« 最後の躍動@FIFA WORLDCUP Germany2006 Group E Italy vs Czech.Rep | Main | Not Sweden's day,Today is Germany's day@FIFA WORLDCUP Germany2006 Round of 16 Germany vs Sweden »

June 24, 2006

日本代表次期監督選考に関して。

日本代表が帰国したようです。期待と失望、その反動がおかしな方向に出なくて良かったと一安心していたりする今日この頃、選手達にはとにかく体をしっかり休めて、次の戦いの場に備えて欲しいモノです。で、そんな中で過熱している次期監督問題に関して、一言。

日本代表次期監督、デシャン氏が第1候補…交渉"大詰め"(SANSPO.com)

日本協会打診!ジーコ監督後任にジャケ氏(nikkansports.com)

ジーコ監督後任にオジェック氏有力(スポーツ報知)

大会が始まる前から、ジーコがこの大会で退任することは決まっていて、協会としても後任監督を探していた訳で、敗退を機にかなり熱を帯びてきた印象があります。で、これ。

ジーコ監督後任にオシム氏と交渉 川淵会長明かす=日本代表(Sports navi)

ふーん、オシムたんか、良いんじゃない?聡明で、経験豊富で、サッカーへの造詣も深く、世界のフットボールの潮流も理解していて、日本のサッカーへの理解も深く、何よりもそれをピッチで表現させる手腕を持っている。彼に対しての批判も余り聞かず、非常に評価が高い監督……っておい。

オシムたんが云々とかそういうことではなく、このままでは絶対良くない。

まだ敗戦のショックから抜け出せていない人もいるだろうし、怒りを持っている人もいるだろうし、何よりこの敗戦の責任の所在・処遇さえはっきりしていないはず。まだ敗退が決まって2日なのだ。それなのに、こういう事になっている。おかしいことだと思わない?

4年間のプロセス、そして本大会で出た結果、見えた世界との差などこの4年間という歳月の日本代表の総括・分析、そしてその中で綿密な考察と議論をし(必要なこと、必要じゃないこと、変えていくこと、続けることを見定める)、その上でプランを作り、目標を定め、方向性を定め、全てに置いて隙なく推敲された上で最も適した監督をピックアップする。そして、その監督とも様々なミーティングを重ねて、お互いに納得した上で任せるという決断を下す。

今回の超高速の後任監督選出(まだ契約はしていないけど)には、このようなプロセスがすっぽり抜け落ちているような気がしてならない。

僕には、協会が本大会の結果を受けて、上記のような分析・総括・考察・議論が重ねられたとは思えない(まあある程度やっていたのかも知れないけど)この4年間を任せる人なのだ、そんなに浅はかで脊髄反射的な判断でしていいモノではないと思う。

もちろん協会だけではなく、見ていたファンやサポーターも一度立ち止まって考えていく必要性があるんじゃないかな?全てに置いて監督に丸投げする事は、絶対に間違っているし、本質の所では何も変わらない。

もちろん、様々な方が喜びの声を上げているように優秀な監督を招聘ことに異論はない。実際オシムたんなら湯浅さんの言う通り、日本代表に必要なモノをもたらしてくれると思う。ただ、その賢者に任せる前に、自分たちで答えを探す努力を怠るべきじゃない。苦しんでも、自分たちが答えを持たなければならないんじゃないかな。あれだけ、喜び、悲しみ、怒り、期待、絶望、失望、様々な感情を生み出す自分たち国のフットボール、自分たちが考えなきゃ。

そういうことをしていなければ、あっさりオシムたんに見切られちゃうかも知れないよ?

