« June 2007 | Main | August 2007 »

July 30, 2007

否定と肯定の狭間に揺れるリスクチャレンジ -敗戦の記憶と共に-

リスクチャレンジ。

指揮官イビチャ・オシムが選手達に求めるプレーマインドの一つ。

それが最も形となって表れるのが、オリジナルポジションを離れるリスクを厭わずに攻撃に加わっていくプレー。

その表現の頻度を考えれば、選手達に深く浸透しており、チームの礎となっているのは間違いないだろう。

しかし、アジアの現実はその礎を、そして賢者の論理を否定した。

結果が雄弁に物語る。結果から学ばなければならない。

敗戦の記憶と共に、考えていきたい。

-----------------------

・否定と肯定の狭間に揺れるリスクチャレンジ

バイタルエリアでフリーでボールを持った彼は、その広い視野でフリーで左前に拡がるスペースへと走り込むプレーヤーを捉えていた。しかし、ゴール正面でコースの開けた状況、迷わず彼はゴールを狙った。しかし、そのシュートは枠を捉えることなく、チャンスは潰えた。そのプレーにオシムは激昂。枠を外した事を怒ったのではない、よりよき状況にいたフリーのプレーヤーを使わない彼のプレーセレクトに対して激昂し、試合後彼を叱責した。

しかし、その裏で就任当初から、いや、ジェフの監督になった当時からリスクチャレンジを好み、推奨する論理を持った監督でもあった。ポジションブレイク、オーバーラップ、長距離ランニング……。こういったプレーでより多くのプレーヤーが攻撃参加する事を望み、そんなオシムの望みを十分に理解したジェフのプレーヤー達はダイナミックかつアグレッシブなプレーでリーグに新風を吹き込み、ひいては日本サッカーに鮮烈なる影響を与えた。

答えなどない、どちらが正しいなんてフットボールの中では断定出来ない。しかし、同列に並べるべき「チャレンジ」の中で否定と肯定があるというのは、選手達にとっては非常に複雑で、難解なモノとなっているのではないかと思わなくもない。

オシムの考えも理解出来るのだ。よりよき状況、より可能性の高い状況、これをスピーディに、クレバーに選択していく事がよりゴールの可能性を高め、結果に繋がっていく、それが彼の「論理」「理念」「哲学」。真逆のエゴイスティックなプレーを否定する事で、彼、中村憲剛はもちろん、周囲(マスコミ含め)へと自らの理念を伝えることを意図していたのだろう。

しかし、選手にとってはどちらも並列な気がしてならない。シュートを打つにしても、ドリブルで仕掛けるにしても、ダイナミズムを付随させるにしても、自らが責任を持つプレー、個々が持つ「リスクチャレンジマインド」が源流となって表現される。そういう意味では少々エゴイスティックではあっても、奨励すべきプレーでもあったのではないかと思う。

そして、今大会。オシムにとっては理想とは言い難いにしても、彼の「理念」に反するモノでもなかったのではないかと思う。ボールを失うという非効率的なプレーを巧妙なポゼッションで避け、穴を伺い、見いだしたところで個人のアイデアとグループでの連動で突く。エゴイスティックな個人プレーが少ない事は相対的な個の差を考えれば少ない事も考えようによってはクレバーであり、比較的理念に沿ったサッカーをしていたのかも知れない。

ただ、その理念はアジアの現実に否定された。引いた相手に対して、可能性の低いプレーを避ける事で、ゴールアテンプトの数を削り、直接的な脅威も相手へ与える圧力も削り取ってしまう。その結果、二つの失敗に繋がった。論理だけは語りきれないフットボールらしい矛盾、とも言えるだろうが、オシムの否定が影が暗く影を落とした事は揺るがない事実である。

*何となくだけど、日本人の従順性、権威への従属性と自らの影響力の大きさ、強さを見誤ったのではないかと思う。誰もがオシムを尊敬しているし、代表でプレーしたいと思っている。彼自身は自らの理念を伝えるだけでなく、そういう言葉の裏に期待であったり、反目的な要素を引き出そうとする狙いがある可能性もあるのだと思うが、そして、クラブで毎日接している訳ではないから、真意を掴むと言う事も難しい。代表監督となった自らの影響力の大きさは以前にも増して大きい。そしてそんな彼の否定は、選手達には酷く重い。憲剛の突如の崩れは、決して偶然ではないということを感じて欲しくもある(もし関塚監督が憲剛の積極性を蘇らせていなかったら、未だに不調にあがいていたかも知れない。セッキーの手腕は見事)

*正直この件に関しては結構否定的な感覚で見ていた。アジアカップではオシムの論理的なフットボールは矛を収めるような効果を生んでしまったわけだし、それが観戦者のストレスとなっていたこともあるのだけど、何よりもプレーヤーのメンタリティを抑制してしまったことが気になった。ただ、彼の理念や推奨するリスクチャレンジがこの結果や過程だけで否定されるべきでもないと思う。モダンフットボールに置ける重要な要素であることは誰もがわかっているはずだし、アジアカップ予選、札幌で見せたサウジ戦での美しく躍動的なフットボールは非常に魅力的だったからね。効果のあるモノである事も又証明されている。現在はチーム作りの途中、目的地に向けての過程として考えれば、現状でNOの烙印を押す事には正直ためらわれる部分もある。

*そう考えると、今後の課題として、オシムの理念とも言える論理的なリスクチャレンジと選手のエゴとも言える自発的なチャレンジプレーのバランスを取っていくという事にあるのかも知れない。個人的には自らの理念とは方向性がずれるかも知れないにしても異分子を持つプレーヤーを取り込むこと。エゴを持ったストライカーであったり(嘉人かな、現時点では)、局面を打開出来るドリブラーの登用(功治、松井、家長、梅崎、そしてアレックス)が何かの化学変化を起こすかも知れない。

*僕のサッカー理念として、僕は組織を形どるのは人というのは変わらない。組織の従属していてはいつまで経っても自分たちのサッカーにはならないし、自分たちの国のフットボールの形成にも繋がっていかないと思う。論理的なロジックを噛み砕き、なぞるだけの形骸化したプレーを少なく、状況に応じてより効果的なプレーをセレクトしていくことを目指して欲しい。それを可能にするのは選手。そこは逃げ場がないと思う。オシムたんがいくら素晴らしい監督でも、彼のロボットである必要ない。あくまでもプレーするのは選手だよ。

*最後のテーマとしては、個の力。少しずつ触れてきたけど、日本人プレーヤーの根本に触れたいと思う。組織に埋没するのではなく、組織ベースの中で輝く個、時には組織に越えて勝負を決める個、そんなモノを考えています。

-----------------------

と言う事で、一日遅れましたが続きでした。とりあえずもう一回続く、予定です。無駄口は下で叩くので、今日はここまで。

-----------------------

*独り言として。読まれていて気付かれているかも知れないけれど、否定しながらも肯定している。よく言われるダブルスたんダート的な文章となっています。書いていて自ら矛盾を感じているのだから、読んでいる方で気付かれている方も多いかも知れません。

否定気味のスタンスであるのですが、それはあくまでも上記した僕のサッカー感であり、今大会の結果や過程を見ての疑問があるから。あくまでも僕の感情に過ぎないです。

ただ、どこか言い切れない部分があるのは、フットボールというスポーツが断定を許さないモノだと思っているからかも知れません。論理的なフットボールが嵌るときもあれば、論理では言い表せない個の光が試合を飲み込む事もある。答えがないんですよ、自分の中で。理想として、論理とエゴが高め合うフットボール、なんだろうけど。でも、なんとなくすっきりしないなー。

*何かとりとめなくて申し訳ない。次はすっきりとまとめたいなー。

*てか、他の方のブログも色々な視点で面白い。多分こんな場末のブログを読んでいる人は色々なところを訪れてると思いますが、面白そうなのあったら教えて欲しいなー。僕?そうだなぁ………

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2007

オシムのエゴに思う「何故」 -敗戦の記憶と共に-

未だに負けを受け入れる事が出来ない。

事実として日本は負けた、アジアチャンピオンではなくなった。それは頭では理解できる。

でも、頭の中に「何故」という言葉がリフレインしてしまう。

何故、変化を嫌う。
何故、安全策ばかりを取ろうとする。
何故、仕掛けない。
何故、撃たない。

全ては結果論かも知れない。

でも、事実は悠然と横たわる。事実から学ばなければならない。

敗戦の記憶と共に、考えていきたい。

-----------------------

・オシムのエゴに思う「何故」

イビチャ・オシムは聡明な人間であり、優秀な監督である。様々な事を見極め、分析し、計算し、その上で答えが出せる。監督としての資質を充分に備えた人であり、そんな事はこれまでの実績から見ても疑いようのない事だと思う。

しかし、このアジアカップではその聡明さも優秀さも感じられなかった。

何故、疲労の蓄積したスタメンに固執したのか。前回のアジアカップでも苛烈なプレッシャーと気候状況の中でスタメンを固定して戦ったジーコは批判されていたが、オシムはそれ以上のスモールグループで今大会を戦い、そしてその結果、酷使された選手達のパフォーマンスは日を追う事に落ちていった。

頑ななまでに中心選手を替えなかった理由はどこにあるのか。選手への信頼か、エレガントへの陶酔か、表現されたパフォーマンスへの自信か、ブレイクスルーへの期待か、それとも変化への恐れか、はたまた謀略か。はっきりした理由はわからない。ただ、出されたパフォーマンスから見ても、スタメンへの固執は「何故」と思ってしまう。

特に「何故」という思いが沸き上がってしまったのは、個人のクオリティを問われる局面でことごとく敗走を繰り返したシーン。特に決勝トーナメントで見られたシーンだったが、これが煮え切らないゲームとなった理由、いや直接的な敗戦の理由と言っても過言ではない。ただ、このシーンを見て、不思議に思った。ここまで無様に連戦連敗を繰り替えす程、日本の選手達の個の力は低かったのか?そうじゃない。実際、相対的に個の力で多少劣っていたのは事実だとしても(又、オシムはそういう力を持つ選手の起用を嫌った事もある)、何よりも選手達の身体のキレが悪く、相手を上回るような動きの質を見せれなかったという影響があるような気がしてならない。

聡明な人間はミスから学び、繰り返さないモノだ。そして、オシムはまごうことなく聡明な人間。そんな人間が1度ではなく、2度3度と失敗を繰り返す。それはエゴでしかあり得ない。彼の中に何かの確固たる狙いがあるからであったにしても、だ。

*これは憶測に過ぎないけれど、個人的にはこういうメンバーに固執した理由として「選手の変革への期待」だったのではないかと思う。以前はエレガントなプレーヤーが織りなすゆったりとしたリズムを自らの交代策で否定した事もあったが、それでもオシムは今大会彼らを起用し続けた事には、そこはかとない期待があるのではないかと思う。沢山の試合を自らの元でさせる事で俊輔やヤット、憲剛の意識を改革することで自らのフットボールに合うプレーヤーへと変貌させ、クオリティを持つプレーヤーの才覚と自らの標榜する躍動的なフットボールの融合することで、このチームのクオリティを引き上げようとイメージをしていたのかなぁと。実際、現状の対してクオリティを持たない選手達で「表現出来る」というレベルで満足しては上は目指せないということが、オシムがジェフ時代に骨身に染みているだろうしね。

*しかも、周辺事情を考えるとぴたっと嵌る部分もあるんだよね。気候面、コンディション面での考慮もあるとは思うけれど、エレガントなプレーヤーを使うためにこのチームは大きなモノを捨てている。一つは彼の特徴的なロジックの一つである「相対的な守備対応」。阿部勇樹を中心に託す形ではあるが、2バック3バック4バックと、局面に応じて適切な形に変化させて守ろうとしていたのは記憶に新しいところ。しかし、中村憲剛・遠藤保仁・中村俊輔を起用するために、阿部勇樹は一列下がった位置に固定されて、臨機応変な対応は取れなくなった。これは監督として、この柔軟性を捨ててでもこのサッカーを貫く事に価値があると判断した結果。将来的な視点を感じるんだよね。

*ただ、このようなリスクを冒しながら、オシムは他の部分でリスクを避けた、そして選手も避けた。そして、チームは臆病になっていった。それは又次回、ということです。

*結果論であることは理解しているけど、やっぱり書いておく。大会前、様々な状況に対応しうるだけのメンバー構成と書いたのだけど、上記の通りの起用法。もし、そういう事を事前から考えていたのであれば、もっと適性のあるプレーヤーを連れてくるべきだったのかも知れない。中村俊輔や遠藤保仁の代わりとなれるエレガントなプレーヤーである藤本淳吾・二川孝広・野沢拓也、パスサッカーへの順応性と高質な技術を持ち得るストライカーである前田遼一、少々憲剛とタイプは違うけど第3列目からの攻撃構築能力とダイナミズムを付随させる長谷部誠、彼らの存在があれば幅は拡がったのではないか。じゃなきゃ、韓国戦、オーストラリア戦で、相手が疲弊していたにも関わらずより困らせる存在である水野や太田を使わなかった理由が見つからない。

*だからといって、脊髄反射的に解任解任と騒ぐのもどうかとは思うけどね。日本のサッカーにとって『他の国を追随する真似事ではない「日本化」』は、コンペティションに勝つという事と同じぐらい重要なテーマ。そして、現状でもオシムが標榜するスタイルは間違いなく日本化へのアテンプトの中で重責を担ってる。もちろん結果は重要で、軽視するモノでもないけれど、ね。失敗なくして成功はない、とも思っているから。

-----------------------

とりあえず、続きます。まだ、疑問に思う事がある、監督に対しても、選手達に対しても。それを一つずつ、考えていきたいと思う。敗戦という事実を受け入れながら、ね。答えはない、答えはイビチャ・オシムの中にある。でも、それを考える事が日本人としての、日本サッカーを応援する人の勤めだと思うから。丸投げにはしないし、持ち上げるだけじゃ意味がない。厳しく、見ていかないと。

-----------------------

ということでこの項続く。レポは試合をもう少し冷静に見れるようになってから(何度見ても、イライライライラしてしまう)、もう少し待ってくださいな。分析もちゃんとしますので。ということでここまで。

-----------------------

*暑いし、煮え切らないし、すっきりしないなー、もう。とりあえず、練習試合に出かけてきますよ。続きはその後で。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 23, 2007

復讐@Asian Cup 2007 Q.Final vs オーストラリア

改めて、本当に勝てて良かったと思う。

一夜明けて、スポーツ紙の一面が全て能活、この事実が注目度の高さを物語ってる。そんな一戦に負けていたら、中身がどうであろうと、ネガティブなイメージが日本中に波及してしまったわけだ。

今の日本に必要なのは成功体験と自信回復、そして再び世界に挑戦するための意欲。そのためにも再び立ち上る気運を落とさせてはいけないと思うからね。

ん?中身はどうあれ?

AFC AsianCup 2007 QuarterFinal

Japan 1(EX 0-0/PK 4-3)1 Australia @ My Dinh National Stadium/VIETNAM
Japan:71'N.Takahara Australia:69'J.Aloisi

sports navi

日本代表スタメン:GK川口"神降臨"能活、DF加地亮(→88'今野泰幸)、中澤佑二"まさしく鬼神"、阿部勇樹"象徴・奮闘"、駒野友一、MF鈴木啓太"パックの達人"、中村憲剛"躍動のダイナミックランニング"(→115'矢野貴章"初出場")、中村俊輔"エースとしてのもっと、もっと!、"遠藤保仁"揺るがない心臓"、FW高原直泰"スーパーエース"、巻誠一郎(→102'佐藤寿人)

オーストラリア代表スタメン:GKシュウォルツァー、DFニール、ミリガン、ビーチャム、MFグレッラ(76'一発赤)、クリーナ、エマートン、カーニー、ブレッシアーノ(→71'カーヒル"宿敵")、FWビドゥカ"完封"(→61'キューウェル"それでも怖さをもつのがスター、かな")、アロイージ(→83'カール)

dead or aliveな決勝トーナメントでいきなり実現したドイツ・ワールドカップでの雪辱対決。一方はこの一戦で全てを失い、一方は大会を盛り上げるライジングチームになるというコントラスト、全ては2006.6.12の一戦が分けたものだった。リベンジを胸に誓う日本にとって、屈辱を味わった選手達にとって重要な一戦。

そんなゲーム、条件としては日本に風が吹いていた。グループBで一位通過を果たした事で、移動なく、グループリーグで3戦行ったピッチで宿敵を迎え撃つ形となる。対するオーストラリアはグループAで2位通過。高温多湿の気候とアジアクオリティなプレーへの順応に苦しんで息も絶え絶え何とか通過こそ果たしたモノの、タイよりも厳しい気候のベトナムへ乗り込まなければならない事になってしまった。

-----------------------

試合展開

気候的な側面もあって、どちらも様子を見ながらスローペースで入ってくるかと思われたが、どちらもかなりのテンションでゲームに突入。パワフルにロングフィードを使って押し込んでくるオーストラリア、前から前からグループリーグとは全く違うスピード感で前から追い込んでいく日本、どちらも立ち上がりから勝負を意識した結果か。そんな序盤、立ち上がりこそオーストラリアのハイボールアタックに苦慮した感もあったが、DFとMFのパッキング意識の高さが相手のポストを封じ始めると、ポゼッションを握り、日本ペースでゲームが進む事に。3バックの横にスペースを見いだし、そのスペースをサイドバックや中盤の選手達が走り込む事で実効力のある攻撃を展開。ファーストシュートも縦のコンビネーションからヤットがスペースへ抜け出して低いクロス、これを巻が二人のディフェンスに寄せられながらもダイビングヘッドで一寸先に撃ったモノだった。

