« 翼を巡るオーディション -日本代表、トレーニングキャンプメンバー発表によせて- | Main | 乖離@J1 第12節 Fマリノス vs FC東京 »

May 19, 2007

スカウティングレポート ver.FC東京

猛烈な前線からのプレッシングで息を吹き返した感のあるFマリノス、しかしリーグ戦に置いてはここの所1敗1分け。連戦の疲労による選手達の動きの鈍さも影響もあるが、シンプルなタクティクスに対して対応策を練られた結果、これまでのような機能性を示せなくなってしまっている。

そんな中で、迎えるFC東京戦、このまま再び仄暗い闇底に引きずり込まれるのか、ここで踏ん張って再び勢いを取り戻すのか、重要な一戦となる。と言うことで、さらっとFC東京をスカウティング。

-----------------------

・蘇った「らしさ」、蘇らせたのはルーカス -前節の快勝-

現状分析

10節終えて、たった2勝。福西やワンチョペと言った実績ある選手を加え、若年層代表にも名を連ねる才能ある選手達と融合させることで優勝を見据えながら、この低迷はサポーターの予想を裏切るシーズンとしてしまっているFC東京。狙いや方向性の見えないサッカー、起用法への疑問など、あれほど強かった監督との絆にも揺らぎが見え始めていた中で、11節になってようやく彼らは本質を捉えた。

ホーム味の素スタジアムに同じく低迷に苦しむジェフを迎えたゲーム。序盤は高い位置からプレッシングへの意識こそ感じさせるモノの、前線とディフェンスラインの連動に齟齬が生まれ、中盤に大きなスペースを与えてしまったことで危険なシーンを生み出されるなど、低迷の名残を感じさせた。しかし、切り替えの速さ、ボールホルダーへのアプローチの執念深さが徐々に表に出始めるとリズムを少しずつ引き寄せ、そこで生まれたスーパーゴール。自らの激しいディフェンスでボールを奪ってマイボールにした後のスローインの流れ、左サイドでボールを受けたルーカスは、対面の工藤を抜き去って、遠目の距離から右足を振り抜く!鋭い弾道は立石を問題にせず、右隅に突き刺さるスーパーゴール!余りに美しかったこのゴールだが、ゲームの趨勢はおろか、チームに蔓延する悪い流れを払拭する大きな大きなスーパーゴールだった。

このゴールで、プレッシングへの有効性と感じ取ったFC東京の選手達は更に激しい前線からのプレッシングでボールを奪い、早い切り替えからの鋭い縦方向への攻撃でジェフを急襲。どこか自信なさげな選手達は縦への勢いを取り戻したことで水を得た魚の様に生き返る。そして、その勢いはリチェーリの二つのゴールに絡む活躍に繋がり、最終的にはジェフを破壊しての快勝に繋がった。

試合開始直後はまだまだチーム全体が吹っ切れていなかった感じがあったが、ルーカスの激しいチェイスからマイボールにし、見事なミドルで先制点に繋げたゴールが、選手達に確信にも似た自信を与えたように見えた。元々、数々の信じられないドラマを引き起こせるぐらいの高いポテンシャルを持つチーム、成績が出ないことで疑心暗鬼になっていたメンタルが刺激と共に目覚めさせられれば、プレーががらっと変わったとしても全然不思議ではない。ましてや、それがチームカラーと合致したタクティクスであれば尚更。勢いと共に、FC東京が泥沼から顔を出した感のあるゲームだった。

・熟成度と勢い、義は勢いにあり

現状分析

エルゴラのプレビューにもあった通り、低迷脱却の方法論の似たFマリノスとFC東京のゲームは、掛けたもん勝ちのプレッシング合戦となる。ただ、実際どちらのチームが主導権を奪うのかというと、正直わからない部分がある。追い込み方の質や周囲の連動といったそのプレスで奪う手法の突き詰め方、奪った後の攻撃手段など、様々な要素が影響してくると思われるのだけど、そういったタクティカルな要素よりも、チーム全体に流れる勢いであったり、そのやり方に対する信奉度と言った要素の方が影響度は高いような気がしなくもない。

