« 俊輔国内復帰騒動によせて。 | Main | 2007 Jリーグ傾向と対策 -ヴィッセル- »

February 06, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -横浜FC-

Yokohamafcem
昨シーズンは僕のPCがお星様になったりとトラブル続きで最後まで行き着きませんでしたが、今年もやります、「2007 Jリーグ傾向と対策」。今年は(僕のトレーニングも兼ねて)ぐっとまとめて。最後まで行くかどうかは神のみぞ知る。でわ、第一弾は奇跡的な道を辿った横浜FCから。

・試されるハマナチオ -横浜FC-

[IN]
FW
久保竜彦(←Fマリノス/完全)
シウバ(←ヴィトーリア[BRA]←ヴェルディ/レンタル)
藪田光教(←アビスパ/完全)
難波宏明(←流通経済大/新人)

MF
奥大介(←Fマリノス/完全)
アドリアーノ(←FCトゥーン[SUI]/レンタル)
玉乃淳(←ヴェルディ/完全)
根占真吾(←ヴェルディ/完全)

DF
小村徳男(←サンフレッチェ/レンタル→完全)
室井市衛(←ヴィッセル/完全)
アンデルソン(←ポゴン[POR]/レンタル)
和田拓三(←エスパルス/レンタル)

GK
岩丸史也(←ヴィッセル/完全)

[OUT]
FW
城彰二(引退)
アレモン(→サンガ→コリチーバ/レンタル満了)
北村知隆(→モンテディオ/完全)
富永英明(未定)

MF
アウグスト(→サントス→トリニータ/レンタル満了)
崔成勇(→水原三星[KOR]/レンタル満了)
吉武剛(→ヴェルディ/完全)
金沢大将(→ホーリーホック/レンタル)
吉岡聡(→サガン/レンタル)

DF
渡邊光輝(引退)
小林宏之(未定)
河野淳吾(→ヴォルティス/完全)

GK
広野耕一(→グランパス/レンタル満了)

激動のシーズンの末に優勝という最高の結果でJ1に駆け上ってきた横浜FC。突然のアクシデントで巡ってきた重責を現実的な施術と的確な補強で見事にJ1に導いた高木監督の手腕と、勝負所を知り尽くした百戦錬磨のベテラン選手の融合は、大きな話題となった。ビッグネームが多数チームに在籍していることもあり、今年の昇格チームの中では最も注目を集めることになりそう。

しかし、今オフは(も?)激動。チームの基盤でもある「ハマナチオ」の根幹は小村の完全移籍などもあって、揺るがなかったものの、キャプテンの責を負いながら自らもしっかりと結果を残したチームの顔・城彰二が引退、途中加入ながらすぐに大爆発して昇格の切り札となったアレモンも慰留しきれず、低めのラインと最前線を繋いでまさしくチームの心臓だったアウグストも残留は叶わずと、主力選手が相次いでクラブを離れ、攻撃陣は再編成を余儀なくされている。

Fマリノスフロントの不手際の隙を突いて奥大介・久保竜彦というビッグネームを確保し、ヴェルディからはシーズン終盤の加入ながらそのスピードで力の片鱗を見せたシウバ、可能性を秘めた玉乃、そして新外国人アドリアーノと、それなりに補強をしているが、アウグストの穴が埋まるのかは未知数。彼の担っていた役割は横浜FCにとってはとても尊いモノだったと思うし(低い最終ラインもあって、最前線との長い距離が空いていたが、その間をタフなプレーで繋ぐことでカウンターを成立させていた)、彼のいない横浜FCは明らかに躍動感を欠いた。選手が入れ替わったこともあって、ある程度の軌道修正・路線変更(カウンターが中心は変わらないと思うけど)を要求される可能性が出てきそうだけど、その舞台がJ1と言うこともあって時間的余裕はない。高木監督にとっては頭の痛いところかも知れない。

現実的な目標はやはりJ1残留。ただ、戦力的にはお世辞にも揃っているとは言えないし、上記の通り攻撃陣の再構成というハンデは大きいと思われる(トップは人材的に面白い。(復活すれば)爆発力と身体能力の久保、(年齢的にキレは落ちているが)溜めの作れるカズ、スピード抜群のシウバ、献身的で機動力に優れる藪田とバリエーションがあるから組み合わせ次第では面白そうなんだけど)そうなると、拠り所となるのはやはり「ハマナチオ」になるのかなと。

ここが頑張れれば拾える勝ち点も増えてくると思うけど、ここが崩壊するとなるとどうしても苦しくなる所か、空中分解もあり得る。トップリーグと言うことを考えれば、今まで以上に相手の攻勢に晒される可能性も否定出来ないし、そういう意味ではチームの色とも言える「ハマナチオ」の質が、大きくシーズンの行方を左右するのではないのかなと。

昨今、様々な側面(身体的な衰えはもちろん、金銭的な部分なども)からベテラン選手には厳しい時代となっているけれど、そんな経験ある選手をうまく使うことで躍進に導くというのは、新たなモデルとなり得るのかという部分もそうだし、日本サッカーの一時代を築いた選手達がトップリーグで何を示すのか、そんな部分はとても興味深いし、気になるところ。。個人的には、大ちゃんには頑張ってもう一花咲かせて欲しいなーなんて思ったり(こっそり)

-----------------------

と言うことで、簡易版なんで詰め切れてない気もしますが……。ま、横浜FCを応援したいという気持ちは更々ないので、奥の奥さんとカワイイ子供のためにも大ちゃん頑張れって感じですな、(こっそり)久保もちょっと頑張れ。ということでおしまい。次はヴィッセル、かな?てゆうか、順番間違えたっぽい(普通J2の3位だよね、下からだとしたら……まいっか)

-----------------------

*移籍情報など、間違いありましたら、つっこみお待ちしてます。もちろん、ご意見・ご感想もお待ちしてます。誹謗中傷はいやん。

*補足として、軌道修正・路線変更について。今までは攻め込まれている中で、開いたスペースをアウグストが一気に独力で運んだりするシーンが目立っていたのだけど、今シーズンはそのアウグストがいない変わりに、大ちゃんが入ったわけでその辺で少しやり方が変えるのかなと。ポゼッションスタイルへの変更とかではなくて、ドリブル中心のカウンターから、ダイナミズムをパスで活かす事を核においたカウンターになっていくのかなと。ただ、どちらにしてもベクトルは前に向かなきゃだめなので、大ちゃんにとっては意識を変えなきゃだめかな。大ちゃんはボールもらいにずるずる下がる部分が見受けられるけど、それをやってはチームの推進力を削いでしまう可能性がある。その辺は高木監督の指導力が問われますな。

*応援はしないけど、今年も「苦難を乗り越えるスレ」は盛り上がって欲しい気持ちがある。最近見ていないけどまだあるかな。

|

« 俊輔国内復帰騒動によせて。 | Main | 2007 Jリーグ傾向と対策 -ヴィッセル- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/13807105

Listed below are links to weblogs that reference 2007 Jリーグ傾向と対策 -横浜FC-:

« 俊輔国内復帰騒動によせて。 | Main | 2007 Jリーグ傾向と対策 -ヴィッセル- »