« 僕の見るJリーグ'09 -1- | Main | 戒めとして、教訓として@2009 J.LeagueDivision1 sec.1 vs サンフレッチェ »

March 07, 2009

僕の見るJリーグ'09 -2-

いやはや、ドキドキドキドキドキドキして、そわそわそわそわそわそわして、待ちきれないです。2~3ヶ月のオフシーズンは飢餓感を高めるからこそ、こんな気持ちになるんだろうね。

ということで、僕的注目点'09続きです。

※注:繰り返しになりますが、チームによって大きく偏りがございます。ご了承ください。

-----------------------

清水エスパルス

【長谷川健太融合研究所】

マンネリ化を避け、新たな可能性を求めるが故、毎年マイナーチェンジをしては失敗して回帰して復調、逆襲で4位ぐらいという経緯をたどる健太エスパ。クラブは生き物であり、常に刺激が必要な事を考えれば、彼のやっていることは決して間違ってはいないのだけど、結局元鞘に戻るのであればしなきゃいいのに……とも思われてしまうは切ないね。

とはいえ、今シーズンはちょっと違う。誰かを活かすためのシステム変更とか根幹を揺るがすような大幅な変更ではなく、人の入れ替えでチームを活性化させようとしているのかなと。JでもNo.1の安定感を誇るポストマンといっても過言ではないフローデ・ヨンセン、キレある時は無双な永井雄一郎、横浜FCの若手有望株だったらしい太田といったクオリティの高い選手が入ってきたこと、又、余りポジティブではないけれど不動のディフェンスリーダーだった高木和道がガンバに移籍したことでポジションが空いたこと(昨シーズン考えれば岩下以外の選択肢は見えないけど)、チーム内には刺激が溢れているはず。

その中で注目していきたいのが、健太監督がどのような絵を描き、いかに豊富な持駒を組み合わせて融合していくかということ。一人一人に特徴の違いはあれど、大きな差は見られない=誰が使われてもおかしくないし、言い方を変えれば好み次第。リアリスティックな4-4ゾーン、速いトランジッションから対角線に空くスペースをうまく使うカウンターといった組織としての完成度はJでもトップクラス。ただ、組織の機能性だけではタイトルは導き出せない。その基盤の上にいかにして個の特徴を融合させ、チームのアクセントにしていくか。絶対的なプレーヤーがいないからこその難問、集大成の年に彼がどのような答えを導き出すのか、その辺は長谷川健太の腕が表れるはず。

選手としては藤本淳吾かなぁ……、エスパには色気が足りない。そういう意味で彼の存在が必要な気がする。後は大前元気!サイズないからか、意識の問題か、出てこない理由はさだかじゃないけど、あの得点感覚は特殊、頭の回転も速い。ま、出てこなくても今年サテで同グループだから、見れるかな……。

-----------------------

ジュビロ磐田

結局は黄金期中毒?

-----------------------

アルビレックス新潟

オーシ頑張れ、超頑張れ。

(´-`).o0でも噂の3トップはオーシを活かすためにもやめた方がいいと思われ。攻撃構築に不安のあるチームにとって、中盤の枚数減らすのは自殺行為、前後分断になりかねない。松下とかダイナミックなランニング出来る選手の良さも消えちゃうんじゃないかな……。

-----------------------

名古屋グランパス

【ヨンセン→ダヴィが持つ意味】

往年のレジェンド、ドラガン・ストイコビッチの就任と共に中位力をついに払拭、モダンなサイドアタックで旋風を巻き起こしたグランパス。コンサドーレで単騎ながらばりばり点数を重ねたダヴィとたまたまグランパス戦で活躍しちゃったばかりに目を付けられて獲られちゃった隼磨を加え、新たなる特徴の付随と更なるサイドアタックのクオリティの向上を見据えてる。無駄に層を厚くするような補強をしなかったという意味では(今シーズンは藤田俊哉、大森征之、米山篤志、ヨンセンといったベテラン勢を切ってるしね、過剰戦力を持たない)目線というかクラブとしての目標も定まっている印象を受ける。

で、看板であるサイドアタックにいかにダヴィを融合というのが最大のテーマになると思うけど、何故にヨンセンからダヴィにしたのかという所にピクシーの「次」の狙いが見える気がしなくもない。サイドアタックの終着点としても、攻撃構築における中央のボールポートとしても、戦術的な側面に置いてヨンセンの存在感は決して小さくなかったと思うのだけど、それを捨ててでもエゴイスティックな印象の強いダヴィを組み込む意図は何なのか。個人として期待する部分は単純に考えれば勝負所での得点力や中央での個人による局面打開ということになるんだろうけど、ヨンセンからダヴィへの変化によって周囲の動き方や使い方にも変化が出てくるはず。そこにピクシーが思い描くグランパスの進化のキーが眠ってるのかなと。

注目は、隼磨と阿部の両サイドバック。阿部怪我なの?残念。とはいえ今シーズンはサイズ的に単純に上げてるだけじゃ点は導け出せないわけで(ダヴィはポジショニング感覚も鋭いし、身体も強いけどね)、変化というものが必要になってくるはず。そういう部分を彼らが気づき、上げるクロスの質が変わるのかどうかはちょっと注目したい。てか、隼磨はピクシーにクロスを教えてもらなさい。僕からは教えてあげない!

