうな予感(アルヘンにしても、ナイジェにしても)

posted at 00:42:06

ブルディッソかー、堅いなー、ディエゴ。その辺は厳しさを南米予選で学んできたのかな。てか、グティエレスを重用する理由がイマイチ分からない……

posted at 00:43:41

ここって所でニアで潰れるような飛び込みであったり、マークを剥がす動きがなかったりするのは選手の責任?監督の責任?ナイジェリアは周りを活かす、次に繋がるようなプレーがないのが問題な気がする。能力だけのフットボールはちょっと見ていてせつないな。フットボールはもっと深いモノだと思うから

posted at 00:45:57

メッシかわいいなぁ……

posted at 00:48:16

アルヘン1-0ナイジェ 凡戦、かな。集中しきれずドタバタなナイジェの隙を突いてセットプレーから先制したアルヘンが逃切。アルゼンチンは個人能力と才能の共鳴が断片的に出て、チャンスは多かったモノのGK当たりまくりで追加点獲れず。ナイジェは組織守備こそ整備されど連動性皆無。残念なゲーム

posted at 00:52:23

まあワールドカップの神は相変わらずディエゴが好きってことかな。ディエゴ…マラドーナ「監督」ワールドカップ初勝利おめ!なんか情熱的だなぁ……選手への愛は感じるよw

posted at 00:53:22

韓国は意識的な要素とチームとしての完成度ならナイジェにもアルヘンにも負けない。個の部分でどうしても苦しくなるから、そこをいかに我慢出来るか。それが出来たら一泡吹かせられるかも、というのが今日の感想。

posted at 00:57:25

○感想

ハイレベルな個がぶつかり合うアグレッシブな攻め合いを期待してたのだけど、ちょっと期待はずれだったかしら。個を活かすグループ戦術、個のボールキープに連動するオフ・ザ・ボールのアクションなどがなく、「個」のみの淡泊なゲームになってしまった感。

とはいえ、アルゼンチンのスーパースター達は散発的ながらその技術を発揮。リオネル・メッシ(バルセロナ/ESP)の局面打開力と加速性能は群を抜いており、細かいステップが相手のカットを許さない。カルロス・テヴェス(マンチェスター・シティ/ENG)も強く、運動量豊富に各所に顔を出しては前を向いて、対面のDFを剥がす。彼らが前を向いてプレーすることでアルゼンチンの攻撃はスピードに乗る、そして怖さが増す。グループとして崩すと言うより個が前面に出た攻撃だけど、その個がスペシャルであることを考えると、これも又止められない武器であることは確か。

個人的に好きなファン・セバスティアン・ヴェロン(エストゥディアンテス/ARG)はらしくないずれたパスが何本か合ったりプレスをまともに喰らってロストしたりと、まだまだ本調子とは言い難いかしら。周囲との関係性が違うから、ショートパスで逃げて又もらって展開する、みたいな事が出来ないというのもあるし、チームのバランスとして守備もさぼれない状態にあるとはいえ、現状ではまだまだ。まあトーナメントのてっぺんを目指すチームだから今から全開ってのも考えにくいけど。

ナイジェリアは、良いところが出せなかったかな。抜群の身体能力とトリッキーなプレー、てか予測の付かないようなスーパープレーが見たかったりしたのだけど、アルゼンチンの個の圧力に押し込まれ、攻撃は完全なる個の局面打開待ち、アルゼンチンディフェンスを前になかなか剥がせなかったことで手詰まりになってしまった。もっと周りの選手達がディフェンスを引きつけたり、ワンツーで剥がしたりするようなプレーが出たら違ったのだろうけど、ボールホルダー以外の選手がみんな足を止めているのを見て、「ああ、こういうチームなんだ」と思ってしまった。ちょっと期待は出来ないかな。リーダーであり攻撃の核となったであろうジョン・オビ・ミケル(チェルシー/ENG)がいたら違ったのかな……(負傷により欠場)

ただ、GKのヴィンセント・エニェアマ(ハポエル・テルアビブ/ISR)のスーパーセーブ連発はキーってなりながらも、素晴らしかった!しなやかで高いジャンプ、伸びる長い腕、初速反応の良さ……メッシもイグアインもこの日は「彼」に完敗だったかな。イスラエルでプレーしてるんだねぇ……。

まあアルゼンチンの白星発進はめでたいですよ、にいにいもきっと喜んでくれてるはずw

-----------------------

分かってはいたけどディエゴも又注目されてるね。ガッツポーズや喜びを表す姿はやっぱり堂に入ってる。彼も又今も尚スターな訳で、目を吸い寄せられちゃうな。あんま彼みたいな監督が成功してしまうと、変な流れが出来てイヤと言えばイヤなのだけどw

ということでここまでー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Korea.Rep 2-0 Greece@2010 FIFA WorldCup SouthAfrica Day2/GameLog

アジア最高のスター・朴智星を始めとした欧州で爪痕を残す"ファンタスティック4"を核にした今大会の韓国代表は史上最強とかなんとか。

そんな永遠のライバルの初戦。

2010 FIFA WorldCup South Africa

Group B / Korea.Rep 2-0 Greece @ Port Elizabeth Stadium,PORT ELIZABETH
KOR:7'Lee.J.S 52'Park.J.S

Man of the Match : Park.J.S(KOR)

FIFA.com

from twilog/KOR-GRE

なにこのマリノス祭wwwハヤヤテンションたけーwww

posted at 20:07:15

2時間ほど寝れたからすっきり。パク・チソン、かっこよす。ファンタスティック4でギリシャの強固なブロックを破れるか、それともカウンターとセットプレーのギリシャのゲームに嵌るか……

posted at 20:11:46

サマラスとハリステアスのサイズは厄介だなぁ……彼らを警戒せざるを得ないけど、そこで出てくるのがスコアラーであるゲカス、基本シンプルな攻撃でガシガシ上げてくるんだろうし……我慢出来るかな、李正秀も強い選手ではあるけれど。

posted at 20:17:33

キム・ジョンウは尚武だから敬礼か……

posted at 20:24:16

ギリシャは3トップ気味かな。あくまでもゲカスはフィニッシャーで、サマラスとハリステアスはサイドでポイントを作りながらどんどん前に出る。結構斬新かも。

posted at 20:33:06

ギリシャシビアだなぁ……めちゃくちゃプレッシャーきつい。プレーする時間を与えてくれないね。早いタイミングで動かさないと、捕まっちゃうね。 #kor #gre #worldcup

