« 小宮山尊信のフロンターレ完全移籍に寄せて。 | Main | 2009年、年末のご挨拶。 »

December 31, 2009

木村浩吉の功罪 -まとめ-

Js_pic_kokichisyachou

遅くなりましたが、ラストです。

※前回までのはこちら
木村浩吉の功罪 -功-
木村浩吉の功罪 -罪-

-----------------------

【まとめ】

・フロントが見据えた「結果」、木村浩吉が見据えた「未来」

「成績不振」「選手起用などの采配面での問題」を理由にした事実上の解任。

プロとして、目に見える「結果」が出せなければ首が飛ぶ。それは至極当然なことであり、そこにセンチメンタリズムが入り込む余地などない。

しかし、本当にその判断基準は正しかったのだろうか?

押し寄せる不況の波、クラブとしての在り方を問われる中で打ち出された「育成型クラブへの転換」。若き才能を育成し主力に仕立て上げることはもちろんのこと、曖昧なまま明確な輪郭の定まっていなかった「Fマリノスのサッカー」の構築、トップからユース、Jrユース、プライマリーと縦断的に統括するために設置された「ダイレクター制度」の本格運用のモデルケースとしても、彼の担ったタスクは、目に見える「結果を出す」だけでは決してなかった。

育成にしても、フットボールアイデンティティの構築にしても、新しい制度の活用にしても、一朝一夕には為し得ない、すぐに結果の出るようなモノではない。だからこそ、中・長期的なビジョンに基づいて実施されるべきプロジェクトでなければならないはず。そして、クラブも新たな道を歩む覚悟を決めたはずだった。

しかし、クラブは結果という判断基準の下、木村浩吉との契約を解除し、新たにプロから十数年離れた指導経験なき「レジェンド」を結果を出す為に招聘した。この人事を見る限り、フロントはすぐに結果の出ない「不確定な未来」を諦め、わかりやすい「結果」を重視したということになるだろう。

プロとして結果の意義は決して小さくない、しかし、変革を問われる今、クラブが変わらなければならないのも又事実。悲しいのは、現場とフロントが同じビジョンを描けていなかったこと、一枚岩になっていなかったこと。そんなブレを見ていると嘆きたくもなるが、それを誰よりも嘆いているのは、クラブ愛と使命感に突き動かされ、自らの職を賭してまで「未来」を構築しようとした木村浩吉なのかも知れない。

-----------------------

(´-`).o0なんだか、バッドエンド的な終わり方ですが、まあ自分の素直な気持ちです。それだけ今回の決断は安易で、愚かだと思ってますよ。もちろん、留任したからと言って明るい未来が待っているか分からないけど、ね。実際、この1年でやろうとしていたことがどれだけ出来たのか、と言う視点で考えると、そんなに前には進めていないのかなーと。特に「クラブのアイデンティティとなるFマリノスのフットボールの構築」というテーマに置いては。ただ、この1年の「準備」の先に何があるのかは見てみたかった。玉石混交である「瓦礫の山」から玉を見出して、結果を出す為のアプローチをしていくような気がしてた。我慢の1年だったからこそ、ね。

(´-`).o0実際、あんだけがちゃがちゃしたのはFマリノスに何が出来るのか、何があってるのか、選手起用含めてそれを「仕分ける」テストみたいな感じがしてならなかったんだよね。じゃなければ愚かすぎる。その1年を経て様々なインフォーメーションを集めた訳だから…ってこんな話したところで……もうなんにもならないんだけどさ。

(´-`).o0ということで、3回に渡ってお送りした「木村浩吉の功罪」はおしまいです。ふー、久々にちゃんとした文章書いて緊張しました、てか苦労しました……。感想などありましたら、コメントなどお待ちしてます。これから通常通りレスもいたします。ということでここまで!

|

« 小宮山尊信のフロンターレ完全移籍に寄せて。 | Main | 2009年、年末のご挨拶。 »

