« エレガントな罠@Asian Cup 2007 GroupLeague vs カタール | Main | 暗転@Asian Cup 2007 GroupLeague vs UAE »

July 12, 2007

move!move!move!@J.League YamazakiNABISCO Cup Q.Final 1stLeg Fマリノス vs FC東京

まずは動け、とにもかくにも動け、話はそれからだ。国立、行くんだろ?

2007 J.League YamazakiNABISCO Cup QuarterFinal 1stLeg

Fマリノス 0-1 FC東京 @ 三ツ沢球技場「move!move!move!」
FCTOKYO:47'鈴木規郎

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也"次は止めろ、そう思うなら"、DF田中隼磨"諸刃の剣の攻撃力"、栗原勇蔵"油断大敵"、松田直樹"怒れよ、もっと、湿ったチームに火を付けて"、小宮山尊信"コミー"、MF河合竜二"痛すぎる出場停止"(87'黄×2=痛恨の赤)、吉田孝行(→70'狩野健太)、山瀬幸宏(→57'マルケス)、山瀬功治"エースの苦悩"、FW(っぽいポジション)坂田大輔"このままじゃ消えるね"(→79'那須大亮)、大島秀夫"君の職業はストライカー"

FC東京スタメン:GK土肥洋一、DF徳永悠平、藤山竜仁、茂庭照幸、金沢浄(→64'長友佑都)、MF浅利悟、梶山陽平(→80'馬場憂太)、リチェーリ(→73'石川直宏)、福西崇史、鈴木規郎、FWルーカス

対照的なシーンだった。

ピンチがチャンスに、藤山が奪い、そのまま持ち上がって福西へ、ここを起点にしたカウンター、リチェーリ、ルーカス、そして鈴木規郎が一気にランニングを開始する。ボールホルダーへのアプローチも、ランニングする選手へのマーキングも出来ず、全く抵抗できないまま、ボールは左サイドへ。自信に満ち溢れた選手の左足が振り抜かれた瞬間、綺麗な弾道がファーサイドネットを揺らす映像が頭の中をよぎった。その通りに、哲也の反応も及ばず綺麗な弾道でファーサイドネットが揺れていた。

松田直樹が前にベクトルを持った状態でインターセプト、相手のバランスが崩れている、さあカウンターというところで、アタッカーの選手は誰も前に走らない、動き出さない。勢いは一気にしぼみ、ボールは後ろに戻される。カウンターチャンスは霧散した。

このプレーに尽きる。

以前、あれだけダイナミックで、献身的で、労を惜しまないプレーをしていたチームとは思えない程、主体的なアクションは起きず、閉塞的なプレーに終始した。そして見せつけられるように、対戦相手に以前のような躍動的なプレーをされ、敗戦を喫した。

確かにパスを回す事はうまくなっているし、隼磨・コミーのオーバーラップを使う攻撃も形になってきている。マルケスの復帰も福音になる可能性がある事を感じさせた。しかし、それだけだ。

自分たちがやりたいプレーをするのは構わない。ただ、それが相手にとってどう感じられているのか、相手が嫌がる事はどんな事なのか、そういった思慮遠望が足りない。

もう王者でも、強者でもない。だからこそ、勝つために出来る事、もっとあるはず。今のままでは、このチームは変われない、抜け出せない。

*もう一つ、差があった。どのように自分たちが持つ武器を活かす狙いを持っていたか、いなかったかという側面。FC東京の方はこの試合何度もあったように、能力の高いアウトサイドのウインガーを高い位置に張らせ、積極的にランニングさせて、そこをチームとしてスピーディに使うという意図を持ってプレーしていたけど、翻ってFマリノスの方はどうか。サイドバックのオーバーラップはうまくいっていたけど、ゴールに繋げる術まで詰め切れていたかといえばそうじゃない。隼磨・コミーと中との意思疎通もなく、中の動きの工夫も感じられない。功治の突破力を活かすにも、周囲がスペースを空けたり、マークを剥がしたりする助けがあったかと言えばそうではなく、浅利や梶山に捕まえられる事も多かった(相手も注意していただろうけど)シュートの数、中身、全てに置いて差は歴然。単純な力勝負だけで獲れる程このチームの個の力は優れちゃいない。それをもう一度思い直しさないとね。

-----------------------

*後は簡単に個人評。まず隼磨。失点に絡んだり、ポジショニング的に(ディフェンスラインの幅の問題だから仕方ないんだけど)ノリカルをフリーとする事も多かったりと、賛否両論あるかも知れないけど、やっぱり隼磨の攻撃参加は今のFマリノスの中では最も可能性のあるパーツ。タイミング良く、ダイナミックで勢いもある、クロスはワロスだけど、左足のインスイングのボールは精度が高まってきた。隼磨は多少気にするかもしれないけど、この積極性はなくさないでほしい。てか、あの失点はチームの責任だし、隼磨やコミーが上がった後のスペース管理もチームで考えなきゃいけない。センターバックがスライドして蓋しに行ったってイイし(ボランチが一列落ちて)