posted at 20:35:00

李正秀キター!スゲーキックだなぁ……寄誠庸欲しかったよ寄誠庸。小笠原みたいな速くてスライダーみたいに落ちずに曲がるキック、狙ってたなー。韓国先制! #kor #gre #worldcup

posted at 20:37:14

寄誠庸のパスに惚れてまう……カウンター作り出す素晴らしい対角線パス……。今のも4vs3だもんなぁ。ヨム・ギフンが(対面のDF)外してたら完全に決定機。韓国の走力・切り替えのスピードは流石かな。 #kor #gre #worldcup

posted at 20:40:10

韓国は凄い良い精神状態でプレー出来てるなぁ、落ち着いてるし、個々の技術と動きの多さでギリシャを上回ってる。ギリシャは先制されてゲームプランが崩れた事もあるけど、奪いに行かざるを得ないからスペース出来ててバランスが悪い。 #kor #gre #worldcup

posted at 20:46:20

CKからのカウンターはチームとしての形があるかな。セカンドボールを跳ね返したあとにアタッカーが4枚ぐらい必ず高いポジションに上げてくる。確かにギリシャの高さは怖いけど、ゴールのチャンスでもあるかも知れない。#kor #gre #worldcup

posted at 20:53:31

朴智星のルーズボールの強さやコンタクトへの耐性は凄いなー。バランス良い。やっぱ世界の朴智星は偉大だ……。

posted at 20:55:22

朴智星の神スルーパスに鳥肌……朴主永……決めないと……GKの身体倒したんだけどねぇ……にしてもなんだあのパス、朴主永のプルアウェイ完全に見越してたな……。

posted at 20:58:30

ギリシャにとって、ボールを持つのは本意ではないんだろうな。チームとして意図を持ってない。それだけあの先制点の意味は大きい。このスコアのまま、次の1点を獲れれば、韓国は勝ち点3獲れるんじゃないかな?

posted at 21:03:02

本来なら深い位置に相手を引き入れながらがっちり守ってボールを奪い、相手陣にスペースのある状態のまま速く攻めるってことがギリシャの形だと思うんだよね。ポゼッションしたり、高い位置からプレスを掛けて奪いに行ったりってのは本来のスタイルではない気がする。苦しい。

posted at 21:05:20

@nakazui ですね、先制されて普段の感じでサッカー出来ていない感じですね>ギリシャ 気温高くないし、守備→攻撃の一方向にしか走っていないこともあるので、このままならいけるかな。逆にカウンター喰らう事が多くなると消耗しそうです。

posted at 21:07:47

@yocchifootball ですね、違う形でプレーせざるを得ないというのは……。ギリシャのように先行逃切という1つの戦い方しか持たないチームにとって持ち込めるかどうかというのは大きなポイントですね。

posted at 21:09:32

サイドがシンプルに上げてくるとサイズもあるし、獲れる選手がいるだけに怖いよね。これまではしっかりと前を塞いであげさせなかった。でも少しずつ上がるようになると、ちょっと変わるかな。カウンターは喰らうだろうけど。 GKのクロスボール対応が怖い……

posted at 21:15:21

前半終了、韓国1-0ギリシャ 韓国は先制点から素晴らしい形でゲームを展開。追加点が獲れなかった事ぐらいで抜群のはず。ギリシャは逆に先制点でゲームプランもスタイルも崩さざるを得なくなった。脆さも出た。でも追加点を許さなかった事がポジティブ。キング・オットーどうするかな…

posted at 21:18:10

素直な気持ち、寄誠庸欲しかったよ寄誠庸

posted at 21:18:34

ギリシャがリズムを変えるためには守備の実効力高めるしかない。カウンターを防ぐためのファーストディフェンスをもっとシビアにやってカウンターを制御するか、切り替え速くして帰陣を速くするか。守備でリズムが出来ないと苦しい。準備してないだろうけど……尻叩いてやらせるしかないね。

posted at 21:25:11

韓国はこのままで良いと思うけど、あとは調子こかない事。シュートで終わる、攻撃に人数を「掛けすぎない」、クロスに対しての対応(出所塞ぐ事、マーキング)。4枚で攻めきれる訳だし攻めきれないならシンプルに朴主永使えばいい(制空権は互角)

posted at 21:27:13

和司さん、朴主永口説いてーw

posted at 21:27:34

-----ここから後半-----

ボックス幅にサマラス・ハリステアスを置いてシンプルに最終ラインからボール放り込んだ方がうまくいきそうな気がする……パスで攻撃構築は明らかに専門外。韓国も守備のモラルは高いし。

posted at 21:34:27

朴智星キター!格の違い見せたー!素晴らしい!狙いの良さ、瞬間のスピード、バランスの良さと瞬発力、そして決定力、アジア最高のプレーヤー面目躍如!見事!

posted at 21:38:47

04のコンフェデでも日本にちゃぶられてたけど、ギリシャはアジアみたいに運動量豊富で俊敏なアジアのチームが苦手なのかも知れないね……ゲーム展開もあると思うけど。

posted at 21:40:57

サマラスもハリステアスも下げたって事は、高さは使わずってことなんだろうな……完全に手詰まりかな……

posted at 21:48:13

車ドゥリ!素晴らしいクロス!ドイツ仕込みか!朴主永も完全フリー、どんピシャだったけどなー。今日はnot his dayかしら。

posted at 21:49:20

やりたい放題。いいなー、楽しそう。

posted at 21:49:55

頑張って、モナコの10番!

posted at 21:51:36

少し韓国はおかしくなってきたかな……アプローチがあやふやになってることでシンプルにどんどんゴール前にボールが入るようになってきてギリシャにチャンスが出てきた。半分死に体のギリシャに反撃されるのは少し甘いかな。ナミルクルー。

posted at 21:58:06

金南一の経験と危機察知能力の高さはクローザーにぴったり。人にも強いしね。こういう選手がベンチに控えてるのは心強いよねぇ。寄誠庸と交代。

posted at 22:00:06

朴智星はもちろんの事、李榮杓であったり、金南一と言った世界と戦った経験のある選手がこういう時間帯に何をすべきか分かって、周囲に厳しく求められるってのは心強いだろうな。

posted at 22:03:19

センターバックの李正秀じゃない方、集中力が切れかかってる?彼に限らず小さいミスが出てきてる……疲労かな。日本は60分で来るけど、韓国は75分で来るのかな……。

posted at 22:05:39

これですよ、ギリシャは。振り向きざまの強烈シュート、ゲカス。最初からやってたかったねぇ……ナイスセーブ!

