« スカウティングレポート ver.フロンターレ | Main | 挑戦者が得た「確信」@J1 第9節 Fマリノス vs フロンターレ »

May 04, 2007

5/3のキモチイイ雑感。

00022699b_1

最後まで追い続ける姿勢がゴールに繋がったオーシの先制点。

先制点にも止むことなく、ハードワークを続けるプレッシング。

佑二のアドバイスのおかげなのか、相手の負の残像を利用した功治のパーフェクトFKでの追加点。

失点を喫し、苦しくなってきた時間帯に、最後まで集中力を保って凌ぎきった最終局面。

全て、これまでの快勝劇がフロックではないモノを示す素晴らしいゲームだった。

でも、まだまだこれから。決定力不足の悪癖がちらりと顔を出したこと、ガス欠に陥っても打てる手を見いだせずピッチを見殺しにしようとしたこと、相手のダイナミズムを捕まえきれないシーンもあったこと、まだまだ改善すべき事がある。そして、それはまだまだ強くなれる可能性でもある。

これからも謙虚に、着実に、前を見据えて進んで行けたらいい。その中で、一つ一つしっかり戦って、しっかり喜びたい。

しかし、今まで勝てていなかった相手に勝つのって本当に嬉しい!こういうゲームを勝ったのは若いチームにとって大きいことだよね。うんうん、キモチイイ!

ということで、これまた雑感だけど。しかし、まだまだもっと嬉しい瞬間が待ってそうな気がして、楽しい!うんうん。ということでここまで!

|

« スカウティングレポート ver.フロンターレ | Main | 挑戦者が得た「確信」@J1 第9節 Fマリノス vs フロンターレ »

Comments

こんばんはー

彼らはやってくれました。
笑顔で帰る事が出来ました!
試合中は泣きそうでしたが・・・「頑張っているんだなぁ」と。

正直、後半はあれれ?と思う事もありましたが
それは、我那覇と憲剛がいるフロンターレに対戦する時の
課題として克服してほしい!

と、言うか、次節の鹿戦に向けて頑張ってほしい。
欲張りとは思うが、歩みを止めないで。

でも、でもね、おめでとう。

Posted by: ナツキ | May 05, 2007 at 12:57 AM

ナツキさん、こんばんわー。

僕もレイソル戦を見たとき、本当に泣きそうになりました(負けましたが)
あれだけのハードワーク、爽快感溢れるプレー、この変貌ぶりが嬉しかったり、苦しいときのことを思い出したりして、感極まった感じになってしまいました。

そうですねー、後半はふろん太も修正してきて、一方向の単純なフットボールの負の側面が出た感がありました。もし、中村憲剛がいたら、もっと難しいゲームになったかも知れませんね。

今度は等々力で、ベストなふろん太に勝てるようにもっと良いチームになって欲しいですね。

そのためにも今できることを精一杯、ですね。選手達は今本当に振り絞って良くやってくれています。嬉しい限りです。

ではでは、又笑顔で帰れるように。

Posted by: いた | May 05, 2007 at 04:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/14944521

Listed below are links to weblogs that reference 5/3のキモチイイ雑感。:

« スカウティングレポート ver.フロンターレ | Main | 挑戦者が得た「確信」@J1 第9節 Fマリノス vs フロンターレ »