« 2008 J1動向とか展望とか -1- | Main | 成功体験@KIRIN CHALLENGE CUP 2008 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ »

January 29, 2008

2008 J1動向とか展望とか -2-

はい、どんどん行きます。第2弾。

-----------------------

浦和レッドダイヤモンズ

選手動向

[in]
高原直泰(←アイントラハト・フランクフルト[GER]/完全移籍)
エジミウソン(←アルビレックス/完全移籍)
梅崎司(←トリニータ/完全移籍)
三都主アレサンドロ(←レッドブル・ザルツブルク[AUS]/レンタル復帰)
近藤徹志(←愛媛FC/レンタル復帰)
高崎寛之(←駒沢大/新卒)
橋本真人(←市立船橋高/新卒)
林勇介(←盛岡商業高/新卒)

[out]
ワシントン(→フルミネンセ[BRA]/完全移籍)
ネネ(→コリチーバ[BRA]/完全移籍)
長谷部誠(→VfLヴォルフスブルク[GER]/完全移籍)
小野伸二(→ボーフム[GER]/完全移籍)
赤星貴文(→ホーリーホック/レンタル)
大山俊輔(→ベルマーレ/レンタル)
横山拓也(→愛媛FC/完全移籍)
中村祐也(→ベルマーレ/完全移籍)

-----------------------

2008 Reds
    エジミウソン 高原
         梅崎
 アレックス        山田
       啓太  阿部
   堀之内 闘莉王 坪井
         都築

FW:田中達、永井、小池、エスクデロ
OMF:ロブソン・ポンテ、山田
SMF:平川LR、相馬L、永井R、岡野R、細貝L、堤L
DMF:細貝、内舘
CDF:阿部、細貝、近藤、堤、橋本
GK:山岸、加藤

  エジミウソン 高原
 アレックス     梅崎
    啓太  阿部
 平川        山田
   闘莉王  坪井
      都築

FW:田中達、永井、小池、エスクデロ
SMF:ポンテLR、岡野R、相馬L、山田R、永井R
DMF:細貝、内舘、堀之内
SDF:相馬L、堤L、細貝LR、アレックスL、阿部LR
CDF:堀之内、阿部、細貝、近藤、橋本
GK:山岸、加藤

市場動向

国内とアジアのダブルという偉業に後一歩の所まで迫りながら、超ハードスケジュールによる蓄積疲労が足枷となった昨シーズン。これを受け、昨シーズンから一転大型補強を敢行。日本最高のストライカー高原直泰をドイツから呼び寄せ、ここ数年二桁得点を続ける高速アタッカーエジミウソン、果敢な突破で攻撃にアクセントをつけれる未来のエース梅崎司を相次いで獲得。そこにオーストリアでの挑戦を終えたアレックスも復帰し、国内トップクラスの資金力を遺憾なく発揮した感がある。

ただ、今オフは動かざるを得ない状況にあったのも事実。エースとして2シーズンで42点を上げた(カップ戦合わせると51点)大砲ワシントンがチームを離れ、悪夢の最終節で攻撃の核ロブソン・ポンテが長期離脱を余儀なくされた。彼らの不在で空いた穴を埋めることの出来る高いレベルのプレーヤーの補強は、王座奪還のためには至上命題。その至上命題をいとも簡単に実現してしまうところは、さすがビッグクラブと言えるところ。

しかし、早い段階から噂に登っていた長谷部が海外挑戦を決め、不良債権化していたとはいえ高い技術とビジョンを持つ小野伸二もクラブを離れるなど、こう次々と穴が空いては、いくら国内屈指のビッグクラブといえどその穴は埋めきれない。こういう事態を予測してか年末からFC東京・今野との交渉を進めていたはいたものの獲得には至らず、未だに彼らの代わりとなるプレーヤーは見つかっていない。現有戦力でも対応出来るだけの戦力層を抱えているとはいえ、アジアと国内のダブルを可能にするための戦力の拡充を狙っていたことを考えれば、その目的達成度は微妙なところかも知れない。

スタイル

厚く堅い守備ブロックを土台に、個々の高い技術で効率的に攻めきるスタイルは不変と思われる。浦和の強みは、スキルやポジショニングの質など個々の選手の持ち得る能力の水準が非常に高いこと。これがあるから効率的なプレーも可能となり、積み重なることで相対的に相手との差となって表れる。こういった部分は選手が入れ替わっても変わらないだろうし、今シーズンも安定した力を発揮する事が予測される。

しかし、ディティールに関しては大きな変化がありそう。それはもちろんそのディティールを形取ってきたプレーヤーが入れ替わるからなのだが、その変化が吉と出るか凶と出るかは未知数。高原は置いておいて、エジミウソン、アレックス、梅崎など個人で仕掛けられるプレーヤーが増えただけに、適切な状況での局面打開プレーで優位性を保てば、より実効性の高い攻撃となるだろうし、個が強調される余り断片的なプレーばかりに終始すると、機能不全、空中分解という事態も考えられる。

他にも代表招集による疲労なども絡む中でのマネジメントなど、彼らを取り巻くファクターは無数にある。それだけに興味も尽きない。

*開幕戦レッズなんだよねー。負けるといつもがたっと来るから開幕は嫌だなーと思ったりもするけど、代表招集などもあって新戦力のフィットに時間が掛かるだろうから、開幕で当たってしまった方が良いのかも知れない。ま、そろそろ勝ちたい。にしても、浦和の選手達はなんだかんだ言ってうまいんだよなー。パス一本一本の精度、ファーストコントロール、その辺の質が高い。クリアとかでもきっちりと前に当てて、受ける選手もイイポジショニングできっちり収めて前を向いちゃう。高い技術が効率性を生む。これはタレント力と言ってしまったらそれまでだけど、見習うべき部分でもあるのかなーと。

-----------------------

柏レイソル

選手動向

[in]
アレックス(←アビスパ/完全移籍)
ポポ(←慶南[KOR]/レンタル)
杉山浩太(←エスパルス/レンタル)
茂原岳人(←ヴァンフォーレ/完全移籍)
菅野孝憲(←横浜FC/完全移籍)
太田圭輔(←エスパルス/レンタル→完全移籍)
鎌田次郎(←流経大/新卒)
村上佑介(←順天堂大/新卒)
大津祐樹(←成立学園高/新卒)

[out]
アルセウ(→コンサドーレ/完全移籍)
谷澤達也(→ジェフ/完全移籍)
水谷雄一(→サンガ/完全移籍)
佐藤由紀彦(→ベガルタ/完全移籍)
平山智規(引退)
岡山一成(→ベガルタ/レンタル→完全移籍)
中澤聡太(→ガンバ/レンタル→完全移籍)
中谷勇介(→サンガ/レンタル→完全移籍)
小林亮(→トリニータ/レンタル)
池元友樹(→横浜FC/レンタル)
長谷川悠(→モンテディオ/レンタル)
大久保哲哉(→アビスパ/レンタル)
大河原亮(→FC琉球/完全移籍)
石館靖樹(→栃木SC/完全移籍)

-----------------------

2008 Reysol
      フランサ
 アレックス ポポ  太田
     杉山 山根
 大谷        蔵川
     近藤 古賀
        南

FW:李、北嶋、茂原
OMF:李C、菅沼L、茂原LCR、鈴木達L
DMF:永井、柳沢、小林祐、柳澤
SDF:アレックスL、石川R、鎌田R、小林祐LR
CDF:小林祐、鎌田
GK:菅野、加藤

市場動向

J2でじっくりと作り上げてきた力を遺憾なく発揮する形でJ1で旋風を巻き起こしながら、地球防衛となる目標を達成後は失速。そんなJ1での1年間を経て見えた課題を踏まえ、今オフに見えるテーマはアタッカー陣のブラッシュアップ。その結果、ポポ、アレックス、茂原(+太田の完全移籍)と好選手を多数獲得。又、アルセウの抜けた穴を埋めるために杉山浩太をレンタルで獲得。獲得の分、放出も少なくなく出入りの激しい形となっているが、狙い通りの動向となったか。

又、J2時代に出場経験も積ませていた今シーズンの目玉の一人鎌田次郎をしっかりと確保、バックラインは怪我がちな選手が多いだけに、彼の入団も層を考える上では小さくない。一度のJ2降格から生まれ変わったレイソルのフロントの優秀さを感じさせられたオフシーズンの動きだった。

スタイル

堅守を基盤に、素早い切り替えからの長距離ランニングとフランサのファンタスティックなスキルが絡み合うダイナミックな攻撃に大きな変更はないと目される。もしかしたら新戦力には、このサッカーに+αを付随して欲しいという狙いがあるのかも。ただ、対角線のスペースを狙ったカウンター、フランサの美しい周囲を使うプレーを活かすサポート、そして高い位置からの激しいアプローチなど、課される運動量は非常に多く、新戦力が機能するかは未知数(茂原は置いておいて、特に外国籍選手)イメージの共有という部分を鑑みても、既存戦力の重用と言う可能性もなきにしもあらずか。どちらにしても、フランサの後ろに控える5つの席の争奪戦は非常に激しくなりそう。

課題としては、フランサ不在時に顕著なプレーの質の低下、昨シーズン神掛かっていた守備陣の集中力の継続など、終盤失速時に見られた要素か。2年目ともなれば、対策を打ってくるチームも少なくないだけに、石崎監督の元、結束したチームにとっては真価を問われる一年となる。

*基本的にはリアクションのチームなので、対策を取られたときが一番困ると思うのです。ただ、そこで活きてくるのがフランサであり、新外国人なんだろうなー。プランニングとしては、新外国人に沢山点を獲って欲しいということなんだろうなー、ディエゴみたいに。ま、どうなるかお手並み拝見。ポジションに関してはこれから競争、特にアルセウの抜けたボランチの競争がどうなるか。大谷も本職をやりたいようだし(しかもアレックス入ったから……)、永井のパスセンスはチームタスクとして活かしたい。ただ、杉山のようなダイナミックなプレーヤーにいてほしい側面もあるはず。選択としては難しいかも。レイソルの選手は気を抜けないね。ノブリン、恐ろしい人。

-----------------------

ジェフユナイテッド市原・千葉

選手動向

[in]
ヨジップ・クゼ(監督就任)
坂本將貴(←アルビレックス/完全移籍)
馬場憂太(←FC東京/完全移籍)
谷澤達也(←レイソル/完全移籍)
苔口卓也(←セレッソ/レンタル)
青木良太(←ガンバ/完全移籍)
櫛野亮(←グランパス/レンタル復帰)
田中淳也(←サガン/レンタル復帰)
益山司(←岐阜工業高/新卒)
乾達朗(←ジェフU-18/昇格)
高田健吾(←ジェフU-18/昇格)
奥山泰裕(←東北学院大/新卒)
エディ・ボスナー(←ヘラクレス・アルメロ[NED]/完全?)
ミルコ・フルゴヴィッチ(←ハイデュク・スプリト[CRO]/完全移籍)

[out]
アマル・オシム(解任)
羽生直剛(→FC東京/完全移籍)
山岸智(→フロンターレ/完全移籍)
水本裕貴(→ガンバ/完全移籍)
佐藤勇人(→サンガ/完全移籍)
水野晃樹(→セルティック・グラズゴー[SCO]/完全移籍)
藤田義明(→トリニータ/レンタル→完全移籍)
黒部光昭(→アビスパ/完全移籍)
安里光司(→FC琉球/完全移籍)
ジョルジェビッチ(契約解除)

-----------------------

2008 JefUnited
    巻   新居
      工藤
  下村   フルゴヴィッチ
 坂本  中島  ??
   斉藤  ボスナー
      立石

FW:レイナウド、青木、苔口、乾
OMF:馬場、谷澤、楽山、米倉、益山
DMF:伊藤、工藤、坂本、楽山
SDF:結城L、市原R
CDF:中島、池田、結城
GK:櫛野、岡本

市場動向

涙なしには語れないようなオフとなってしまった。イビチャ・オシムが手塩に掛けて育て上げてきたプレーヤー達が、次々とクラブを離れる選択をし、結果としてチームの顔とも言える主力が5人一気に流出するという前代未聞の事態に。見えないビジョン、曖昧な責任問題、低い選手評価、内部の混乱など、質の低い仕事をしてきたクラブのツケを払わされる形となったサポーターのことを考えると、他人事ながら心が痛む。

とはいえ、クラブが終わるわけではないだけに、放出の代わりに入ってきた資金を元手に、馬場・谷澤・苔口・青木といったクラブでポジションを掴めない状態ながらポテンシャルのありそうな選手を獲得。又、(目的としては選手の引き留めだったらしいが)昨年半分追いだしたような形でアルビレックスに放出した坂本を再び呼び戻すというあり得ない動きを見せ、チーム再建に向けて急ピッチで補強に走っている。現時点では未発表なモノの大物外国人選手の獲得も狙っていることだが……。

ま、どちらにしてもチームのアイデンティティが壊れてしまうようなオフとなってしまったわけで、その評価が高いはずはない。

スタイル

監督が替わっただけでも読めなくなるのに、それに加えて主力が5人もいなくなるとなれば、予測することすら難しい。サラとなった状態からの再編成となるだけに、監督にとってはやりやすい状況とも言えるが、置かれた現状は余りにも厳しい。

メンバーを見ると、昨シーズンまでのチームのアイデンティティであった「走る」プレーヤーの割合が減ってしまったが、その分スキルフルなプレーヤーが増えた。皆、開花には至っておらず、まだまだ蕾の段階ではあるが、そんなプレーヤー達を覚醒に導き、彼らのスキルを活かすようなことになれば面白い。とはいえ、これは所詮机上の空論。戦力が大幅に入れ替った上で新しいチームを作らなければならないだけに、チームがフィットするまでには時間が必要だし、機能するチームを作ったところで戦力的に厳しい陣容であることは否めない。過酷なシーズンとなるのは間違いなく、こうなってしまった以上腹をくくるしかないのかも知れない。

*一つ朗報なのは、今シーズンは不安要素を抱える怪しいチームが結構多いこと。他がこけることでおこぼれをもらえる可能性もあると思う。ただ、死人に鞭を打つようで悪いけど、個人的にはやっぱりもの凄い厳しいと思う。クゼの腕次第だとは思うけど、芯を持ってプレーしてきたチームがそう簡単に変われるかと言ったら、そんな簡単じゃないと思うから。とにもかくにも急ピッチでの整備と意識改革が必要かな。僕は来年も再来年もフクアリ行きたいぞ!そして、勝ち点欲しいぞ(考えが邪)

-----------------------

と言うことで1/3かー。何だか沢山の人に見て頂いているみたいだし、何とか頑張っていきたいと思います。次は東京と神奈川、かな?てか、神奈川一個なんだ。(自チームはここではやらないつもり。TMとか見たときに随時やるつもり)となるとその次、新潟か?ま、いいや。

ということでここまでー。

-----------------------

*結構急ぎで書いてるので、誤字が多い気が……ちゃんとチェックしてるつもりなんですけど、読みづらくて申し訳ないです(苦笑)

|

« 2008 J1動向とか展望とか -1- | Main | 成功体験@KIRIN CHALLENGE CUP 2008 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ »

Comments

初コメです。

柏のことが書いてあったので反応してしまいました。

ぼくも同感で今年はアレックスをどの位置で
使うかが鍵になると思います。

後は、亮、池本、ジャンボ、悠がレンタル先で
しっかりと経験をつんで、柏に帰ってきて
くれることを願っています。

Posted by: ふうてんの陽 | January 29, 2008 at 11:12 PM

ふうてんの陽さん、こんにちわー。はじめましてー。

トップ下として結果を出していただけに得点力にも期待したいし、希少な左サイドバックとしても使いたいでしょうし、非常に悩ましい問題ですね。石崎監督の今シーズンのビジョンも少し垣間見えるかも。個人的には安定した守備陣を弄るリスクを負うだけに、ゴールに近い位置で技術を使えるプレーでポジティブなポイントを活かした方が良いのではないかと思いますが・・はてさて。

レンタル組に関しては、簡単ではないでしょうが、そう思ってしまいますよねー。僕もマイクにはとても期待してますし、でっかくなって戻ってきて欲しいと願わずにはいられません。

ではでは、又よろしくお願い致します。

Posted by: いた | January 31, 2008 at 08:35 PM

川崎、東京V、京都 更新楽しみにしています。

Posted by: ばび | February 08, 2008 at 12:08 AM

ばびさんこんにちわー。

ヴェルディとフロンターレに関しましてはいかがでしたでしょうか・・・。多少甘かったり辛かったりしてますが、その辺はご勘弁を。。

京都はその次の次・・・となりそうですね。少々お待ちを。

ではでは・・・。

Posted by: いた | February 08, 2008 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/17889045

Listed below are links to weblogs that reference 2008 J1動向とか展望とか -2-:

« 2008 J1動向とか展望とか -1- | Main | 成功体験@KIRIN CHALLENGE CUP 2008 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ »