« Wake Up!!!@BeijingOlympic 2008 A.Qualify 2nd Round vs 香港 | Main | 変化の萌芽@J1 第1節 Fマリノス vs ヴァンフォーレ »

March 02, 2007

Let's enjoy "COLORFUL" J!

Willbe_1
今シーズンも僕は色々な感情を抱くことになるんだろう。驚嘆、期待、痛快、感動、愕然、憮然、悲嘆、憤怒、焦心、乱心、発狂、悦楽、歓喜……。味わいたくない感情もきっと味わうことになるんだろう。でも、それがいい、だから面白い、僕を惹きつけて放さない、そんな日常が今年も又帰ってくる。

-----------------------

ってことで開幕です、2007Jリーグ!もう先週辺りからそわそわ、ワクワク、ドキドキと言った感情が既に僕の心の中で渦巻いてて、全く落ち着きませんよ。もちろん、不安もあるけど、やっぱりスタジアムに通い、自分たちの国のゲームが沢山見れる日々が帰ってくるのは僕にとっては何よりの幸せ。ということで、そわそわしてますが、明日開幕と言うことでJの手引きを。

-----------------------

・LET'S ENJOY "COLORFUL" J!

僕たちの国は「自分たちの国のサッカースタイル」を確立していない、なんて言われることが多い。欧州の厳格な指揮官が来れば、どっぷりと骨の髄まで使って誰もが戦術を語り出し、南米の鷹揚な指導者が来ればテクニックやサッカーの本質を求め始める。よく言えば柔軟、悪く言えば自我なき国を良く表す部分。その曖昧さは世界の中で台頭していく上ではまだまだひ弱な部分なのかも知れない。じゃあ、そんな「自分たちの国のサッカースタイル」を確立出来ていないことはリーグにとってはどうなんだろう?

全ては勝利のためにと言わんばかりに現実的に質実剛健なサッカーをするチーム、高いテクニックやセンスのある選手達がアイデアを発揮して魅了しちゃうぐらいエンターテイメントなサッカーをするチーム、速くて勢いがあって見ている者のテンションまで引き上げていくようなサッカーをするチーム、チームのアイデンティティを貫きながら一つの事をより深化させて高いクオリティを示すチーム、沢山走ってピッチのどこ彼処にも躍動感を感じるようなサッカーをするチーム、ベテランの経験とはっきりしたタスクを融合して守りに重心を置くチーム、そして脱却を図ろうと意欲的なチャレンジをしようというチーム……一つの色に染まっていないからこそ、乱れ咲く「色」、「色」、「色」。そんなカラフルなリーグが僕には魅力的に映ってしょうがない。

きっと、日本も自分たちの方向性を見いだし、その方向性に向かって正しい強化が図られていくに連れて、一つの色に染まっていく時が来る。そして、国内リーグも図らずともその色に染まっていくだろう。それは日本のサッカーにとって、いいことであり、是非にと望みたいことだ。でも、模索段階で発展途上の今だからこその風景も又、悪くない。まだ奥深さはないかもしれない、だけど、サッカーの幅広さを感じてみてほしい。それを感じた時、きっとあなたはJリーグが好きになる。

-----------------------

ま、こういう事を味わうには色々なチームを見ていかないと難しいことかも知れないけど、是非沢山のゲームを見て欲しいな、出来ればスタジアムで。スタジアムにはそれぞれ雰囲気があると思うし、対戦カードによってその空気も又変わる。そんなのを味わうと更に楽しくなる。まだまだJは歴史は浅いから、奥深さというのは他の長い歴史を育んできた海外のリーグには適わないと思うけど、ね。でも、これだって魅力に変わるよ。リーグやチームが紆余曲折有りながら成長していったりする過程を見るのは、一つの贅沢だし、楽しみだと思うから。とにもかくにも、今年も楽しませてちょうだい!いや、楽しんじゃおう!と言うことでここまで。

