« Speed Star!Field Star!@J1 第25節 ガンバ vs Fマリノス | Main | 王者の壁はなお厚く@J1 第26節 Fマリノス vs レッズ »

September 22, 2007

涙の借りは、今、ここで。

もしかしたら今シーズン最も悔しいゲームだったかも知れない。

窮地に立たされた状況の中で、選手達は最後の一滴を振り絞るように最大限のプレーを見せてくれた。にも関わらず、報われなかった。

悲劇的な結末に、最後までピッチで戦うことを許されなかった成田くんの目から、そしてボロボロになるまで走り続けて挑み続けた学くんの目から、涙が溢れた。

しかし、今、ここにいる。死んだはずのチームは蜘蛛の糸を辿り、チャンスを掴んで、リベンジの機会を得た。

涙の借りは、今、ここで。

-----------------------

第18回全日本ユースサッカー選手権大会 決勝トーナメント1回戦

2007/9/22(Sat) 13:20/市立船橋高 vs Fマリノスユース @ 秋津サッカー場

そして、この大一番を前に、僕が伝えたい選手達へのメッセージ。

・勝利のためにすべき事 -モラルと責任のもとに-

絶望を味わい、死力を尽くして得た国内最大のビッグコンペティションへの出場権。しかし、そこまでの思いをしながら得た大会にも関わらず、ここまでのFマリノスの戦いぶりは今ひとつ、といっても過言ではないだろう。

初戦、ユースのトップランナーとして名を馳せるサンフレッチェユースと丁々発止の好ゲームを演じたまでは良かった。しかし、力の差は確実にあったアビスパユースに秩序なき守備と考えられないミスが絡んでの4失点を喫し、格落ち感の否めなかったサンガユースに対しても集中力を欠いたプレーから先制点を喫して自ら窮地に追い込まれるなど、勝ったから良いようなものの首をひねらざるを得ない出来に終始した。

ただ、失点していることを責めているのではない。元々守備の質はお世辞にも良いとは言えないし、金井くんと共にそんな組織レベルの守備を何とか成立させてきた甲斐くんの離脱の影響も小さくない。致し方ないとも言えるのかも知れない。しかし、このままでは決勝トーナメントに進んできたチームには勝てない。これは断言しても良い。

何故かと言えば、このチームは今、モラルを欠いている。全体的に動きは緩慢、守備意識は極めて低く、切り替えも遅い、自ら失ったボールに対しての責任感も感じられず、チームのために走る選手が非常に少なくなっている。これではボールも回らないし、相手にスペースを与えて厳しい状況での守備が増える。いくら能力が高い選手を沢山抱えているとはいえ、11人で真摯にプレーするチームに対してこれで勝とうとするのがおかしいのだ。

そんな選手達一人一人に言いたい。チーム、グループの一人として、しなければならないことを全力でこなして欲しい。労を惜しまずに攻守に奔走し、自らのプレーの責任は必ず自らで取る。誰かがサボるから、次々とサボる選手が出てきてしまう。チーム全員がチームのために、勝利のために、モラルと責任を持ってプレーして欲しい。

具体的に書くとすれば、とにかく攻→守の切り替えに尽きる。必死にオリジナルポジションに戻ること、ボールサイドに素早くプレッシャーを掛けること、こういった当たり前のことをやり続けなければならない。余りにセンセーショナルなプレーだったから僕の頭に焼き付いているのだけど、あのゲームの2失点目。右サイドの緩慢な切り替えがスペースを生み、そのスペースを突かれての一気のカウンターから決められたビューティフルゴール。この過ちを繰り返さないためにも、最も必要な要素と言える。

