« 全てが一つに繋がるとき@2009 J.LeagueDivision1 sec.5 vs ヴィッセル | Main | 小さくない勝ち点1@2009 J.LeagueDivision1 sec.6 vs アントラーズ »

April 17, 2009

僕の験担ぎ。

鹿島は強い。

彼らはゲームの「流れ」を知っている。乗ることも壊すことも出来る。
鹿島の象徴・小笠原満男を代表に11人全員がポゼッションとカウンター、プレスとリトリートを自在に操ることで時々によって変わる「流れ」に身を沿わせ、自分たちのコントロールを離れたとしてもスーパーエース・マルキーニョスが傾いた「流れ」をぶっ壊す。

そして、彼らは「流れ」を壊さないだけのクオリティを持っている。
カウンターの時に全力で最前線まで駆け上がる人数を見ても、ポゼッションの中でのファーストタッチからパスの精度を見ても、試合展開に応じて柔軟に変更することが可能にする意思統一も見ても、すべきことをきっちりと、そして全力で出来る。勝利の女神が微笑みたくなるようなことをきっちりと出来る。
彼らが持つのは「勝者の矜持」、彼らが強いのは、必然だ。

それに比べると、Fマリノスは余りにも拙い。勢いを持って相手を飲み込む術しか知らず、流れに抗う術を持たず、試合展開を揺るがすようなミスもある。王者と比べるまでもなく、「強者の矜持」を持つには幼すぎるチームであることは否めない。

そんな相手を前に出来ること。「挑戦者」として愚直なまでに前を向いて戦うこと。愚直なまでにボールホルダーを追い、愚直なまでにスペースへ走り、愚直なまでにゴールを目指すまでだ。
飲み込むしかないなら飲み込みにいけばいい、愚直なまでに突き進めばいい。そして、その先に勝利が待っているとしたら、輝かしい未来も又共に待っている。
そして僕らに出来ること。声で、手拍子で、旗で、信じるキモチで、立ち向かう勇者を支えよう。

-----------------------

(´-`).o0神戸戦でhamatra(紙)でプレビューを書かせて頂いて、そのゲームで初勝利を迎えられたので、験を担いでプレビューなんかを。多少踏み込みが甘いというか、いつもブログで書くのとちょっと違うかも知れないんですが、それは「hamatra」的雰囲気を入れる感じなのでご了承を……てか、文字数をね、うん。

(´-`).o0実際、鹿島は強いです。そのフットボールの理念にはリスペクトもしてます。脈々と受け継がれている「勝つ」フットボールにしっかりと表現できることにしても、オズワルド・オリベイラの心理・技術・戦術を緻密に満たすチームマネジメントにしても、優秀なチームのあるべき姿がこのチームにはある。だからこそ強いんだと思うし、連覇という成果を残せているのだと思う。そう簡単に勝てる相手じゃない、それは間違いない。

(´-`).o0でも、今のFマリノスは挑戦者であって、そういう相手に自分たちの力をぶつけていけばいいと思う。もちろん、結果がどう出るかはわからないけれど、やれることを全力で、すべきことを今出来るだけやってぶつけて、それで出た結果ならどちらに転ぶにしても今後の糧になると思う。又、質の高いチームと対峙することで現状の置かれた場所というのがより明確になると思うし、課題も浮き彫りになるはず。それは尊い事だと思うので。

(´-`).o0もちろん、やるからにはというのはあるよ。昨シーズン、一昨シーズン、もっと振り返れば……苦い記憶はたくさんあるからね。そのキモチを忘れた訳じゃない。だからこそ、そういうキモチをしっかり持ってカシマに行きたいなと、えぇ。

-----------------------

*で、こっからは企画のご案内、特に鹿島に行っちゃう人向け。

旗持って鹿島行こうぜ!

