« 06-07 Jリーグ市場動向(1) | Main | LooseBlog's J.League Awards 2006 -Shining Young Talent- »

December 27, 2006

06-07 F,Marinos OffSeason News Vol.1

マリの話題になると、どんよりな気分になりますが、とりあえず動いてはいるようなので、その辺をさらっと。契約更改も徐々に進んでるようだけど、去年考えるとちょっと遅い?まいいや、こっちも継続。「F.Marinos OffSeason News」ってことで。

・契約更改

2007年度 契約更新選手について(12/6)
2007年度 契約更新選手について(12/7)
2007年度 契約更新選手について(12/12)
2007年度 契約更新選手について(12/20)
2007年度 契約更新選手について(12/21)
2007年度 契約更新選手について(12/26)
*全てFマリノスオフィシャルサイトより

何となく去年よりペースが遅い気がするけど、今のところ9人の選手が契約更新した模様。財政的に苦しいのか、不透明なクラブの未来に不安を覚えたからなのか、複数年契約した選手が哲也一人なのが(勇蔵は嫌がったのかなぁ)、先を考えると気になるけれど……。じゃ、気になる選手の今シーズンをピックアップ。

まず、裕介。数字だけ見たら微増の出場数だけど、昨シーズンに比べたら周囲の目も、本人の意識ももの凄い変わったんじゃないかな。数だけで見ると微増なんだけど、天皇杯は全試合スタメンだし、プレータイムとしては長い。サテではストッパーでの起用が多かったようだけど、その経験が生きているのか、それなりに安定したディフェンスを見せていたし、時折見せるオーバーラップも思い切りよく出来たりと、虎なき左サイドの候補として大きくアピール。裕介がこのまま伸びてどちらもセンターバック的な守備力、サイドバック的な思い切りと攻撃力両方を質と落とさずにプレー出来るようになれば、隼磨を前に押し出すような変形の形も出来たりと(2003年の逆バージョン)、裕介のプレーがチームに幅をもたらすということも充分考えられる。もちろん、来期はよりギラギラしたキモチでコミーや石原くんと競争して欲しいなと。

で、良治たん。引退?なんて声も聞こえたけど無事契約更新。一安心の人も多いのでは?良治たんはいい時もあり、悪い時もありで、結構はっきりと割れていた部分を感じたのだけど、良治たんの出来がチームの出来を物語っていたのかなと。年齢を重ねたこともあって、ピッチを所狭しと走り回れない中で、彼が壺を押さえるようなプレーが出来ていた時は、周囲が次の展開を読めるような形を整備出来ていて、逆に彼の運動量の少なさが表立ってしまう時は、その予測が絶たず、人海戦術的な対応を問われてしまうと言うことがあったのかなぁと。彼の特徴でもあるパスディバイドに関しても同じ事。ま、実際良治たん自身の出来も、波があったと思うけど、ね。来期は良治たんがより良いプレーをしていることが見れたらなーと。来シーズンこそラストダンス?

吉田は、正直あんまり納得してない。もちろん、数多くのポジションで数多くの試合数をこなしてくれていたのだけど、その中身だよね。アタッカーとしての実効性であったり、純然たる結果という部分ではスタジアムの反応を見ても、結構サポにフラストレーションを与えるようなプレーに終始してしまったかなと。まあそんなタイプじゃないからと言われて納得出来る人見るかも知れないけど、個人的にはもっと出来たと思うし、やってもらわなきゃ困る選手。一応書いておくけど、移籍金を払ってまで獲ってきたわけだから。来期は周囲にも慣れているだろうし、影響力を発揮して欲しい。それと、キャプテンシーを発揮してDQN達の世話までしておくれ、いい年だし、経験もあるんだから。来期こそ!

