« 虚無感に包まれて。 | Main | Lost Season -PlayBack F.Marinos 2006- »

January 21, 2007

06-07 F.Marinos OffSeason News Vol.2

結構溜まってきたので、とりあえずマリの方からニュースをまとめて。それにしても、相変わらず踊れないよ。今の希望は、素敵な新ユニと新人選手への期待感だけ。ただ、功治も佑二も那須も坂田もオーシも、契約更新してくれて良かった、それだけは心から言える。ということで、沢山あるからさらっと。Vol.2

・何とかかんとか全員契約更新

2007年度 契約更新選手について(12/29)
2007年度 契約更新選手について(1/16)
2007年度 契約更新選手について(1/19)
全てFマリノスオフィシャル

Fマリノス 2007年度契約更新済み選手(12/28~1/19)

河合竜二(かわい りゅうじ)1年契約
2006出場 J1/25(1) ナビスコ/9(0) 天皇杯/3(0)

松田直樹(まつだ なおき)1年契約
2006出場 J1/24(4) ナビスコ/9(3) 天皇杯/0(0)

田中隼磨(たなか はゆま)1年契約
2006出場 J1/34(5) ナビスコ/9(2) 天皇杯/1(0)

ハーフナー・マイク(Mike Havenaar)1年契約
2006出場 J1/9(0) ナビスコ/6(0) 天皇杯/0(0)

大島秀夫(おおしま ひでお)1年契約
2006出場 J1/27(4) ナビスコ/8(0) 天皇杯/3(0)

清水範久(しみず のりひさ)1年契約
2006出場 J1/11(2) ナビスコ/5(0) 天皇杯/1(0)

坂田大輔(さかた だいすけ)1年契約
2006出場 J1/19(4) ナビスコ/2(0) 天皇杯/2(1)

狩野健太(かのう けんた)1年契約
2006出場 J1/13(1) ナビスコ/8(1) 天皇杯/2(0)

那須大亮(なす だいすけ)1年契約(2年契約2年目)
2006出場 J1/16(1) ナビスコ/9(1) 天皇杯/2(0)

中澤佑二(なかざわ ゆうじ)5年契約3年目
2006出場 J1/23(1) ナビスコ/2(0) 天皇杯/2(0)

山瀬功治(やませ こうじ)2年契約1年目
2006出場 J1/20(6) ナビスコ/1(0) 天皇杯/3(0)

マルケス(Marquez)1年契約
2006出場 J1/19(2) ナビスコ/2(1) 天皇杯/5(2)

とりあえず何とか既存戦力の契約更新が終わって、綺麗な形でキャンプに臨めることになりました。報道されている通り、時代の変わり目の中で迷走するフロントの動きに疑念を向けたり、不安を抱えたり、低迷するチームを憂いて提言をしてみたりと、選手達もこの変革の波の中で様々なことを考えていたようだけど、その中で引き合いが来ていた那須や佑二や功治が残ってくれたのは嬉しい、うん。てゆうか功治は神だね、複数年ですよ、奥さん。

目に付くところではやっぱり、功治かな。正直びっくり。海外志向も強いのに、自らを繋ぎ止める鎖になりかねない長期契約をしてくれて、改めて功治のマリに対する愛を感じるよ。クラブに対して、非常に先見性のあるビジョンを示してくれたりと、本当に頭が下がる。フロントがサッカーに目を向けていなくて、全然取り合ってくれなかったみたいだけど、地道に掛け合ってくれると嬉しいかな。来期も苦々しい思いをさせてしまうかも知れないけど、何とか頑張って頂戴。怪我だけは注意。

で、那須。正直、僕は出るかなと思ってた。那須にとって試合に出ることにプライオリティを置いた場合、目の上のたんこぶやら下からの突き上げもあるマリと席の空いたガンバであれば、ガンバに移った方が利口だし、現状に置けるチームの可能性・ポテンシャルを考えてもガンバの方が上だしね。でも、残ってくれた。早野氏がどのような起用法をするか分からないけど、その決断が間違っていなかったと思えるような年にして欲しいな。個人的にはアンカーを担って欲しい気持ちあり。やっぱりこのポジションはスペース管理が出来る選手が欲しいんだよね。裁きは不安だけど。