-----------------------

京都サンガFC

ディエゴいいなぁ、ディエゴ欲しかったなぁ、ディエゴうらやましいなぁ……。

(´-`).o0個人的にディエゴの超単騎ドリブルと戦術理解度の高さは垂涎。システムコロコロQスタイルも基本リアクションだから案外馴染むんじゃないかなぁ……。前に柳沢とパウリーニョでディエゴをその下とか怖えぇぇぇ。

-----------------------

ガンバ大阪

【アジア王者の不安。オーバーホールは済んだのか?フィットはどうか?】

ACLを制してCWCでも積み上げてきた自慢のポゼッションスタイルを堂々と披露したものの、リーグは超過密日程が響き中位に沈んだガンバ。しかし、今シーズンこそ二兎を追うために、ウィークポイントに泣く子も黙る超大型補強を敢行。エスパのディフェンスリーダー・高木和道、韓国代表の屈強なるストッパー・パク・ドンヒョクで昨シーズン明神まで駆り出さなければならないほど層の薄かったセンターバックに、裏に抜けて良し仕掛けて良しの万能型・レアンドロ、一時帰国から舞い戻ったアジア最高峰のセンターフォワードの一人・チョ・ジェジンとバレーが抜けてから決め手を欠いたセンターフォワードに豪華補強。中盤はリーグ最高峰の攻撃構築能力を兼ね備えていることを考えれば、評価がもの凄く高くなるのも当然のことか。

ゼロックスでこっぴどくやられたのは慣れない3バックが決壊したこと、とも言えるけど、気になるのはコンディション。正直重いなーという感じを受けたかな。まあこの時期ならありがちなことの様な気もするけど、昨年末超過密スケジュールで緊張感ある試合を積み重ねて来たことによる蓄積疲労をオーバーホールしきれていないんじゃないかという懸念がある。まあ層を厚くして……というのはあるけれど、このチームは替えの利かない存在が多いだけに(ヤット、加地さん、大明神とかね)、彼らが疲労を引きづったままシーズンに入るとしたら毎度毎度の急停止もあるんじゃないかなーと。てか、ヤットは本当に平気なのか。

後はフィットという部分。キャンプでのレアンドロ&JJの怪我は最悪のタイミングだったかも知れない。動きの連動やパスのタイミングなど意識の共有をかなり高いレベルまで引き上げないとガンバのサッカーに融合するのは難しいだけに、その時間が失われたのは西野監督にとって激痛だったはず。まあ能力は高いから、個人能力で序盤は乗り切って慣れが出てきてから……というのも可能だとは思うけど……。ディフェンスラインに関してはパク・ドンヒョクだね。能力は疑いない。強い、高い、フィードがいい、冷静な判断が出来る、能力的には佑二や闘莉王クラスかも。ただ、ディフェンダーだからね、ラインコントロールやら、マーキングの確認など、言葉のコミュニケーションというのが大きな問題。まあある程度セオリーを守りながら……というのが出来てたから、何とかなってたけど……。はてさて。

正直、CWCドーピング時のレベルがスタンダードになって(判断スピードが速く、勝負の綾を掴む力もある)、新戦力がフィットしたら他のチームを置き去りにする可能性はある。ただ、色々な意味で不安要素はあるし、時間も掛かる。そのフィットスピードがどの程度になるのかが、ガンバの今シーズンを決めるかも。てか、宇佐美はこれじゃ出れないんじゃない?まあそういう状態に置かれた方がいい気もするけど……。原口は出るんだぜ?

-----------------------

ヴィッセル神戸

節操なさ過ぎ、焦りすぎ。

(´-`).o0とはいえ、優良らしいブラジリアン二人、我那覇・恒様といった元日本代表を確保、そして何よりカイオ・ジュニオール……未知数過ぎて怖い部分もある。カイオ・ジュニオールはペリクレス・シャムスカになれるかはひっそりと注目してます。どんなサッカーするのかな、松田流4-4ゾーンは引き継ぐのかな?ミキティは何だかんだで我慢弱いからなぁ。

-----------------------

サンフレッチェ広島

【ガラス細工のフットボールの行方】

プレビュー代わりに。ちなみに見た試合は片手程度で何とも言えないんだけど。

美しくハイブリッドなパスサッカーに更に磨きを掛け、タフなJ2をまさに無双状態のまま駆け抜けたサンフレッチェ。リベロのイリアン・ストヤノフ、ボランチの森崎和幸・青山敏弘のトライアングルが少ないタッチでテンポ良くボールを動かして、その軽快なテンポのまま流動的な動きが絡んであっさりと崩してしまえるプレーは余りに流麗で美しく、チームの中でもそのフットボールが深く深く浸透していることを感じさせる、相変わらずいいチームです。何で落ちたのかよくわからん。ここだけ見ると、ね。