もう一度、考えよう。自分の国のフットボール。ということで緊急提言的ですが。

*これって、ほりえもんのあれに似てる、時間外取引。火事場泥棒のように決めて良いことな訳ないじゃん。

*そして、オシムたんだって全知全能の神じゃない。失敗するかも知れない。その時にこんな軽率な判断で決められたとしたら、後で後悔してもしきれない。

*もちろん、僕はオシムたんがやってくれるなら素晴らしいことだと思う。オシムたんは結果も残しているし、素晴らしいサッカーを築き上げている。これから対峙する様々な問題も明晰な頭脳と含蓄ある言葉、カリスマ性で答えをてらしてくれることを望んでる。でもそれじゃ駄目なんだよ。僕たちが答えを見つける努力をしなきゃ。もし、オシムたんが以前から言われている健康状態に問題があったり、奥さんが日本嫌いになったり、もの凄いビッグクラブから引き抜かれたりすることだってあるかも知れない。その時に僕たちが答えを持っていなかったら?正直ぞっとする。

まあ考え過ぎなのかも知れないけどさ。でも考える必要性あると思うよ。あれだけ感情を生み出すチームなんでしょう?自分の国のチームと誇りを持つモノなんでしょう?人任せにして良いはずがないと思う。

|

« 最後の躍動@FIFA WORLDCUP Germany2006 Group E Italy vs Czech.Rep | Main | Not Sweden's day,Today is Germany's day@FIFA WORLDCUP Germany2006 Round of 16 Germany vs Sweden »

Comments

はじめまして、いつも貴ブログを楽しく拝見しています。

次期監督の選出の進め方としては、今の時期から進んでいても良いのではないかと私は思っています。当然WC本番の分析や日本のサッカーの現状とこれからのことはしっかりと考えなければならないと思いますが、その結論から出したものは監督人事よりも将来の日本サッカー(代表だけでなくJや草の根レベルのサッカーも含めて)の育成の方にウェイトを占めるんじゃないでしょうか。もちろん監督人事を決める場合もこういったことは話し合うべきなんですが、4年後を見据えた方向性についてはWC前の段階でもできることだと思うのです。
それに他国や他クラブとの競争になる監督人事については、WC後に誰にしようかを決めているようでは遅いと思うのですが、いかがでしょう?

ただ、誰が分析をしてプランを作り・監督人事のプロセスやその責任の所存などが見えないというのは激しく同意です。とても不満です。別に失敗したからすぐに辞めろとは言わないんで(まー、中には言う人はいるとは思いますがそれは生産的ではない)、もうこれはなんとかして欲しいですね。

あと、次期監督の交渉をオシムと明かしちゃいましたね。契約事はサインをするまで脇を固めるのは当たり前なんですが、川淵さん軽すぎます。
それにジェフの関係者やサポのことも考えればこんなこと簡単に口に出ないと思うんですけどね。
私としても日本代表の次期監督として最高だと思う監督なので、この軽い発言が影響しなければと思います。

これからも読ませていただきます。お体に無理をなさらないようこれからも頑張ってください。
長々と失礼しました。

Posted by: G-No12 | June 24, 2006 at 10:27 PM

G-No12さん、こんにちわ。ご愛顧いただきありがとうございます。

確かに優秀な監督は引き手数多ですから、迅速に進めるというのは非常に大切だと思います。今は欧州もシーズンオフ、そしてワールドカップというタイミング、様々な監督が一度ガラガラポンされる時ですから、遅れをとってしまうというのはその通りだと思います。

悩ましい問題ですが、現状に置いて日本サッカー界の船頭である代表チームが、これからどのようなサッカーをするべきなのかというのは長期的な視野に立った時、とても大事なのではないかなと。もたらされる戦術的トレンド、志向性など、Jはもちろん、様々な指導者に影響のあることだと思いますから。まあそれだけ今の日本サッカーは代表というモノが担っているモノが大きいと言うことかも知れません。まあJも独自の目線というか世界に繋がる道が出来て、より強化の道を探っていくと思うのでこれからどうなるかは分かりませんが。

で、より日本人に適した独自のサッカーを本当に作り上げる意志があるのなら、今はとても大事な時期なのかなぁと。ここまで駆け足で登ってきた強化を振り返る意味でも。これからは難しい時になってくると思いますので、その意味で何が必要なのか、どうやって強化していくのか、という視線がないと、停滞、下降というのもあり得ると思いますし。そういう意味で慎重に、より考えて欲しいなと。まあぶっちーの批判逃れに踊らされた感じもあるんですけど、えぇ。