もう、悔し涙は見たくない。だからこそ、モラルを持って。

-----------------------

*個を育てるというテーマの元、このチームの選手達は戦術的な縛りが少なく、自由にプレーさせてもらっている印象。これ自体は否定するつもりもない。ましてや、元々はよく走るし、真面目な選手が多いから、それでもうまくいっていたと思う。そして、特別な才能を持つ子も出てきてる。でも、ここ最近はちょっとだけ考えに変化が出てきた。自由に、のびのびと、というだけでなく、組織の中で活きるために戦術眼であったり、戦術理解力というのも培って欲しいという気持ちもある。個人能力だけで生き抜ける程、現代フットボールはロマンティシズムはないから。

*もちろん、大前提はプレーヤーとしての武器を持つ、武器を発揮する、というところに置いて欲しいし、その武器を存分に披露してほしい気持ちで一杯だけどね。その姿に魅了されているわけだし。ただ、その土台として、組織の中で生きていける術を培って欲しい。この才能達がこの舞台で消えてしまうのはもったいなさ過ぎる

*市船は伝統の守備は相変わらず非常にオーガナイズされており、4-4ゾーンの完成度は非常に高い。個々を見ても非常に訓練されたプレーヤーを揃えており、局地戦も弱くない(事実、学くんも余りプリンスでの市船戦では抑え込まれるシーンが目立ったし、キャプテンでレッズに入団が決まっている橋本の高さも抜けている)そして、そのオーガナイズされた組織に徹底された攻守の切り替えがこのチームの武器。これが鋭いカウンターを生む。このチームは戦績が表す通り「勝てるチーム」関東プリンスとインターハイを無敗で制した力は伊達じゃない。完成度は向こうの方が上、このチームにその武器はない。対抗するのは個々のモラルあるプレーだと思う。

*市船に勝つために最低限必要な要素は「優平くんの復活」「宏太と学くんの献身性+武器の発揮」「岡くんと愛輔くんのスペース&リスクマネジメントと局地戦」かなーと。特に宏太、これまでは怪我明けでコンディションが整っていないからこそ、あんなにサボってたんだよね?戻ってくればもっとチームのために走ってくれるよね?守備もしてくれるよね?

*優平くん頑張れ、苦しいだろうけど超頑張れ。これ抜けたら一枚殻破れるよ!頑張れ、超頑張れ。


-----------------------

恨み、じゃないけれど、あんな涙を見せられた後では、応援しないわけにはいかない。だから僕は秋津に行くよ。てか、秋津近いよ、はしご余裕だよ。ということでここまで。

-----------------------

*たかまど決勝トーナメント一回戦、好ゲーム沢山あるのよ。注目カードあげちゃう。まずはクラブユースの雄同士、ひたちなか第一試合(11:00)のサンフレvsヴェルディ。スピードとキレの河野と強さと重厚感の横竹は超注目。藤枝第2試合(13:20)の流経vsジュビロも実力チーム同士。ハイレベルな攻防が気になるかなー。後はやっぱり大阪デルビー!(藤枝第1試合)今年の優勝候補筆頭であるガンバの優位は動かないけど、セレッソに苦杯を喫したこともあるらしいし、気になるところ。つか、グランパスとアビスパはもう見たから違うところ見たかったなー。

*もちろん、トップも行くよ、充分にはしご出来るからね。この一戦もとても楽しみにしてるし。ガンバ戦に続いて、今シーズン積み上げてきた力を試すにはとても良い機会。ましてや今シーズンチームを引っ張り続けてきたエースがいない試練のゲーム。チームとしての熟成度が問われるね。挑戦者の気持ちを持って、思いっきりやって欲しいな。相手は強いけどね。

*てか、ボランチ二枚で行くのかー。ちょっと意外。ま、功治いないからかも知れないけど、真正面からぶち当たるのかと思ってた。

|

« Speed Star!Field Star!@J1 第25節 ガンバ vs Fマリノス | Main | 王者の壁はなお厚く@J1 第26節 Fマリノス vs レッズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/16528860

Listed below are links to weblogs that reference 涙の借りは、今、ここで。:

« Speed Star!Field Star!@J1 第25節 ガンバ vs Fマリノス | Main | 王者の壁はなお厚く@J1 第26節 Fマリノス vs レッズ »