しかし、アウトサイドは崩せてもなかなかゴールの匂いが立ちこめない。アイデアの詰まった崩しやストップ&ゴーのような動き出し、タイミングをずらすようなクロスなど工夫こそしていたモノの、守備する時はきっちりと人数を揃えてゴール前を固めるオーストラリアの守備陣もそんな柔ではなく、シュートチャンスがなかなか生まれない。この流れを活かせないままゲームが進むと、少しずつ様相が変わっていく。

オーストラリアがラインを高く設定し、アタッカー達が前から追ってくるなど、チーム全体のベクトルが前に出てくると、日本のポゼッションが実効力を失ってしまう。ディフェンスライン・ボランチの所では何とかボールこそ回せるモノの、動き出しが乏しく、マークも厳しいため、その先にボールが進まない。攻撃の実効性を失った事で日本は劣勢に追い込まれてしまう。しかし、ディフェンスは安定。前述のディフェンスと中盤のパッキングディフェンスがビドゥカのポストプレーからの展開を許さず、レフェリングにも助けられる形でオーストラリアの攻撃をシャットアウト。どちらもオフェンスの実効性を示せない事もあり、ゲームとしては少々小康状態となる。

小康状態に入ったゲームの中でようやくその力を発揮したのは日本のエレガントなミッドフィルダー達。中村俊輔のキープに中村憲剛が連動。爆発的なフリーランニングを見せてそのまま俊輔とのスイッチプレーを敢行し完全にオーストラリアの中盤を置き去りに。右サイドへ抜け出した憲剛は、高原、ヤットが詰めるゴール前へタイミングの良いクロスを供給。これが長い距離を走り、ファーに入ってきたヤットにどんぴしゃり!結局このボレーは、フィットせず力無くシュウォルツァーにはじき出されてしまったが、非常に素晴らしい連動感のあるプレー、これで勢いを取り戻した日本はオーストラリアの前への勢いを絶ち、日本ペースで前半を追える事になった。

後半に入ると、両チームともオフェンシブな姿勢を強める。なかなか機能しない前線の核マーク・ビドゥカからハリー・キューウェルへのスイッチという決断をしたオーストラリアは、縦への素早い流れの中で一人一人が局面で仕掛ける事で攻撃を形どり、日本の方はスペースのある中盤でテンポをコントロールしながらも生まれるダイナミズムをパスで活かす形で攻撃を成立させていく。はっきりした得点機こそ少なかったが、前半よりも得点の匂いが強くなった69分、重要な先制点が生まれる。

右サイド、キューウェルのCK。振り抜かれた左足から描かれた弾道は低く、ゴールに近くに走り込んだブレッシアーノに合わせたような速いボール。これに合わせきれず、このボールはそのまま誰も触れずにゴール前を横断。この横断したボールに走り込んだのはアロイージ!巻のマークを振り切り、近距離から押し込むと、バーをかすめて決まった。高さ、強さを意識させられてきた中で(ビドゥカが下がっていたとはいえ、ビーチャム、アロイージは残っており、その怖さはやはりあった)、速いボールで面を喰らってしまったのか、走り込んできたプレーヤー達には常に後手になってしまった。オーストラリアの高名なアタッカーを相手にほぼパーフェクトな形で抑え込んできただけに、痛すぎる失点だった(かに思われた)

しかし、このショックに沈まなかった日本のリバウンドは素早かった。ゴール後のキックオフから、ショートパスを紡いで右サイドで起点を作ると、この試合時折見せていた俊輔のスペースラン(警戒されている中で超スローなプレーが多かったが、クイックなランというギャップが相手を惑わせていたかな、ポジティブに捉えれば)から右サイドを打開。ここで俊輔はそのままの右足でふわっと高いボールをファーへ供給すると、巻が高さで上回って折り返す。ここに来たのは高原!だったが、ミリガンの方にボールは流れ、クリア……と思われたがここでクリアミス!こぼれたボールに素早く反応した高原はここでスーパープレー!そのまま撃つかと思わせておいてのキックフェイク!これにミリガンがもろに引っかかり、高原は自らシュートの状況を整えると、冷静に右隅へ!ポストをかすめて見事にゴールに突き刺さり、返す刀の同点弾!ヴェリッシモ!素晴らしい!ゴール前の冷静さはまさにスナイパー。見事なストライカーっぷりだった。ゴールを導き出した俊輔のクロス、巻の折り返しもタイミングばっちりで良い形を整えたかな。とにもかくにも2分も立たないうちにビハインドをはね返した。

同点となった後、更に日本に風が吹く。クリアボールに対して高原が猛然とダッシュして食いつくと、落下点に入っていたグレッラが高原の顔に手を掛けてしまうような形になってしまい(アクシデント、と獲れなくもない)、この行為をイイ位置で見ていた主審はグレッラに対しレッドカードを提示。これで日本は数的優位を得て、完全にゲームを掌握する。

しかし、この変化が日本にはポジティブに作用しない。数的不利になった事でオーストラリアは、キューウェル一人を前線に残し、ボックス前で8枚の守備ブロックを形成。守備モードに入られたことで完全にスペースを消されてしまうと、早々簡単に崩す事は出来ない。結局このアドバンテージを活かす事は出来ず、同点のままゲームは延長へと進んでいく。

延長に入っても、この展開は変わらない。相手の守備陣に対して手をこまねき、そんな状況の中で交代策も余り効果的な策とは言えず、崩しきれない。終了間際に混戦から何度かチャンスを作ったモノの、俊輔のボレーはシュウォルツァーの右手にはじき出されてしまい、相手の思惑通りPKに持ち込まれてしまった。

そして、PK。例の如く、オシムはロッカールームに引っ込む。

…………

能活!キューウェルをストップ!

俊輔!シュウォルツァーの手をはじきながら決めた!気の入ったガッツポーズ!

能活!ニールのキックを今度は左でどんぴしゃりで止めちゃう!連続!連続!

ヤット!いつもの相手の動きを最後まで注視したエロPK、GK動けず緩やかにゴールに収まった!

…………

高原~、往々にしてそういうもんか?宇宙開発……。

…………

佑二、キター!!!!!!!!!!!!1

ま、PKは運、とはいえ、能活のビッグセーブ2つでPK戦を制し、オーストラリアを撃破。準決勝に駒を進める形となった。

-----------------------

このゲームで抱いた感情は当日のエントリー通り、本当に勝って良かった、うん。

ただ、ゲームの内容としてはイイ部分と悪い部分があったと思う。それは結果云々は置いておいて先に繋げなければならない部分でもあるのかなと。

例えば守備。イビチャ・オシムの分析能力に選手達が応えた事でパーフェクトなディフェンスが出来た。多少相手の能力を前面に出した突破に関しては少々手を焼いていた感もあったけれど、チームとして最も警戒していたビドゥカに対しての対応策はパーフェクトだった。まずはDFがしっかりとしたアプローチで強くプレッシャーを掛け、そこに鈴木啓太を核にした中盤の選手が挟み込む事でパスコースを消しながら奪いに掛かる。この局面的な対応が示す部分としては、チーム全体がバイタルを圧縮できていたという事を示していると思う。

個人的には、改めてオシムが一つのタスクに固執せず、相対的な分析を元に柔軟に効果的な対策を施す事が出来る監督であること、そして、短期的な側面でも選手達がしっかりとその意図と動きを理解してゲームにアウトプットできる能力を兼ね備えていたことが嬉しかったかな。

*後は、守備意識もこれまでに比べて高まっていたと思う。これまでのゲームでは中盤の攻守の切り替えに関して少々緩慢なイメージを抱いたけど(俊輔が一回サボったのはちょっとまずいね)、この日はオリジナルポジションに戻るスピードも速く、相手の攻撃を遅らせるというイメージを持っていたと思う。暑いからなかなかすべてをやるというのは難しいけれど、相手の質が高まれば高まる程、個の力だけでは難しい。その辺はチームとして守りやすい形を作るという意識が高まってきたのはイイ傾向かなと。

守備は良かった。しかし、攻撃に関しては采配含めて不満足な部分も残った。数的優位で完全にポゼッションを握っていた中で崩しきれなかった事実が不満なのではなく、選手達の意識が「崩しきる」という部分に少々固執してしまったかな。

確かに暑さ対策としてのゆったりとしたポゼッションはありだと思うし、その中でのリズムを変えてダイナミズムを付随させてみたり、アイデアのあるプレーをして崩す事に関しては、うまくできていた感もあった。けれど、あの状況でポゼッションを重視したプレーをしても相手は怖くない。勝負を決めるという部分では多少の強引さがあっても良かったし、勝ちきるという意志の強さを感じさせるようなプレーが見たかった。強引に攻める事でカウンターに繋がってしまう危険性もあるけれど、同点ゴールにも見られるようにボックス内で圧力を掛けられればミスが起こりえる可能性もあるし、PKをもらえる可能性もあった。そういう意味では状況にあったプレーの変化は今後の課題となる。

で、采配に関しても変化というリスクを嫌った感を受けた。結果として勝ちを得ている訳だから、その選択が間違っていた訳じゃないけれど、リスクチャレンジを求める監督にしては少々臆病な采配になってしまったのかなと。確かにこのチームの核であるプレーヤー達を代えた結果、チームの変質することは思わぬリスクが潜んでいる事は否めない。ただ、相手は疲弊し、主導権を完全に握っている状況の中で、チームの攻撃が閉塞していた事を考えたら、もっと速いタイミングで局面を打開できるプレーヤーの投入が必要だった気がしてならない。それこそ、加地の怪我で右サイドを入れ替えるタイミングで水野や太田を投入して欲しかったし、駒野を右に出したのであれば同じタイミングで佐藤寿人を投入しても良かった。ま、色々な計算の元での結果だから、後でごちゃごちゃ言ってもしょうがないけれど、この日のオシムたんは臆病だった。代表での結果至上主義は彼にも何かしらの影響を与えていたのかも知れないね。そんなんじゃ困るのだけど。

ま、勝ったから良いけど、ね。

-----------------------

復讐達成で気が緩みそうになるけど、次の相手も怖い相手。今のサウジは日本にとって非常に嫌な相手。スピーディーで、尚かつ強引。今のチームは「サウジ」のイメージにぴったり合うようなソリッドなチーム。特に二人のカフタニのスピードとテクニックはかなり苦労すると思うし、チーム全体のせり上がるようなカウンターは脅威あり。緩慢なプレーをすれば切り裂かれちゃう。オーストラリアに比べて環境にも柔軟している感はあるしね。オシムたんの分析を元に、しっかりと対応して、出せるときに日本のストロングポイントを出せるように、もちろん体のケアもね。3連覇まであと2つ!頑張れ、超頑張れ。

ということでここまで。

-----------------------

*佑二、超お疲れ。良かったよー、抜群に。再びあのキャリアの頂点に登るようなハイパフォーマンスを見せてくれている事が嬉しくてしょうがない。厳しいゲームが続くけど、良いプレーをして、その感覚をマリに持ち帰ってきて欲しいな。佑二の充実はマリにも必ずプラスになると思うし。怪我だけは注意。疲労も気になるんだけど……。とにかく頑張れ、超頑張れ。

*俊輔。静から動のコントラストは相手を惑わしていたし、ミスのない繋ぎ(リスクを避けすぎていたけど)、ディティールを感じるプレーなど、悪くはなかった。基本的にはよく走っていたしね。ただ、攻撃の核として攻撃を演出する側に回っているけれど、もっと俊輔にはファンタジックなプレーで勝負を決めるプレーが求められているはず。もちろん、そればかりを狙っていてもだめだけど、もっとやって欲しいかな。突破アクションとかも欲しいし、ミドルも撃って欲しい。後、トップスピードの相手に一度静観してしまったさぼりは絶対だめよ。とにもかくにも頑張れ、超頑張れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2007

勝った!

00024633b

正直に言おう、ゲーム中イライラしっぱなしだった。

本来閉塞された状況を打開するアイデアを生み出さなければならない「エレガント」と称されたプレーヤー達の出来が悪く引かれた相手に対して接触不良を起こした事、チームとしてこのチームのテーマとして掲げられた要素である「リスクチャレンジ」という言葉を忘れてしまった事、そして勇気と決断力を欠き、手をこまねいてしまった事。

もっと走れる、もっと崩せる、もっと仕掛けられる、もっともっと出来るはずなのに、それを出し切れなかった事が歯がゆくて仕方なかった。ましてや、モチベーションがこれほど高まるようなゲームでこんなプレーになってしまうのがもったいなくて仕方なかった。

でも、勝ったからいいや。今日だけは負けたくなかった、どんな形であれ勝って欲しかった。

だから今日だけは喜ぼう、去年喜べなかった分、今は喜ぼう。

うん、よかった、本当に良かった………。

AFC AsianCup 2007 QuarterFinal

Japan 1(EX 0-0/PK 4-3)1 Australia @ My Dinh National Stadium/VIETNAM
Japan:71'N.Takahara Australia:69'J.Aloisi

sports navi

-----------------------

*最高だよ、高原。展開にイライラしてたし、終盤ボールタッチが荒れていたけど、最高の仕事をしてくれた。最も欲しいときに獲ってくれるのがスーパーエース、きっと高原が日本が求めてきた存在となってくれる。あそこでのあのタイミングでの切り返しという落ち着き、痺れた!PKはご愛敬、だね。

*最高だよ、佑二。阿部っちや啓太と共にマーク・ビドゥカにも、ハリー・キューウェルにも真っ向勝負で封殺。そして、自らの足で憎き相手を沈めてくれた。横浜の誇り!痺れた!

*最高だよ、能活。強心臓の日本の守護神は本当に神に愛されている。抜群の集中力が相手を射抜き、そして研ぎ澄まされた精神が相手の挙動を読み切る。止めそうな匂いがぷんぷんしてたよ。痺れたぁぁぁぁぁぁ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

勝て。

一年経った今でも、記憶は全く薄れない。

名将の采配と終盤の同点劇という勢いを纏い一気呵成のオーストラリア。ティム・カーヒルのゴールパフォーマンスの如く、ノックアウトされた日本代表の姿は全ての希望が絶たれた事を示していた。

そして、あの10分で日本は全て失った。

その後の1年間。

新たな指揮官が吹き込む新たな息吹、新たな時代を迎えようとしているJリーグの熱、欧州の舞台で絶望を糧に更に逞しくなるエース達……再び世界に挑むために、越えられなかった壁を越えるために日本は復興の道を辿る。

それでもなお、日本のサッカーを愛する全ての人の心の中には程度の差はあれ、傷が残っている。佑二の中に、俊輔の中に、そして僕の中にも。それだけあの10分間の影響は小さくない。

復興の道を辿る今、絶望の記憶を呼び起こすことは、絶対に避けなければならない。今の日本に必要なのは現在であり、未来なのだから。だから、勝て、絶対に。

-----------------------
AFC Asian Cup 2007 QuarterFinal
Japan vs Australia @ My Dinh National Stadium/VIETNAM

Japan            Australia
   高原  巻          アロイージ ビドゥカ
遠藤        俊輔    キューウェル  ブレッシアーノ  
   憲剛  啓太     クリーナ           エマートン    
駒野        加地          グレッラ
   佑二  阿部      ビーチャム ミリガン ニール
     能活              シュウォルツァー

遠きカイザースラウテルンから灼熱のハノイへと場所を移しての再戦。復讐だの、リベンジだの、と精神的な事を言うだけではあれなので、簡単にポイント。

・逞しきオージーに、立ち向かえ日本男児

オーストラリアが苦しんでいる理由、もちろんアジア特有の湿気を含む気候もあるだろうが、このチームは基本的に変わっていない事にある。個人の力を前面に押し出すフットボール、一人一人がストロングポイントを発揮して局面での優位性を作り出す。ビドゥカが屈強な肉体を持ってして前線で起点となる。キューウェル、ブレッシアーノ、カーニー、エマートンらが詰まった状況でも局面を切り開く。しかし、コンディションが整っていない状況では、その優位性が生み出せない。これがアジアで苦戦するオーストラリアの現状だと感じる。

しかし、3試合を経て、気候にも環境にも慣れ始めている事を考えれば、コンディションは上昇傾向にあると考えるのが妥当であるし、元々この決勝トーナメントにコンディショニングしてきたとしても決して不思議ではない。グループリーグと同じクオリティではないと考えていた方が得策かも知れない。

そんな相手に対して日本はどうするべきか、そこで逃げてはいけないと言う事に尽きるだろう。全ての局面に置いて1vs1は避けられないだけに、そこで負けないことがこのゲームの唯一最大のポイントだろう。

報じられている通り、メインとなるターゲットをビドゥカを起点にしたシンプルなアタックに対して、センターバックがどう対応するか、という局面は最もゲームを左右するマッチアップになる。これに関して佑二と阿部っちに一言言えるとすれば「ワシントンとヨンセンとのマッチアップを思い出せ」ということ。競り負けない、勝てなくても競って精度を落とす、幅のある体を使われてのターンがあるから距離感に気を付ける、全ては彼らとのマッチアップに通ずる事。Jで失敗した事、成功した事を頭に置いてプレーすれば、きっと大丈夫。後は鈴木啓太を中心にセカンドボールへの意識を高く持ち、素早くピックアップしていけば、怖くない。彼は優秀な選手だけど、キャリアの晩年、間違いなく衰えている。

そして、全員に言える事。相手はパスを中心に、コレクティブに選択肢を多く作って攻撃構築していくチームじゃない。一人一人が局面を切り開くことで攻撃を構築してくるチーム。個々の力は高いだけに完全に抑え込むのは難しいけれど、粘り強く、軽い対応で簡単に局面を打開させないようにすること。ここまでの日本のプレーはめちゃくちゃ軽いことが目に付くだけに、差し違えてでも抑える気概を持ってこのゲームに臨んで欲しい。

攻撃面では、ワールドカップの時と同様にキープレーヤーに対してグレッラやクリーナと言った対人に強い選手がマンマークに来る事が予測される。ただ、これを逆に利用してやればいい。多分マークに付かれるであろう俊輔も含めて、ヤットと憲剛がポジションチェンジをしながら、マークに付かれたプレーヤーが例え殺されたとしても、相手を引っ張っていけば、基礎となるゾーンが崩せる。その穴を突けるアイデアと技術が今の日本にはある。まずは風穴を開けるためのポジションチェンジ。

そして、欲をかけば俊輔にはワールドカップでは苦しんだハードマークを打ち破って欲しい。欧州での経験は彼にボールを引き出す動きの質の重要性を感じさせたはずだし、それを揺さぶる術というのも見いだしている。日本にとって、以前も現在もアイデアと技術という魔法を持つ中村俊輔はやはりスペシャル、簡単に消えてはいけない存在。再び世界に打って出る上での前哨戦として、彼の働きが勝負を決める事を願っている。

近代化、組織化が進むフットボールだけど、多種様々な1vs1がフットボールを構成している事は変わらない。確かに個の質は高い、本調子じゃないとしてもフィジカルの差は埋めきれないかも知れない。ただ、理屈じゃない。全ての局面で負けるな、そして上回れ。勝つためにはそれが必要。

-----------------------

と言う事で後1時間かー、ちょっとタイミング的にイマイチかも知れないけど、直前プレビューという事で。うし、気合い。

-----------------------

*オシムたんにもこの一戦には賭けてほしい気持ちがある。過去の戦績や経歴をなぞって名将と崇め立てるのは簡単だけど、監督という商売は結果が伴ってこそ名将であると思ってる。ジーコとの比較ではないけれど、同じように苦杯を舐めさせられたら、彼の威厳も信頼も地に落ちかねない。僕は彼のフットボールに対する造詣や手腕は信頼できるモノだと思っているけれど、求心力を失っては表現できるモノも表現できない。理想と夢だけでは生きていけない、明確な形を今、ここで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

強者の論理@Asian Cup 2007 GroupLeague vs ベトナム

慌てず騒がず。

走れないなら、その分ボールを走らせればいい。強者の論理、とも言えるロジック。

これでグループ1位通過、一つの成果を残した訳だけど、ここまでは既定路線。可否が問われるのは、ここからだ。

AFC ASIAN CUP 2007 GroupLeague MatchDay3

Group B/Vietnam 1-4 Japan @ My Dinh National Stadium/VIETNAM
Japan:12'&59'S.Maki 31'Y.Endo 52'S.Nakamura
Vietnam:7'OwnGoal

Sports Navi

日本代表スタメン:GK川口能活、DF加地亮、阿部勇樹、中澤佑二、駒野友一、MF鈴木啓太、中村憲剛、中村俊輔(→62'羽生直剛)、遠藤保仁(→68'水野晃樹)、FW巻誠一郎(→68'佐藤寿人)、高原直泰

勝ち点4同士で迎えたグループリーグ最終戦、様々な条件で勝ち抜きが入れ替わるとはいえ、勝ちさえすれば首位通過が決まる訳で非常にシンプル。今大会の流れを見ても、大観衆のホームサポーターと慣れた気候を背景にエネルギッシュなフットボールをしてくるベトナムは決して侮れないが、自分たちの力さえ発揮すれば恐れるモノはない。

ただ、一つだけ恐れるモノがあるとすれば、やはり気候面。30℃を大幅に越える気温、湿度もかなり高いようで、入場前から鮮やかな青いシャツはかなりの量の汗で深みのある色へと変わっており、理知的なゲーム運びも問われる部分か。

そんな中でのスタメン、ベトナム代表がこの試合に向けてシステム、メンバーを入れ替え、かなり守備的にゲームに臨んできたのに対し(4-5-1というか5-4-1と言うか……)、日本の方はUAE戦と同じ11人がピッチに並ぶ。勝負所と言う事もあって信頼度の高い選手を並べた結果か。ただ、中2日の試合感覚を考えれば、コンディションは気になるところ。

-----------------------

試合展開

試合開始から完全にポゼッションを握り、引いてくるベトナムの穴を探る日本だったが、多くの人数を裂いてスペースを埋めるベトナムの守備の綻びをなかなか見いだせず。その中で、ボールを失うと多くの人数がジャックナイフのように飛び出してくる相手のアタックに少々苦慮し、なかなか奪い所を定めきれず。結局、そんな勢いに押される形で右サイドからの低いCKが中に流し込まれるとゴール中央で相手アタッカーをマークしていた鈴木啓太がクリアミス、これが見事なまでにゴールに突き刺さってしまい、先制点をまさしく「献上」してしまった。

しかし、それでも日本は全くぶれない。しっかりとボールを動かして相手を動かし、穴を見い出したタイミングでスピードアップ、アクセントという形でベトナムゴールを狙う。そして、スコアをあっさりと戻す。左サイドから縦に飛ばされたボールに対して俊輔がスペースに走りながら相手を御してキープ。1vs1で対峙すると彼のスペシャリティが相手を凌駕。キックフェイクを伴う深い切り返しで相手を翻弄し滑らせると、余裕を持った状態でクロスをファーへ供給、美しいボールはGKの対応を許さず、相手の前に入っていた巻が「胸」で押し込んだ。日本が持つ個の力。魔法のようなフェイクと柔らかく精度の伴ったクロスボールでいとも簡単にゴールを導き出してしまう。改めて、中村俊輔のテクニックとキック精度はステージを見せつけた。又、ホストカントリーの躍進を考えれば、勢いを削ぐと言う意味で決して軽いものではなかった。

同点となった後も、日本がボールと共にゲームを掌握し、ベトナムが鋭い切り替えからカウンター、色のはっきりした展開は変わらず。ベトナムは動きにシャープさこそ感じさせるモノの、日本のディフェンス陣に脅威を与える事は出来ず。逆に日本が相手の果敢かつ人数を裂いたディフェンスに対してポジションチェンジやサイドアタックを絡める形で相手を侵略する。必然的にチャンスの数が増えたのはポゼッションを握る日本、ともなれば勝ち越し点は時間の問題。そして、待望の勝ち越し点が生まれたのは先制点から19分後だった。

左サイドでゆったりとボールを動かす中で、高原が動き出して楔を引き出すとそのままの勢いで突破アクションへ移行。すると、このスピードの変化に虚を突かれ、焦ってコースを消しに行ったところで高原の足をかけてしまい、このプレーに笛。ボックス直前の非常に近距離でのFKが日本に与えられる。そしてこのFK、右足で狙えいやすい位置というセオリー通りヤットが速いキックでファーサイドを狙うと、これがネットに一直線、見事にゴールネットを揺らす。うんうん、ポゼッションの中でのリズムの変化、そして優秀なキッカーを擁すること、日本の強みの出たゴールだった。GKとの駆け引きに勝ち(これは彼一人後からじゃないかな。高名な左足のキッカーが控え、そして、このボールに対して突っ込むように入ってきた阿部がいた。こういった要素が相手のGKに良い状況での対応を許さなかった)、その状況に合わせたイイキックを蹴る。ヤットいいよいいよー。これで逆転。強者としての矜持か、前半をリードして折り返す事に。

後半に入っても日本がポゼッションを握り、相手は耐えながらカウンターを狙う構図は変わらないが、日本の選手達の動き、攻撃構築のクオリティの質はより充実、そして素晴らしいゴールを導く。右サイドで鈴木啓太とヤットがパス交換しながら相手の隙を伺うと焦れた相手がこのパス交換を狙いに前に出る。これを待っていたのかヤットは少しスペースの出来た右サイドに楔、これが駒野に入ると仕掛け所と捉えたか自らアクションを起こしてリターンをもらい、これで揺らいだベトナムディフェンスを尻目に駒野が左サイドで完全に裏を取る。良い状況だっただけにクロスという選択肢もあったが、駒野もポゼッションしているチームに合わせてか、もう一度ヤットへ。ヤットを警戒する選手がいなかったため、相手CBがスライドしてヤットを捕まえに来るが、ここでヤットはあざ笑うかのように俊輔へ優しいラストパス。走り込んだ俊輔はシュートを意識して体を開きながら右インサイドでコースを狙ったフィニッシュ!これが見事に隅を突いて決まり、3-1!見事見事見事。一見、無意味に見える鈴木啓太とヤットのパス交換だけど、このプレーで徐々にディフェンスが焦れてボールを奪いにきたところから始まったプレー。スピード感を売りにしてきたチームにとっては正反対のプレーだったかも知れないが、非常に理知的なプレーであり、その後のスピードアップは意思の共有を感じさせたプレーでもあった。俊輔のシュートは絶品。

これで、ゲームは決まった。相手のサポーターは強国に対してのビハインドに眼前の試合に興味を失ってしまったのか、祖国の快挙に気を引かれてしまったのか、ウェーブが起こるなど、スタジアムの雰囲気は緩いモノに。ベトナムの選手達に徐々に疲労の色が濃くなった事もあってカウンターの鋭さは失われたこともあり、なかなかチャンスを生み出せないのに対し、日本は巻がこの試合2点目となるヘッドを決めて4-1として更にリードを広げると、疲れの見える選手を下げての羽生や佐藤寿人、水野を投入し、新たな可能性を探るテストマッチのような趣に。結果として、実りは乏しかったモノのゲームの大勢に大きな影響はなく、4-1で終了。

初戦の取りこぼしこそ合ったモノの、終わってみれば実力通りにグループリーグを首位で通過、移動なく決勝トーナメントを戦うアドバンテージを得た。又、ベトナムはもう一つのカードであるUAE-カタールの結果がUAEの勝利で終わった事で奇跡のグループリーグ通過を果たし、ホスト国としての重責を果たした。

-----------------------

先制点を獲られた後はどうなるかと思ったけれど、終わってみれば、と言う感じですな。気候面を考慮した理知的なゲーム運びが出来ていて、引いた相手に対してもアイデアと技術を持つ選手達が、相手を釣り、隙を見いだしてチャンスを作る。結果に実力の差が結果に表れたと言えるのかなと。

ただ、考えてみれば発足当時のチームはこういうゲームで手をこまねいていた。ジェッダでのサウジ戦でも、サナアでのイエメン戦も、そしてバンガロールでのインド戦も、劣悪なピッチ、厳しい気候などにプレーの精度や運動量を奪われ、かなり厳しいゲームを強いられてきたのは記憶に新しい。その辺は選手達が環境的な状況、相手の状況、そして置かれている自分たちの状況を把握、理解しきれずに主体的なプレーが出来ていなかったからだと思うのだけど、今大会のプレーを考えるとそこに大きな進歩があるような気がしてならない。

確かに、監督であるイビチャ・オシムが本来志向するサッカーというのはハイテンポでリズミカル、ダイナミックなモダンフットボールであり、現状の日本代表が示しているゆったりとしたポゼッションサッカーではない。しかし、自分達がどれだけ走れるか、チャンスを作る上での必要な事は何か、環境的な側面を含めて置かれた状況に合わせて考えたとき、オシムが本来志向したフットボールが状況にあった形というと、それは間違いなくNo。しかし、選手のセレクトやプレーディティールなどを考えると、状況にそぐうフットボールを選択させている。そういう意味で、今のフットボールは昨年のフットボールよりも理知的であり、「大人」なフットボールになっていると思う。

ただ、あくまでもそれが通用するのはここまでかも知れない。今までは強者であるが故に自分たちの論理を押し通せていたが、相手が強くなればなるほど、自分達が考えているようなフットボールを押し通せなくなる。ボールを持つ時間も少なくなるし、守備に追われる時間も増えるだろう。その分だけ運動量も必要になるだろうし、肉体的には厳しいプレーが強いられる事は必須。そんな状況に陥ったときに、どうするのか、ここからが本当の戦い、真の力を試される戦い。でも、それがこのチームを強くする。

*具体的にはもう少し切り替えを早くしなきゃいけないかな、特に攻→守の部分で。鈴木啓太の危機察知能力の鋭さとカバーエリアの広さ、そして両センターバックの的確な判断と個の強さで今までは何とかなっていたけれど、これからの相手はこの3人だけでは厳しい場面も出てくるはず。そういう意味で、俊輔・ヤット・憲剛・加地・駒野がより速くオリジナルポジションに帰って、守備陣形を整える必要性があるし、その帰陣を助ける意味で奪われた後のフォアチェックというプレーも必要かな。相手が大したことなかったから大きな怪我にならなかっただけで、現状の守備のバランスはかなり危い。鈴木啓太の読みとカバーエリアの広さをもってしても一人では賄いきれない程のスペースがある。てか、守備手法に関してはもの凄い緩い感じになってるのは気のせい?どのようにボールを奪うのかというのが見えてこない。しかもそれでラインは上げろ?少々傲慢かも。もう少し守備意識を高めて、どのようにボールを奪うのかというのをはっきりさせないと綻びを生む原因になりかねない。

-----------------------

すいませんすいません、遅すぎてすいません。今更ながらに5月病的な症状に陥っておりまして、一日中眠いという状況だったりしてます。もう既に本日決戦なので、取り急ぎと言う事で。

-----------------------

*ま、お楽しみはこれからだ、と言う感じでwktk感が止まらないのは僕だけ?色々なモノが入り交じるゲームはそれだけ深みのあるゲームになるからね。もちろん、選手達だけじゃなく、日本サッカーを愛する人々の気持ちもある。負けられないよ、絶対に勝たなきゃいけないゲームだよ。わかってるだろうな、勝てよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2007

最高の一日@J.League YamazakiNABISCO Cup Q.Final 2ndLeg FC東京 vs Fマリノス

大雨の秋津。

いつ足を取られるかわからない、尚かつピッチ状況が変わる難しいコンディションの中で示してくれたのは、このチームの衰えない攻撃姿勢。怯まず、恐れず、アグレッシブに、チャレンジングに、追いつかれても突き放して、叩き潰して、勝ちきった。

そして、雨は弱まるどころか強まった味スタ。

待っていたのはスペクタクルな逆転劇。

改めて、最高の一日。

J.League YamazakiNABISCO Cup 2007 QuarterFinal 2nd Leg

FC東京 2-4(a.g. 3-4) Fマリノス @ 味の素スタジアム「最高の一日」
FCTOKYO:78'石川直宏 87'金沢浄
F.Marinos:19'山瀬功治 48'&68'大島秀夫 72'マルケス

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也"まさに守護神だね"、DF田中隼磨"狙った、のか?"、栗原勇蔵"しゃんとせい!"、松田直樹"祈・軽傷"(→70'天野貴史)、小宮山尊信"コミー十番勝負、石川直宏編"、MF那須大亮"久々、上々"、吉田孝行、エウチーニョ"滑って、転んで、それでもおめでとう"(→46'マルケス"鰻的ディティール")、山瀬功治"エースは雨にも屈しない"、FW坂田大輔"それでいい、次はきっと"(→84'斉藤陽介)、大島秀夫"Sparkfull!!!"