草の根レベルでの育成という事では、基本大きな大会毎に強化委員会がテクニカルレポートを全国の指導者に出していると思うので、しっかりとしたモノを作ってほしいモノです。技術、戦術など様々な部分でこのテクニカルレポートが持つ影響力は大きいと思いますし。なので、育成に力を入れて欲しいというのは非常に同感です。思い出すと、僕が中学くらいの頃はファーストタッチの重要性、ボディシェイプというのが強調されていた気がします(技術という部分だけですが)

まあ上と重複しますが、そういうことですよね。判断する側の眼が曇っていては、正しい方向に進むのは難しい。で、辞めるにしても、実際その後誰がやるのか、その人はどのようなプランでやるのか、となると更に進捗状況が遅くなっちゃうわけで、上の部分とは齟齬が起きてしまう訳で。こういう部分でもやはり失敗を反省するという意味でとても大事な時期かも知れませんね。

オシムたんは今回の騒動をどう思うのでしょうねぇ。仰る通り迷惑欠けまくりでかなりやっちまった感じですよね。頭の切れる人ですから、計算という面も充分考えられることなんでしょうかねぇ。全ては推測の域を出ないことですが、むーんという感じです。

オシムたんは上にも書きましたが、現在日本サッカーが直面している様々な問題を聡明な頭脳と経験で光を当てる事をしてくれるのかなと期待しています。もちろん全てが正しいかどうかはあれですが、正直彼のような賢者が今の日本には必要だと思います。この4年で直面した国内海外で二分化する強化の問題とか、伸び悩む才能ある選手達の育成(特にユース年代ではそんなに差がなくても、環境の差によって大きな差が開いてしまうこと)など結構山積みなんですよね。そういう意味でオシムたんは最適な気がしてます。日本のサッカーに関わって思うところがありそうですしね。ただ、その能力も
最大限活かす意味でもより綿密なプランがないと日本のサッカー界全体の強化にはならないのかなぁと。

長くなって申し訳ないです。これからもよろしくお願いします。ではでは。

Posted by: いた | June 26, 2006 at 12:36 AM

申し訳ございません。
まったく面識もなにもありませんが、エントリーの内容にとても同感しましたので、TBさせていただきました。
ご挨拶のコメントが遅れた事、お詫びいたします。
※一度コメントを書いたはずですが、実際には送られていなかったみたいです・・。

今回の件、あとで自分のblogでも書こうと思っているのですが、問題は大きく2つだと思っています。

1つは、協会の体質/体制という政治的組織的な面。
もう1つは、「日本のサッカーをどう導くのか」、そのビジョンの面。

協会の体質に関しては・・まぁ、この現状が実態をさらけ出している気もします。。。
そして「日本サッカー」という点においては、おっしゃられているとおり、協会の示す道筋が、日本サッカーを左右する影響力はとても大きく、代表はその象徴だと思います。それが監督人事でころころ変わったらやってられません。本来なら、「日本サッカーとはこういうものだ」というのがあり、それにふさわしい監督を選ぶべきだと思っています。

長文になって申し訳ございません。
これからもエントリーを楽しみにさせていただきますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

Posted by: khou | June 26, 2006 at 01:33 AM

khouさん、はじめまして、そしてTBありがとうございました。せっかくコメントいただいたのに、ココログの調子が悪くて申し訳ないです。きっちり叱りつけておきますので。向こうでコメントをさせてもらいましたが、一応こっちでも返答を。

協会の体質にも困ったモノですね。少しずつ取り巻く環境が変わっていったことで、少しずつ狂っていってしまったのでしょうが、政治家みたいでとっても悲しいです。腐敗体質というか、なんというか。まあ悲しんでいてもしょうがないので、何かしらの力に慣れればと思いますが。

で、もう一点の方は賛同頂けて嬉しいです。まあ長い道のりかも知れませんが、その一歩を踏み出さないと、先はないと思いますし、失敗に終わって右肩上がりの終わったこのタイミングは大きなチャンスだったのではないかなと。ハードランディングになるかも知れませんが、いつまで経っても誰かに頼るようなサッカーでは、誇れるモノにはなっていかないんじゃないかなぁと。メディアやサポなどの軽さというのも歴史や重みという礎がないからだと思いますし、そのスタートとして本質であり中身であるフットボールに重みを作っていってほしいと思っています。

