« 壊された風物詩@XEROX SuperCup 2008 アントラーズ vs サンフレッチェ | Main | 2008 Fマリノス動向とか展望とか、そして思いとか。 »

March 04, 2008

2008 J1動向とか展望とか -6-

ラストです、第6回。

-----------------------

ガンバ大阪

選手動向

[in]
ルーカス(←FC東京/完全移籍)
ミネイロ(←インテルナシオナル[BRA]/完全移籍)
水本裕貴(←ジェフ/完全移籍)
山崎雅人(←トリニータ/完全移籍)
佐々木勇人(←モンテディオ/完全移籍)
福元洋平(←トリニータ/レンタル)
中澤聡太(←レイソル/レンタル→完全移籍)
武井択也(←流通経済大/新卒)
安田晃大(←ガンバユース/昇格)
木下正貴(←ガンバユース/昇格)

[out]
フェルナンジーニョ(→エスパルス/レンタル→完全移籍)
児玉新(→エスパルス/レンタル→完全移籍)
井川祐輔(→フロンターレ/レンタル→完全移籍)
マグノ・アウベス(→アル・イティハド[KSA]/契約解除→完全移籍)
シジクレイ(→サンガ/完全移籍)
青木良太(→ジェフ/完全移籍)
実好礼忠(引退)
入江徹(引退)
家長昭博(→トリニータ/レンタル)
中山悟志(→ロアッソ/レンタル)
丹羽大輝(→アルディージャ/レンタル)
横谷繁(→愛媛FC/レンタル)
伊藤博幹(→愛媛FC/レンタル)
玉置慎也(未定)

-----------------------

2008 Gamba

  バレー ルーカス
 二川      遠藤
   明神  橋本
 ミネイロ    加地
   山口  水本
     藤ヶ谷  
 
FW:播戸、山崎
OMF:寺田、安田理、佐々木
DMF:倉田、安田晃、ミネイロ
SDF:安田理L、佐々木R、橋本LR、下平L
CDF:ミネイロ、中澤、福元、加地
GK:松代、木村

市場動向

リーグno.1とも言える高質のフットボールを表現しながら、ここ数シーズン恒例となりつつある終盤の失速もあってリーグタイトルを逃したガンバ。そんな昨シーズンの反省も踏まえ、今シーズンは全てのタイトルを見据えて大型補強を敢行し、西野監督が「100%」と言う万全の状況を整えた。

まずアタッカー、契約解除となったマグノ・アウベスの後釜として選ばれたのがFC東京のルーカス。マグノとはタイプが違うが、中央でのボールの収まりの良さや前を向いたときの迫力、周囲をうまく使えるテクニック、チームタスクへの献身性などを評価された形か。バレーを新しいエースとして軸に考えた結果とも言えるが、超高質のガンバのポゼッションにルーカスのテクニックとリズムが更なるアクセントを加えることで更なるクオリティの向上を見据える。又、トリニータから抜群の運動量を誇る山崎、右サイドのスペシャリストである佐々木を獲得することで、戦術的な幅を広げることも可能になった。

そして、シジクレイの抜けたバックライン。元々層の厚いポジションではなかっただけに、主戦ディフェンダーが抜けることは手痛いかに思われたが、日本代表の水本裕貴の獲得で穴を埋める以上の補強に成功。スピード面では少々不安要素を抱えていただけに彼のようにスピード豊かで人に強いタイプのセンターバックはガンバの弱点をまさに「補強」出来たと言えるのかなと。又、U-20の中心であった福元をもレンタルで獲得、層の薄さもカバー。ポリバレントな仕事が可能という触れ込みのミネイロも加わり、センターバックだけではなく、左サイドバック、ボランチの層も厚みも増した。ディフェンスの補強に関しては100点以上、量的にも質的にも文句なく、不安用を吹き飛ばす市場動向だった。

代表活動の絡みもあり、新戦力のフィットには不安を残すモノの、寺田・安田・倉田といった若手の成長も目に見えているだけに充実の戦力であることは間違いない。打倒・鹿島、打倒・浦和を果たせる戦力は揃ったと言えるだろう。

スタイル

今シーズンも看板である流麗かつ華麗なポゼッションサッカーに大きな変化はないと目される。昨シーズンチームとして意識していた鋭いトランジッションもパンパシフィック選手権で見られ、充実の攻撃は今シーズンも健在。長期政権と言うこともありマンネリ化が危惧されているが、もし変化があるとすればフットボール的なコンセプトというよりも、ゲームの進め方や考え方などに変化があるのかも知れない。

それが「勝負強さ」と言う点。これまでは圧倒的な質の違いを見せつける形で相手をねじ伏せてきたが、終盤の失速にも見られる通り、結果を問われた時の勝負強さというと、タイトルに手を掛けた鹿島、そしてライバルとも言える浦和には及ばない。そういう部分を強く意識することで、ライバルとの差を埋めるということを考えているのかなと。ガンバのスタイルにこの要素が加われば、一つ頭抜けるぐらいの強さを誇ることになると思われるが、この要素は目に見えない要素であり、一朝一夕には手に入れることの出来ない部分。そんな要素を以下にチームに植え付けていくか、西野監督のアプローチは非常に気になる。

そして、後は真のエースの誕生か。考えてみれば、昨シーズンはマグノが怪我に苦しみ、バレーが勝負所でナイーブさを見せたことで、チームは一気に失速していった。マグノなき今、その勝負強さを担うべきプレーヤーとしてはエースとしてのゴールが期待されるのは20ゴールを上げたバレーに他ならないだろう。今シーズンはシューターであったマグノからチャンスメーカー型のルーカスへコンビを組む選手も替わるだけに(ルーカスもかなり獲ると思うけどね。FC東京とはサポートの厚さも違うから、前を向ける回数も増えるはず。ルーカスはまだ底を見せてない感じ……)、彼が決めるか決めないかはチームの不沈の鍵。エースとしての仕事が期待される。

勝負強さを求めるが故の葛藤、悔しさを味わった故の渇望、「美しく」「強く」の二兎を追う形がどのような形でピッチに表れるのか、興味は尽きない。西野監督にとっては、これだけの戦力を揃えてもらったと言うこともあって言い訳の出来ないシーズン、日本で最も期待される男の手腕にも期待。

*個人的にはルーカスが入ることによる化学変化かな。タクティカルな面だと「空の理論((C)にしんさん)」の行方、ヤットが紡ぎ出すリズムと二川がもたらすファンタジアとの相互関係、そしてもちろんバレーとの関係性……色々な部分でルーカスが絡んでくるはずなので、非常に気になる。それと若手かなー。ブレイク気配ぷんぷんというか、既にブレイクしてる感がある寺田は当然のことにしても、ナビスコでのあの躍動的かつ新人離れしたプレーが目に焼き付いている倉田はとても期待。層が厚いけど……。

-----------------------

大分トリニータ

選手動向

[in]
ウェズレイ(←アトレティコ・ミネイロ[BRA]/レンタル)
家長昭博(←ガンバ/レンタル)
小林亮(←レイソル/レンタル)
鈴木慎吾(←アルビレックス/レンタル→完全移籍)
藤田義明(←ジェフ/レンタル→完全移籍)
小林宏之(←TDK[JFL]/完全移籍)
山崎哲也(←セレッソ/完全移籍)
小手川宏基(←トリニータU-18/昇格)
清武弘嗣(←トリニータU-18/昇格)
石田良輔(←トリニータU-18/昇格)
井上裕大(←トリニータU-18/昇格)
ニータン(←マスコット/新規誕生)

[out]
梅崎司(→レッズ/完全移籍)
松橋章太(→ヴィッセル/完全移籍)
三木隆司(→グランパス/完全移籍)
山崎雅人(→ガンバ/完全移籍)
福元洋平(→ガンバ/レンタル)
宮沢正史(→ベガルタ/レンタル)
梅田高志(→FC岐阜/レンタル)
河原正治(→愛媛FC/レンタル)
川田和宏(→松本山雅FC/レンタル)
梶原公(→ヴェスト・ファーレン長崎/完全移籍)
アウグスト(未定)

-----------------------

2008 Trinita

  ウェズレイ 高松
      金崎
 鈴木        高橋
  ホベルト エジミウソン
  上本 森重 深谷
      西川

FW:前田、松橋優、市原、清武、(家長)
OMF:高橋、鈴木、前田、西山、(家長)
SMF:小林、根本、小手川、(家長)
DMF:藤田、西山、金崎、小林
CDF:藤田、小林、山崎
GK:下川

選手動向

待望のマスコット、ニータンの誕生に沸き上がる大分、彼の愛らしい姿には大いなる可能性を感じさせ、それに魅せられた若いギャルや子供達が大挙してスタジアムに駆けつける事が予測される……

なーんて、絵空事を想像したくなるぐらい、恵まれないオフとなってしまったトリニータ。資金的に恵まれないプロビンチアの運命とはいえ、時期的に重なり合ってしまったこともあって、なかなか希望を見いだしにくい状況に陥ってしまったように見える。

当然触れなければいけない放出組。まずフランス「留学」後、不調に喘ぐチームを活気づけた梅崎司のレッズ移籍。非常に向上心が強く、野心に溢れる彼の移籍はある意味では既定路線と言えるが、彼の代わりとなれる選手が見あたらないことを考えると、やはり傷は大きい。そして、トップの二人、一昨シーズン二桁ゴールを挙げて再びスポットライトを浴びた松橋章太、昨シーズン終盤に持ち前の献身性と運動量でシャムスカの信頼を得た山崎雅人、それぞれが移籍することで、トップの層も一気に厳しくなってしまった。ディフェンス面でも将来のリーダー候補と考えていた福元が煮え切らない状況にしびれを切らしてガンバにレンタルで出て、ポジションを森重に奪われたとはいえ、長年このチームのディフェンスを支えてきた三木もチームを去った。主力5人が抜けるというのはジェフもそうだが、非常事態。チームのアイデンティティが大きく揺らいだと言っても過言ではないだろう。

その代わりに補強にも走ったが、補強と言うよりも補充という印象が強い。しかも、その目玉となるべき家長昭博が前十時靱帯損傷で長期離脱となるアクシデント。チームとしてはシーズン前からエマージェンシーがなってしまった。

唯一の朗報は、昨シーズンの残留の決め手となったブラジリアンボランチコンビの残留、そして実績のあるウェズレイの獲得か。どちらにしても「ご愁傷様……」と言いたくなるオフとなった。


スタイル

非常に緻密な分析を元に相手を意識しながら、隙を突くようなサッカーを標榜するチームでは合ったモノの、これだけメンバーが変わり、しかも監督の望むようなプレーヤーが揃えられないとなると、新たな概念の元でのチーム作りとならざるを得ない。その中でペリクレス・シャムスカがどのようなチームに仕上げてくるのかは気になって仕方ない。

チーム全体像を予測するのは正直むずかしい部分があるので、気になる部分を。それが、梅崎・松橋・山崎といったアタッカー陣を失って大きな変化があるであろう攻撃面。彼らが抜けたことでチームが失うと見られるのが「機動性」。トップに予測されるウェズレイ・高松はある程度ボールを収めることには長けているだけに、ここを軸にしていきたいところだが、機動力のあるプレーヤーを失ったことで彼らへのサポートという面では少々不安が残る(ましてや主導権を握れるゲーム展開の多いチームではないので……)鈴木慎吾、高橋大輔と言った選手を中にずらすと言う選択肢も考えられるが、フィットしているプレーヤーをずらすことのリスクもあるだけに、難しい選択が迫られる。

守備面に置いてもトップが絡むが、山崎を起用していたことを考えてもトップが担ってきた守備貢献を同じようにウェズレイに求めるのは難しい。それが出来ないとなると、違うコンセプトを携える必要が出てくるかも知れない。リトリート気味にブロックを形成するというはっきりした形への移行も考えられるか。相手との兼ね合いもあるだろうが、エジミウソン、ホベルトの二人を核に、台頭してきた森重や藤田と言った若い選手で構成してきた守備は積み上げが出来ていただけに、何とか継続性のあるモノにしていきたいところだが……。

どうもネガティブな話題が先行してしまうが、シャムスカのもう一つの武器と言えば積極果敢な若手起用。この機をチャンスと捉えて新しい芽を育て、何とかこの危機を乗り越えられれば、チームとしても新たな可能性が見えてくる。小手川や松橋優はちょっと注目。とにもかくにも迫る未曾有の危機にシャムスカマジック再びとなるか、正念場となるシーズンに注目したい。

*しかし、何で雅人はガンバに行ったかなー。もちろんステップアップで素晴らしいことだとは思うけど、ガンバのアタッカー陣見るとチャンスは限られちゃうように思ったんだよなー。せっかく評価されはじめていただけに、しっかりと結果を残した上でステップアップして欲しかったかなー。てか、プレーが見られないのは少々寂しいので……。つか、シャムスカ!前俊育てろ!あれだけの才能を殺すな!何とかしてくれよぅ……。

-----------------------

総括

2008 J1動向とか展望とか -1-←コンサドーレ、アントラーズ、アルディージャ

2008 J1動向とか展望とか -2-←レッズ、レイソル、ジェフ

2008 J1動向とか展望とか -3-←FC東京、ヴェルディ、フロンターレ

2008 J1動向とか展望とか -4-←アルビレックス、エスパルス、ジュビロ

2008 J1動向とか展望とか -5-←グランパス、サンガ、ヴィッセル


と言うことで、コンプリートっす。上はアーカイブです。やっぱり17チーム、長かった……でも、久々に達成感を味わってます。反応もそれなりに頂けましたし、満足です……(ちなみに少し修正致しました、IEだとずれるんだよね、てかフォントによってずれると言うことがいまになって判明)

で、リーグ全体の展望としては、まず上位としては3強が3強のままでいられるか、そしてその3強に割ってはいるのがどこかと言うぐらいは書いておこうかなと。面白くも何ともない予測ですが、今年も3強は今シーズンも強いと予測しています。それぞれにここだけどこにも負けない素晴らしい力(鹿島はフットボールへの真摯な姿勢が見える個々の高い意識とチームとしての完成度、レッズは抜群と言える個の強さと実績ある守備力、ガンバは圧倒的な攻撃構築力と破壊力)を有しているというのが根拠なのだけど、もし危険だとしたらレッズかなーという気はします。闘莉王やら鈴木啓太が夏辺りに海外移籍したら、土台が揺らいでしまうから。とはいえ、この中でタイトルに最も近い位置にいるのもレッズだとは思うけれどね(それは僕のサッカーに置けるフットボールの考え方が「守備」だから……結果を残すにはまずは守備、この土台が最もしっかりしている。そして層だね。スケジュール的な問題はもう決して軽視出来ない……)

ただ、ディスアドバンテージを握っていないと言う面で彼らを追うクラブにチャンスがあるのかなーと。そこで名前を挙げるのがフロンターレとエスパルス(これも昨シーズンの順位と……つまらない人ね)フロンターレは着々と積み上げてきた土台の上に今シーズンはもの凄いミサイル乗っけたこと。憲剛が健在であればアタッカー陣にチャンスはそれなりに来るだけに、コンスタントな得点力は計算出来るかなと。ましてや、「個」として取れる選手達だし。箕輪の離脱というニュースがとても気になるけど、山岸の加入で幅も拡がってるし、関塚監督の舵取り次第ではあり得るかなーと。そして、エスパルス。不確定要素を昨シーズン以上のスピードではっきりさせることが出来れば、スケジュール的なアドバンテージもあるし、トップ3以上に安定した成績を積み上げられるだけのチームとなっているから。まあ、外人次第でもあるけど……。守備面に関してはレッズにも劣らない完成度だし。

もちろんここに我らがFマリノスも、ということになると良いなぁ……。

降格争い?まあ、今年上がってきたクラブはちょっと厳しいかなー、躍進しそうな雰囲気が少し感じられない。まあ、その他にも怪しいところはあるんだけど……どっちにしても混戦だから……。

とにもかくにも、今年もFマリノスが中心になるにしても色々見ます。きっと等々力辺りにも(まーくんと憲剛目当てで)よく出没するはずです。那須は微妙だけど、きっとマイクも見に行きます。レポはするかどうかわかんないけど!

-----------------------

と言うことでコンプリート完了!良かった良かった、これでもうサb)ry……

じゃなくて、もちろん開幕前までにマリの分析もやらないとね。まー、それはすぐに、準備してないけど、罵詈雑言になりそうだけど。ということでここまでー、お付き合い下さってありがとうございました~。

-----------------------

*編集後記、とにかく知識にバラツキがありすぎる。多分、沢山見てたチームであったり、興味をそそられたチームはそれなりにちゃんと出来るけど、それ以外のチームは……怪しい部分もある。対戦相手としてそれなりには見てたんだけど、1シーズン常に見て、良いときと悪いときの差異って絶対あるし……なので、僕はまだまだ精進が足りんです。でも、結構結構な方が目を通してくれているようで、非常に嬉しいです。来年も「気が向いたら」やります。約束はしない。とにもかくにも、イイ準備運動になりました。動向も事前学習出来たしね。

|

« 壊された風物詩@XEROX SuperCup 2008 アントラーズ vs サンフレッチェ | Main | 2008 Fマリノス動向とか展望とか、そして思いとか。 »

Comments

いたさん、コンプリートおめでとうございます。
いや、まだマリノスが残ってましたね(笑)
早いもので、もう今週末は開幕戦ですね。
私も参戦することになりましたので、いざ決戦です。
いい勝負になることを期待しましょう。

Posted by: skcook | March 05, 2008 at 12:44 AM

全チーム、お疲れ様でした。
以前よりお邪魔していて、毎日覗きに来る一人です。
しかも仕事中とか…一番多いのは会議中に見ています。

開幕戦はお邪魔するのでマリノスの展望が今から楽しみです。
個人的にアーリアを生で見てみたいのですが…難しいですかね。
何はともあれ、試合が今から楽しみです。

Posted by: ナオッコ。 | March 05, 2008 at 11:49 AM

全チーム、お疲れ様でした。
開幕戦。私も参戦します。また子供とサッカー当たったので、試合前にピッチかけます。(笑)。今年も長文楽しみにしています。お願いします!!

Posted by: ばび | March 06, 2008 at 12:18 AM

skcookさん、こんにちわー。

コンプリート、Fマリノスは置いておいて、久々に達成感のある事が出来たかなぁと。これも「やらないか?」という話を頂いたおかげであります。

いよいよ開幕ですが、うちにとってはいきなり正念場です。毎年毎年、レッズに負けるとその後連敗となってしまうので……。

とにもかくにも良いゲームになることを期待したいですね。沢山のお客さんが入ることですし。

ではではー。

Posted by: いた | March 06, 2008 at 01:54 AM

ナオッコ。さん、はじめまして、こんにちわー。

期待を裏切ることが多く非常に恐縮ですが、毎日ご覧になっていただいているとは本当に感謝です。

とりあえず何とか開幕までにもう一本エントリを上げれるように頑張ります(まだ何も準備していないですが……)アーリアの出場は……チーム状況次第なので何とも言えませんが(佑二が怪我で開幕戦を回避するなら、マツがバックラインに下がって先発もあるかも……でも佑二が戻ってくるとマツはボランチ起用でアーリアははじき出されてしまうかも……)、素晴らしい才能を持った選手です。一言で言うならエレガント、ジダンのような選手になれるだけの可能性があると思います。ダイレクトパスとキープには一見の価値があるかなーと。ご覧になれるとイイですね!

とにかく6万人のスタジアムは壮観だと思いますので、楽しみましょう!

ではではー、又よろしくお願い致します。

Posted by: いた | March 06, 2008 at 02:00 AM

ばびさんこんにちわー。

イベントに当選なされたそうでおめでとうございますー。実は周辺事情に酷く疎いモノなので、どういう感じなのかは全然わからないのですが、選手達とふれあえるのは素敵なことですねー。お子さんと存分に楽しんで下さいー。

もちろん試合の方も!

ではでは、又よろしくお願い致します。

Posted by: いた | March 06, 2008 at 02:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/40375068

Listed below are links to weblogs that reference 2008 J1動向とか展望とか -6-:

« 壊された風物詩@XEROX SuperCup 2008 アントラーズ vs サンフレッチェ | Main | 2008 Fマリノス動向とか展望とか、そして思いとか。 »