« 突きつけられた経験不足@Asian Games 2006 2ndGroupStage vs パキスタン | Main | 王者に相応しい勝ちっぷり@J1 第34節 レッズ vs ガンバ »

December 02, 2006

決戦@J1 第34節 優勝決定戦 Preview

リーグ最終節にての直接対決による優・勝・決・定・戦!

真っ赤に染め上げられるであろう埼玉スタジアムでどんなドラマが待っているのか。いつもはマリにべったりな僕でもやっぱり気になっちゃう。てゆうか、ワクワクしちゃいます。

と言うことで、プレビュ!(テンションおかしいです)

2006 J.League Division1 第34節"Final!!!"

12/2(Sat) 14:00KickOff/レッズ vs ガンバ @ 埼玉スタジアム2002「決戦」

Reds              Gamba
    ワシントン          マグノ  播戸
   ポンテ  山田           二川      
三都主       平川   家長        加地
  長谷部  鈴木啓        橋本  明神
  ネネ 闘莉王 内舘     山口 宮本 シジクレイ
      山岸              松代

昨シーズンのチャンピオンであるガンバと、天皇杯チャンピオン(リーグ戦2位)のレッズ。昨年のリーグの主役達は今年も主役だったと言えるのかも知れませんね。実際、両チームの今シーズン見せていたパフォーマンスはやはり高みで安定しており(ふろん太も頑張ったけどね)、どちらが優勝するにしても、2006年のJリーグが導き出す結果としては妥当なモノなのかなと。

ま、前置きは置いておいて、この試合に向けの周辺事情を。まず優勝の条件。もうかなり報道されているので、余り必要はないと思うけど、一応確認。

1位 レッズ 勝ち点69 得失点差+38
2位 ガンバ 勝ち点66 得失点差+33

勝ち点に置いて3差、得失点に置いて5差、ガンバが逆転優勝を達成するためには3点差以上の勝ちが必要という状況に置かれており、レッズとしては2点差以内の負けまでなら首位を守り抜き、初のリーグ制覇と相成るわけです。

その中でのこの一戦に臨む両チームの選手状況。まずはレッズ。出場停止はなし、レギュラークラスで欠場が確定しているのは長期離脱を余儀なくされた堀之内ぐらいか。坪井も10月末に膝を負傷してから、ここまで出場していないこともあって欠場の可能性が高いが、コンディションとしては上がってきているようで、もしかしたら強行出場もあるかも。その場合は内舘の所か。前日の練習では闘莉王が別メニュー調整だったようだけど、これは元々状態が良くないだけで、ほぼ間違いなくスタメンで来るでしょう。

次にガンバの方。こちらも出場停止はなし。欠場者としてもレギュラークラスではないと思われる。で、気になるのは復帰間近を目される播戸、そして遠藤保仁の状態。播戸に関しては、この決戦に照準を合わせてリハビリを重ねてきたようで、スタメン濃厚。多数の得点が必要なゲームなだけに、今シーズン16点を上げているアタッカーの復帰は心強いか。遠藤の方は、何とか肝機能の病気から回復し、この試合にはベンチ入りする模様。ガンバのスペクタクルを発生源となるコンダクターの復帰は逆転優勝に向けてこれも心強いところだが、長くピッチを離れていただけに試合勘、プレー感覚などには不安が残る。

まあこういう状況で、この決戦を向かえるわけです。では、本題。両チームの目線から考えるこの最終決戦の考え方。

・持ち得るアドバンテージを余裕に変えて -Side Reds-

今シーズン、レッズが3点差を付けられて負けた試合を見た記憶がない(2点差付けられての負けもフクアリでのジェフ戦ぐらいかな?)1試合平均1失点を切る抜群の安定感を誇る守備力、絶対的なエースを核に高い能力を有するタレントを揃えた攻撃力、この二つが合わさった総合力の高さが常に相手の上を言っているからこそ、大きな差を付けられることがなかった。

そして、20戦以上負けていないという圧倒的なホームアドバンテージ。340°ほぼ全方向が赤く染め上げられる視覚的圧力、重厚感・恐怖感を感じる聴覚的圧力、こういった要素が相手に与えるプレッシャーは小さくない。強いレッズに更にアドバンテージが与えられる。

こういった要素を考えれば、2点差以内のゲームで仕上げるというのは、さして難しいことではないように思える。冷静に考えれば、「鉄板」とも言える状況。だからこそ、敵は自らにあり。優勝が懸かるという普段とは違うゲームで、いかに普段通りの現実的でシビアなサッカーが出来るか。そして、どんな状況に陥っても冷静さを保てるか。それは、選手・監督だけじゃない、サポーターに求められる。

条件を考えれば相手が捨て身と言う勢いで来る。受けに回る展開が増えるかも知れない、先に失点するかも知れない、今シーズンのJで一番注目度の高い、優勝を決めるメモリアルゲームゲームが負けになるかも知れない。でも、全ては予測内のこと。何にプライオリティを置くべきかは、言わなくても分かっているはず。

レッズはアドバンテージを持っている。数字的にも、状況的にも、環境的にも。だからこそ、このアドバンテージを頭に置きながら、余裕を持ってゲームを進めればいい。

「90分は悩ましい時間になるかも知れない。しかしその時を過ぎれば待っているのは最高のエクスタシー。だとしたらこの90分は長くない。初戴冠のエクスタシーへのスパイスになると思えば、それも又悪くない。」

これぐらいの余裕が持てれば、レッズの初戴冠は現実のモノとなる。

・難解な方程式 -Side Gamba-

難攻不落のアウェイ、J最高の堅牢なディフェンス相手の大量得点、得点を獲るために獲らなければならないリスクを抱えながらの失点抑制。ガンバが連覇を達成するためにはこの難解な方程式を解いていかなければならない。難攻不落のレッズディフェンスからいかにゴールを重ね、心許ないディフェンス陣がいかに失点を抑えるか、この方程式の答えをガンバが導き出せるか、というのが、この一戦の最大のポイントになる。

