« Are you ready?@練習試合 Fマリノス vs ソニー仙台 | Main | Wake Up!!!@BeijingOlympic 2008 A.Qualify 2nd Round vs 香港 »

February 26, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -サンフレッチェ-

Photo_32

文の長さといい、文体といい、段々スタイルがめちゃくちゃになってきたのは気のせいかしらん。てゆうか、「傾向」にも「対策」にもならず、単なる「紹介」になってる気が……。ま、いっか。問うことで今回はサンフレです。昨シーズンのビッグアーチを思い出すと、今でも見事に鬱な気分になれます。それにしても、序盤アレだけ苦しんでいたチームが、終盤は生まれ変わったように素晴らしいチームになっていたことを考えると、改めて監督の影響力や手腕って大事なんだなーと思います(遠い目)じゃ。

・新たな東欧の使者が吹き込む新風

[IN]
FW:
上野優作(←アルビレックス/レンタル→完全)
田村祐基(←愛媛FC/レンタル復帰)
平繁龍一(←サンフレッチェユース/昇格)

MF:
高萩洋次郎(←愛媛FC/レンタル復帰)
遊佐克美(←サンフレッチェユース/昇格)

DF:
戸田和幸(←ヴェルディ/レンタル→完全)

[OUT]
FW:
大木勉(→愛媛FC/完全)

MF:
中里宏司(→ベルマーレ/レンタル返却)

DF:
小村徳男(→横浜FC/レンタル→完全)

GK:
佐藤昭大(→愛媛FC/レンタル)

シーズン序盤は例年通り苦しみ、降格圏を彷徨ったが、オーストリアから来たダンディな指揮官ミハイロ・ペトロビッチの就任でチームは一変。燻るチームを固定概念に縛られない選手起用と先進的で大胆なタスクで見事に蘇生。終盤には連勝も飾って、10位まで引き上げた。様々な理解が深まる今シーズン、更なる期待が掛かる。

そんな期待の掛かるシーズンに備えたオフ、動きは非常に静か。ただ、昨シーズンの日本人得点王佐藤寿人と抜群のコンビネーションを築き上げている"ピチプー"ウェズレイやリベロとして新境地を開拓した冠のある戸田和幸の残留により、主力メンバーを維持することに始まり、J2愛媛で主力として分厚い経験を積んだ近年のサンフレユースの傑作の一つであるエレガントなレジスタ高萩洋次郎を呼び戻すことで、更なる競争意識を高め、サハラカップチャンピオンとなったユースからエース平繁龍一とキャプテン遊佐克美を昇格させて将来への布石を打つ。クラブのアイデンティティに沿いながら、的確な動きで戦力を維持・増強した。

戦力の維持に成功したとなれば、後はチームが、ペトロビッチメソッドへの深化・熟成により、どのような進化の過程を辿っていくのかが最大の注目点となるだろう。年齢やポジションと言った既成概念に囚われない監督なだけに、度肝を抜く大胆な起用が新たに生まれるか、旋風の原動力となったポゼッションにプライオリティを置いたサッカーが洗練されていくる事で新しい化学変化が生まれるか、そして抜擢された選手達が阿部勇樹や巻誠一郎のようなシンデレラストーリーを描いていくのかなどなど。もちろん、落とし穴に嵌る可能性もあるが、このチームが辿る過程には何か新しい発見がある気がしてならない。

きっと僕は、ミハイロ・ペトロビッチという監督に、数年前から日本に新しい風を吹き込んでいるイビチャ・オシムを重ね合わせているのかも知れない。彼から何か新しいモノが持たされるのではないか、今の日本に足りない概念を示してくれるのではないかと言ったように。敵である以上進化を辿ればサンフレッチェは更に手強くなるだろうが、一人のJリーグファンとして期待せずにはいられない。

*少しは傾向と対策らしいことをしよう。バックラインに森崎和幸や戸田を使うことの意義としては、ビルドアップの向上と言うことにある。彼らが低い位置から縦横自在にボールを流すことでリズムを生み、攻めやすい状況を作っている。もちろん本来は一列前の選手である彼らをディフェンスラインに起用するリスクがある……はずなんだけど、ジェフよろしく一人一人がよく走るし、危険な位置で彼らの弱点が出にくい守り方をするなど、個人としても組織としても非常に柔軟でクレバーにやっていることでそのリスクをカバーしている。リスクよりも利点が上回っていると言えるのかなと。