posted at 22:07:05

李青龍の流し込みシュートエロ過ぎwwwやってやったぐらいの顔してたwww

posted at 22:12:11

おわたー。韓国2-0ギリシャ 完勝、かな、韓国強かった。先制点が全てだったけど、追加点を取ってゲームを決めたという意味では強さがあった。ギリシャは戦い方を徹底しきれず自分達を出し切れずに負けたという消化不良感が残念。 #kor #gre #worldcup

posted at 22:19:55

なるほどね、朴主永がダイヤゴナルに相手の前を横切ってボールに向かう事で2枚の目線を釣り、DFがかすった事でファーまで流れた、ってことか。李正秀も良く狙ってた。てか、うちでもやろうぜ!千真がニアで釣って、佑二が潰れて、勇蔵でずどんだわ。

posted at 22:24:28

○感想

韓国の良さが前面に出た試合となりました。ゲームの趨勢を決めたのは間違いなく先制点(※1)、これで堅守→速攻しか型を持たないギリシャに不得意な積極的かつ能動的な攻撃を強いた。普段の姿を見失ったギリシャを韓国はまさに蹂躙、拙いポゼッションをカットしては抜群の走力と切り替えの速さでゴールに迫り、次々と決定機を作るなど完全に圧倒。朴智星(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)の追加点(※2)は、ゲームの力関係を示すモノだった。強い、と思わされましたよ。

注目していた"ファンタスティック4"(朴主永(ACモナコ/FRA)・李青龍(ボルトン・ワンダラーズ/ENG)・朴智星・寄誠庸(グラズゴー・セルティック/SCO))はそれぞれにタレント性も各所で発揮。エース・朴主永が決定機を不意する事はあったけど、李青龍のスキルとチャンスにも焦らない冷静さ、寄誠庸の高いキック精度とパスを散らすセンス、そして朴智星の戦術眼・ここぞの瞬発力と実効力・コンタクトにも怯まないバランスの良さ……新しい韓国は、タレント性でも世界と伍せることが示されたのかな。

ギリシャは、EUROを制したときのような相手を自陣に招き入れながらも堅守で耐え、生まれた隙をカウンターで突くというチームとしてのやり方が先制点によって根底から崩れ、チームとしても瓦解してしまった。ゲオルギオス・サマラス(グラズゴー・セルティック/SCO)やアンゲロス・ハリステアス(ニュルンベルグ/GER)といったサイズのあるアタッカーの存在を考えれば、よりシンプルに長いボールを使って脅威を与えていけば又違った展開も考えられたと思うけど、不得意なポゼッションに終始してしまったのはミスリードと言わざるを得ないかな。残念な出来。

アジア勢の活躍は今後の立ち位置を鑑みるとポジティブではある。ただやっぱり複雑だなぁ……。

※1→エンドライン際、コーナーフラッグ付近からのFK、寄誠庸のスライダーのように落ちずに曲がる速いキックがゴール前に供給されると、ニアで朴主永がデコイとなってDFの意識を釣り、ファーまで流れたボールを最後は李正秀(鹿島アントラーズ/JPN)が押し込んだ。

※2→ギリシャディフェンスラインでのパス回しの中、トラップが乱れたところを見逃さずに朴智星が猛烈なアプローチでスティール、そのままボックス内に進入し、GKとの1vs1を制して流し込んだ。

-----------------------

高い技術を持つ新世代のプレーヤーが次々と出てきて、それが1つレベルを引き上げる。経験のある選手が要所を締める。そして、偉大なるスターがいる。韓国は好循環にあるのかな、過渡期を迎えつつある日本とは対照的に……。

まあ、アジアの競争力が上がることは素晴らしいこと。んじゃ次ー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

SouthAfrica 1-1 Mexico@2010 FIFA WorldCup SouthAfrica Day1/GameLog

いよいよ始まったワールドカップ。寝不足の日々の始まりに怯えながらも、やっぱりワクワクしちゃいますよねっ!

ま、せっかくなので見た試合をtwitterのログを辿りながら、記録的に残しておこうということで、まずはオープニングゲーム。

-----------------------

2010 FIFA WorldCup South Africa

Group A / South Africa 1-1 Mexico @SoccerCity Stadium,JOHANNESBURG
RSA:55'S.Tshabalala MEX:79'R.Marquez

Man of the Match : S.Thabalala(RSA)

FIFA.com

from twilog/RSA-MEX

footballistaの記事だと、スキルフルなプレーヤーを揃えながらも開催国の義務、相対的な力関係を考えれば結果を見ながら基本はカウンターで……という戦い方を余儀なくされそう、ピーナール→パーカー(トゥヴェンテ/NED)のホットラインが繋がるかが鍵とのこと。

posted at 22:40:09

メヒコはショートパス中心は変わらず、コンパクトな陣形でボール奪取位置を高めに定め、速く崩す形を見据える。ドス・サントス、ブランコといった溜めを作ってプレーにアイデアを加えたり、狭い地域をテクニックで打開出来る選手がいるだけにそのアグレッシブな守備が具現化出来るかがキーかしら。

posted at 22:43:02

ツネさん引退しちゃった選手みたいだ……なんとなくだけど。

posted at 22:44:07

U-17の時のメヒコが好きだったからジョバンニ・ドス・サントスとカルロス・ベラにはあのときのように輝いて欲しいなー。てか、ブブゼラうぜぇ。

やべぇ、ドキドキしてきた……ブラッターもなんだかんだでワクワクしてそうな顔してるね。良い笑顔!

posted at 22:51:23

ユニも、選手の判断力が存分に表現されるパスサッカーも好きだから、メヒコにがんばってほしいな。

posted at 22:53:37

メヒコナショナルアンセム、胸の前に腕を横にするのはやらないんだ……あれ超格好いいのに><

posted at 22:59:12

やべぇ、すげードキドキし過ぎwワクワクし過ぎw始まる!楽しみ!