次に佑二。とりあえず本当にお疲れ様。ワールドカップ含めて昨年もハードにシーズンを過ごしてきて、かなりの疲労が溜まっていた中で、チームの良心として支え続けてくれた。実際、パフォーマンス的にはここ数年一番イマイチなシーズンだったとは思うけれど(ワールドカップショックもあったしね)、それでもあれだけ出来るのは持ち得るモノの大きさを物語る。とにもかくにも、しっかり体と心を休めてほしいな。2007年はより厳しいシーズンになるだろうし……。

で、将軍様。ま、後味の悪いシーズンの終わり方だったけど、シーズン全体を考えれば、相変わらずのマツループは別にして、チームを奮起させるために頑張ってくれたと思う。守備はもちろんなんだけど、攻撃力不足に悩むチームに置いて、将軍様オーバーラップはチームの攻撃に意外性とダイナミズムを生むものだったし、ピッチ上の少ないエンターテイメントとして、スタジアムを盛り上げてくれたしね。ナビ含めて7つのゴールは多いと思うし、全て価値のあるモノだった(しかもファインゴールが多い)波さえなくなれば、こんなに頼りになる選手はいないのだけど……。今回はフロントの意向で単年契約、期するものもあるだろうけど、気負いすぎずにチームを「支えて」欲しいな、もう30だし。

若い選手に関しては今シーズン良くやってくれたと思う。狩野は動きの幅が大きくなり、積極性も高まって、ブレイクスルーをしそうな気配はある。マイクも終盤は出場機会が減ってしまったけど、その高さは可能性。これだけの出場数というのはそれだけの経験に置き換えられるわけだから、何とかその経験を糧にしてより飛躍をしてほしい。てゆうか、してもらわなきゃ困る。チームは激変の時期だけど、若い選手にして見れば、大きなチャンスな事は間違いない。この機会を活かして欲しい。

これまとめてて思ったんだけど、マルケスが2、坂田が4、オーシが4、ジローが2、マイクが0(マイクはしゃーないけどね)、久保の5を含めても、ワシントンやマグノにすら及ばない。このゴール数じゃ低迷も仕方がないと改めて思った。もちろんFWだけに責任を押しつけることは出来ないけど、ね。ま、来期は仕事してくれって事で、とにもかくにも無事に済んで良かった……。じゃ、次。

-----------------------

・新加入選手も踊れない。

鈴木隆行選手、移籍加入のお知らせ(Fマリノスオフィシャル)

鈴木隆行(すずき たかゆき)1年契約

ポジション:FW
出身:茨城県
生年月日:1976/6/7
サイズ:182cm/75kg
キャリア:日立工業高→鹿島アントラーズ→CFZ・ド・リオ(BRA)→鹿島アントラーズ→ジェフユナイテッド市原→鹿島アントラーズ→CFZ・ド・リオ(BRA)→鹿島アントラーズ→川崎フロンターレ→鹿島アントラーズ→ゲンク(BER)→鹿島アントラーズ→ゾルダー(BER)→鹿島アントラーズ→レッドスター・ベオグラード(SCG)

Reds5848
久保の横浜FC移籍と同時に浮上したレッドスター・ベオグラードの鈴木隆行の移籍話がスピード決着。穴埋めとしての数的な問題はもちろん、元代表選手として人気面の要素を考慮したっぽい形で獲得に動いたFマリノスフロントと、レッドスターに置いてなかなか出場機会を得れていなかった鈴木サイドの思惑が一致した事で今回の移籍が実現した。契約期間中だが、ピクシー(レッドスター会長)の話によれば移籍金はかかっていない様子。

はっきり言って、未だに釈然としない。上記の通り、昨シーズンほとんどFWとして「得点を獲る」という責務を果たせなかったFWの補強であれば、何よりも優先されるべきは決定力であり、得点力であるはずが、久保はおろか、坂田やオーシよりも得点を期待出来ない選手を獲ってくるのはあり得ない。もちろん、彼の残してきた実績、勝負強さ、経験は希有なものかも知れない。ただ、チームが求めているモノはそういうモノなのかと言えば確実に「必要のない」獲得劇と言えると思う。

プレースタイルとしても、個人的に余り実効性を感じない。彼のポストはずるずる下がりながら受ける傾向が強く、裁きのタイミングも遅いので、より高い位置で、より良いタイミングで後ろの選手にボールを落とすという「ポストプレー」の前提を満たしていない。逆に攻撃を停滞させる一因になり得る要素。又、ポストプレーに意識を裂く余り、FWとして最も重要な「ゴールを獲る仕事」というのが疎かになっている。ボックスの中に入れない、前を向いても技術がないからシュートを打てない。ファールを獲ると言うことには長けているけれど、チームとしてそのポストがプラスになるかというと首をひねらざるを得ない。

と、はっきり言ってネガティブです。ただ、来てくれたからには頑張ってもらいたい。沢山ゴールを獲れ、と言うより、チームが苦しい時にファールを獲ってチームに息を入れてあげる事であったり、労を惜しまないフォアチェックといった「師匠的」仕事や、コンビネーションを高めて、2トップのコンビを組む相手や功治・狩野・マルクスと言った2列目の選手に身体を張って道を空けるようなようなプレーでチームを助けて欲しいかな(本当はFWには点を獲ることを求めたいけどね、出来ない人には求めない主義なんで)「期待される立場」だと思うので、彼にも厳しい視線が向けられるはず。逆境に強い男のはずだから、既に逆境なチーム状況の中でその期待に応えて欲しい。
*狩野、功治は沢山FKの練習しないとね。二人とも結構な数蹴ってるけど、まだまだイイキックが飛ぶ確率低い。数が増えるんだから、こういうのもうまく利用して欲しい。特に狩野!マルクス来るけど、負けちゃだめ!超頑張れ。

-----------------------

マルクス選手、エウチーニョ選手、移籍加入のお知らせ(Fマリノスオフィシャル)

エウチーニョ(Elton Divino Celio)1年契約

ポジション:DF
国籍:ブラジル
生年月日:1987/7/7
サイズ:171cm/68kg
キャリア:パラナ・クラブ(BRA)

マルクス(Marcus Vinicius De Morais)6ヶ月間レンタル?1年契約?

ポジション:FW
国籍:ブラジル
生年月日:1974/2/25
サイズ:176cm/67kg
キャリア:サンジョゼEC(BRA)→アイモーレEC(BRA)→CEベントゴンサルベス(BRA)→ロスミリオナリオスFC(BRA)→グアラニFC(BRA)→本田技研→リオブランコFC(BRA)→グアラニーFC(BRA)→リオブランコFC(BRA)→ECバイーア(BRA)→アメリカFC(BRA)→アルビレックス新潟→川崎フロンターレ→東京ヴェルディ1969

昨日正式発表の新外国人選手。この二人の加入でマルケスと合わせて今シーズンの外人枠3つが埋まったことになった。

ま、報道通りに決まったという感じなんだけど、ポジション的にはこれも「ん?」という感じは拭えない。エウチーニョは若くて、実力もあるらしいんだけど、芽の出てきている裕介しかり、即戦力の大卒No.1左アウトサイドのコミーしかり、攻撃力に魅力があるルーキー石原にしかり、左サイドはそれなりに駒が揃っている状況。彼らが競争して伸びてきて欲しいと思ってただけに、ここを外国人選手で蓋をしてしまうのはもったいないなーと思ったり。

マルクスの方に関しても同じ事が言える。素晴らしいキャリアを積んできていて、抜群のテクニックを持っている選手(正直劣化は心配。ヴェルディの時のマルクスはふろん太の時のマルクスとは別人のようだった)だけど、功治は別格にしても、狩野、幸宏、乾、フミヤと若い選手を育てなきゃいけないのに、これまたマルクスという実績のある選手で蓋をしてしまう。フロントは本当に育てる気があるのだろうかと、疑いたくなる。

