« The reason that is demanded -Think about Osim's Football- | Main | 制約なきセレクション・メンバー -アジアカップ予選、日本代表メンバー発表- »

August 12, 2006

首位への執着、リベンジへの意志@J1 第17節 Preview

またまた再開J1ですよ、再開→中断→再開と、気を抜いてると忘れちゃいそうですが、見逃せない一戦もあるわけで、久々にプレビューみたいなモノを。使ってみたかったものもあるし。

2006 J.League Division1 第17節

8/12(Sat) 19:00KickOff/
フロンターレ vs Fマリノス @ 等々力陸上競技場「首位への執着、リベンジへの意志」

Photo_2  Photo_3

J1はこの節で折り返し、これで全てのチームと対戦し終わる「ちょうど真ん中」の節でもあります。最近は非常に暑い気候が続いており、そんな気候の中での怒濤の連戦のスタートでもある試合、これからの流れを考えても、どのチームもモノにしたい節なのかも知れませんね。

って、言うのはお題目。Fマリノスにとっては掛かるモノのとても多いゲーム、昨年はJ1の先輩として、ディフェンディングチャンピオンとして、胸を貸す立場だったのが3連敗、順位に置いても上を行かれ、今年も同じようにフロンターレの後塵を拝している状態。同じ県に本拠を置くということもあって、そろそろ勝っておきたいところ。又、前節ようやく泥沼を抜け出し、代表にも多くを送り込んで、ポジティブな流れに乗れそうなところ。そこで又自信を失うような負けを喫すれば、再び泥沼に逆戻りと言うことになりかねない。掴んだ手応えをチームの本当の力にしていくためにも、どうしても勝ちたいゲームです。

もちろんフロンターレにとっても、大事なゲーム。現在首位とはいえ、その下に付けるレッズ、ガンバとの勝ち点差は1、この試合で勝ち点を落とせば、再びの首位陥落ということになってしまう。又、せっかく一つの大きな山と捉えていた「修羅場3」を切り抜けたところで、現在の順位的に「下位」チームに取りこぼししてしまってはその価値が薄れてしまいかねない。現在の地位を、ポジティブな空気を失わないために、そういうものを「守る」という意味では決して意義としては小さくないゲームなのかなと。明日は等々力沢山入りそうだしね(又20000越えが予想されてますな、お客さんにポジティブな空気を伝えるためにも是が非でも勝ちたいんじゃないかな?)

そんな思惑を抱えた「神奈川ダービー」、僕も神奈川県民なので、とても楽しみです。ということで色々な観点から見ていこうかなと。

・埋める術、補う術はあるか? -気になる欠場選手+コンディション-

この一戦に向けて両チームとも、チームに置いて大きな重責を担っていた選手を欠きながら臨むことになりそう。Fマリノスは左サイドのキープレーヤードゥトラが出場停止、フロンターレの方は寺田の負傷がまだ癒えず(この辺どうなのかな?まだ出れない感じ?)、又絶対的なレギュラーとしてDFの安定の一翼を担っていた箕輪も出場停止とDFラインのレギュラー二人を欠く陣容になりそう。

もう長く日本でプレーして、その力というのがある程度触れ渡っているだけに、敵味方問わずドゥトラの存在の大きさというのは理解されてるのかな。ここ数年、ドゥトラ不在のFマリノスの戦績を見ると、著しく勝率が低い。又データを見るまでもなく、ピッチでのパフォーマンスを見ても彼はチームのメカニズムに置いて大きな役割を担っており、その存在は単なる一選手の比でありません。。現状では、左サイドでマグロン、マルケスと形成するブラジリアン・トライアングルはFマリノスの攻撃に置ける拠り所であり(まあ少しは変わりそうな傾向はある……かなぁ)、それが崩れるという意味でもFマリノスにとっては代案が必要になってくるのかなと。

で、代役としては予想されるのは岡田監督からも信頼の高い平野。まあこのために獲ってきたと言っても良い選手な訳で、ここで仕事をしてくれなきゃ困るわけですが、気になるのは周囲とのコンビネーション。マルケスの動きだし、マグロンの顔出しをいかに感じて、良いタイミングで使っていけるか、そしてうまく絡んでいけるのかというのが、この試合に置けるFマリノスの攻撃のクオリティに掛かってくると思います。守備に置いても、非常にアグレッシブで勢いに乗せて攻めさせてしまうと怖い森勇介とのマッチアップにおいては少々劣勢が予想されるだけに(特にボールのないところでの意識という部分で)、ここは一つのキーとなると思います。

