« Osim Style→Shunsuke Style@KIRIN Challenge Cup 2007 vs ペルー | Main | 続報。 »

March 28, 2007

次に繋げてこそ価値がある@J.League YamazakiNABISCO Cup GroupLeague エスパルス vs Fマリノス

試合が見れないと、精神衛生上とてもイイモノだなーと思ってしまう今日この頃。それも微妙だよね、むー。

2007 J.League YamazakiNABISCO Cup GroupLeague Day2

エスパルス 2-2 Fマリノス @ 日本平スタジアム「次に繋げてこそ価値がある」
F.Marinos:55'大島秀夫 56'坂田大輔 S-Pulse:25'杉山浩太 82'市川大祐

F.Marinos Official/S-Pulse Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也、DF田中隼磨、栗原勇蔵、那須大亮、田中裕介、MF河合竜二、山瀬功治"頭が上がりません"、吉田孝行、山瀬幸宏、FW坂田大輔"お目覚めその1"(→88'清水範久)、大島秀夫"お目覚めその2"

エスパスタメン:GK西部洋平、DF市川大祐、岩下敬輔(→71'平松康平)、高木和道、児玉新、MF高木純平(→58'藤本淳吾)、杉山浩太(→58'矢島卓郎)、伊東輝悦、兵働昭弘、FWフェルナンジーニョ、西澤明訓

ま、見れてないので、情報の断片を捉えて想像するしかない訳ですが、哲也の「いいきっかけになる」と言う言葉や、裕介の「ディフェンスの仕方は徹底出来てやりやすかった」と言う言葉、坂田の「前から前から、という良いサッカーが出来た」という言葉を聞く限り、絡まった糸をほどき方が少し見えたのかなという感じがしなくもない。

そんなゲームの良かった探し(見てないけど)

・トップの二人がお目覚め弾、2トップにして坂田が息を吹き返した?オーシの点獲る前のチャンスも良い形だったっぽい。

・幸宏フル出場!孝行フル出場!回ってきたチャンスを意欲的にプレーしてくれた様子。幸宏は久々の出場ながらしっかりゲームの流れに乗れて良いプレーもあったみたいだし、孝行足つったらしいけどそれだけ頑張ったと言うことでしょ。うんうん、いいよーいいよー。

・裕介がポジションを掴みつつある件。裕介はミスもまだ出てしまうけど、アグレッシブにプレーするから、攻撃にダイナミズムが生まれる。せっかくの4バック、このポジションが攻撃に置いてアクセントとなることはとてもポジティブだと思うし、そういう意味で攻撃面で苦しむチームにとって裕介の台頭はポジティブ。コミーも頑張れ、超頑張れ。

・選手達がやりやすいという言葉を一様に出していること。システム的な要因なのか、意思統一が計れたからなのかは分からないけど、少し光が見えた?坂田に関しては2トップになったからと言うのがあるのかな。

何となく情報の断片だけ捉えると、良いゲームかなーと想像しちゃったりも出来るのだけど、その真意がどうであれこの1ゲームでは判断出来ないというのが素直なところ。

というのも、良いゲームをした後のこのチームの辿った過程を思い出してもらえばいい。良いゲームがあっても、数試合後には元の木阿弥。掴んだ手応えを捉えきれず、ターニングポイントがターニングポイントにならずに過ぎ去ってしまう。精神的な要素であったり、戦術的な要素であったり、技術的な要素であったりと、その要因は色々だけれど、浮上のきっかけを逃し続け、何も掴めなかったからこそ、今も尚苦しみ続けている。

だからこそ、この1試合でちょっと良いところが見えたからと言って、一気に復調に向かっていくかと言えば何とも言えない。でも、きっと、良くなる断片がこのゲームにはあったはず。それをチームで認識し、地道に、着実に、次の1試合に繋がるように、少しでも前進があるように、そして、振り返った時にこのゲームがターニングポイントだと言えるゲームになってくれたらいいなと。

ま、見てないから何とも言えnry)

その他、細かな気になること。

・ティンカーマン早野氏が継続して様々な要素の「積み上げ」が出来るか。弄ることは本質的な解決を生まない、それを理解し、根本的な問題の解決に繋げていけるか。

・ベンチワークの決断が鈍り気味な件。特にリードした状況で動きにくいことはわからなくない。ただ、戦況を把握した上で必要なモノがあれば勇気を持って決断しなければならない。立ちすくめば一瞬にして丸々と太ったカモに変わる。選手にリスクを冒せと言うのなら、自らが失敗を恐れて決断出来ないなどあってはいけない。

・使い捨てのような選手起用の裏で選手達のメンタル面でのケアがしっかりなされているか。理由が見えないまま使われたり外されたりされていれば、どの選手だって精神的にぶれてしまうし、様々なことに猜疑心が生まれてしまう。そして、これをきっかけに調子を落としてしまったり、自分を見失ってしまう選手が出ないとも限らない。

・特に将軍様の処遇は気になる。良くも悪くも影響力の大きな選手なだけに、彼の処遇を誤ればチームに悪影響を及ぼしかねない。ボランチ起用が外れたなら素直にセンターバックに戻して競争原理に戻せばいいだけの話。苦しいチーム状況、崩壊気味の守備秩序の中で、彼の能力を遊ばせておくのははっきり言ってもったいない。

・大きな希望であり、拠り所である功治の疲労が表面化している模様。困ったねぇ、これは。でも、怪我してしまう前に決断が必要。彼なしのチームなど今は全く考えられない。彼が壊れたらチームは暗黒に包まれる。

だから、見てnry)

-----------------------

僕は後2試合出場停止なので(見に行けないの、サンフレ戦とエスパ戦)、念を送ることしかできないけど、今は地道に、少しずつでもチーム状態が好転するように、積み上げていって欲しい。急にすぐに何もかもうまくいくなんてあり得ない。だからこそ、ね。

-----------------------

*サテのチケが4/1に発売の様子。どっち買おうかなー。てゆうか、買えるのかな……。

*おい、「負けて早野解任」を心の片隅で期待してたやつ手を挙げろ!→はい!

*試合の経過を見守りながら、勝利を純粋に祈れないってのは複雑すぎる。でも、やっぱりだめだよね……。現地まで行った方や必死で頑張ってる選手に申し訳ない。

*明日はシリア戦だね。チケット売れてないみたいなんで、興味ある人は行っちゃったら良いんじゃないかな。行きたいとは思ってるんだけど、行けるかどうか微妙。とりあえず、更新出来れば明日はこれだね、間違いなく。

|

« Osim Style→Shunsuke Style@KIRIN Challenge Cup 2007 vs ペルー | Main | 続報。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/14432362

Listed below are links to weblogs that reference 次に繋げてこそ価値がある@J.League YamazakiNABISCO Cup GroupLeague エスパルス vs Fマリノス:

« Osim Style→Shunsuke Style@KIRIN Challenge Cup 2007 vs ペルー | Main | 続報。 »