« January 2007 | Main | March 2007 »

February 26, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -サンフレッチェ-

Photo_32

文の長さといい、文体といい、段々スタイルがめちゃくちゃになってきたのは気のせいかしらん。てゆうか、「傾向」にも「対策」にもならず、単なる「紹介」になってる気が……。ま、いっか。問うことで今回はサンフレです。昨シーズンのビッグアーチを思い出すと、今でも見事に鬱な気分になれます。それにしても、序盤アレだけ苦しんでいたチームが、終盤は生まれ変わったように素晴らしいチームになっていたことを考えると、改めて監督の影響力や手腕って大事なんだなーと思います(遠い目)じゃ。

・新たな東欧の使者が吹き込む新風

[IN]
FW:
上野優作(←アルビレックス/レンタル→完全)
田村祐基(←愛媛FC/レンタル復帰)
平繁龍一(←サンフレッチェユース/昇格)

MF:
高萩洋次郎(←愛媛FC/レンタル復帰)
遊佐克美(←サンフレッチェユース/昇格)

DF:
戸田和幸(←ヴェルディ/レンタル→完全)

[OUT]
FW:
大木勉(→愛媛FC/完全)

MF:
中里宏司(→ベルマーレ/レンタル返却)

DF:
小村徳男(→横浜FC/レンタル→完全)

GK:
佐藤昭大(→愛媛FC/レンタル)

シーズン序盤は例年通り苦しみ、降格圏を彷徨ったが、オーストリアから来たダンディな指揮官ミハイロ・ペトロビッチの就任でチームは一変。燻るチームを固定概念に縛られない選手起用と先進的で大胆なタスクで見事に蘇生。終盤には連勝も飾って、10位まで引き上げた。様々な理解が深まる今シーズン、更なる期待が掛かる。

そんな期待の掛かるシーズンに備えたオフ、動きは非常に静か。ただ、昨シーズンの日本人得点王佐藤寿人と抜群のコンビネーションを築き上げている"ピチプー"ウェズレイやリベロとして新境地を開拓した冠のある戸田和幸の残留により、主力メンバーを維持することに始まり、J2愛媛で主力として分厚い経験を積んだ近年のサンフレユースの傑作の一つであるエレガントなレジスタ高萩洋次郎を呼び戻すことで、更なる競争意識を高め、サハラカップチャンピオンとなったユースからエース平繁龍一とキャプテン遊佐克美を昇格させて将来への布石を打つ。クラブのアイデンティティに沿いながら、的確な動きで戦力を維持・増強した。

戦力の維持に成功したとなれば、後はチームが、ペトロビッチメソッドへの深化・熟成により、どのような進化の過程を辿っていくのかが最大の注目点となるだろう。年齢やポジションと言った既成概念に囚われない監督なだけに、度肝を抜く大胆な起用が新たに生まれるか、旋風の原動力となったポゼッションにプライオリティを置いたサッカーが洗練されていくる事で新しい化学変化が生まれるか、そして抜擢された選手達が阿部勇樹や巻誠一郎のようなシンデレラストーリーを描いていくのかなどなど。もちろん、落とし穴に嵌る可能性もあるが、このチームが辿る過程には何か新しい発見がある気がしてならない。

きっと僕は、ミハイロ・ペトロビッチという監督に、数年前から日本に新しい風を吹き込んでいるイビチャ・オシムを重ね合わせているのかも知れない。彼から何か新しいモノが持たされるのではないか、今の日本に足りない概念を示してくれるのではないかと言ったように。敵である以上進化を辿ればサンフレッチェは更に手強くなるだろうが、一人のJリーグファンとして期待せずにはいられない。

*少しは傾向と対策らしいことをしよう。バックラインに森崎和幸や戸田を使うことの意義としては、ビルドアップの向上と言うことにある。彼らが低い位置から縦横自在にボールを流すことでリズムを生み、攻めやすい状況を作っている。もちろん本来は一列前の選手である彼らをディフェンスラインに起用するリスクがある……はずなんだけど、ジェフよろしく一人一人がよく走るし、危険な位置で彼らの弱点が出にくい守り方をするなど、個人としても組織としても非常に柔軟でクレバーにやっていることでそのリスクをカバーしている。リスクよりも利点が上回っていると言えるのかなと。

*基本的に自由にボールを回されるとサンフレッチェのリズムになる。良い流れを作り、その良い流れから良いボールが入れば、後は仕上げの出来る選手もいる。好循環を生み出しているのはその大胆な選手起用となっているバックライン。だからこそ、プレッシャーを掛けてリズムを崩すような施術が必要。コースを制限しながら、自分たちが守りやすい形にしていくという感じかな。主導権争いをするイメージ。

*後は、結果を残している2トップ。ピチプーは、周囲を活かすことで新境地を開拓していて、それが抜群の得点感覚とオフ・ザ・ボールの動きを持っている佐藤寿人、そしてせり上がってくる中盤の選手とリンクしている。キープが時間とズレを生んでる感じがあるので、何とか高い位置でのキープをさせないようにしたいところ。技術的に高いから、なかなか難しいけど、ある程度捕まえておいて、入ったところで挟み込むとか。バックラインへのプレッシャーとアタッカーへの警戒をバランス良くやることでサンフレの良さを削ることが出来るのかなと。他の攻略法?知らん(0-3で負けたイメージが強すぎる)

*注目選手としては柏木かな。チームでの研鑽はもちろん、ワールドユースもあって、更に一皮剥けちゃう環境にもあると思う。アジアユースのオーラを纏ったようなパフォーマンスが安定して出せたら、本当に楽しみな選手。センスは抜群、技術もハイブリッド、動きの幅も大きく、先が楽しみだし。本当は前俊がもっと試合に出てくれれば、前俊って書きたいんだけど……あの2トップは完成度高いからなー。

-----------------------

次はFC東京かな、サンフレの前にFC東京だった気がしなくもないけど。ゼロックスはまだ半分なんで、その後にでも。ということでここまでかな。

-----------------------

*ゼロックスの印象としてはどうしたレッズという感じ。ギドとオジェックの違い、チームと阿部の融合、そして新シーズンへの準備という中で齟齬が起きたかな。天皇杯の内容を考えれば、差が開いてもなってもおかしくはないんだろうけど、やられすぎだし、ミス大杉。逆のガンバの充実ぶりが目立った。ダイナミズムをしっかり活かせる鋭敏な感覚、コンビネーションのズレのなさとかは完成度の高さをもの凄い感じたし、安田が出てきたことで、更にオフェンシブな形を取れるだろうから、ね。守備もレッズの攻撃が単調だったにしても、隙を見せなかったのは評価出来る。「超攻撃」は伊達じゃない。ただ、まだレッズの方が強いと思うのは昨シーズンのトラウマのせいなんだろうか。

*東京デルビーは、両チームにとって良いゲームになったと思う。FC東京にとっては若い選手と福西の目処に収穫、ヴェルディは純粋に戦力の質の高さに目処に収穫という感じかな。気になるワンチョペはまだまだ、というよりJへの慣れとコンディション、二つの不安要素を感じる。元々、ワールドカップでも大して動かなかったことを考えればJへのフィットというか、チームへのフィットには乗り越えるべき要素が多そう。得点感覚抜群のボックスストライカーだったササを活かせなかったしねー。ただ、吉本良いね。穴がないし、頭も良い。過熱癖があるみたいだけど、完成度高い。ベルデーは余計なことしなきゃ充分勝てる。それぐらいJ2レベルを超える強烈な個人力。これで勝てなかったら確実にプギャーだね。

*CLもそれなりに消化中。書くかは分からないけど。後出しじゃんけんだけど、バルサ負けるのは何となく雰囲気漂っていた気がしない?僕はバレンシアのゲームで色々見えて、「あ、やばいかも」とちょっと思った。しかも相手が紅たんだったし(他のチームならそんなこと思わなかっただろうけど、リバポだったからこそソンなことを思ったのかも、紅たんのバルサへの強さは異常)しかし、ゲーム見ると立ち上がりの出来の良かったバルサがやられるとは、今考えると信じられん。バルデスのせいって言ったらそれまでか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2007

Are you ready?@練習試合 Fマリノス vs ソニー仙台

昨日は若手で香港遠征、今日は主力がソニー仙台との練習試合で、開幕への準備をしているFマリノス。僕も今日ようやく新シーズンのユニフォームを予約してきました。チームの方はともかく、ようやく後一週間、ワクワクして来ちゃいました。ということで、簡単に今日の練習試合で感じたことなどを。

練習試合

Fマリノス 4-1 ソニー仙台 @ マリノスタウンAグラウンド
F.Marinos:38'鈴木隆行 75'p松田直樹 78'清水範久 85'田中隼磨

1stHalf:GK榎本哲也、DF田中隼磨、栗原勇蔵、中澤佑二、那須大亮、MF河合竜二、山瀬功治、マルクス、FWマルケス、鈴木隆行、坂田大輔

2ndHalf:GK高桑大二郎、DF田中隼磨、吉村光示、塩川岳人、エウチーニョ、MF上野良治、松田直樹、清水範久、FW吉田孝行、大島秀夫、乾貴士

1stHalf          2ndHalf
     師匠            大島
坂田       鰻    乾        吉田
  功治 マルクス        ジロー
     河合         マツ   良治
那須      隼磨   エウチ      隼磨
  佑二  勇蔵       塩川  吉村
     哲也            高桑

ま、こんな感じかな。しっかりまとめるような試合でもなかったと思うので、頭の中のメモを晒すような形で。

-----------------------

・一番最初に思ったこと、「偽バルサ」。ポンポンショートパスを回しながらワンツーやロールプレー、オーバーラップなどを用いて崩していこうという感じ。ただ、相手の力不足を差し引けば、相手のディフェンスラインに脅威を与えるようなダイナミズムがなかなか生まれず、ゴールに直結するような決定的な崩しとでも言うのかな、そういう部分が非常に少ない。手数が多い割に実効力としては今ひとつ。J1のチーム相手ならあんなにボールは持たせてもらえないと思うし、より強いプレッシャーを掛けられることでミスがもっと出てくる気がする。

・ただ、昨年のカオスの時期のような打てども響かずと言う感じではなくなった。まだ逡巡するシーンもあるし、詰まるシーンもある。センスを感じない部分もない訳じゃないし、狙いを共有して動きを組み合わせるような高度な崩しなどほとんどない。ただ、空いたところに顔を出して引き出そうとすることであったり、前にスペースを見いだした時に一気にサイドチェンジをしてみたりと、攻撃に出るための第一段階である部分は確実に上がってきた。特に、河合の裁くことに対しての意識の向上は買い。よく見ているし、勇気を持って大胆にプレー出来ている。

・噂通り功治が割を食う部分が多い。バランサーとしてよく気を遣っているけど、「山瀬功治」としての最大の武器である前に鋭く飛び出すプレーや突破に掛かるシーンは数少なく、ボールに絡むシーン自体が少ない。その数少ないシーンでは可能性を感じさせてくれた事を考えると(坂田とのロールプレーでの絡み、機を見た突破など)、彼が割を食うことが正しいのかどうか……。

・今日のゲームの上での個人的な観戦テーマはどれだけミスをしないか、そしてミスした後にどんな状況に陥るかという部分。かなり攻撃のことに時間を割き、人数を掛けることやリスクチャレンジを推奨されているけど、その裏に潜むリスクというのが気になってしょうがなかった。で、単純なミスは除いて(佑二の危ういパス!注意)、1stチームはマルクスやマルケスと言った技術の高い選手がいたこともあって、かっさらわれて一気に行かれるというシーンはそんなにはなかった(これは上記の通り、J1になったら出てくると思う。マリの選手はプレッシャー掛けられた状況でのプレーには危うさが残るし)ただ、危険な奪われ方じゃなくても、中盤に空くスペースをシンプルに使われて、一気に攻め込まれてしまうシーンは何度もあり、またそれを抑止するようなチームタスクは見られず。予想通りと言っちゃ予想通りなんだけど、このままじゃJ1のチームにはカウンターで何点やられるか分からない。特に開幕戦。「リスクマネジメントのない攻撃志向はセーフティネットのない空中ブランコ」と例えてみる(ちょっとうまいたとえだと思ったわけだけど、だめですか、そうですか)

・良い例となったのが失点シーン。エウチーニョが突っかけて簡単に奪われて、左サイドの裏を簡単に使われると、グラウンダーで中に流し込まれ、ボールサイドに入ってきた選手がスルーされて対応に行っていた吉村(塩川かも?)が引っかかり、その裏から入ってきた選手にイージーに押し込まれた。仕掛けることがいけないとは言わないけど、一つのチャレンジが本当にリスクを抱えるチャレンジになってしまう組織となっているのかなと。同じようなシーンが何度もあったのだけど、エウチのプレーが拙いことは除いても、尻ぬぐい出来ない感じだね。

・中盤ディフェンス、ラインコントロールはお粗末。中盤ディフェンスに関しては、コンパクトに、囲んで奪おうという意図は感じるけど、その一つ一つの動きに整合性と連動性がない。曖昧な部分が残っていて、行って良いのかだめなのかと言う判断に迷いがある感じ。現状ではまだまだ奪う「定型」というのを作るというのは遠い。ラインディフェンスに関しては、ラインを維持しようとしているけど、ボールホルダーに対してアプローチが恐ろしくルーズだから、フリー同然でパスを出させる余裕を与えてしまったりしている。相手が相手だから何も起こらなかったけど(もちろんマリの選手達も練習試合だからモチベーションの問題もあっただろうけど)、一つ一つのアプローチの距離をもっと詰めて、ちゃんと相手にプレッシャーを掛けていかないと必ず破綻する。ラインコントロールも危ういよ、審判が下手なだけで何本かやられてた。どちらにしても、相手がミスするからいいやと言う精神はだめ。

・新戦力、師匠は何度か身体を張ったポストやファールゲットという匠の技を見せたけど、相変わらずインテリジェンスを感じない動き出し(周囲と被ること多数)とチャンスを無為にしてしまうシュートに対する低意識も相変わらずで一長一短。彼自身セットプレーからゴールを獲れたことは良いことだと思うけど、流れの中では全く怖さを発揮出来なかった。