FC東京スタメン:GK土肥洋一、DF徳永悠平、茂庭照幸、藤山竜仁(→70'石川直宏"スタメン取り返せ!")、金沢浄"意地見せた"、MF浅利悟(→55'馬場憂太)、梶山陽平、リチェーリ(→51'赤嶺真吾)、福西崇史"前足は禁止ですから"、鈴木規郎"連発阻止"、FWルーカス

台風4号で大雨の日本列島、J2は九州・四国でゲームが延期になるなどJにも大きな影響を与えた。延期こそなかったものの例に漏れることなく味スタも雨・雨・雨。しかし、そんな天候にも関わらず、観客数は17000。このタイトルに賭ける思いか。

その中でのスタメン、今野・伊野波を代表に持っていかれながらも1stLegではFマリノスの拙い攻撃を無失点で抑えてアドバンテージを得ているFC東京は先週と同じスタメン。対するFマリノスは、練習で好調が伝えられていたエウチーニョがスタメンに名を連ねることに。ブラジルで活躍し日本に渡ってきた彼にとっては日本デビュー戦。少々空回りの心配もあったが、閉塞したチーム状況の中で彼に掛けたい気持ちもわからなくない。又、前回の対戦で退場となった河合の代わりには那須。河合がこれまで一人で担ってきたポジションなだけにこの辺も出たとこ勝負の感があったが、那須にとっては正念場か。

-----------------------

試合展開

開始早々、勇蔵の軽率なロングボール処理をルーカスに突かれて抜け出されるというヒヤッとしたプレーから始まったゲーム、立ち上がりからペースを握ったのはFC東京。Fマリノスの選手達が濡れたピッチに足を取られたりする隙を見逃さず、裏を狙い、サイドを重点的に突く形で、攻めたいFマリノスを押し込む。しかし、その攻勢にも失点なしで凌ぐと徐々に素早いアタックから反撃。ある程度押し込まれながらも、功治やエウチーニョが前に開くスペースを活かしてカウンターに繋げる形で攻撃を形どり、そこからシンプルにミドルシュートを狙う形で土肥の守るゴールマウスを襲う。

そして、流れを中央まで押し戻した19分、このチームの最も安定したプレーを起点にゴールが生まれる。右サイドライン際でボールを残した隼磨がすぐさま中央へクロス、これが中央にポジションを獲っていたオーシに後ろ向きで収まると相手のアタックにもテクニカルにいなし、丁寧に後ろに入った功治へラストパス。この丁寧なパスを功治は冷静に右隅に沈めて、先・制・点!素晴らしいオーシのポストに尽きるね!浮き球を胸で収めて、リフティングのような形でアタックに来る相手をいなし、そしてしっかりと自分のボールにして、丁寧なボールを落とす。こういう形でキープするプレーはこれまでも見られていたけど、そのプレーはミドルエリアが多く、ゴールに直結するプレーとはなり得ていなかった。ただ、この日ボックス内でこういう形で起点となった事で素晴らしい形を引き出した。オーシのポストテクニックは今やリーグ屈指、今後もこれが行かせるとイイかな。功治も冷静にフィニッシュ、素晴らしいね。これでスコアは全くのタイ。

このゴールで一気に乗ったFマリノス。滑るピッチの中で足を取られるシーンは多々見られたモノの、それでも前から前からの意識でプレスを掛けて相手の攻撃を抑え込み、そこから切り替え速く攻撃に出て行く形で次々にフィニッシュに繋げていく。隼磨のシュータリングが土肥の頭を越えてポストに直撃、コミーは浮いたボールを勢いよくミドルで土肥を脅かし、功治もコースを切られながらも土肥が弾くしかない鋭いミドルを見せる。これまでは執拗なまでに綺麗に崩そうとしていた感があったが、この日のFマリノスは多少強引でも攻めきりフィニッシュに繋げる意識が強かった。

後半のタイミングで一枚カードをもらっていたエウチからマルケスにスイッチ、決勝点を狙う姿勢をより鮮明に打ち出す。そして、その姿勢はすぐさま実る事に。左サイドからのマルケスのCKはクリアされるモノのセカンドボールに素早く反応したのは功治、そのまま右サイドに流れるとボックス際からクロス。糸を引くようにオーシの元へ届くと、フリーとなっていたオーシが頭で押し込んで追加点!いやー、勢いに乗るとこれだけのプレーも出る。精度の高いクロス、決定機をしっかりと決めるアタッカー、イイね。最高。

しかし、その後マルケスが決定機を活かせなかったりと、勢いを削いでしまうと、ビハインドとなったFC東京もだまってはいない、前への勢いを取り戻すために、赤嶺を投入して2トップに変えて攻勢。そして、ビッグチャンス!左サイドからのクロスに離れる動き出しでフリーとなった福西に渡る。必死に凌ごうとディフェンスが殺到するモノの近距離からのシュートを許してしまう。しかし、これは哲也が素晴らしい反応でブロック。ただ、こぼれ球が今度はボックス外で待ち受けていた梶山へ、しっかりとコントロールして鋭いミドル、枠内に飛ぶ!しかし、これも哲也が混戦から抜けてくる弾道を見極めてセーブ!それでもセカンドボールをクリアしきれず、近距離から鈴木規郎が突っ込んでくる!今度は体を張って那須が凌ぎ、その後の金沢のシュートも那須がコースに入って、枠を逸れた!波状攻撃を耐え凌ぎ、その後の赤嶺に抜け出されたピンチは運にも恵まれると(哲也の良い飛び出しもプレッシャーになったかな)、そこで我慢した事が更なる追加点を生む。

カウンターから、数的優位の形を作り出すと、右サイドから吉田がクロス。中には4人が殺到。ニアに入った坂田に合わせたボールは茂庭にクリアされてしまうモノの、クリアボールはオーシの足元へ、冷静に左隅へと沈め追加点!勢いを加速させるFマリノスはその後もマルケスの素晴らしいクロスに功治がボレー!ポスト直撃も自らフォローして狙うも枠外。ただ、今度は逸機にも勢いは削がれず、カウンターからマルケスらしいボディフェイクで福西をいなすと、前に入ったオーシへ楔、流麗な動きで相手の逆を取ってリターンされたボールをインサイドでシュート!土肥は反応できず、綺麗に右隅に収まった!ビューティフル!まさにお手本のようなポストを使ったワンツー、その中にマルケスらしいディティールが詰まっていて、受ける動き、楔の後の動き出し、質の高いプレーがゴールに繋がった、逸機を自らカバーしたかな。これで4-0、完全に勝利を決めたかに思われた。

しかし、マツが怪我を負ったりとピッチ内の若い選手が多くなった中で、きっちりとゲームを締めれない。次々と投入されるFC東京アタッカー陣を整理して捕まえきれず、バイタルに入った時点でコミーが二人を見る状況になってしまい、ナオがフリー。福西は素早くフリーとなったナオへ流し、この好機にナオはそのままシュート。哲也は何とか当てて、勇蔵が必死のオーバーヘッドクリアを見せたが、それでもゴールラインを越えていたようで一転を返されてしまう。これで完全に味スタに火が付く。残り3分の所で今度は金沢がオーバーラップしてボックス内に突入。これに誰も突いていけず角度のない所から強烈にニアを抜かれて(これは哲也が虚を突かれたかな)、2-4……。味スタ劇場開幕か……十も和和されたところで、選手達もようやく感じ取ったのか、時計を進めるための最善策を考え始めてゲームをクローズ。味スタの奇跡を免れて、このゲームを2-4での勝利とした。勢いに乗っての一気の4得点でホームでの失態をカバーして、3年連続の準決勝進出をもぎ取った。

-----------------------

まー、終盤の連続失点はいただけないけど、躍動的なパフォーマンスは最高に気持ちよかった。ホームでの閉塞感が嘘のように選手達はシンプルな思考の元で走り回った。相手にプレッシャーを掛け、前にスペースが空いたらゴールに向かって突き進み、チャンスと見るやどんどんフィニッシュを狙った。自ら勢いを生みだし、そして勢いに乗った。そして、勝つ。そりゃキモチイイに決まってる。
*FC東京のお株を奪うような勝ち方かもしれないなー。前回お株を奪われるような守り勝ちをされたからお返しだね

こういうパフォーマンスを見ると、これまでは難しく考えすぎていたのかも知れない。このゲーム、本当に選手達の思考はシンプルだったはず。点を獲って勝つ。だからこそ、先の事をは考えずにとにかく走り、前へ、ゴールへと向かっていく。そのプレーが切り替えの早さとなり、直接的な脅威となり、チームに勢いが生まれた。難しく考えざるを得ない状況もあったわけだけど、チームが変貌を遂げようとしている時期に目指すべきところは、こういうプレーのような気がしてならない。

とにもかくにも、3年連続準決勝進出。ここで満足するわけにはいかないよ。去年も一昨年もここでとんでもなく悔しい思いをさせられた。今年こそ、最高の場所、国立、行こう。

*もちろん、勢いだけじゃなく、細かなディティールを整えていかないとだめだけどね。プレスを掛けるのであれば、チーム全体の意思統一、連動という部分。もちろん、全てを行く事は出来ないわけだから、行くところ、行かないところという判断が必要になるわけだけど、そういう事を考えすぎてしまうとチームは消耗を避けるようなプレーが横行してしまう、いや、横行してしまった。この辺はアタッカーの意思をチームが汲み取ってあげなきゃね。彼らが行く事がスタートとなるわけだし、スイッチとなるんだから。彼らに主導権がある事が必要。そして、カウンターに置いて、前にスペースがある時は前に運ぶ、その中でのサポートアクションと崩しのアクションの意識の共有、イメージの共有。ま、この日やれていた事を続ける事だよね。

*引かれたら?どのチームだってみんな苦労する。だけど、チーム全体が相手の状況、ピッチの状況をよく感じ取って主体的にアクションを起こしていく事が必要かなと。そこはオープンな状況だろうと、閉塞した状況だろうと変わらないはず。オーシを深い位置に置いてのポストワークであったり、サイドバックのオーバーラップ、色々出来る事はある。格言ではないけれど、自分達が動かない限り、相手が勝手に崩れていく事はないのだから。イメージを持って、それを周囲と合わせて。

-----------------------

で、ここからは選手のパフォーマンス。まずはオーシだねー、2G2A。ま、相手があのCBコンビならこれぐらい出来ても全然不思議ではないと思っていたから、ようやくという思いもあるのだけど、段々本物のポストが出来るようになってきたかなーと。相手が怖いと思うのはよりゴールに近い位置、そして、この日ゴールを導いたポストワークは、二つともボックス内。これを考えれば、自ずと答えは出るはず。ワシントンやヨンセンが怖いのはこういう事をしているからだと思うしね。又、ゴールを奪うと言う側面から考えても、ゴールに近い位置にいる事でポストからストライカーへの変身というのも容易。久々にお得意ヘッドで決めたわけだから、どんどんエンジン掛けていってほしいなーと。出場時間を考えれば二桁はノルマ。とにもかくにも、こっから。

*哲也神、哲也神!高みで安定してるねー、完全にこれが実力と言っていいぐらい。あの波状攻撃を止めたシーンはGKとしてのクオリティを見せつけたし、ゲームの流れの中でもの凄い大きなプレーだった。2失点はしょうがない。で、濡れたピッチの中で得意な飛び出しも活きていたし、今の哲也はいいよ、本当に。

*坂田もこの日は良かった。ゴールは相変わらずなくてノーゴール記録が又積み重なってしまったけど、この日の坂田は裏を取る意識が旺盛で、イイ動き出しもあった(オフサイドになったけど)こういうプレーが増えていけば抜け出してのプレーも増えると思うし、相手も怖がる。後は常に、動き出していく事だよね。スペースがない状況でも自分が動く事で生まれる効果は沢山あるわけだし。とにかく、後ろに意識を引っ張られすぎない、うん。幻ゴールも惜しかった。もうゴールマイレージはいらないので、次(notバルサ戦)でよろしく。

*俺らの10番、おーっおー、横浜の山瀬ー。さすがです、カウンターの起点、チームに勇気を与える(同点)先制ゴール、アシスト、衰えない運動量とキレ、やっぱり怖い選手だね。周囲が動かさないと脅威が散らないから警戒されて潰されてしまうけれど、周囲がダイナミックに動けば、功治は早々止められない。ましてやこの日の功治はキレキレだったからね。開幕からフル稼働で、膝のテーピングも気になるところだけど、このオフで何とかメンテナンスして後半も頑張って欲しいな。とにもかくにも、前半戦お疲れ様でした。さすが、エース!

*那須のボランチもそこそこ、かな。展開に助けられた面はあるけど(攻撃構築のために繋ぎを求められる展開じゃなかったからね。シンプルに裏を狙うのであれば、繋ぎの質は余り問われない)、エネルギッシュなプレーは相手にとって嫌だったはず。動きすぎてスペースを空けてしまう嫌いがあって、以前の河合みたいな感もあるのだけど、これから続けていけば、河合の代わりにはなってくれるかな。これをオプションとして試せたのも大きいし、那須にとっても久々に自分の居場所を感じられたんじゃない?サイドバックよりは全然イイ。

*マルケース、やっぱり良いなー!ああいうディティールの詰まったプレーが出来る選手は痺れるよ。今のマリでは彼の得意エリアである左サイドに張り付かず、柔軟に動き回ってプレーしてくれると嵌るかな。最初得点機を外したときはどうしてくれようと思ったけど、しっかり獲ってくれたし。でもサイドハーフとして、もう少し戻るシーンも増やさないと。ナオに仕事を許してしまったのは、コミーの責任じゃなく、マルケスが戻らなかったからだと思うし。でも、戻らない事でカウンターの脅威が増した事を考えれば、それもまた一興。肉を切らせて骨を断つ、そういう展開であれば、ということ。ダービーまで怪我すんなよ

*その他良かった事悪かった事。コミーのミドル、隼磨のインターセプトからの攻撃参加、勇蔵の集中力が切れる事。マツの怪我。陽介の経験と丁寧なコントロールへの意識(練習試合ではとても良いけど雨だからかな)。アマノッチの量より質という部分(全て捕まえようという姿勢は素晴らしいけど、狙い所を定めて奪うという部分が欲しい)。ま、色々あるけど、最高です。

*後、ナオが点獲ってちょっと嬉しかったのは内緒だ。ナオにとってはちょっと辛いコンディションだったけど、水の浮いたエリアを避け、中でゴールを狙った選択は◎。身体のキレも良かったみたいだし、早くポジション取り戻せ。味スタでナオが出てないと華がない(ナオ也ノリカルがボールを持ってカウンターに出る瞬間の味スタの盛り上がりって好きよ、内緒だけど)

-----------------------

ま、浮かれているばかりもいかないね。でもやっぱり浮かれちゃう。これで中断期間に入ってしまうのがもったいないぐらいの勢いを得れたわけだけど、勢いは又自分達で作ってほしいからキニシナイ!ま、この手応えを先に繋げて欲しいな。これで終わらせちゃもったいないよ。

ま、まずは体を休めてコンディションを整える事。特に怪我したマツと満身創痍の功治、フル稼働中の河合、初シーズンのコミー辺りはしっかりケアしてね。とにもかくにも、一日経った今日でもニヤニヤが止まらない!最高だね。

ということでここまで!

-----------------------


1日10点、堪能しました。一番イイゴール?うーん、マルケスのも捨てがたいけどやっぱり学くんの素晴らしいコントロールシューとかナー。あれはね、僕の見てる角度からコースが見えたの、そしたら学くんがそこに向けて撃って………決まったー!って感じで凄い気持ちよかった。って、書いて思ったけど、小学生みたいな感想だ……。ゲームの流れを汲む意味でもとても大事なゴールだったしね。

*普段スタジアムでは何も食さない派なんだけど、今回はチーズナチョを食べました。そしたら、4点も獲って勝ちました。これからチーズナチョを毎回食べないと!湿気にやられてふにふにになっちゃったけどな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 14, 2007

暗転@Asian Cup 2007 GroupLeague vs UAE

まさに、暗転。むー、煮え切らん。

AFC ASIAN CUP 2007 GroupLeague MatchDay2

Group B/Japan 3-1 U.A.E @ My Dinh National Stadium/VIETNAM
Japan:22'&27'N.Takahara 41'pS.Nakamura
UAE:66'S.Alkas

Sports Navi

日本代表スタメン:GK川口能活、DF加地亮、中澤佑二、阿部勇樹、駒野友一、MF鈴啓太(→77'今野泰幸)、中村憲剛、中村俊輔(→71'水野晃樹)、遠藤保仁、FW巻誠一郎、高原直泰(→67'羽生直剛)

初戦、非常にダメージの残る形で勝ち点を落とし、風雲急を告げるオシムジャパン。もう取りこぼしせない第2戦目の相手はUAE、灼熱のベトナムでの第2戦に普段の思いで臨む。

そんな中でのスタメン、前節追加点が取れない事、相対的に相手が4バックと言う事もあってか、この試合は2トップ。新聞報道では矢野という予想もあったが、巻がスタメンに名を連ねた。又、足首の負傷で出遅れていた駒野が回復し、左サイドバックでスタメン出場、今大会のファーストチョイス的なメンバーと言えるか

-----------------------

試合展開

知将二人が目を光らせる中での立ち上がり、自分たちの良さを出していたのはUAE。守備時は完全に11人が自陣に下がり割り切ってスペースを埋め、ボールを奪ったら素早く攻めきる狙いを常に狙いながらもカウンターばかりを狙うわけでもなく、繋ぎながらも機を見てイスマイル・マタルの才覚を活かして、日本の少々緩い守備を崩しに掛かるプレーが見られ、その中でもそのイスマイル・マタルが素晴らしいミドルを放つなど、油断できない相手というのを立ち上がりから感じさせる。

対する日本は、猛暑にやられてしまったのか一戦目にも増して動きが鈍く、又滑るピッチのアジャストにも苦慮。チームとしての奪い所を定められず、又どうも人に付き切れていないシーンであったり、スペースを与えすぎてしまうシーンが目立つなど、どうも煮え切らない立ち上がり。しかし、ボールが動くようになり、中央を突っ切る突破やミドルシュートなどの積極的なプレーも出るようになると、ショートコーナーからヤットとのパス交換でエンドラインぎりぎりから倒れ込むように自慢の左足を振り抜いた俊輔、このクロスは素晴らしい弧を描いてディフェンスの頭を越え、外側から相手の前に良いタイミングで入ってきた高原へどんぴしゃり!高原はきっちりとこれをヘッドで沈めて、先制点!うーん、俊輔のクロス、お見事!そして高原!抜群のタイミング、そしてゴールセンス、マーベラス。閉塞した中での個の力、活きたね。この辺があるからこそ彼らは尊い。

これで完全に緊張感が取れたのか、オフェンシブな姿勢を感じさせるサイドバックのポジショニングと幅広くピッチを使う攻撃構築でゲームを掌握。そしてあっさりと追加点。阿部から右サイドに展開されると高い位置の加地へ、鈴木啓太がオーバーラップを掛けるも加地の選択は速いタイミングでのアーリークロス。これが中央にポジションを獲っていた高原に入ると、緩いマーキングのあざ笑うかのように素早く縦に振り抜くようなミドルシュート!これが右隅に突き刺さってゴール!取れるときはこんなモノかナー。簡単に入るもんだ。爺ちゃんも待望の追加点でガッツポーズ。