posted at 23:01:55

マルケス・トラード・スアレスの3センターがいかにピーナールを捕まえるか、かな。そこをすり抜けられると、アフリカンな高い個人能力が活きそう…… #rsa #mex #worldcup

posted at 23:03:42

ああ!いきなり!良く守ったけど、アプローチで奪いきれず穴空いてサイドからのGK/DF隙間突く低いクロス、こぼれていきなりのドス・サントス!南アはまず我慢だね、うん。 #rsa #mex #worldcup

posted at 23:08:26

メヒコ、ピーナールへのチェック速いなー。やらせちゃいけない選手って認識されてるね。ここで収まらないと厳しいな……しかもサイドを崩されてもの凄い受けに回されてる……厳しいぞこりゃ。 #rsa #mex #worldcup

posted at 23:10:28

んー、アプローチ掛けたいんだけど、どこで縦に入るのか、バイタルに入ってくるのかのリズムが掴めずに逡巡してるところで隙間を突かれてるのが厳しいね。これでDFラインがさっきみたいにアプローチ外されると、本当に危うい。 #rsa #mex #worldcup

posted at 23:15:54

アギーレかっこいい! #rsa #mex #worldcup

posted at 23:17:51

守ってはいるけど、本当にぎりぎり。メヒコの精度欠く部分がなければ……1vs1の対応でも剥がされる傾向が見て取れる……踏ん張らないと……。 #rsa #mex #worldcup

posted at 23:19:47

うん、良い崩しだった。イメージも感じられたよね。倒されたけど大外のランニングまでチームとして絵が描けたんじゃない?初めての良い攻撃、そしてFK。 イヤな予感。 #rsa #mex #worldcup

posted at 23:22:03

いやぁ!小さいトラップミスだけど、狙ってた!ドス・サントスいいよいいよー!南アが盛り返してきたところで見せた脅威、小さくない意義がある。 #rsa #mex #worldcup

posted at 23:24:31

アギラル、いい形でハイサイドに起点を作ってとても機能している感があるけど、しつこく狙ってるDF/GKの隙間のクロスが悉く嵌ってない。もう少しの精度が欲しいかな……。 #rsa #mex #worldcup

posted at 23:26:48

ガクサが凄い良いタイミングで出てくる。サイドで起点、中央でコンビネーション(ここで空いてディフェンスを収縮)、生まれたスペースを長距離ラン。あとは使えるかどうかな南ア。メヒコは、このスプリントに対してアタッカーが付いていかないと大きな傷を負いかねない。 #rsa #mex

posted at 23:29:19

ドス・サントスはエースなんだなぁ…若いのに……。苦しいときこそ個人で剥がして空気を変える。ピーナールにしてもそう。国を背負うエースはこうでなくちゃいかん。

posted at 23:32:41

@yocchifootball 俺がやってやる、じゃないですけど、出すべき時に自分の力を出してチームにポジティブな空気を「持ってくる」その良い意味でのエゴが出せる選手であって欲しいかなーと。国の期待ってどの国も小さくない、プレッシャーは受け止めて尚それが出来るのは素晴らしいっす。

posted at 23:36:59

うまい!円を描くような動き出しで相手ラインコントロールの逆を突いて前にはいってループパスを収めてフィニッシュ!ベラ→フランコ、惜しかった。GKナイスセーブ!集中してた。

posted at 23:38:32

もう少し、もう少し、流れというか運はメヒコに流れてる。ただ、南アはそれを凌いでる。運の流れが変わると……

posted at 23:39:49

ドス・サントスいいなー、ってキター!ってオフサイド?GKが前に出たからかな?

posted at 23:42:50

決まらないなぁ・・・往々にしてこういう展開は不味いねー。

posted at 23:46:06

横→横でズレを作って急縦!って形が目立つね、南アの崩しは。アングルを変えてズレを作るというアイデアは面白いね。

posted at 23:47:27

いやー、素晴らしい。スペースユーズからのサイドの局面打開、そして質の高いクロス、ムフェラもタイミングバッチリ、本当に僅か……惜しい!

posted at 23:49:12

セットプレーは南ア可能性感じるねー、徹底したファー狙い。サイズの差を活かしてる。(メヒコ)GK積極的だけどサイズがないから、ハイボールへの対応が危ういし……

posted at 23:50:20

良いコンビネーションだなー、メヒコもただでやられちゃいない!イイゲームだ!

posted at 23:51:49

1st half 南ア0-0メヒコ 面白かった!後半楽しみ!観客も楽しんでるみたいwてか、陽気だなぁw楽しそうw #rsa #mex #worldcup

posted at 23:53:12

後半はじまた。南アは左サイドバック蜂の巣だった左サイドバック変えてきたのね。さてさて。

posted at 00:08:56

ターン・ドリブルで局面を剥がすというプレーがキープレーになっている印象。奪うための収縮を逆に利用する、相手の穴を空ける、それが大きなチャンスを生む。それが最も出来るのは、ピーナールであり、ドス・サントスなのかな。うん。

posted at 00:11:54

ドス・サントスのドリブルの時に周りが反応しない事に対して、南アは結構回りが一気に前に入ってくる、それと状況だよね。人数を揃える南アディフェンスを切り崩す事が問われるメヒコと中盤置き去りにしてカウンター気味にオープンアタック出来てる南ア、ってキター!カウンター一閃!

posted at 00:16:54

てか、スゲーコース!チャバララ!凄いシュートだー!角!角!角!

posted at 00:17:38

いやぁ、時間掛かると苦しい……すぐに落ちてくる。挟まれる。距離感が開く、レシーブアクションが減ってる、ボールの流れが悪い、もう一度上げてこいメヒコ!

posted at 00:21:32

ういー!ドス・サントス!2枚剥がした!そして凄いシュート!ナイスセーブ!

posted at 00:22:26

クアテウテモク・ブランコ、この名前で=で結ばれるのはボールを挟み相手の隙間を抜けるというプレーですな。見たいぞー。

posted at 00:26:50

流れが一気に変わる隙間を縫うパスがなくなっちゃったなー。足が止まって、そのコースを読まれてしまってる……そして変な奪われ方からカウンター、手の打ち所だと思うよ。中盤てこ入れ、最前線に溜めを作れる選手……

posted at 00:28:59

ブランコキター!溜め作ってチームにダイナミズムを呼び起こさせられるか。

posted at 00:31:17

いやー、スーパースルーパスにスーパーファーストタッチだったんだけどねぇ……ギリギリの線でなんとかなったか……首の皮一枚……ふぃぃぃぃ!

posted at 00:32:14

今のは中盤とDFラインの距離が開いてて、そのタイミングでボールが入ったのだけど……うーむ。こういう状況を活かしたいんだけどなぁ……エルナンデスなんとかしろ!

