« 際だつ存在感に見た確信 -from All Star 2008- | Main | 逆風@Beijing Olympic GroupLeague vs アメリカ »

August 06, 2008

堪能の夏 -全クラ決勝によせて-

綺麗なグラウンダーのパス、次のプレーを意識したファーストタッチ、クレバーなボールの引き出し、機を逃さない敏感なるパスセレクト、溢れ出るような複数のダイナミズムアクション。眩いばかりの輝きを放つポゼッションフットボールに、僕は魅せられた。

しかし、その理想は頂点を決める舞台では輝かなかった。ジャパニーズスタンダードとなりつつあるハードワークを高いモラルの元で継続するモダンフットボールが、その輝きを飲み込み、そして自らが輝いた。

フットボールの魅力、奥深さを存分に感じさせてもらった一週間。その集大成として余りに充実したゲーム、堪能させて頂きました。

そして、舞台は名実共に日本一を決める大会へ……。

-----------------------

*先週は僕にとっては全クラ(全日本クラブユース選手権)ウィークでした。まー、4試合+α「しか」見れていないから、存分とは言えないかも知れないけれど、とにかくクラブユースのハイレベルなフットボールを充分に堪能出来た一週間となって本当に幸せ。今大会、単語で表すなら「驚き」、「発見」、そして「残念」かな……。

*「驚き」であり、「発見」だったのがレイソルU-18!まー、ただ単に僕が初めてだったから驚きで発見となったのだけなのだけど、彼らのフットボールには度肝抜かれた。準決勝のガンバ戦で表現されたパフォーマンスは、理想のポゼッションフットボールの一端が見れたと言っても過言ではないぐらいのクオリティ、陳腐な言葉で申し訳ないけど「凄かった」。徹底的なまでのポゼッション志向が勝利に近づくかどうかは現代フットボールの掟に照らし合わせると必ずしも正しいとは言えないけれど、その徹底的な姿勢がクオリティに反映されてた。一本一本のパスに対しての考え方、ファーストタッチへのこだわり、パスを引き出すための巧妙でクレバーな動き、機を捉えた時のダイナミズムアクション、意思疎通抜群の連動性、そして溢れるアイデア、一つ一つが積み重なると本当に美しいポゼッションに昇華される。それはその日みなとみらいで上がっていた花火以上に華やかで美しかった……。又、攻撃だけじゃなく守備も抜群の完成度。綺麗な4-4の2ライン、バイタルでアンカーの仙石廉が様々な役割を担うことで、高度なゾーンディフェンスを実現。この世代最高のタレント宇佐美貴史の脅威に屈しなかったのもこのゾーンがあったからこそ(抑え切れたとは言わない。ただ、彼によい形でボールを持たせないという前提が出来ていたこと、そして持った時アプローチ&カバーの関係を作り、スペシャルな個でも厳しい状況を作っていた)受動的な守備の確実性も見事なモノだったが、能動的にボールを奪うプレッシングも出来るところがこのチームの質の高さ。トップのファーストアプローチを号砲に一気に後方の選手が周辺のレシーバーを捕まえて、出し所を消してボールを奪う。その意思統一の質、連動性は本当に見事。攻守両面に置ける抜群のクオリティ、静と動のコントロール、久々に見惚れるようなフットボールに出会って、次の試合が本当に楽しみになっていました。

*その中でのFC東京U-18との対峙となった決勝戦、又、あの美しいフットボールが見れるという純粋な気持ちはもちろんのこと、FC東京U-18・倉又監督がこのサッカーに対してどのような策を携えて対峙するのか(これは間違ってるけどね、過去2戦、関クラ決勝と昨シーズンのサハラ決勝共に勝っているのはFC東京だし)、逆にレイソルU-18吉田監督はこの大舞台に何か特別な策を講じるのか……、そしてその結果がどのようにピッチに反映されるのか……考えを巡らせるだけでも非常に楽しかった。しかし、僕が一つ考えていなかったのは、決勝戦というゲームの特性だったかな。

