« message@J1 第5節 Fマリノス vs レイソル | Main | プリンスリーグ #2 vs 三菱養和SC スタメン »

April 14, 2007

ユースのスターから、トップのスターへ -斉藤陽介、初ゴールに寄せて-

雨中の駒場、敗色濃厚の終了間際、その閉塞感を破ったのは若きストライカー、誰もが欲しいと思った時に期待に応えてくれた。

そんなプロ初ゴールを決めた斉藤陽介、彼を初めて見たのは、西習志野の小さなスタジアムだった。昨年の高円宮杯のグループステージ第3節水橋高校戦。第2節のグランパスユースとのゲームに破れ、グループリーグ突破に暗雲立ちこめてきた中での剣が峰となる重要な一戦。そんなゲームで、彼は怪我からの復帰後初めてのスターティングメンバーとしてゲームに臨んでいた。そのゲームでの彼のプレーは怪我明けと言うこともあって本来の調子とは言えず、強い光彩を放つことはなかった。しかし、プレー以外の所で彼に対して強い印象を受けた。

「バーモ バモ バモー さーいとう よ・う・す・け」
「陽介!陽介!陽介!」

試合中に歌われる彼へのチャント、この重要な一戦でスタメンに復帰した彼への期待の大きさを表すように、何度も、何度も、繰り返されていた。そして終了間際、ゲームを決めるPKを決めて期待に応えた瞬間、先日と同じようにサポーターの元に駆け寄っていく。調子が悪かろうと、自分に対して大きな期待と愛を注いでくれるサポーターに対して結果で応える彼の姿。そこにはシンプルな期待の循環というモノを感じた。

僕はその後も彼は期待に応え続けた。調子を上げるに従って、彼の特徴である縦への鋭い抜けだし、積極的な意識を感じる突破などは切れ味を増し、そして次々にゴールに繋げることで、サポーターの期待に応える。そんな彼のプレーを魅せられた僕は、彼のことをこう呼びたくなった。

「ユースのスター」

昨今のサッカー界に流れるような、ネガティブな言葉じゃない。期待を掛けられ、期待に応える。健全な循環を起こせる選手こそが、「スター」であり、それを小さな舞台ながら起こしていた彼にはその冠がふさわしいと感じたからだ。

そして、4/11。トップに上がった彼が初めて、多くのサポーターの期待に応えるゴールを挙げた。ユースのスターからFマリノスのスターへの第一歩。これからも数多くのゴールを、そして、ユース時代に果たせなかったタイトルへ導くゴールを、そんな期待を向けたくなる選手であることは間違いない。

バーモ バモ バモー さーいとう よ・う・す・け!

-----------------------

*ま、このゴールに特別な感情を抱けることになったのも、僕をユースの世界に引き込んでくれた人がいたからこそ。実は水橋の試合の日、雨という予報が報じられており、正直行くことに迷いが生じていた。でも、「雨に濡れても死なない」という格好いい言葉に奮い立たされた。きっかけを与えてくれる某ユースサポの方へと共にこの場を借りて感謝したい。

*で、明日もあります。三菱養和戦。養和巣鴨スポーツセンターグラウンドというところで行われるようで、それなりに近いです。JR山手線「巣鴨駅」の北口から徒歩2分と言う好立地、マリノスタウンでのサテとのゲームとのはしごも可能とマリ満喫の日曜日に出来ちゃいます。11:00KickOffだから、9:40ぐらいに横浜を出れば間に合うかな?どうでしょ?行きたくなってきたでしょ?

*更新がままならなくて、申し訳ないです。無駄足を何度も踏ませてしまった方、申し訳ないです。色々考えるべき時期なのかもなー

|

« message@J1 第5節 Fマリノス vs レイソル | Main | プリンスリーグ #2 vs 三菱養和SC スタメン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/14676052

Listed below are links to weblogs that reference ユースのスターから、トップのスターへ -斉藤陽介、初ゴールに寄せて-:

« message@J1 第5節 Fマリノス vs レイソル | Main | プリンスリーグ #2 vs 三菱養和SC スタメン »