posted at 00:36:18

84490!!!!幸せな空間!!! #rsa #mex #worldcup

posted at 00:39:39

まーるくぇぇぇぇぇぇぇぇす!キター!良いボールだったなー。セカンドアタック、ライン上げたところで、ファーが完全に余ったなー。しかし、良く決めるわ。超プレッシャーな場面で。

posted at 00:41:44

メンタリティ、かな。後押しを受けて押し切れるか南ア、追いついたエネルギーと勢い、そして何より経験を持ってひっくり返すかメヒコ、ミスが怖いね、テンション高いゲームで消耗もあるだろうから。

posted at 00:43:38

ブランコ落ち着いてるなー、ああいう感じでふわっと浮いて引き出して、決定的なパスを出していく。イヤらしい選手になったんだなぁ……。

posted at 00:47:03

ブランコおじさん、作るなぁ!うまいなぁ!南アも戻りが遅くなってバイタルの圧縮が出来なくなってきてるだけにスキルがいきるぞ!ってこえー!ぽーすと!

posted at 00:51:45

いやぁぁぁぁ、疲れるゲームだったー。でも面白かったー。ナイスゲームですよ!南ア1-1メヒコ  #rsa #mex #worldcup

posted at 00:55:50

○感想

焦らず騒がず、相手の隙間を縫う形で攻撃構築し、アクセントとしてジョバンニ・ドス・サントス(ガラタサライ/TUR)のドリブルやパウル・アギラル(パチューカ/MEX)のオーバーラップを軸にサイドを切り崩す事でチャンスを大量生産。メキシコらしい緩と急を使い分けるスキルフルなアタックは開幕戦の緊張で受けに回った南アを追いつめたし、ここで決まっていたら……という感じでしょうか。そのパスサッカーの抑揚やニュースター・ジョバンニ・ドス・サントスのクオリティはやはり非常に高かったです。

南アは耐えたご褒美か、後半には入り運動量低下でプレークオリティの低下したメキシコの攻撃を寸断して個々が持つスピードを活かしたカウンターに活路を見出した。そして、向かえた熱狂の瞬間!ピッチを切り取る対角線のスペースパスから長い距離を走って最前線に飛び出したシフィウェ・シャバララ(カイザー・チーフス/RSA)が抜けだして豪快にゴールの角に突き刺す!見事なカウンター、見事なフィニッシュ、爆発するスタジアム!こういう瞬間こそワールドカップの本質だなぁと通り過ぎた過去を思い出しました。

結果としてはメキシコがセットプレーからマルケスのゴールで追いつきドロー。互いにアイデンティティを感じさせるプレーを出し合ったポジティブなゲームでした。

-----------------------

きっとこういうゲームを待っていたんだろうなーという開幕戦、そんな期待に南アもメヒコも応えられたと言う意味で素晴らしいゲームだったかな。

ということでとりあえず締め!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2010

繋げた希望@2010 J.League YamazakiNABISCO Cup GroupStage sec.6 ヴィッセル vs Fマリノス

「決勝トーナメントに行きたくないならこのままでいい」

ハーフタイムにこんなコメントが出てきてしまう程、どーしようもないゲームだった。

近づく夏を感じさせる暑さに足が止まり、ピッチの特性にも順応出来ず、致命的なミスを重ねる様は見ていられないほどに酷かった。

こんなゲームはしちゃいけない。そう、「決勝トーナメント」に行くのなら、絶対に。

2010 J.League YamazakiNABISCO Cup GroupStage Day6

ヴィッセル 1-1 Fマリノス @ ホームズスタジアム神戸「繋げた希望」
F.Marinos:75'齋藤学!!!!!
Vissel:60'ポポ

J's GOAL

Fマリノススタメン:GK飯倉大樹"2度目の苦杯"、DF金井貢史"痛恨の経験"、栗原勇蔵"坊主にしてこい"、小椋祥平"坊主にしてこい その2"、田中裕介"怒らなきゃいけない爆弾トス"、MF松田直樹"走れないという十字架"(→63'狩野健太"復権の時は今")、兵藤慎剛"流れを変える影響力を"(→88'水沼宏太"次は宏太の番だぜ")、山瀬功治"一列落ちて消えた存在感"、FW坂田大輔"不運もあるけれど"(→46'齋藤学"チームを救う果敢なるカットイン、プロ初ゴール!!!")、渡邉千真"我慢しなきゃいけない"

ヴィッセルスタメン:GK徳重健太、DF石櫃洋祐、北本久仁衛、河本裕之、松岡亮輔、MFポポ"飯倉キラー"、三原雅俊、エジミウソン、ボッティ、FW吉田孝行"知性のラン、ツボを知る目"、茂木弘人

-----------------------

*結果が負けじゃなかったことだけが救い。前節の湘南戦で自信を掴んだはずのチームがどうしてここまでパフォーマンスを落とすのか、はっきり言って理解出来ない。主体的な要素(コンディショニングやモチベーション、メンタルバランス)、相対的な要素(高い位置から穴のない陣形でシビアに寄せるプレッシャー、お家芸とも言える4-4ゾーン、意識の高さを感じさせるモラルと運動量、ホームピッチの特性の理解度)、理由は様々だと思うけれど、それにしたって酷すぎる。怒ってますよ。こんなの認めちゃいけないと思うから。

*まず一つ、コンセプトの根幹とも言うべきポゼッションが全くと言っていいほど出来なかった事。大きな要因は選手達の動く意識の低下。気温が上がり、能動的な意識が失われて足が止まる。顔を出す選手が減る状況となれば、ボールの流れが淀む。淀んだところに強くプレッシャーを掛かると、ボールホルダーは余裕を失う。爆弾を押しつけるようにプレッシャーの掛かっている選手にボールを預けて逃げる。この連続だった。とにかく選択肢が生まれてこない。下げても状況は変わらず追いつめられ、蹴っても精度は保てず収まらない。攻撃構築は壊滅的な状況で、相手のチャンス製造器だった。こんな状況はちょっと浮かばない。湘南戦では相手のプレッシャーを細かいパスでいなしては次々とアタッキングエリアに入っていった、清水戦でも攻撃構築に苦しみながらも決断力溢れる楔から好機を作っていた。しかし、この日に関してはそのスイッチを入れる以前の問題、根底から揺らぎ、「サッカーにならなかった。」

*それに加えて、なんとかボールを奪っても、又すぐに低い位置で簡単にボールを失う。集中力の欠如、無理なチャレンジ、精度のブレ、意志の齟齬……理由は様々だけど、自陣でのロストという致命的なミスを前半だけで両手を満たすほど冒せば、危なくないわけがない。奪った瞬間というのは、攻撃に転じようとポジションを崩す。その瞬間に奪われるという事はより危険な状況での応対が強いられる。はっきり言って前半スコアレスで折り返せたのは幸運でしかない。もちろん当然リズムが出来るわけもない。