点差が開いた事でがむしゃらさが粗さに変換されるUAEに対し、少々日本の選手が痛むシーンが目立ち始めるも、日本のペースは変わらず。右ボックス角から中村憲剛の美しいインスイングのループパスで完全に大外から裏を取ったヤットが抜け出すと、1vs1のシーンで彼の選択は中に走り込む巻、高原へ。このパスは少々ずれて高原が手で押し込もうとするモノのゴールに押し込めず。しかし、ヤットへと飛び込んだGKがアフター気味に足を刈ってしまったシーンに審判の笛、ペナルティスポットにボールが置かれる、PK。UAEの選手達はもう抗議するモノの判定は覆らず、このPKを俊輔が豪快に右上隅に突き刺して3-0。ラッキーな側面があるとはいえ、点を獲れずに苦しんだチームにとってはこれも又リハビリの一貫か。立ち上がりこそ、大丈夫かと心配になったが、終わってみれば素晴らしい結果で折り返す事に。

後半、UAEは2枚カードを切ってきたモノの、前半から目立っていたヤットの飛び出しに対してUAEは全く付いていけず、角度がないながら近距離からのシュートという決定機でスタート(枠外)しかし、このままではグループリーグ敗退となってしまうUAEも鋭い突破から日本のゴールを目指す。鋭い右サイドの突破からボックス内にスペースパスを流し込み、イスマイル・マタルが飛び出すというプレーで応戦。点差は別にしても、どちらもゴールを目指す展開か。

相変わらずの荒っぽいプレーで加地が後ろから狩られるなど、怪我だけが心配となるが、その恐れていた事が起きてしまう。イーブンボールの競り合いとなった中で鈴木啓太が勢いよく飛び込んだところに低空ドロップキックが突き刺さり、鈴木啓太は激痛に悶絶。何とかピッチは戻ったモノの冷や汗をかかされた。このプレーでもらったFKは俊輔が鋭く狙うもGKに凌がれた(これが決まってたら相手に対して大きな威嚇となったのに……残念)

この後も激しいチャージに晒されながらも攻撃に出る日本だったが、なかなか追加点は生まれず(俊輔の深い切り返しからのシュート)、高原が負傷退場(ま、大丈夫そうだけど、交代は羽生)となるなど、なかなか思った通りにはいかず。そして、この試合通じて目立った緩い守備とスペース管理の甘さが仇となってしまう。中村憲剛がチェイスに行くも獲りきれず前を向かせてしまうと、誰もアプローチにいけないまま中盤を一気に局面打開され、そのままCDFの間にスルーパス、これで交代で入っていたFWに抜け出されそのまあ沈められてしまう。うーん、何やってんだ。

この失点でUAEは勢いを取り戻し、右サイド加地の所を執拗に狙うロングフィードからの攻撃を繰り返す。その中で日本はドタバタ。おかしなミスが生まれ始め、マークミスからイスマイル・マタルにミドルシュートを許し、相手のハードタックルに対して逃げのプレーが多くなりと、数的優位にもかかわらずプレーに全く余裕がなくなってしまう。俊輔に代わって入った水野がドリブル突破を見せてチャンスを作ったモノの、このタイミングで鈴木啓太がボールを追った所で負傷し(ダメージが影響?)、交代を余儀なくされる。しかし、その後もUAEのラフプレーの嵐は収まらない。審判のコントロールのまずさからか、どうしようもない程ピッチに秩序がない。

そして、日本もこのぐだぐだな審判同様、クオリティの低いプレーに終始。ポゼッションこそ増えたモノの、意思統一なきプレーは中途半端なプレーに反映。終盤はヤットを核にようやくキープモードに入ってゲームをクローズさせたが、その選択に至るまでの無駄なロストやせっかくキープモードに入ったにも関わらず、切り替えきれないプレーヤー達のミスからカウンターを浴びるなどサッカーネーションとなろうとしている新興国らしからぬサッカー文化の低さまでを露呈してしまった。結局ゲームは3-1、前半の貯金を活かす形で勝ちきった形だが、改めて再考を促すべきゲームとなった。

-----------------------

とりあえず、もうオシムたんにテレ朝のインタビュアーを合わせるな!彼にこれ以上ストレスを与えないでくれ!NHKのインタビュアーとは歴然のレベルの差が!←違

と言う事でとてつもなくイライラしたー。前節に比べてコンディションが悪そうで、プレーのクオリティが低かったという事もあるのだけど、何よりも後半になって、余りに頭の悪いプレーが続いた事には辟易した。悪いけど、経験の浅さとかそれ以前の問題。状況を捉える事も(数的優位、3点のリード、相手の体力的、精神的状況など)、プレーの目的を捉える事もせず、最善の選択が何かを考えていない。危ういシーンを作られてしまった要因となったバランスの欠如も酷かった。もちろん、酷いレフェリングがゲームの秩序を失わせ、フットボールがフットボールではなくなってしまった影響がないとは言わない。ただ、プレーのクオリティが落ちた事は自分達自身の問題である事と認識しないと。

ま、勝ったから良いようなものの、判断力やインテリジェンスを前に押し出す監督のチームがこんなプレーをしてはいけないし、こんなプレーをしているようでは、上を見るどころか、先にさえ進めない。

-----------------------

そんなゲームの中で、頼りになったのが個の力。俊輔と高原。結果を鑑みると、彼らがいなかったらこのゲームは危なかったのかも知れない。彼らが風穴を開け、エースの凄みがゲームを決めた。はっきり言って俊輔は出来るレベルを考えると良くなかったけれど(ま、それでも結果は残しているし、格の違いは感じるけどね。もう少しアグレッシブだと更にイイかな)、勝負を決めるプレーで唯一と言っていい程日本のクオリティを示していた高原は諸手をあげて賞賛したい。

2試合で3ゴールという結果が全てを物語っているわけだけど、そのゴールに繋がっているプレーに感じられるのが、味方とのタイミングの共有(予測を含めたインテリジェンス)と相手との駆け引きを両立していること。元々ゴールを獲れるポジショニングの良さが基盤にある訳だけど、その中でどのタイミングで出てきそうなのかというのを計り、そのタイミングを逆算して相手と駆け引きして上回ってよりよいポジションを獲っていく。味方との意思の共有(意識の共有や狙いの共有)も、相手との駆け引きも、当たり前の事だとは思う。ただ、これを両方上手に出来る選手は本当に少ない。これを高原は両方とも高いレベルでバランス良くこなしている。だからこそ、彼はドイツの屈強なディフェンスを凌駕し、翻弄して、結果で導き出せている理由となるのかも知れない。そして、得点力不足が叫ばれる日本人FWにとって苦難苦闘の末に掴み取った彼のプレーから、多くのプレーを学ぶべきなのかも知れない。

*個人的にこういうプレーを出来ているなーと感じるアタッカーは佐藤寿人、そして前田遼一ぐらいかも知れない。ただ、高原程マルチに出来ている選手はいないかな。しかし、本当に凄い。

-----------------------

と言う事でこの辺かな。しかし、相変わらずのアジアクオリティ、こればっかりは本当にやめて欲しいよ。だからアジアのレベルが低い、レベルが上がらない。鈴木啓太を始め、高原にしても、本当に心配だ。ま、何もない事を祈るばかり。次?ま、結果に関しては大丈夫だとは思うけど、この試合見ると少し不安。ただ、僕は経験不足を理由に挙げるの嫌い。彼らはプロで3桁以上の試合数をこなしている選手達ばかりで、そんな選手達が経験不足なはずないし。ま、とにもかくにもようやく第一歩。これで踏み出せるね。と言う事でここまで。

-----------------------

*選手評やると言いながらやっていない裏には色々やろうとしているのだと察して下さい。てか、約束守れなくて申し訳ない………

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2007

move!move!move!@J.League YamazakiNABISCO Cup Q.Final 1stLeg Fマリノス vs FC東京

まずは動け、とにもかくにも動け、話はそれからだ。国立、行くんだろ?

2007 J.League YamazakiNABISCO Cup QuarterFinal 1stLeg

Fマリノス 0-1 FC東京 @ 三ツ沢球技場「move!move!move!」
FCTOKYO:47'鈴木規郎

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也"次は止めろ、そう思うなら"、DF田中隼磨"諸刃の剣の攻撃力"、栗原勇蔵"油断大敵"、松田直樹"怒れよ、もっと、湿ったチームに火を付けて"、小宮山尊信"コミー"、MF河合竜二"痛すぎる出場停止"(87'黄×2=痛恨の赤)、吉田孝行(→70'狩野健太)、山瀬幸宏(→57'マルケス)、山瀬功治"エースの苦悩"、FW(っぽいポジション)坂田大輔"このままじゃ消えるね"(→79'那須大亮)、大島秀夫"君の職業はストライカー"

FC東京スタメン:GK土肥洋一、DF徳永悠平、藤山竜仁、茂庭照幸、金沢浄(→64'長友佑都)、MF浅利悟、梶山陽平(→80'馬場憂太)、リチェーリ(→73'石川直宏)、福西崇史、鈴木規郎、FWルーカス

対照的なシーンだった。

ピンチがチャンスに、藤山が奪い、そのまま持ち上がって福西へ、ここを起点にしたカウンター、リチェーリ、ルーカス、そして鈴木規郎が一気にランニングを開始する。ボールホルダーへのアプローチも、ランニングする選手へのマーキングも出来ず、全く抵抗できないまま、ボールは左サイドへ。自信に満ち溢れた選手の左足が振り抜かれた瞬間、綺麗な弾道がファーサイドネットを揺らす映像が頭の中をよぎった。その通りに、哲也の反応も及ばず綺麗な弾道でファーサイドネットが揺れていた。

松田直樹が前にベクトルを持った状態でインターセプト、相手のバランスが崩れている、さあカウンターというところで、アタッカーの選手は誰も前に走らない、動き出さない。勢いは一気にしぼみ、ボールは後ろに戻される。カウンターチャンスは霧散した。

このプレーに尽きる。

以前、あれだけダイナミックで、献身的で、労を惜しまないプレーをしていたチームとは思えない程、主体的なアクションは起きず、閉塞的なプレーに終始した。そして見せつけられるように、対戦相手に以前のような躍動的なプレーをされ、敗戦を喫した。

確かにパスを回す事はうまくなっているし、隼磨・コミーのオーバーラップを使う攻撃も形になってきている。マルケスの復帰も福音になる可能性がある事を感じさせた。しかし、それだけだ。

自分たちがやりたいプレーをするのは構わない。ただ、それが相手にとってどう感じられているのか、相手が嫌がる事はどんな事なのか、そういった思慮遠望が足りない。

もう王者でも、強者でもない。だからこそ、勝つために出来る事、もっとあるはず。今のままでは、このチームは変われない、抜け出せない。

*もう一つ、差があった。どのように自分たちが持つ武器を活かす狙いを持っていたか、いなかったかという側面。FC東京の方はこの試合何度もあったように、能力の高いアウトサイドのウインガーを高い位置に張らせ、積極的にランニングさせて、そこをチームとしてスピーディに使うという意図を持ってプレーしていたけど、翻ってFマリノスの方はどうか。サイドバックのオーバーラップはうまくいっていたけど、ゴールに繋げる術まで詰め切れていたかといえばそうじゃない。隼磨・コミーと中との意思疎通もなく、中の動きの工夫も感じられない。功治の突破力を活かすにも、周囲がスペースを空けたり、マークを剥がしたりする助けがあったかと言えばそうではなく、浅利や梶山に捕まえられる事も多かった(相手も注意していただろうけど)シュートの数、中身、全てに置いて差は歴然。単純な力勝負だけで獲れる程このチームの個の力は優れちゃいない。それをもう一度思い直しさないとね。

-----------------------

*後は簡単に個人評。まず隼磨。失点に絡んだり、ポジショニング的に(ディフェンスラインの幅の問題だから仕方ないんだけど)ノリカルをフリーとする事も多かったりと、賛否両論あるかも知れないけど、やっぱり隼磨の攻撃参加は今のFマリノスの中では最も可能性のあるパーツ。タイミング良く、ダイナミックで勢いもある、クロスはワロスだけど、左足のインスイングのボールは精度が高まってきた。隼磨は多少気にするかもしれないけど、この積極性はなくさないでほしい。てか、あの失点はチームの責任だし、隼磨やコミーが上がった後のスペース管理もチームで考えなきゃいけない。センターバックがスライドして蓋しに行ったってイイし(ボランチが一列落ちて)

*河合は、このゲームは福西と梶山をどうも捕まえきれず、かなり苦労していたかナー。そして、その福西には罠にも嵌められた。ま、この辺も経験かも知れないね。ただ、パスディバイドは間違いなく良くなってる。よく見えているし、精度も上がっている。ボランチはチームのハンドルであり秩序を守る存在、外からゲーム見て更に何をすべきか、何が足りないかなど、そういうのを見定めて欲しいかな。良い機会だし。

*勇蔵、最近集中力欠いたプレーが癖になってないかい?アジアカップの時阿部っちが体を入れてファールを取られて失点に繋がってしまったけど、勇蔵だったらそのままかっさらわれて決められたわけだ。こういった見切りの早さもそうだけど、集中力、判断力、ポジショニング、マーキングなどの質も落ちてる。強さを粗っぽくだすだけじゃ、以前に逆戻りだよ。危機感を持ってやれ、真っ青になってやれ。松田直樹だろうと、中澤佑二だろうと、勇蔵のポテンシャルを持ってすれば越えられない壁じゃないよ。必死にやって、成長して、自分のポジションを奪い返せ。そうしないとマリは強くならないよ。

*幸宏が少し心配。プレーが悪い意味で落ち着いて来ちゃってるかな。この試合もとんでもなく酷くはなかったけど(突破であったり、コミーのオーバーラップをうまく引き出したり)、存在感が薄れているし、何よりもアグレッシブな姿勢が消えている。コミーとのポジションチェンジで下がった後のフォローであったり、ボールロストの後の事を気にしたり、と守備に意識を引っ張られすぎているのかな。もっと出来るよ、ナビのホームのレイソル戦みたいなプレーが又みたい。踏ん張り所

*オーシ。オーシはポストは安定しているし、シュートに絡んだプレーもあったから貢献度は小さくない。けど、彼の仕事は点を獲る事、何よりもボックス内で仕事をする事。そういう意味では工夫も足りないし、迫力も余りなかった。もっと良い準備をすべきだし、周囲との関係性において「求める」姿勢が欲しいかな。チームにとっては軸となる存在だから、もっとどん欲にやって欲しいな。

*坂田。はっきり書く。この試合、坂田がまともに仕事をしていれば、こんなに悪い試合にはならなかったし、もっと優位に試合を運べた。坂田が戦犯、坂田がだめだから負けた。具体的に書けば、彼が主体的にスペースでボールを受けるアクションを起こしていれば、相手のプレスの勢いを削ぐ事が出来たし、相手のリスクを付く事が出来た。でも、それをしなかった。前にスペースが空いても走らない、ボールを引き出すアクションさえ起こさない、ずるずる下がっては下手くそなファーストタッチでチャンスを不意にし(最初は良かった)、突破も出来ない、イイクロスも枠に飛ばせない、スペースメイクも、相手の警戒を引きつける役割も出来ない、免罪符となっていた高い位置からのプレッシングも連動せず効力を失った。マイクに偉そうな事を言って送り出したようだけど、そのまま坂田に突き返したい。何が起こるかわからないのだったら、がむしゃらに走れ、オフサイドに100回掛かっても、でてこなくても良いからイイから裏を取るアクションを起こせ、相手の怖い位置で嫌がられる位置でプレーをしろ。足元の技術もなく、突破力もなく、インテリジェンスもない選手から、思い切りとスピードがなくなったら3流以下のプレーヤー。だからこそ、走れ、動け、思いっきり。じゃなきゃこのまま終わっちゃうぞ。殻破れよ、いい加減。

-----------------------

少々辛辣になってしまいましたが、本当に危機感を持ってやらないと。ホームでふがいない形で負けた、しかも変わろうと決意させた昨シーズンのような負け方で。ついこないだまでは溢れていた変化の予兆が潰えそう、このままじゃいけないんだから。

ということでここまで。

-----------------------

*明日(今日か、もう)はユースのチェコ戦だよね。勝負所、だね。マイクもチャンスあるかも?との噂が。ま、そんな状況にならないのがベターだけどね。頑張れ、ビリー世代。

*かなり悔しかったので、ちょっとやり方を変えちゃいました。うーん、これだとゲームの事があんまりわからないナー。少しだけコンパクトになるけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2007

エレガントな罠@Asian Cup 2007 GroupLeague vs カタール

まあまあ、そんなにいきりたたないの。エレガント、エスプリ、リズム、その結晶としての魔法のようなパスコンビネーション、美しかったじゃない。罠は潜んでいたけどね。次勝てばいい、しっかり、きっちりね。

AFC ASIAN CUP 2007 GroupLeague MatchDay1

Group B/Japan 1-1 Qatar @ My Dinh National Stadium/VIETNAM
Japan:61'N.Takahara Qatar:88'S.Quintana

AFC AsianCup Official

日本代表スタメン:GK川口能活、DF加地亮、阿部勇樹、中澤佑二、今野泰幸、MF鈴木啓太、中村憲剛(→82'橋本英郎)、中村俊輔、遠藤保仁、山岸智(→74'羽生直剛)、FW高原直泰

