« Miss!Miss!Miss!@AsianCup 2007 F.Qualify vs インド | Main | それぞれの戦いへ -U-21 アジア大会代表メンバー発表+U-19 トレーニングキャンプメンバー発表- »

October 13, 2006

マリっぽい感じの久々ニュース雑感。

書きたい事がどうも書けなかったので、集めてみました。とりあえず国内向けかな。しかし久々、本当に久々。

・受動的?主体的?リニューアル

オシム氏呼んだ祖母井GM 千葉退団へ(スポニチ)
J1:千葉・祖母井統括部長に仏2部のGM就任要請(MSN毎日インタラクティブ)
千葉・祖母井GM、グルノーブルと5年契約へ(報知)
祖母井氏の仏2部行き、淀川社長容認へ(ニッカン)
祖母井氏、グルノーブルと契約へ(スポニチ)

で、これがこの騒動に関してのまとめwiki

Jefsapo@ウィキ

経緯としては、大黒も所属していた日本人オーナーが経営するフランス・リーグ2のグルノーブルから、今年で長期契約(10年?)が切れるジェフのGM祖母井氏にオファーがあり、オシムたん強奪、経営陣との確執(JFAとの絡みなども?)などの周辺事情を鑑みた上で、自らが丹誠込めて種を蒔き、育てて、立派にしてきたクラブを離れる選択に至る。クラブは当然慰留という姿勢を見せたが、その確執のためか、ポーズ的な部分は否めず(この辺の真意は分からないけど、とりあえず、ね)、容認する形で祖母井氏のグルノーブル入りはほぼ確定的に。

と言うような感じ。この話題が持ち上がって、ジェフ方面の方々は結構騒がしくなってる。サポ側からしてみると、オシムたん強奪から経営陣に対してはかなり不信感が募っているようで、協会の古河閥との繋がりみたいなきな臭い話が出てきていたり、今回の騒動に関しても祖母井氏が「追い出された」形という話もあるようで、まさにお家騒動となっている感じ。

まあ真意がどこにあるのかは分からないのだけど、このままクラブを離れるという形になった場合は、祖母井氏が作り上げたとも言って良い現在のジェフが終焉を迎えると言えるのかも知れない。ドイツへの留学経験、人脈、彼自身の交渉能力・行動力(オシムたんとの契約に至ったのは祖母井氏がオーストリアの家まで訪問して契約のお願いをしたとかしないとか)で、考えられないような名将の招聘に成功した事が、低迷していたジェフをここまで引き上げたと言っても過言ではないと思う。そういう意味で、彼がいなくなれば根底から揺らぐ形になるし、クラブとしては新しい形を模索していく事になるわけだ。

もちろん大きな方針転換が大きなリスクを伴うのは周知の通り。リーグとして各クラブが均衡していて、小さなきっかけでも凋落はすぐにやってきてしまう。そういう意味で優秀な「船頭」をなくすことはクラブにとって余りに大きなダメージで、現時点ではポジティブな要素を見いだす事は出来ない気がする(当たり前だけどね、サッカー文化の醸成がなされていない日本で優秀なGMなんてそうそういない)

個人的には優秀な監督に資金を注入し、そのメソッドをクラブに浸透させる事でクラブ全体を成長させるという、資金的に厳しいプロビンチアクラブの成長モデルを作った人として、大きな尊敬をされるべき人だと思うし、そういう人がJから去るというのは栄転とはいえ(フットボールの本場に行くわけだから一応ね)、日本サッカー界にとっても大きな損失かなぁという感想を抱いたり。ベルデニック、ベングローシュ、そしてオシムと、FIFAのテクニカルスタディーグループに入るような知将をこの極東に招聘できたことは、ジェフだけじゃなく日本のサッカーにとっても大きな事だったと思うし。

で、これに派生して、様々なネタが出てきてます。てゆうかどこまで信用出来るのかわからないけど(何度も書きすぎ)

岡ちゃん、千葉再建へ(報知)
岡田、千葉監督 アマル入閣…オシム親子体制玉突き誕生へ(報知)
川淵キャプテン、アマル氏入閣に「オシム監督の意思尊重」(報知)

だそうな。岡ちゃんがジェフの監督?どうなんだろう?岡ちゃんがこんなに早く現場復帰するのかな?以前「やっている時は苦しいけど、辞めるとやりたくなる」とか「余り蓄えがないから働こうと思ってる」とか言ってたから、わからなくはないけど、ね。岡ちゃん自身、古河の人だし、古巣だから、こういう事から考えると結構可能性としては高い?

