« 新しい江戸の華に -東京ダービーに寄せて- | Main | よかった@J1 第22節 Fマリノス vs コンサドーレ »

August 26, 2008

僕のアイドルから、みんなのアイドルへ -齋藤学、トップデビューに寄せて-

得意なパターンであるディフェンスラインを横切る高速ドリブルからの右足で放ったシュート。

後ろに入った低いクロスを正確なコントロールで収めて素早くターンし左足でのフィニッシュ。

そして、クライマックスは最高の武器である高速ドリブルで相手を引きずりながらボックスに突入したところでの虚を突くスイッチ的ラストパス。

小さな身体に大きな背番号を背負った若きドリブラーに、大きな可能性と明るい未来を見いだした人は少なくないはず。

この舞台でも色褪せない才能には輝かしい未来があると、僕も信じてる。その第一歩のトップデビュー、心からおめでとう!学くん!

-----------------------

*レポートの前に書いておかないと、全部この話題になってしまうので、まず。ユースの10番、そして僕のアイドルである齋藤学くんが昨日のコンサドーレ戦でトップデビューを果たしました。絶対に落とせないゲームの緊迫した残り十数分の所でのタイミングでの投入には心底驚き、彼がピッチに入った瞬間は、心臓ばくばくしてどうしようもなかったです。

*ウォームアップエリアから小走りに出てきた姿を見た時、ベンチのことが気になってしょうがなかったです。正直なところ、絶対に負けられない重要なゲームの中、しかも1点リードという状況下、このタイミングで海の物とも山の物ともわからない若者をピッチに送り出すのは相当なリスクを伴う、正気か?と思った。ただ、ピッチに出て、ファーストタッチを済ませてから、積極的な姿勢と動きが出来ていたので、ちょっとだけ安心しました。てか、このタイミングだとね、ゲームの趨勢が気に掛かるわ、学くんのプレーが気に掛かるわで、感慨深く感傷に浸たる余裕なんて全くありませんでしたよ。

*なんでこんなに心揺さぶられるのかというと、ここ2年、彼ばかりを追いかけきたから。彼のプレーに魅せられ、心奪われて、気が付いたら無駄に日焼けを重ねながら関東圏を色々と動き回っちゃってた。彼の成長過程を見守り続ける中で、一つの節目となるトップデビューの瞬間をこの目に焼き付けられたのはこの上ない幸せなことでした。もちろん、今は学くんの成長過程を見守るだけじゃなく、素晴らしい才能を持っている選手達の存在がありなが悲喜に満ちた道を歩むFマリノスユースの魅力であったり、そして目の当たりにして始めてわかるU-18世代の素晴らしい才能と可能性を見ることの魅力もあるから、だけどね。。

*これは魅せられたモノの贔屓目かも知れないけど、学くんの良さを出すことさえ出来れば、ある程度はやれるんじゃないかとは思ってた。抜群の加速力と独特のタイミングのドリブルは事前のインフォメーションがなければ、そう簡単には抑えられないはず。それだけの質が学くんのドリブルにはあると思ってたから。それと同じ世代の河野広貴(ヴェルディ)、柿谷曜一朗(セレッソ)、高橋峻希(レッズ)、そして水沼宏太がある程度出来ていることを見たら、きっと学くんも出来る、そういう気持ちがあった。まあ、誰かが出来たから学くんも、と言うモノでもないんだけど、同じくらい才能のある学くんだって、チャンスさえあれば……とはずっと思ってたからね。そういう意味では学くん自身が培った力を発揮して、自らの可能性を証明してくれたのはデビューを飾ったことと同じくらい嬉しかった。

*とはいえ、こうやってトップデビューを果たしちゃうと、僕のアイドルから、みんなのアイドルになっちゃうんだなぁって気もして、寂しかったりもします。てか、元々有名だし、サテにも練習試合にも出てたし、ここの所はずっとトップで練習してたし、既に僕だけの学くんじゃなくなってたけどね。でも、それを望んでた。僕のアイドルから、Fマリノスのアイドルに、そして果ては日本のアイドルになって欲しいからね。まー、複雑なわけです。

*とはいえ、浮かれてばかりもいられない。まだまだ第一歩を踏み出したに過ぎなくて、これからが大事。正直、僕は学くんにものすご~~~い甘いし、贔屓の引き倒しをしてるけど、抱えている課題があるのも事実。主体的なボールレシーブアクション、パワー・精度に置いてはまだまだ低い高速ドリブル後のプレークオリティ、ムラがある守備意識、慣れない水となるであろう戦術理解、体格的に永続的なハンデとなるであろうフィジカル……そして何よりも知られるというディスアドバンテージ。だからこそ、このデビューにも甘んじず、自らの武器を磨き続けてほしいし、高い意識を持って取り組んで欲しいな。てか、練習試合でハットぶちかました後、ユースのゲームで守備意識や攻守の切り替えの意識が著しく減退したから、今回そういうことあったら困るよ!だってもう高円宮杯まで2週間ないんだから!

*って、こうなっちゃうと学くん高円宮杯出ないのかなぁ……。夏休み中だけトップの練習に参加するって事だけど、現状ではFWの層は決して厚くないし、可能性のあるプレーを表現出来ることもわかった、トップに出る方が学くんにとっても将来的にはいいに決まってる……。でも、高校最後のビッグタイトル、昨年の涙の借りを返すためにも、苦しい戦いを経て勝ち取った出場権だし、高円宮杯、出て欲しいなぁ。てか、同世代の才能達との邂逅は大きな刺激になると思うし、学ぶ部分も出てくるはずだから……。何よりも最後の大舞台で仁くんとのゴールデンコンビが見たい!ファン感情は複雑なんです。

-----------------------

なんだか、何書いてるのかわからない感じになってしまいましたが、とにかく、よかったということです。今になって、改めて感傷に浸ってます。

てか、試合木曜日だからレポも書かないと……ということでここまで、ちまも来た!これまためでたい

-----------------------

*実は、学くん画像を乗っけようと思ったのだけど、気に入った奴がどこで拾ってきたのかわからなくて、断念しました。まなたんの画像はないんだよなぁ、残念。

|

« 新しい江戸の華に -東京ダービーに寄せて- | Main | よかった@J1 第22節 Fマリノス vs コンサドーレ »

Comments

こっそり。
この最後の坂田になぜられてるのなんていかがですか?


気に入っていただけたら、URL消しておいてください。

Posted by: ばび | August 27, 2008 at 01:23 AM

ばびさんこんにちわー。

わざわざお気遣いいただきありがとうございましたー。すごいうれしいです。

三ツ沢は喜びの涙雨!うん、そんな感じです。

今日も雨っぽいけど、喜びの涙雨再びってかんじになるといいですね!

ではではー、ほんとうにありがとうございましたー。

Posted by: いた | August 28, 2008 at 05:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/42277170

Listed below are links to weblogs that reference 僕のアイドルから、みんなのアイドルへ -齋藤学、トップデビューに寄せて-:

« 新しい江戸の華に -東京ダービーに寄せて- | Main | よかった@J1 第22節 Fマリノス vs コンサドーレ »