カタールスタメン:GKM.サクル、DFメシャル、S.アルシャマリ、モスタファ、ハマド(→46'シディーク)、MFタラル、A.オバイド、ウェサム、H.ヤセル(90'+2'一発赤)、ワリード(→66'アデル)、FWキンタナ

いよいよ開幕を迎えたアジアカップ、ディフェンディングチャンピオンである日本は大会三日目の登場。このベトナムの地、やはり暑いようで36℃、直前にはスコールが降ったとのことで湿度も上がりそうだというのが気になる要素か。

そんな中でのスタメン、日本代表の方は報道通り高原直泰を1トップに俊輔が右、ヤットが中央、左に山岸というアタッカー陣を並べる4-2-3-1。しかし、左サイドバックに入ると目されていた駒野が足首を痛めたことで欠場を余儀なくされ、代わりには今野が勤めることに。相手のカタールはエースと目されていたアタッカーがこの大会では不在との事だが、ウルグアイ出身のキンタナを代表に帰化選手の高い能力は気になるところ。

-----------------------

試合展開

低めのライン設定で4-4のブロックを組んで待ち受けるカタールに対して、ピッチ状況を確かめるかの如くボールを動かしながら、攻め手を伺うという落ち着いた立ち上がりとなった日本代表。しかし、序盤こそ安定したポゼッションを見せていたモノの、相手を揺さぶるようなアクションがなかなか生まれなかったり、ボール扱いへの戸惑いが孕んでいるところに玉際激しくこられて軽率にロストしてしまうなど、やはりある程度普段通りとはいかないか。

リズムは握りながらも、引いた相手に対してなかなかチャンスを生み出せないもどかしい流れだったが日本の守備はアクティブに囲い込むなど高い機能性を見せる。しかし、高い能力を持つと噂されていたキンタナがパワフルなドリブルでエンドライン際から強引に突破に図って佑二を転がしたり、激しいチャージでのボール奪取アクションから一気に切り替えてのカウンターも顔を出し始めるなど牙をむき始め、いよいよ本番という感も高まり始める。

個々の突破意欲が高まったりとリズムが出てきたカタールに対し、どうもこの新しいシステムがうまく嵌っていないのか、流れを生み出せない日本。相手の能力を前面に押し出した突破にファールがかさみ始め、そのFKから鋭く襲われるなど、序盤の余裕は完全になくなってしまっていた感もあったが、それでも中村憲剛、遠藤保仁、中村俊輔という日本が誇るエレガントなプレーヤー達が流れを変える。3人がポジションチェンジを始めながらボールが動き始めると、バイタルで前を向くような形が生まれ始めてチャンスを創造。中村憲剛から山岸に入ってヤットとのワンツーで左サイドを崩すと、最後は中にポジションを獲っていた俊輔へ繋がりフィニッシュを導き出す(相手ブロックに凌がれる)というプレーを呼び水に、俊輔が開いたバイタルで楔を収めてターンしたところから後ろから追い越したヤットへ繋がって、最後は加地のランニングを活かしたり(クロスは相手ディフェンスに掛かる)、中村憲剛の楔にヤットのスルーを絡めて中に入ってきていた俊輔に繋がって最後は加地へスルーパスを通そうとしたり(これはディフェンスの抵抗に凌がれる)と、これまでの閉塞的な空気が変わったように感じられた。しかし、空気は変わっても、ゴールを呼ぶ風は起きず。前半はスコアレスで折り返す事に。

ハーフタイムのタイミングでカタールは一枚目の交代、右サイドのハマドに代えてシディークが入る。そのシディークが核となる形で開始早々からカタールが積極的に入ってきたが、バックラインでしっかりと対応、逆に日本も高い位置から追い始めて、互いに先制点を狙う意識を高く持って入った後半の立ち上がり。どちらも速い切り替えからの攻撃を見いだす中で山岸にチャンスが訪れる。憲剛→俊輔と繋がって左サイドに展開されると、今野は右足でアウトスイングのアーリークロス。これに高原が競り合いで上回って、素晴らしい落としをすると、この落としに合わせたのが山岸!完全にフリーの状態でダイレクトボレーとゴールを陥れたかに見えたが、シュートは枠を越えてしまう。ボールの流れ、精度の高いクロスと高原の強さ、そして山岸のラン、全てが揃っていたプレーだっただけに決めたかったところか。

すると、エレガントなプレーヤーのアイデアとテンポがカタールを上回りはじめ、そしてその流れが待ち望んだ瞬間を導き出す。大きなサイドチェンジを絡めた展開の中で、俊輔の溜めたところから中村憲剛が走り込んでボールを受けると、憲剛はすぐさまDFの合間を縫うスルーパス、そしてそのスルーパスに今野が反応し素晴らしいアウトサイドでのクロスボールを供給。これがファーに待ち受けていた高原へ!少々後ろに戻る形だったが体を反転するような形ですぱっと合わせて先制点!お見事な流れ、俊輔の方向転換が相手を欺き、憲剛の優しいスルーパスが裏をえぐる、今野の素晴らしいアウトサイドでのクロスは精度を伴って、高原がストライカーらしくしっかりと決めてくれた。特に高原の集中力は素晴らしい、この試合初めてと言っていいシュートチャンスをしっかり沈める。いやいや、参った。

ボールを回され続けて疲労感漂うカタールの動きが鈍くなる中で、トドメを差したい日本だったが、危ういミスから危険なピンチも。そこは鈴木啓太の質の高いカバーもあって事なきを得たが、このピンチの原因となった高原に爺ちゃんおかんむり。その後も惜しいチャンスを作りながら(俊輔→ヤット→高原→ヤットという浮き球的ダイレクト崩し、この日再三見せた俊輔・ヤット・憲剛のトライアングルダイレクトからの綺麗な繋ぎで最後はファーに逃げた高原へクロスなど)、少々危うい繋ぎからピンチを迎えるなど、どうもふっきれない。

ミスが起きている事、相手が前への圧力を増やした事などを鑑みてか、オシムたんは中村憲剛から橋本へスイッチ。リスクマネジメントを重視した交代でゲームをクローズに掛かる。しかし、一瞬の隙、裏に出された曖昧なボール、しっかりと阿部がコースを切り、能活が飛び出し、盤石と思われた中でキンタナが猛然とボールを追うと、体を入れたディフェンスがファールを取られてボックス間際でのFKを与えてしまう。そしてこのFK、この試合鋭いキックが続いていたキンタナの右足が火を噴いた!壁の間をすり抜けて伸び上がっていくボールは一瞬のうちにゴールに突き刺さり、能活も為す術なし。残り数分と言うところでゲームは振り出しに戻ってしまう。

追いつかれた日本は、最後の攻勢。俊輔の素晴らしいダイレクトスルーパスに羽生が回り込むようなこれまた素晴らしいランニングで裏をとる。寄せられながらも前に入ってそのまま羽生はフィニッシュ!巻き込むようなシュートは枠に向かったが、僅かに外……。この後、退場、退席と色々な出来事がありながらスコアが動く事はなく、ディフェンディングチャンピオンの船出は引き分けスタートとなった。勝ちがないという対カタール戦のジンクスは破れず。

-----------------------

こういう気候の中でボールを沢山走らせて相手を疲弊させ、エレガントなプレーヤー達が波を作り、引いた相手に対してもチャンスも作っていた事を考えれば、悪いゲームではなかった。追加点を取れなかった事、エアポケットのような集中力の欠如という事故の原因、これらは反省点だけど、ね。

もしかしたら違和感を感じる人もいるかも知れない。今まで見せていたようなアグレッシブかつダイナミックなサッカーではなく、緩やかなリズムの中でのポゼッションサッカーだったからね。ただ、この気候の中ではベターな選択だったと思う。もちろんもう少し揺さぶるようなランニングを中心に、直接的な脅威が足りない側面は否めないし、足元に不安のある選手の存在自体がリスクになる部分もある。ただ、僕は嫌いじゃないよ、優雅なボールムーブにエスプリの効いたアイデアにテンポの変化を加えて連鎖していく様はとてもエレガント。まあ、勝てるかどうかは別にして、ね。

しかし、このゲーム見ちゃうと、也パリオシムたんはエレガントなフットボールにより造詣を深めているんじゃないかと感じてしまう……、もちろんあくまでも彼の中心にあるのはダイナミックでアグレッシブなフットボールだとは思うのだけど。

まあ、引き分けで悲観論や警鐘を鳴らす必要もあるけど、このゲームに関しては「こういうゲームもある」って事で片づけても良いと思う。だって、あれ、ダイブだし。正当なディフェンスだもん。ま、次、しっかり勝てば何の問題もないよ。そんなに簡単でもないかも知れないけど、日本はそんなに弱くない、それも又、事実だからね。大丈夫、大丈夫。

-----------------------

*選手評は追記予定……。これは少し厳しめに書くつもりなので。

-----------------------

と言う事で取り急ぎ。しかし、俊輔・ヤット・憲剛のトライアングルは美しかったナー。久々に魅了されちまった。あのサッカーを見てワクワクしないなんて、損してるよ。ま、上で出来るかどうかは置いておいて(←え?)ということで、ここまで。

-----------------------

*はてさて、ナビもやらなきゃね。どうもあの試合は思い出したくないんだよなー。でもやるよ、その代わりマイクはスルーかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 09, 2007

アジアカップに向けて思う事。

リーグ戦が一段落付いたと思ったら、すぐにワールドユースにアジアカップ、サッカーカレンダーは待ってくれないですな。と言う事で、開幕を間近に控えたアジアカップのメンバー雑感、そして大会に期待する事などを徒然と。

AFC ASIAN CUP 2007 日本代表メンバー

監督:イビチャ・オシム
コーチ:大熊清
コーチ:反町康治
コーチ:小倉勉
GKコーチ:加藤好男

GK:
1/川口能活(ジュビロ)
18/楢崎正剛(グランパス)
23/川島永嗣(フロンターレ)

DF:
3/駒野友一(サンフレッチェ)
5/坪井慶介(レッズ)
21/加地亮(ガンバ)
22/中澤佑二(Fマリノス)

MF:
2/今野泰幸(FC東京)
6/阿部勇樹(レッズ)
7/遠藤保仁(ガンバ)
8/羽生直剛(ジェフ)
9/山岸智(ジェフ)
10/中村俊輔(セルティック・グラズゴー/SCO)
13/鈴木啓太(レッズ)
14/中村憲剛(フロンターレ)
15/水野晃樹(ジェフ)
24/橋本英郎(ガンバ)
28/太田吉彰(ジュビロ)
29/伊野波雅彦(FC東京)追加招集

FW:
11/佐藤寿人(サンフレッチェ)
12/巻誠一郎(ジェフ)
19/高原直泰(アイントラハト・フランクフルト/GER)
20/矢野貴章(アルビレックス)
25/播戸竜二(ガンバ)負傷離脱

Schdule:

GroupStage/
7/9(Mon) 17:20/vs Qatar @ My Dinh National Stadium/VIETNAM
7/13(Fri) 20:35/vs UAE @ My Dinh National Stadium/VIETNAM
7/16(Mon) 17:20/vs Vietnam My Dinh National Stadium/VIETNAM

Tournament/

1st Place
QF:7/21(Sat) 17:20/vs A2 @ My Dinh National Stadium/VIETNAM
SF:7/25(Wed) 20:20/ @ My Dinh National Stadium/VIETNAM

2nd Place
QF:7/21(Sat) 20:20/vs A1 @ Rajamangala Stadium/THAILAND
SF:7/25(Wed) 18:20/ @ National Stadium Bukit Jalil/MALAYSIA

Final/
7/29(Sun) 19:35/ @ Gelora Bung Karno Stadium/INDONESIA

JFA

発足して1年たらずとはいえ、リーグで出してきたパフォーマンスはもちろんの事、その中で監督の標榜する方向性へのフィット、戦術理解・表現力、そして個々の技術、ポテンシャル……様々な側面から比較検証された上で選ばれたメンバーを見てのパッと見の感想は「選択肢の多さ」という部分かなーと。

MF/エレガントにパスを紡いで攻撃を形どるプレーヤー→中村俊輔、中村憲剛、遠藤保仁

MF/ダイナミックなランニングで攻撃を活性化させるプレーヤー→羽生直剛、山岸智

MF/アウトサイドを持ち得るスピードと突破力で局面を打開できるプレーヤー→太田吉彰、水野晃樹

FW/ポスト、突破、飛び込みとマルチに高い能力を見せ得点能力も高いストライカー→高原直泰

FW/サイズがありながらエネルギッシュに働けるストライカー→巻誠一郎、矢野貴章

FW/鋭い動き出しと得点感覚を武器に虎視眈々とゴールを狙うストライカー→佐藤寿人

これまでだと、基本的なシステムに当てはめるようにレギュラーとサブと言った形で各ポジションに2人ずつの選手を選んでいって、不測の事態にも対応できるような選考というのがスタンダードだと思うのだけど、今回の場合後ろの枚数を極端に裂き(だからこそ、ポリバレントな役割をこなせる選手を重用していたのかも知れない。複数ポジションのバックアップを任せられることでディフェンシブなポジションのバックアッパーの人数を節約できる)、より特徴的なプレーが出来る選手を揃えて、相手の分析結果に対応できるだけの幅を得た。より試合で戦う事に特化した構成になっているのではないかなーと。

対戦相手の特徴は千差万別、過酷な環境でのプレーを強いられる事が予測される中で、それに対応しうるだけの幅の広さ。これだけの選択肢を持ってコンペティションに挑もうとしているのは改めて、口では予防線を張りながら(まあ恣意的な意味もあるのだろうけど)「爺ちゃん、本気だな」と感じてしまう、このツンデレが。

*まあ少し気になるのはトップに速い選手がいない事(巻か矢野の代わりに杉本辺りを入れても良かったんじゃないかナー。あくまでも特徴的な側面で)。前回大会を見ても速いアタッカーの有効性は明らか。試合終盤になればなるほど、気候的な要素も影響してか、バランスを崩し、スペースを与えてしまうチームが多かった。そういうスペースを突ける人材として、彼はとても有用だった気がするけどね。玉ちゃんみたいに、玉ちゃんみたいに←とりあえず2回言ってみた。)播戸をそう捉えていたのかな?裏を取るのが非常にうまいからそれもありだったんだけど。

-----------------------

で、本題。

僕が今大会最も日本代表に期待する事は、「力を発揮する事」ということ。
ちなみに先に書いちゃうけど、力を発揮できれば結果云々は問わない、とか、負けてもイイ、なんてことではないです。

このチームのサッカーは様々なコンディションに揺さぶられるサッカーであると思う。アグレッシブかつダイナミックなプレーをするためには非常に多くの運動量を求められると言う面で選手達のフィジカルコンディション、温度・湿度、そして雨などの気候的なコンディションの影響も小さくない、テンポ良くボールを動かすというプレーを好むという面ではピッチコンディションも重要な要素。実際、こういったコンディションの影響に揺さぶられた結果、バンガロールでのインド戦とか、サナアでのイエメン戦、そしてジェッダでのサウジ戦など、環境面にアジャストできずに「軟弱」なチームに成り下がっていたことは記憶に新しいところだろう。

ただ、そんな言い訳が一切通用しない舞台はすぐにやってきてしまう。ワールドカップ予選の半分はアウェーで行われるのだから。その前に「苛烈」な環境でのゲームが予測されるこの舞台でこの悪癖を克服して欲しいなと。だからこそ、「力を発揮する」というものに期待をしたい。

ま、目指すべき所としては当然、優勝でしょ。若いチームで経験の浅い部分もあるし、上記の環境的な不安(アジャスト含めて)、準備期間の短さなど懸念されるポイントは少なくないけれど、周辺国を見ても対して変わらないと思う。チーム作りの核と目されていたパク・チソンやイ・ヨンピョ不在で未だに視点の定まらないライバル韓国、ドイツを中心に欧州で活躍するタレント軍団も1シーズン戦った疲労は小さくないはずなイラン、高いポテンシャルも目線は完全にオリンピックモードの中国、相変わらずの情勢不安で監督交代間もないサウジアラビア、そしてアジアでは絶対的なタレントを誇るもアジア初心者で尚かつその番頭を失った影響は計り知れないオーストラリア。どう考えても日本がちゃんと力を発揮できれば勝てる相手だと思う。予防線を張っている爺ちゃんには悪いけど、王者にふさわしいパフォーマンスでしっかりと結果を出して欲しい。

ノルマ?だからアジアに置いて負けてたら世界なんて目指せないんだから優勝に決まってるじゃん。優勝できなかったら爺ちゃんはFマリノスの監t)ry
*だって爺ちゃんはあれだけ毎回日産に来てるわけだし、Fマリノスの悪口イイながらも好きな事ばれちゃってるんだから、もうベンチに毎回座っちゃえばいいじゃん?マリノスタウンも良いところだよー?