Comments

いたさん

今年も一年、LooseBlog 興味深く、毎回うなりながら読ませていただきました。

浩吉さんについては、今振り返ってみれば"功"な部分もあったように感じますが、毎試合後、特に敗戦/引分の試合直後には"罪"な部分だけが見えて、そこに希望を見出すことが難しかったように感じます。今期での退任が決まった直後には、まぁ結果が出てないからなぁ、と納得しましたが、いろいろなところでたくさんの人の意見を見ると、"功"の部分、若手育成の評価はできるのかなと思ったり、でもこの延長線で来年行くと・・・と思ったり。監督として、試合への対応で期待できる部分が見えないと私は思いました。

岡田さんだった頃、03、04年の幻影をいまだに追っている、引きずっている、「マリノスはもっとできるはず」と甘い期待を持っている自分がいて、「そのポテンシャルを引き出せていない監督が・・・」と考えてしまっている気がします。その気持ちをリセットせずとも、新しい黄金時代を新しい監督が築いてくれるはずと毎年シーズン前に根拠のない期待をしているここ数年です。

またしても未知数の監督で、期待と不安が入り混じっている状況ですが、決まった以上はできる限り応援していきたいと思っています。多分年代によって期待が多い年代と不安が多い年代がある程度分かれる気もしますが、私は現役時代を知る期待派世代なので、期待多めでシーズンに入りたいと思います。

それと、いつでも話題になりますが、長期的ビジョンを持ったチーム運営の基盤を早く構築して、チーム、サポーター、フロントが一体となってよりよい、素晴らしいマリノスを一緒に作り上げていきたいですね。年に何回も日産スタジアムが満員にできるチームに早くなりたいです。

今年もBlogにたくさんのエントリをしてくださいまして、ありがとうございます。
来年もLooseBlog楽しみに読ませていただきますので引き続きよろしくお願いします。
#コメントもしたいとおもいます。

長文失礼しました。

Posted by: ヨコ | December 31, 2009 at 12:25 PM

ヨコさん、コメントありがとうございます。

まず、今年一年ごひいき頂いてありがとうございました。

>希望

そう感じる方は多かったかも知れませんね。事実、閉塞感に溢れた試合は数知れず、又、自らの欲を抑えきれず試合を壊してしまったり、と悪い試合が非常に多かった。そういう意味では「結果」と「内容」両面で彼が可能性を示せなかったことは、最も大きな解任の理由となるのではないでしょうか。

僕自身は本文中にも書きましたが、今シーズン得たインフォメーションに基づいて、分析を加えて、チーム作りの糧としていって欲しい、そして、クラブとして取り組むべき中・長期的なプランの遂行に邁進して欲しいと思ってました。あ、出来れば参謀みたいな方を連れてきて頂いて、ですねw

>幻影

それは、ヨコさんだけでなく、多くの人が栄光の時代の記憶を引きずっているのではないでしょうか、それこそフロントでさえも。だからこそ、監督に対しては凄いシビアな視点で見ているのだろうし、出来なければ……となるのはわかります。

ただ、選手が大幅に入れ替わり、黄金期が終わり、過渡期に入っている中でチームとして再び黄金期を作るに迎える為に、新しいことをしていかなければならないと思ってます。それは監督の首をすげ替えるだけでは絶対に為し得ないこと。経済状況を鑑みれば、絶対に以前のような黄金期の作り方は出来ないからこそ、今Fマリノスは変わらないと思っています。これは本気で。

>新監督

あんまり……喋りたくないです。。

まあ、彼を呼んだのは「結果」を出す為だと思っていますので、基本結果と内容にシビアに見ていこうと思っています。

端からは信用しない派なのです。でも頑張って頂きたいです。結果出して土下座させてくださいw


>ありがとうございました。

とんでもございません。みんなで英知を結集して、Fマリノスを素敵なクラブにしていきましょう。

ではでは、拙ブログにごひいき頂き本当にありがとうございました。来年も是非によろしくお願いいたします。

Posted by: いた | December 31, 2009 at 07:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/47160290

Listed below are links to weblogs that reference 木村浩吉の功罪 -まとめ-:

« 小宮山尊信のフロンターレ完全移籍に寄せて。 | Main | 2009年、年末のご挨拶。 »