*守る部分でも非常に気になった部分があった。ホムスタのピッチは硬く非常にボールが弾む、ファーストプレーで分かっていたはずなのにバウンドボールに対しての目測を誤る事が何度も見られた。インテリジェンスの欠けている証拠。しかもそれをセンターバックがやる。まず弾ませない、跳ね返す、基礎でありセオリーと言う要素を守らずに弾ませては目測を誤るなんてあり得ない。リズムの出来てきた後半にさえ、そんなプレーが出ていたのだから、本当に救いようがない。このピッチ状況はひとつひとつのファーストコントロールにも影響を与え、ロストに繋がっていただけに難しいピッチであったのは間違いないけど、状況に順応する力が欠けていた。

*ただ、これだけ低調なパフォーマンスながら、健太が中盤でボールを引き出しては散らしていく事でリズムを作り、学が左サイドでボールを引き出してカットインから攻撃の取っかかりを作る。交代選手が存在感を見せて流れを変え、劣勢を押し返し、そして獲った同点ゴール(※)。これは彼らにとって大きな自信となったと思うし、チームにとっても「逞しさ」という事を示す大きな結果だったと思う。グループリーグ突破に希望を繋いだと言う意味でも、もちろんね。

※ジローのパスを受け中盤空いたスペースを学が中央ドリブルからミドルシュート、強烈な弾道でゴールに向かうも弾かれる。このリフレクションを再びジローがピックアップすると、右サイドを兵藤を経由して功治に繋ぐ形で崩し、功治がグラウンダーのクロス、中央で学が押し込んだ!

*幸運な事にも、次の日に行われた清水-磐田は清水の勝利で終わり、その結果浦和に勝てばグループリーグ突破が決まるという状況になった。反発の価値、低調なパフォーマンスの反省、神戸戦で得た教訓を生かして、浦和戦にぶつけて欲しい。繰り返しちゃいけないし、糧にしなきゃいけない。そういうゲームだったと思うから、ね。

-----------------------

【選手評】

特別扱いは、当然まな!プロ初ゴール!ほんとうにおめでとう!プロに入って最も素晴らしいパフォーマンスだったと思うし、久々に僕の好きな齋藤学らしいパフォーマンスだったかな。ハイサイドでボールを引き出して相手を剥がし、中央に切れ込んでズレを生む。そこからフィニッシュに持ち込むのはもちろん、預けてバイタル中央に起点を作る、引っ張って空いたサイドのスペースを使う、齋藤学のドリブルによって大きな効果が生まれていた。そしてゴール、だからね。素晴らしいパフォーマンスに結果が付いてきた、誇って良いと思うし、胸を張って欲しいな。守備面でも決してうまくはないし、強くもないけれど、役割は果たしている。戻る、塞ぐ、それだけはやれてた。それを続けていく事でチームメイトから信頼されると思う。今は身体の調子も良い、凄いイメージでプレー出来てるのは間違いない。自信を持ってどんどんやってけばいい。どんどんいっちゃえ!本当におめでとう!

*健太、うん、もっと出来るとは思うけど、狩野健太の価値は示したし、リズムを変えた立役者となってくれた。ふわっと浮いてボールを引き出して、ボールを繋ぎながら高い位置でプレーをオーガナイズするプレーは今のチームには健太しかできないプレー。だからこそ、現状には満足して欲しくないし(してないだろうけど)もっともっとアピールして復権してきて欲しい。こんなもんじゃないと思うし。周囲のアクションをもっと促しても良いかな。ロストのシーンとか出し所なくなってたし。

*宏太、出場機会は非常に短かったけど、一個大きなプレーがあった、終了間際サイドからのクロスに対して石櫃が飛び込んできたシーン、サイズで劣るながらしっかりと身体を寄せてシュートを許さなかった。こういうfor the Teamの姿勢がこれまでの宏太には少し足りなかったと思う。チームのためにまず仕事をする、その上で自分を出す。このプレーは本当に価値があった。素晴らしかった。こういう価値が自分の価値と評価を上げる、うん。

*先発メンバーはなし、ほぼ罵詈雑言になっちゃうからね。次はしっかりね、うん。

-----------------------

ふう……すいません……なんか残念な感じで。本当は学くん初ゴールおめでとう!的な祝賀モードで行きたかったんだけど……流石にね。

でも、可能性は残った、勝てば上に上がれる。だからこそ、次は絶対に同じ轍を踏まず、良いパフォーマンスを出して、テンション上げて戦って勝つ。それだけに集中していきたいな。

ということで明後日19:00、日産スタジアムに集合!ってことできょうはここまでー。

-----------------------

(´-`).o0写真撮ってきましたー。今回はフル充電!ただ、日が強くて陰になっちゃってる部分も……それと清水戦結局エントリ書ききれなくて、写真だけでもと思ったので乗せておきますね、ぱるちゃんかわいいよ。

( ´∀`)つ ミ 2010/6/5 J.League YamazakiNABISCO Cup GroupLeague Day6 ヴィッセル vs Fマリノス @ ホームズスタジアム神戸(picasa/me)

( ´∀`)つ ミ 2010/5/22 J.League YamazakiNABISCO Cup GroupLeague Day3 エスパルス vs Fマリノス @ アウトソーシングスタジアム日本平(picasa/me)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2010

通過点であり、記念すべき日 -齋藤学、プロ初ゴールに寄せて-

ユースレベルでは冴え渡ったドリブルはプロの壁に阻まれ続けた。

選手生命を脅かすほどの大きな怪我を負い、リハビリに半年以上の時間を費やした。

決して順風満帆のキャリアを歩んできた訳じゃない。

それでも、その苦悩があって今がある。

2010/6/5 ナビスコカップ グループリーグ 第6節 ヴィッセル神戸戦 75分 記念すべきプロ初ゴール。

本当に本当に本~当に!おめでとう!

