« 岡ちゃん辞任に思う。 | Main | Shunsuke Nakamura,Good performance to interest a team in uneasiness and expectation »

August 26, 2006

2006 Fマリノスへの提言 -新監督に捧ぐ再建への手引き-

昨日は少々感傷的になりましたが、今日から一気に前を向いてきますよ、水沼新体制と共にね。で、今日は水沼さんにして欲しいこと、何をすべきかというのを「現実的」に考えていきたいと思います。久々だね、2006Fマリノスへの提言。

・時間はないけれど。

泥沼とも言って良い深刻な状況の中で、この監督交代を機に、一刻も早くこの状況を改善して欲しい、何とかしろ、誰もがそう思っているでしょう。しかし、水沼さんの手腕云々の前にこのスケジューリングの中で何かを大きく変えて劇的に状況を変化させるというのは、時間的余裕がない中では非現実的かも知れないです。中2~3日という感覚で試合は訪れ、疲労回復に1日と考えると、まともに練習する時間というのは非常に少ないですからね。

そういう意味では、出来ることは限られているといっても良いかも知れません。考え得る要素は二つ、精神的な要素、意識的な要素ということになるのかなと。まあ精神的な要素に関しては、水沼さんのマネジメントというより、選手個々の奮起に期待するしかない。マツの自らの不甲斐なさを呪うようなコメントや功治の無理矢理にでも前を向こうとするコメントの中にも感じるけれど、期するモノがあるはず。僕たちが思うよりも選手達は岡ちゃんを信頼していたような気がするし、慕っていたはず。そんな監督をこういう形に追い込んでしまった訳で、ここで奮起しなきゃ男じゃない。精神論で申し訳ないけど、そういう気持ちみたいなモノを水沼さんには汲んでうまくチームを乗せていって欲しいなと。

そして、意識的な要素。キクマリのインタビューに、「悩みながらプレーしている部分を何とか解消したい」という言葉があったけれど、実際戦術的にディティールを改善したり、プロセスを作り上げていったりするには時間がない。その中で変えられるのは頭の部分。もちろん徹底はしきれないかも知れないけど、アウトラインぐらいは意識付けさせる事は出来るはず。水沼さんは、チームの中で常にそれを見てきたわけだから、問題点の把握という面では誰よりも分かっていると思うし、その中で最も必要だと思うことからやっていけばいい。もちろんそれで全てが変わるというわけでもないし、問題が解決されるわけではないかも知れないけど、何かの変化の予兆にはなればいい。それが好転の兆しになる可能性もあると思うので。

まあ時間的制約に関して少々違うし、明確なビジョンを持っているかいないかという差はあるのだけど、FC東京が2週間でチームを一気に変えたというのが最近ではあったわけで、意識改革一つで何かが動く可能性はある。だからこそ、時間はなくて大がかりなことは出来ないかも知れないけれど、何かを動かすことをしてほしいなと。

・原点回帰か、路線継続か、それとも改革断行か。

まあこれは、現在報道で出ている「2試合で結果を出せた」場合(これがどこまで本当なのかは分からないけれど)の話。ちょっと気が早い気もするけど、大事なことだと思うので。先を見据えて。

選択肢としては3つあると思う。岡ちゃんが成功を収めた一つの方向性を強く浸透させながら、そこにロジカルなプロセスとそれに準ずるシステム形成を組み合わせていくことで効率的に力が伝わるようなサッカーに回帰するやり方、今やっている主体性を重んじながら引いた相手を崩すためのポゼッションサッカーに問題点の修正を加えたサッカーを継続するやり方、そして水沼さん独自の考えに乗っ取って新しい選手選考、新しいロジックなどを形成して新しいサッカーを構築していく改革的なやり方、選択肢としてはこの3つだと思う。

実際、水沼さんはインタビューの中では何か新しいことをするのではなく、現状維持のまま、修正を施しながら選手の自信を回復し、そのベクトルをチームに持っていきたいというような事を言っているから、答えは「路線継続」ということになるのかな。

僕個人の意見としては、大きく変えることは基本的に反対。リスクが大きすぎるし、多分何をしても中途半端に終わってしまう可能性がある。何よりもそういうことをする余裕がなく、水沼さんにとても大きなプレッシャーが掛かってしまうのだけは避けたい(ただでさえ、多大なプレッシャーが掛かっているのだから)そういう意味では現状維持というのは良いと思う。ただ、今のままではだめなのは明らかで、その中で修正を施していかなければならない。