・マルクスは、ショートパスでの崩しに固執しすぎる嫌いはあるけれど、右サイドでのマルケスと隼磨との絡みはそれなりに可能性を感じた。マルケス・マルクスがボールを持てるので隼磨はどんどん前に上がれて、そのパス交換の中でダイヤゴナルにボックスに入っていく動きやトリッキーなパス交換で局面打開するなど、一番実効力を伴うプレーになっていた。ただ、ふろん太の時のような躍動感や怖さはまだまだ。スルーパス見たいし(アタッカーの動きの悪さもあるけど)、自らかわしてお膳立てをしたり、飛び出す動きとかも欲しい。ふろん太の時はやってた。今はパスマシーンで、それだけで終わってしまう感じもある。守備は……ねぇ、僕は厳しい気がするけど。

・エウチは何よりもコンディション不良。ただ、それを差し引いてもとんでもなかった。一つのパスもまともに繋げず相手に引っかけ、突破もテクニックに不安、クロスは隼磨を彷彿とさせる亜空間、守備は一発型で安定感なさそうだし、ポジショニングはめちゃくちゃで裏へのスペース管理意識が低すぎる。JFLのチームに穴にされてしまう外人ってそれで良いのか、強化部長さん。コンディションが上がってくればそれなりにやってくれるのかも知れないけど、守備の概念の低さはどうしたモノか……。

・イヌーイはボールを持った時は可能性を感じた。股抜きでの突破や常に最も危険で得点に直結するようなパスを狙ってる感じがあるのは楽しい。やっぱり才能は抜群にある。ただ、現状に置いてはよりクレバーでエネルギッシュにボールを引き出す術と松田さんと良治さんへの菓子折が足りない。冗談は置いておいて、ボールに引き寄せられるようにずるずるっと寄っていってしまうから、相手の網に掛かりやすい。もちろんテクニックはあるのだけど、それだけではプロでは厳しい。クレバーにタイミングなどを計りながら、一気に爆発するようなオフ・ザ・ボールの動きが欲しい。てゆうか、スペースランニングももっとして良いと思う。相手を後手に回せばもっと抜けるし、もっと良い状態でボールが持てるようになる。守備は奪えなくて良いから、まず相手の前に立ってコースを切ることからやりなさい。

・新戦力以外で気になった選手。隼磨は前半はショートパスの流れの中でダイナミズムを付けるぐらいで目立たなかったけど、後半はショートパスに固執しなくなった分、シンプルなサイドチェンジを良いランニングで引き出して、実効力抜群のプレーを見せてくれた。ループは調子に乗った感じだったけど、素晴らしい判断。前半のメンバーであれだけ躍動感のあるプレーが出来たら、チームの幅は広がると思う。

・河合は上記の通り、ミドルパスへの意欲がとても高く、狭くなりがちな構成に変化をもたらしてた。中盤ディフェンスはまだまだこれからだとして、ああいう勇気のあるプレーをもっと続けて欲しい。うまくなってるんだなー。

・坂田はネガティブ。ポジションを変えたりと流動的にやってるのだけど、何となくせせこましくなってる。ダイレクトプレーとか、足裏で引いてのミドルとか、良いんだけど、彼の魅力が出ていない。もっと裏への要求をして良いし、していかないと、チームの攻撃にダイナミズムが生まれない。狙え狙え。

・将軍様のボランチはどうなんだろ。気を遣ってたし、繋ぎはうまいけど、調子こいてミスする姿が目に浮かぶ。個人的にはバックラインでラインコントロールをやって欲しい。フィードも活かせそうだし(全般的に相手はマルクスやマルケスに引っ張られる感じがあるから、対角線に飛ばすようなフィードは効果的だと思う。タイミングを合わせてくれれば)

・哲也は試合に出て大丈夫だったんだろうか……。セービングの時ヒヤッとした。

・ジローと師匠が揃って点獲ったんだなーと帰ってきてから思った。来週一週間雨になりそうだなーとか思ったら、祈りたくなった。

-----------------------

まだまだやるべき事は沢山あって、道半ばだけどもう時間が来ちゃいましたって感じかなー。準備はいいですかー?と言われたら、後2週間ぐらい待って~、と言いたい気分です(そうしたら監督を代える)正直言って、今日のゲームでは結果は置いておいて、不安要素の方がポンポン出てきた。面白いサッカーになる可能性はあるけど、強くて勝てるサッカーになる可能性はもの凄く低い事であったり、リスクの分の実をしっかりと数字に残すことが出来るのか、リスクだけを被ることになるんじゃないのかとか、机上のロジックに置いて破綻の出るものが不確定要素の大きいピッチの中でうまくいくのかとか、ね。でも、もうそろそろ僕も本当に腹を括らないといけないね、シャツも買っちゃったし。

-----------------------

まとめる気がないからってダラダラ書くのは僕の悪い癖ですね、読んでる人、長くて申し訳ないです。次はゼロックス……かな?わからないけど。傾向と対策になるか、それとも東京デルビーになるかも……まだ未定って事で。ということでここまで。

-----------------------

*試合が終わった後、人工芝のCコートでユースの練習を見てたんだけど(鬼のように寒かった、強風だったし)、その横の天然芝ピッチでは功治が黙々と一人で練習してた。他の選手はシャワーを浴びて帰っちゃってたんだろうけど、こういう姿勢が他の選手にも伝わって欲しい。サッカーに対する真摯な姿勢が必要な今こそね。

*だからと言う訳じゃないけど、今年は10番にしました。前から決めたけど、今日の姿を見てますます惚れた。そのうちタイトル部に功治の写真が付く日も近いな。

*てゆうか、コーチはどこに行ったの?コーチがこういう時こそサポートしてやらないと。あ、香港か。でもさ、誰だって良いじゃん。手伝いたかったよ、ボール拾い。

*そうそう、明日は味スタ行こうと思ってますよ。無料だし、良い席座るには早めに行かないとだめっぽいね(何とか2階席でガキのいないところに座りたい)どのくらい来るのかしら?熱っぽい試合が見たい。

*なんで東京デルビー?と思われるかも知れないけど、色々気になるじゃん。U-22組はいないけど、移籍してきた選手はもちろん(福西、ワンチョペ、エバウド、ディエゴ、フッキ、名波様)、FC東京のバックラインがどうなるのかとか(吉本かな?)、ラモス(笑)とかね。ラモスと言えば、エルゴラのゾノのインタビューは笑った。人ごとじゃないけどな_| ̄|○

*希望の試合展開はヴェルディが前半でディエゴとフッキの大爆発で3点ぐらいリードして、ヴェルディ強いなーと思わせておいたところで味スタ劇場開幕。馬場ちゃん辺りがスパークして3点返して、最後は熱くなったヒロミとラモスが場外乱闘。そうしたらトーチュウ買っちゃう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2007

洗い出される課題@北京オリンピック予選壮行試合 vs アメリカ

*選手評追記しました。偏り気味ですけど、よろしかったらどうぞ。

出来ないことと出来ること、それははっきりしたはず。後は、それを修正するだけ。時間はないけどね。

KIRIN Challenge Cup 2007 北京オリンピック予選壮行試合

U-22 Japan 0-0 U-22 America @ KK WING

U-22日本代表スタメン:GK松井謙弥、DF青山直晃、伊野波雅彦、水本裕貴、MF本田拓也(→谷口博之)、梶山陽平、水野晃樹、本田圭佑(→家長昭博)、FWカレン・ロバート(→増田誓志)、李忠成(→苔口卓也)、平山相太(→森島康仁)

来週水曜日から始まる北京オリンピック予選に向けての壮行試合。こういう試合は景気づけのゴールラッシュを求める傾向にあったが、反町監督はこのゲームも強化の一貫として考えているようで、メキシコと共に北中米のトップランナーとして実績のあるアメリカを迎えて、現段階での力を図る。

その中でのスタメン。このチームのバランスを担う青山敏が発熱のため(招集はされてる)、昨年からの怪我で長期離脱を強いられている西川(もう練習は開始してるのかな)が外れているモノの、現状に置いてはある程度揃ったメンバーとなった。バックラインはA代表に招集された3人が並び、中盤中央は背番号10を付けた梶山と本田拓、両翼が本田圭・水野、1トップには平山、その下には様々な選択肢の中でカレンと最近日本国籍を取得した李忠成という選択、形としては3-4-2-1。アメリカの方はスタンダードな4-4-2。こいつら、身体の厚みがルーニーみたいなやつばっかりだ。

前半

序盤から、アメリカのフィジカルの強さにも屈せずにタイトなディフェンスと人とボールが良く動くオフェンスがうまく噛み合う形で良い立ち上がりを見せた日本。多少1vs1で牛耳られる部分があったものの、外だけではなく中にポジションをズラしてゴールを狙ったことで平山のオープニングシュートに繋がるこぼれを生んだ李のプレー、決めきれなかったモノのセンターフォワードとしてポストワークだけに固執せず、裏に抜け出してフィニッシュに絡んだ平山のプレー、積極的なボールレシーブアクションを見せてうまくボールを引き出し平山の決定機を引き出すラストパス、うまく流れに乗って攻め上がり、左サイドのランニングをデコイにうまく切り返して強烈なミドルを見せた梶山のプレーなど、チームの狙いと個人の良さがうまく噛み合う形が見えた。

ゲームの流れを掴んだ日本は、相手ゴール近くでのプレー機会が多くなるが、肝心の所では人数を裂き、しっかりと集中して守ってくるアメリカの強さの前に、チャンスを生かすことが出来ない。セットプレーなども多くなるが、右サイド水野の鋭いCKからカレンがフリーとなってのヘッドもGK正面。ゴールが遠い。

25分を過ぎると、アメリカが落ち着きを取り戻し、チャンスを生かし切れない日本から流れを奪い取る。細かいパスでゲームをコントロールしながら、ドリブルで局面を打開するプレー、中から外という形でポストを絡めてアウトサイドを使うプレーなど、バリエーション豊かな攻撃で日本を押し込むことが多くなる。序盤は縦に入ってくるボールに対して、非常にタイトにアプローチに行けていたところが(マンマークを忠実に出来ていたことの証拠かな。又、それに呼応する形で中盤の選手が挟み込めていた)、そういった要素が少しずつ緩くなることで相手にプレーが出来る余裕を与えてしまったことが遠因か。

時折速い切り替えからカウンターに繋がりそうなところもあったが、結局日本は流れを失ったまま前半を終えることに。スコアレスで折り返す。

後半

後半開始後も日本は前半から続くアメリカの流れを断ち切れない。ポゼッションを獲られ、ボールを動かされることでマークがずれて、主体的な守備がなかなか機能しない。後手後手になる中でどうしても全体が押し下げられ、前線との距離が開いたことで、なかなか前半立ち上がりのようなリズムが生まれない。そんな劣勢の中で、平山が逞しさを見せて起点を作り、フィニッシュにまで繋がる形を見せたが、散発的な部分は否めない。

悪い流れを断ち切ろうとベンチも早めに動き出す。ここまでこのチームで結果を残している増田がカレンに代わって投入。中盤を助けながら、最前線への飛び出しを期待か。この交代から少しずつ立て直しを図る日本は、ようやく後半のファーストチャンスを迎える。左サイド距離のあるところで得たFK、本田圭の高い弾道の鋭く曲がるキックはファーに向かうと、平山の走り込みヘッドは高い打点でどんぴしゃり!完全にフィットしたヘッドは決まったかに思われたが、惜しくもバー。しかし、選手のポテンシャルが垣間見えたプレーだった。

しかし、ゲームの大きな流れは変わらない。アメリカの質の高いポゼッションに対して振り回され、時折発揮される局面打開も御しきれず、押し込まれる事は変わらない。チームとしてのディフェンスのやり方も影響していると思うが、ボールを奪いに行くという部分でバランスを崩し過ぎている側面も否めず、局面を破られると普通以上に危ういディフェンスとなっていることのが気になるところ。このタイミングで本田圭、李に代えて、家長、苔口を投入。前線の活性化、そして個人による局面打開を期待してか。

その家長は、投入直後左サイド角ででかい相手二人に寄せられながら、その間をすり抜けて(しかもうまく腕で相手をこじ開けるように!)チャンスを生み出す。彼のプレーが呼び水となり、ようやく少しずつ失われていた勢いが戻り始める。セカンドボールを拾えるようになる、主体的な形でボールが奪えるようになるなど、ラインが低いことを除いては守備面の問題が改善され、そのこともあって梶山が高い位置でボールに絡めるようになり、攻撃に変化が生まれ始める。更に日本は本田拓に代えて谷口をピッチに送り出し、勢いを更に加速させようとする。

ゲームは最終局面、ホームである日本がどんどん攻勢に出る。多くのセットプレーから後一歩と言うところまで迫り、水野の素晴らしいドリブルワーク(シュートを匂わせて相手を剥がし、最後は自分の得意な右足で精度のあるシュートを魅せた。素晴らしい)からそのままバイタルに入り込んでシュートに繋げるなど、惜しいところまでいくが、それでもゴールネットは揺れない。結局、スコアは最後まで動かずスコアレスでゲームを終えた。

-----------------------

「強化」という事を考えれば、これ以上ないゲームになったと思います。ある程度出来る部分、そして改善しなければならない部分が非常にはっきり見えたと思う。テーマを上げるとしたら3つ。

・苦しい状況に陥った時の流れを変える術

・ブレの大きいディフェンススタイル

・ビルドアップの質

まず一つ目、これは若年層代表のどのチームにも言える事なのだけど、相手に流れが行った時に、チームとしてどうやって流れを引き戻すのか、その術を持たないから悪い流れのままゲームをずるずる引きずってしまう。現状に置いては、中盤が押し込まれ、マークに付くシャドーも下がると、最前線に残る平山が孤立し、なかなか攻撃に出れなくなってしまうと言うのが課題として残った。

もちろん、理想論を言えば守備に置いてもある程度ラインを維持して、コンパクトな布陣を保つことがベターだと思うのだけど、それは現実的には難しい(そんな守備が出来るのなら、悪い流れにはならない。状況に応じてラインを下げなければならない時がある)。となれば、下げられた後にどうするか、相手の攻勢を凌ぐことは当然として、ボールを奪った後、相手は切り替えてプレッシャーを掛けてくる。そのプレッシャーから逃れるために、セーフティファーストに雑に前に飛ばしているだけではだめと言うこと。

必要な要素は前線との距離を埋め、バランスを整えること。そのためには前を急ぎすぎない、時間を作るということが大事になる。チームの構成として、繋ぐ選手を増やすというのも選択肢の一つだと思うし、雑な攻撃を減らすというのも選択肢。取る道は様々なのだけど、その中で一番重要なのは的確な状況判断と、少しの勇気を持ってゲームをしていくことが大事になるのかなと。注意深く、そして大胆に。これが出来れば、自分たちの良さというのはもっと多くの時間で出せるようになるのかなと。

その下の二つに関しても、基本的には判断力が大きな問題。ディフェンスも時間によってかなりブレが出た。前を狙うことで後ろのバランスを失い、局面打開を許すと数的同数のような形で攻め込まれるシーンが多数あったし、逆にしっかりと後ろからマーキングが出来ているのに次のパスコースを消しきれず、そのマークが無為になってしまうなど、まだまだ徹底しきれない部分がある。それも、状況判断が出来ていないというのが全てだと思う。でていって良いところかどうか、相手の状況がどうなっているのかどうか、そういうことを的確に判断出来るようになることでよりよくなっていくはず。

3つ目の要素であるビルドアップも言わずもがな。どちらにしても選手達は状況判断の質をより高く、早くしていくことが求められる。状況は刻一刻と変わり、それによってプレーセレクトというのを変えていかなければ現状は打破出来ない。僕はこのチームの選手達のポテンシャルはとても評価しているので、力さえ発揮出来れば素晴らしいチームになると思う。その力を発揮するための要素が「判断力」だと思う。

-----------------------

追記:)はい、約束通り追記です。選手評です。選手によってバラツキがあるのは僕がどの選手に注目してるかの指標です。どれだけ梶山と反さんが好きなんだ。

松井謙弥(ジュビロ)→これまでと比べたら、安定感は増しているように思える。的確な判断とポジショニングで危ういシーンはほとんど見られず。しかし、プレーが危なっかしく見えてしまうのはどうしてだろう?