他にもまだある。補強ポイントとして今シーズン一番高いプライオリティを置かれるべきはどこだったのか、それは間違いなくボランチだったはず。チームとして、なかなかボールを回せず、攻撃構築能力が非常に低いと言うことを露呈した中で、昨シーズンは苦肉の策としてチームで一番期待が出来るアタッカーの功治を一列下げてまで補ってきたポジション。そして本職としては良治たんだけの非常に層の薄いポジション。アーリアが上がってきたとはいえまだ2人。そんなポジションに枠の余っていた外人枠を有効利用しなかったのは、非常に疑問。鞠スレとかでも言われていたけど、マルクスを獲るなら鹿島を退団したフェルナンドを獲って欲しかったし、それこそ鮪を戻して欲しかった(本人は嫌がるかも知れないけど)

監督人事もそうだし、整合性のない補強には改めてフロントは「無能」だと思わされる。新人獲得や下部組織が充実してきても、トップチームがこれだけめちゃくちゃだと、そこで全てが無に帰してしまうのではないかと思ったり。フロントの粛正こそ、最もチームに必要な事なんだなぁと思う今日この頃。何か、後味悪いけど、マルクスにしても、エウチーニョにしても頑張って欲しいな。マルクスは劣化してないことを祈る。で、出来ればアルビ時代のバリバリの点取り屋時代のプレーを思い出して欲しいし、それが無理ならふろん太時代の攻撃にクオリティを付随させる役割を担って欲しい。師匠+マルクスのセットも期待。エウチーニョは偉大なる虎の後釜。ドリブル得意なようだから、虎同様にこのチームの弱点である攻撃構築の脆弱性を何とかそのドリブルで助けて欲しい、かな。

-----------------------

・ルーキーと新ユニだけが希望の新体制発表

2007年新体制発表(Fマリノスオフィシャル)
【横浜FM 2007シーズン新加入選手記者会見】記者会見での新加入選手コメント(J's GOAL)
新加入の乾「世界を目指して成長したい」=横浜Fマリノス新体制会見(スポナビ)
00020380b
イヌーイカワイイよイヌーイ

と言うことで、新体制発表が昨日ありました。社長の挨拶とか監督の言葉に関しては嘘っぽいのでどうでもいいですが、新加入選手のコメントや新しいユニにはちょっとワクワクしましたよ。

キクマリでも、ユース上がりの3選手達の言葉にワクワクしたけど、イヌーイの「3、4年後にはスペインに」という言葉も頼もしい。まあもうちょっといて欲しいけど、それぐらいの成長速度で伸びていってくれればチームにとってこれほど頼もしいことはない。もちろん、フミヤにしても石原にしてもコミーにしても、チャンスは落ちていると思うから頑張って欲しいなと。

で、同時に背番号も発表になりました、一覧はオフィシャル見て下さいな。変更点やら新加入の選手の番号はこんな感じ。

2007年度 Fマリノス背番号変更点

変更
・榎本哲也 21→1
・飯倉大樹 16→31
・狩野健太 29→14
・マルケス 19→8

新加入
・高桑大二朗 21
・富永康博 37
・エウチーニョ 2
・小宮山尊信 13
・田代真一 23
・吉村光示 16
・乾貴士 19
・山本郁弥 25
・長谷川アーリアジャスール 29
・石原卓 34
・鈴木隆行 9
・斉藤陽介 27
・マルクス 33

哲也の1番、健太の14番はちょっと嬉しいかな。新加入の選手で気になったのはイヌーイとユースっこ。個人的にイヌーイに"出世番号"の25が行くと思ってたので、フミヤくんとはちょっとびっくり。ただ、イヌーイにはより若い番号を、と思ったのかも知れないね。フミヤも頑張れ、超頑張れ。俊輔みたいになっておくれ。で、ユースっこたちは比較的30番台が多かった気がするんだけど、先輩達が埋めてるので、穴の空いた20番台が回ってきたという感じかな。アーリアが一番若い番号着けると思ったから、田代とはちょっとびっくり。