2006 Fマリノスへの提言(LooseBlog)

このサッカーをする上での必要なこと、これを書いた時点での足りないことはこのエントリーの中で書いたのだけど、基本的には変わらない。ただ、特に強調すべきというか、今しなきゃいけないのは一つ一つのプレーに目的(プライオリティ)をしっかり作ることで、それを共有することでチーム全員が同じベクトルを向くようにすること。それこそ、結構具体的に動き方を決めちゃっても良いと思う。2トップの片方は中盤の選手が前を向いたら必ず裏に抜けるアクションをするとか、必ず縦のギャップを付けるとか。まあこういう事をしていくと、このサッカーの本質が消えてしまうかも知れないけど、もう何かをこだわってそれが形になるのを待っていられるほどの余裕はないからね。

とりあえず現状維持という形で話を進めましたが、必要であればと新しい事だろうと、方針転換だろうと、勇気を持ってやっていってもいい。難しいことは一朝一夕には出来ないだろうけど、例えばある程度秩序を守っている(集中力は別にして)守備の強さを前面に出して、後ろにはとにかく守備の出来る選手でブロックを作り、前にはグルーとなれる選手と前に速い選手を組み合わせる形で、とにかくシンプルなカウンターに特化するようなやり方とかね(真逆だけど)

とにかく方向性をしっかり定めて、信じた事、やるべき事をやるというのを徹底していくことが必要かなと。中途半端に終わらないように、残念ながら失敗を受け入れる余裕も体力もこのチームには残ってない。

まあ現状では目先のことが大事で、そんなことまで考えるのは時期尚早な感じもなくはないのだけど、基本的に監督交代という刺激は「期間限定」の刺激に過ぎず、時間が立てばその刺激はなくなってしまう。だから、その刺激でチームが好転した時期にいかにチームの基礎を作り、ある程度軌道に乗せることが出来るかというのが重要なのかなと。まあ例に取れば昨シーズンの監督交代の効果。トリニータにシャムスカが来て、メンタルマネジメントをしながらある程度堅実な形を作り上げたことで、その後も秩序を失わずに目標を達成する事が出来たけれど、ヴェルディはバドンが来て、一時はチーム状態が上向いた感じはあったものの、その間に問題点が改善出来ず、又泥沼に引き込まれてしまった。監督交代という刺激で一時的には好転した後にも又もう一つの山場があると個人的には思っています。だからこそ、しっかりと方向性を持ってチームを作っていくことが大事なのかなと、一時的なカンフル剤としてだけではなくね。まあ常々思っていたことですが。

・大切なのは、変わるぞという意志を伝えること。

監督が代われば練習方法も変わったり、雰囲気も変わったり、選手起用の基準が変わることが、チームに刺激を与えるという要因になるのは、周知の通り。ただ、水沼さんは継続してチームに帯同し続け、フレッシュな空気や刺激を作り出す意味では、余り刺激的なモノではないのかも知れない。そんな時に、監督の方から、変わるぞという意志を発信し続けて、選手達に伝えていって欲しいなと思ったり。

まあ激しく旧体制を否定するようなことをすると強い反発を生むこともあるし、急激な変化は選手がとまどう要因になってしまったりするのだけど、監督が替わっても同じ事をしすぎてしまったり、踏襲しすぎてしまっても良くない(少々、今まで書いたことと矛盾しちゃうんだけどね)何のために岡ちゃんが身を引いたのかと言えば、現状の淀んでしまった空気を入れ換えるため、チームに刺激を与えて、もう一度このチームを活性化するためにしたことなのだから。汲むのであれば、その意志を汲んで欲しいなと。

僕は基本的に水沼さんの手腕は未知数だと思っているので、大幅にチームが変えたりとか、ポジティブにころっと変わるみたいな過大な期待はしていない(そうなったらベターだけどね)でも、水沼さんの就任でチームの空気だけは変わって欲しいなと思ってる。それこそ何かのきっかけになってほしい。まあ何でもそうだけど、停滞した流れの変化には刺激ときっかけが必要。そのカンフル剤がこの交代劇にあって欲しいと願ってる。

ということでこんな感じかな。もう明日ということになるのか……吉と出るか、凶と出るか、今から神様に願っておくよ。頑張れ、水沼さん!そして、選手達!念を送るよ。ということで今日はここまで。

|

« 岡ちゃん辞任に思う。 | Main | Shunsuke Nakamura,Good performance to interest a team in uneasiness and expectation »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/11608625

Listed below are links to weblogs that reference 2006 Fマリノスへの提言 -新監督に捧ぐ再建への手引き-:

« 岡ちゃん辞任に思う。 | Main | Shunsuke Nakamura,Good performance to interest a team in uneasiness and expectation »