青山直晃(エスパルス)→以前このチームのスタイルとの齟齬という課題を書いたけど、早い段階で捕まえてタイトに張り付くことで前を向かせないという要素に改善が見られたのは良い傾向(悪い時間帯はあったけど)ただ、もうひとつの懸念ポイントだったビルドアップは首をひねらざるを得ないし、このチームだとなかなか本来の安定感が出てこないのが気になる。この辺は順応と経験かな。

伊野波雅彦(FC東京)→良いフィード有り、フォアリベロ的なインターセプト有りと段々このポジションが板に付いてきた……と言いたいところだけど、少々リスキーな判断も目に付く。難しいところだけど、出過ぎて2バックでの対応になってしまうようなシーンは減らしたい。そのために必要なのは言わずもがな、状況判断だね。それともっとラインを押し上げることを意識していくべき。チームの出来を左右する部分だから。厳しくなっちゃったけど、全体的には良かった。

水本裕貴(ジェフ)→高い切り替えへの意識、1vs1の安定感など、メソッドの理解者としてしっかりとしたパフォーマンスを見せた。後は周辺との意思疎通。もっとリーダーシップを獲って、MFとの連動を作ればボール奪取においての実効力は高まっていくはず。ビルドアップは青山と同様余り良くなかった……。

水野晃樹(ジェフ)→全体的に押し込まれ気味の中で、1vs1含めた守備(コースの切り方とかね)と低い位置でのプレーには正直少々不安が見える。が、時折見せるスペースランやタイミングの良いクロスなどは、やはり質を感じる。もっと仕掛けても良かったかな、家長のプレーを見ると水野のドリブルも発動すれば苦労させられたと思うし。もっと出来るはず。

梶山陽平(FC東京)→出来としては良いところ半分、もっとやってほしいところ半分かな。攻撃面では存在感さえ出れば、日本のリズムが変わると言っていいぐらい、チームの攻撃の可能性を広げる役割を担った。らしいフェイクからのミドルや視野の広さと的確なプレーセレクトを感じるラストパスはとても素晴らしかったし、連続したボールレシーブアクション(これがスタンダードに出来れば彼はもっと上に行ける)、相手の穴を見据えた飛び出しなども見せて、チームタスクへの理解が見えた。ただ、チームが苦しい時に拠り所となれなかったことが不満。あれだけボールを持てるのだから、ああいう時こそ積極的にボールを引き出して時間を作ってほしいし、全体を落ち着かせるような存在となって欲しい、ヒデみたいにね。守備は、グループの一員としてより鋭敏に反応してコースを切るなりしないと。僕はこのチームは彼のプレーが鍵を握ると思うし、持っているモノも違うと見ているので、これぐらいじゃ満足出来ないかな。もっともっと。

本田拓也(法政大)→んー、青山と比べると、感覚的に鈍い。何を指すかと言えばスペースマネジメントであったり、ボールの奪い所の反応がね。頑張ってはいたけど、壺を押さえ切れていないかなーと。後ろからさらわれそうになったりと、もう少し周囲を見て速い判断が出来るようにならないと。この試合では全般的に良くなかった。

本田圭佑(グランパス)→見所は平山のヘッドを引き出した美しい一本のキックだけ。それ以外はほとんど良さが出なかった。攻撃は押し込まれて良いポイントでボールを引き出せず、鋭いキックも余り見られず(サイドチェンジとか欲しかった)守備はアメリカのフィジカルの前に屈し、周囲との関係性も悪い。連動しきれずボール奪取チャンスを逃すシーン(CDFが前を向けない状況で落とすしかないところでレシーバーを捕まえきれずポストワークを許したり。中盤の選手全般的に言えるけど)とかは、特に。家長が良かっただけに、又ポジション争いは激しくなるか。

カレン・ロバート(ジュビロ)→平山・李との関係性も良く、ボールにも絡んで、積極的にプレーしていた印象。もちろん守備も頑張る。ただ、それだけじゃ足りないかなー。もっと実効的な要素が欲しいし、なんと言っても結果が欲しい。あのヘッドは決めたかった。良かった時のゴールへの嗅覚が出てくると、抜けた存在になるはずなんだけどなー。チームの構成を考えると(ビルドアップの悪さとかね、中盤的な選手が欲しい)、厳しい立場にいるのかも。

李忠成(レイソル)→祝・初選出・初スタメン。で、一発目とは思えない順応性の高さだった。オールマイティに何でもこなせるし、タフにプレー出来るのも魅力。ゴール前に入ってくることで平山の負担も減って彼のシューターとしての才能も引き出せるんじゃないかと思ったり。可能性のある存在だと思う。毎回思うんだけど、顔つき良いなー、鋭い目線が飢えた感じで良い。

平山相太(FC東京)→噂通り身体にキレがあり、久々に良い平山を見た気がする。ヘッドは抜群に高かったし、ファーストシュートもシューターとしての才能を再確認させるに充分なインパクト、ただ、ストライカーとして一発は獲って欲しかった。だから、完全復活はおあずけ。ポストも逞しいプレーが何度もあったし、この出来がスタンダードになるんだったら(ま、難しい気はするが)、北京への道を切り開くスピアヘッドとして期待出来る。

交代出場
家長昭博(ガンバ)→天性とも言えるドリブルワークはこのレベルでも充分通用。短いプレータイムながら、数多くボールに絡んで良いプレーを見せたことを考えれば、次はもっと長い時間チャンスを挙げたい存在。てゆうか、ウインガーで使えばいいじゃん。彼は高い位置で使えば、チームの強みとなる存在だと思うけどね。ましてや、平山があれだけ好調なら……。

増田誓志(アントラーズ)→現状に置いては必要、かなぁ。ボールを引き出して、ゲームを作ることにも力を裂けるからね。もちろん前にも飛び出せるし、守備も出来るしね。反たんの考え方次第だけど、ね。

苔口卓也(セレッソ)→惜しいチャンスはあったモノの、このゲームでは少々活きずらい状況だったか。強みをいかに発揮するかが彼の課題である、将来に繋がる重要な要素だと思う。あの速さは間違いなく可能性なんだけど。落選は妥当か。

谷口博之(フロンターレ)森島康仁(セレッソ)→出場時間短く評価なし。


反町康治(男前)→もの凄い風当たりがきついみたいだけど、きっと反さんにオシムたんぐらい威光と世間の追い風があったら批判されないと思うので(ビルドアップやら、押し込まれた後の対処法やらを批判するのはお門違い。日本で明確な対処法を示せる指導者は早々いないし、その対処法の概念すら現状ではあるのか疑問。批判に合わせて、その対処法が示されていないのはどうなのよ。言いっぱなしジャーマンじゃん。「だめだ」と批判するのは、だめな指導者の典型)、余り気にしなくていい気がする。ただ、正直言って時間は足りないと思うけど、地道に一つずつやっていくしかない。個人的に「漸進」はしていると思うから、もっと良くなるとは思うけど、その進化スピードが勝負となる予選に間に合うかになるのかなーというのは少し心配。時間がないなら何かにプライオリティを合わせてやるべきかな、個人的にはディフェンス(特にマンマーキングとその次を消すパスコース制御と言う連動)かな。攻撃はこのままでも何とかなると思う。とにかく贔屓含めて、頑張れと言いたい。

-----------------------

うわ、長ぇ!全く読む人を無視したこの構成に反省しないわけでもない。Jの傾向と対策もやりますよ、忘れてませんよ。開幕までにコンプリートは間に合わないとは思うけど。と言うことで今日はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2007

Let's Go To the untrodden ground!@06-07 UCL Round of 16 1stLeg Celtic vs AC Milan Preview

いよいよ始まっちゃいますよ、決勝トーナメントが!もうそろそろ…と言う気がしなくもないけど、やっぱりワクワクしちゃいます。時間が遅いのでとりあえずセルティックのゲームだけだけど、他のゲームも見所満載(後で追記するかも)ということで、プレビュ。

06-07 UEFA ChampionsLeague Round of 16 1stLeg

2/20(Tue) Celtic Glasgow vs AC Milan @ Celtic Park
Celtic                   Milan
      V.o.Hesselink           Gilardino R.Oliveira
    McGeaty                      Kaka
Jarosik         Nakamura      Seedolf   Gattuso
    Gravesen  Lennon              Pirlo
Naylor          Wilson    Jankulovski      Oddo
     O'Dea  McManus          Kaladze  Bonera
        Boruc                     Kalac

僕にとっては何にも変えがたい今節のメインマッチ。日本人で初めてUCLの決勝トーナメントに立つ俊輔の勇姿を見ないわけにはいかないっす。

ただ、相手は欧州きっての強豪であるミラン。比較的絶頂期を過ぎているとはいえ、高い戦術浸透度と個人能力、そして大きな経験を抱えるチームなだけに、簡単な相手じゃない。そして、そんな相手を向こうに回して先に進むためには、ホームで迎える一戦目の重要性は非常に高く、このゲームがこのマッチアップを左右すると言っていいでしょう。

そんなゲームを迎える両チームの状況をまず。セルティックの方は、比較的怪我人は少ない状態だけど、不安なのはセンターバックか。ここ最近リーグ戦では冬に加入したスティーブン・プレスリーがタフなプレーでこのポジションをこなしているが、彼はカップタイドのため、このゲームには出場不可。その穴を埋めることが期待されたギャリー・コルドウェル、ボボ・バルデも怪我と選択肢が非常に狭まってしまった。多分この試合では若いマクナマスとオデーというコンビになるけれど、この二人で百戦錬磨のアタッカー達を迎えるのは少々背中に寒気を覚えてしまう。

対するミランは、少々欠場者が目立つ状態。守備の要である二人、ネスタとジダが共に怪我でこのゲームの出場は難しい様子。又、ビッグゲームに強いフィリッポ・インザーギも欠場濃厚で、冬に移籍してきたロナウドもカップタイドのために出場不可と、前後共に戦力が削がれている。まあそれをカバーするだけの戦力は揃っているとはいえ、少しクオリティが下がる可能性は否定出来ない(特に守備陣)

じゃあ、勝負の綾となる要素を取り上げます。

・暗殺者はドリブラー -ピルロを巡る攻防-

ミラン有利は揺らがない。そんな状況を覆すために、セルティックはこれまでほとんどやらなかったミラン対策を施してゲームに臨む様子。

指揮官ゴードン・ストラカン、そして俊輔の口からもキープレーヤーとして真っ先に挙がる名前、それがアンドレア・ピルロ。中盤の底から攻撃を作り、隙を見いだせば超高精度のパスで相手の守備陣の穴を突くレジスタ。ミランの攻撃は彼から始まり、彼が動かすと言っても過言ではなく、中盤低い位置でも彼を自由にしてしまえば、危険な状況に陥ってしまう。そんな彼を警戒するために、普段は中盤をフラットに並べることがスタンダードとなっている構成を弄り、彼をマーキング出来る位置に選手を置くという選択をした模様。

相手を警戒するための布陣変更を鑑みれば、しっかりと守備の出来るプレーヤーを置くのが定石だと思うのだが(セルティックであればやはりヤロシクと言うことになるかな)、ストラカンの選択は若きアイルランド代表エイデン・マクギーティ。彼を使う意義として、マーキングは義務としてしっかりやらせるとして、攻守が入れ替わった時に、現状のセルティックに置いて最も個による局面打開が期待出来るプレーヤーである彼がピルロの対人ディフェンスを脅かすことで、ミランの守備を揺さぶろうとしている。
*何となく欲をかき過ぎのような気もするけど、ね。でも、多分マクギーティには前半からフルパワーで行かせて、バテたらミラーを入れると言うことになる気がする。

もちろんミランも、ピルロが警戒されることは百も承知なはずで、サイドバックやセードルフ、ガットゥーゾと言った周囲を固める選手達が手厚いサポートと細かいパスで彼のマークをずらそうとしてくるはず。その時に、セルティックのマクギーティの周囲の選手(フェネであったり、俊輔だったり、左はヤロシクかな?)がそういうことをさせないように、強いプレッシャーを掛けていきたい。