で、勇蔵。今シーズンマリの中では一番の試合出場数かな?岡ちゃんも水沼さんもそのポテンシャルに期待してこそ、継続して重要なポジションに据えてきたと思うけど、パフォーマンス自体はまだまだマツや佑二には劣るかなぁと言うのが素直なところ。代表に関してもポテンシャルというのが大きな要素だと思うし。ただ、継続して試合に出て沢山の経験を積み上げられたというのはとてもいいことだと思うし、層の厚いディフェンス陣の中で信頼を受けて使ってもらえたというのは自信に繋がると思う。来期はその積み上げた基盤の上に大きな花を咲かせて欲しいね。マツ越え、佑二越えを果たしてくれるとチームとしては大きいけどなー(なかなか難しいだろうけどね)

そして、哲也。この後やるつもりだけど、達也の移籍も哲也の成長あってこそ。現時点でどちらが勝っているかと言ったら、正直とんとんだと思うけど、使われるうちにミスが減り、ビッグセーブが増え、プレーも安定してきた。達也や下さんのいなくなる来期は大黒柱として、より大きな信頼と高いパフォーマンスを期待したいね、てゆうかしてもらわなきゃ困る。もちろんこの立場に安穏としてもらっても困るよ、下にも虎視眈々と狙ってる二人の若駒がいるわけだから、飯倉戻ってきたし。頑張れ頑張れ(哲也贔屓です)

ま、主力級がもの凄い残っているから、歩番はこれからかなー。残ってる人は、3(複数年希望?)/4(複数年契約中も大阪方面から熱視線?)/7(年俸アップでサイン間近?)/9(減俸で保留?)/10(クラブの姿勢を問うも明確な答え得れず不満?)/11/14(0提示も再契約で検討中?)/15/16/18/19/20/22(複数年契約中も正式オファーも?)/29/35(雪降る町から熱視線?)って所かな?とりあえず判押しとけ。

Fマリノス 2007年度契約更新済み選手(12/6~

田中裕介(たなか ゆうすけ)1年契約
2006出場 J1/2(0) ナビスコ/0(0) 天皇杯/3(0)

天野貴史(あまの たかし)1年契約
2006出場 J1/0(0) ナビスコ/1(0) 天皇杯/0(0)

山瀬幸宏(やませ ゆきひろ)1年契約
2006出場 J1/6(0) ナビスコ/0(0) 天皇杯/1(0)

秋元陽太(あきもと ようた)1年契約
2006出場 J1/0(0) ナビスコ/0(0) 天皇杯/0(0)

上野良治(うえの よしはる)1年契約
2006出場 J1/25(0) ナビスコ/8(1) 天皇杯/0(0)

吉田孝行(よしだ たかゆき)2年契約2年目
2006出場 J1/27(1) ナビスコ/10(0) 天皇杯/2(0)

塩川岳人(しおかわ たけと)1年契約
2006出場 J1/3(0) ナビスコ/3(1) 天皇杯/0(0)

栗原勇蔵(くりはら ゆうぞう)1年契約
2006出場 J1/30(1) ナビスコ/8(0) 天皇杯/3(0)

榎本哲也(えのもと てつや)1年契約
2006出場 J1/16(0) ナビスコ/5(0) 天皇杯/3(0)

・真の信頼得れるように。

榎本達也選手、ヴィッセル神戸へ完全移籍(Fマリノスオフィシャル)
横浜F・マリノスよりGK榎本達也選手完全移籍加入決定(ヴィッセルオフィシャル)
横浜 GK榎本達を神戸に放出(スポニチ)

と言うことで、能活なき後のゴールマウスを守ってきた背番号1がクラブを去ることに。2001年のナビ決勝、2004年のチャンピオンシップと達也の勝負強さによってもたらされたタイトルもあったりと、寂しさもあるけど、チームのことを考えたら哲也の本格化もあるし、達也のことを考えたらGKとして脂の乗ってくる時期をベンチで過ごすのは余りいいことじゃないから、双方にとって良い選択だったんじゃないかな。

ま、達也にとっては、マリは余り会うクラブじゃなかったのかなぁと今となっては思う。例えば岡ちゃん時代だったら、ロングフィードをサイドライン際に飛ばすことを求められていたから、そのミスが如実に表れてしまうことであったり、非常に能力の高いDF陣に守られていると言うこともあってJの歴史上でもかなり高い順位にある達也の失点率もなかなか認めてもらえない。そういった中で、なかなか信頼を得られず立場が不安定で、それが精神バランスを崩す要因になる。なかなか難しい職場だったのかなぁと。

まあ、達也の実力は誰もが認めるところだけど、その分不得意なプレーもあったりするから、仕方ない部分もあるけどね。アレで信頼するというのは、ねぇ。でも、今でも僕は達也のセービング能力とサイズは素晴らしいと思うから、弱点でもある要素を磨いていけば素晴らしいGKになると思うよ。サイズもあるんだし。

ま、マリの試合で頑張りそうで凄い嫌だけど、頑張って欲しいな。マリ一筋10年間、お疲れ様でした。

ちなみに、フロントが移籍金減額してまで出そうとしたのには、何か狙いがあるのかしら?更なるコスト削減のために、功労者を失礼な形で追い出したようなイメージしか沸かないんですけど?

・波にもまれる人、もまれてきた人

2007年度、新加入選手について(Fマリノスオフィシャル)
石原卓 マリノス 記者会見(中京大中京高サッカー部)

石原 卓(いしはら たく)

ポジション:MF
出身:愛知県
生年月日:1988年10月3日
サイズ:177cm/70kg

出身校:グランパスJY-中京大中京

選手権の愛知県大会が延期されていたことや、グルノーブル行きが決まった"和製アンリ"伊藤翔の進路に影響を受けていたのか、内定こそ出ていながらなかなか正式発表されなかった石原くんのニュース。でも、ようやくこの年末に出ましたな。

で、下の記事は石原くんサインの瞬間!トリコなシャツ姿の画像も出てたりと、こういうブログもあるんだなーと感心。結構似合っているのでは?

まだ未見なので何とも言えない部分はあるけど、左サイドは虎の後釜争いが非常に激しくなりそう。話を聞くと、石原くんは寄りオフェンシブな選手のようなので、どちらかというとフミヤくんや乾くん辺りとバチバチやり合うことになるのかなー。ま、これで今シーズン入団する新人くんは7名に。みんなで切磋琢磨して、将来のFマリノスを支えて欲しいな。頑張れ頑張れ。

あ、あだ名どうしよう………イイの浮かばないな。浮かんできた浮かんできた……石野卓球……だめか。
伊藤翔に関しては……まあしょうがないよね。ベンゲルの口づてもあったんだろうし、本人も海外志向が強いという部分はどうしようもない部分があるし。平山みたいなパターンもあるから、チャンスがない訳じゃないし、彼自身外に出て厳しい経験をするのは悪くないと思う。ま、日本人FWは欧州で苦戦してるから何とか存在感示して欲しいなー。

飯倉大樹選手、復帰のお知らせ(Fマリノスオフィシャル)

これに関しては良かった……のかな?達也、下さんがいなくなって、一気に層が薄くなったGKだし、ロッソでも沢山の経験を積んでいたようだから、戻ってきてくれて一安心。ただ、基本哲也がゴールマウスを守ることが多くなるだろうから、もう一年ぐらい外で経験を積ませてあげた方が良かったのかなぁとも思わなくない。高桑を獲るみたいだし(どうなるかわからないけど)

飯倉くんというと……イケメンバカ(ヒナコ)というのじゃなくて、天皇杯の時に結構ばしばし止めてたのが印象に残った。U-18代表だもんね、やれるのは分かってる。哲也にあぐらをかかせないためにもガンガン突き上げてポジション狙って欲しいな。頑張れ頑張れ。

・噂とか噂とか噂とか。

放出に関しては触れない、とりあえずね。獲る方を。

横浜M復活へ今野獲り 主力大量解雇で資金捻出(報知)

大久保の移籍先に横浜が浮上(ニッカン)

横浜 李天秀獲り!得点力UP狙う(スポニチ)

3人とも優秀な選手だと思う。チームの状況を考えれば、今野に対しては本腰を入れて獲得に行くべき。大久保も日本人のFWでは高いポテンシャルを持つ選手だし、彼の持つ局面打開力は魅力。イ・チョンスに関しても、WCやA3での活躍ぶりを見たらJでも普通にやると思う。でもね、何となく全ては絵空事のように見えちゃうんだよね。

望外な値段と言われているマリノスタウンの建設費や維持費に夜系圧迫から、余りに性急な高給取りのベテランを切る世代交代(ま、世代交代の必要性は問われていたけど)、そしてコスト的な問題もあると思われる一連の監督就任報道……。これだけ苦しい経営に対しての報道がなされながら、これだけ景気のいい話が出てくることに違和感を感じるわけですよ。

ま、それなりに強化費はあるんだろうけど、やはり限りのあるモノだと思うし、そう考えれば、より熟慮を重ねた上で、強化点をはっきりさせて、プライオリティを定めて動いて欲しい。僕がそのプライオリティを付けるなら、1番はとにもかくにも優秀な手腕を持つ監督、2番が功治をコンバートさせて埋めているボランチ、3番が得点力あるFWかなぁと。補強するお金があるなら、まずはちゃんとした監督を捜す方が先だと思うって事ですよ。

本当だったら、素直に踊りたいところだけど、余りにお先真っ暗があると踊れないよ(苦笑)

・鬱憤の行き先

ゴタゴタ横浜 社長車襲撃された!(スポニチ)

やっちゃいけないことだけど、こういう事をさせてしまうということに現状が表れているんじゃないかな。雲隠れして果たされない説明責任、一方通行で顧客満足を満たすという気概さえ見えないお代官のような姿勢、独断先行的でビジョンの全く見えない来期への動き、鬱憤は溜まる。

サポーターの暴走に苦しめられています、自分は可哀想でしょ?みたいなアピールするのは構わないけど、この件については誰も得しない。こんなアピールをしている暇があったら、少しでもサポを納得させるだけの仕事をして、溜まっている鬱憤を少しでも減らすようなことをしないと。悪いけど、同情なんてしない。

で、最後に宣伝。まあ、こんな感じでぐだぐだな1年でしたが、そんな1年を綺麗さっぱり流しましょうと言うことで、以下転載。

横浜F・マリノス、2006年シーズンが終了してしまいました。 忘年会と反省会、はたまたサポーター同士の懇親を深めるサポーター忘年会を今年も開催します!

■タイトル
ハマトラSNSプレゼンツ 2006マリサポ大忘年会(兼反省会)

■とき
2006/12/29(水)
13:00~
※天皇杯準決勝@エコパのKO予定時刻と同じです。
この悔しさを胸に飲むよ!

■場所
「レストラン COCOLO」(通称こころ上)
※日産スタジアム トリコロールワン隣
横浜市港北区小机町3302-5 日産スタジアム 4F
TEL:045-477-5101

■会費
3,500円(当日徴収)

■参加条件
良識あるマリサポなら誰でも参加狩野

■参加方法
→参加希望者は、一元管理をする関係上
b2006@hamatra.comまでメールしてください。

※複数人(グループ)で参加される方は、
各人がそれぞれ参加表明してもいいですし、
代表者の方が「○人で参加します」と書いていただけると助かります。

※追加情報は、入り次第随時更新します。

とのこと。時期迫っちゃってるけど、行って少しでもすっきりしちゃったらいいんじゃないかな。僕?行きますん……って仕事……うらやますぃ。

と言うことで長くなっちゃいましたが、こんな感じで。今日はここまで。

|

« 06-07 Jリーグ市場動向(1) | Main | LooseBlog's J.League Awards 2006 -Shining Young Talent- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/13230162

Listed below are links to weblogs that reference 06-07 F,Marinos OffSeason News Vol.1:

« 06-07 Jリーグ市場動向(1) | Main | LooseBlog's J.League Awards 2006 -Shining Young Talent- »