ただ、岡ちゃんのやり方とジェフのこれまでの方向性を考えると、少々ズレがある気がする。もちろん化学変化的な融合というのも考えられるけど(積極的な組織的リスクチャレンジ精神と現実的な組織構築)、何となくうまくいく気がしない。てゆうかこの記事からはもの凄い飛ばし臭がするわけですが、はてさて。ちょっとやだなー。

で、アマル氏の入閣に関しては、まあ別にと言う感じ。あくまでも監督がオシムたんな事に代わりはないし、気心知れた理解者がいるというのは悪い事じゃないと思うからね。ついでに、ジェフの小さな通訳さんも連れてこれるだろうから、その辺でも「ファミリー」が出来て仕事のしやすい環境を構築するという意味でも、ポジティブかなーと。ただ、やっぱりこの辺もジェフを喰いモノにしてるよね。クラブはクラブとして、代表の下部組織ではないのだから、補償であったり(オシムたん5000万という微々たる金額というのは本当なのかね)、誠意というモノを見せないと、協会とJの確執というのも再び起こりえる事だと思う(まあ既にという話もあるけど)

まあとにかく今後に注目ですな。こら、阿部強奪、佐藤勇人強奪とか考えたやつ手を挙げろ!(はい!)じゃあ次。

・マリっぽい素敵な話題と、お知らせっぽい話題と、悲しい話題。

2007年度、新加入選手について(Fマリノスオフィシャル)

と言う事で、来年新加入選手第一号。めでたいね、めでたいや。

山本 郁弥(やまもと ふみや)

ポジション:MF
出身:大阪府
生年月日:1988年7月12日
サイズ:168cm/58kg
出身校:鵬翔高校(宮崎)

今年の鵬翔のエース格のアタッカーのようで、左利き。はい、これだけで応援決定って感じなんですけど、このオフィの紹介文読むと、パスもドリブルも何でもござれのオールマイティなアタッカーってイメージ沸いちゃうのだけど、はてさて。

色々調べたり、他のブログさんで集められた情報をまとめるとこんな感じかな。

・U-16ナショナルトレセン選出経験有

・高校選手権2度出場、2年時からNo.10。

・今シーズンの宮崎キャンプにて練習生としてFマリノスのキャンプに参加

・キャンプ時のサンフレとのテストマッチにも出場

・ポジション的には、トップ、トップ下などをこなす選手の様子。まあこの辺は不透明だけど。

まあこれだけじゃ全然分からないけど、鵬翔でイメージ出来るのは、やっぱり鹿島の若手アタッカー陣、増田とコオロキ(漢字がでねぇ)かな。彼らはルーキーシーズンから出場機会を得ていたりと、良い選手が多くいる鹿島の中でも存在感を示していたりしてるから、フミヤくんもそれなりに出来るのかなーと期待したくなる。増田とコオロキで言ったら、どっちに近いのかな?
学校単体で見たらアタッカーを育てるのは上手なチームなのかも知れないなーと想像してみたり。あくまでも、個人の実力が大事だから、こういう周辺事情は意味がないにしても、ね。鵬翔が選手権に出るのかどうか分からないけど、とりあえず一つ楽しみが増えたかな。

これからユースの子があがってきたり(去年は10月真ん中辺りに発表だったね)、強化指定の小宮山くんやら、噂に上ってる野洲の乾くん、そして和製アンリが入るのか入らないのかで、騒がしくなってきそう。リーグに希望が見いだせないので、King of 中位力様よろしくストーブリーグでwktkさせて欲しいもんです。

とにかくフミヤくん頑張れ(このブログではカタカナ表記にしようかなー)

天皇杯 4回戦スケジュール(JFA)

86th Emperors Cup

4回戦 11/5(sun) 13:00KickOff/vs 愛媛FC @ 三ツ沢

で、天皇杯の組み合わせ、決まりました。4回戦は三ツ沢に愛媛FCを向かえる形になりましたね。Fマリノスの皆さんは、毎年早期に休暇をご所望なので多大な期待はしませんが、ACLに繋がる大会なんだし、頑張っていきたいね。

この4回戦で勝つと、次は長崎(トリニータとザスパの勝者)、その次は神戸ユニバ、で準決勝がエコパか国立、と言う感じになる様子。この頃にチーム状態はどうなっているんだろうね、現状ではどうも4連勝するイメージが沸かないのが正直なところ。でも、ネガティブな感じで考えても面白くないので、とにかく終わりよければ全てよし的に勝ってくれると嬉しいな。

で、次、お知らせ。

Jユース サハラカップ2006 第14回Jリーグユース選手権大会

GroupLeague Day2
10/15(sun) 14:00KickOff/Fマリノスユース vs ヴェルディユース @ 日産フィールド小机

もうちょっとしたら、今年度のユース昇格の発表もあるかもしれない訳ですが、そんなユースのゲームが今週の日曜日にあります。

サハラカップ再開!(マリノスとマリノス)

詳しくはこちらのエントリーを参照にしてくださいな。大会レギュレーション、状況などが書かれてます。だめ社会人?

ちょっと前にアジアチャンピオンになったU-17日本代表の選手達も出てくると思うし、来期上がってくるかも知れないマリの金の卵達を見るチャンスですよ。そして何よりも彼らにとっては最後の公式戦。残念ながら高円宮杯では決勝トーナメント一回戦で滝二に負けてしまって、残るはこのサハラカップ。きっと高いモチベーションのゲームを見せてくれるんじゃないかなと。

個人的にポテンシャルのあるチームだと思うし、何よりも非常に若々しくて(当たり前か。まあいい意味でも悪い意味でもと言うのがある様子)、意欲的なサッカーを展開するチーム。きっと面白いと思う。こんな事偉そうに書けるほど見てないんだけど(一度だけね、一度だけ)、次に又見に来たくなるチームという感想を抱いたぐらいだったから、今週末又荒むであろう(ネガティブだなー)心を癒してくれるんじゃないかなと。

hamatraに「ユースだって俺たちの誇り」ってコーナーがあったけど、きっと見てみると分かると思う。どうですか?そこのあなた。と言う事で宣伝終わり。

で、最後。悲しく切ない話。

秋元陽太選手の検査結果について(Fマリノスオフィシャル)

゜・(つД`)・゜・

見に行けなかったのだけど、今週日曜日にMMで行われたサテのヴァンフォーレとのゲームで、負傷し立ち上がれないでそのまま担架に運ばれて、そしてこの報告。

これから、アジアユースが控えているというのに、8ヶ月と言う長期離脱は痛すぎ。てゆうか、この離脱期間を考えると本大会に間に合うかどうかだって……。将来の守護神としてとても期待が高いだけに、良い経験を積んできて欲しかったのに。

これからきっと辛いリハビリが待ってるかも知れないけど、ピッチに戻ってくるのを待ってるよ。

と言う事でこの辺かな。うーん、まあ色々混ぜ込んじゃってよく分からないけど、とりあえずはこんな感じで。明日書き上がったらコラム上げまーす。ではここまで。

|

« Miss!Miss!Miss!@AsianCup 2007 F.Qualify vs インド | Main | それぞれの戦いへ -U-21 アジア大会代表メンバー発表+U-19 トレーニングキャンプメンバー発表- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/12261573

Listed below are links to weblogs that reference マリっぽい感じの久々ニュース雑感。:

« Miss!Miss!Miss!@AsianCup 2007 F.Qualify vs インド | Main | それぞれの戦いへ -U-21 アジア大会代表メンバー発表+U-19 トレーニングキャンプメンバー発表- »