セルティックの奇策が嵌るのか、ミランの熟成度が上回るのか、勝負の綾を握るのがピルロを巡る攻防であるのは間違いない。

-----------------------

ま、現在UCL得点王のカカはピルロよりも直接的に危険な存在(ミランで最も得点の期待が出来る攻撃パターンはカカがバイタルでうまくフリーとなったのを見計らって、ピルロがずばっと縦パスを入れることで、相手の中盤ディフェンスを無力化し、カカは丸腰となったディフェンスラインに襲いかかると言う形は非常に危険。ミランのアウトサイドはこの隙を生み出すことを意識しているしね)だし、ジラもリカルド・オリベイラも燻っているとはいえ怖い選手に代わりはない。勝負の綾で上回ることが出来たとしても、局面においてやりこめられるようだと、施術も水の泡。それだけに、セルティックの選手がいかに局面で踏ん張り、粘るかというのが必要になるのは言うまでもない。

-----------------------

全てに置いて守備のことばかりになってしまったけど、とにもかくにも避けたいのはアウェーゴール。もし勝てないとしてもスコアレスならまだ可能性は残る。でも、失点してのドローだと本当に厳しいことになるからね。それに何とか粘って無失点でゲームを進めれば、セルティックパークでのユナイテッド戦のように誰かさんの一発が火を噴く可能性だってない訳じゃないし(俊輔だけじゃない、マクギかも知れない、フェネかも知れない、ミラーかも、ズラかも……)、それが金星に繋がったとしたら、大きくベスト8を引き寄せるはずだから。まずは失点を避けたいね。

-----------------------


で、俊輔だね。俊輔にとってジダの欠場は残念かも知れないけど、カラッチはあんまり良いGKではないし、隙さえ見いだせばまたセンセーショナルなゴールを上げれる可能性はあると思う。上にも書いたけど、この試合ではまずチームタスクをしっかりこなすこと。ピルロを抑えるのは点のマークだけじゃなくて、周囲を使わせないということが揃ってないと難しいと思うし。その中で存在感を出してくれればと。頑張ればれ。

-----------------------

と言う感じでしょうか。うー、書きながら想像してると、やっぱりドキドキするよー。何か遅くなっちゃったけど、取り急ぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -アルビレックス-

Photo_1
何か順番がもの凄い適当な気がするんですが、その辺はキニシナイ。アバウトにやっていきますよ。と言うことで今回は、好補強と熟成という二つのポジティブポイントが気になるアルビレックスを。

・熟成+補強に見える「可能性」 -アルビレックス-

[IN]
FW:
深井正樹(←アントラーズ/レンタル)

MF:
坂本將貴(←ジェフ/完全)
デビッドソン・純・マーカス(←アルディージャ/完全)
吉澤正悟(←アルビレックス・シンガポール/レンタル復帰)

DF:
千代反田充(←アビスパ/完全)
田中秀哉(←アルビレックス・シンガポール/レンタル復帰)

[OUT]
FW:
船越勇蔵(→ヴェルディ/完全)
上野優作(→サンフレッチェ/レンタル→完全)
中原貴之(→ベガルタ/レンタル復帰)
中村幸聖(引退)

MF:
ファビーニョ(→ジュベントゥージ[BRA]/完全)
岡山哲也(→アルビレックス・シンガポール/完全)
青野大介(→愛媛FC/完全)
栗原明洋(未定)

DF:
鈴木健太郎(→ヴァンフォーレ/完全)
梅山修(引退)
喜多靖(未定)
酒井悠基(未定)
尾崎瑛一郎(→アルビレックス・シンガポール/完全)
藤井大輔(→ザスパ/レンタル)

チームの顔となっていた反町監督がチームを離れ、新たな道を歩んだ昨シーズンも結果としては振るわなかったアルビレックス。ホームでの抜群の強さもなかなか成績に繋がらないことを考えると、壁にぶつかっている感がある。

しかし、中長期的な視点から考えると着実な歩みとも言える。これまでは少々厳しいかという戦力を何とかやりくりすることで勝ち残ってきたチームだったが、ここの所は抜け目ないと言える補強で少しずつ戦力を増強し、チームとしてのクオリティを上げていこうという狙いが見える。こうやって力を蓄えていくことで、なかなか破れない下位の壁を破ろうというスタンスがあるのかも知れない。

そういう意味では今オフもその狙いを果たせたオフだった。ジェフの屋台骨を支えていたユーティリティ坂本、キレの良いドリブルと思い切りで存在感を示していた深井、中盤中央でスケールの大きいプレーが出来る純マーカス、高さと危機察知の速さを併せ持つ千代反田と各ポジションのクオリティを高められる選手が加入。彼ら一人一人特徴がはっきりしており、チームにポジティブな影響を与えられる可能性を秘めているだけに、戦力増強以上のチームへのポジティブな影響が期待出来る。

そして、もう一つアルビにはポジティブな要素を見いだせる。それは、鈴木監督が熟成を進めるチームタクティクスのクオリティ向上。前線のタレントによる個力に依ったカウンターがメインウエポンだったアルビレックスにもたらされたのは、より狙いを持ってボールを動かし、グループで崩そうというタクティクス。基本の部分ではトランジッションが据えられているが、シルビーニョを起点にポスト&サポートというプレーに高いプライオリティを置いてやっていくことで、相手を揺さぶって崩していこうという能動的なプレーを模索している。もちろん、現状では試合によって非常にバラツキがあり、守備に置いてプレッシングが機能しないと攻撃もボロボロになったりと安定感はないが、連続した縦の出し入れ(楔→ポスト落とし→サポートから又楔→フリーランを活かすポスト→崩す)のような綺麗な流れを生み出すプレーには可能性を感じる。熟成が良い方向に向かうのであれば、チームは飛躍の可能性も秘めていると思う。

アウェイでの弱さ、大きすぎるシーズンの中での波といったこのチームが抱える「ムラ」という病巣、多くの新戦力によるチームのマイナーチェンジを考えれば、上記のようなポジティブな要素も「可能性」と言う曖昧な言葉に留めなければならない。ただ、矢野貴章の日本代表選出、千葉和彦のオリンピック代表選出、田中亜土夢・河原和寿のアジアユースでの活躍など、チームには新たな胎動が始まっている感があり、後はチームとして、その胎動を結果に変えられるかどうかに掛かっている。「可能性」は間違いなくある。

*注目の選手は……と言うと、田中亜土夢かなー。移籍組(特に坂本と深井がこのチームに何をもたらせるかは非常に興味をそそられるし、どこに入るのかも気になる)が入ってくることで、昨シーズン自分の居場所を確保したかに見えた彼も又再び競争原理の中に引き戻される。中盤のポジションは4つ。ただ、戦術核であるシルビーニョはある程度決まりと考えれば3つ。チームバランスを考えると2つかも知れない。で、ライバルは鈴木慎吾や深井正樹と言った明確な武器を持つ選手達。そんな選手を向こうに回して彼がいかに自分の特徴を磨き、発揮してポジションを確保出来るかというのは気になるところ。機動力と技術を併せ持つ可能性のある選手なだけに、ここは一踏ん張り見せて更なる成長を期待したい。アルビサポも彼にはとても大きな期待をしているだろうしね。

*ただ、個人よりチームに興味があるかな。鈴木監督のやろうとしているサッカーを表現出来る駒は揃いつつあると思うんだよね。戦術の浸透と選手間コンビネーションの向上は、より質の高いものになるはず。機動力のある選手が揃う中盤は意思統一さえ出来れば鈴木監督がこだわるプレスにも好影響を与えるだろうし、DFラインも千代反田と坂本の加入、永田の復帰、内田潤もシーズン最初からいるとなれば、不安視される守備も少し計算が立つかも知れない。これにエースエジミウソンと初代表候補で意気上がる矢野の爆発があれば(もちろん深井も)………何かをやらかしても不思議じゃないと思う。ま、これだけ持ち上げて思いっきり逆走したら、身を隠します(苦笑)新戦力フィットという課題があるのが気になる……

-----------------------

ん、ちょっと僕の悪癖が出てきた気が……でもその分中身がちゃんとしてるからいいっしょ!と現実逃避……。次は多分FC東京。その前にUCLのプレビューやるかも、楽しみでしょうがないの、うん。ということでここまでっす。

-----------------------

*愛鷹(あしたかって読むんだってねぇ、張りつめたー♪)では、色々と盛りだくさんぽくて、それを目の当たりに出来た皆様羨ましいですわ。そうそう、功治と隼磨のリニューアルチャントが発表されたらしいし、新曲もあったそうな。ゲームの方は、代表に行ってる藤本・青山、それに枝村・山西なんかを温存されたにしても(ジョンは怪我?)、エスパ相手に一応(スコア的に)互角の勝負を出来たというのは少し自信になるのかな、見てないけど。とにもかくにも後2週間、良い準備をして開幕に臨んで欲しいな。しかし、狩野がセカンドチームなの?納得いかねぇ、見てないけど。

*自分的今週メモ。沢山あるからさ、忘れちゃいそうで。

2/20(Tue) UCL Round of 16 1stLeg(この日は何があろうとセルティックvsミラン@セルティック・パーク!生で見る所存です。ジダ欠場だって、俊輔残念。瀕死巨人対決レアルvsバイエルン@ベルナベウも気になるけど)

2/21(Wed) U-22日本代表vsU-22アメリカ代表@熊本KKウイング(強化の過程の中では無駄に出来る試合なんてなし。どんなメンバーになるのか気になる)

2/21(Wed) UCL Round of 16 1stLeg(この日は生は無理そうだけど僕は何があろうとインテルvsバレンシア@ジュゼッペ・メアッツァ!でも人に勧めるなら、ローマvsリヨン@オリンピコ。現状の欧州トップモード直接対決。フットボールの神髄を知れ、早野氏必見。もちろんバルサvsリバポ@カンプ・ノウもカバーしたい。うまくやれば今のバルサなら沈められる可能性も……なくはない……かなぁ?てか、モウリーニョのエスタディオ・ドラゴン凱旋(2度目だよね?)も気になるし、この日いけずぅ)

2/22(The)UEFACup 1stKnockOutRound 2ndLeg(ゲーム単体としてはブレーメン-あややが見たい。ただ、1stLeg3-0で差が開いちゃってるから、興を削がれるかー、もったいない。統制の取れたプレーに非常に好印象を抱いたCSKA[一昨年のチャンピオン]、ディフェンディングチャンピオンセビージャが気になる。でも僕はきっとUCLのカバーに必死になっている予感)

2/23(Fri) 香港遠征なヤングFマリvs サウスチャイナAA(行けないけどな。放送とかあるのかしらん。)

2/24(Sat) 練習試合おっさん(ちょwww)Fマリvsソニー仙台(これは見に行けそうかな。なんだかんだ言ってチャンス逃しまくってる僕にとって初マリになりそう、ファン感除く)

*ま、全部見れるか微妙だけど、ね。一応調べておくだけは調べておかないとスルーしてあーみたいなのは切ないし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -アルディージャ-

Ardija
放置気味になってましたが、覚えてますよ。土日はまた頑張ります。ということで大宮ー、大宮ー、です。新しいステップに踏み出そうとしている事が吉と出るか凶と出るか、その命運を握るのは強面の新監督、ですな。

・ロバートレボリューションは起きるか? -アルディージャ-

[IN]
監督: ロバート・ファーベック(就任)

FW:
エニウトン(←パルメイラス[BRA]/レンタル)

MF:
島田裕介(ザスパ/レンタル復帰)
佐伯直哉(アビスパ/レンタル復帰)
川辺隆弥(アルディージャユース/昇格)

DF:
レアンドロ(←クルゼイロ[BRA]/レンタル)

GK:
柴崎邦博(←静岡産業大/新人)

[OUT]
監督:
三浦俊也(→コンサドーレ)

MF:
デビッドソン・純・マーカス(→アルビレックス/完全)
久永辰徳(→アビスパ/レンタル満了)
鈴木将太(→ベルマーレ/完全)

DF:
土屋征夫(→ヴェルディ/完全)
三上和良(引退)

GK:
安藤智安(引退)
高木貴弘(→ザスパ/レンタル)

昨シーズン補強費の前倒しをしてまで大型補強を敢行しながら成績は伸ばすことが出来なかったアルディージャ。その結果を受けて、長きに渡ってアルディージャを率い、J1へと導いた三浦俊也監督との契約延長せず、現韓国代表のピム・ファーベック氏の弟、ロバート・ファーベック氏を新監督に迎えて新たな時代へと歩むことを決めた。

新たな道を辿るという意味では英断だと思う。J1に置いて強みとなる要素は継続・熟成による確固たるチーム力の形成。そうはいっても、頭打ちのものに未来はない。そういう意味である程度の先が見えてしまった三浦監督を切って、新たな新監督を迎えたというのは悪い判断ではないように思う。もちろん摂理とは逆をいく訳だからリスクもあるし、新しい監督の手腕如何ではチームは危機に立たされる可能性もある。

そんな新たな道を歩まんとするシーズンオフは、昨シーズンの反動もあってか非常に静かなものとなった。得点力アップのために昨シーズンサンフレッチェも狙っていた高速アタッカー・エニウトンを獲得したモノの、目立つ補強はこれぐらい。逆に放出は、完全に大宮に馴染んでキャプテンまで務めていたトニーニョ、対人に抜群の強さを見せる土屋、サイドで渋い仕事をしていた久永、昨シーズンこそサブに甘んじていたモノのポテンシャルの高い純マーカスと、主力級を数多く放出。穴埋めにブラジル人DFのレアンドロをレンタルで、そして佐伯、島田を呼び戻したが、相対的に見るとチームに馴染んでいた戦術的な積み上げをなくしたことも含めて、マイナスと言える。

それだけにやはりロバート監督の舵取りには注目が集まる。このチームの一番の強みは、チームに浸透した高い理解の伴う4-4ゾーンのディフェンスだと思うわけだけど、綿密かつ冷静な分析で少しずつ仕様を変化させていた三浦監督のスカウティング、そしてそれを支えたトニーニョ・土屋・純マーカスの放出と、その遺産は数少ない。そんな状態の中で、ロバート監督はどのようなチームにしていくのか。細かいコンセプトなどが見えてこないだけに、何とも言えない部分もあるが、彼の指導力がこのチームの行く末を大きく握るのは間違いない。

とにもかくにも、ロバート監督が招聘された一番の意義は、停滞の時期に入った大宮に革命を起こして新たなステップを踏ませることになるだろう。県内にビッグクラブと同居するという立場、リーグの中での相対的な戦力、そしてこのリーグに流れる継続と熟成という「摂理」、これらを考えれば厳しい事には代わりはないが、だからこそ「改革」を求めるというは理解出来ること。賭けるモノはそう、J1。