-----------------------

*ついに、ついに!僕のまながやりましたよ!待ちに待ったプロ初ゴール!奇しくも昨シーズン超絶好期を迎えたヴィッセル相手にプロ初となるゴール!その決定機逸から呪縛に掛かったようにゴールの神様に嫌われ続けてから早1年、遠回りしちゃったけど記念すべきこの日が来てくれた事が本当に嬉しいです。

*そのゴールの形、得意の中央に切れ込むドリブルからのシュートでも、筋力トレーニングに励みモノにしつつある無回転ミドルでもなく、サイドからのグラウンダーのクロスに対しゴール前に飛び込んで押し込むという泥臭いゴールでした。ファンとしては、「学スペシャル(ハイサイドから中央に切れ込み横にスライドしながらコースを見出してのミドル!)」がいいなぁと理想を描いていたのですが、得てしてこういうモノなのかなぁ。ベルマーレ戦でも決定機をモノに出来ず「なんか偶発的な形で幸運に恵まれるような形じゃないと入らないんじゃないか」(例えばクリアが当たってそのままとか、ミドルシュートが身体に当たってコースが変わったりとか)と思わされるぐらいゴールの神様に嫌われちゃってましたが、彼自身も「決められない」事がプレッシャーとなり、呪縛となり、決定機の時に「硬く」なってしまっていたのかも知れない。なので、どんな形であれその呪縛が解けた事には意義がある。

*ま、初めてのゴールってだけであくまでも通過点に過ぎない訳で、大騒ぎする事でもないのかな、とも思ったりする。でもやっぱり僕はまなのプロ初ゴールがこの眼で見たくて仕方なかった。思えば2007年かな?対峙する自らよりも大きいディフェンダーを置き去りキレの良いドリブル、アグレッシブなプレーに感じるスピード感、そしてゴールデンコンビの意思疎通ぴったりの細かいコンビプレー……彼のプレーに惚れて、おっかけてきたからこそ、彼がプロとしての一つの成功の証であるこの瞬間だけはどうしてもこの眼で見たかった。だからこそこの瞬間を同じ番号を付けて、同じ空気を吸い、同じ瞬間を共有出来たのは嬉しかった。

*ホントはアマノッチや金井のように「勝ち試合」のゴールで、ヒーローインタビュー(トラメガにしても)聞きたかった……そういう意味では引き分けで終わってしまった事は残念で、心残りではある……。ま、選べるもんでもないから仕方ないけど。

*とにもかくにも、本当によかった!そして本当におめでとう!どんどんこれから沢山点獲って!待ってるよ!

-----------------------

特別なんで先に書かせてもらいました。試合のレビューは別にやります。ちっ……←思い出してイライラ

ということここまでー。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 02, 2010

圧倒@2010 J.League YamazakiNABISCO Cup GroupStage sec.5 Fマリノス vs ベルマーレ

圧倒した、って言って良いよね。

でもこれで満足していられない。

2010 J.League YamazakiNABISCO Cup GroupStage Day5

Fマリノス 3-0 ベルマーレ @ ニッパツ三ツ沢球技場「圧倒」
F.Marinos:13'兵藤慎剛! 40'金井貢史!!! 90'+2'渡邉千真!

J's GOAL

Fマリノススタメン:GK飯倉大樹"藤井ちゃんも惚れるフィード力"、DF金井貢史"駆け抜けた先の初ゴール!!!"、栗原勇蔵"大迫力エアバトルにゴリゴリ突破"、小椋祥平"小椋らしくセンターバックに"、田中裕介"少しずつ少しずつ"、MF松田直樹"おかえり!"、清水範久"新境地"、兵藤慎剛"向いてきた運"(→90'+1'水沼宏太)、齋藤学"結果は残らずとも…"、(→75'長谷川アーリアジャスール)、FW山瀬功治"お手本は伊達じゃない"(→83'狩野健太"静学")、渡邉千真"ストライカーの意地"

ベルマーレスタメン:GK金永基、DF臼井幸平、山口貴弘、村松大輔、小澤雄希、MF永田亮太(→78'寺川能人)、ハン・クギョン、馬場賢治(→46'小林竜樹)、FW三平和司(→70'中村祐也)、田原豊、阿部吉朗

-----------------------

*試合展開。きっちりとプレッシャーを掛けてミスを誘う、中盤で絡め取る。奪ったら素早くアタッキングゾーンにボールを運び、サイドからのパス交換やドリブル突破でチャンスを大量に作る。守備から始まる好循環でゲームの流れを掴むと、兵藤のインスイングのゴールに向かうFKがブラインドになってそのまま吸い込まれるというラッキーな形で先制、左サイド裕介・兵藤・功治が絡む形で局面打開からし、兵藤のフィニッシュが相手に当たってこぼれると大外走り込んだ金井が押し込み追加点、2点のアドバンテージを得る。その他にも学がライン裏にすり抜けGKと1vs1になるなど、更に点差を開けるチャンスがあった。後半に入り、湘南も巻き直すも、DF陣は揺るがず。そのままというところで一度はゲームクロージングに入るも、終了間際勇蔵のパワフルな右サイドライン際の突破から最後は千真がきっちり決めて3-0、圧倒したゲームに華を添えると共に混戦模様のグループリーグにおいて大きな得失点差を手に入れた。

*グループリーグ突破が消え大きくメンバーを落としてきたベルマーレを圧倒、と言っていいかな。相手の手を完全に封じ込める事でリズムを生み、この好循環が攻撃にもいい影響が与える。効率的にアタッキングエリアに入り、時にはグループで、時には個による局面打開で崩す。その中でスコアも積み重ねられた事で優位にゲームを進められた。グループリーグ突破に向けて結果が必要だっただけに、いい形でモノに出来たというのは非常にポジティブ!とにかくよかった。

*守備に関しては、チーム全体がモラルを高く保って速い切り替えからきっちりとボールサイドにプレッシャーを掛け、縦に入れてきたところを狙う、蹴ってきたら跳ね返す、サイドに追い込んだら挟み込むと言う形がうまく嵌ったかな。相手がそのプレッシャーに全く対応出来ずミスを頻発していた事も含めて、それだけ実効力の伴う守備が出来ていたのかなと。前が追う事でコースを限定する、後方が呼応する形で狙い所を定める、決して複雑な事じゃないけど、やり続ける事は簡単じゃない。どのゲームでもこういう事が出来るようになるともっとリズムの出る守備が表現出来るようになると思う。良い攻撃は良い守備から、個々がそういう思いを持って取り組んでいけばもっともっと質は上げていける。

*「良い攻撃は、良い守備から」って言葉の通り、いい形で奪えるから攻撃も「ノリ」がよかった。前向きにボールを奪えるから、そのまま前に運べる、繋げる。そのスムーズな流れがあるからアタッキングエリアにスパンスパンボールが入る。当然相手は陣形を整えきれない。「効率的」と言えるのかも知れない。ポゼッションがチームのコンセプトではあるけれど、速く攻めれるときは速く攻める、そういう意識が根付いてきたのは良い事だと思うし、状況に応じて使い分けれてこそ、「いいチーム」だと思う。

