« ミスとミスが生む惨敗@J1 第3節 Fマリノス vs ヴィッセル | Main | 先がないという閉塞感@J.League YamazakiNABISCO Cup 2007 GroupLeague Fマリノス vs アルディージャ »

March 20, 2007

強烈なメッセージ -ペルー戦、日本代表発表-

「相変わらずやってくれる……」

それが今回の招集劇の素直な感想。賢者の思考は改めて、複雑だ。

キリンチャレンジカップ 2007/vs ペルー 日本代表メンバー

監督:イビチャ・オシム
コーチ:大熊清
コーチ:反町康治
コーチ:小倉勉
GKコーチ:加藤好男

GK:
川口能活(ジュビロ)
川島永嗣(フロンターレ)
西川周作(トリニータ)come back!

DF:
坪井慶介
田中マルクス闘莉王
阿部勇樹(共にレッズ)
中澤佑二(Fマリノス)

MF:
遠藤保仁
橋本英郎
加地亮
二川孝広(共にガンバ)
鈴木啓太(レッズ)
中村憲剛(フロンターレ)
駒野友一(サンフレッチェ)
羽生直剛(ジェフ)
藤本淳吾(エスパルス)
中村俊輔(セルティック・グラズゴー/SCO)come back!

FW:
高原直泰(アイントラハト・フランクフルト/GER)come back!

Schedule:
3/24 19:30KickOff/vs ペルー @ 日産スタジアム

JFA

強烈なメッセージ、だよね。2月に行われた合宿からは正反対、狭められた道が示したのは「代表のシャツはそんなに軽いモノではないよ」「代表でプレー出来ると言うことは当たり前のことではないよ」というメッセージ。

門戸を開き、常に可能性を探るということは確かに必要。でも、範囲が拡がれば拡がる程、シャツの価値は薄まっていく。「誰にでも」と言う言葉は、ポジティブな意味だけを持つわけではない。元々、選ばれし者だけが袖を通せるのが、代表のユニフォーム。その意義が高まれば高まる程、選手達の代表でプレーすると意欲を駆り立てるはず。「価値を高める」という行為も又、とても意味のあることだと思う。

「代表」が大きな金と付加価値を生む国では、こんな言葉は甘っちょろい戯れ言で、綺麗事かも知れない。でも、代表チームは選手達にとっては夢であり、ロマンを追える場所であることは変わらない。僕の憶測に過ぎないけれど、「代表の意義」、「代表の価値」、そんなことを改めて意識させられた招集劇だった。

-----------------------

「門戸」を開くことでどの選手にも可能性があると伝え、モチベーションを与えるということ。門戸を狭めることで「代表」のロイヤリティを高め、更なる奮起を促すこと。終着点は同じ、選手達に刺激を与え、より高みに引き上げるという目的の元なんだよね。しかし、手法一つとっても、予測をいとも簡単に裏切り、こうやって驚かされてしまうのだから、まだまだ僕は彼を掴みきれないし、その奥深さに感嘆しちゃう。深いぜ、オシムたん。

で、普段通りメンバー表を眺めての事。様々な憶測、情報が飛び交った海外組の招集は、現状で揺るぎない立場を確立出来ている二人だけが呼ばれた訳だけど、オシムたんが常々語っている判断基準であったり、哲学を反映されている様な気がしなくもない。

そして、この二人がどのような形で組み込まれ、チームにどのような変化が表れるのかが一番の注目点となるのかなと。セルティックでのプレーを「周囲がナカムラに合わせているからこそ、あれだけのプレーが出来る」と評したオシムたんが俊輔をどのように評価しているのか、誰と組ませるのか、どんなプレーを求めるのか、そして彼の存在がチームに何をもたらすのか、てゆうか必要としているのか。僕が以前考えていた「このチームにファンタジスタの居場所はあるか」という答えの一つがこのゲームで垣間見えるのかもと思うと、どうしようもないぐらいに気になってしょうがない。

そして、高原。これまでFWというポジションを結果だけではなく、プレーに置ける貢献度を評価する傾向にあったオシムたんが、純粋に結果で納得させてきたストライカーを得た時に何か変化があるのかは気になるところ。これから追加招集があるだろうけど、結果が全てではないというスタンスのオシムたんにとって、彼の起用法は今後のスタンスが見える要素になるんじゃないかと思ったり。個人的には、再び目覚めた高原に彼自身のクオリティを証明して欲しい。技術、センス、得点感覚、全てを高いレベルで持ち合わせ、近年のJで日本人だけなら飛び抜けた結果である26点、そしてブンデスでシーズン二桁を達成する選手の力をね。チームが構築されればされる程、ラストピースとなるのはストライカーだと思うからね。

で、二人は上記の点に重ね合わせると、その価値というのを十二分に分かっている選手達だと思う。というのも、代表で砂を噛むような思いを何度もしている選手達だからね。彼らのプレーが他の選手に何かを伝えるものがあるとしたら、僕としては非常に嬉しいし、そうなることを期待してる。

個人的にはヤットと俊輔の仲良しコンビの意気のあったプレーが見たい。でも、プレーが似てる憲剛の競演も見たいし、藤本には先輩のプレーで何かを掴んで欲しいし、出来れば同じピッチに立たせてあげたい……うー、見たいシチュエーションが多すぎる!ま、俊輔中心に話が回るのは僕が俊輔ヲタだからなんで、勘弁な。

外れた選手に関しては(明日又呼ばれるかも知れないけど)、今野が外れた事に驚いた。もちろん佑二や坪井が復帰したことではじき出された側面もあるだろうし、今シーズンはまだチームが不安定な中で本領発揮に至っていない(それでも高水準だとは思うのだけど……)こともあるのだろうけど、このチームのコンセプトを理解・体現出来て、基盤を担える選手だと思っていたから。もちろん適性としても申し分ない。まあ、この一試合だけが全てではないけれど、彼は呼び続けて欲しい選手だったかな。まあ、今野にとっては更なるスケールアップを図れるチャンスがあるシーズンだと思うから、この刺激も栄養にしてくれればいいんだけど。

後は、チームの象徴となっていたジェフの選手の枚数が一気に減ったことは興味深い。まあ結果が出ていないし、らしさというのが薄れてきているからパフォーマンス的には妥当なんだろうけど、チームとして彼らが担ってきた要素は決して小さくなかったはず。助走期間を終えた今彼らの役割が終わったのか、単純にパフォーマンスを考慮してのことなのか、今後が気になるかな。

マリっことしては、隼磨だよね。僕は、外れたことに喜びさえ感じてる。パフォーマンス的には低迷傾向にあるし、持ち味を見失っている感があるから、こういう刺激が必要な時期。もう一度、こういう屈辱をバネにして、持ち味を取り戻して欲しいし、やってもらわなきゃ困る。てゆうか、加地さんの壁は高く険しいんだから、現状に満足して、守りに入っているプレーなんてしている場合じゃないんだから。

佑二もまだまだトップフォームを取り戻しているとは言えないんだよねー。こんなもんじゃない。代表の刺激がそれを取り戻すしていくきっかけとなってくれると良いんだけどね。それと、リスクチャレンジをコンセプトの核においている代表のサッカーを通じて、今のマリノスの問題点をあぶり出すようなことも期待したいかな。色々押しつけてしまって本当に忍びないけど、マリのためにも頑張って欲しいな。

てゆうか功治はー?オシムたん彼のキレを見てないのか!チームが悪いだけで(こう書かなきゃいけないのも忍びないが)、功治の出来は凄く良いのに!抜群のセンスと技術とダイナミズムを持ったプレーヤーはそういないよ?使ってくれよー。

-----------------------

あ、徒然と書きすぎた。上だけだったらまとまりが良かったのにー。ま、それで済まないのが僕らしいかな。と言うことでここまで。明日はナビスコー。

-----------------------

*背中差してる俊輔の格好いい画像を中心に代表カムバックを盛大に祝おうと思ってたのに、オシムたんはそんな予定調和を許してくれん。そんな分かりやすいものはやらせてくれないね。でも、ペルー戦で活躍すれば無問題。そしたら、溜めてる俊輔画像放出しちゃうんだから(←これで試合に出なかったりしたら目も当てられない……でもあり得るな、オシムたんなら。それがオシムたんの良いところだと思うし)

*追加招集があったらここに追記します。多分感想も入れると思う。明日次第だけど。

|

« ミスとミスが生む惨敗@J1 第3節 Fマリノス vs ヴィッセル | Main | 先がないという閉塞感@J.League YamazakiNABISCO Cup 2007 GroupLeague Fマリノス vs アルディージャ »

Comments

二川もカムバックで~す!!

Posted by: おりた | March 21, 2007 at 01:00 AM

俊輔と高原は久々の復帰、西川君は長期離脱からの復帰、
と言う意味合いでつけたのですが、確かに二川も落選からの
復帰ですもんね。納得。

ご指摘ありがとうございまーす。

Posted by: いた | March 22, 2007 at 09:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/14331118

Listed below are links to weblogs that reference 強烈なメッセージ -ペルー戦、日本代表発表-:

« ミスとミスが生む惨敗@J1 第3節 Fマリノス vs ヴィッセル | Main | 先がないという閉塞感@J.League YamazakiNABISCO Cup 2007 GroupLeague Fマリノス vs アルディージャ »