フロンターレの方は、寺田・箕輪の不在は、修羅場3でもスタメンに名を連ねた米山、佐原と言うことになりそうです。佐原の方は、ガンバ戦で人に対する強さを押し出してセンターを難無くこなし、米山の方はセンター、サイドととりあえずそつなくこなしただけに(田中達也の仕掛けに屈したが)、それなりに関塚監督も信頼して送り出せるのではないでしょうか。ただ、ハイボールの対応に置いては、寺田・箕輪の高さを失うことに変わりはなく、そしてそういう部分を強調して使ってくる相手との対戦に置いては不在に頭を痛めることになるかも知れません。

あと、欠場ではないモノの水曜日に雨の国立で長時間プレーした、山瀬、田中隼、我那覇(坂田と栗原は、まあコンディション次第かな)をどのように考えていくのか。特にFマリノスの方は、チームを救った存在である山瀬に無理をさせるのか、起用法を考えていくのか、岡ちゃんの手綱捌きには注目が集まる。

・全てのキーは中盤にあり -展開予想-

これまでの対戦を考えると、Fマリノスがポゼッションを握るも高く強いセンターバックの前にゴールが奪えず、フロンターレお家芸とも言える高速カウンターの餌食になっていたことで、勝負が決まっていた感があります。しかし、現状では少しパワーバランスも変わっており、Fマリノスが主導権を握り続けるというのは少々考えにくい。ここのところのフロンターレのゲームを見ても、カウンターの機能性もさることながら、主体的に相手を押し込んでサイドから攻めていく時間も多く、それが現在Jのトップとも言えるガンバ・レッズに対しても出来ていたことを考えたら、フロンターレのリズムでゲームが進むことを想定する方が妥当かも知れません。

その中で鍵となるのはやはりサイドを含めた中盤と言うことになるのかな。まずFマリノス側から考えると、「リスクコントロールと切り替えの意識」ということになるのかな。

Fマリノスの攻撃の特徴としては、ボランチのマグロンが超積極的に(というより恒常的に)攻撃に絡んでいく形が多く、その分スペースを与え、リスクを抱えながら攻めていることが多い。アンカーに上野を据え、その流れを読む力とポジショニングで壺を押さえるプレー、後は強いディフェンダー達の積極的な前を狙う姿勢で、カバーしている訳ですが、相手はJ最高峰の機能性と切り替えスピード(スムーズなプロセスは完成されている)を誇るフロンターレ。マルケスが抜け、マギヌンに変わったことで少々趣は変わっているモノの、抜群の局面打開力を誇るジュニーニョがマルケスが担っていた役回りもこなしながらプレーして、脅威を保っている。

Fマリノスにとっては、これまでの3戦と同じ轍は踏みたくない訳で、それは直接的にカウンターは喰らいたくないということに繋がっていくと思うのですが、しかしマグロンを前に出さなければ攻撃は立ちゆかない(しかも虎なし)そうなると、マグロンに守備的な役割を強く意識させるのではなく、やはり上野+バックラインの奮闘に託すというのが、無理のない形かも知れないですね。後は奪われた後意識高くフォアチェックしてカウンターの芽を摘めるか。山瀬、坂田はその辺の意識が非常に高く、アルビ戦では積極的なアプローチが非常に機能していただけに、それをいかに集中し、継続してやっていけるかが鍵になりそうです。

フロンターレの方は、いかに中盤のフィルターを機能させることが出来るか。主体的に狙いを定めてインターセプトなどに出て行けるシーンでは余り問題はないのだけど、受動的に相手の攻撃に対応しなければならないときは少々不安が覗く部分もある。その不安というのが中村、谷口の若きボランチ達。攻撃的な側面においては非常に高い実効性を備えて話題になっていますが、守備に置いては少々不安が残る。本来バイタルのスペースを消す役割を担わなければならないのだけど、ボールの動きに翻弄され(まあそれはガンバとレッズだったから、というのがあるのだけど)、ぽっかりとバイタルが開いて来ることが多々ある。

具体的に書けば、サイドにボールがあって、ボランチも加勢に行くのだけど、そこでもう一方のボランチが連動してスペースを埋めたり、人を捕まえたり、というプレーの徹底度が低くてスペースが空いてきてしまうことが多いかなぁと。本質的に、この辺を修正できたのか、出来ていないとしたらディフェンスラインの選手がそれをいかにカバーしていけるのか(アタッカーを見ていく仕事しながら)、その辺は鍵となっていくかも知れませんね。

