« 術なきチームの残酷な終焉@J1 第19節 Fマリノス vs アルディージャ | Main | 2006 Fマリノスへの提言 -新監督に捧ぐ再建への手引き- »

August 24, 2006

岡ちゃん辞任に思う。

岡田監督辞任、及び水沼貴史コーチ、監督昇格のお知らせ(Fマリノスオフィシャル)

アンジェロ・フィジカルコーチの解任のお知らせ(Fマリノスオフィシャル)

ご存じの通り、8/24、岡ちゃんが、Fマリノスの監督を辞任し、ヘッドコーチだった水沼氏が後任として監督に昇格することが決まりました(合わせてアンジェロ・フィジカルコーチも解任)まあ覚悟もしていたし、僕自身現状を憂いて望んでいたことでもあったけど、やはり実際こうなると様々な感情が渦巻く訳で。なので、そんな思いをつらつらと書いていこうと思います。

・岡ちゃんと共に歩んだ歴史 -駆け上がった頂点、待ち受けていた苦悩-

考えてみたら、栄光から始まった岡ちゃん体制。Fマリノスに蔓延っていた緩い雰囲気の改革(有名な例がランニングに置いてショートカットしたりせずコーンを回ったりすることや監督を介さずにフロントが選手を甘やかすことをやめてさせたり、だったっけ。安易な妥協を許さない岡ちゃんらしい厳しさだった)による何にも屈しない強い精神性の構築、シンプルな方向性と合理的なシステムとプロセス形成により、チームは生まれ変わり、神懸かり的なまでの勝負強さと逞しい戦いぶりで就任一年目での完全制覇を達成、「Perfect Win」。

2年目、ACLをミッドウィークに挟む厳しい日程に苦しみながらも1stステージを制覇し、史上初の3ステージ連続優勝を達成、「Record Breaker」。アジアではうさんくさい試合に涙を飲んだが、その後、チャンピオンシップでは超現実的なタスクでレッズを退け、2連覇達成、「Champ of Champion」。Fマリノスを2年でJの頂点に押し上げた。

でも、ここからが、岡ちゃんにとっての苦悩のはじまりだったのかも知れない。常勝チームになっていくために、よりフットボール的に内容を追求したサッカーを模索して失敗、アジア制覇を掲げながら東アジアの厳しさ、汚さに屈する形で敗退、そして昨年と同じ轍を踏むが如く蓄積疲労による怪我の連鎖、余りに厳しい状況の中で降格争いにまで引きずり込まれそうになったりと、更なる進化を見据えた3年目は本当に何もかもがうまく回らない厳しい年にだった。岡ちゃんもこの低迷の責任を感じていただろうし、ポリシーとして3年以上の指揮を執らないというものがあったが、フロントの強い慰留もあって契約延長した。

4年目、マンネリを打破し、もう一度王座に返り咲くために(「Win Back The Champ」)更なる改革を断行。選手間のコミュニケーションを主体とした「選手達が目を輝かしてプレーする」事を目指した、「爆発」するようなサッカーを模倣。序盤こそその片鱗を見せたモノの、5節にレッズに敗れてからは怪我人もあってチームは急降下、それでも現実的に大幅な方針修正をすることなく理想を追求したが、中断期間の修正も実らず成績は上昇カーブを描かず、内容も徐々に悪くなると言う四面楚歌の状態に。チームが空中分解し、今回の辞任に繋がった……。

改めて振り返ってみると、もの凄い落差だなぁ……、喜んだり悲しんだりともの凄い振り回された感じ。でも、凄い楽しかったなぁとも思う。何かが変わるという期待感、苦しい時期のもやもやとした感情、奇跡的で劇的な試合の時の衝撃と感動、そして優勝した時の代え難い喜び、そういうモノが詰まってた。こういう事を味合わせてくれた事に対しては、本当に感謝しかないなぁと思う。Fマリノスにここまで心奪われたのは岡ちゃんのおかげといっても良いぐらいかもなぁ。