-----------------------

最後はネタみたいになってしまいましたが、とにもかくにもオシムジャパンにとっては初めてのコンペティション。チームのパフォーマンスはもちろん、オシムたんの傭兵術、ライバルとの差を見極める意味では最高の舞台のはず。しっかりとアジアに順応してほしいなと。ま、結果云々は余り気にしていないけど、環境面をエクスキューズにする事だけは勘弁して欲しいかな。相手も同じだし。とにもかくにも頑張れ、超頑張れ。ということでここまで。

-----------------------

*佑二は普通にやればハシェミアンだろうと、ビドゥカだろうと、イ・ドングクだろうと、アル・カフタニだろうと、抑えるので普通にやって下さい。ただ、怪我したら協会訴えてやる。俊輔はしっかりと自分の立場を確立して欲しいな、爺ちゃんに「君に吐いてもらわないと困る」と言わせるぐらい。ま、本音を言えばあんまり無理して疲労困憊になってもらっても困るんだけど……。

*追々順番が違うだろうって?僕に日曜日などなかった。今週はイイ週になると良いなー(遠い目)嘘です、ユースの試合は凄い熱かった。正直泣けた。又一歩、深みにはまった気がする。ま、トップもユースもどうするかは未定。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 08, 2007

連勝!突破!@U-20 WORLDCUP GroupLeague vs コスタリカ

00024224b_1

連勝!突破!リーグで培ってきたモノ、そして大会で得た勢い、全て嘘じゃない、さあ、勢いノってけ!

U-20 WORLD CUP CANADA2007 GroupStage

Group F/Japan 1-0 CostaRica @ Royal Athletic Park,VICTORIA
Japan:67'A.Tanaka

Sports Navi

U-20日本代表スタメン:GK林彰宏、DF内田篤人"バンビの苦悩"、槙野智章"赤トサカの幸運"、福元洋平"しっかり!しっかり!"、安田理大、MF青山隼、柏木陽介(→90'森重真人)、田中亜土夢"値千金の連続性"(→80'藤田征也)、梅崎司"決定機を生み出す特別な男"、FW河原和寿(→76'青木孝太)、森島康仁

初戦はノリで欧州予選2位のスコットランドを飲み込んだ"ビリー世代"なユース代表。これまでの閉塞感が嘘のような躍動的なフットボールを見せたことは正直驚きもあるが、リーグで見せる高い能力を考えればそれがフロックではない事も又事実。初戦で得た勢いそのまま、スタメンもそのまま、一気にグループリーグ突破を決めたいところ(じゃなきゃ、ディフェンディングチャンピオンであり、若年層代表では絶対的な強さを発揮するナイジェリアとのゲームにグループリーグ通過を委ねなければならなくなってしまうし)

そんな2戦目の相手は、この世代のチャンピオン・メキシコの後を追う、中南米の雄コスタリカ。中南米独特のテンポとテクニックに融合するゾーンディフェンスはナイジェリア相手にも真っ向から組み合って良い勝負、日本にとっては掴みづらい敵か。

-----------------------

試合展開

どちらも相手を見極めながらも、自分たちの持ち味を出そうとする立ち上がり。コスタリカは真面目なゾーンによる守備から持ち得る技術を発揮して局面打開をすることを狙い、日本は守備では局面での粘り強い応対と機を見たパッキング、攻撃では早いサポートとテンポの良いボールムーブという機動力を活かしてのプレーを目論む。そんな力比べで序盤は拮抗。その中での初めての得点機はコスタリカに生まれる。シンプルに右サイドに深い位置に使われる事で深い位置に起点を作られると、一度戻された後にふわっとしたボールをボックス内へ。このボールが変化した事もあって対応を誤ってしまうと、ペレス(右サイドの中盤)がダイヤゴナルにボックス内に走り込んでを御しながらボールを収めて、近距離からのシュートへ繋げる。このシュートは林の対応をすり抜け、ゴールに向かうものの僅かに枠をそれたことで助かったが、改めてコスタリカの選手達の持ち得る技術と巧さに危機感を感じたシーンか。

このチャンスから流れはコスタリカに。4-4ゾーンに対して手をこまねき、突破口を見いだせない日本に対して、ポゼッションを支配すると、サイドに起点を作り、個々の技術と積極的なサイドバックの上がりを活かして日本を押し込む。そんな流れに精神的にも御され始めたのか内田や安田にもミスが生まれるなど、余り芳しくない状態に。このチームの、いや、ここ最近の年代別代表の課題である「ペースを失ったときの対処、流れを引き戻す術」という部分が問われた。

ただ、その中で光ったのは日本の運動量と森島のポスト、そして勇気だった。勤勉に走る事でスペースを埋め、又パッキングを仕掛けて相手の攻撃を凌ぐ、森島が相手のプレッシャーに屈せずにポストワーカーとしてボールを収める事で起点を作り、そこにサポートしてサイドに展開という形で攻撃を形どる。その土台を支えたのはディフェンスライン。裏をシンプルに狙ってくるアタックに対してずるずるラインを下げず我慢することでコンパクトな距離を保ち、柏木や内田の押し上げを後押し。こうして劣勢をはね返すと、終了間際には田中亜土夢が機転の効いたターンからフィニッシュを見せるなど、後半に向けての希望を繋げた。

後半に入ると一進一退。比較的オープンな展開になる中で両チームのアタッカーがゴールに近づく。疲労と言うよりも、どちらも積極的に前に出た結果として、後方のスペースが生まれ、そこを付き合った結果としてのオープンな流れと言えるか。その中で日本の日本らしいプレーがゲームを突き動かす。

右サイド高い位置でボールを収めた田中亜土夢が森島へ楔を入れると、森島はすぐさま左サイドへ展開、これが梅崎に渡ってボックス内に突入。深い位置まで切れ込んで鋭い低いクロスを供給すると、ファーに飛び込んだのは楔を入れた田中亜土夢!フリーでこのクロスにインパクト!しっかりとゴールに突き刺して日本が先制点を奪った!楔→ポスト→局面打開→フィニッシュという綺麗な流れを表現したプレー、森島のテンポの良い裁き、それを可能にした梅崎の速い動き出しと精度の高いクロス、そしてひとつのプレーで終わらずにしっかりとゴール前まで入ってきていた田中亜土夢、良いプレーだよ、素晴らしいよ。そして、くだらない人種に怒られた事で封印されたビリーパフォーマンスの代わりに表現されたモノはサムライ的なパフォーマンス。うーん、やっぱりビリー&ウェズレイがいいなー、勢いがあるし。

これでリードを奪った日本だったが、この後は厳しい展開。前線の選手をフレッシュにしてきてビハインドを取り返そうとするコスタリカの攻勢に晒される事に。福元、内田の裏への対応の甘さもあって危ういシーンが生まれたり、一つ一つの軽いプレーが自分たちの首を絞める事に。しかし、それでも水際で何とか踏みとどまり、ロスタイムのCKからの危ういピンチも林の正面でしっかりとセービング。長いロスタイムを経て無失点でゲームを締めて、グループリーグ2連勝!(歴史初)早々にグループリーグ突破を決めた。

-----------------------

まー、コスタリカのゾーンディフェンスやらテクニックに少々苦労してたけど、それでも我慢しながらチャンスと見るや前に出てゴールを狙いに行ってた事を考えても、全然腰は引けてない。こういう姿勢が続いているのが何よりだね。2連勝が今までないというのは少々驚きだけど(ま、ナイジェ世代も初戦やられてるからねー)、すっきり決めて、決勝トーナメントに向けてコンディションを整えて望める事を含めて、凄い価値のある勝利だった。

実力的にはかなり拮抗していて、どっちに転んでもおかしくないゲームだと思うし、どっちかっていったらコスタリカの方が良いパフォーマンスをしていたと思うので(日本は小さいにしても細かいミスが目立った)運に恵まれた側面もあると思うのだけど、それでも勝てた事を考えれば、日本に風は吹きつつある、短期トーナメントを考えればそれも又意味のある事。

ま、プレーディティールに関しては色々言いたい事はあるけれど、(福元を中心に妙に見切りが早い事で無駄にピンチを招いてしまった事とか、2トップの距離感とゾーンディフェンスの中での存在証明とか(動き出し、と言えるかな)、決め打ち的なサイドバックのポジショニングとか(内田の位置は高すぎる、ポジティブな要素でもあるのだけど(起点になれていたし)走れる選手なのだから後ろからタイミングを見て上がって欲しかったかな)、その他様々なリスクフルな細かいミス)、ま、勝ったからいいや。この勝利が選手達には更なる自身になると思うし、良い経験にもなっているはず。振り返るのは今じゃなくていいよ。今は、この勢いに思いっきり乗って欲しい。

-----------------------

もう既に今日か、ナイジェリア戦。疲労も気になるこれまでのスタメンから大幅にメンバーを変えて望むみたいでこれまた楽しみ、マイククルー?とにもかくにも彼らにとっても大きなチャンス、ナイジェは強いけど、しっかりと挑んで何かを掴み取って欲しいな(僕はリアルタイムでは見れないけど)とにもかくにもチャレンジ、だよ。びびっちゃだめだよ!頑張れ、超頑張れ。と言う事で今日はここまで、アトムわっしょい!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 04, 2007

覚醒のお家芸@J1 第18節 トリニータ vs Fマリノス

ようやく、ようやくのお家芸炸裂!欲しいところで一発、苦しいところでの一発、どんどん重要性を持つセットプレー解放はイイ傾向だよね、うんうん、やっぱりキモチイイ!

2007 J.League Division1 第18節

トリニータ 0-3 Fマリノス @ 九州石油ドーム"ビッグアイ"「覚醒のお家芸」
F.Marinos:35'河合竜二 68'中澤佑二 83'山瀬功治

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也"強行"、DF田中隼磨"走る男の真骨頂"、中澤佑二"盤石!爆発!"、松田直樹"祝・J300試合出場!祝・3試合連続完封!"、小宮山尊信"安定のルーキー"、MF河合竜二"スーペル竜二様"、吉田孝行"凱旋弾はならずとも"(→85'狩野健太)、山瀬幸宏"スペースでドリブル復活"、山瀬功治"仕上げはエース"、FW坂田大輔"活かされないスピード、遠いゴール"(→78'斉藤陽介"チャンスだったのにー")、大島秀夫"演出の男、次は主役で"(→86'栗原勇蔵"誰もが驚く最前線")

トリニータスタメン:GK下川誠吾"西川君を戻すべき"、DF上本大海、三木隆司、藤田義明、MFジュニオール・マラニョン、西山哲平、高橋大輔、梅田高志、金崎夢生(→81'山崎雅人"頑張ってるか?")、FW前田俊介"なんだよ、90分見せろよ"(→46'松橋章太)、セルジーニョ(→46'高松大樹)

九州に行ったことがない人間にとっては想像しがたい部分もあるけれど、幸いにも屋根は空いていたビッグアイもとい九州石油ドーム。それでも湿気は70パーセント越えと蒸し暑さは全国共通か。Fマリノスはここ数戦守備は安定してきたモノのゴールには見放されドロー沼、トリニータの方は怪我人続出で勝ち点自体から見放される。どちらもサッカーの神様には少々見放され気味か。

その中でまず気になったのが、怪我人続出な上にワールドユース組の離脱が重なったトリニータのスタメン。深谷が怪我、福元が離脱と頭数の足りないCBにはボランチの藤田を下げる選択、その空いたボランチには西山を起用してジュニオール・マラニョンとのコンビ。本調子ではないのかなかなかスタメンに戻れない根本の不在(ベンチ)で空く左サイドのセレクトは金崎ではなく梅田、金崎は本来のセンターに戻る形で梅崎不在の穴を埋める。トップはまだ調子の上がらない昨シーズンの不動の2トップではなく前俊とセルジーニョ。対するFマリノスは様々な報道もなされていたが、久々に現状のフルメンバー。大島の復帰で前線でのためが復活するのは大きいか。又、この試合で我らが将軍様、松田直樹がJ1通算300試合を達成。

-----------------------

試合展開

前回の対戦を踏襲せずに落ち着いた形でゲームに入ったFマリノスに対し、序盤こそトリニータが積極的にゲームに入ったが、時間と共に積極的な両サイドバックの攻撃参加を活かす形でFマリノスがペースを握る。オーシへの楔がしっかりと収まり、高い位置への起点にサポートアクション→ダイナミズムアクションと言った形でボールが流れるなど、スムーズな攻撃構築を見せてトリニータゴールに迫るシーンが多くなる。しかし、スムーズな攻撃構築が嘘のように最後の所ではアイデア・精度不足が響く。大概は薄い中にアウトサイドから余り可能性の感じないクロスが放り込まれてははね返されてしまうという形が繰り返され、リズムを握りながらもなかなか先制点には至らない。

しかし、守備は盤石。前線からのハイテンションなプレスこそ見られないモノの、中盤ディフェンスは機を見たパッキングや穴を空けないアプローチで相手の攻撃の勢いを削ぎ、センターバックは前俊・セルジーニョに対して厳しくアプローチを掛けて前を向かせず、これで相手の攻撃を封殺。危ういバランスになるシーンも時折見られたが、慌てず騒がず局面をしっかりと抑えることで大きな騒ぎにはせず。守備の安定がペースを握ることに大きな役割。

完全にゲームを掌握しながらもゴールだけが足りないまま時間は進み残り10分、暑さも考えれば先制点が欲しいという気持ちが高まる中で、ようやくFマリノスに待ちこがれた瞬間が訪れる。右サイドからのCK、功治の鋭いアウトスイングのボールにニアでオーシが反応。擦らすような形でファーに流すと、待ちかまえていた河合がフリーの状態でしっかりとインサイドで押し込む!ずばっと決まって先・制・点!今シーズン、全く決まらなかった合わせるセットプレーは91本目にしてようやく炸裂した。流れを掌握した中で結果に繋げたという意味でも、大きな意味を持つ得点か。河合は今期2点目、トリニータキラー。

その後も、オーシがワシントンばりにボックス内で長い時間キープして功治のシュートを引き出すなど、チャンスを作り出したまま前半終了。ほとんどチャンスらしいチャンスを作れなかった惨状を見てか、シャムスカはこのタイミングで2トップ入れ替えを敢行。昨シーズンの躍進を支えた高松・松橋コンビに後半の巻き返しを託すことに。

そして、その二人がその期待に応える。高松がハイボールで競り合うことで簡単にはね返すことをさせず、松橋が機動力を活かしてスペースへのランニングやセカンドボールのピックアップをする。これで劣勢を挽回し、反撃開始の狼煙が上がる。セットプレーから金崎のヘッド、右サイドから藤田のクロスに高松のヘッドとチャンスも作る。しかし、押し込まれてもそこは歴戦のFマリノスディフェンス陣、最後の所ではしっかりと抑えて、水際での厳しい対応でゴールを許さない。

少々劣勢の状況の中でFマリノスも大きく与えられたスペースを活かして追加点を狙うが、スムーズなカウンターへの移行、相変わらずの最後の崩しでのアイデア・精度不足により、思惑通りにゲームを運べない。しかし、呪縛の解けたセットプレーが追加点を生む。今度は左サイドから幸宏の左足。アウトスイングの高い弾道のボールに対して佑二がステップバックしながらヘッド、ふんわりとしたボールがゴールに向かうとそのボールに対して河合が詰めてきた!そのアクションに惑わされる形で下川はストップできず。緩やかにゴールに吸い込まれて待望の追加点!佑二と竜二で触った?触ってない?みたいな微笑ましいやりとりが交わされる、それもそのはず、佑二は今シーズン初ゴール。ゲームの趨勢を考える意味でも、大きな意味を持つゴールだった。

これで、勢いを取り戻したFマリノスは、守備で奮闘。暑さもあって疲労もある中でサボらないアプローチでしっかりと攻撃に蓋、フィルターさえ掛かれば河合がバイタルエリアで何度もボール奪取し、二人のセンターバックが漏れてきた所をシャットアウト。ボールを奪えば、疲れ知らずの隼磨が右サイドを疾走して何度も攻撃に絡む。その中でなかなかイイ流れに乗りきれない坂田に代えて陽介が入るとカウンターにも怖さが出てきて、そしてだめ押し。陽介が右サイドスペースに出てクロス、一度ははね返されるモノのそのこぼれを長い距離を走ってきた隼磨がフォローしてエンドライン際からマイナスの折り返し、これが功治に収まり、グラウンダーのシュート!これは下川に凌がれるが自らそのリフレクションを拾うと、今度は冷静に右足で右隅に沈めて3点目!隼磨の素晴らしいランニングからクロスにアシストが付かないのが残念だけど、そこはエース、冷静に決めてくれた。功治は今シーズン7点目、自らの最高ゴール数をこの時点で更新。

この後、勇蔵FWというネタや久々の将軍様オーバーラップなどもあったが、ゲームは動かず(健太は吹っ切れないナー)ゴール欠乏症に苦しむ同士のゲームは、呪縛を解かれたFマリノスに軍配。ナビスコ準々決勝、そしてダービーに向けて弾みのつく勝利か。トリニータは自動降格圏のまま、中断期間に入る。

-----------------------

やっと、やっと、だね!セットでのゴール!こういう勝ち方はチームに勢いを与えるだろうし、今後を考える意味でもとてもポジティブだねー。守備が非常に充実していて失点を最小限に抑える事が出来るようになっているだけに、流れの中で獲れなくてもセットで獲れればゲームを攫うことも出来るようになればポジティブな循環も生まれるんじゃないかと。勝ちが続けば選手達は自信を持つ。自信のついた選手達は好パフォーマンスを持続する。そしてそれがスタンダードとなり成長となる……、ってそんな簡単じゃないだろうけど。

ここまで獲れていなかった理由を考えると、根本的に功治や幸宏のキックの質が悪かったという事が大きかったと思うのだけど、チームとしても工夫なく、「強い」と言う事に慢心してしまっていた事も問題だったかな。今まで、ドンピシャ!というセットをイメージするようなプレーを常に考えていた感があったのだけど、それにはキックの精度やタイミング、マークを凌駕する強さ、全てがパーフェクトに揃わないと入らない訳で、それが今までは揃わなかった(前半の左サイドから功治が低いインスイングのキックにマツと坂田が合わせようとしたシーンとかはその典型)

