« 2007 Jリーグ傾向と対策 -アルディージャ- | Main | Let's Go To the untrodden ground!@06-07 UCL Round of 16 1stLeg Celtic vs AC Milan Preview »

February 19, 2007

2007 Jリーグ傾向と対策 -アルビレックス-

Photo_1
何か順番がもの凄い適当な気がするんですが、その辺はキニシナイ。アバウトにやっていきますよ。と言うことで今回は、好補強と熟成という二つのポジティブポイントが気になるアルビレックスを。

・熟成+補強に見える「可能性」 -アルビレックス-

[IN]
FW:
深井正樹(←アントラーズ/レンタル)

MF:
坂本將貴(←ジェフ/完全)
デビッドソン・純・マーカス(←アルディージャ/完全)
吉澤正悟(←アルビレックス・シンガポール/レンタル復帰)

DF:
千代反田充(←アビスパ/完全)
田中秀哉(←アルビレックス・シンガポール/レンタル復帰)

[OUT]
FW:
船越勇蔵(→ヴェルディ/完全)
上野優作(→サンフレッチェ/レンタル→完全)
中原貴之(→ベガルタ/レンタル復帰)
中村幸聖(引退)

MF:
ファビーニョ(→ジュベントゥージ[BRA]/完全)
岡山哲也(→アルビレックス・シンガポール/完全)
青野大介(→愛媛FC/完全)
栗原明洋(未定)

DF:
鈴木健太郎(→ヴァンフォーレ/完全)
梅山修(引退)
喜多靖(未定)
酒井悠基(未定)
尾崎瑛一郎(→アルビレックス・シンガポール/完全)
藤井大輔(→ザスパ/レンタル)

チームの顔となっていた反町監督がチームを離れ、新たな道を歩んだ昨シーズンも結果としては振るわなかったアルビレックス。ホームでの抜群の強さもなかなか成績に繋がらないことを考えると、壁にぶつかっている感がある。

しかし、中長期的な視点から考えると着実な歩みとも言える。これまでは少々厳しいかという戦力を何とかやりくりすることで勝ち残ってきたチームだったが、ここの所は抜け目ないと言える補強で少しずつ戦力を増強し、チームとしてのクオリティを上げていこうという狙いが見える。こうやって力を蓄えていくことで、なかなか破れない下位の壁を破ろうというスタンスがあるのかも知れない。

そういう意味では今オフもその狙いを果たせたオフだった。ジェフの屋台骨を支えていたユーティリティ坂本、キレの良いドリブルと思い切りで存在感を示していた深井、中盤中央でスケールの大きいプレーが出来る純マーカス、高さと危機察知の速さを併せ持つ千代反田と各ポジションのクオリティを高められる選手が加入。彼ら一人一人特徴がはっきりしており、チームにポジティブな影響を与えられる可能性を秘めているだけに、戦力増強以上のチームへのポジティブな影響が期待出来る。

そして、もう一つアルビにはポジティブな要素を見いだせる。それは、鈴木監督が熟成を進めるチームタクティクスのクオリティ向上。前線のタレントによる個力に依ったカウンターがメインウエポンだったアルビレックスにもたらされたのは、より狙いを持ってボールを動かし、グループで崩そうというタクティクス。基本の部分ではトランジッションが据えられているが、シルビーニョを起点にポスト&サポートというプレーに高いプライオリティを置いてやっていくことで、相手を揺さぶって崩していこうという能動的なプレーを模索している。もちろん、現状では試合によって非常にバラツキがあり、守備に置いてプレッシングが機能しないと攻撃もボロボロになったりと安定感はないが、連続した縦の出し入れ(楔→ポスト落とし→サポートから又楔→フリーランを活かすポスト→崩す)のような綺麗な流れを生み出すプレーには可能性を感じる。熟成が良い方向に向かうのであれば、チームは飛躍の可能性も秘めていると思う。

アウェイでの弱さ、大きすぎるシーズンの中での波といったこのチームが抱える「ムラ」という病巣、多くの新戦力によるチームのマイナーチェンジを考えれば、上記のようなポジティブな要素も「可能性」と言う曖昧な言葉に留めなければならない。ただ、矢野貴章の日本代表選出、千葉和彦のオリンピック代表選出、田中亜土夢・河原和寿のアジアユースでの活躍など、チームには新たな胎動が始まっている感があり、後はチームとして、その胎動を結果に変えられるかどうかに掛かっている。「可能性」は間違いなくある。

*注目の選手は……と言うと、田中亜土夢かなー。移籍組(特に坂本と深井がこのチームに何をもたらせるかは非常に興味をそそられるし、どこに入るのかも気になる)が入ってくることで、昨シーズン自分の居場所を確保したかに見えた彼も又再び競争原理の中に引き戻される。中盤のポジションは4つ。ただ、戦術核であるシルビーニョはある程度決まりと考えれば3つ。チームバランスを考えると2つかも知れない。で、ライバルは鈴木慎吾や深井正樹と言った明確な武器を持つ選手達。そんな選手を向こうに回して彼がいかに自分の特徴を磨き、発揮してポジションを確保出来るかというのは気になるところ。機動力と技術を併せ持つ可能性のある選手なだけに、ここは一踏ん張り見せて更なる成長を期待したい。アルビサポも彼にはとても大きな期待をしているだろうしね。

*ただ、個人よりチームに興味があるかな。鈴木監督のやろうとしているサッカーを表現出来る駒は揃いつつあると思うんだよね。戦術の浸透と選手間コンビネーションの向上は、より質の高いものになるはず。機動力のある選手が揃う中盤は意思統一さえ出来れば鈴木監督がこだわるプレスにも好影響を与えるだろうし、DFラインも千代反田と坂本の加入、永田の復帰、内田潤もシーズン最初からいるとなれば、不安視される守備も少し計算が立つかも知れない。これにエースエジミウソンと初代表候補で意気上がる矢野の爆発があれば(もちろん深井も)………何かをやらかしても不思議じゃないと思う。ま、これだけ持ち上げて思いっきり逆走したら、身を隠します(苦笑)新戦力フィットという課題があるのが気になる……

-----------------------

ん、ちょっと僕の悪癖が出てきた気が……でもその分中身がちゃんとしてるからいいっしょ!と現実逃避……。次は多分FC東京。その前にUCLのプレビューやるかも、楽しみでしょうがないの、うん。ということでここまでっす。

-----------------------

*愛鷹(あしたかって読むんだってねぇ、張りつめたー♪)では、色々と盛りだくさんぽくて、それを目の当たりに出来た皆様羨ましいですわ。そうそう、功治と隼磨のリニューアルチャントが発表されたらしいし、新曲もあったそうな。ゲームの方は、代表に行ってる藤本・青山、それに枝村・山西なんかを温存されたにしても(ジョンは怪我?)、エスパ相手に一応(スコア的に)互角の勝負を出来たというのは少し自信になるのかな、見てないけど。とにもかくにも後2週間、良い準備をして開幕に臨んで欲しいな。しかし、狩野がセカンドチームなの?納得いかねぇ、見てないけど。

*自分的今週メモ。沢山あるからさ、忘れちゃいそうで。

2/20(Tue) UCL Round of 16 1stLeg(この日は何があろうとセルティックvsミラン@セルティック・パーク!生で見る所存です。ジダ欠場だって、俊輔残念。瀕死巨人対決レアルvsバイエルン@ベルナベウも気になるけど)

2/21(Wed) U-22日本代表vsU-22アメリカ代表@熊本KKウイング(強化の過程の中では無駄に出来る試合なんてなし。どんなメンバーになるのか気になる)

2/21(Wed) UCL Round of 16 1stLeg(この日は生は無理そうだけど僕は何があろうとインテルvsバレンシア@ジュゼッペ・メアッツァ!でも人に勧めるなら、ローマvsリヨン@オリンピコ。現状の欧州トップモード直接対決。フットボールの神髄を知れ、早野氏必見。もちろんバルサvsリバポ@カンプ・ノウもカバーしたい。うまくやれば今のバルサなら沈められる可能性も……なくはない……かなぁ?てか、モウリーニョのエスタディオ・ドラゴン凱旋(2度目だよね?)も気になるし、この日いけずぅ)

2/22(The)UEFACup 1stKnockOutRound 2ndLeg(ゲーム単体としてはブレーメン-あややが見たい。ただ、1stLeg3-0で差が開いちゃってるから、興を削がれるかー、もったいない。統制の取れたプレーに非常に好印象を抱いたCSKA[一昨年のチャンピオン]、ディフェンディングチャンピオンセビージャが気になる。でも僕はきっとUCLのカバーに必死になっている予感)

2/23(Fri) 香港遠征なヤングFマリvs サウスチャイナAA(行けないけどな。放送とかあるのかしらん。)

2/24(Sat) 練習試合おっさん(ちょwww)Fマリvsソニー仙台(これは見に行けそうかな。なんだかんだ言ってチャンス逃しまくってる僕にとって初マリになりそう、ファン感除く)

*ま、全部見れるか微妙だけど、ね。一応調べておくだけは調べておかないとスルーしてあーみたいなのは切ないし。

|

« 2007 Jリーグ傾向と対策 -アルディージャ- | Main | Let's Go To the untrodden ground!@06-07 UCL Round of 16 1stLeg Celtic vs AC Milan Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/13969225

Listed below are links to weblogs that reference 2007 Jリーグ傾向と対策 -アルビレックス-:

« 2007 Jリーグ傾向と対策 -アルディージャ- | Main | Let's Go To the untrodden ground!@06-07 UCL Round of 16 1stLeg Celtic vs AC Milan Preview »