*基本的に自由にボールを回されるとサンフレッチェのリズムになる。良い流れを作り、その良い流れから良いボールが入れば、後は仕上げの出来る選手もいる。好循環を生み出しているのはその大胆な選手起用となっているバックライン。だからこそ、プレッシャーを掛けてリズムを崩すような施術が必要。コースを制限しながら、自分たちが守りやすい形にしていくという感じかな。主導権争いをするイメージ。

*後は、結果を残している2トップ。ピチプーは、周囲を活かすことで新境地を開拓していて、それが抜群の得点感覚とオフ・ザ・ボールの動きを持っている佐藤寿人、そしてせり上がってくる中盤の選手とリンクしている。キープが時間とズレを生んでる感じがあるので、何とか高い位置でのキープをさせないようにしたいところ。技術的に高いから、なかなか難しいけど、ある程度捕まえておいて、入ったところで挟み込むとか。バックラインへのプレッシャーとアタッカーへの警戒をバランス良くやることでサンフレの良さを削ることが出来るのかなと。他の攻略法?知らん(0-3で負けたイメージが強すぎる)

*注目選手としては柏木かな。チームでの研鑽はもちろん、ワールドユースもあって、更に一皮剥けちゃう環境にもあると思う。アジアユースのオーラを纏ったようなパフォーマンスが安定して出せたら、本当に楽しみな選手。センスは抜群、技術もハイブリッド、動きの幅も大きく、先が楽しみだし。本当は前俊がもっと試合に出てくれれば、前俊って書きたいんだけど……あの2トップは完成度高いからなー。

-----------------------

次はFC東京かな、サンフレの前にFC東京だった気がしなくもないけど。ゼロックスはまだ半分なんで、その後にでも。ということでここまでかな。

-----------------------

*ゼロックスの印象としてはどうしたレッズという感じ。ギドとオジェックの違い、チームと阿部の融合、そして新シーズンへの準備という中で齟齬が起きたかな。天皇杯の内容を考えれば、差が開いてもなってもおかしくはないんだろうけど、やられすぎだし、ミス大杉。逆のガンバの充実ぶりが目立った。ダイナミズムをしっかり活かせる鋭敏な感覚、コンビネーションのズレのなさとかは完成度の高さをもの凄い感じたし、安田が出てきたことで、更にオフェンシブな形を取れるだろうから、ね。守備もレッズの攻撃が単調だったにしても、隙を見せなかったのは評価出来る。「超攻撃」は伊達じゃない。ただ、まだレッズの方が強いと思うのは昨シーズンのトラウマのせいなんだろうか。

*東京デルビーは、両チームにとって良いゲームになったと思う。FC東京にとっては若い選手と福西の目処に収穫、ヴェルディは純粋に戦力の質の高さに目処に収穫という感じかな。気になるワンチョペはまだまだ、というよりJへの慣れとコンディション、二つの不安要素を感じる。元々、ワールドカップでも大して動かなかったことを考えればJへのフィットというか、チームへのフィットには乗り越えるべき要素が多そう。得点感覚抜群のボックスストライカーだったササを活かせなかったしねー。ただ、吉本良いね。穴がないし、頭も良い。過熱癖があるみたいだけど、完成度高い。ベルデーは余計なことしなきゃ充分勝てる。それぐらいJ2レベルを超える強烈な個人力。これで勝てなかったら確実にプギャーだね。

*CLもそれなりに消化中。書くかは分からないけど。後出しじゃんけんだけど、バルサ負けるのは何となく雰囲気漂っていた気がしない?僕はバレンシアのゲームで色々見えて、「あ、やばいかも」とちょっと思った。しかも相手が紅たんだったし(他のチームならそんなこと思わなかっただろうけど、リバポだったからこそソンなことを思ったのかも、紅たんのバルサへの強さは異常)しかし、ゲーム見ると立ち上がりの出来の良かったバルサがやられるとは、今考えると信じられん。バルデスのせいって言ったらそれまでか。

|

« Are you ready?@練習試合 Fマリノス vs ソニー仙台 | Main | Wake Up!!!@BeijingOlympic 2008 A.Qualify 2nd Round vs 香港 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/14050636

Listed below are links to weblogs that reference 2007 Jリーグ傾向と対策 -サンフレッチェ-:

« Are you ready?@練習試合 Fマリノス vs ソニー仙台 | Main | Wake Up!!!@BeijingOlympic 2008 A.Qualify 2nd Round vs 香港 »