*そこで出てくるのが残念という単語。レイソルU-18は、FC東京に飲まれた。コンディション的に悪かったのか、それとも決勝戦のプレッシャーか(プリンスの出場が掛かった準決勝の方がプレッシャーはあるかなーと思ったんだけど……)、動きが重く、ボールを引き出すアクションが停滞(前半は慎重に入って後半勝負……って思ってた、ハーフタイム時点では)。そこに付随してキーマン仙石はトップのFC東京No.10岩淵が一列下がって常にプレッシャーを掛けていたこともあってボールタッチ少なく、彼の存在感が小さいこともあってリズム生まれず。そうなると、FC東京U-18の非常に高いモラルを感じさせる守備は崩せない。その中で悪い失い方をすると、FC東京のアイデンティティを感じさせる鋭いカウンターが威力を発揮、ポゼッションこそ握っていてもFC東京のゲームであることは否めなかった。

*そして、もう一つの残念な出来事、ゲームの趨勢を決めたレイソルU-18の右サイドバックNo.2御牧の退場……我慢強くプレーしていたNo.9工藤のポストが少しずつレイソルU-18にリズムを与え始めた中で、軽率とも言える敵陣深くでのハードチャージ……その姿勢は買いなんだけど、一枚もらっていたと言うことを考えれば自重しなきゃいけなかったか……。これで完全に流れはFC東京に移る。人数が減ったことで中盤でトライアングルの一角を担っていたNo.6畑尾を最終ラインに下げ、中盤をフラットにした4-4-1に移行。しかし、バイタルケア含めて大きな役割を負っていた「1」が消えたことは余りにも大きく、ゾーンの機能性は大きく低下。又、数的不利は攻撃においても大きな影響、最前線No.9工藤と中盤の距離が大きく開き、攻め手が完全に失われる。この状況にFC東京が手をこまねいているはずもなく、得た流れのまま猛攻。空いたバイタルで岩淵や三田がアクセントを付けることで攻撃に変化を付けたり、鋭いカウンターからサイドバックの積極的なオーバーラップが演出されるなど、押せ押せ。特に左サイドバックNo.2阿部のもの凄い長距離を一気に駆け上がったオーバーラップは観客を沸かせた。

*その中でこの試合打ち続けてきた布石が実を結ぶ。この試合、かなりの数のCKを得た中でNo.14三田、No.7山浦のインスイングのキックはほぼ全てファー狙い、中のプレーヤーが流れてそのボールを折り返して……というのを狙い続けた。その中で流れが来たことを感じたのか、ファー狙いを切り替えて一本中に鋭いピンポイントのボールを入れたりと変化を加えてきた中でのショート、虚を突かれたレイソルディフェンスはアプローチに行くも及ばず、キッカーである三田が利き足の左を強烈に振り抜かれると、そのシュートはブロックに当たるも威力は衰えずバウンドしながらも鋭いままゴールに突き刺さった!爆発するFC東京ゴール裏、ベンチに入れなかった選手(?)が雪崩れ、そこにピッチの選手達が殺到する。見事なゴール、ひとつのプレーとしても素晴らしいのだけど、そのプロセスに感心した。(実際の所はわからないけど)前半からしつこいぐらい繰り返したファー狙いのCKは間違いなくレイソルU-18の選手達の意識に刷り込まれていたはずで(しかも脅威として)、どうしてもファーに意識を置かざるを得ない状況になっていた。その状況での「変化」。ゲームの状況に置いても「変化」があり、その状況を捉えた上で彼らが下した判断はここしかないと言うタイミングだったのかも知れない。プロセスとして、非常にしたたかなゴールだったかなと。