2007_
で、新ユニですよ、奥さん。素敵ですよ。サムライ何ちゃらっぽいけど、綺麗なトリコロールで、アウェーは白復活で、(昨年と違って)購買意欲をそそる!とりあえず、鬱な話題は置いておいて、ホームか、アウェーか、両方か。そして誰のシャツを買うのか、と楽しく悩めそうです。

僕?とりあえずホームは買う。番号は迷ってるけど、やっぱり10かなー。アウェーも欲しいなーと思ってるんだけど、アウェーは期待のルーキーにしようかなーと何となく思ってる。19か、27か、29か……、ま、シーズンで活躍して、「あの番号のシャツが欲しい!」と思わせるような活躍を期待したいな。こういうのってちょっと幸せ。
♪何でもないようなことが、しあわせだ~ったと思~う♪うわ、フィットするなー、せつねぇ。

-----------------------

と言うことで、全然さらっと終わりませんでした(苦笑)新体制発表までに鞠のことやりたいと思ってたのですが、出来ずじまいで残念。でもそのうちアップします。と言うことで、とりあえず今日はここまでっす。

|

« 虚無感に包まれて。 | Main | Lost Season -PlayBack F.Marinos 2006- »

Comments

> てゆうか功治は神だね、複数年ですよ、奥さん。

奥 大介選手に対する あてこすり? まさかね...

Posted by: おおくら | January 21, 2007 at 05:59 PM

えーと、全くないです。てゆうか、僕は大ちゃんをリスペクトしてますし、
恨む気持ちなど全く持っていないです。
それはお隣の横浜FCに移籍しようと変わりません。

http://itaruru.air-nifty.com/looseblog/2006/11/post_5b6d.html

この辺のエントリ見ていただけば分かって頂けるかと。

ちなみに、井戸端会議的に隣の奥様に「~~なんですよ、奥さん」
で使ってます。

ま、軽い繋ぎなんですが、お気に障ったら申し訳ないです。
ではでは。

Posted by: いた | January 21, 2007 at 08:38 PM

いたさんこんにちは。

やっとシーズンがはじまるという実感が沸いてきました。
補強の整合性は確かに疑問ですよね。フロント、監督に関しても1ファン(サポ?)として納得できるかというと・・・。でもそんなことは言ってられないうちに開幕はやって来てしまいます。結果で外野の雑音を黙らせてくれることを期待・・・(って虫が良すぎますよね)

ユニホームは私も購入したいです。息子は「14奥」なのでそっちもついでに買ってあげようかなど。ステキなユニに見合う結果を・・・。

さて、今年はどんなシーズンになるのやら。
今年もよろしくお願いします!

Posted by: ヨコ | January 22, 2007 at 01:05 PM

ヨコさん、こんにちわ。

そうですねー、はじまっちゃいますね。
オフが鬱とかは置いておいて、やっぱりマリのゲーム見たい気持ちが、
むくむく出てきますねー。
より鬱になりそう?それは考えない方向で。

補強に関しては、打ち止めっぽいですね。
フロントの方針にはこれからもだめならだめと言っていくつもりなので、
厳しく書きましたが、結果を繋げるという要素が、
これからは大事になっていくんじゃないかなーと思ったり。

ユニフォームいいですよねー。
お子さんは大ちゃんだったんですか!
大ちゃんを贔屓にしてたとしたら、ちょっと残念かも知れないですねー。
新たなお気に入りの選手を見つけて欲しいモノです(もういるかな)
このユニで無惨な結果は見たくないですねー。

>さて、今年はどんなシーズンになるのやら。
>今年もよろしくお願いします!

いえいえ、こちらこそ。
楽しいシーズンになるとしたいですねー。
ではでは。

Posted by: いた | January 22, 2007 at 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/13602366

Listed below are links to weblogs that reference 06-07 F.Marinos OffSeason News Vol.2:

« 虚無感に包まれて。 | Main | Lost Season -PlayBack F.Marinos 2006- »