« 連れていかないで。 | Main | Over The Crisis@J1 第32節 ジェフ vs Fマリノス »

November 18, 2007

一歩前進。

短評として。

呪縛が解かれたように、喉から手が出る程欲しかったゴールがいとも簡単に生まれていく。

伝家の宝刀・セットプレーから、ようやく実ったサイドアタックから李が素晴らしい飛び込みでネットに突き刺し、起用に応えた岡崎の飛び出しによるPK奪取、本田圭佑が落ち着いて決める。前半だけで3発。そして、後半度重なるピンチを先発復帰した西川の冷静なセービングもあって凌ぎ、またしてもセット、途中交代の細貝が水野の鋭いキックを高い打点で押し込んでトドメ。最後のPKはもったいないことをしたけれど、これまでの過程を考えれば望外の結果であることは間違いないだろう。

しかし、試合通じて、この日の彼らのプレーは全般的に低調だったことは否めない。

ピッチへのアジャストや集中力の低さからか起き続けるミス、ボールの流れの悪さが表す省エネ的ボールレシーブアクション、様子見マインドを感じるイーブンボールへの反応……。悲壮感も、危機感も、意志の強さも、ピッチ上には表れてこなかった。追いつめられた状況にも彼らの才能を呼び覚ます刺激にはならなかったかも知れない。

それでも、日本に風は吹いている。カタールが勝ち点を落とし、掴んでいたチャンスを完全に失った。最終節、ホーム国立でのサウジ戦で勝ち点さえ獲れば、北京へと道が繋がる。再び、自らの手で全てを決めることが出来るチャンスがすぐそこに転がっているのだ。

きっと痺れるゲームになる、プレッシャーの掛かるゲームになる。でも、こういうゲームをしていくことが、そしてこのチャンスを掴むことが、彼らの覚醒への糧になっていくはずだから。

あと一つ。

-----------------------

*ま、とりあえず良かった。なんだかんだ言ってカタールもサウジもハノイでは勝ち点を落としてたし、凄い五里霧中な感じが漂ってたから、どうなるかと思ってたけど、やってみるとあんがいうまくいくみたいな感じだね。ゲームの内容があんまり良くないこともあって(というより普通なんだよね、何となくだけど)、もの凄い嬉しい!とは言えないんだけど、一歩前に進めたことは良かった。ここで勝たなきゃ前に進めないからね。

*勝因と言う程ではないけれど、2トップの変更が吉と出たのは確かだね。縦の深みと横の幅を自由に使って起点を作れたこと、相手を引っ張ることで生まれるスペースを意識的に使えたこと、そして中の脅威が普段にも増して大きかったこと、攻撃面に関してはポジティブな効用が色々出たかなと。非常に良かったのは、GKの前を意識するクロスが多かったこと。背が低く、判断があやふやで飛び出す判断が遅い相手GKの弱点を突く形で李と萌のゴールが生まれたわけだけど、蹴る人・合わせる人の狙いがうまく出来ていたのかなーと。実際、国立でのゲームでもすれすれ、みたいな怪しいプレーは多かったから、その辺はよくわかっていたのかも。水野のキックも素晴らしかったね。

*とはいえ、守備面ではやらせすぎ。勢い重視のチームだから、スローダウンさせられれば怖くないと思ってたんだけど、オリジナルポジションを崩すことで効果を出していた攻撃面のリスクが多少守備に出ていたかなと。本田が中にずれたサイドのスペース、柏木が上がったあとの中のスペースなど、彼らが加速出来る状況にあり、加速させてしまうと局面打開される危険性が高まってしまう、みたいな感じかな。青山直・水本を中心にマークきっちりであやふやな対応が少なかったこと(レ・コン・ヴィンにアーリー合わされたシーンぐらいかなぁ、あれは相手がうまかったけど)、冷静な西川のゴールキープもあって、何とか無失点で切り抜けたけど、次を考えると少し難しいかな。サウジはもっとカウンター怖い。

*サウジを見据える上では、ミスを減らしたい。特に後ろ向きのミス。岡崎は良く動いているけど、プレーの精度がもの凄く悪い。その辺はもっと高い意識をしないと、普段はそんなに出来ない選手じゃない(うまいとはいわないけど)あとはもっと1vs1の対応で軽い対応をなくさないと。足先だけで行く、コースを切れてない、読みだけで飛び込むなど、相手を軽く見過ぎるような対応も少なくなかった。多分、自分達が攻めようとすればする程、それなりに1vs1を強いられるシーンというのは増えていくと思う。こういうところで劣勢に立たされると、厳しくなるから、その辺は個々が高い意識を持たないと。

*選手個々を見ると、岡崎は上記の通りボールサイドでのプレーの質を上げよう。李は2発見事、泥臭い仕事も良くこなしたし、岡崎同様機動性能の高さがチームに嵌ってる(カレンも使えると思うけどなー)水野はもっとオフ・ザ・ボールの動きを増やさないとダメ、様子見マインドには辟易、「フリーキックだけか?」とオシムたんに言われるぞ。天狗か?本田圭のサイドバックは体力的に厳しい時間帯とはいえ恐ろしく軽かった、でも中央でのプレーは◎、バランス。柏木は前半は積極性ない停滞プレーが多かった、後半は持ち直して安心、ただ青山や周囲の選手とバランスを取らないと。青山敏は自分の役割はきっちり。もっとボールタッチ増やしてもいいぐらい。柏木を高い位置でフリーで動かせるかどうかは君次第。内田は攻撃面でイマイチ守備はそれなり、もっと水野とコミュニケーション。青山直・水本、ほぼ言うことなし、あとはラインコントロール。水本のビルドアップ意識の高さは買い。伊野波、あれだけ1vs1やられてたら彼の起用の意味はない。踏ん張れ。裕介貸してやるぞ。伊野波より守備ボロボロだけど。西川、いいよいいよー、やっぱり君が守護神。梅崎、悪くない、ミドル惜しかった、次もジョーカー。萌、ヘッドたけぇ!萌は最近覚醒傾向にある気がする、プレーに意思がある。興梠、岡崎に比べるとボールを引き出す術では物足りない。でも突破アクションは魅力、もっと周囲との関係性を深めてほしい、時間ないけど。反さん、とりあえず次ね、相手の分析と自チームの変更のバランスを見誤らないように。

-----------------------

ま、だから言ったろう?と言いたくなりますが、ま、もっとやらないとだめと求めたいです。普通にサッカーしてるだけだもん、あれじゃ。とにもかくにも次。痺れるゲーム、くぅぅぅぅ。ということでここまで。

-----------------------

Beijing Olympic 2008 Asian Final Qualify

Vietnam 0-4 Japan @ My Dinh Stadium,HANOI
Japan:8'&25'T.Ri 41'pK.Honda 87'H.Hosogai

Sports navi

U-22日本代表スタメン:GK西川周作"帰ってきた守護神"、DF内田篤人、水本裕貴、青山直晃、伊野波雅彦(→70'梅崎司"目、醒めた")MF青山敏弘(→75'細貝萌"価値ある一発")、柏木陽介"静の後半、動の後半"、水野晃樹"こんなもんじゃないだろ?"、本田圭佑"ひとつのかたち"、FW岡崎慎司"使命真っ当"(→74'興梠慎三)、李忠成"FWの役目"

|

« 連れていかないで。 | Main | Over The Crisis@J1 第32節 ジェフ vs Fマリノス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/17106944

Listed below are links to weblogs that reference 一歩前進。:

« 連れていかないで。 | Main | Over The Crisis@J1 第32節 ジェフ vs Fマリノス »