« 2008年、年末のご挨拶。 | Main | 田中隼磨のグランパス完全移籍に寄せて。 »

January 03, 2009

ターニングポイントまで -PlayBack F.Marinos 2008 Part1-

あけましておめでとうございます、本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、新年一発目は2008年をぐっとぐっと凝縮する形で振り返ります。とりあえず前期と後期に分ける形で。で、今回は振り返りたくない方、かなり鬱な方です。

-----------------------

・乗り逃し続けたグッドウェーブ -3月~4月-

モダンフットボールの礎と若き才能の発芽の予兆という未来に繋がる要素を残してチームを離れた早野宏史監督の後任としてFマリノスが招聘したのは、黄金期のジュビロを率い数々のタイトルを獲得し、アジア最優秀監督に輝いた実績のある桑原隆。2007年に築き上げた土台の上に更なる引き出しを作ることで高みに導くという旗印の下、2008年のFマリノスはスタートした。

新監督は、黄金期のジュビロ時代の象徴でもあった華麗なポゼッションを軸に、昨シーズンリスクを抱えきれなかったプレッシングをよりリスクコントロールする方向に修正することで確実性のあるフットボールへの転換を図る。又自らブラジルに渡って獲得を決断した実績あるストライカーである元ブラジル代表のロニー、仙台で圧倒的なフィジカルとスキルを持つロペスという個を融合することを標榜するなど、自らの色を強めながらシーズンに入る準備を進めていく。その過程の中で、2007年シーズンからの継続性が全くと言っていい程見えなくなっていたことに一抹の不安を覚えたが……。

そんな準備期間を経て迎えた開幕戦、60000人を越える大観衆のホームで迎えるはアジアチャンピオンとなった宿敵レッズ。システム的には3-4-1-2、田中裕介を左のストッパーとして抜擢、キャプテン河合竜二が原因不明の怪我を抱える中で一度は適性なしの烙印を押された松田直樹が山瀬功治と共にボランチに、新戦力ロペス、ロニーもスターティングメンバーに名を連ねるメンバーでの出航。新戦力の融合など内情不安を抱えて後に崩壊への道を辿るレッズが相手ではあったが、ロペス-功治・マツ-勇蔵&裕介とグループタクティクスが機能し、ゲームを優位に進めると両サイドの積極的なアタックから左ウイングバック小宮山尊信の右足ミドルが決勝点となる形でレッズを撃破。ここ数年煮え湯を飲まされ続けてきた相手を退けたこと、終盤の数的不利の状況をうまく対処したマネジメントもあってか、新監督への期待感は高まった。

開幕戦を最高の形で終えたFマリノスは一路札幌へ、札幌ドームでJ1復帰を果たしたコンサドーレと対戦。昇格アレルギーを持つチームにとっては試金石となるゲーム、しかしチーム自体のパフォーマンスは上がらず天敵三浦俊也率いる札幌のゾーンディフェンスを前に未成熟のポゼッションサッカーではお約束通り大苦戦、それでも終盤一気呵成のオーシの2ゴールで逆転、天敵討ちに成功。体質改善とも感じ取れる中で連勝スタートとなる。アーリア・宏太・兵藤にチャンスが与えられたナビスコを挟み、良い流れで迎えたリーグ王者アントラーズとの一戦。高い戦闘意欲と集中力を持って王者相手に奮戦、一度は開幕戦同様コミーの思い切りのいいミドルシュートで同点に追いつくも、戦術熟成度、勝負所での集中力、プレーの精度、チーム力の差は確実に存在し、最後はサイドで数的優位を作られて崩される形で力負け、初の黒星を喫した。

しかし、まだまだ始まったばかり、初黒星にも落胆することなく、ホーム三ツ沢で迎えたFC東京戦では一進一退の攻防の中、松田直樹の援護も受けて高い位置でプレーしたエース山瀬功治がキレキレのパフォーマンスで2ゴール1アシスト、期待の新戦力ロペスも初ゴールを記録し、Fマリノスに2勝目をもたらす。再び生まれた好気流に乗って、向かうは名古屋。カリスマ新監督ドラガン・ストイコビッチに導かれリーグを席巻していたグランパスと好勝負を繰り広げる。楔をスイッチに個による局面打開を織り交ぜるFマリノスとサイドを起点にしたコンビネーションによる局面打開を見せるグランパスとの丁々発止の突き合いは見応え充分、しかし前半にヨンセン、後半終了間際には天敵・杉本恵太に決定力の差を見せつけられる形で敗戦。惜しいゲームなんだけど。