-----------------------

*僕は明日はもちろん日産スタジアム。直前になってドタバタしてるみたいだけど(4-2-3-1だってねぇ、ま、4-3-3と4-2-3-1は親戚みたいなもんだけどさ)、もう腹括ってるし、何よりアーリアスタメン来るみたいだから楽しみ。ま、冷静な分析をすれば、ヴァンフォーレの鋭く、そして奔放なトランジッションはマリにとってとても危険なモノとなる、というか弱点をぐりぐり突くモノ。厳しいゲームになると思うし、正直余り良いイメージは沸かないけれど、それでもホーム開幕戦、とにかく今シーズンの希望に繋がるようなゲームが見たい。チームが変わろうとしている意思を見せて欲しいな。ヴァンフォーレに言いたいこと?昨シーズンは空気を読んであげたんだから、わかってるだろうな?それと、はくばくは頑張れ、超頑張れ。でも、一番頑張るべきはアーリアだね、思いっきりやりなさい!

納得いかないのは、コミーのベンチ外が確定な事(ホームゲームホストが今節は陽介とコミーなんだって)。コミーは出来る子なのに……それとも何か驚きでもあるのかな。

*それ以外ではやっぱりJ2からの昇格組は気になるね。本音を言えばやっぱりお隣さんが気になる。「日本最高のホームスタジアム」である赤いところに乗り込む中でかなり現実的な施術をして臨む様子。なんでも4-4のゾーンをかなり現実的に並べて、枚数を裂いて危険な位置での相手のアタックの鋭さを削いでいくという「テトラポッド大作戦」てな感じらしい。そうなると、キーとしては局面でどれだけ後手を踏まずに踏ん張れるかということだろうね。一つ破綻すれば、その影響は必ずある。そして力関係は相手の方が上。数と厚みはそれなりの実効性を示すと思うし、サッカーに置いて引くという選択肢は美しくないけど、とても効果のあることだと思うから、それを赤い方としてはいかにタレントの力を引き出せるかも気になるね。

*傾向と対策、結局開幕までに書けたのは横浜FC、ヴィッセル、レイソル、ヴァンフォーレ、アルディージャ、アルビレックス、サンフレ。てゆうか、全然だめじゃん。もし楽しみにしていて下さった人がいたらごめんなさーい。でもやるよ。

*ファンサカも始まるよー、編成は済んだかー、お金きつすぎるよー、マグノとヤットを共存なんて難しすぎだよー。

*宣伝。明日日産スタジアムの開門前に「歌会始め」があるそうな。一般開門1時間前の11:00から、東ゲート前広場(新横から歩いてくるとある広場ね)で行われる様子。哲也(怪我は平気かなー)、功治、隼磨のチャントやら増えたらしい新曲の紹介をするそうなので、いち早く覚えて試合の時にはしっかり歌っちゃいたい人、気になっちゃってしょうがない人は行ってみたら良いんじゃないかな。

*それともう一個!2006.3.25の苦い記憶と共に休刊となった「hamatra」が明日復刊する様子!限定5000部だって、争奪戦必死。こりゃテンション上がる!楽しみだなー。

*ということで、どんどん日産スタジアムに来ると良いんじゃないかな。ランサーズもマリQもいるよ、チーズケーキバーやらもあるみたいだし、今すぐローソンかファミマに走れ!チケット残り僅か30000枚!!!

*テンション高いと追記が伸びるのは仕様です。

|

« Wake Up!!!@BeijingOlympic 2008 A.Qualify 2nd Round vs 香港 | Main | 変化の萌芽@J1 第1節 Fマリノス vs ヴァンフォーレ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/14108138

Listed below are links to weblogs that reference Let's enjoy "COLORFUL" J!:

« Wake Up!!!@BeijingOlympic 2008 A.Qualify 2nd Round vs 香港 | Main | 変化の萌芽@J1 第1節 Fマリノス vs ヴァンフォーレ »