« 木村浩吉の功罪 -罪- | Main | 小宮山尊信のフロンターレ完全移籍に寄せて。 »

December 22, 2009

二人の夢が叶った日。

二人の夢が叶う、素晴らしい一日!

本当に二人ともおめでとう!

-----------------------



渡邉千真 選手 日本代表メンバー選出のお知らせ

渡邉千真選手が、日本代表 AFCアジアカップ2011 最終予選(2011/1/6 Away vsイエメン代表)のメンバーに選出されましたのでコメントと併せてお知らせいたします。

◆渡邉千真選手コメント
「代表に選んでいただいて、大変光栄に思います。選ばれたからには、全力で自分のプレーを出し、結果を残してきたいと思います。
そしてこれからも選んでもらえるよう、F・マリノスで一生懸命頑張り、アピールして行きたいと思います。」

F.Marinos Official

-----------------------

AFCアジアカップ2011カタール予選Aグループ(1/6vsイエメン代表@サヌア)
SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー

スタッフ

団長
大仁 邦彌 DAINI Kuniya 
【(財)日本サッカー協会 副会長】

監督
岡田 武史 OKADA Takeshi 
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
大木 武 OKI Takeshi 
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

大熊 清 OKUMA Kiyoshi 
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

小倉 勉 OGURA Tsutomu 
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

GKコーチ
加藤 好男 KATO Yoshio 
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】
選手

GK
西川 周作 NISHIKAWA Shusaku 
1986.06.18 183cm 79kg 大分トリニータ

権田 修一 GONDA Shuichi 
1989.03.03 187cm 82kg FC東京 ※

DF
菊地 直哉 KIKUCHI Naoya 
1984.11.24 181cm 77kg 大分トリニータ ※

槙野 智章 MAKINO Tomoaki 
1987.05.11 182cm 77kg サンフレッチェ広島

太田 宏介 OTA Kosuke 
1987.07.23 178cm 74kg 清水エスパルス ※

吉田 麻也 YOSHIDA Maya 
1988.08.24 187cm 81kg 名古屋グランパス ※

村松 大輔 MURAMATSU Taisuke 
1989.12.16 176cm 71kg 湘南ベルマーレ ※

酒井 高徳 SAKAI Gotoku 
1991.03.14 175cm 74kg アルビレックス新潟 ※

MF
柏木 陽介 KASHIWAGI Yosuke 
1987.12.15 175cm 68kg サンフレッチェ広島

乾 貴士 INUI Takashi 
1988.06.02 169cm 59kg セレッソ大阪

金崎 夢生 KANAZAKI Mu 
1989.02.16 180cm 70kg 大分トリニータ

青木 拓矢 AOKI Takuya 
1989.09.16 179cm 73kg 大宮アルディージャ ※

山村 和也 YAMAMURA Kazuya 
1989.12.02 184cm 80kg 流通経済大学 ※

山田 直輝 YAMADA Naoki 
1990.07.04 166cm 64kg 浦和レッズ

米本 拓司 YONEMOTO Takuji 
1990.12.03 176cm 63kg FC東京 ※

FW

平山 相太 HIRAYAMA Sota 
1985.06.06 190cm 85kg FC東京 ※

渡邉 千真 WATANABE Kazuma 
1986.08.10 181cm 75kg 横浜F・マリノス ※

永井 謙佑 NAGAI Kensuke 
1989.03.05 177cm 67kg 福岡大学 ※

大迫 勇也 OSAKO Yuya 
1990.05.18 182cm 70kg 鹿島アントラーズ ※

※は、日本代表初招集(候補含む)

JFA Official

まず、千真!1/6のアジアカップ予選イエメン戦に招集されました!初招集!しかも候補とか付かないよ!

彼が選ばれた背景としては、代表の活動とクラブの活動で非常にタフなシーズンを過ごしてきた代表の主力選手がきっちりとオフを取れるようにと、日本サッカー協会がAFCやイエメンに対して日程変更を働きかけていたけれど、それが実らず、なら若い選手にチャンスを与えようか!ということで、こういう傾向の選考になった模様。その結果、初招集は千真含めて二桁を超え、未来を見据えた上での代表予備軍的なメンバー構成になった訳ですが、そんなこまけぇこたぁいいんだよ!

