« 集中力欠如のち自滅@J1 第31節 Fマリノス vs サンガ | Main | 勝利こそ全て@第88回 天皇杯 5回戦 レッズ vs Fマリノス »

November 14, 2008

怪我の功名、死中に活あり -シリア戦に寄せて-

面白い試みだったことは間違いない。

日本が誇るスピーディでアグレッシブなアタッカーが並び立ち、フレキシビリティを前面に押し出して、掻き回す。

怪我の功名、死中に活あり、かも。

-----------------------

*非常に面白かった!と印象を受けたシリア戦の印象をば。玉田圭司・大久保嘉人・岡崎慎司・田中達也という選手を並べて、スピーディかつ縦横無尽に絡み合う。この要素を前面に出した日本代表のプレーぶりには一筋の光になったんじゃないかなーと。相手を崩す術として、これまでであれば俊輔の技術や精度、アイデアといった部分に依るところが大きかったけれど、ダイナミズム全開な感じで全方向からフレキシブルでスピーディな動き出しが複数生まれ、その効果を存分に発揮すると言う意味で、新しい可能性を示したんじゃないかなと。ゲームコントロールであったり、よりシビアにスペースを消された時の対処には一抹の不安も残るけれど、例えば大男揃いだけどスピードの対処には不安が残るオーストラリアだったり、ウズベキスタンに対してはもの凄い効果があるような気もする。ともにもかくにも、一つオプションが増えたんじゃないかな。

*ディティールとしてはシンプル。スペースで起点を作って、(そこにサポートというか中継点を絡める時も)次の選択肢として次のダイナミズムを付随していくの繰り返し。アタッカーがポジションを入れ替えながら縦横無尽に動いていることもあって相手を引っ張る、それがスペースメイクとなり、そのスペースをテンポよく使う。相互的にアタッカーが使うだけじゃなく、実効力抜群だったサイドバック(てか長友)であったり、後ろから押し上げる憲剛がスペースユーザーとして攻撃に厚みを加えたことは実効的になったと思うし、事実として結果に繋がった。相手にとってみれば素早いアタッカーの動きは捕まえづらく、又複数の選択肢が生まれる中で本当の狙いを絞りづらい。もう少し応用力のある相手だとどうなるかはわからないけれど、走力を核にダイナミズムを崩しのキーに置くというのはオシムたんの頃のサッカーにイメージ的には似てるのかも。


*で、このメンバー構成の中で中村憲剛というプレーメーカーがフィットしたことも見逃せない。もちろん日本には中村俊輔・遠藤保仁という揺るぎなきプレーメーカーがいるわけだけど、憲剛のように鋭い周辺察知と速い判断で周囲のハイテンポな動き出しに合わせてプレーをオーガナイズし、カウンターの機会を逃さず決定的なプレーが出来るという面では、自分色に染めてゲームをコントロールする俊輔やヤットより相性が良さげ。まー俊輔やヤットのリズムがフィットする場面、憲剛のリズムがフィットする場面、複数の選択肢を持っていること自体が素敵なこと。誰が優秀とかそういう話ではなく、それだけのオプションがあるという意味でね。

*後は主役となったサイドバック、長友ね。最初のミドルで一気に乗って、無敵状態。周囲はスペースを作ってくれて道が出来ている状態、楽しくって仕方なかったのでは?実際、3点目のゴールのようにトップスピードで一気に入ってこられたらそう簡単には捕まえられない。しかも、それを何本も衰えることなく出来るというのは間違いなく長友佑都の強み。内田とのバランスは気にしないといけないけれど、久々に長友の爽快なパフォーマンスを見た気がする。篤人も悪くない。守備はちょっとあれだけど。