メンタル的なマネージメントとしては、非常にシンプル。とにかく"攻めろ"。ゴールが生まれなければ何も始まらない。失点を避けながら、相手の様子を見て攻め手を伺う形で無駄に時間を浪費していては、ガンバに可能性は生まれてこない。そういう意味では、90分間常にレッズに対して高い圧力を掛けて行かなければならない。ガンバの攻撃はとてもリズミカルでスペクタクル。この要素を前面に押し出し、尚かつ、相手の守備組織に常に一人余れるような状況を作らせないぐらい、前に人数を掛ける=高いリスクを掛けていくことが必要なのかなと。

しかし、いくらゴールを獲っても、高いリスクを補いきれず無為に失点を重ねてしまっては、点差は生まれない。リスクを掛けた中で少ない人数で質の高い個の力を持つ相手の攻撃を抑えていくか。これに関しては、もう頑張れとしか言えない。数的同数になろうと、数的不利になろうと、局面で粘って失点を避けていくしかない。

はっきり言って相反している二つの条件は=で関連づけ出来ない。非論理的な方程式になっていると思う。そんな方程式を成立させるために必要なモノは、運、と言えるのかも知れない。決定機を逃す、危険な位置でエラーが起こる、不確定要素が起こる、この方程式を完成させるためには、こういった要素が必要になってくると思う。

運という非論理的な要素にまで頼らなければ方程式が成立しないと言うことを考えても、厳しい状況に変わりはない。でも、非論理的な要素だからこそ、ドラマティックじゃないのかな。ここ数シーズン、最終節にはドラマティックなラストが待っていた。難解な方程式で導き出された答えが奇跡だとしたら、こんなにドラマティックなことはない。

-----------------------

で、ここからは具体的な話。優勝を争う上ではやはりガンバの攻撃をいかにレッズが凌ぐかと言うところに最大の焦点があると思うので、ガンバの攻撃-レッズの守備に置けるキーマッチアップを簡単に。

田中マルクス闘莉王 vs マグノ・アウベス

なんだかんだ言って、ガンバで一番ゴールを期待出来るのはマグノ。一瞬の隙を逃さず、拾いシュートレンジから正確で強烈なフィニッシュを積極的に狙ってくるアタッカーなだけに、レッズとしては失点の危険性を削るために、簡単には打たせたくない。そういう意味で、彼の一番得意なエリアを統括する闘莉王がどこまで彼を見切るのかというのが気になるところ。

というのも、闘莉王はマグノだけを見ていられない。播戸が戻ってきたことで、ガンバの2トップに縦のギャップが出来た時、マグノはずれるかも知れない。開幕時から見られた傾向だけど、播戸は動き回りながら相手の裏を取ろうとする傾向が強く、マグノは裏を取るのも上手だけど、突っ込むだけじゃなく引くような動き出して足元に引き出してフィニッシュに持ち込もうとするプレーがうまい。二人が相乗効果のように噛み合えば、ディフェンスの警戒は二つに割れることになる。こうなった時にガンバは大きなチャンスが生まれると思うし、レッズとしては隙が生まれる。そしてその時に、マグノはいかにフィニッシュに持ち込み、決めれるか。闘莉王が的確な判断で水際で凌げるか。まあ、それをうまく使えるのか、とか突っ込み所があるんだけど、直接的にゴールに繋がるエキサイティングなマッチアップになりそう。

平川忠亮 vs 家長昭博

厚い壁を崩すには穴を空けて行かなきゃならない。その突破口を切り開ける可能性という意味では、やはり家長が第1候補。もちろんレッズも百も承知だから、平川をぶつけながらも、ボランチにカバーに回させて彼の局面打開の実効力を打ち消しに来るはず。このぶつかり合いも面白い。

元々ガンバは流麗な攻撃構築からの変幻自在な攻めが売りなんだけど、遠藤の不在でこの攻撃構築の柔軟性というのは失われている感がある。そうなると、どうしても個人能力を前に押し出して攻めに行かざるを得ないから、独力で打開出来る可能性を持つ家長の存在というのはこれまで以上に大きくなっているのかなと。家長はガンバのキーを握る選手、それが活きるか死ぬかは、対面で多くの時間家長とマッチアップする平川に掛かる部分が大きいはず。平川としては縦は行かせてもいいから、絶対に中に切れ込ませたくないところ。揺さぶられるのが一番嫌なわけで、単純な高さ勝負であれば、レッズは強い。選択肢を狭めさせたいかな。とにもかくにも、個々面白いと思う。

-----------------------

考えるだけでも凄い楽しいです。それだけこのゲームは魅力的、そしてスタジアムの雰囲気が、この試合をより厚く素敵なモノしてくれるはず。リーグもこの節で終わりと言うことを考えると少し名残惜しい部分もあるのだけど、このゲームを存分に楽しみたい。レッズの現実性が悲願に結実するか、ガンバのスペクタクルが奇跡を起こすか、さあ、決戦!と言うことでここまで。

|

« 突きつけられた経験不足@Asian Games 2006 2ndGroupStage vs パキスタン | Main | 王者に相応しい勝ちっぷり@J1 第34節 レッズ vs ガンバ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/12899691

Listed below are links to weblogs that reference 決戦@J1 第34節 優勝決定戦 Preview:

« 突きつけられた経験不足@Asian Games 2006 2ndGroupStage vs パキスタン | Main | 王者に相応しい勝ちっぷり@J1 第34節 レッズ vs ガンバ »