*個人的な注目はやっぱり高速アタッカー二人。エニウトンとアリソンのスピードは、チームのタクティクスが噛み合えばもの凄い破壊力を秘めてる。オランダ人監督はパブリックイメージとして、人数を掛けて攻めるイメージがあるけど、彼らの特徴を生かすのであればカウンター気味のトランジッションサッカーに合いそう。もちろん大悟や藤本(島田や橋本なんかもそうだね)がうまくアクセントを付けて、スピードを落とさずに特徴を引き出すようなチャンスメイクをしてあげることが前提になるけどね。後は桜井かなー、彼のプレーはエンターテイメント。敵としては怖いけど。

-----------------------

と言うことで、こんな感じかな。次はアルビかFC東京、二つともオフに積極的だったから書きやすいかもー。と言うことでここまで。

-----------------------

*俊輔キタワァ、綺麗なFKだった。久々の柔らか系だね、良いコースだった。あんまり調子良さそうじゃないけど(ミス多かったかな?しかも余り良くない形での)、結果を残すことが出来るのはらしいかな。一瞬光ることで結果を残せるのは素晴らしい。まあ、セルティックではそれだけではだめだけどね。

それと、やっぱり加藤未央ちゃんはカワイイ。いいねぇ、あの初々しさ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2007

仕舞ったシャツをもう一度取り出して -トレーニングキャンプ日本代表候補発表-

Photo_30


サッカー選手である以上、代表チームに選ばれるというのは大きな目標であり、非常に名誉なことである。何百人もいるプロサッカー選手の代表であり、何百万人といるであろうプレーヤー達の頂点、国で一番サッカーがうまい人の「代表」として認められるわけだから。でも、そんな名誉を色々な考えから捨てようとしていた選手がいた。積み重なる疲労、迫る年輪、トラウマにも似た大きな心の傷……、自己との対話の中で出した答えとしての「代表引退」。でも、時間を掛けて消化して乗り越えたからこそ、こんな言葉が出てくる。

「ワールドカップが終わって、自分の中では、代表のユニホームは一度は心の奥底にしまいました。しかし、今回、オシム監督が必要として呼んでくれているのであれば、もう一度そのユニホームを取り出そうと思います。選ばれたからには、有意義な合宿になるよう、一生懸命がんばります。」

中澤佑二 日本代表選出を受けてのコメント

何が彼を突き動かしたのかは分からない。でも、彼の中にこういったモチベーションが沸き上がってきたと言うことが、とても嬉しい。

そして、きっと佑二は今までより、強くなる。一度折れた骨が、より強く、硬くなるように。パワーアップした佑二が見れることはまたとない楽しみとなりそうで、これまた嬉しい。

Vamos! Yuji!

-----------------------

センシティブなこと書いてみましたが、かなりびっくり。ま、複雑な気持ちもない訳じゃないけどさ。良かった良かった。どういう経緯があって佑二が意趣替えに至ったのか分からないけど、余り積極的ではなかったにも関わらず声が掛かったというのはそれだけ求められている証拠だと思うし、求められるというのは選手冥利に尽きるはず、しかもそれが国の代表なんだから。粋に感じて頑張ってくれちゃえば良いんじゃないかな。

気になるのは、色々と代表招集にもルールがあるから、水面下でどんな交渉があったのかということかなー(招集を拒否したらFIFAで定められてるルールで罰せられてしまうから、選手と協会である程度の同意が必要。強権発動じゃないんならね)この辺でも「オシムの言葉」があったのかもと、憶測。ま、とにかく祝!ってつけちゃっていいよね。めでたいもん。

と言うことでメインディッシュは先に食べちゃった感じだけど、明日から始まるトレーニングキャンプのメンバーに関して戯れ言をば。

日本代表候補トレーニングキャンプメンバー

監督:イビチャ・オシム
コーチ:大熊清
コーチ:反町康治
コーチ:小倉勉
GKコーチ:加藤好男

GK:
川口能活(ジュビロ)
山岸範宏(レッズ)
川島永嗣(フロンターレ)new!
林彰洋(流通経済大)new!

DF:
坪井慶介
田中マルクス闘莉王
阿部勇樹(共にレッズ)
中澤佑二(Fマリノス)
今野泰幸(FC東京)

MF:
遠藤保仁
加地亮
橋本英郎(共にガンバ)new!
佐藤勇人
山岸智
羽生直剛(共にジェフ)
鈴木啓太
相馬崇人(共にレッズ)new!
駒野友一(サンフレッチェ)
中村憲剛(フロンターレ)
野沢拓也(アントラーズ)
田中隼磨(Fマリノス)
藤本淳吾(エスパルス)new!

FW
播戸竜二(ガンバ)
佐藤寿人(サンフレッチェ)
巻誠一郎(ジェフ)
我那覇和樹(フロンターレ)
高松大樹(トリニータ)
矢野貴章(アルビレックス)new!

Schedule:
2/15~19 トレーニングキャンプ @ 千葉

JFA

噂通り、数多くの選手を呼んで練習させちゃおうという噂通り、26人という大所帯で今シーズンのスタートを切る様子。正直、功治を呼ばないこととか納得いかないけど(長谷部も外れちゃったね、タスクへの順応とは別に何かをもたらせる選手はそれなりに厳しい状況に置かれてる気がする)、それは置いておいて、復帰の佑二含めて、各ポジションに一人から二人の新顔を突っ込んだと言うところに、ちょっとした意図を感じたり。

例えば橋本。優勝したシーズン、オフェンシブなガンバを中盤の底から献身的で鼻の利くプレーで支えたパフォーマンスは非常に質が高かったが、昨シーズンは特に終盤、蓄積疲労などもあってかプレークオリティは著しく低下し、存在感を発揮出来なくなった。結局ヤットの復帰で押し出されるように定位置を失った。

例えば相馬。意気揚々とレッズに移籍したはいいが、アレックスの牙城は崩しきれず、辛酸をなめるようなシーズンに。途中交代でボランチもこなすなど、チームの要求には応えたが、存在感とまではいかず、バックアッパーの域を超えることは出来なかった。天皇杯ではその鬱憤を晴らす形で優勝に貢献したが、シーズンを通してみると、代表云々を語ることは出来ない。

もちろん、矢野も川島にも言えること。矢野は圧倒的に結果が足りないし、パフォーマンスもさして高いとは思えない。川島は出れば印象的なプレーも多かったが、いかんせん出場機会が少ない。正直言って、代表に値するシーズンを送っていたかといえばNoのはず。(藤本や佑二だって怪我もあって波はあった。藤本はプロ初シーズンだから仕方ないけど)言っちゃえば、個人的には微妙と感じるような選手達だけど、それでも彼らを呼んだ意図というのは、今ポジションを得ようとしている選手達を煽ろうとしているんじゃないかなーと。

代表入りから存在感を発揮し続けてポジションを得た感じのある鈴木啓太、同じく中村憲剛、結果がなくても抜群の仕事量で信頼厚い巻誠一郎、能活・山岸・西川で面子の決まった感のあるGKにしても、停滞を嫌ったんじゃないかなと。きっとオシムの中にはある程度青写真は描かれていると思う。ただ、こんな所で満足してもらっちゃ困るよ、もっとどん欲に、とメッセージを出しているのではなかろうか。

ま、選手達はそんなことをされなくても、嫌がおうにも緊張感は高まるだろうけどね。下の選手も常に呼ばれる可能性を秘めている。経験も力もある選手が復帰することで色々な玉突きが起きるかも知れない。FWだって、ポストとムーブの組み合わせがスタンダードかと思ったら巻+我那覇が結果を残した。そして、待望論根強く個人として質も高い「海外組」が控えている。そんな状況の中で現状の立場にあぐらをかく選手なんていないと思うし(ま、そんなのオシムたんは許さないだろうし)、どの選手も危機感を持ってプレーするだろうし、必死にやるはず。そういう面では良い合宿になるんじゃないかなーと。ま、シーズン始めでまだまだ寒いからどの選手も怪我だけは気を付けて欲しいなと。

-----------------------

とりあえずこの辺なんだけど、やっぱり興味は海外組なのかなー。新聞も呼ばないって分かってるはずなのに(トレーニングキャンプの招集メンバーだし)、「海外組呼ばれるか?」みたいに煽ってるし。ま、遅かれ早かれ呼ばれるって。いつ呼ばれるかは分からないし、定着するかどうかは分からないけど、呼ばれないって事はないっしょ。呼ばなかったら「オシムたんはチキン」と言いまくる(「一人の優れた才能を些細な理由で使わないなんて、何がリスクチャレンジじゃーい」って言ってやる)冗談だけど、どっちにしても今はチームの基盤を作る時。基盤が出来て、そこにアタッチメントとして特徴がある選手であったり、能力の高い選手を組み込むことでチーム力を上げるというのが、妥当なチーム作りだと思うし。ま、まとまらないし、その辺は追々だね。と言うことで今日はここまでっす。珍しくタイムリーなことを出来て満足。

-----------------------

*触れてないけど、隼磨も頑張っておいで。正念場だと思うし(相馬がもし結果を残したら、駒野が右に回される可能性もあるわけで、押し出されちゃうよ。加地さんはどう見ても現状では一枚抜けてるし)しかし、未だに何故隼磨がずーっと選ばれ続けているのかは謎だ……。走るだけなら超一流だけど、クロスはワロスで、守備もあんまり上手じゃなくいのに……。でも頑張れ、超頑張って、加地さんに迫れ!

*年チケ来たねー、ネックストラップがちょっとしょぼい気がするけど、そんなことキニシナイ(去年は使ってないし)何となく嫌な予感の方が強いけど、それでもやっぱり待ち遠しいし、ワクワクしちゃう。早く開幕しないかなー。

*てゆうか、サッカー見たくてしょうがない。テレビでは見れてるけど、試合数的には少ないし、生では全然見れてない。なんていうの?中毒症状(苦笑)28日は国立行こうと思ってる。やっと買った膝掛け使えるー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 13, 2007

2007 Jリーグ 傾向と対策 -ヴァンフォーレ-

Photo_26
はい、今回は甲府です。チームの大黒柱を失ったチームと言うこともあって、ちょっときつめかも知れん。小瀬の恨み?いやいやいや。

・リミット迫るシンデレラ -ヴァンフォーレ-

[IN]
FW:
アルベルト(←コリチーバ[BRA]/完全)
富岡英聖(←筑波大/新人)
久野純弥(←常葉橘高/新人)
國吉貴博(←静岡学園高/新人)
木村勝太(←Fマリノスユース/新人)

MF:
鶴見智美(←エスパルス/レンタル→完全)

DF:
増嶋竜也(←FC東京/レンタル)
鈴木健太郎(←アルビレックス/完全)
大島翼(←筑波大/新人)
寄井憲(←阪南大/新人)
御厨貴文(←大阪体育大/新人)

GK:
桜井繁(←モンテディオ/レンタル)
時久省吾(←早稲田大/新人)

[OUT]
FW:
バレー(←ガンバ/完全)
堀井岳也(引退)
石田博之(→サガン/完全)

MF:
倉貫一毅(→サンガ/完全)
ネト(未定)

DF:
ビジュ(未定)
アライール(未定)
松田勉(→FC岐阜[JFL]/完全)
森田真吾(→未定)

GK:
佐藤優也(→コンサドーレ/レンタル→完全)
松下太輔(引退)

予想外の快進撃から入れ替え戦での大爆勝、そして「探検」と表した初のJ1でも旋風を巻き起こしたヴァンフォーレ。高いリスクテイクとオフェンシブ志向から生まれるトランジット型オフェンシブフットボールは終盤こそ失速したモノの、初めてのJ1において大健闘とも言える残留を果たす原動力となった。

しかし、その探検の先に待っていたのは恐ろしい追いはぎ。高さ、速さ、爆発力を併せ持ち、劣勢の中でも奇跡を引き起こしてチームを救ってきたエース・バレーがガンバに移籍(しかも、移籍金はパスをバレー自身が持っていてヴァンフォーレには入らないらしい)、長年チームを支えながらアグレッシブなプレーで攻撃に彩りを加えていた倉貫も望郷の思いに駆られてサンガに移籍、又荒っぽい守備でチームにとっては頼もしいファイターだったビジュ、成長を見守ってきたアライールも戦力外にするなど、J1の恐ろしさをオフシーズンに味わってしまった。

もちろん、限られた資金の中でオフシーズンは戦力の穴埋めに奔走はしていた様子。バレーの代わりとしてコリチーバからアルベルト、ビジュの代わりには増嶋を獲得するに至ったが、獲得に名乗りを上げていた深井、永井の獲得には至らず、倉貫の穴も埋めきれない。±を考えると、やはりマイナスなオフシーズンだったと言わざるを得ない。

ただでさえ脆弱な選手層に更なるダメージを喰らっただけに、そのマイナス分を補う事が大木監督には問われるのかも知れない。もちろん基本的には去年からの継続となるはずで、個に置ける差はアグレッシブなプレーを貫くことで数的優位とダイナミズムで埋め、駒の少なさは指揮官のアイデアで埋めていく。個人の弱さを補うグループとしての質を高めていく方向に変わりはないと思う。

ただ、監督も全知全能でもマジシャンでもないことを考えれば、やはり今年は余りにも厳しいと言わざるを得ない。アルベルトがどんな選手か知らないけれど、日本をよく知り独力で何かの出来るバレーの不在は奇跡を起こす可能性を目減りさせ、倉貫の不在は攻撃に置けるアイデアとダイナミズムを低下させるモノで、精神面も合わせて存在感は小さくなかった。その穴は小手先の作業では簡単には埋まらないはず。そしてもう一つ、褒め称えられる攻撃サッカーの裏で、余りに稚拙な守備をするチームは報いを受ける可能性がある。他チームの研究も進み、去年程のインパクトを与えられない事を合わせると、残念ながらポジティブな完走は浮かんでこない。

絶望的な苦境からはい上がり、シンデレラのようなステップアップを見せてきたけれど、そろそろ0時を迎える時が来ているのかも知れない。もちろんフットボールの中に、王子様がガラスの靴を元にシンデレラを見つけてお后にするなんて救済イベントは用意されていない。そんな事態を避けるには、個人・チーム両面でのクオリティの向上と新たなシンデレラボーイの出現が必要なのは間違いない。