*とはいえ、カタール戦のシミュレーションとしては物足りないゲーム。正直、このゲームを何でまた日本でやったのかなー、せっかくなんだからシリアでやれば良かったんじゃないの?と意地悪なことを言いたくなるけど、対戦相手としてもクオリティ的には残念な感じ。怖い怖いセバスティアン・キンタナのようなパワフルかつ絶対的なストライカーはおらず、独特のリズムを感じさせる技術やバネを感じさせる伸びやかなスピードを生かしたカウンターもなく、身体能力と個の対応力を感じさせる守備の強さもない。正直、何だかなーというレベルの相手。そういう意味では過剰な評価はしちゃいけないのかも。てか、カタールこんなに弱くないでしょ、多分。

*これを踏まえた上でのカタール戦。恐らく俊輔(キルマーノック戦で先発フル、ゴールも記録。恐らくカタールにも来るはず)、松井、長谷部と言った海外組に加え、安田、橋本、そしてACLMVPとなったヤットが揃うことで、岡ちゃんにとっては非常に難しくナイーブな選択を迫られることになる。多分、人が変わればフットボールはがらっと変わる。俊輔やヤット、松井にこの日の4人のようなプレーをしろといっても難しいと思うので、その辺のイメージの整理という部分は大事かも。で、守備の方はちょっと心配。恐らく誰が出てもチームコンセプトの元、アグレッシブに前から追って、相手に攻撃構築を許さないようにしていくのだろうけど、気になるのはやっぱり最終ライン。佑二がいない、それだけでも不安なのに、闘莉王の調子がイマイチっぽいこと(この日のポジショニングはもの凄いおかしかった。微妙にポジションを上げて穴だけ作ったり、とふわふわしてる感じ)、寺田・高木和道も対人という部分では少々不安が残る(高木の方がいい気はするけどね、カバーがうまい)、と不安要素山積み。相手はアジアでも最高峰と言えるセバスティアン・キンタナ……。大丈夫かなぁと。まあやってもらわないと困るけれど、この日の出来だと……。

*まー、考えてもしょうがないので、祈るだけなんだけど。岡ちゃんには自らの格言を心に頑張って欲しいな「勝負の神は細部に宿る」なりふり構わず、きっちりと整えるべき箇所をきっちりと整理して選手達に伝えていく、そして共有していく、岡田スタイルでやればいいじゃない。

-----------------------

まーテストマッチらしいゲームでいい感覚を持って本番に臨めるのはいいこと、と言う感じでしょうか。まあ何だか悲壮感漂う感じになっているけど、別に負けたって可能性が潰える訳じゃない。岡ちゃんの首は飛ぶかも知れないけど。まだ1勝1分、「まだあわてるような時間じゃない」って感じがしてならないですよ。

ということでここまでー。

-----------------------

KIRIN CHALLENGE CUP 2009

Japan 3-1 Syria @ HOME's Stadium Kobe,KOBE
JAPAN:3'Y.Nagatomo 26'K.Tamada 62'Y.Okubo
Syria:77'M.Arujino

sports navi

日本代表スタメン:GK川口能活、DF内田篤人(→78'駒野友一)、寺田周平(→46'今野泰幸)、田中マルクス闘莉王"もの凄い反省して欲しい訳です"(→56'高木和道)、長友佑都"主役です"、MF阿部勇樹"もっとできる、もっと出していい"、中村憲剛"カウンターマイスター"、岡崎慎司、大久保嘉人"凱旋ゴール"(→68'巻誠一郎)、田中達也(→46'香川真司)、FW玉田圭司"活かし活かされ引っ張る玉ちゃん"(→46'佐藤寿人)

-----------------------

*ちょっと丸亀行ってきますよ、準備何にもしてなくてそれこそ慌てろって話なんですが。

|

« 集中力欠如のち自滅@J1 第31節 Fマリノス vs サンガ | Main | 勝利こそ全て@第88回 天皇杯 5回戦 レッズ vs Fマリノス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/43110334

Listed below are links to weblogs that reference 怪我の功名、死中に活あり -シリア戦に寄せて-:

« 集中力欠如のち自滅@J1 第31節 Fマリノス vs サンガ | Main | 勝利こそ全て@第88回 天皇杯 5回戦 レッズ vs Fマリノス »