*ビハインドのレイソルは、一つの武器である長身サイドアタッカーNo.25指宿を外してスピードタイプのNo.19鳥山を投入して、攻撃に出る。吹っ切れたような仕掛けや強引な長いボールからの攻撃でこじ開けようとするが、FC東京守備陣の集中力は途切れず。オープンな状況の中で走る姿勢も消えず、カウンターで追加点を狙うシーンも作るなど、先制点・数的優位というアドバンテージを最後まで感じさせるプレーで残り時間を使い切り、ゲームが終わった。

*正直なところ、もう少し良いところを出し合うようなゲームが見たかったのが本音。でも、タイトルの掛かったビッグゲーム、この期待は場違いなモノだったのかなぁ……と反省しました。とはいえ、FC東京U-18のパフォーマンスは優勝に値する素晴らしいパフォーマンス。僕は全クラではこの決勝が初めてで(正確に言えば準決勝の残り数分は見たけれど)プリンス以来だったけれど、チームとしての印象は変わった。以前も「ムービング」を意識しながら丁寧にプレーする意識を感じさせた良いチームだったけど、よりモラルとアイデンティティが協調されたように見えたかな。正直、ガンバの宇佐美であったり、レッズの原口、そしてうちの学くんのようなスペシャルな選手はいないと思う。ただ、全員が全員サボらない、労を惜しまない。だから、守備では常に良いプレッシャーが掛けて隙を作らず、より獲り方をした時に抜群の切り替えの速さとダイナミズムを生み出す。このモラルがこのチームのクオリティの源であり、最大の武器であり、そして強さだったと思う。で、印象に残ったのは、前半の良い奪い方から3人が全力で最前線に駆け上がるプレー。まさに象徴的なシーン、このチームらしさでありFC東京らしさを感じた。アイデンティティだよね、イケイケ。FC東京サポももの凄い盛り上がるし。正直な話、何で数ヶ月前に勝てたのかわからない……そして、どうしてこんな差が付いたのか頭を抱えt)ry……とにかく素晴らしかったです、おめでとう!

*で、レイソルU-18。残念、本当に残念。彼らがこのサッカーで勝つことには意義があったと思うからこそ(城福さんみたいだな……)、そして彼らのファンとなってしまったからこそ、残念。でも、彼らから学ぶことは沢山あると思う。ハードワークやプレッシング、トランジッションが協調される日本サッカーの中で、改めて大事なメッセージが、フットボールの近代化に伴って置き去りにされつつある要素が沢山詰まっていた。確かに勝利への最短距離ではないのかも知れないけれど、小さな要素をきっちりと見据え、突き詰めることがどれだけ大事か。アルゼンチンのトッププレーヤーを見た後だったから、特にそういう部分に敏感になっていたこともあるけれど、それを突き詰めてきたこそあれだけのクオリティとなって反映されていた様な気がしてならない。正直どことは言わないが(!)どっかのトップチームよりよっぽどフットボールに真摯に向き合っていると思う。基礎とも、ディティールとも言える要素だけど、そういう要素がもう一度見直す機会を与えてくれたレイソルU-18には本当に感謝したい。そして、このフットボールを残り数ヶ月突き詰めて昇華させて欲しい。

-----------------------

*るーずぶろぐの中の人セレクション -全クラ版-

仙石廉(レイソルU-18/MF/No.8/MIP)→レイソルU-18の全てを司ったエレガントなコンダクター。上記でもかなり書いたけど、本当に素晴らしい選手。高い戦術眼、繊細で丁寧なプレーディティール、クレバーなボールレシーブアクションとポジショニング、広い視野と人が見えていないところを見つけるセンス、そして冷静と落ち着きを感じさせるメンタル。彼のプレーがレイソルU-18そのもの。もし、ノブリンがこのサッカーを評価せず彼を上げないのであれば、うちは真っ先に獲りに行くべきと120%の自信を持って言い切る。又見たい。

工藤壮人(レイソルU-18/No.9/FW/GoldenShoes)→華麗なフットボールを最前線で「支える」泥臭系CFW。豊富な運動量で顔を出し、腰を低く落として相手のコンタクトの圧力に耐える粘り強いポストで最前線に起点を作るプレーは、レイソルU-18のポゼッションの中では大きな役割を担った。僕は彼のゴールを1つしか見れなかったけれど、そのゴールはダイナミックに流されたボールを叩き込んだモノ。その気迫は彼のプレースタイルをよく表していたと思う。僕はエレガントで美しい選手が好きだけど、彼のプレーはとても好き。

三田啓貴(FC東京U-18/MF/No.14/MVP)→運動量・献身性・キック・ドリブル・ボールコントロール・ディフェンス、全てを高いレベルで兼ね備えたオールラウンドレフティー。特筆すべきはその運動量か、攻撃時の切り替えの速いプッシュアップからの攻撃参加、守備時の献身性、全てその運動量が基盤となって彼のプレークオリティに反映された。チャンピオンシップゴールは技術面での粋が発揮されたゴール、一寸先に相手をかわしたドリブルから素早く放った強烈なシュート、締めくくりに相応しいとても素晴らしいプレーだった。

田中輝希(三菱養和SC/MF/No.20)→再びのアップセット(と言っていいのかわからないけど)達成は、彼のゴールがなければあり得なかった。劣勢の展開の中で耐えてきたディフェンスが崩れて失点、一気に流れが行ってもおかしくない中で、独力で右サイドを打開し、素晴らしいドリブルシュートを沈めたプレーはまさに鮮烈。うちもかなり苦しめられたっけ……。伸びやかなスピードを活かした縦へのドリブルは大きな魅力、まだ1年生。

原口元気(レッズユース/FW/No.14)→既にトップデビューも果たしている逸材は噂に違わず。とにかくしなやか、スピードがありながらボールを柔軟に扱うドリブルは抜群の実効性、大きなシルエットを作るキレある切り返しはどんなディフェンスでも振られるだろうなぁ……。宇佐美と並んで今年のユース年代では最高級のタレントであることは間違いない。ボールレシーブアクションには改善の余地有り、それも宇佐美と一緒か。先が楽しみなタレントを初見と言うことで備忘録的に。

打矢和祈(コンサドーレU-18/DF/No.2)→Fマリノスユースを失意の底に突き落としたハードワーク集団の中でも強い光を放った右サイドバック。1vs1の粘り強さ、中へのカバーの意識などのディフェンダーとしての素養はもちろんのこと、何よりもアグレッシブなプレー姿勢。無為にスペースを与えるFマリノスユースのバランスの悪さを何度となく右サイドを駆け上がることで突き、コンサドーレのカウンターにダイナミズムを付随した。

-----------------------

本当はびしっとまとめて書こうと思ったのだけど、書きたいことをバリバリ書いてたら全然まとまりませんでした。本当は初めてのJヴィレッジのことも書いたりしたかったのだけど……。

それにしても僕にとっては全クラは本当に相性が良い、良い試合一杯見れて、刺激受けまくり。

ということでここまで。来年も楽しみ楽しみ!

-----------------------

*てか、一番残念なのはFマリちゃんなんだけどね。コンサのハードワークとは対極の緩慢なフットボールであっさりと逝ってしまった。でも過ぎたことを言ってもしょうがない、やり直すしかない。僕は選手達のポテンシャルを信じてるし、もっと出来ることを見ている。今はまず選手達が驕りを捨て、自信とモラルを取り戻し、「チーム」に再び戻るために出来ることをしよう。和田さん、頼むよ、まじで。

|

« 際だつ存在感に見た確信 -from All Star 2008- | Main | 逆風@Beijing Olympic GroupLeague vs アメリカ »

Comments

Thanks for finally writing about >堪能の夏 -全クラ決勝によせて-: LooseBlog

Posted by: Phillip | February 24, 2014 at 03:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/42078087

Listed below are links to weblogs that reference 堪能の夏 -全クラ決勝によせて-:

« 際だつ存在感に見た確信 -from All Star 2008- | Main | 逆風@Beijing Olympic GroupLeague vs アメリカ »