*ひねくれてるでしょ、あまのじゃくなの。みんなが褒めてるとちょっと意地悪したくなっちゃうの。恨みはないよ。小瀬のこととか覚えてないよ、本当だよ(←昨シーズン一番悔しかった)

*これはちなみにフラグです。これで開幕戦こっぴどく負けたらめちゃくちゃ謝ります。ま、それで早野氏をお星様にしてくれるなら安いモノだけどうーん、覚悟したと良いながら、まだまだ覚悟が足りないな。潔くないな。

*でも、新人が育つと面白そうかな。大学No.1GKと名高い時久をはじめとして、バラエティに富んだ原石を色々集めてきたみたい。新人で2、3人即戦力がいたら大木監督も腕を振るいやすくなるのかなーと
。てゆうか、小机の王様頑張れ、超頑張れ。

-----------------------

本当はね、アルディージャとあわせちゃおうと思ったんだけど、それなりに量が多かったんで、一つにしました。まだまだ先は長いんでちゃっちゃと行きますよ。これで良いのだろうか……そんなことは考えない!ということでここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 12, 2007

結果と大義 -U-22オリンピック代表メンバー発表-

カレンダーを見ながら一言。

「もう時間がないんだな……。」

発足から半年ちょっと、チームとしてまだまだ定め切れていない部分が残っているけれど、強化出来る時間を有効に利用しながら、そして本番の厳しい試合を通して、磨き、強くなっていくしかない。ってことで壮行試合+2次予選の初戦のメンバーが発表されました。
*対戦相手がまだ決まってないのね。2/14にバングラディシュと香港が対戦して、その勝者が相手となる様子

キリンチャレンジカップ2007 vs アメリカU-22代表/北京オリンピック 二次予選 vs 香港orバングラディシュU-22代表 U-22日本代表メンバー

監督:反町康治
コーチ:井原正巳
コーチ:江尻篤彦
GKコーチ:川俣則幸
フィジカルコーチ:矢野由治

GK:
松井謙弥(ジュビロ)
山本海人(エスパルス)
林彰洋(流通経済大)

DF:
伊野波雅彦(FC東京)
水本裕貴(ジェフ)
青山直晃(エスパルス)
福元洋平(トリニータ)
千葉和彦(アルビレックス)
内田篤人(アントラーズ)
一柳夢吾(ヴェルディ)

MF:
青山敏広(サンフレッチェ)
谷口博之(フロンターレ)
本田拓也(法政大)
梶山陽平(FC東京)
上田康太(ジュビロ)
水野晃樹(ジェフ)
増田誓志(アントラーズ)
本田圭佑(グランパス)
家長昭博(ガンバ)

FW:
苔口卓也(セレッソ)
森島康仁(セレッソ)
カレン・ロバート(ジュビロ)
平山相太(FC東京)

Style:
Pattern1         Pattern2        Pattern3
     平山        平山  森島       平山 カレン
  カレン  増田    本田      水野  家長      水野
本田       水野   青山敏 谷口      本田  梶山
  青山敏  梶山   一柳      内田      青山敏
 青山 伊野波 水本   水本 青山直    水本 福元 青山直
     山本           林             林

Schedule:
2/21(wed) 19:00KickOff/[キリンチャレンジカップ] vs アメリカ U-22代表 @ 熊本県民総合運動公得陸上競技場
2/28(wed) 19:20KickOff/[北京オリンピック2008 2次予選] vs 香港orバングラディシュ U-22代表 @ 国立競技場

現時点でのベストと捉えられるメンバー(-西川君、靱帯だよね。どれくらい掛かるんだろう……)で出し惜しみは一切なし。これまで様々な事情で振り回されてきたにしても半年間のテストを経ての選択としては妥当なモノだと思う。

メンバー表を眺めれば、非常にポテンシャルのあるメンバーというのは度々書いてきているのだけど、本当に全員をピッチに送り出せないのが残念なくらいタレントは揃っている。それだけに彼らが持っているポテンシャルは高く、能力さえ発揮すればこのステージは全く問題ない。ただ、まともにやれないと………という懸念はある。メンバー的に格落ち感があったとはいえ、アジア大会では大きな失敗をしているし、カタール国際でも反町監督が率いていないとはいえ(この意味も分からない)実力を発揮出来ずに終わってしまった様子(見れてない)そういう意味では、監督がいかに選手達を迷いなくピッチに送り出せるかというのが大きな鍵になってくるのかなと。ということでちょっとだけ取り上げます。

・迫られる取捨選択 -大義と結果-

もう既に誰もが知っていることだけど、反町氏は五輪代表監督でありながらA代表のコーチングスタッフにも名を連ねている。その主たる目的はA代表とオリンピック代表の連携を密にすることであったり、オシムの最も近い位置で彼の考えに触れながら、チームコンセプトを共有することでプレーに置ける世代間の連続性を持たせると言うことが目的とされている。

しかしこれが余りうまくいっていない……。

その最たる原因が、オシムのメソッドに置いて「走る」という要素と共に主要なテーマとなっている「考える」と要素。相手によって変わるシステム、マンマーキング、リスクテイクとリスクマネジメント……、これらのディティールに置いて共通していることは、個々が刻一刻と変わる状況を捉えて、的確な判断をすることが問われているのだが、現時点では若い選手達はこのメソッド表現するために必要なこの要素を充分には備えていない。故に、現状に置いてはメソッドの上っ面を撫でているだけで、本質的な要素を捉え切れず、メソッドが効率的に機能しない。それどころかこのメソッドが抱えるリスクを被っている感がある。

そんな状況の中で迎える本番、ここで反町監督には大きな取捨選択が求められている気がしてしょうがない。現状に置いてはオリンピック代表はメソッドを理解・消化し切れておらず、オシムの頭に描かれるリスクフルでアグレッシブなフットボールを充分には表現出来ない。それならば、中途半端にメソッドをなぞるよりも、メソッドを簡素化、省略化し、より選手達が理解しやすい形に改変する事で結果を求めていくという選択もありなのではないか。布陣やメンバー構成を相手に合わせるのではなく、ある程度主体的に自分たちの形を定めてチームに既視感的な要素を作ること、受動的になりがちなマンマーキングスタイルをやめること、方向性を一つに定めてしまうこと……。アルビレックス時代に見せていたカオスな状況をうまく収拾して立て直す手腕をもってすれば、決して不可能なことではないと思う。

ただ、勝てばAll OKと言う程、日本はオリンピックというコンペティションに無垢でもない。履き違えてはいけないのは、オリンピックに「出ること」がこのチームの主目的ではなく、若い才能にA代表と同じメソッドを触れさせながら経験を与え、将来的にA代表により多くの選手を送り込むことが一番の大きな目的のはず。その大義を考えると、現実的な方針転換で勝ちに行くことが必ずしも正しいとも言えないかも知れない。

これまで、大舞台になればなるほど日本サッカーは「先に進むことで得れるより多くの経験」というもっともらしい理由の元、大義を捨ててでも結果を求めてきた。しかし、それが正しかったかどうかは正直分からない。その中で又訪れる分水嶺。反町監督が選ぶのは大義なのか、はたまた結果なのか、この選択で日本のサッカーが本当に変わっていく意思があるのかどうかが少し垣間見えるかも知れない。

*ごめん、書いてて思ったけど、結論がない。自分でもどちらが正しいのか答えが出ない。基本的にはやっぱりオリンピックに行って世界を触れて欲しいし、ポテンシャルのある彼らがどこまで出来るのか見てみたい。元々僕は結果至上主義だしね。ただ、オシムメソッドに触れることで、A代表に上がる素地を整えることも又大事だと思うし……。うー、見切り発車、だったなぁ……

*正直、オシムメソッドの難解さを考えた時、時間がもう少しあればと思う。選手達がこのサッカーに触れることで走力・判断力の向上を待ち、選手間での共通理解や意思疎通が出来て来ることで、実効力が高まってくると思うからね。でも、曖昧さを残したまま、若年層では高い力を示すシリアが同居しているだけに、少し危機感を感じてます。現状に置いてはまだまだ基盤の緩い「砂上の楼閣」的なチームだと思うから、どうしても心配になっちゃう。

-----------------------

で、ここからはマリっぽいこと。狩野も、裕介も、イヌーイもだめだったかー。狩野と裕介に関しては、カタール国際で大きなインパクトを残すことが出来なかったみたいだし、元々プライオリティ的に下だったから、それを越えられなかったと言うことなのかな。狩野は置いておいて、裕介はこのチームにフィット出来る能力を持っていると思うから、そう部分を見いだしてもらえなかったのは残念だけどね。千葉やら一柳に比べたら守備も現実的に対処出来るし、左サイドバックとセンターバックのユーティリティ性もあるんだけどなー(ぐちぐち)

狩野?マリで頑張れ、まだ進化の途中。積極的なオフ・ザ・ボールの意識を持って、沢山ボールに絡むプレーをしていけば、きっと今シーズンはブレイクしてくれる……はず。それと、結果だね。代表はそれからで良い。

イヌーイに関しては、早野氏(←今だに監督と呼ばない。強情)が「代表に行くよりチームでスタメンを獲れ」なんて報道もされていたけど、とりあえずは仕方ないかなー。チーム自体がまだふわふわしている段階で、未知数の選手を入れるのはリスクがあるしなー。本来であればこういう才能ある選手に、より厳しく、質の高い経験をさせて、本物にしていかなきゃいけないんだけど、この辺は結果を重要視していると言うことなのかもねぇ。ま、イヌーイもまずはプロっぽくなっていって欲しいな。色々連れ回されるよりじっくり腰を落ち着けてプレーすればいい。

-----------------------

ということで、この辺かなー。A代表は、オシムたんが相変わらずツンデレで、発表を延期したりしてるけど、とりあえず合宿だし。沢山呼ぶみたいだから、隼磨はもちろん、功治とかも坂田も選んで欲しいなー。チームでやるべき事も腐るぐらいあるけど、刺激を受けて欲しいし(何より早野氏のやろうとしていることの多くはオシムたんの元で学べるはず。前への高い意識、流動的でアグレッシブな攻撃に必要な連動する意識、サポート意識などなど、ね)次は……そう、傾向と対策ね。出来れば夜にでも。じゃ、とりあえず。

-----------------------

*うわーん、練習なくなっちゃったよー。せっかく見にいけるチャンスだったのに残念。でも、それだけ選手達は疲労が貯まってたのかな。怪我したら何にもならないし、とりあえずはゆっくり休んで又シーズンに備えて欲しいな。でもやっぱり、残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -レイソル-

Photo_24
はい、次。レイソル。ノブリン&巌の悲運カップルの行方はどうなるの?とか、家を買っちゃった(憶測)岡山がどうなる?とか、ネタ的には面白いんだけど、戦力的には少々きつそうかなー。ま、行きます。

-----------------------

・未知数多き帰還 -レイソル-

[IN]
FW
阿部吉朗(←FC東京/レンタル)
菅沼実(←愛媛FC/レンタル復帰)
大久保哲哉(←佐川急便東京SC/完全)
池元友樹(←ニューウェーブ北九州/完全)
長谷川悠(←FC岐阜/レンタル復帰)

MF
マルシオ・アラウージョ(←アトレチコ・ミネイロ[BRA]/レンタル)
アルセウ(←パルメイラス[BRA]/レンタル)
佐藤由紀彦(←エスパルス/レンタル→完全)
阿部嵩(←流通経済大/新人)

DF
古賀正紘(←グランパス/完全)
岡山一成(←フロンターレ/レンタル→完全)
大島嵩弘(←レイソルユース/昇格)

GK
水谷雄一(←アビスパ/完全)

[OUT]
FW
山下芳輝(→栃木SC/完全)
宇野沢祐次(→アビスパ/完全)

MF
ディエゴ(→ヴェルディ/レンタル)(?)
リカルジーニョ(退団)
落合正幸(→フロンターレ/完全)
鈴木将太(→アルディージャ/レンタル満了)
広庭輝(→ツェーゲン金沢/完全)

DF
中澤聡太(→ガンバ/レンタル)
根引謙介(引退)

GK
ノグチピント・エリキソン(→アビスパ/完全)
清水健太(→モンテディオ/レンタル→完全)

J2悲運の名将ノブリンを迎えて、非常に厳しい戦いを強いられながらも1年でのJ1帰還を果たしたレイソル。降格という過程の中で生え抜きのキャプテン明神やエース玉ちゃんを失ったが、若い選手が厳しいスケジュールの中で多くの試合経験を積み、反則級のブラジリアンの力をプラスして、自動昇格を成し遂げた。

しかし、今オフも順風満帆とは行かず、荒波に飲まれてしまった。シーズン終了直後は中澤佑二に食指を伸ばしたりと積極補強の意志を見せていたが、ダイナミックなプレーから多数の得点を生み出しJ2昇格の切り札となったディエゴの残留が叶わず、怪我がちながらゲームを作る役割を担っていたリカルジーニョも退団。J2でじっくり作り上げてきたチームの根幹が少しぶれる事になってしまった。そしてようやく昨日(かな?)待望のディエゴの穴を埋める新外国人の獲得が発表されたが、日本へのフィットを含め、未知数な部分も多く大きな痛手となった感は否めない。グランパスの古賀を粘り強い交渉の末に獲得したこと、神の降りてくることの多い水谷を獲得したことはポジティブだけど。

又、上記の通り「若い選手達がJ2で多くの経験を積んだ」と書いたが、その蓄えた力がトップリーグでどこまで出来るのかも又未知数。鈴木達也や藏川、石川、日本国籍を取得した李忠成(り ただなり)など長きJ2の中で戦力となっていた選手はもちろん、愛媛FCで存在感を出していた菅沼なども当てはまる。現在ではJ2とJ1の差はそんなに大きくはないが、それでも小さなプレーディティールであったり、動きの質という部分ではよりシビアな部分が求められるだけに、彼らがどれだけやれるかというのも、来期のレイソルの行方を占う上では大きな要素となってくる。