ただ、ただね、センターバックは機を見てとはいえばしばし上がるし、サイドもボールの流れのままスペースを突くことを意識してかなり高いポジションを獲って、と非常にリスキーな印象も受けた。対戦相手からすればその流れるようなボールムーブをどこかで断ち切り、トランジッションスピードで上回れば、数的優位・数的同数的なカウンターチャンスが広がる。ミシャ・ペトロヴィッチがこのリスクに対して現実的な策を打たないのは、それだけチームのフットボールの質に自信があるからだろうけど……。この傲慢にも似た姿勢をJ1のチームが放っておくかというと限りなくNoのはず。切り替え速いチーム、ハイサイドに選手を残すチームって結構あるしね。この側面を考えると、失点は増えそうな気もする。2年前の悪夢……。

戦力的には、それこそ2年前と比べても駒野アウトでミキッチイン、若手の底上げがあるって感じだから、大きな変更はなさげ。高萩(欠場)、森脇、槙野、高柳辺りの伸びが著しいみたいだけど、やはりチームの中で活きる選手達、個人で怖いのはやっぱり佐藤寿人(サイドに押し出せ)、そして新戦力のミハイル・ミキッチということになるのかな。

彼らのサッカーはガラス細工、破壊されるか眩く輝くか、まずは僕らがそのガラス細工を壊す、ってなるといいなぁ。

-----------------------

大分トリニータ

【堅守+ファンタジア】

お、最後だ。ナビスコホルダー。

去年対戦したときに最も印象に残ったこと、それはアプローチの質。多分J1で最も一つ一つのアプローチの距離感がシビアで、激しいチーム。自由を奪うからこその堅守。今シーズンもこの約束事を継続してモラル高く実行できれば、失点数は少ないまま推移していく可能性が高い(深谷の長期離脱がどう影響するかはわからないけれど……)これは当たり前のことだけど、その当たり前のことを出来ると言うことは賞賛されて然るべきことだと思う。

とはいえ、得点数も偉い少ない。その要素をチームとしても認識しているようで、今シーズンの課題として取り組んでいる様子。実際、忠実なディフェンスと引き替えに、オリジナルポジションを下げるため、オフェンスに置いては始動位置が低くなり攻撃移行の際の足枷となってしまう。僕がシーズン前に酷評したウェズレイ・高松の2トップ(はい、反省してますよ)、そしてブレイクした金崎夢生が、苦しい状況の中で攻撃に掛かれ状況を整える役割を担わざるを得ない。それは非常に難しいタスク。チームタスクと相反する要素をいかに消化するのか、その中で注視されているのが長期離脱から復帰して今年もレンタルで在籍することとなった家長昭博なのかなと。

あのテクニック、ドリブルワークが生み出す時間はまさにチームが求めるモノ、もちろんアタッキングエリアでのアクセントという面でも「個」で何かを生み出せる。そこに可能性はあると思う。ただ、守備の部分では不安も残る。そこでシャムスカがどう考えるのか、金崎のポジションに入れるのがベターなんだろうけど、彼の機動性と技術はチームに既に欠かせないモノ………共存……はてさて。

てか、シャムスカ、前俊なんとかしてやってくれよー。進化を続ける森重真人も注目。

-----------------------

ということで終わったー、よかったー。って、もう今日だよ!あと11時間ちょっとで始まっちゃうよ!Fマリノスはどうしたの?それは是非スタジアムで!15000枚の当日券があなたをお待ちしております。(お、うまくまとまった)

ということで、ここまで。新シーズン、楽しみまっしょい!

-----------------------

(´-`).o0一杯ぶくましてもらって嬉しいです、ありがとうございます。でも、連続モノだからプレッシャー(苦笑)

(´-`).o0今日は有休取って、練習見に行って、ユニフォーム引き取って、イヤーブック買って、髪切って染めて、新シーズンへの身支度してましたー。「Are you Ready?」って聞かれたら、「OK!」って答えられるよ!てか、理由もなくワクワクしちゃうよね、どんなことが待ってるのか、怖いとか、不安とか、色々考えない訳じゃないんだけど、何よりもまた冒険が始まるって思うと、ワクワク止まらないんだよね。あー、気持ち高ぶっちゃって寝れない。でも寝ないと!てな感じで開幕の夜は更けていくわけです(苦笑)

|

« 僕の見るJリーグ'09 -1- | Main | 戒めとして、教訓として@2009 J.LeagueDivision1 sec.1 vs サンフレッチェ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/44266091

Listed below are links to weblogs that reference 僕の見るJリーグ'09 -2-:

« 僕の見るJリーグ'09 -1- | Main | 戒めとして、教訓として@2009 J.LeagueDivision1 sec.1 vs サンフレッチェ »