*河合は、このゲームは福西と梶山をどうも捕まえきれず、かなり苦労していたかナー。そして、その福西には罠にも嵌められた。ま、この辺も経験かも知れないね。ただ、パスディバイドは間違いなく良くなってる。よく見えているし、精度も上がっている。ボランチはチームのハンドルであり秩序を守る存在、外からゲーム見て更に何をすべきか、何が足りないかなど、そういうのを見定めて欲しいかな。良い機会だし。

*勇蔵、最近集中力欠いたプレーが癖になってないかい?アジアカップの時阿部っちが体を入れてファールを取られて失点に繋がってしまったけど、勇蔵だったらそのままかっさらわれて決められたわけだ。こういった見切りの早さもそうだけど、集中力、判断力、ポジショニング、マーキングなどの質も落ちてる。強さを粗っぽくだすだけじゃ、以前に逆戻りだよ。危機感を持ってやれ、真っ青になってやれ。松田直樹だろうと、中澤佑二だろうと、勇蔵のポテンシャルを持ってすれば越えられない壁じゃないよ。必死にやって、成長して、自分のポジションを奪い返せ。そうしないとマリは強くならないよ。

*幸宏が少し心配。プレーが悪い意味で落ち着いて来ちゃってるかな。この試合もとんでもなく酷くはなかったけど(突破であったり、コミーのオーバーラップをうまく引き出したり)、存在感が薄れているし、何よりもアグレッシブな姿勢が消えている。コミーとのポジションチェンジで下がった後のフォローであったり、ボールロストの後の事を気にしたり、と守備に意識を引っ張られすぎているのかな。もっと出来るよ、ナビのホームのレイソル戦みたいなプレーが又みたい。踏ん張り所

*オーシ。オーシはポストは安定しているし、シュートに絡んだプレーもあったから貢献度は小さくない。けど、彼の仕事は点を獲る事、何よりもボックス内で仕事をする事。そういう意味では工夫も足りないし、迫力も余りなかった。もっと良い準備をすべきだし、周囲との関係性において「求める」姿勢が欲しいかな。チームにとっては軸となる存在だから、もっとどん欲にやって欲しいな。

*坂田。はっきり書く。この試合、坂田がまともに仕事をしていれば、こんなに悪い試合にはならなかったし、もっと優位に試合を運べた。坂田が戦犯、坂田がだめだから負けた。具体的に書けば、彼が主体的にスペースでボールを受けるアクションを起こしていれば、相手のプレスの勢いを削ぐ事が出来たし、相手のリスクを付く事が出来た。でも、それをしなかった。前にスペースが空いても走らない、ボールを引き出すアクションさえ起こさない、ずるずる下がっては下手くそなファーストタッチでチャンスを不意にし(最初は良かった)、突破も出来ない、イイクロスも枠に飛ばせない、スペースメイクも、相手の警戒を引きつける役割も出来ない、免罪符となっていた高い位置からのプレッシングも連動せず効力を失った。マイクに偉そうな事を言って送り出したようだけど、そのまま坂田に突き返したい。何が起こるかわからないのだったら、がむしゃらに走れ、オフサイドに100回掛かっても、でてこなくても良いからイイから裏を取るアクションを起こせ、相手の怖い位置で嫌がられる位置でプレーをしろ。足元の技術もなく、突破力もなく、インテリジェンスもない選手から、思い切りとスピードがなくなったら3流以下のプレーヤー。だからこそ、走れ、動け、思いっきり。じゃなきゃこのまま終わっちゃうぞ。殻破れよ、いい加減。

-----------------------

少々辛辣になってしまいましたが、本当に危機感を持ってやらないと。ホームでふがいない形で負けた、しかも変わろうと決意させた昨シーズンのような負け方で。ついこないだまでは溢れていた変化の予兆が潰えそう、このままじゃいけないんだから。

ということでここまで。

-----------------------

*明日(今日か、もう)はユースのチェコ戦だよね。勝負所、だね。マイクもチャンスあるかも?との噂が。ま、そんな状況にならないのがベターだけどね。頑張れ、ビリー世代。

*かなり悔しかったので、ちょっとやり方を変えちゃいました。うーん、これだとゲームの事があんまりわからないナー。少しだけコンパクトになるけど。

|

« エレガントな罠@Asian Cup 2007 GroupLeague vs カタール | Main | 暗転@Asian Cup 2007 GroupLeague vs UAE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/15730847

Listed below are links to weblogs that reference move!move!move!@J.League YamazakiNABISCO Cup Q.Final 1stLeg Fマリノス vs FC東京:

« エレガントな罠@Asian Cup 2007 GroupLeague vs カタール | Main | 暗転@Asian Cup 2007 GroupLeague vs UAE »