悔しい敗戦を喫した後でも、ホームに戻ると強いFマリノスは、レイソルを相手に桑原体制の中でも最高のゲームを披露。これまでゴールの神様に嫌われ続けたロニーがテクニカルなゴールでようやくサポの期待に応えると、ロペス不在で久々に本来のポジションに戻った功治が2トップのポストワークに呼応する形でダイナミックなプレーを見せる。1トップ対策のために取られた4バックへのシステムチェンジも奏功し、特に裕介&コミーのWサイドバック的なフレキシブルな連携で新たな可能性を見せた。新監督の旗印となるポゼッションの一応の進歩が見られ、今後に期待の持てるゲームであったのは間違いなかった。ただ、これだけ素晴らしいゲームをしても尚乗り切れない。エスパルス戦ではリーグ戦初スタメンとなった兵藤が豊富な運動量を軸にした好パフォーマンスを見せ、決定機を多数生み出すも得点力不足が又も顔を覗かせ、逆にセットプレーから失点。敗戦寸前の所で佑二がセットプレーでお返しして引き分けに持ち込んだものの、快勝で得た波は又も去ってしまう。

当然いい波に乗りきれなければ、次の来るのは悪い波、アウェイ大分で砂を噛むようなパフォーマンスの末、深谷の驚愕の一発に沈み敗戦。中二日でのジェフ戦では相手が余りに深刻な状況に陥っていたこともあり、佑二、コミー、そして低パフォーマンスの続いていた隼磨の3発で点差的には快勝という形で4月を締めくくることになるが、内容としては決して手放しで褒められるモノではなかった。3月から続いた乗り切れそうで乗り切れないもどかしい2ヶ月、未だ自らの形を見いだせず安定しない桑原丸は大波に飲み込まれていくことになる。

*ここまでの感想*…………この時期を思い返すと、全体的にパフォーマンスの質としては上々で、選手達の中に残る昨シーズンの記憶とも言えるアグレッシブな姿勢と桑原監督の標榜するポゼッションが偶発的にしろ融合した時期でもあった。ただ、潜在的な問題が少しずつ垣間見えていたのも事実。ポゼッション色が強まることに従って薄れていくモダンフットボールに必要な運動量・トランジッション・ダイナミズムアクションと言った要素の意識レベルでの低下、決定力不足が主な原因であるにしろ良いパフォーマンスをしながら結果に繋げることができなかったこと、好パフォーマンスの要因を特定できないが故に取捨選択が出来ずに惰性的なメンバー構成・システム選択が続いてしまったこと、組織的な守備に置ける熟成というか構築の放置、選手間で拡がる疲労やモチベーションの差……など。結果論に過ぎないが、潜在的な課題に向き合い、散らばりつつも垣間見えていた好転の可能性の欠片を拾い集めるような「柔軟」なマネジメントがあれば……、と感じてしまう。まあ、自らのエゴばかりが前に出て、潜在的な問題に対しての危機感の希薄さを感じさせていた桑原さんに、それを期待するのは今考えても難しかったのかも知れないが。

・転落 -5月~7月-

少々停滞の気の見えた状況の中でGWの連戦に突入したFマリノスは、再びJ1の舞台に帰ってきた盟友・ヴェルディと聖地・国立で対戦。クラシコと煽り、プライドを賭けた一戦として勝利の期待も高まったが、裕介のミスから先制点を献上すると自慢の「Y3」を核にした守備陣が瓦解。一時はロニーのミドルで同点に追いつくも、おざなりになりつつあったボランチ含めたリスクマネジメント、あり得ない軽率なミスが仇となる形で3失点。元々表面化していないだけで、チームとしての組織守備に置ける問題点は存在していたが、その中で「Y3」の高い対応力がチームを救っていた側面は少なからずあった。その下支えしていた土台が崩れ去った状況では瓦解は避けられなかったのはある意味必然。敗戦後、トリコロールに染まったアウェイスタンドからは今シーズン初のブーイング。選手達も一様に険しい表情でピッチを去った。

一気に暗雲立ちこめる中、こんな時に天敵アルディージャとの対戦。このゲームが様々な意味で現状を知らしめるゲームとなる。ロペスの存在が呼ぶアプローチ不全、そのカバーにおける共通認識もなく、チームとしての守備の方向性の曖昧さなど組織的な欠陥が表面化し、完全に崩しきられる形でデニス・マルケスに先制点を献上、その後もいつもはある程度押し込むアルディージャ相手に完全に圧倒され、愕然としたパフォーマンス。途中交代の兵藤がチームを蘇生させ、オーシの素晴らしいターンシュートで何とかドローに持ち込んだが、この頃には少しずつ足元が泥濘始めていたのかも知れない。その後、ガンバ戦でも依然として解決されない組織的な欠陥、悪くなった流れなど、全てにおいてのチーム力の差が浮き彫りになる形で度重なるビハインドを負う形となるが、哲也の踏ん張り、ロニーの活躍で何とかドローに持ち込む。

しかし、これも好転の呼び水にはならず、鹿児島で迎えたサンガ戦。チームは底を打つことになる。個としても組織としても見るも無惨なパフォーマンスで前半で0-3、0-4となっていてもおかしくない低調なプレーに終始、最終的には隼磨のオウンゴールというあり得ない形での失点、そしてそのまま敗戦。唯一ポジティブな要素としてはここまで原因不明の怪我によりチームを離れていたカピタン河合竜二がピッチに復帰したことぐらいか。桑原監督の抽象的かつ保守内省的なチーム作りを否定するに充分なゲームと言える余りに酷い内容での敗戦に自分は彼への信頼を完全に失った。又、この時点で昨シーズン築かれたはずのモダンフットボールの土台とも言える躍動感、積極性、運動量は完全に消え去り、チームには大きな閉塞感に包まれていた。

リーグは代表の活動もあり中断、チームは中断期にナビスコを戦う。しかし、チームとしての問題点や課題が整理・改善されている印象はなく、抜擢されたアーリア・宏太・兵藤と言ったプレーヤー達もチームの不調に飲み込まれる形で自分の特徴を発揮するには至らない。ナビスコの残り3戦、幸宏のスーパーゴールなどもあって何とか結果を導き出し、決勝トーナメント行きを決めたが、チームとしての好転の兆しは見えなかった。

一縷の望みを託したかった2週間だったが、その希望も虚しくチームは転落の一途を辿る。4バックへのシステムチェンジなど小手先の修正はあったものの組織的な問題点は全く修正されることなく、チームとしても個人としても絶望的なパフォーマンス。当然のことながら結果は付いてこない。ジウシーニョの一発に沈む形でジュビロに敗戦、当然スタジアムは大ブーイング。ナビスコでは金沢で遠藤不在のガンバと対戦、このゲームでは中盤での繋ぎと激しい楔へのアプローチが機能してゲームを支配するも、フィニッシュを導き出すクオリティ不足、そして相変わらずの決定力不足が響き、全く名前を知らなかったガンバユース出身の平井という選手に決められて、アウェイで0-1の敗戦。アウェイゴールなく、準決勝進出にも黄色信号。厳しい結果。

そして、後は坂を転がるだけ。フロントは2年契約と言うこともあってか決断を先延ばしにするが、「内容は良い」「ゴールできないだけ」と無責任なコメントを繰り返す指揮官にこの状況を打破する術はなかった。功治の直接FKで同点に追いつき、内容では圧倒されながらも最終局面まで勝負できる幸運に恵まれたフロンターレ戦、しかし最後の最後にサッカーの神様が罰を下す如きロスタイム弾で沸いたのは等々力の水色のサポーター。降格圏にどっぷり浸かり、洒落にならない状況に陥った中で迎えるは、判断するというインフォメーションの出された三ツ沢での新潟戦。結末はご存じの通り、選手達はイイパフォーマンスを見せ、沢山の決定機を作るも、サッカーの神様のお導きかゴールはことごとく枠を逸れ、そしてカウンターにて沈む。ポゼッションフットボールが敗れる定石とも言える形で敗戦、これを見てついに腰の重いフロントも決断、桑原監督を解任し、強化統轄本部長であった木村浩吉氏を監督に据えることと相成った。

*ここまでの感想…………本当に思い返したくない感じ。「内容がいい」、「決めるだけ」といううわごとを繰り返し、放置され続ける問題点、選手が「死んでいく」過程は、見ていて苦痛そのもの、本当に辛かった、見ていてたまらなかった、酷く苛立った。まあ、結局7月まで引っ張った訳だけど、この間ナビスコを抜きにすればジェフ戦から勝っていなかったんだーと思うと、寒気がする。まあ、結果論だけど、後数節遅かったら手遅れになっていてもおかしくなかった。そういう意味で解任が遅れたこと(僕は京都戦で決断できたと思うけど、過程を考えればジュビロ戦かな)、こんな無能監督を見極めきれず2年契約して未だに違約金を払ってること含め、フロントは糾弾されるべきだし、責任の所在というのははっきりさせて欲しい。この過ちを繰り返さないためにも。そして、安易な決断はいつでもこういう事態を招くということを僕らも認識しないとね。お金がない、とかそういうのは最大限の努力をしてない言い訳に過ぎないのだから。

-----------------------

ということで、とりあえず解任というターニングポイントまで振り返りました。はい、何だか書いてて心が荒みます。それにしても、こうやって振り返る事が出来るのも残留できたからだよねぇ。もし降格してたら毎日浜松方面に呪詛の言葉を吐き続けてたよ。

で、次はコーキチ編です。俺たちのコーキチ。今以前のエントリ読み返してるけど最初は確かに危うかったなぁ……。まあこれも又結果論だけど。ということで少々お待ちをー。

|

« 2008年、年末のご挨拶。 | Main | 田中隼磨のグランパス完全移籍に寄せて。 »

Comments

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

この振り返りをみてもほんとーにキツイ、それでいて中身の濃い一年
だったと思います。

桑原体制で迎えた新シーズン。
改善されないDF面のリスクマネジメント、
どう考えても適性のなさそうな交代策
(ジロー左はかろうじて理解できるけど、山瀬幸の右サイドはないなぁ)
前線での組み合わせの不合理等
いまザラっと考えてもたくさん浮かびます。
功績といえば、マツのボランチ起用による幅を広げさせたということと、
田中裕介の成長を促した事ぐらいかなぁ
ちょっと簡単に思い浮かびません。

本当にいたさんがおっしゃるとおり一週間遅れたら
大変なことになっていたかと思います。

さて来期なんですがどうも報道を見る限りでは上積みなしで
新シーズンを迎えそうです。
*はゆま移籍、外国人見送り、ユージ移籍 等等
(もっとも許せないのが乾の完全移籍を簡単に許したことなんですが)

どう考えてもCFWの枚数右サイドの人材は不足していると思います。
これは戦力上積みなしで行ける問題なのでしょうか??

個人的にはCFWだけはきちんとした補強が必要だと思います。
どうも近年補強で後手を踏んでいる気がします。
(ガンバがとったチェジェジンとっちゃえばよかったのに......)
いたさんはどうお考えでしょうか??

長文失礼いたしました。今年も楽しみにLOOSE Blog
読ませていただきます。 ではでは

Posted by: ueshin0721 | January 05, 2009 at 11:43 AM

ueshinさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。レス遅くなって申し訳ないです。

まだ途中なのですが、振り返りながら改めて中身の濃い一年だったなぁと感じてます。自分自身も色々とFマリノスとの距離感が変わったこともあるのですが、本当に濃い一年でした。

まず守備に関してですが、桑原監督は就任当初早野政権時に振り切りすぎていた前傾姿勢により生まれていたリスクを制御するために、ある程度プレッシングを制御し、ブロックを形成して守ることを念頭に置いていたとは思うのですが、いつのまにかそのことを忘れて、全てを報知してしまった印象が強いです。これは守備だけに言えることではありませんが、理念を重視した結果、なのかも知れませんが……結局チームにようやく植え付けられたアグレッシブな姿勢だけを失わせる結果になってしまったのかも知れませんね。

人の組み合わせに関しても、プライオリティ重視と連携熟成に重きを置きすぎた結果なのでしょうが、様々な可能性を見出せずじまい。今なお、彼を指揮官に迎え無駄な時間を過ごしたことが惜しくてたまらないです。死人に鞭は打ちたくないし、自分も彼に新たな可能性を引き出して欲しかった気持ちもあったんですけど、ね(疑念の方が先に立ってる時点でダメなのかも知れませんが)

さて、来期(今期?)の話ですが、現実的というか現実を見ざるを得ない状況ですので、余り理想論を繰り広げるのは憚れる状況のような気もしています。

確かに理想を言えば、「機動力と存在感を兼ね備えるエースストライカー(レアンドロ・前田遼一・朴主永(モナコ)」と「隼磨の穴を埋める右サイドのスペシャリスト(加地亮・金東進(ゼニト・サンクトペテルブルグ」)」、そして「リスクマネジメントとスペース管理の意識に長け、なおかつ流れを読んで低い位置からゲームメイクできるボランチ(小笠原満男)」というのは挙げることが出来るのですが、まあ全てにおいて現状のクラブの姿勢、財政状況を考えれば条件を満たすだけのプレーヤーを引っ張ってくるのは難しいでしょう。(括弧内は理想、今流行りのアジア枠も意識してみました)

数年前から言い続けていますが、補強ではなく補充であるのであれば、チームに+どころか若手の出場機会の阻害をして与える効果は-になってしまいかねない。ただ、今の財政状況では「補充」的な補強ぐらいしか出来ない。ないものはない、それは受け入れざるを得ない訳で、「行ける」「行けない」ではなく若い選手達に「やってもらわなければならない」状況が出来上がってしまっているのかもしれません。本来ですと、長い目で見てあげたいのですが………。

ということで、右サイドは金井・丁・天野、ストライカーはクンファン・マイク・ちま・陽介(そこに坂田が残ってくれるのであれば坂田も)が互いに切磋琢磨してモノになってくれるのを待ちたいと思います。てか、JJは好きな選手ですが高い……、朴主永も、金東進も高いんですけどね(苦笑)

と言うことで今年もよろしくお願い致します。

Posted by: いた | January 17, 2009 at 09:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/43617503

Listed below are links to weblogs that reference ターニングポイントまで -PlayBack F.Marinos 2008 Part1- :

« 2008年、年末のご挨拶。 | Main | 田中隼磨のグランパス完全移籍に寄せて。 »