*それと前半に限れば能動的に各選手が動いていた事。流動的にポジションを入れ替えながら、足を止めずにボールを引き出そうとするからボールホルダーに対して選択肢を複数用意する事が出来る。裕介・金井の積極的なオーバーラップもそうだし、兵藤やジローが絡んでくる事もそう、ポスト及びハイサイドに生まれた起点に対してのサポートとして周囲の選手が早く反応してパスコースを作ることが出来るとボールも良く動くし、コンビネーションで崩す事も出来るよね。プレーしてる選手達も思い通りにやれてて、楽しそうですらあった。後半は前半ノリノリで飛ばしすぎた事もあって足が止まり、選手間の距離が開いて停滞した感じがあったけど、前半の「手応え」は残っているはず。これを例えばゾーンを組み、バイタルを締めてくる相手にでも出来ればいいな。神戸とか、神戸とか、神戸とか。

*まあもっと獲れたというのはあるし、学くん点獲って欲しかったってのもあるけれど、3-0はグループリーグ突破に向けて非常に大きな結果。あとはこの勢いを次に繋げていく。カップ戦だからこそ、上に行かなきゃこの勝利の意義も消えてしまう。だからこそ、次、次!だね。

-----------------------

【選手評】

飯倉→安定した守備でキーパーとしての守備機会は余りなかったが、11人目の「フィールドプレーヤー」として高いフィード能力で攻撃構築に関与。状況を把握した上でミッドフィールドでフリーとなる選手を見つけてピンポイントのフィード、これを出来る選手はそういない。素晴らしいプレーだった。

金井→初ゴールおめ!相手が大外ケアが甘い事をしっかりと捉えていたのだねぇ。感性というかセンスというか、ボールがこぼれたところにいるのは金井らしい。守備は破綻なく、良いタイミングで中盤をサポートするようなオーバーラップを見せるなど、プレーの内容も上々、クロスの質はもう少し、かな。

勇蔵→田原とのエアバトルは迫力充分、ほぼ完勝で相手の攻撃パターンの一つであるフリック・オンからの中央を崩す形を封じた。奪ったら前に運ぶという意識も強く、非常に積極的に攻撃に絡んだことは嬉しい限り。勇蔵にとってこの積極性は非常に大事。おまけのスーパードリブルからのアシストはどこのCFWですか?って感じですよw

小椋→鋭い出足でのインターセプト、目付の良さが活きる質の高い楔、モダンなプレーは高み安定。非常にポジティブなプレーだった。清水戦もそうだったけど、自分の中でのプライオリティ(まず、トップを見る、ってこと)がきっちりと出来ているからこそ、ああいう鋭い楔が出せるのかな、って感じはする。素晴らしいチャレンジだと思うし、それが実りつつある小椋のプレーは見ていて非常に楽しい。

裕介→復調気配。相手があれだった……というのはあるにしても、うまく周囲と絡みながらサイドを崩す事に関与して良いプレーイメージが取り戻せたのかなーと。煮え切らないプレーセレクトという意味では「試される」機会が少なかった、とも言えるけど、メンタル的にポジティブなイメージが抱ける状態であれば……とにかく自信を持って!

将軍様→おかえり!とにかくそれしかない!まあ久々の試合を楽しんでいた印象。運動量は決して多くないけれど、よく攻め上がるセンターバックのポジションのカバー、展開を代えるようなフィード、ここぞの時の対人対応などベテランの味を見せたかな。それにしても松田のオーバーラップ、みんな好きだなぁ……。

ジロー→素晴らしいジロー。抜群の切り替えと運動量で中盤でのボール奪取フェーズに顔を出してボールを絡め取り、正確にボールを繋いでいく事でチームにリズム。松田もそうだけど、サッカーを知ってる選手と言う印象は受けるよね。頑張り所を知ってる。新境地開拓、こういう存在を超えるのは大変だわ……

学→プロ入り後最高にポジティブなプレー。プレーエリアによってシンプルなプレーと突破アクションや変化を加えるプレーを使い分ける判断に大きな改善の跡が見え、その上でうまくボールを引き出して前を向いて局面打開する。その上でフィニッシュへの意識も高かった。運動量も多く、守備もモラルを保って役割をこなす。本当にポジティブでうまくゲームの流れに乗れていた。それだけに結果が欲しかった……うーん、悔しい……でも自信持って良い!これを続けよう!

兵藤→価値ある先制ゴール。俊輔でも健太でもなく兵藤が今シーズンのFKファーストゴールとはねぇ……。守備におけるモラルの高さや技術の安定感が光る出来。その上で動きの幅の広さが攻撃面でうまく出せた。前線に飛び出す事やポジションを流動的に変化させる事、効果的だったし、久々に兵藤らしいプレーが見れたかな。連続して結果が残っているだけに良い状態だよね。

功治→まあまあ、かしら。前を向けば対面の相手は剥がせる、周囲ともうまく絡んでる。金井のゴールを導き出したのも功治の局面打開がキーだしね。守備もしっかりやってるし……ただ、フィニッシュ0は寂しいかな。このポジションだからこそゴールに絡める仕事はもっとあって良いかなぁ。

千真→ストライカーとしての矜持も見せる。少しずつチームコンセプトに順応しながら自分の良さが出せるようになってる。プレッシャーを受けながらのプレーの質が上がって、問題を抱えていた裁きも着実に進歩。簡単に裁いてゴール前に入っていく循環が出来てきた。チームとしてどうしてもポストを求められるけど、楔が入ったあとに前向けるときは前向いてるし、しっかりとこういうゲームでも獲ってくれてる事を考えれば、千真自身が何かを掴み始めたのかなーと感じたり。千真良いよ千真。

アーリア→がんばれ。

健太→静学スパイク。はよ体調戻せ。

-----------------------

イイゲームが見れて満足、なんだけど、これで満足してるわけにはいかないよね。グループリーグを突破してこそ意義がある。だからこそあと2つ。良い試合のあとに悪い試合をしてしまう、連勝出来ない、勝つべき試合を落とす傾向があるだけに、この残り2試合でそういう悪い癖を払拭したい。大事な2試合だよ!

ということでここまで!

-----------------------

(´-`).o0ちょっとご無沙汰しちゃいました。色々ありまして……もすこししたら慣れていつも通りになると思うので……ご迷惑おかけします。ワールドカップ絡みの事も書きたいんだけどねぇ……うむり。

(´-`).o0写真も撮ってきましたー。三ツ沢で雨だとなかなかに……よろしかったらどうぞー。

( ´∀`)つ ミ 2010/5/29 J.League YamazakiNABISCO Cup GroupLeague Day5 Fマリノス vs ベルマーレ @ ニッパツ三ツ沢球技場(picasa/me)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »