« 初陣@KIRIN CHALLENGE CUP 2008 vs ペルー | Main | 2008 J1動向とか展望とか -2- »

January 28, 2008

2008 J1動向とか展望とか -1-

ほんとに、軽く、軽くだからね。

じゃないと、いつも通り途中でやめちゃうから。

と言うことで撫でる感じでJ1の各チームの陣容と展望なんかを。今回は札幌・鹿島・大宮。

-----------------------

コンサドーレ札幌

選手動向

[in]
ダヴィ(←ヴィトーリア[BRA]/レンタル→完全移籍)
アルセウ(←レイソル/?)
クライトン(←アトレチコ・パラナエンセ[BRA]/完全移籍?)
ノナト(←バイーア[BRA]/?)
デビッドソン・純・マーカス(←アルビレックス/レンタル)
坪内秀介(←ヴィッセル/レンタル)
平岡康裕(←エスパルス/レンタル)
吉弘充志(←サンフレッチェ/完全移籍)
鄭容臺(←横浜FC/レンタル→完全移籍)
富永康博(←Fマリノス/レンタル→完全移籍)
宮沢裕樹(←室蘭大谷高/新卒)
柴田慎吾(←浜松大/新卒)
堀田秀平(←レイソルU-18/新卒)
横野純貴(←コンサドーレユース/昇格)

[out]
ブルーノ・クアドロス(→FC東京/完全移籍)
関隆倫(未定)
和波智広(未定)
金子勇樹(未定)
カウエ(→ヴィトーリア[BRA]/完全移籍)
イタカレ(→ヴィトーリア[BRA]/完全移籍)
吉瀬広志(→ガイナーレ鳥取/完全移籍)
岡田佑樹(→栃木SC/完全移籍)
川崎健太郎(→カターレ富山/完全移籍)
桑原剛(→福島ユナイテッドFC/完全移籍)

-----------------------

2008 Consadole
  ノナト ダヴィ
 西谷      藤田
   芳賀 クライトン
 坪内      西嶋
   吉弘  曽田   
     高木

FW:中山、石井、宮澤
SMF:砂川、岡本、西
DMF:マーカス、大塚、鄭
SDF:西澤R、平岡L
CDF:池内、平岡、鄭
GK:トミー、佐藤

市場動向

J2制覇での昇格とはいえ、他の昇格チームと比べても戦力的には少々不安が残る部分もあったことを考慮してか、J1を戦い抜くために数的にはかなり多くの入れ替えを実施。その中でもチームの不沈を握る外国籍選手の出来不出来が鍵を握るか。J2でも得点力不足に苦しんだ中でダヴィと共に鍵を握るノナト、石崎レイソルの中でも堅実かつダイナミックなプレーを見せたアルセウ。アルセウに関しては普通に良い選手で、三浦スタイルに順応すれば大きな力になるはず、特に攻撃面で。問題はノナト。彼が当たらないとなると、チームとしては非常に厳しいことになるか。ノナトの実績に関しては面白そうだが、旬を逃してる匂いも。高いポテンシャルを持つU-18代表宮澤裕樹にも期待したいところだが、それは時期尚早か。

どちらにしても、三浦スタイルへの順応を見ずして、チームのクオリティを引き上げる補強が出来たかどうかは少々計りかねる部分がある。フロントの働きとしては、やれることはやったと言えるとは思う。

スタイル

三浦俊也のチーム、それでこの項目は終わる……。とはいえ、コンサドーレではアルディージャを更に守備に特化させたチームを作ってきた印象。昨シーズンダヴィと中山が前線から追い回し、後ろがしっかりと4-4のゾーンで相手を捕縛。展開を閉塞させ、隙を見いだしたところで繰り出すカウンター。J1で指揮を執っていた頃と大きな変化はない。

とはいえ、大宮と比べても戦力的には恵まれていない。戦力差云々という部分を既にタクティクスの中に織り込んで戦ってきている三浦俊也とはいえ、J1に通用するクオリティを備えているかどうかを考えると、厳しいと言わざるを得ない。特に攻撃面。西谷・藤田と言ったJ2で光ったプレーヤー達もJ1のタレントに比べると……ダヴィにしてもそれは同じ事が言える。それだけに、三浦監督が手塩に掛けてきたゾーンがやはり生命線となるだろう。

*勝負だけのことを考えたら、上がってきて欲しくなかった。それぐらい、三浦監督のタクティクスは隙が少ない。昨シーズン見ても、完成度は高い。去年の横浜FCに似てるけど、横浜FCのようにぶれることがないので、ああいう風な瓦解は避けれるとは思う。でも、点を獲れそうな匂いがJ2ですらあんまりないから、J1だとどうなのかなー。リスクを掛けるチームが多いから逆に嵌りやすい?んー、どうだろ?ノナト・ダヴィ次第かなー。

-----------------------

鹿島アントラーズ

選手動向

[in]
伊野波雅彦(←FC東京/完全移籍)
笠井健太(←パウリスタFC[BRA]/完全移籍)
金古聖司(←グランパス/レンタル復帰)
鈴木修人(←早稲田大/新卒)
川俣慎一郎(←鹿島ユース/昇格)

[out]
柳沢敦(→サンガ/完全移籍)
中島裕希(→ベガルタ/レンタル→完全移籍)
深井正樹(→グランパス/レンタル)
田中康平(→ベガルタ/完全移籍)
首藤慎一(→ホーリーホック/完全移籍)
山本拓弥(→ガイナーレ鳥取/完全移籍)
吉澤佑哉(→カマタマーレ讃岐/完全移籍)
ファボン(→サントス[BRA]/完全移籍)

-----------------------

2008 Antlers
   田代 マルキ
 本山      野沢
   小笠原 青木
 新井場     内田
   大岩  岩政
     曽ヶ端

FW:佐々木、興梠、野沢
OMF:ダニーロ、増田、船山、小笠原
DMF:中後、伊野波、鈴木修
SDF:石神L、笠井R、伊野波LR、中後R
CDF:伊野波、青木
GK:小澤、杉山

市場動向

オフの動向は例年通り、必要最小限の動きに終始した感。アジアを意識すればする程、補強の動きは大がかりになっていくものだが、あくまでも自前でプレーヤーを育てながら勝利を目指すと言うスタンスは変わっていないのかも知れない。ただ、全く動かなかったわけではなく、必要な部分ではピンポイントで動いた。ユーティリティ伊野波の獲得がディフェンス陣全体の層を厚くし、逆輸入となる笠井の獲得は他のビッグクラブに比べ資金力に劣る鹿島が開こうとしている新境地の感あり。気になるのは入れ替えの噂も流れていた外人選手、現時点では現行の3人のままみたいだけど……はてさて。

懸念されるポイントとしては、柳沢を始めとして次々に放出が続いて層の薄いFW陣。ベガルタで可能性を見せた中島も、トップでの実績も充分な深井も戻さず4人態勢で厳しいシーズンを乗り越えられるのかというとクビをひねらざるを得ない。ただ、興梠も佐々木も伸び盛りなだけに、沢山の出場機会を得て伸びてくれば、鹿島としては万々歳か。

スタイル

今シーズンも基本的な戦い方は変わらない。オズワルド・オリベイラの分析結果を元に、相手の良いところをケアしながら、相手の穴を突いて上回るフットボール。元々備えている高い技術を持つプレーヤー達が、オズワルド・オリベイラの元で結束していることがこのチームの強み。チーム全体が過敏にボールの行方に反応することには集中力、全員が献身を厭わない姿勢には規律を感じさせ、そこに勝負所を見定めて力を発揮する「鹿島イズム」が加わることで、安定した強さを発揮した昨シーズンのことを考えれば説明の必要はない。今シーズンは、完成度の更なる向上、新加入選手や若手選手をグループに加えることで層の拡充を狙う。

キーとしては、連戦による疲労などにより、チームのモラルやバランスが継続出来るのか。メンバーが替わったときに同じようなクオリティを発揮出来るのかという点。そして、トップの選手達が昨シーズン同様の得点力を維持出来るのかと言う点か。

*土台が形成され、そのクオリティが高いだけに今シーズンもある程度の結果は残すと思うけど、昨シーズン終盤程のセンセーショナルな強さは発揮出来なそうな気もする、ACLはそれぐらい過酷。ただ、オズワルド・オリベイラの「オズの魔法」で新たなモノをもたらしたり、夏場にあるであろう外国籍選手の入れ替え(ファボンがサンパウロに移籍するとか何とか)やナカタコの復帰が起爆剤となったら、又行っちゃうかも知れない。てか、今年はやらせない。昨シーズンも勝てそうだったし。

-----------------------

大宮アルディージャ

選手動向

[in]
樋口靖洋(←モンテディオ/監督就任)
内田智也(←横浜FC/完全移籍)
金澤慎(←ヴェルディ/レンタル復帰)
村山祐介(←ベルマーレ/レンタル→完全移籍)
丹羽大輝(←ガンバ/レンタル)
市川雅彦(←法政大/新卒)
土岐田洸平(←法政大/新卒)
塚本泰史(←駒沢大/新卒)
清水慶記(←流経大/新卒)
川原達也(←東洋大/新卒)
青木拓矢(←前橋育英高/新卒)
渡部大輔(←アルディージャユース/昇格)

[out]
佐久間悟(→退任/強化部長へ)
奥野誠一郎(→引退)
若林学(→愛媛FC/レンタル)
島田裕介(→ザスパ/レンタル)
石亀晃(→ザスパ/レンタル)
西村陽毅(→アルテ高崎/レンタル)
柴崎邦博(→栃木SC/完全移籍)
平野孝(未定)
平岡靖成(未定)

-----------------------

2008 Ardija
   D.マルケス 吉原
 藤本      小林大
   斉藤  小林慶
 波戸       西村
   冨田 レアンドロ    
      荒谷

FW:P.ジュニオール、盛田、桜井、市川
SMF:内田、橋本
DMF:佐伯、金沢、片岡
SDF:村山R、田中輝R、冨田R
CDF:片岡、丹羽、塚本
GK:江角、小林

市場動向

例年には珍しく、非常に静かなオフ。資金を前倒しして補強に走ったしわ寄せが来たのか。ほぼ現状維持と言えるが、その中で目立ったのが新卒アタッカーの大量補強。インカレ決勝に進んだ法政の2トップをそのまま補強、ユースで結果を出していた渡部も昇格させ、次世代を見据えたオフの動きと言えるか。とはいえ、やはり今シーズンはデニス・マルケスが軸なのは変わらないが。

即戦力という面では層の薄かった2列目に横浜FCのよく走るno.10内田を補強。藤本も年齢を重ね、可能性を見せた橋本も終盤は怪我がちと、選択肢が少なかったことは否めなかっただけに、彼の加入は大きい。どちらにしても現有戦力をいかに活かしていくのか、新監督に担うところが大きい。

スタイル

三浦俊也の残した伝統の守備組織は彼がチームを離れた今も脈々と残っており、それが昨シーズン陥った窮地を救ったことを考えても、この基盤が活かされることが予想される。しかし、新監督に就任した「うちの」樋口さん、がより前から、アグレッシブに戦おうとしているようで、その効果がポジティブに出るのか、ネガティブに出るのかは未知数。樋口さんがどこまでそのコンセプトを浸透させ、具現化できるのかが今シーズンのポイントになりそう。

あくまでも予測でしかないが、コンセプトの浸透までは失点数もある程度覚悟が必要なだけに、そうなるとそれに伴う得点力が必要となるか。大宮の課題として、得点力不足が上げられるが、その要因として前線へのサポートが薄いことが上げられる。その辺の意識改革が出来るかどうかも又、一つ鍵を握る部分かも知れない。

*てかね、札幌と大宮、三浦さんなチームが二つあるってのが嫌なわけですよ。試合自体も砂を噛むようなあれな内容が多いし、なにより勝てない。もうトラウマ。でもね、ナクスタと札幌ドーム両方楽しみでもある。ナクスタは二回行けるし。それと嫌いでしょうがないんだけど、今シーズン就任した樋口さんにはやっぱり頑張って欲しいから、ちょっと複雑です。

-----------------------

と言うことで、とりあえず3つ。次は浦和から、千葉かな?ま、ペースを落とさず(自爆フラグ)何とか完走を目指します。言うだけはただ。

ということでここまでー。

-----------------------

*ファン感、とにかく天気が良くて良かった。日が落ちた後、非常に寒かったから、本当に日が出てて良かった。選手参加イベントの運営gdgdとか、相変わらず人がいっぱいで楽しみ方がよくわからなかったりしたけど、こういうイベントからもチームが変わりつつある様な気がしてならないんだよねー。少しずつ少しずつ、サポの方に向いてくれている気がする。嬉しい限り。

*ユニも予約しちゃいましたー。今シーズンはアウェイでーす。背番号は………凄い迷った結果、7にしました。ま、今でも7でいいのか迷ってますが、とりあえず今シーズンはこれで!ホームでは07着るつもりだったりするんですが(苦笑)

|

« 初陣@KIRIN CHALLENGE CUP 2008 vs ペルー | Main | 2008 J1動向とか展望とか -2- »

Comments

お久しぶりです。ueshinです。

ついに始まりましたね。
来シーズンの展望、毎年楽しみにしております。
前年度はやはり過酷だったみたいですね。

今年度のコンプリート楽しみにしております。

世間では浦和の補強に対して、悪く言われているみたいですが、
個人的にはいやぁまだ足りないんじゃないの??
(全般的にかぶっているポジションが多い、
何人かのキープレイヤーがいなくなった後の保険は?とか)
と思っているだけに、いたさんの評価を楽しみにしておきます。

ではでは・・・・

Posted by: ueshin0721 | January 28, 2008 at 11:11 AM

お、はじまりましたね!
なんか私がせかしてしまったようですみません。
こちらはひとまず新潟のぞいて東日本のチームは終了です。
私もいつも以上に駆け足で、雑になってます。
その分いたさんの分析期待してますんでよろしくお願いします!

Posted by: skcook | January 28, 2008 at 02:36 PM

usshinさん、こんにちわ。こめんとありがとうございます。

始めちゃいました……今年こそ何とか完走を目指して頑張りたいと思います。少し分量を減らすことで、何とかと考えてます。

レッズに関しては確かにボランチの層の薄さが気になります。ま、全ての層を均等に……というのは難しいかも知れませんが、鈴木啓太、阿部勇樹はA代表、細貝萌はオリンピック代表でチームを離れることになると思いますし、そうなると気になりますね。詳しくは次回で。

ではでは、又よろしくお願い致します。

Posted by: いた | January 29, 2008 at 06:25 AM

skcookさん、こんにちわー。コメントありがとうございますー。

正直やるかやらないか迷っていたのですが(完走出来ないからなんですけど~)、おかげさまで踏ん切りがつきました。

それにしてもペースが速い!素敵すぎです。まー、18チームもあるとある程度流すぐらいじゃないと難しいかなーと毎年思っております。僕も駆け足気味で頑張りますよ。

なので、余り期待せず(苦笑)お待ち下さい。ではではー。

Posted by: いた | January 29, 2008 at 06:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/17868315

Listed below are links to weblogs that reference 2008 J1動向とか展望とか -1-:

« 初陣@KIRIN CHALLENGE CUP 2008 vs ペルー | Main | 2008 J1動向とか展望とか -2- »