« もがくしかない@J1 第18節 Fマリノス - アントラーズ | Main | 際だつ存在感に見た確信 -from All Star 2008- »

July 31, 2008

セレステ・イ・ブランコとの邂逅 -U-23 壮行試合に寄せて-

ワールドカップを2度、コパ・アメリカを14度制し、不世出の天才ディエゴ・マラドーナを始めとして、希有なる才能を生み出し続ける南米の雄、アルゼンチン。

彼らは凄かった、100%ではなくても凄かった。

一本一本のパススピード、そのパススピードを消化出来るファーストタッチ、理想を理想で終わらせない高い戦術意識、そして垣間見えるだけだったがこの国のフットボール文化が見えたハードチャージ。

偉大なるセレステ・イ・ブランコを前に、若き日本の才能達は大きな刺激に受けたに違いない。華を持たせるもらい、薄っぺらい希望を抱くよりも比べモノにならない程意義のあるゲームだった。

-----------------------

*初めてのアルゼンチン、あの水色と白のユニフォームを生で見れて、やっぱり感動しちゃったので、順番を入れ替えちゃいます。雨も凄かったけど、プレーも凄かったよ、アルゼンチン。その中で感じたことなど……。

*実際の所、100%ではなかったと思う。A代表とU23と言う違いはあるにしても、WC南米予選のブラジル戦と比べれば激しすぎるアプローチや深いスライディングの頻度は少なかったし、どこか流すようなプレーも多かった。とはいえ、所々にやっぱりクオリティというか彼らのエスプリが見えてきた。

*例えばボールを繋ぐという要素。状況にもよるけれど、非常に多く見られたのが綺麗なグラウンダーのパス。だから?と思うかも知れないけど、これって地味に大事なことだと常に思ってる、パスの質というのは次のプレーの質を決めるから。通ればいいやと浮き球で出せばコントロールはその分遅れる、でもグラウンダーのパスならコントロールしやすいから次のプレーへの移行がスムーズになる。この連鎖が何を生むか、無駄が減り、プレースピードが上がる、相手の対応を難しくする。この辺はJで意識しているチームというのは本当に少ない。そして、真似出来る部分だと思う。

*それと判断スピードの速さ、周辺状況を良く捉えて次の選択肢を常に見つけておく。きっと彼らが常にシビアな状況でプレーしているからこそ(足ごと狩るようなスライディングやハードチャージに晒される国だからこそ!)、危険が迫ったときにはシンプルに次の選択肢に「逃げれる」。マスチェラーノとかガゴなんかはその典型、2タッチで常に逃げれるところを見つけておくから、ロストが極端に少ない(勝負パスは別)この辺はお国柄なんだろうなぁ。その対面にあるハードチェックが余り見られなかったのは親善試合だからこそ、なんだろうけどね。

*戦術的な部分では、妥協しないと言う点にシンパシー。以前、ビエルサが非常にシステマティックなサッカーを標榜していた頃から比べれば、今はそんなにシステマティックな印象はない。ただ、システム的な要素を軽視せず、その形を成立させるために、当たり前のことを当たり前に、そして理論上必要なことをシビアな状況でもやりにいく。リケルメというモダンフットボールの特徴とは相反する存在を抱える中で、システマティックで高い戦術レベルを維持するには周囲の選手がそういった姿勢でプレーしていく必要があるというのはわかるけど、その徹底度は見習うべきところ。その特徴的なシステムという側面では、個人個人の特徴を活かすシステム。変則的な形、左サイドにディマリアを張らせて、右はガゴが中でプレーしてサバレタが広範囲をカバーする。アタック時にはディマリアはかなり高い位置まで出て選択肢を拡げ、機動性の高いサバレタもかなり積極的にポジションを上げる。ガゴはリケルメの陰になるようにサポートしながら攻撃に絡んでいき、マスチェラーノがリスク管理。個々の特徴に合わせて役割が与えられ、かなりはっきりしていた印象。攻撃に置いてはリケルメにより多くの選択肢を与えるため、守備に関してはリケルメの守備負担を減らし、存在をネガティブなモノにしない。戦術とシステムという部分全てに置いて「リケルメ」という存在がこれだけ大きいのは、大きなリスクがあると思うけど、マラドーナが未だに生き続ける国、王様を待ち望む国民が望むスタイルなのかも知れない。リケルメがいなくなったときがどうなるのか、興味を引かれるかな。

*選手はざっと。アグエロ、こんなもんじゃない、テレビで見た限りでは。リケルメ、パスのアイデアと空間を見つける目は超絶、ただキープに本来の重厚感はなし。ガゴ、綺麗なグラウンダーのパスは美しい、運動量豊富でチームを繋ぐがチャレンジパスにロスト多かった。マスチェラーノ、スペース管理に破綻なし、内田に行ったタックルにアルゼンチンを見せてもらった、リズムを淀ませない2タッチプレー○。ディマリアのゴールはダンスを踊るようだったなー。

-----------------------

*そんなチームと対峙した中で日本の選手達は良く踏ん張ったと思うし、守備に関しては改めて「対抗」出来ると言うところを見せてくれた。集中力の高さ、粘りという部分は充分、本番でもこれが維持出来れば(大きな驚きがない限り)破綻はないはず。相互のカバー(特にセンターに対してのサイドバックのカバー)いい。攻撃に関しては、良い悪いは別にして、攻めきる、と言う意識は強くなったと思う。ただ、結構1トップをターゲットに長いボールを飛ばしていたけど、これは少し考える必要があるかな。トップ下の選手が守備に奔走させられる状況でサポートは難しい(プッシュアップスル時間がなさ過ぎる)手法として中継点としてアウトサイドに起点を作って(せっかくの本田圭・香川な訳だし)、サイドバックや中央のプレーヤーがダイナミズムを生み出して追い越していくみたいな。トップは最後の終着点として……

-----------------------

まあ、雨凄くて、帰り大変な目にあったけど、行ってよかったです。正直、ミーハーな気持ちもあったけど、刺激受けるよね。こういうところに行って欲しい、こういうレベルを目指して欲しい、そういう思いが沸いてくる。実際に対峙した選手はもちろんのこと、こういう試合を見た選手達には様々なことを感じて欲しいし、見ている側もこういうレベルの選手やチームを見て高いレベルを求めて、相乗効果が産めたら、それは素敵なことだと思うし……。

ま、楽しかったということで。ということでここまでー。

-----------------------

KIRIN CHALLENGE CUP 2008 -All For 2010-

U-23 Japan 0-1 U-23 Argentina @ National Stadium,TOKYO
ARG:68'A.DiMaria

sports navi

U-23日本代表スタメン:GK西川周作、DF内田篤人、森重真人、水本裕貴、安田理大(→77'長友佑都)、MF本田圭佑(→77'香川真司)、梶山陽平、本田拓也、香川真司、谷口博之、FW豊田陽平(→65'森本貴幸)

U-23アルゼンチン代表スタメン:GKオスカル・ウスタリ、DFパブロ・サバレタ、エセキエル・ガライ、ニコラス・パレハ、ルシアーノ・モンソン、MFハビエル・マスチェラーノ、フェルナンド・ガゴ、アンヘル・ディマリア(→73'ホセ・ソサ)、ファン・ロマン・リケルメ、FWセルヒオ・アグエロ、エセキエル・ラベッシ(→79'ラウタロ・アコスタ)

-----------------------

*ふいー、日々に追われてますが、この2週間で何とか……。

|

« もがくしかない@J1 第18節 Fマリノス - アントラーズ | Main | 際だつ存在感に見た確信 -from All Star 2008- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/42025992

Listed below are links to weblogs that reference セレステ・イ・ブランコとの邂逅 -U-23 壮行試合に寄せて-:

« もがくしかない@J1 第18節 Fマリノス - アントラーズ | Main | 際だつ存在感に見た確信 -from All Star 2008- »