・揺れ動いた岡ちゃんのフットボール -理想と現実の間で-

フットボール的な要素で見てみると、理想と現実の狭間で揺れ続けた4年間だったと思う。現実的に、勝つことに比重を置いた1年目。理想を掲げながらも素早い手仕舞いから更なる現実志向で軌道修正した2年目。理想を掲げ失敗、その後状況悪く立て直せなかった3年目。理想追求を心に決め、選手の主体性による「爆発」サッカーを模倣するもJの厳しい現実に跳ね返され……辞任。理想→現実→理想→現実→理想と常に何かに挑戦しては失敗して苦しんできた感じでしたね。

指導者としての岡ちゃんは本来かなりの現実主義者だと思うし、岡ちゃんの指導方針的にも現実的に方向性を定めて、ロジカルに進めていくことの方が得意だと自身も認めていた(マルチェロ・リッピやカルロ・アンチェロッティと親交があったりするのも、自分のスタイルと重なる部分があったからかも知れない)でも、マンネリ防止のため、常勝・再びのアジア挑戦を見据えて核となるようなフットボールの構築のため、選手のモチベーション維持のため、サポーターに対して更なる充実したフットボールコンテンツの提供のため、こういう要素を考えて理想を追求していたんじゃないかなぁという気がしてならない。

もちろん、こういうエクスキューズだけではなく、岡ちゃんの中で何かしらの変化もあったのだと思う。インタビューにあった「飽きちゃった」という言葉も本心だったのかも知れないし、周囲から(てゆうかオシムたんとか少々昔だけどジュビロを率いていたおしゃれおじさん桑原さんとか)の非難めいた声も聞いていただろうし、様々なサッカーに触れることで思うところもあったのだと思う。でも、理想を追求する中で岡ちゃんは自分らしさというモノを失ってしまった、いや理想に何かを食い尽くされてしまったのかなと思ったり。

今日考えてたのだけど、正直現状のFマリノスの状態は、以前の厳しく現実的な岡ちゃんであればありえないことなんじゃないかなぁとか思った。Jの頂点に上り詰めたメソッドは方向性の統一とロジカルで効率的なプロセス形成、それを築き上げた名将が、現状の悲惨な状況は許さなかったと思う。何かに急かされるように理想を追い続けたのは、何故だったのだろう。そんなことを考えてしまった。

それでも、岡ちゃんは自分の得意とするシンプルなメソッドを用いれば結果が出せる監督として評価されていると思うし、まあ理想を具現化するという意味では評価はされないかも知れないけど、それも又フットボール。美しいことが全て正しいわけでもないし、一つ一つのメソッドに善悪などないからね。正直なところ岡ちゃんが理想を追求するからにはFマリノスで具現化して欲しかったけど、こういう結果なのだから仕方ない。これも又フットボールだよ。

指導者人生は続くと思うから、様々なフットボールに触れ、具体的な手法を見いだして、今度こそ理想を具現化して欲しいなと心から思う。まあ、それがFマリノスじゃないとしてもね。

本音としては、失敗するたびに別に理想なんて追求しなくて良いから、勝てるチームを追求して欲しかったなぁという気持ちが渦巻いていた。これは人それぞれかも知れないけど、僕はFマリノスには余り内容を求めていない癖があったからね。まあ内容を求めると言うのなら内容も見ていくけど、別にどんなに糞みたいな試合でも勝てば嬉しいし、どんなに素敵な試合をしても勝てなきゃ悔しい。この二つの間には大きな隔たりがあったし、それは実際そうなんだから仕方がない。だから勝つ確率を高めるフットボールをして欲しかった。てゆうか、僕は基本的に岡ちゃんに「スペクタクルなフットボール」「美しいフットボール」を構築する事は難しいかなと思っていた部分もあった。以前に書いたと思うけど、攻撃に置けるアイデア、指導力不足は顕著で、より「日本人的な」監督だったと思うから、ね。まあ現状で理想的なフットボールと結果を両立出来るチームは本当に一握りであって、どこかで折衷して行かなきゃいけない部分があるのが、モダンフットボールだと思う。それをうまく折衷出来なかったことが岡ちゃんの失敗の一つの要因だったのかなとは思う。まあ全ては終わってしまったことだけど。

