« 強者の論理@Asian Cup 2007 GroupLeague vs ベトナム | Main | 勝った! »

July 21, 2007

勝て。

一年経った今でも、記憶は全く薄れない。

名将の采配と終盤の同点劇という勢いを纏い一気呵成のオーストラリア。ティム・カーヒルのゴールパフォーマンスの如く、ノックアウトされた日本代表の姿は全ての希望が絶たれた事を示していた。

そして、あの10分で日本は全て失った。

その後の1年間。

新たな指揮官が吹き込む新たな息吹、新たな時代を迎えようとしているJリーグの熱、欧州の舞台で絶望を糧に更に逞しくなるエース達……再び世界に挑むために、越えられなかった壁を越えるために日本は復興の道を辿る。

それでもなお、日本のサッカーを愛する全ての人の心の中には程度の差はあれ、傷が残っている。佑二の中に、俊輔の中に、そして僕の中にも。それだけあの10分間の影響は小さくない。

復興の道を辿る今、絶望の記憶を呼び起こすことは、絶対に避けなければならない。今の日本に必要なのは現在であり、未来なのだから。だから、勝て、絶対に。

-----------------------
AFC Asian Cup 2007 QuarterFinal
Japan vs Australia @ My Dinh National Stadium/VIETNAM

Japan            Australia
   高原  巻          アロイージ ビドゥカ
遠藤        俊輔    キューウェル  ブレッシアーノ  
   憲剛  啓太     クリーナ           エマートン    
駒野        加地          グレッラ
   佑二  阿部      ビーチャム ミリガン ニール
     能活              シュウォルツァー

遠きカイザースラウテルンから灼熱のハノイへと場所を移しての再戦。復讐だの、リベンジだの、と精神的な事を言うだけではあれなので、簡単にポイント。

・逞しきオージーに、立ち向かえ日本男児

オーストラリアが苦しんでいる理由、もちろんアジア特有の湿気を含む気候もあるだろうが、このチームは基本的に変わっていない事にある。個人の力を前面に押し出すフットボール、一人一人がストロングポイントを発揮して局面での優位性を作り出す。ビドゥカが屈強な肉体を持ってして前線で起点となる。キューウェル、ブレッシアーノ、カーニー、エマートンらが詰まった状況でも局面を切り開く。しかし、コンディションが整っていない状況では、その優位性が生み出せない。これがアジアで苦戦するオーストラリアの現状だと感じる。

しかし、3試合を経て、気候にも環境にも慣れ始めている事を考えれば、コンディションは上昇傾向にあると考えるのが妥当であるし、元々この決勝トーナメントにコンディショニングしてきたとしても決して不思議ではない。グループリーグと同じクオリティではないと考えていた方が得策かも知れない。

そんな相手に対して日本はどうするべきか、そこで逃げてはいけないと言う事に尽きるだろう。全ての局面に置いて1vs1は避けられないだけに、そこで負けないことがこのゲームの唯一最大のポイントだろう。

報じられている通り、メインとなるターゲットをビドゥカを起点にしたシンプルなアタックに対して、センターバックがどう対応するか、という局面は最もゲームを左右するマッチアップになる。これに関して佑二と阿部っちに一言言えるとすれば「ワシントンとヨンセンとのマッチアップを思い出せ」ということ。競り負けない、勝てなくても競って精度を落とす、幅のある体を使われてのターンがあるから距離感に気を付ける、全ては彼らとのマッチアップに通ずる事。Jで失敗した事、成功した事を頭に置いてプレーすれば、きっと大丈夫。後は鈴木啓太を中心にセカンドボールへの意識を高く持ち、素早くピックアップしていけば、怖くない。彼は優秀な選手だけど、キャリアの晩年、間違いなく衰えている。

そして、全員に言える事。相手はパスを中心に、コレクティブに選択肢を多く作って攻撃構築していくチームじゃない。一人一人が局面を切り開くことで攻撃を構築してくるチーム。個々の力は高いだけに完全に抑え込むのは難しいけれど、粘り強く、軽い対応で簡単に局面を打開させないようにすること。ここまでの日本のプレーはめちゃくちゃ軽いことが目に付くだけに、差し違えてでも抑える気概を持ってこのゲームに臨んで欲しい。

攻撃面では、ワールドカップの時と同様にキープレーヤーに対してグレッラやクリーナと言った対人に強い選手がマンマークに来る事が予測される。ただ、これを逆に利用してやればいい。多分マークに付かれるであろう俊輔も含めて、ヤットと憲剛がポジションチェンジをしながら、マークに付かれたプレーヤーが例え殺されたとしても、相手を引っ張っていけば、基礎となるゾーンが崩せる。その穴を突けるアイデアと技術が今の日本にはある。まずは風穴を開けるためのポジションチェンジ。

そして、欲をかけば俊輔にはワールドカップでは苦しんだハードマークを打ち破って欲しい。欧州での経験は彼にボールを引き出す動きの質の重要性を感じさせたはずだし、それを揺さぶる術というのも見いだしている。日本にとって、以前も現在もアイデアと技術という魔法を持つ中村俊輔はやはりスペシャル、簡単に消えてはいけない存在。再び世界に打って出る上での前哨戦として、彼の働きが勝負を決める事を願っている。

近代化、組織化が進むフットボールだけど、多種様々な1vs1がフットボールを構成している事は変わらない。確かに個の質は高い、本調子じゃないとしてもフィジカルの差は埋めきれないかも知れない。ただ、理屈じゃない。全ての局面で負けるな、そして上回れ。勝つためにはそれが必要。

-----------------------

と言う事で後1時間かー、ちょっとタイミング的にイマイチかも知れないけど、直前プレビューという事で。うし、気合い。

-----------------------

*オシムたんにもこの一戦には賭けてほしい気持ちがある。過去の戦績や経歴をなぞって名将と崇め立てるのは簡単だけど、監督という商売は結果が伴ってこそ名将であると思ってる。ジーコとの比較ではないけれど、同じように苦杯を舐めさせられたら、彼の威厳も信頼も地に落ちかねない。僕は彼のフットボールに対する造詣や手腕は信頼できるモノだと思っているけれど、求心力を失っては表現できるモノも表現できない。理想と夢だけでは生きていけない、明確な形を今、ここで。

|

« 強者の論理@Asian Cup 2007 GroupLeague vs ベトナム | Main | 勝った! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/15834421

Listed below are links to weblogs that reference 勝て。:

« 強者の論理@Asian Cup 2007 GroupLeague vs ベトナム | Main | 勝った! »