実際、Fマリノスはそういう経験をしている。第5節、レイソル戦。石崎体制を敷いた昨年から突き詰めてきた高い位置からのアグレッシブなプレッシングを武器にJ1で旋風を巻き起こしてきたレイソルとほんの二週間前にたまたま嵌った頭の悪いプレッシングスタイルを少しずつ熟成させ始めていたFマリノス。熟成度から言えばどう見てもレイソルの方に分があると思われたが、余りに勢いのあるプレッシングの実効力でゲームの趨勢を握ったのはやり始めて2週間のFマリノスだった。ゲームは、フランサの魔法とカウンターの2失点に沈む形で屈したが、勢いが熟成度を上回ったゲームとも言える一戦だった。

もちろん、整合性のあるタクティクスを軽視することは出来ない。選手達はロボットではないので、90分間フルパワーで走り続けることも、雲を掴むような無駄な行為にモチベーションを保ち続けることも出来ない。そういう意味で、きつい行為に伴う実効力が伴うように戦術的に整合性を付けるというのはチームにとって必要なことであるのは明白だ。そして、連戦でもフルメンバーでそのプレス戦術を煮詰めてきたFマリノスに成熟度に置いては一律の長があるのは間違いないと思う。しかし、そのプレスの原点となるのは人海戦術。相手に与える圧力は、そのひとつひとつのプレーにどれだけボールを奪う意思を込められるかどうか。そして、その一つのアプローチに対してチームがどれだけ信じ切って連動していき蹴るかどうか。そういう意味で、プレッシングに対して効果を感じれているか、信じ切れているかは思った以上に影響力は小さくない。

そういった要素を鑑みると、以前に比べて実効力が減り始めたことでプレッシングへのモラルが低下しつつあるFマリノスと、踏ん張ってプレスを掛け続けたことで最高の成果を得たFC東京では、少し差が生まれる可能性はある。なぜならば、FC東京はプレッシングの蜜の味を味わったばかりだからね。

対策

実際、掛けることで効果を得ていたFマリノスも、掛けられることに耐性を持っているとは言い難い。前節、そこまで激しくないヨンセンと杉本の前線からのアプローチにすら、DFラインからのビルドアップの脆さを露呈してしまった。もちろん、グランパスがそのアプローチの後ろでしっかりと出所をカバーする質の高いゾーンを組んでいたと言うこともあるが、アプローチに対していなすことも、ボールを動かすことも出来なかったことを考えれば、不安になるのも致し方ない。

しかし、FC東京のプレッシングにはそこまでの熟成度がないのも確か。一つ目のアプローチは確かに勢いがあり、特にリチェーリの持ち得るスピードを生かしたチェイシングは怖さがある。ただ、その猛威をくぐり抜けた先に待つのは大きなスペース。そのスペースを管理しようと高いラインを敷いて、前で迎撃しようとするのは自分たちと一緒だけど、相手には勇蔵も佑二も、ましてやマツもいない。前で奪う力はそんなに強くない。しかし、そのスペースを活かせるかどうかはFマリノス次第。恐れてばかりでは実は掴めない。逃げることなくしっかりとボールを動かせるか、前にいる選手達が求めるタイミングでボールを引き出せるか、そういった部分が相手のプレスに対してのポイントとなってくる。

もう一つの対応策としては、もう一度Fマリノスの選手達全員がプレッシングに対してのモラルと運動量を取り戻し、レイソル戦の再現を目指すということ。ここのところ、対応策に屈するなど、ハードワークと実効性のバランスが崩れてきたこともあって、違う方策を求める声も聞こえるが、あくまでも基盤となるのはプレッシングであり、それのないFマリノスは凡庸で怠惰なチームに成り下がってしまうと言うことを自覚すべき。そういう意味で、もう一度相手を凌駕する程の運動量と連動性で、逆に飲み込みたい。

・対策に舵は切られるか

予測

勢いあるプレッシングで息を吹き返しながらも、相手の対応策に丸め込まれて思うような結果が出せない。ここのところのFマリノスの敗戦パターンである。その対応策を書いてしまえば、ショートカウンターを避けるために、高い位置(+前方向)でボールをロストしないようにシンプルな攻撃で勢いを出させないようにし、逆にボールを持たせる。ボールを持たせたら、拙いビルドアップの目立つディフェンスラインへのアプローチを掛けながら、揺さぶりを掛けてくる突破型の選手達を漏れなく掴み、実効力を消していく。そして最終的に相手のリスキーなバランスの隙を突き、沈める。こういったゲームプランは、既に他の17チームの監督も認識済みであり、こういうったバックグラウンドが選手達を更なる幅の拡大へと焦らせるのかも知れない。

そういった意味で、一番気になるのは明日の試合でもそういった対策を取られるのかどうか。しかし、原博実にも難しい舵取りが課される。前節、積極的なプレーで勝利を飾って勢いに乗りかけているだけに、いくら効果かあるとはいえ、その勢いを削ぐような受動的な対応策を講じることでの悪影響も頭をよぎっているはず。ましてや、アグレッシブなフットボールに目指すところを置いてあるであろう彼のカラーを考えると、決断には様々な迷いがあるのかも知れない。

元々、ジェフ戦で縦方向に速い攻撃が目立ったことを考えればショートカウンター対策にそのまま当てはまる感があるが、問題は守備。プレッシングを掛けるのであればある程度高い位置でプッシュアップして、コンパクトフィールドを保つことが必要となる。しかし、坂田(陽介・ジロー・吉田)の存在は怖いはず。その恐怖感から間延びするようになると、ジェフ戦の立ち上がりのようにスペースが生まれて後手に陥る可能性もある。それなら、元々下げてしまってシンプルに速いアタッカーを活かすカウンターに舵を切るという対応策も考えられなくはない。

一勝したとは言え、まだまだクビの寒い原博実。福西やナオ、モニワと言ったタレントの起用法と共に、どのような策を持ってこの一戦に臨むのか、非常に気になるところである。

予測の上での対策

Fマリノスにとって言えば、もちろんやりやすいのは前に出てきてくれること。上記のように、勢いに屈する可能性はあるが、これまでの試合を考えても前に出てきてくれた方が良いゲームが出来ている。柏にしても、新潟にしても、川崎にしても、相手が真っ向勝負を挑んできてくれたからこそ、良い部分が消えずに良いプレーを表現できた訳で、真っ向勝負は望むところ。

ただ、対応策を取られたとき対処法というのはこのチームに求められる要素。上記のようにゲームプランをしっかり組んでこられたときと言うのはもちろん、先制点を奪われた後にも充分当てはまるだけに、その対処法は持っていて無駄じゃないだろう。

とは言っても、いきなりバルサのようなポゼッションも、独力で打開しちゃうような凄いタレントを連れてくることも出来ないので、ドラスティックな対策というのは難しい。でも、地道なプレーとしては出来るはず。選手間で狙いを共有した上で、動き出しの質やタイミングを更に良くてしていくこと、ポストワークへのサポートタイミングの向上、アウトサイドのオーバーラップを活かす攻撃(サイドに人数掛けない、マリの悪い癖)、セカンドボールを拾うための運動量、そして、何よりも一つ一つのボールを扱うプレーを丁寧に。対処法と言う程のドラスティックなモノはないけど、こういう事をやるしかない。

後はパワープレーも有効、相手はサイズがないし。ネガティブなイメージも蔓延しているけど、狙いさえチーム内で共有していれば、それこそもっと思い切ってやっちゃっても良いと思う。例えば、マイク(勇蔵)とオーシを前に、2列目にジロー・功治・坂田を並べてどんどん飛び込んでダイナミズムで崩しちゃおうとか(+セカンドボールのカバーもね、サイドの押し上げとボランチで)。ま、頭悪そうだけど。もちろん、乾で独力突破でも、狩野の一発に賭けるでも、可能性があるのであれば、恐れずに試していってほしい。グランパス戦のように座して死を待つような事をしてては勝負強さは得られない。もがいてもがいて、勝利を求め続けるというのも又育成の一つだと思うので、必死に勝利を目指して欲しいなと。

-----------------------

*細かいディティール。ミスマッチを突きたいところ。藤山は非常に経験があって安定感のある「うまい」選手だけど、サイズであったり、身体能力には欠ける選手、そこで起点を作って今野に受動的な対応策をとらせるような形が出来るとイイかな。今野はやっぱり良い選手だから、彼に影響力を発揮されるとマリとしては厳しいからね。それと、オーシのポストは技術的にも動き的にも安定しているから、そこに絡む形で功治や吉田が絡むと面白そう。

*難しいのはサイドバックなんだよね。リチェーリと川口(ナオ?)は高い位置で張り出してくるから、上がりずらくはなると思う。ただ、マリにとっても大きな武器であるし、中央に固執しがちな傾向も見え隠れする中で、幅を広げるための生命線。サイドバックに判断力と勇気が求められるね。ただ、早野、先に釘指しておく。リチェーリ対策で那須を右に、なんてやめてくれ。リチェーリはサイドに張り付いている訳じゃなく、ダイヤゴナルに幅広く動くから、右に守備専的な選手を置いてもあんまり意味ない。そして何より、ビルドアップでドタバタするのに、そこにリチェーリというのは逆にリスクが高い。中島-池田でかっさらわれたシーンを100回見直せ、那須もああいう傾向あると思う、今の精神性ではね。隼磨でイイよ、隼磨はクロスがワロスなだけで、悪いプレーをしている訳じゃない。ここで変な起用してリズムを崩して欲しくない。臆病風吹かれている時点で、負けに一歩近づいていることに気付いてくれ。

*キーマッチアップはマリディフェンス陣vsリチェーリ&川口、そしてFC東京ディフェンス陣vs坂田&吉田かな。コンパクトフィールドを保つ上でスピードやフリーランニングで裏を狙ってくる選手をどう考えるのか。引いて守るようだと、全体の機能性は低下せざるを得ないし、高く押し上げることはリスクがある。マリディフェンス陣は杉本にやられたことを思い出せ!あんなプレーしたらリチェーリ(彼もとても速い)にやられちゃうよ。肝据えて頑張れ、超頑張れ。マリの不沈の鍵はやっぱりディフェンスライン、ここで粘れなきゃ今のチームは成立しないんだから。信じてるよ。。

-----------------------

ま、正直このゲームは正念場だと思っています。前節のレポートにも書いてけれど、復調の土台となったハードワークというバックボーンが揺らいでしまうようなゲームだったと思うから、その直後のこのゲームでまた同じようなダメージを受けてしまったらこの1ヶ月やり続けてきた事が無に帰してしまう可能性もある。そういう意味でどうしても結果が欲しい、実感を得れるようなゲームにしないといけない。相手も必死だし、勢いを取り戻したFC東京は嫌なイメージ(あれとか、あれとか)しかない、。どちらにとっても、非常に大事なゲームというのは言い切れるかな。

と言うことで、この辺で。

-----------------------

*ナオは出てくるかな?何かスケープゴートにされてるっぽいんだけど、それなら帰っておいで……。って、情けを見せちゃだめか。ナオにとって日産は嫌なスタジアムだろうし……、でも元気な姿見せて欲しいな。活躍しちゃ嫌だけど。今年初ナオだし。

|

« 翼を巡るオーディション -日本代表、トレーニングキャンプメンバー発表によせて- | Main | 乖離@J1 第12節 Fマリノス vs FC東京 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/15124675

Listed below are links to weblogs that reference スカウティングレポート ver.FC東京:

« 翼を巡るオーディション -日本代表、トレーニングキャンプメンバー発表によせて- | Main | 乖離@J1 第12節 Fマリノス vs FC東京 »