とにもかくにも僕にとっては、思い入れの深い監督が去ったということで、感慨深い部分があります。でも、まだシーズンは続くわけで後ろを向いているわけにはいかない訳で。理想よりも現実、成績、過去よりも現実、未来が大事なんだから。そういう意味で岡ちゃんに感謝しつつも、先に目を向けていきたいと思う。シーズン終了後に又岡ちゃんのインタビューとか聞きたいな。「岡田武史、Fマリノスの4年間を語る」みたいな。恨み節が出てきたりして。ということでおしまい。明日は水沼氏に求めることを書いていきたいと思います。多分。これから、ということでね。

*正直筆(じゃなくてタイピング)が進まなかった。やっぱりせつないなぁ、ふぅ。

*岡ちゃんは西野さんみたいに禿げたりはしなかったけど、やっぱり低迷に心を痛め、悩みまくって、心労は相当なモノだったと思う。だから、とにかく今はゆっくり休んでほしいな。お疲れ様だよ、本当に。で、少し疲れが取れたら、トニーニョ・セレーゾとか、リッピとかに会いに行って旧交を温めて欲しい。で、又刺激を受けて今度はGM……まあいいか。

*何で恨み節が出てこないかって?やっぱり好きだからかねぇ。実際感謝もしてるし。まあ色々と思うところはあるけど、監督だけのせいでもないからね。責任はあるけど、こうして自分の責を認めてその職を辞したわけだし。まあその責が恨みに変わるかどうかは、シーズン終わったらだね。降格したら、恨み節の一つも出てくるかも知れないよ?

*その割には就任中は結構厳しいこと書いてた?当たり前じゃん、それをしなきゃ意味がないモノ。言いたいことは言いまっせ。水沼さんにもね。

*で、何でアンジェロはクビになったの?トカゲみたいに尻尾切りで責任転嫁?フロントがまず反省しなきゃ。

|

« 術なきチームの残酷な終焉@J1 第19節 Fマリノス vs アルディージャ | Main | 2006 Fマリノスへの提言 -新監督に捧ぐ再建への手引き- »

Comments

岡田さんはもともと理想主義者なんだと思いますよ。
それは岡田さんに限ったことではなく、あの年代で日本サッカーに関わっていた全ての方に言えることだとも思いますが。

ただ、フランスW杯予選だったり監督就任当時のクラブ状況だったり
当時の日本サッカーに伝わっていた指導方法――守備面や運動量などを前面に押し出した集団サッカーなら指導できても、スペースのない状況での展開打破や攻撃面で指導できなかった――だったり
そういう環境面での限界が岡田さんにロジカルというか現実主義的なサッカーを指向させ、また結果としてそれで成功を収めていたという側面があったのかなぁ…と。
クラブに成功をもたらしたうえでの次なる目標として理想を追ったというのは、それほど不思議でもなかったりします。

残念ながら、今の横浜マリノスにはその理想を具現化させられるだけの指導力や選手能力に欠けていたようですが
Jリーグのビッグクラブの一つである横浜には、以前のような現実主義的な守備組織という盾だけではなく、相手を崩せる矛を手に入れるという理想を追うのを諦めないで欲しいですね。

Posted by: 長文ですみません | August 24, 2006 at 11:15 PM

フィジカルコーチも解任ですか。
他サポから見ても、久保・山瀬・松田・中澤などなどマリノスの選手は??ってくらいにケガ・復帰してまたケガ を繰り返してましたからね。
代表並にフィジコが悪いんじゃないの?と陰口たたいていたので、いいことなんじゃないかなーと この記事を見て率直に思いましたね。
ちなみに他のマリサポさんがあまりこの話題に触れていなくてここで初めて知りました。

Posted by: けい | August 25, 2006 at 12:07 AM

お久しぶりです。いたさん
ついに岡ちゃんやめちゃいましたね。
個人的に影響というか、感銘を受けた監督なので
出来れば今年タイトルを取って勇退して欲しかったです。

今年は岡ちゃんの采配はん?というものが多かったし
最後までマルケス、マルケスといっていたのも
なんだか違和感があるなぁと思っていました。
(選手を乗せるコメントは言うけど、
特定の選手に依存するようなサッカーだったかな?)

いずれにせよ3年8ヶ月楽しませてくれた。
岡ちゃんにありがとうお疲れ様でしたといいたいです。

Posted by: ueshin0721 | August 25, 2006 at 08:52 AM

長文ですいませんさん、こんにちわ。

岡ちゃんがカナロコのコラムで「現実的な志向性」が得意と自ら書いていたので書いたのですが……。

でも、確かに環境的な側面による志向性の変化というのはあるのでしょうね。現状ですらスペクタクル志向のメソッドを持っている監督は少ないと思いますし、現状のJを見ても、攻撃面での課題を「前からプレスを掛けて奪う」という言葉が出てきたりするぐらいですから。この辺は日本サッカー全体の課題かも知れませんね。

うー、耳が痛いです(苦笑)でも実際そうなんですよね。岡ちゃんにも具体的なディティールを築き上げる術を持っていなかったし、選手達も主体性が低く、技術的にも余り高くはなかったですから。認めて、前に進めたらと思っています。

今は現実が迫ってきているので理想はちょっと追い続けられない状況だと思います。が、いつの日かそういうプロセスの中で何かを掴んでくれると良いな、とは思います。

ではでは。

Posted by: いた | August 25, 2006 at 11:43 AM

けいさん、初めまして。コメントありがとうございます。

確かに怪我は多かったですねぇ。蓄積疲労なのか、選手の自己管理なのか、練習場の環境なのか、それとも選手の資質なのか、原因不明です。

ただ、アンジェロが悪いのかというと実は分からなかったりします。今シーズンにアンジェロが来る前からスペランカー体質の選手が多くて、怪我人ばっかり出してましたから。アンジェロも変えられなかったということは言えると思いますけど。難しいもんですね。

まあ実は後任のフィジコも今までずっと一緒に活動していた人なので、変わらないというのが真相かも知れません。これ以上怪我人が出ないことを祈るばかりです。

ではでは、又よろしくお願いします。

Posted by: いた | August 25, 2006 at 11:53 AM

ueshin0721さん、こんにちわ。ご無沙汰です。

そうですねぇ。自己管理とか、巧みな猛獣扱いとか、岡ちゃんに色々なことを教えてもらった4年間(そっか、3年8ヶ月なんですね。アバウトすぎました)でしたねぇ。一応、ナビも残ってたので、ここまでチーム状態が悪くなっていなければ、それも可能だったのでしょうが、いかんせんこの中断明けのチーム状態は……仕方ないですね。

選手獲得、起用法、傍観姿勢など、今年の采配には本当に?が付くことが多かったですねぇ。やっぱり選手との距離が近くなりすぎて見えなくなってしまったこともあるのかなぁなんて思ったり。後は、なかなか良くならない中で、冒険するのが怖くなってしまったのか。

元々、岡ちゃんのサッカーはアタッキングエリアで何とか出来る選手がいないと成立しないとは言われていましたね。マルキ、安様、そしてマルケス……。マルケスも勝負を決める選手ではなく、そういう意味で明らかに迫力を欠いてしまったというのはあるのかも知れません。

まあ最後は後味悪い別れ方でしたが、それでも感謝の気持ちは薄れないです。てゆうか、結構様々な方がそういう気持ちを抱いていて改めて偉大な人だったんだなぁと思わされています。最後は、セレモニーなんかして胴上げして、送り出してあげたかったなぁ……。

ではでは。

Posted by: いた | August 25, 2006 at 12:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/11590386

Listed below are links to weblogs that reference 岡ちゃん辞任に思う。:

» [サッカー] 横浜岡田監督が辞任!後任は水沼コーチ:nikkansports.com [昨日の風はどんなのだっけ?]
岡田監督が辞任というのもだけど、後任が水沼さんというのが、凄い時代の変化だなあ、風間さんに水沼さん、長谷川健太さんが監督だもんなあ、時代が移り変わってる。 関連:岡ちゃん辞任に思う。:LooseBlog 関連:岡田氏辞任:blog武藤文雄のサッカー講釈 ... [Read More]

Tracked on August 27, 2006 at 01:50 AM

« 術なきチームの残酷な終焉@J1 第19節 Fマリノス vs アルディージャ | Main | 2006 Fマリノスへの提言 -新監督に捧ぐ再建への手引き- »