後は、サイドの攻防。特にホットエリアとなりそうなのが、隼磨とマルコンが対峙するサイド。Fマリノスにとってはドゥトラがいない中で、隼磨に掛かる期待はとても大きい。ただ、対面のマルコンは非常に能力の高い選手で、頭も良い。サイズもある。正直クオリティ的にはマルコン二部があると思う。この相手に隼磨がいかに対峙していく訳ですが、ここで隼磨の良さがだせるかどうかも又ポイントの一つとなるのかなと。逆にフロンターレの方は、守備に置いては不安を残す隼磨に守備を意識させることが出来れば万々歳。マルコンはテクニックもクロスの精度も高いので、局面的な勝負に持ち込みたいところか。隼磨はとにかくよく走ってマルコンを疲弊させ、走り勝ちたい。運動量勝負と回数で勝負。

まあこんな感じかな。とにもかくにも注目度は非常に高いと思うので、良いゲームになって欲しいなと。等々力には多くの人が集まるだろうし。てゆうか、何故この試合をtvkが中継しないのかと言うことを小一時間ry)まあいいや、これ以上後塵を拝し続けると、キクマリとファイフロの順番が変わっちゃうかも知れないんだから、とにかく勝て!って話ですよ。僕?僕も行きますよナオミちゃんとヒデキを見に。ナオミちゃんはどこで「ファイト!川崎フロンターレ!」(ぴょんと跳ねる)ってやってるんだろう?なかなかお目に掛かれないんだよねぇ(探さないけどさ)まあ最後はずれましたが、ここまで。その他の試合忘れた。一応張っておきますよ。

2006 J.League Division1 第17節(折り返し)
8/12 18:00/サンフレ vs エスパ @ ビッグアーチ「ポジティブvsポジティブ」
↑JJ怪我?

8/12 19:00/アビスパ vs トリニータ @ 博多の森「復活、漢のダービー」
↑ここも立場逆転、かぁ。トリニータ買ってるよ、ファンサカ。無失点頼む

8/12 19:00/セレッソ vs アルディージャ @ 長居「今度こそのリスタート」
↑このタイミングでやっぱり代わらないと言うことになったら雰囲気的に辛いことになりそう、セレッソ。

8/12 19:00/サンガ vs ガンバ @ 西京極「京阪ダービー、だそうな」
↑マグノvsアンドレ。マグノはどうも本調子じゃない感じ。ここで再点火?アンドレは当たりっぽいの?

8/12 19:00/グランパス vs ヴァンフォーレ @ 瑞穂「ヨンセン降臨」
↑局面的にヨンセンvsヴァンフォーレのCDFとなったときどうなるかね。ミスマッチ的なことになりそう。気になるところ。

8/12 19:00/ジュビロ vs アントラーズ @ エコパ「新時代」
↑今でもこのカードはクラシコと呼ばれてるのかな?ただ、このカードがBSや地上波で放送されないことに時代の流れを感じるね。

8/12 19:00/アルビ vs ジェフ @ ビッグスワン「ホームの勢い、代表への勢い」
↑アルビ連敗中だけど、ホームで顔が変わるチームだし、面白いゲームになりそう。ジェフの選手達も代表入りにアピールしたいだろうし(そのまま新潟で待ってればいいじゃない)

8/12 19:00/レッズ vs FC東京 @ 埼スタ「ワ、ワシントンが二人?」
↑新旧ワシントンが大激突!どちらが本物なのか、新しい方はウィルとシジクレイを混ぜた感じ(風貌が)

思った以上に大変だった……ということで今度こそここまで。

*dorogubaさんからトラバ頂きました、ということでここで反応。「ファンタジスタに居場所はあるか?」時間が空き次第何とか書いてみたいと思います。ただ、自分の中に答えがないのでちょっと苦労しそう……。オシムはテクニックを軽視している訳ではないと思うのだけど、求める運動量の基準も高いから、そのバランスというのが、このテーマを語る上での大きなファクターになるのかなぁと思っていますが、はてさて。

*てゆうか、14:00開場とかありえないんですけど。17:00ぐらいに行けそうなんだけど、イイ席残ってるのかな……不安。ソーキソバ食べたいけど、沖縄フェア終わっちゃったら食べれないのかなぁ?

|

« The reason that is demanded -Think about Osim's Football- | Main | 制約なきセレクション・メンバー -アジアカップ予選、日本代表メンバー発表- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/11394319

Listed below are links to weblogs that reference 首位への執着、リベンジへの意志@J1 第17節 Preview:

« The reason that is demanded -Think about Osim's Football- | Main | 制約なきセレクション・メンバー -アジアカップ予選、日本代表メンバー発表- »