だって、代表だよ!なりたいと思ってもそれを叶えられるのはほんの一握り、サッカー選手としての1つの到達点、それを叶えたわけだから、千真にとっては記念すべき一日だと思うし、これまでの努力が報われた日だと思うんだよね。

ただ、到達点であるけれど、通過点でもあるんだよね。選ばれることだけが目的じゃない。その先がある、ピッチに立つこと、イイプレーをすること、ゴールを決めること、そしてその先もずっと代表のシャツに袖を通し続けて、末は世界の舞台に立つこと。その第一歩に過ぎないし、彼自身もそう捉えているのかも知れない。

まあね、色々と気にならない部分がない訳じゃないよ。オフが短くなって、慣れないプロのシーズンで溜めた疲労を抜くことが出来るか、とか、代表の違うサッカーに触れる中でプレーバランスを崩してたりしないか、とかね。でも、今回に関してはそんなことは気にせず気持ちよく送り出してあげたい。千真にとってはめちゃくちゃ大きなチャンスだしね。

とにもかくにも、おめでとう!そして頑張っておいで!点獲ってこい!

-----------------------



関原凌河選手(横浜F・マリノスユース)カターレ富山入団のお知らせ

横浜F・マリノスユース所属 FW関原凌河選手がカターレ富山に入団することとなりましたので、コメントと併せてお知らせいたします。

関原選手コメント
「3年間、F・マリノスユースで育てていただいたおかげで、来年からプロになれることになりました。技術面も、精神面も、様々な部分で成長させてもらいました。サポーターの方にもたくさんの声援をいただき、本当にありがとうございました。富山では、1年目から試合にでて活躍したいと思います。」

F.Marinos Official

-----------------------

関原凌河選手(横浜F・マリノスユース) 来季 入団内定のお知らせ

 このたび、カターレ富山に、2010シーズンより横浜F・マリノスユース 関原凌河選手が入団することが内定しました。


◆関原 凌河(せきはら りょうが)選手 プロフィール
 【生年月日】 1991年6月20日(18歳)

 【出身地】 熊本県
 【身長/体重】 171cm/60kg
 【ポジション】 FW
 【経歴】
  ブレイズ熊本Jr→ブレイズ熊本→横浜F・マリノスユース

 【2009 結果】
  プリンスリーグ関東1部 11得点[得点王] [アシストランキング2位]
  日本クラブユースサッカー選手権 5得点[得点王]
  高円宮杯全日本ユース選手権優勝 6得点[得点ランキング2位]

 【プレーの特徴】
  抜群の得点能力を持つFW。
  質の高い動きからDFラインのギャップを突き確実にゴールへと結びつける。
  左右どちらでも強いシュートが打て、ヘディングにも自信を持つ。

 【関原凌河選手のコメント】
  小さい頃からの夢が叶い、今とても幸せです。今まで支えてくださったたくさんの人に感謝し、ゴールという形で恩返ししたいと思います。1年目から試合に絡んでカターレ富山が一日でも早くJ1に昇格できるようにチームに貢献したいと思います。
  応援よろしくお願いします。

Katalle Toyama Official

そして、プロになると言う夢を叶えた凌河、本当におめでとう!

関東プリンス・全クラと得点王に輝きながらもトップ昇格は叶わず、それでもモチベーションを落とさず高円宮杯でも結果を出し続けたことで自らの道を切り開いた。本当に素晴らしい!うん。

とはいえ、正直言って、今シーズン凌河がここまでばこすこ点を獲るとは思っていなかった。もちろん、攻撃のキープレーヤーの一人であったことは間違いないし、負けん気の強さや意欲の高さはおとなしいチームに置いて貴重な存在だとは思っていたけれど、ストライカーって選手じゃなかった。昨シーズンは2列目でプレーすることが多かったし、あんまり獲ってなかったし……。

でも、それが育成年代の醍醐味、とも言えるのかも知れない。プリンスリーグ、全クラと結果を出し続けることで自信を深め、その自信が又次のゴールに繋がっていく。そんな善循環の中で「関原凌河」という選手がリアルストライカーに変わっていく過程は見ていて本当に楽しかった、そして嬉しかった。

でも、千真と同じでこれが第一歩。プロになることが目的ではなくて、プロに入って何を成すかがより大事。うん。だからこそ、今まで以上に貪欲に、そして意欲的に取り組んでほしいな。凌河なら大丈夫だと思うけどね。プロ向きの性格してると思うしね。

動き出しの頻度と量、チームに貢献出来るだけの運動量と気迫、そしてゴールへの潰える事なき意欲、関原凌河の良さを失わずに磨いていけば必ずこれまで同様自ら道を切り開ける。

♪らららーららーらららー関原凌河ー、らららーららーらららー関原凌河ー♪

頑張っておいで!プロでも関原凌河らしく!愛される凌河でいてね!

-----------------------

続き待っていただいてる方には申し訳ございませんが、どうしても祝いたかったんで。

本当におめでとう!千真!凌河!

ということで、取り急ぎ。

|

« 木村浩吉の功罪 -罪- | Main | 小宮山尊信のフロンターレ完全移籍に寄せて。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/47082984

Listed below are links to weblogs that reference 二人の夢が叶った日。:

« 木村浩吉の功罪 -罪- | Main | 小宮山尊信のフロンターレ完全移籍に寄せて。 »