« 耐えて耐えて引き寄せた勝利@AFC Youth Championship SemiFinal vs 韓国 | Main | 改めて感じる純然たる実力差@J1 第30節 レッズ vs Fマリノス »

November 11, 2006

サプライズとサバイバル -U-21 日韓戦代表メンバー発表-

「乾貴士」で飛んでくる人多すぎ。ま、それだけサプライズ的で気になる選手なのかも。まあそんなに飛んできてもらってやらないのもあれなんで、来週の日中韓対抗戦の3試合目、韓国とのアウェーゲームに臨むメンバーをさらりと触れます。

日中韓U-21代表交流戦 vs 韓国U-21代表戦 U-21日本代表メンバー

監督:反町康治
コーチ:井原正巳
GKコーチ:川俣則幸
フィジカルコーチ:矢野由治

GK:
松井謙弥(ジュビロ)
佐藤昭大(サンフレッチェ)

DF:
千葉和彦(アルビレックス)
田中輝和(アルディージャ)
柳楽智和(アビスパ)
小林祐三(レイソル)
細貝萌(レッズ)
鎌田次郎(流通経済大)

MF:
谷口博之(フロンターレ)
上田康太(ジュビロ)
枝村匠馬(エスパルス)
本田拓也(法政大)
家長昭博(ガンバ)
水野晃樹(ジェフ)
乾貴士(野洲高→Fマリノス)

FW:
カレン・ロバート(ジュビロ)
萬代宏樹(ベガルタ)
津田知宏(グランパス)
前田俊介(サンフレッチェ)

Style&System(仮):
Pattern1        Pattern2         Pattern3
    萬代          前俊 カレン         萬代
  津田  カレン         乾        家長  枝村  水野
家長       水野  家長      水野     上田  谷口
  上田  谷口       枝村  谷口     渡邊      田中
 千葉 小林 柳楽    細貝 小林 柳楽     柳楽  千葉
     佐藤            佐藤           佐藤

Schedule:
11/14(Tue) 20:00KickOff/vs U-21韓国代表 @ 昌原総合競技場

JFA

*いつも通りですが、派手に外しますのであくまで(仮)ということで。パターン2はほぼ妄想です。これが見たいなーってだけで、多分あり得ません。電柱もいないしな。パターン3は、もっとない。オプション的にワイドアタッカーを前に出す形はやってみて欲しいけど。

と言うことで、今回の招集は前回スタメンで出場した選手を全員招集外にし(西川や青山はもちろん、噂の出ていたA代表への登用というのも加味したのかな?)、余り出場の機会のなかった選手、そして新たに見てみたい選手を集めたといった感じなのかな。2ndチームのような印象。まあ選手の見極めにプライオリティを置いたラボ的な試合になりそうな予感。ただ、選手達には生き残りを懸けた試合になると思うので、モチベーションは高いと思う。

まあ中盤に関しては見劣りしない感じになりそうだけど(見方を変えれば現在の1stチームとは個人の特性の違いを出すことで違う風合いを出すことが可能だと思う。オシム色を全面に押し出そうとすると厳しいかも知れないけど、こないだのゲームから反町ジャパンはエッセンスは取り入れながらも少しずつ独自色が出てきていたし)、さすがにトップ、そしてバックラインは少々クオリティが落ちるかな。まあ現時点ではどんなメンバーになるのか分からないから誰が出るか分からないけど(正直読めない、ポジションによってしっかりとした選考基準がありそうなんだけど……まだ見えない)、個人的にはWYで日本を引っ張った二人のドリブラーに注目。

と言うのも、現在のファーストチョイスと思われる本田、中村北斗のプレーを見ていると、かなり激しい上下動を繰り返してチームタスクを全うしながら、自分たちの色を出そうとしている。何となくだけど、こういう部分で家長や水野が前回は避けられた理由なのかなと(家長は前回ベンチ外だしね)まあ今回は恐らく(特に水野はね。家長は渡邊との競争)スタメンだと思うけど、その中で彼らがいかに課される仕事をこなしながら自分たちの色を出せるのかというのは、これからの競争を考えると非常に興味深いポイント。ま、韓国とのアウェーゲームと言うことで多分押され気味のゲームになると思うけど、劣勢のゲームの中で彼らの個による局面打開力というのは拠り所になると思うしね。

で、今回最大のサプライズとなった野洲高校の乾の抜擢。正直驚いた。時期的に現在選手権の県予選の真っ只中で、しかも水野や家長が重用されていないのにも関わらず、ドリブラーである彼を抜擢するとは。ましてや、U-19の最終選考に残っていた平繁(サンフレ産の最新作、ムラがありそうなタイプだけど能力的には素晴らしいモノがあるよね)をさしおいて選ばれるのだから、何かしらびびっと来るモノがあったのかな。

まあマリっこな僕としてはとりあえず嬉しい。かなり幅広くスカウティングしているらしい(プロのライターさんが集まってやっている「フットボール定食」のこのエントリーにも取り上げられているけど、結構精力的に試合だけじゃなく練習を見に行ってる様子。しかもJ1、J2とカテゴリも隔たりなく。MMにも反さんだか井原さんが来たらしいし)反さんや井原さんの目に留まったって事は、やはりそれだけの説得力を持つクオリティを兼ね備えているんじゃないかなぁと思ったり。まあ、プレーヤーとしての評価だけじゃなく、裏の狙いもありそうだけど、そういうのはキニシナイ!ただ、少々心配な部分、疑問な部分もある。

才能的には素晴らしいモノがあると思うし、青木がAYで見せたような野洲の選手達に感じる判断の質の高さ、柔軟なプレー姿勢を彼も持っているはずで、そういう要素がフィジカル的な不安を補える可能性もあると思うのだけど、プロのスピードであったり、厳しさというのを通過していない中でアジアでは最も厳しい部類に入る韓国とのアウェーゲームにいきなり連れて行くのはどうかと思ったり。それと、現時点での乾がどれだけ出来るか分からないから何とも言えない部分もあるけど、同タイプでJでもキャリアを積み重ねている若い選手(ガンバの寺田とか、鹿島の興梠とか。興梠は嵌りそうなんだけどね、タイプ的に)もいるわけで、その辺との兼ね合い的に本当に乾の方がプライオリティが上なのか?という部分では少々疑問であったり。もちろん嬉しいは嬉しいんだけど、ね。

まあとにかく、選手権も控えているし、怪我なく、そしていい経験を積んでくれればいいなーと。欲を言えばちょこっとでも光るところを見せてくれたらこれ幸い。フミヤくんが怪我したみたいで(実際続報が入ってこないからわからないけど)、ここで乾が怪我したら選手権を見る楽しみが激減しちゃうので、とにかく相手の反日クオリティの餌食になりませんように(もの凄い見に行こうとしてるからね。にわか野洲ファンになろうとしている自分がいる)

と言うことでこんな感じかなー。明日はレッズ戦ですな。全くと言っていいほど、勝てる気がしないわけですが、あまのじゃくなマリちゃんに淡い期待をしておきますよ。見に行けないし。ということで臨時だけどおしまい。

*将軍様が復帰するようですが、正直休んで欲しい気持ちでいっぱいの自分がいる。きっとふがいない現状が歯がゆいから無理するんだろうけど、無理する流れでも時期でもないと思うんだよね。ここで無理して悪化したら泣くに泣けない。来期のためにここはぐっと我慢して欲しい。とは言っても、出ちゃうんだろうけどさ。マツの怪我が悪化しませんように。

*それと隼磨が干されるらしい。うーん、勇蔵の右サイドってそんなに良かった?確かに絞ってセンターバック的な仕事をしっかりと出来ることと高さ的にミスマッチを作れて放り込みには効力を発揮できる(今の攻撃構築の拙さ的には大きいかな。まともに繋いで繕うとするのを諦めるとも言えるけど)ことはあるけど、切り替え遅いし、バテるし、隼磨を干す理由にはならない気が。てゆうか干すなら他に干sうわ何をするやめろくぁせdrftgyふじこlp;

*レッズはここに来て野戦病院の様子。坪井に続いて堀之内が怪我をしたとか、ネネがうずく……じゃなくて寝込んだとか(ネネは出てきそうかな?)、平川やらシンジが怪我を抱えているとかあるみたい。でも、ハンデならあの21番は倉庫にしまっておいてくれないか?←ワ級恐怖症、もう何点やられてるんだか……。

|

« 耐えて耐えて引き寄せた勝利@AFC Youth Championship SemiFinal vs 韓国 | Main | 改めて感じる純然たる実力差@J1 第30節 レッズ vs Fマリノス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/12638770

Listed below are links to weblogs that reference サプライズとサバイバル -U-21 日韓戦代表メンバー発表-:

« 耐えて耐えて引き寄せた勝利@AFC Youth Championship SemiFinal vs 韓国 | Main | 改めて感じる純然たる実力差@J1 第30節 レッズ vs Fマリノス »