はい、ムラがありますが、少しでも楽しんでいただけるようにだいぶマイペースで頑張ります。こちらこそ、楽しみにさせていただきます。ではでは、ありがとうございました。

Posted by: いた | June 26, 2006 at 02:44 AM

おはようございます。
どうも、ご丁寧なお返事していただきありがとうございます。

正しい方向に進んでもらうためにも、協会側や我々応援する側にも今大会を含めた総括やその責任問題を考える必要性がありますね。
いたさんが仰るように日本の将来を考える上で考えることはとても大切ですね。
そういう意味でも今とても大切な時期というのはとても納得です。一つの区切りとしても総括は欲しいところですね。

そして、これからの日本サッカーを自分たちで考えていくというのは、とても同感です。
もし、次期監督がオシムになったとして(っていうかなってください、オシム様)、オシムがとても魅了するサッカーをして日本のサッカーの将来を示してくれたとしても、オシムは「私が日本のサッカーを示しただって?私は今出来るサッカーをしたまでだよ。ライオンがイルカのように優雅に泳げるかい?ウサギがライオンを捕まえて食べるのかい?仮に違う内容のサッカーをしていたら、そのサッカーが日本らしいサッカーになるのかね?」とか言われそう(笑)。

日本のサッカーの方向性は草の根レベルから始まってるんじゃないかと思うんですよね。
もちろん日本代表監督の哲学も重要ですが、サッカーの本質自体は変わらないわけで、そのサッカーの本質を日本人自身がどう考えて、どう自分たちで答えを出していくのかが重要ですよね。

その監督の哲学が日本サッカーにもたらす影響は少なくないですが、しかし、それは日本サッカーに「影響した」だけであって、その監督が答えを出すわけではないのであって、結局はその答えを出すのは日本人だと思うのですしね。
そう考えるともう日本独自のサッカーというのは何かしら答えが出ているかもしれませんね。

また、そういう視点から見ても、いたさんをはじめとする多くの方のコラムは日本のサッカーにとても大きな役割を果たしているかもしれませんね。これからもROMながら応援しております。というわけで、ジーコジャパンの総括期待しておいていいですか?(笑)

あと、最後にアホ川淵さんの失言なんですが、あれは本当に口が滑ったんだと思いますよ。もう長くなるんで止めときますが、仮にリークだとしてもどうしてもドアホ川淵さんやその周りの人の利益が見えてこない。デメリットしか見えてこないんですが・・どうなんだろう??(まあ絶対とは言い切れませんけど・・)まあ、オオボケドアホby川淵さんはもう引き時かもしれませんね。

また長くなってしまいました。(ごめんなさい)
長文・駄文を最後まで読んでくださりありがとうございました。(お返事はかまいません。)

Posted by: G-No12 | June 26, 2006 at 08:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/10659966

Listed below are links to weblogs that reference 日本代表次期監督選考に関して。:

» 代表監督騒動について。・・・オシム!・・それはオレらの宝物。 [Hang Tough]
冷静になんてなれません。 日本代表だけを考えれば・・とか、でもジェフサポとしては・・とか、心は千路に乱れて止まりません。 ということで・・オレはどうにも自分の気持ちをまとめられそうにないです。冷静にいろ... [Read More]

Tracked on June 24, 2006 at 07:30 PM

» オシム、時期代表監督有力 [little spice collections]
って、アホなマスコミが大騒ぎしていて反吐が出そうです。 国内リーグ戦最中のJ1クラブの監督を抜擢しようとするなんて、 協会はどうかしてるんじゃないかと思います。 そして本人の了承も得ずに記者会見で公言するなん... [Read More]

Tracked on June 25, 2006 at 01:06 AM

« 最後の躍動@FIFA WORLDCUP Germany2006 Group E Italy vs Czech.Rep | Main | Not Sweden's day,Today is Germany's day@FIFA WORLDCUP Germany2006 Round of 16 Germany vs Sweden »