三ツ沢ではやっと今シーズン初の勝ち点3を手に入れました。
試合前にはバックスタンドも総立ちのコールなど
本当にみんなが一つになり手にした勝利でした。

あの試合前のコールで
マリノスを応援する人が一つになった時
すげー力が発揮される事を教えてもらいました。

それを今後三ツ沢だけでなく日産スタジアムや
アウェイでも続けていく為に
皆さん、家にある旗を持ってスタジアムに行きませんか?
ない人は買って下さいw
スタジアムをトリコロールに染めて
選手を視覚的にも盛り上げましょう!!

今週土曜の鹿島に行かれる方は
是非旗を持って来て下さい!!

ちなみに。。。
90分間振り続けろという意味ではありません!
試合前から旗を使ってスタンドを盛り上げていきたいと考えていますので
ご理解ご協力をお願いします!!!

ひろあき放浪記

*直前なんで、「もう荷造りしちゃったよ」みたいな人が大多数かも知れませんが、その荷物を詰めた鞄に忍ばせてみたり、フラッグケースにもう一本隣のやつに貸しちゃうよみたいな旗を入れ込んで、ビジュアル的にも大迫力な感じを作ってくれちゃったらいいんじゃないかなと。

-----------------------

すいません、自己満足的なエントリで。しかもユースのエントリも書かず……。写真も上げず(まだカメラの中だわ……)うーん、イメージちょっと違うかなぁ。まあいいや、担げるモノは何でも担ぐよ!ということでここまでー。

-----------------------

(´-`).o0そういや界隈では、エルゴラに乗ってた藤井記者のコラムが話題とか……まず言えるのは監督としてのプライオリティが必ずしも絶対的な能力だけではないということもあるんじゃないかなと。フィット、メカニズム、コンディショニング、目指すべき方向性、そういう部分をチームとして鑑みた上での比較・判断だった思う訳で、それを一概に「冷遇」やら「確執」とは言えないんじゃないかなと。自らが納得いかない状態だったにしても、彼は色々なことを感じ取った上で、周囲とより感覚を合わせ、ピッチの中での役割を見定め、居場所を見定めて、自らのパフォーマンスを発揮した。それは、「刺激」合ってこそと言えなくもない。どちらにしても結果論であるし、正しいとも正しくない共言えない。ただ、彼の能力がFマリノスにとって最大の武器であり、活かすべき要素であるというのはっきりしたはず。そういう部分も鑑みた上で、チームとして山瀬功治という個を内包できるようにするしかないんじゃないかなと。どちらにしても浅はかに脊髄反応しないことっす。今のチームに一番必要なのは一丸となって臨むことだし。じゃないと鹿島には……。

(´-`).o0ユースはいいゲームだった……勝って嬉しかった、純粋に。相変わらずまだまだ堅いし、表現し切れてない部分もあったけど、このチームに最も必要な事がクローズアップされたゲームだったのかなと。とにかく前への姿勢、アグレッシブな「スクランブルアタック」的なフットボールを目指す中で、どこか自重したり、逡巡したりするシーンが後ろの方で多かった。アタッカー陣のファーストアクション(トランジッション直後)は非常に早いだけに、あとは出し手の問題。勇気を持って使ってあげる、安易にバックパスに逃げない(まあ無駄なリスクを冒せとは言わないが)その辺が今後の鍵になるのかなぁと。まあ呪縛から解放されたと思えば価値あるゲーム。本当に勝って良かった、うん。

|

« 全てが一つに繋がるとき@2009 J.LeagueDivision1 sec.5 vs ヴィッセル | Main | 小さくない勝ち点1@2009 J.LeagueDivision1 sec.6 vs アントラーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/44701944

Listed below are links to weblogs that reference 僕の験担ぎ。:

« 全てが一つに繋がるとき@2009 J.LeagueDivision1 sec.5 vs ヴィッセル | Main | 小さくない勝ち点1@2009 J.LeagueDivision1 sec.6 vs アントラーズ »