そして何よりの未知数は石崎監督が「育てた」チームがJ1でどのようなサッカーを表現するのかというのが一番の未知数。もちろん、J1での監督・コーチ経験もあって、昨年まで打ち出していた方向性とそう変わらないとは思うけれど、一年間結果を求めながらもじっくりとチームを作り上げてきたチームがどのようなクオリティを示すのか、これはよりポジティブな意味で未知数。前線からのプレッシングを強調する石崎サッカーに置ける一番のポイントは「意思統一」と「連動」に尽きるだけに、1年間の過程というのは意義のある要素だと思うし。

今シーズンを考えると、未知数な要素も多く、現状では厳しい評価をせざるを得ない部分があるけれど(守備に関して受けが脆く、主導権を失った守備は安定感がない。攻撃面でもプレッシングからのショートカウンターと外国人の技術頼みは否めず、こういったサッカーにより耐性のあるトップリーグに置いては苦しむことが予想される)、それでもレイソルが戻ってきた事は良いことなのではないかと思っている。岡山を中心に非常に近い選手とサポーターの距離関係、熱狂騒乱な熱い雰囲気、Jの熱気を伝える発信源としてトップリーグに籍を置くに値するもののはず。箱庭のような日立で再び喜びに沸くか、カオスの如き喧噪に包まれるか、どちらにしても盛り上がるシーンがJ1で見れるのは楽しみだ。

*個人的な注目はやっぱりフランサかなー。技術だけなら、本当にトップクラスで、凄い選手だって言うのを目の当たりにしているから、現状では正直こんなもんじゃないだろと言うのがある。でも、プライドが許さないと志願しての残留→悲願の昇格→復活なんて過程を経ているわけだから、劣化を吹き飛ばして、彼のクオリティが見たい。彼がトップフォームを取り戻したら、間違いなくワシントンやマグノ級の活躍をするタレントだと思うし。

*それと、ポジション争いが激しそうなのも気になるところ。昨シーズンのキャプテンでキャリアのある南がいるのに水谷を獲ってきたことで生まれるGKの定位置争い、小林祐三・近藤直也の若年層代表コンビに今や顔となりつつある日本人得点王岡山、そこに燻る男・古賀正紘が加入したセンターバック、鈴木達也、平山、谷澤にユキヒコ、そこに菅沼、阿部吉朗とタイプの違う選手が加わったウィングポジション。レベル的に同じようなところにいる選手達がバチバチやり合う訳で、そこからどの選手がポジションを掴むのかは面白そう。どんぐrうわ何をするやめろくぁせdrftgyふじこlp;

-----------------------

ということで3つ目です。遅い遅い、もっともっと、次々、って感じです。簡易版に「こんな感じで良いのか?中身薄くない?」と早くも疑問を感じてますが、とりあえず始めちゃったので頑張ります。次は……どこだ?ヴァンフォーレ?アルビ?アルディージャ?FC東京?(FC東京は後かな、色々とネタがあるし)このへんのどこかです(あばうと)ということでとりあえず。U-22もやります。

-----------------------

*3連休!3連休!サカつくやっちゃうよ、遊びにも行っちゃうよ、飲みにも行っちゃうよ、更新もしちゃうよと思ってたけど、結構疲れが溜まってた様子でぐったり気味。軟弱、軟弱ー。

*ちょっとだけ訂正、前回のヴィッセル編の追記で「横浜FCvsFマリノス」のチケット発売日と書いてしまったけど、発売日は16日。プレリザーブの開始日だったので勘違いしちゃった。ご迷惑おかけしました、てへっ(←ちょっと凝ってる)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -ヴィッセル-

Photo
どんどんやらないと終わらないけど、なかなか筆(じゃなくてタイピング)も進まず。ま、そんな言い訳は置いておいて、「2007 Jリーグ 傾向と対策」第2弾は楽天じゃなくて、ヴィッセルです。個人的には躍進する可能性としては一番高い気がする。

-----------------------

・新生からのRe:Challenge -ヴィッセル-

[IN]
FW
大久保嘉人(←セレッソ/完全)
レアンドロ(←ナショナル.A.C[BRA]←モンテディオ/レンタル)
近藤岳登(←びわこ成蹊スポーツ大/新人)
岸田裕樹(←YKK AP[JFL]/完全)

MF
ボッティ(←コリンチャンス・アラゴアノ[BRA]←全北現代[KOR]/レンタル)
大久保翔(←Fマリノスユース/新人)
三原雅俊(←ルーテル学院高/新人)
松岡亮輔(←阪南大/新人)
曽我部慶太(←ヴィッセルユース/昇格)
伊藤将大(←ヴィッセルユース/昇格)

DF
内山俊彦(←モンテディオ/完全)
三澤慶一(←前橋育英高/新人)

GK
榎本達也(←Fマリノス/完全)
土井康平(←ヴィッセルユース/昇格)

[OUT]
FW
レアンドロ(未定)
北野翔(←YKK AP[JFL]/完全)
村瀬和隆(→FC Mi-O[関西社会人リーグ]/レンタル)

MF
丹羽竜平(→セレッソ/レンタル)
原信生(引退)
吉田真史(→バンディオンセ/完全)
柴垣勇輝(→バンディオンセ/完全)

DF
有村光史(→トリニータ/レンタル満了)
室井市衛(→横浜FC/完全)
石澤典明(→FC Mi-O[関西社会人リーグ]/レンタル)

GK
岩丸史也(→横浜FC/完全)
本田征二(→ザスパ/完全)

悪夢の降格から1年、WCを片隅に追いやってまで禊ぎのために残留した三浦アツくんの元にまとまり、バクスター監督の帰国・退任など様々な荒波を越えて1年での復帰という約束を果たしたヴィッセル。J1→J2→J1と言う過程がこれまで付いていた余計なモノが削ぎ落とし、意味のある一年だったのかなと(結果論的な側面がもの凄い強いけど)

そんなヴィッセルの今オフは、方向性のはっきりした動きになっている。それがアタッカー陣のレベルアップ。スタンダードとなっていた右に朴康造、中に近藤"ヴィエリ"祐介、左にアツくん、そこに栗原などが絡み、後ろには平瀬、茂木などが控えていた感じのアタッカー陣だったが、昇格こそ果たしたとはいえ、トップリーグを戦うにはインパクト不足は否めなかった(もちろん、近藤のプチブレイク[しかもレンタル延長、正しい選択か]、栗原の奮起といった要素は評価出来るが)そういう側面から考えると非常に整合性のある補強方針と言える。そして成果として、昨シーズンモンテディオで23点という結果を残したレアンドロ(何人目だよ、レアンドロ)、アジアチャンピオン全北で攻撃のタクトを振るったボッティ、そして目玉となる大久保嘉人を獲得。彼らは充分にクオリティを持つ選手であり、このチームに足りなかった要素をまさに「補強」出来たのではないだろうか。

そうなると、後は料理人の腕次第。アビスパ時代には与えられなかった求める人材を与えられた松田監督が、どう基盤のある程度出来たチームに組み入れていくのかに掛かってくる。松田監督は守備組織を構築する手腕のある監督だと思うけれど、こういった戦力をうまく使えるかは未知数。個人に依りすぎてもうまくはいかないだろうし、組織に依り過ぎても可能性は広がりづらい。この辺は松田監督にとっても新しいチャレンジと言えそう。

バランス良い戦力で作り上げたチームを熟成させていく方針、U-21チームの発足による若手育成への意欲、そして野心丸見えの「口出すオーナー」から理解ある「縁の下の力持ち」となった三木谷氏のクラブへの関わり方の変化……、J2降格をきっかけに「フットボールクラブ」へと生まれ変わりを図ろうとしており、そしてそれは間違いなく「正しい」方向に進んでいる。ただ、険しい道程の中で躓くこともあれば、混迷に巻き込まれる事もあると思う。そんな時にでも、この「志」をぶれずに持ち続けられるかどうか、それが再びの挑戦で問われるのかなと。新生ヴィッセルの"Re:Challenge"が、意義のあるモノになるかどうか、その行く末を見守ろうと思う。

個人的には二人の「大久保」に期待。再挑戦という意味では、嘉人の復活。得点感覚、瞬発力、センス、それに向こうっ気の強さも含めて、これだけ持ち合わせている訳だから、新しく環境を変えることで、状態を取り戻し、代表に再挑戦して欲しいな。オリンピックやリーガでも通用した大久保嘉人はこんなもんじゃないはずだから、ね。

そして、翔くん、安達さんの元で磨かれて欲しいな。アイデアと技術は間違いなく一級品。プロで戦えるフィジカルとボールに触るまでの質を高めれば必ずやれると思うよ。頑張れ、超頑張れ。

-----------------------

と言うことで、ヴィッセル編でした。早くも長くなってる気が……、次は引き締めるよ!と言うことで今日はここまでっす。

-----------------------

*移籍情報など、間違いありましたら、つっこみお待ちしてます。もちろん、ご意見・ご感想もお待ちしてます。誹謗中傷はいやん。

*明日は決戦ですな!何の?横浜ダービーチケット発売日ですよ!僕は自分では獲れなさそうだけど、周辺の人に期待です。自分でも少し頼んだり。FCのファンクラがどれだけ抑えたかとかどうなんだろー。とにかくゲッターは氏ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -横浜FC-

Yokohamafcem
昨シーズンは僕のPCがお星様になったりとトラブル続きで最後まで行き着きませんでしたが、今年もやります、「2007 Jリーグ傾向と対策」。今年は(僕のトレーニングも兼ねて)ぐっとまとめて。最後まで行くかどうかは神のみぞ知る。でわ、第一弾は奇跡的な道を辿った横浜FCから。

・試されるハマナチオ -横浜FC-

[IN]
FW
久保竜彦(←Fマリノス/完全)
シウバ(←ヴィトーリア[BRA]←ヴェルディ/レンタル)
藪田光教(←アビスパ/完全)
難波宏明(←流通経済大/新人)

MF
奥大介(←Fマリノス/完全)
アドリアーノ(←FCトゥーン[SUI]/レンタル)
玉乃淳(←ヴェルディ/完全)
根占真吾(←ヴェルディ/完全)

DF
小村徳男(←サンフレッチェ/レンタル→完全)
室井市衛(←ヴィッセル/完全)
アンデルソン(←ポゴン[POR]/レンタル)
和田拓三(←エスパルス/レンタル)

GK
岩丸史也(←ヴィッセル/完全)

[OUT]
FW
城彰二(引退)
アレモン(→サンガ→コリチーバ/レンタル満了)
北村知隆(→モンテディオ/完全)
富永英明(未定)

MF
アウグスト(→サントス→トリニータ/レンタル満了)
崔成勇(→水原三星[KOR]/レンタル満了)
吉武剛(→ヴェルディ/完全)
金沢大将(→ホーリーホック/レンタル)
吉岡聡(→サガン/レンタル)

DF
渡邊光輝(引退)
小林宏之(未定)
河野淳吾(→ヴォルティス/完全)

GK
広野耕一(→グランパス/レンタル満了)

激動のシーズンの末に優勝という最高の結果でJ1に駆け上ってきた横浜FC。突然のアクシデントで巡ってきた重責を現実的な施術と的確な補強で見事にJ1に導いた高木監督の手腕と、勝負所を知り尽くした百戦錬磨のベテラン選手の融合は、大きな話題となった。ビッグネームが多数チームに在籍していることもあり、今年の昇格チームの中では最も注目を集めることになりそう。

しかし、今オフは(も?)激動。チームの基盤でもある「ハマナチオ」の根幹は小村の完全移籍などもあって、揺るがなかったものの、キャプテンの責を負いながら自らもしっかりと結果を残したチームの顔・城彰二が引退、途中加入ながらすぐに大爆発して昇格の切り札となったアレモンも慰留しきれず、低めのラインと最前線を繋いでまさしくチームの心臓だったアウグストも残留は叶わずと、主力選手が相次いでクラブを離れ、攻撃陣は再編成を余儀なくされている。

Fマリノスフロントの不手際の隙を突いて奥大介・久保竜彦というビッグネームを確保し、ヴェルディからはシーズン終盤の加入ながらそのスピードで力の片鱗を見せたシウバ、可能性を秘めた玉乃、そして新外国人アドリアーノと、それなりに補強をしているが、アウグストの穴が埋まるのかは未知数。彼の担っていた役割は横浜FCにとってはとても尊いモノだったと思うし(低い最終ラインもあって、最前線との長い距離が空いていたが、その間をタフなプレーで繋ぐことでカウンターを成立させていた)、彼のいない横浜FCは明らかに躍動感を欠いた。選手が入れ替わったこともあって、ある程度の軌道修正・路線変更(カウンターが中心は変わらないと思うけど)を要求される可能性が出てきそうだけど、その舞台がJ1と言うこともあって時間的余裕はない。高木監督にとっては頭の痛いところかも知れない。

現実的な目標はやはりJ1残留。ただ、戦力的にはお世辞にも揃っているとは言えないし、上記の通り攻撃陣の再構成というハンデは大きいと思われる(トップは人材的に面白い。(復活すれば)爆発力と身体能力の久保、(年齢的にキレは落ちているが)溜めの作れるカズ、スピード抜群のシウバ、献身的で機動力に優れる藪田とバリエーションがあるから組み合わせ次第では面白そうなんだけど)そうなると、拠り所となるのはやはり「ハマナチオ」になるのかなと。

ここが頑張れれば拾える勝ち点も増えてくると思うけど、ここが崩壊するとなるとどうしても苦しくなる所か、空中分解もあり得る。トップリーグと言うことを考えれば、今まで以上に相手の攻勢に晒される可能性も否定出来ないし、そういう意味ではチームの色とも言える「ハマナチオ」の質が、大きくシーズンの行方を左右するのではないのかなと。

昨今、様々な側面(身体的な衰えはもちろん、金銭的な部分なども)からベテラン選手には厳しい時代となっているけれど、そんな経験ある選手をうまく使うことで躍進に導くというのは、新たなモデルとなり得るのかという部分もそうだし、日本サッカーの一時代を築いた選手達がトップリーグで何を示すのか、そんな部分はとても興味深いし、気になるところ。。個人的には、大ちゃんには頑張ってもう一花咲かせて欲しいなーなんて思ったり(こっそり)

-----------------------

と言うことで、簡易版なんで詰め切れてない気もしますが……。ま、横浜FCを応援したいという気持ちは更々ないので、奥の奥さんとカワイイ子供のためにも大ちゃん頑張れって感じですな、(こっそり)久保もちょっと頑張れ。ということでおしまい。次はヴィッセル、かな?てゆうか、順番間違えたっぽい(普通J2の3位だよね、下からだとしたら……まいっか)

-----------------------

*移籍情報など、間違いありましたら、つっこみお待ちしてます。もちろん、ご意見・ご感想もお待ちしてます。誹謗中傷はいやん。

*補足として、軌道修正・路線変更について。今までは攻め込まれている中で、開いたスペースをアウグストが一気に独力で運んだりするシーンが目立っていたのだけど、今シーズンはそのアウグストがいない変わりに、大ちゃんが入ったわけでその辺で少しやり方が変えるのかなと。ポゼッションスタイルへの変更とかではなくて、ドリブル中心のカウンターから、ダイナミズムをパスで活かす事を核においたカウンターになっていくのかなと。ただ、どちらにしてもベクトルは前に向かなきゃだめなので、大ちゃんにとっては意識を変えなきゃだめかな。大ちゃんはボールもらいにずるずる下がる部分が見受けられるけど、それをやってはチームの推進力を削いでしまう可能性がある。その辺は高木監督の指導力が問われますな。

*応援はしないけど、今年も「苦難を乗り越えるスレ」は盛り上がって欲しい気持ちがある。最近見ていないけどまだあるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2007

俊輔国内復帰騒動によせて。

Photo_23
いやはや、さすがにこのニュースにはちょっと腰が浮いちゃいましたよ。ま、結局誤報というか先走りすぎただけの話だったわけですが、それでもやっぱり気になっちゃいました。ということで、相変わらずタイミングは逃してるんですけど、イイ機会なんで、色々周辺を回ってみまっす。

・今回の騒動の顛末と雑感

サッカーマガジン 2/13日号表紙

横浜M、俊輔獲る(中日スポーツ)

俊輔「今夏J復帰」報道を全面否定(スポニチ)
俊輔、来季も欧州でプレー!「夏に日本に帰ることはない」(サンスポ)

こんな感じかな。俊輔がこれを実際にしゃべったのか、それとも言葉の端を捉えてねつ造されたのか、その答えはわからない、真実は藪の中。ただ、俊輔はヒデみたいに自己完結的にキャリアを終えるのではなく、何かを自らが得たモノを日本に残す意思があるんだなぁと言うのは分かった。

ただ、その思いとは別に契約社会であるフットボールの世界は、その思いだけでは立ちゆかないのも又事実。このニュースを見て、僕が真っ先に考えたのは契約とセルティックの現状のこと。そして、その結論は「セルティックはナカムラを出すという選択肢はよほどのことがない限り、ない」ということ。まず、フットボール的に考えると、今のセルティックは贔屓抜きに「中村俊輔」という存在は恐ろしく大きなモノとなっているはず。戦力としてはもう説明の必要はないと思うけど、現在のストラカンが作ったポゼッション型のスタイルは俊輔ありきのモノだし、一番セルティックでゴールを導き出す選手であるのは明白。チームの核を易々と手放すはずはない。

そして、フットボール的要素だけではなく、俊輔の存在はセルティックにとって待ち望んだ存在のはず。彼はチームの悲願であるUCLの決勝トーナメント進出を叶えた最大の立役者で、近年最もサポーターに愛された「王様」ヘンリク・ラーションの後のヒーローになった。そんな世界一のサポーターの夢を叶えた選手を軽々しく扱うとは思わない。

これに加えてセルティックはもう1年の契約期間を残しており、拘束権を持っている。この3つの側面から見て、現実的に「ない」かなぁと思った。未確認情報だけどユナイテッドが興味を示しているとか、そういう話もあるようだけど、どちらにしてもあの活躍で大きく価値の跳ね上がった選手をJの資金力でかっさらうのは、(ウルトラC出もない限り)難しいのかなと。

ま、感情的にセルティックに残って欲しいなーって気持ちもある。俊輔の流儀でもある「もっとサッカーがうまくなりたい」というコンセプトとセルティックの残留は繋がらないかも知れないけど、欧州有数の歴史をもつクラブであり、世界一のサポーターがいるクラブの伝説となってほしいから。それこそ、セルティックの25番と言えば「リュボミール・モラフチク」ではなく「シュンスケ・ナカムラ」となってほしいし、偉大なるキング「ヘンリク・ラーション」と肩を並べるような英雄になって欲しい。そういう意味で、セルティックで頑張って欲しいなーと。ま、俊輔が選ぶ道にいちゃもんを付けるつもりもないけど、ね。

*多分俊輔が来期セルティックに残ったら、一番シャツを売るだろうね。日本人が買うとか抜きに、普通に俊輔の存在は大きくなっているはずだから。しかも、チームの象徴だったレノンも引退するし……。僕も欲しいなー。

*この問題を考える時に、俊輔が幸運であることと共に、ヒデのことが頭をよぎったの。ヒデはサッカー選手としては不幸な選手だったのかもなーと。彼はペルージャで世界の扉を開くセンセーショナルな活躍だったり、ローマの優勝を後押しする鮮烈なプレーに強烈なインパクトを感じるけど、まともに活躍したシーズンってペルージャの数年とボローニャにレンタルで行った時ぐらい。ローマ、パルマ、ヴィオラ、そしてボルトンではお世辞にも活躍したとは言い難い。何が言いたいかというと、様々な契約などの問題でどうしても選択肢が狭められてしまい、サッカー選手としてのベターな選択を獲れなかったのかなと。それは、実力以外の部分がクローズアップされ、付加価値を持ちすぎてしまったこともあって、選手としての正当な評価がなされていなかったことが影響していたのは明白。そういう意味で「サッカー選手」としてのヒデは不幸だったんじゃないかなと。もっと身の丈のあったクラブに行っていれば、もっと幸せなキャリアを歩めていたんじゃないかなーと。ま、ヒデの思考パターンを考えると、そんなモノは望まないだろうし、彼自身ビジネスに強く惹かれていたから、それも又悪くなかったのかも知れないけど。

*ま、それと比較するわけではないけどだ、俊輔は素晴らしい場所を見つけられたのだから、それなりに腰を落ち着けるのも良いんじゃないかなと。個人的にサッカー選手として一種の幸せを感じられるチームだと思うんだよね。レベルは物足りないかも知れないけど、欧州最高峰の舞台に立てるチャンスがあって、世界一のサポーターはプレーを理解し、最高の後押しをし、めいっぱいの愛を注いでくれる。プレーヤーとしての幸せがあると思う。俊輔の思考をトレースしたら、これは彼の判断基準とは別だと思うけど、ね。でも、J復帰という答えも思考パターンとは違うんだよなー。少し変わっているのかなー。

-----------------------

・この国は「天才の使い方」を知らない

上記の通り、僕は現時点で俊輔が日本に戻ってこないことは基本的に良いことだと思う。ただ、それはキャリアのことだけではない。今の日本には技術のある選手を有効と捉え、活かそうとする土壌がないと言うのも気になるから。

例えば、小野伸二。レッズが大枚をはたいて連れ戻してきた僕が思う「日本が生み出した最高の才能」。自由自在にボールを扱い、奇想天外のアイデア溢れるプレーでフットボールの楽しさを感じさせてくれる選手。しかし、神様に愛された彼はJで居場所を見つけられていない。チームとして画一的に同じ事を求める方向性は、彼の持ち得る技術を活かすことではなく、他の選手と同じようにプレーすることを求め、そういう側面に置いて「日本最高の才能」は活かされているとは言い難い。

例えば、マグロン。ブラジル・パルメイラスから日本に渡ってきたハイレベルなボランチは、長躯に似合わない抜群のテクニック、それに伴うキープ力を誇り、違いを生み出せるプレーヤーだった。しかし、彼がボールを持てることを周囲が活かすイメージを持てず、時にはその美しいテクニックが「持ちすぎ」のように映ってしまう。結局そのキープが実効性をもたらすことは少なかった。又小野同様特徴の発揮よりも、チームの駒となることを問われ、彼はその価値の半分も日本では示せなかった。

これらのことは日本のサッカーを良く映し出している。文化や風習、そして成功体験、失敗体験から、個を否定しながら、グループとしての要素を重視しすぎる余り、個性というものを受け入れる土壌を持たないモノにしてしまっている。そして、その結果、優れた技術もその世界で活きる要素を持ち得なければ異物と扱い、優れた選手を活かす方法論を見いだそうとしない。

そんな土壌の上に俊輔が帰ってきても、そんな土壌の中に埋もれてしまって、彼らしさを魅せることが出来ないのではないか、彼が成し遂げてきたことが色褪せてしまうのではないか、だとしたら、キャリアの絶頂期に帰ってくるのはもったいないことなのではないか、帰ってきて欲しい気持ち反面、そんな考えも頭に浮かんだ。

*僕はこの土壌はもの凄い変わって欲しいと思ってる。もちろん連動した動きから生まれる美しいコンビネーションや統制の取れたプレスなどの機能美などは素晴らしいモノだし、モダンフットボールに置いてなくてはならないモノなのだけど、個人のアイデアや見とれるようなテクニックというのもサッカーの魅力だし、価値としては一緒だと思うわけですよ。「1人のために10人が働け」と聞くと響きが悪いかも知れないけど、その「1人」が「4~5人」が噛み合わないと生み出せないモノを生み出せるとしたら?それはとてもとても価値があることなんじゃないかなと。あくまでも方法論に過ぎないと思う。もっと書いちゃえば、『「○○頼み」は○○が通用しなかったらおしまいだから、個人頼みはだめなんだ』なんて言う人がいるけど、僕はもの凄く軽蔑してますよ。それは個人も組織も同じ事。研究されたら組織だって同じ事が言えるのに、個人だけをスケープゴートに置く。好みはあって良いと思うけど、価値の差を付けないで欲しい。

*投げっぱなしジャーマンだと気持ち悪いので、方法論として。簡単に書けば、軽減・免除と言うことに至るのかな。チームとしてしなければならないことを免除させる代わりに、活かせる部分で働かせる。そしてチームとしてそれを利用し、最初から最後まで論理として成立させる。11人全てが走らなければ良いサッカーにはならないと思う人もいるかも知れないけど、ボールが一つで守るべきゴールが一つなのだから、抑えるべき所を抑えておけば早々失点はしない訳で、それを論理的に考えた時、全員が全員やる必要はないと思うし、それを受け入れる余裕も作れる。ま、方法論に過ぎないので、そういうやり方もあって良いという話。イタリアでも90年代後期にそういう時期があって、もっと書けばその後イタリアに冬の時代が来た。今の日本は匂いこそは違うけれど(より守備的な方向に流れたイタリアと、オシム効果で攻撃的な方向に流れている日本)、空気はその時代にとてもよく似ている。

-----------------------

・そして、俊輔のこと

少し上にも書いたけれど、俊輔は少し変わり始めているように思う。彼のキャリアは『「もっと」うまくなりたい』という判断基準の下に進んできたはずで、良く捉えれば向上心の塊、悪く捉えれば個人主義的な選手だった。でも、激動のキャリアを通過する中で起きた心境の変化には何かの引っかかりを感じた。

今までの俊輔であれば、ワールドカップの失敗を糧に成長して欧州最高峰(いや世界最高峰かな)の舞台で成功を収めて、更なるステップアップを求めて希望の彼の地、スペインへの思いを強くしてもおかしくなかった。でも、今の俊輔の中には、日本にその経験をもたらして、日本という国を強くすると言う思いが出てきている。そんな過程を考えると一つの出来事に繋がる。そう、ドイツでのワールドカップ。

過酷な運命の果てに「エース」として立ったあの舞台、にも関わらずコンディション不良による不完全燃焼でチームに迷惑を掛けるという失態。傷が残らない方がおかしい。でも、その傷はUCLの大活躍でも癒されない。きっと、その傷を癒すのは4年後なのかな。その舞台でドイツでの屈辱の借りを返す、そんな方向を見据えているのではないかと。そのためには、自分はもちろん、「日本」という国も強くならないと、そんなことを考えた末の言葉のような気がする。

ま、あくまでも僕の妄想に過ぎないけれど、何となくこの妄想をして、自分で嬉しくなってしまった。欧州的傾向の中でクラブレベルでの成功は代表と袂を分かつ引き金にもなりかねない。いまや、UEFAチャンピオンズリーグという舞台は大きく、そして価値のあるモノとされているからね。でも、俊輔はまだ青いシャツに執着心を持っている。その気持ちが嬉しい。

ちょっと寂しくもあるけどね、常に前だけを向いて向上を目指す求道者のままでいて欲しい気持ちもあるし。ファンの心は複雑ですよ(←強引なまとめ)

-----------------------

ということで、俊輔ファンとしてはこの一騒動(?)はスルー出来なかったんで、徒然と書いちゃいました。次はなにをしようかねー。ということで、とりあえずここまで。

-----------------------

*色々書いてきて思ったけど、今考える事じゃないね。やっぱり考えるべきは今週に迫ったUCLのミラン戦!苦い思いしかしてないあの「サン・シーロ」で良いとこ見せて欲しい!とか、いつぞや語っていたジーダとの対峙でFKぶち込んで欲しいとか、考えるのが健康な気がする。

*代表のこと?オシムたんに見せて欲しい、天才の使い方ってやつを。フットボールは大きく変わったけど、90年代は理知的にスシッチやピクシーやジェニオのような天才を使っていたらしいから(オシムの言葉にも書いてあるし)、新しい手法を見せて欲しい。ただの石は磨いても、ダイヤにはならないんだから。

*そういやシチリアダービーが引き金でイタリアサッカーの周辺はまたもや恐ろしくカオスとなっているけれど、UCLはどうなるんだろ。嫌らしい話をすれば、放映権とかも絡んでくるだろうから除外はないと思うんだけど(3チームも残ってるし)、新会長だから張り切っちゃう可能性も否定出来ないかなー。

*恵方巻の哲也と勇蔵ワロス。でも、坂田はやっちゃだめ。シャツの売り上げが落ちるじゃない。

*次は何にしようかなー、マリのことはもうちょっと時間掛かるっす(あんまり書いてない)戦力分析を3回ぐらいにまとめて(あ、大きな地雷、出来んのかって話ですよ)やろうかと考えているけど……。でもサカつくやりたiうわ何をするやめろくぁせdrftgyふじこlp;

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« January 2007 | Main | March 2007 »