« 仕舞ったシャツをもう一度取り出して -トレーニングキャンプ日本代表候補発表- | Main | 2007 Jリーグ傾向と対策 -アルビレックス- »

February 18, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -アルディージャ-

Ardija
放置気味になってましたが、覚えてますよ。土日はまた頑張ります。ということで大宮ー、大宮ー、です。新しいステップに踏み出そうとしている事が吉と出るか凶と出るか、その命運を握るのは強面の新監督、ですな。

・ロバートレボリューションは起きるか? -アルディージャ-

[IN]
監督: ロバート・ファーベック(就任)

FW:
エニウトン(←パルメイラス[BRA]/レンタル)

MF:
島田裕介(ザスパ/レンタル復帰)
佐伯直哉(アビスパ/レンタル復帰)
川辺隆弥(アルディージャユース/昇格)

DF:
レアンドロ(←クルゼイロ[BRA]/レンタル)

GK:
柴崎邦博(←静岡産業大/新人)

[OUT]
監督:
三浦俊也(→コンサドーレ)

MF:
デビッドソン・純・マーカス(→アルビレックス/完全)
久永辰徳(→アビスパ/レンタル満了)
鈴木将太(→ベルマーレ/完全)

DF:
土屋征夫(→ヴェルディ/完全)
三上和良(引退)

GK:
安藤智安(引退)
高木貴弘(→ザスパ/レンタル)

昨シーズン補強費の前倒しをしてまで大型補強を敢行しながら成績は伸ばすことが出来なかったアルディージャ。その結果を受けて、長きに渡ってアルディージャを率い、J1へと導いた三浦俊也監督との契約延長せず、現韓国代表のピム・ファーベック氏の弟、ロバート・ファーベック氏を新監督に迎えて新たな時代へと歩むことを決めた。

新たな道を辿るという意味では英断だと思う。J1に置いて強みとなる要素は継続・熟成による確固たるチーム力の形成。そうはいっても、頭打ちのものに未来はない。そういう意味である程度の先が見えてしまった三浦監督を切って、新たな新監督を迎えたというのは悪い判断ではないように思う。もちろん摂理とは逆をいく訳だからリスクもあるし、新しい監督の手腕如何ではチームは危機に立たされる可能性もある。

そんな新たな道を歩まんとするシーズンオフは、昨シーズンの反動もあってか非常に静かなものとなった。得点力アップのために昨シーズンサンフレッチェも狙っていた高速アタッカー・エニウトンを獲得したモノの、目立つ補強はこれぐらい。逆に放出は、完全に大宮に馴染んでキャプテンまで務めていたトニーニョ、対人に抜群の強さを見せる土屋、サイドで渋い仕事をしていた久永、昨シーズンこそサブに甘んじていたモノのポテンシャルの高い純マーカスと、主力級を数多く放出。穴埋めにブラジル人DFのレアンドロをレンタルで、そして佐伯、島田を呼び戻したが、相対的に見るとチームに馴染んでいた戦術的な積み上げをなくしたことも含めて、マイナスと言える。

それだけにやはりロバート監督の舵取りには注目が集まる。このチームの一番の強みは、チームに浸透した高い理解の伴う4-4ゾーンのディフェンスだと思うわけだけど、綿密かつ冷静な分析で少しずつ仕様を変化させていた三浦監督のスカウティング、そしてそれを支えたトニーニョ・土屋・純マーカスの放出と、その遺産は数少ない。そんな状態の中で、ロバート監督はどのようなチームにしていくのか。細かいコンセプトなどが見えてこないだけに、何とも言えない部分もあるが、彼の指導力がこのチームの行く末を大きく握るのは間違いない。

とにもかくにも、ロバート監督が招聘された一番の意義は、停滞の時期に入った大宮に革命を起こして新たなステップを踏ませることになるだろう。県内にビッグクラブと同居するという立場、リーグの中での相対的な戦力、そしてこのリーグに流れる継続と熟成という「摂理」、これらを考えれば厳しい事には代わりはないが、だからこそ「改革」を求めるというは理解出来ること。賭けるモノはそう、J1。

*個人的な注目はやっぱり高速アタッカー二人。エニウトンとアリソンのスピードは、チームのタクティクスが噛み合えばもの凄い破壊力を秘めてる。オランダ人監督はパブリックイメージとして、人数を掛けて攻めるイメージがあるけど、彼らの特徴を生かすのであればカウンター気味のトランジッションサッカーに合いそう。もちろん大悟や藤本(島田や橋本なんかもそうだね)がうまくアクセントを付けて、スピードを落とさずに特徴を引き出すようなチャンスメイクをしてあげることが前提になるけどね。後は桜井かなー、彼のプレーはエンターテイメント。敵としては怖いけど。

-----------------------

と言うことで、こんな感じかな。次はアルビかFC東京、二つともオフに積極的だったから書きやすいかもー。と言うことでここまで。

-----------------------

*俊輔キタワァ、綺麗なFKだった。久々の柔らか系だね、良いコースだった。あんまり調子良さそうじゃないけど(ミス多かったかな?しかも余り良くない形での)、結果を残すことが出来るのはらしいかな。一瞬光ることで結果を残せるのは素晴らしい。まあ、セルティックではそれだけではだめだけどね。

それと、やっぱり加藤未央ちゃんはカワイイ。いいねぇ、あの初々しさ

|

« 仕舞ったシャツをもう一度取り出して -トレーニングキャンプ日本代表候補発表- | Main | 2007 Jリーグ傾向と対策 -アルビレックス- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/13949014

Listed below are links to weblogs that reference 2007 Jリーグ傾向と対策 -アルディージャ-:

« 仕舞ったシャツをもう一度取り出して -トレーニングキャンプ日本代表候補発表- | Main | 2007 Jリーグ傾向と対策 -アルビレックス- »