ただ、このゲームでは少しの工夫が加わる事で難易度が下がり、ゴールに繋がったかなと。どこかに中継点を作る事でキックの精度を補い、又注意を引きつけるなどゴールの獲れる状況を作り出した。先制点はオーシがニアにタイミング良く入った事で、相手のファーへの警戒は完全に薄れた。2点目も結果として佑二のゴールになったけど、佑二がファーに逃げた事でゴールエリア中央で河合がフリーとなっていたのも、中継点を経たことによる効果。セットプレーは強さ=実効力と思われがちだけど、マークを外す工夫やアイデアと言う要素の方が重要。変に懲りすぎる必要もないけど、これからも様々な工夫をして、セットでのゴールを量産して欲しいな。

-----------------------

で、ゲームに関して。ゴール欠乏症に悩む攻撃面に注目があったと思うのだけど、Fマリノスの攻撃に関して言えば、相手がかなりスペースを与えてくれた事、そしてボールの動かし方と人の動き(しかも一度で切れずに連続して!)がリンクした事で攻撃構築という面では非常に良くできていたかなーと。大島の復帰で非常に楔が良く収まり、そこに合わせてサポート、その動きに連動してダイナミズムを付随させるという形が何度も表現できていたので、チームとして過程、狙いと言った部分を共有できていたのではないかなと。前節、4-4ゾーンにバイタルに管理人を置く大宮のディフェンスに完全に動きが止まってしまった事を考えれば、こういう綺麗なボールムーブをするための前提条件として「スペース」がまだまだ必要なのは明らかだけど、動きの質を維持し、タイミングを共有できれば、苦手としている引いてきてスペースを消してくる相手に対しても打開策となり得るかなーと。パスの隼磨のタイミングの良いランは◎あげたい、回数も多かったし、実効力も抜群、隼磨のランはFマリノスにとって大きなアドバンテージだったと思う。

ただ、ラストボール、フィニッシュに繋げるファーストタッチ、そしてシュートという部分の精度、そして崩しのアイデア等の部分では脆弱なところは相変わらずなだけにこれは今後の課題。技術的な部分に関してはもちろん根本的に沢山練習して欲しいのはもちろんなんだけど、より具体的なイメージを持つことであったり、意識を高く持って欲しいかな。どの位置にファーストタッチをするのか、フィニッシュをどういう過程でするのか、受け手の動きをイメージするか、小さな部分だけど、それが予測になるし、予測できていればイイ準備が出来て良いプレーになる。コンビネーションやアイデアは選手間の共有、とにもかくにも研鑽を続けるしかないかな。後は根気強く動き出すこと。やめたら閉塞感は突き破れない。ま、一朝一夕には行かないけれど、今のままでは絶対にだめなので、努力して欲しいな。

守備に関しては、相対的な要素もあるけれど、安定感を増している印象。やはり抜群のボール奪取力で相手のボールを狩りまくった河合、盤石の強さと安定感を見せる佑二、そして試合ごとにミスが減りトップフォームに近づくマツの中央のトライアングルの貢献度が大きいのだけど、チームとしてもしっかりとやるべきことをやっているからこそ、守備が安定してきているのかなと。高い位置から親の敵を討つかの如き執念を感じさせたハイプレッシングの頻度は減ったけれど、その分の運動量はオリジナルポジションへ戻ることであったり、勤勉なアプローチに使われている。そういう事を繰り返す事でブロックディフェンスは成立しているし、安定しているのかなーと。もう少し行っても良いと思うけど(ショートカウンターという部分を出す意味でも)、ま、安定しているし、こういう要素は継続したいね。

-----------------------

リーグはこれで中断。勝った事は嬉しいけど、まだまだシーズンを続く事を考えれば、この時期の過ごし方は大事だよね。ナビスコもあるけど、この時間を以下に有効に使えるのか、これからを考える意味でもとても大事。今まではこういう期間を上手に使えなかったのがFマリノスだけど、先を見据えてのシーズンだからこそ、こういう時期をうまく活かして更に上に登るようにして欲しいな。満足しません、辿り着くまでは。と言う事で今日はここまで。

-----------------------

*しかし、トリニータさんには今までの預けてた幸せ貯金を返してもらっている感じ。去年一昨年と嫌な思いさせられてたからねー(苦笑)ただ、これだけ大きく崩れるとは思ってなかった。それだけ、エジミウソンとトゥーリオの穴は大きいという事なのかな。彼らが守備に置ける気の利く動きをし、広いエリアをカバーし、攻撃の起点となり、ダイナミックな動きで変化まで付ける。これだけの仕事をこなしていた二人の穴だからね、簡単にはうまらないか。組織的に大きな穴を作らないことがこのチームの強さだと思うので、大きく穴を埋めるための補強というのが中断期間のファーストプライオリティかな。まだ行った事ないので、落ちないで欲しいな。行った人の話聞くと楽しいそうだし←邪

*ハーフシーズンレビューなんかもやろうかな。といいながらやらないのが僕クオリティ(苦笑)アジアカップもあるし、ナビスコもあるし、ユースも頬って置きっぱなし出し、今のままじゃ難しいかナー。ま、気が向いたら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 02, 2007

果敢なるスタート@U-20 WORLDCUP GroupLeague vs スコットランド

Photo_37

いやー、最高!やればこれくらい出来るんだよ。果敢に、積極的に、自分たちの能力を発揮できれば戦える。このゲーム、選手達にとって大きな自信になるよ、成長の糧になるよ。

U-20 WORLD CUP CANADA 2007 GroupStage

Group F/Japan 3-1 Scotland @ Royal Athletic Park,VICTORIA
Japan:43'Y.Morishima 57'T.Umesaki 79'J.Aoyama
Scotland:82'R.Campbell

Sports navi

U-20日本代表スタメン:GK林彰宏"絶大なる安定感"、DF内田篤人"躍動バンビ"、福元洋平"安心の素"、槙野智章"赤トサカの幸運"、安田理大"チャレンジングな金髪"、MF青山隼"脇役の大きな仕事"、柏木陽介"エースの仕事は次で"(→90'+2'森重真人)、田中亜土夢"確かな力"(→76'藤田征也)、梅崎司"へこたれない男の真価"、FW河原和寿"次は獲れる、必ず"(→68'青木孝太)、森島康仁"デカモリシ"

紆余曲折ありながら辿り着いたワールドユース。アジアでの厳しい戦い、トゥーロンで味わった世界のスタンダード、日々のJの舞台、経験値を積み上げて逞しくなった選手達がいかなる戦いを見せるのかは、楽しみでもあり、怖くもあり。

スタメンに目を移すと、日本は現状のベストメンバーとも言える11人。GKは日本代表にも選ばれ、五輪代表のゴールマウスも守った流通経済大の1年生・林彰宏。ディフェンスラインは右から高校生ルーキーとして開幕スタメンを飾ったのは今や昔、既に鹿島の右サイドバックとして完全にその立場を確立した内田篤人。センターバックに優秀なるサンフレッチェユース出身、ゴリの遺伝子を継ぐ赤い髪の槙野智章。シャムスカが見いだされて経験を積むディフェンスリーダー福元洋平。左は今シーズンシステム変更のチャンスを生かして常勝ガンバでポジションを掴んだ安田理大。アグレッシブな4バック。ボランチにはこのチームの秩序を担うグランパスの青山隼。そしてこのチームのエース、ミハイロ・ペトロビッチの寵愛を受けてその才能をこのチームで開花させた「プリンス」柏木陽介。右には機動力を好守に発揮するエネルギッシュな田中亜土夢、左はこのチームで最も注目を浴びてきたA代表キャップを持つ果敢なるドリブラー、フランス修行を経て帰ってきた梅崎司。トップには推進力・ポストワーク・高さという部分をパワフルにこなす日本の得点源"デカモリシ"森島康仁、そして高質なるボールのないところの動きは一級品、意外性もある"えなり"河原和寿。アジアユースから継続して作り上げられたチームで世界に挑む。

グループリーグの初戦、当然ながら非常に重要なゲーム。相手はU-19欧州選手権2位通過のスコットランド。

-----------------------

試合展開

初戦の緊張感を振り払うかのようにかなり積極的にゲームに入った若き日本代表。内田篤人、安田理大という両翼はリスクを恐れずにガンガン上がり、中盤のアタッカーも恐れを感じさせずにガンガン前に出る。この積極的な立ち上がりで一気にゲームペースを握ると、次々チャンスを作る。

柏木がボックス内で内田から楔を引き出して丁寧に落とし、もう一度内田篤人が後ろから走り込んでの綺麗な弾道のミドルで口火を切ると、左サイドからのCKで直接狙うようなプレーでGKを襲ったり、落として詰めるという形でセットでもゴールの匂い。梅崎が強烈にミドルを狙う。そして、このチームの得点源、森島康仁がポテンシャルの高さを見せつける。左サイドから上がってくるクロスに対して寄せられながらも高い打点で競り勝ったり、河原のファーへのクロスに流れながら強烈なボレーで相手ゴールを急襲。若さという勢いを感じさせるノリノリのプレーと言えるか。守備面でも強い体を持つ相手に対してしっかりと寄せ、囲い込み、局面で戦う事で殆ど相手に良い形での攻撃を許さず、良い形でゲームを進める事に成功した。

しかし、時間が立つにつれてスコットランドも固さがとれて、迫力あるフォアチェックで日本にプレッシャーを掛けはじめると、その圧力に屈する形で積極的なプレーが御されはじめてしまう。その中で一本のスルーパスでボックス内に進入を許し危ういシュートを打たれ(これは枠外)、柏木の横パスをかっさらわれてミドルを喰らったり、セットプレーの数が増え始めるなど、チャンスとしてもスコットランドに増え始める。しかし、そんな中で長いボールを使って起点を作り、梅崎が鋭い突破を見せたり、柏木が中央からエゴイスティックにミドルを狙うなど、精神的には折れず。そしてその姿勢が先制点を導き出す。

バックラインからのロングボールに対して、相手ディフェンスが目測を誤り後ろに流してしまうと、これに森島が反応してこのボールを追う。ただ、GKも飛び出して先にボールに入り大きくクリア……と、ここで森島の大きな体がそのクリアボールの進路を塞ぎ、これをブロック!ブロックしたボールは前に転がり、自らのこのこぼれ球をフォローした森島はがら空きのゴールに流し込んだ!先制点!!!森島良く追った!鳥肌立った!そしてゴールパフォーマンスにまでキレ!(みんなで集まってビリーダンス!そしてみんなでウェズレイごっこ)

前半リードして折り返す事になった日本に対し、スコットランドはアタッカーを一枚増やし、前への圧力を増してくる。しかし、日本の果敢な攻撃姿勢も衰えない。梅崎、河原、田中亜土夢と言った選手のキレはスコットランドの選手達の頭痛の種、そのイライラをラフプレーにぶつけなければ発散できないぐらいのモノ。そして、そのキレがスパーク。梅崎が中盤で横パスをカットすると一気に切り替えてショートカウンター。前には3枚が左・中・外と散開。そのアタッカー達に引っ張られる形で梅崎がフリーでアタッキングサードにボールを運ぶと、そのままミドルシュート!これがゴールキーパーの手をすり抜けてゴールに突き刺さる!電光石火の一発、イイカットから流麗なる突破アクションからのミドルシュートは本当にお見事、梅崎の積極性が実ったと言える。ただ、周囲のアタッカー達も梅崎が良いプレーを出来る素地を整えたと言えるか。前に走った事でディフェンスを引っ張り梅崎が良い状態でシュートまで持ち込めた。とにもかくにもイイゴール。そしてワンモアセッ!&ウェズレイ

2点ビハインドとなったスコットランドはなりふり構わない感じでハイボールをどんどん放り込んで押し込み、ゲームを壊しに掛かる。プレーもかなり激しくなり、無理矢理力ずくという感じか。しかし、日本も局面で良く戦い、鋭いカウンターからチャンスを作るなど(梅崎のグラウンダークロス→柏木ヒール→河原シュート)、メンタル的な逞しさを見せる。この辺は本番のテンションと掛ける気持ちの強さの成せる技。ここで日本は一枚目の交代、河原に代えてジェフの青木。カウンターのチャンスが増えてきた事を考えれば、スピードのあるアタッカーの投入(しかも突破型)は妥当。

互いに疲れが見え始める終盤、スコットランドは3枚のカードを使い切り、日本も田中亜土夢→コンサの藤田というカードを切る。日本には相変わらずカウンターからチャンスがある中で(柏木のカットからスルーパス!見事なパスからフリーとなっていた森島へ通り、森島1vs1もGKにセーブ)、とどめとなるミラクルミドル。この試合、影の役割となって中盤の秩序を担っていた青山がセカンドボールを拾うと、余裕を持って強烈なミドルシュート!これが相手に当たってコースが微妙に変わり、GKも防ぎきれず。いいよいいよ!素晴らしい。

この後、ちょっと集中が切れたのかマークのズレを突かれスルーパスから抜け出されて失点(林が一度は弾いたモノのセカンドを拾われて流し込まれた)したが、これで冷静さを取り戻したか、しっかりと時間を使いながら柏木→森重という交代を経てゲームをクローズ。最後は余計だったが、重要な初戦を素晴らしい形で飾り、最高のスタートを切った。

-----------------------

メンタルの脆さであったり、流れを明け渡した後の脆さなど、様々な脆さを抱えていたチームだったからかなり心配していたのだけど、勢い一気で乗り切っちゃったねー。若いって素晴らしい!

このゲームで最も良かったのは積極的な姿勢だよね。河原、田中亜土夢、柏木、内田に安田、そして梅崎と非常にキレのあるプレーヤー達が揃っていて、そんな彼らが臆することなく果敢に仕掛けた。そういう姿勢があったからこそ、これだけの勢いのあるプレーが出来たと思うし、抱えている脆さも何とか押さえつける事が出来たのかなーと。

もちろん、相対的な要素として相手が明らかに日本のクイックネス溢れるプレーヤー達に対応しきれていなかったというのもある。ただ、それを発揮したからこその結果であって、それに関して選手達の決断は非常に素晴らしかったかなーと。

で、3得点という結果を残した攻撃に関して。これまでは単調なアウトサイド攻撃に偏っていたけど、流動的なポジションチェンジや飛び出し、切り替えの速いカウンターなどサイドを崩すだけじゃない、非常にバリエーション豊かなプレーが出来ていたかなと。個々の特徴がリンクしてきた事も大きいし(レギュラー組に関しては)、積極的に仕掛ける姿勢さえ持っていればそれなりに結果が出るんじゃないかと過信したくなるぐらいの出来だったかなと。後は決めきる事だね。

守備に関しては、最後の失点……はさておき、局面で良く戦った事、精神的に後ろ向きにならなかった事がよかったかな。後半かなりラフに来て、それで萎縮しちゃったら厳しいかなと考えていたけど、避けずに戦い続けた事で粗い攻撃はしっかりと裁けていた。特に福元と槙野は良くできてたかな。中盤も終盤少し切り替えが遅れた事はあるにしても、よく走ってポジションに戻れていたから、その辺は継続してやっていきたいね。

とにもかくにも初戦勝利は超めでたい。2勝目も「ワンモアセッ!」でお願いします。

-----------------------

*選手評は簡単に。まずはなんと言っても梅崎かナー。もの凄いキレキレで相手をちんちんにしていたね。ボディフェイクやらキックフェイクなど、相手のタイミングをズラして、後はキレでずばっと行く。こういうのをイメージしてたのだろうけど、そこにコンディションの良さが伴っていた事で見事に嵌ったね。守備も頑張っていたし、運動量も多く、幅広い活動範囲で存在感を見せてくれた。まさに完全復活。ミドルシュートは彼の真骨頂かな。入ったシュートはコース、スピード共に抜群。1本目も惜しかった。

*そしてデカモリシ。んー、悔しいけど、イイ。あのチェイスは迫力もあったし彼の良さでもあるよね。でかいけど速い、前への推進力を持っている。ここはマイクとの差だよね。強さに置いてもスコットランドのディフェンスに対しても上回っていたし、足元も安定、この日の出来を文句付けるとしたら柏木の素晴らしいスルーパスを無駄にした事ぐらい。これで乗ってくれれば。

*それと、サイドバック。内田と安田、イイねー。彼らががんがん行った事でチームに勇気を与えたし、攻撃にリズムを作った。内田はシンプルなプレーとタイミングの良さ、安田は自ら突っかけての局面打開、互いに特徴は違うけど、イイアクセントになっていたし、日本の攻撃に置いてはアタッカー達が抑えられて苦しいときの拠り所となれるかも。最後まで走り切れた事も◎、守備もフィジカル的に厳しい状況はあるにしてもよく戦えていた(内田はセンスが良い)青山や両センターバックのサポートは必要だけど、これを続けて欲しいかな。日本のリズムを作るのはここかも。

*マイク頑張れ超頑張れ

-----------------------

速報気味なので誤字とかあるかも(いつもあるけど)、その辺はご了承くださいませ。次は……コスタリカ戦か、多分出来ないですが……なんとか勝ってくれる事を期待。とにかくキモチイイー、いい気分で一日過ごせそうです。ということでここまで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »