« 王様の王様たる所以@FIFA WORLDCUP Germany2006 Group C Argentina vs Cote d'Ivoire | Main | 言葉を失うということ。 »

June 12, 2006

Analysis to defeat Australia@FIFA WORLDCUP Group F Japan vs Australia "Preview"

いよいよ、日本の初戦が迫ってきました。直前になってぽろぽろ出てきた怪我人の状態も非常に気になるわけですが、事前学習の意味も込めて、オーストラリアを分析、そして占ってみます。まあ色々なメディアでやっているので特に目新しい事はないかも知れませんが。

FIFA WORLDCUP Germany2006 Day4 "Preview"

GroupF
6/12 15:00KickOff/Japan vs Australia @ Kaiserslautern
Japan                  Australia
  Takahara  Yanagisawa           Viduka
       Nakamura         Sterjovski Cahill Bresciano
Alex             Komano      Grella  Culina
     H.Nakata  Fukunishi    Chipperfield     Emerton
 Nakazawa Miyamoto Tsuboi        Niell  Moore
         Kawaguchi              Schwarzer

・チームの根底に流れる「1vs1」 -Australia's Base-

フース・ヒディンクの特徴とも言える部分なのですが、彼のチームに置いては攻守共に強調される要素が攻守における1vs1だと思います。両サイドの局面打開といったドリブルのシーンはもちろん、アプローチで生まれる1vs1、マークをするという意味での1vs1、ポストマンとセンターバックの1vs1など、様々な局面で1vs1のシーンを向かえますが、それに対しての意識付けというのは非常に高く、このチームの基盤となっているのかなぁと。

元々、なかなか集まる時間を確保できない代表チームに置いて、ハイレベルな組織を準備するのは簡単なことではありません。ましてや、就任して1年に満たない期間ではチームを形作るのさえ、そう簡単なことではない。その中で彼が結果を出せるのは、ゲームの中で生まれる1vs1という要素の重要性を認知しているからかも知れません。そこで抜ければチャンスになる、ここを止めれば凌ぎきれる、そういったシーンで負けないことでゲームを優位に進める事が出来るのは明白です。

で、オーストラリアもその例外ではなく高い意識が浸透しているようで、元々持っている肉体的・技術的特徴にマッチングしている印象があります。元々欧州各国(特にプレミアシップ)で活躍している選手の多いオーストラリアは個の能力に対しては非常に自信を持っているし、肉体的にも非常に強いモノを備えている。そういう意味で個人の戦いには長けていると言っていいでしょう。ハードに戦いきることで、熟成された組織に対抗する。これが彼の導いた「必勝」の理なのかも知れませんね。

・質実剛健、パワフルなオフェンス -Australia's Offense-

華麗なテクニックや連動したランニングで崩すようなチームではなく、シンプルにある程度決まったパスルートをなぞりながら、後は局面に置いて生まれる1vs1を制することでゴールを取りに来るというのが素直な印象。分かっているから対策は立てられてしまうけど、それは百も承知、ばれていてもやりきる。その対策をモノともせずに押し込んでしまう強さを持っているのかなと。

で、基本はCFWに入るであろうマーク・ビドゥカの楔を起点にした攻撃。ボックス幅で動きながら楔を受け、収縮したところでサイドに展開。駆け上がったサイドアタッカーが縦に突破を仕掛けクロス→ビドゥカを中心に中に入ってフィニッシュ。とてもシンプルなモノですが、それをやるのはヨーロッパでも活躍するタレント達。抑えどころを抑えられないと大怪我をする可能性は高いと思います。

これの対策としてはやはり楔を入れさせないということ、そしてサイドの選手を捕まえるということだと思います。楔を入れさせないというのは、マークに付くディフェンダーが厳しく行くと言うことだけではなく(これに関しては多分厳しくいくと思う)、出来ればそこにボランチが連動してパスコースを切るという事が出来ると更に良いでしょう。点と面のマークみたいにね。ただ、全ての楔を寸断するのは難しい(形は出来ていなくても、とりあえずビドゥカに繋いでキープということも考えられるし)入ってしまった時に、外、又は後ろに展開する所でなるたけレシーバーをフリーにさせず、良い状態でクロスを上げさせないということが必要になるのかなと。ビドゥカに関しては前に向かせさえしなければそんなにもたれて怖くない。怖いのは後ろからのサポートに落とされて、前向きで仕掛けられること。そういう意味ではその後のことを周囲の選手達が意識を持って、捕まえていくというのも又楔を切ることと同様に大事になってくると思います。外にしても、中にしても、ね。とにかくサイズ的、フィジカル的に劣ることは間違いないだけに、その前で未然に危機を防ぐ努力をしていくべきでしょう。

その他の部分で気付いた点、箇条書き。

・シンプルに放り込むわけではなく、ショートパスを繋ぎながらという攻撃構築が多い。ただ、うまくはないし、コントロールしながら変化を付けると言うより、楔を入れるためのコース探しという目的がはっきりしている。

・キューウェル、カーヒル、ブレシアーノという欧州トップリーグで存在感を示すアタッカー達が変化を演出する可能性を持っている。特にティム・カーヒルはシャドーストライカーとして空いたスペースを見いだす感覚、得点感覚に優れ、捕まえにくい選手。基本パターンの警戒と共に彼の居場所は捉えておきたいところ(ブレシアーノやキューウェルといったボールを持てる選手と絡まれると変化のある攻撃になってくるのかなと)

・アタッキングエリアでは個の局面打開力に頼る傾向が強く、そこをとっかかりにしてくる形が多い。連動した動きでのスペースユーズという形はほとんどない。楔がなかなか入らない時は、ロングボールを放り込むか、外に開いて強引につっかけるという形で押し込んでくることが予想できる。

・プレミアシップでプレーする選手は多いからか、距離はあっても前がオープンになったり、タイミングが合えば積極的に狙ってくる。シュートレンジの長さは日本人選手の比ではなく、その辺は注意が必要。

まあとにかく、質実剛健。一時期のドイツを思わせるオートマティックでパワフルなサッカーという印象です。持っているタレントとその攻撃の方向性はかなりマッチしていて、尚かつ日本にとっては苦手な要素をはらんでいる。対策は書きましたが、後はいかに頑張れるか、チームとして意思を統一して守ることが出来るかに掛かってくると思います。

・プレスとゾーンの相互関係。ハードチェックと抜かれないという二つの考え -Australia's Deffence-

オーストラリアの守備は、基本はゾーンを組み、後ろとしてはコンパクトに4-4のブロックを組んでプレスを掛ける。トップから連動してフォアチェックを掛け、獲り所と定めたらハードなコンタクトを伴うチェックでボールを奪う狙いが見える。ただ、それが機能しないと踏んだら、ゾーンを維持しながらアプローチはするモノの抜かれないように、破綻しないようににプレッシャーを掛け、ミスを誘発させてハードアタックする事でボールを奪うやり方に切り替える(微妙な変化)守備に関しては柔軟な対応が見られるかな。プレスに関してはかなりオーガナイズされていると思います。

ただ、コンパクトな陣形を組んでいることもあって、裏のスペースがあり、そのスペースを使われることに関して恐れているところもある。そこをうまく駆け引きに利用すれば(そこに向かって蹴りこむというのは余り効果的ではない)そのコンパクトなゾーンを壊せる可能性は秘めている。オーストラリアのセンターバックはスピードをないことを自覚しているのか、そういう危機を察知した時意図的にギャップを作る事でカバーを出来る様な形を獲ろうとする(ぶっちぎられた後にカバー出来るように)その形をわざと引き出すためにトップがデコイの意識をもって動いていくことで、スペースを埋めていたフラットなポジショニングを崩す。もう一人がそのカバーをするためのギャップを突く形でカバーが出来る範囲外のスペースで受けれられれば結構崩せるんじゃないかなぁと。ただ、日本の攻撃陣がこういう閉塞感を生み出すような相手には結構苦手意識があると思うので、主体的に崩していけるのかというのは大きなポイントになるのかなと。日本としては揺さぶらないといけないでしょう。

その他は箇条書き。

・基本的に反応が遅い印象。プレッシングなどオーガナイズされたシーンに置いて、予測があればある程度速いのだが、予測を裏切られるような対応を強いられると、機敏な動きで対応するというシーンはほとんど見られなかった。デコイとなる予備動作の工夫を所々に混ぜたり、ダイレクトでのポストワーク(+速いサポート)、サイドチェンジなど相手に方向転換を強いるような形が作れると、一瞬空くポイントは生まれてくると思われる。

・2列目からの飛び出しという部分ではほとんど対応しきれない。プレスを含めた前への意識の高さの盲点かも知れない。長いランニングは有効か。

・シュウォルツァーはプレミアシップらしいGK。シュートコースが見えていれば、長躯と早い反応で素晴らしい対応を見せる。厳しいコースもリーチがあり、当たり始めると嫌な相手。ただ崩れれば結構がたがたする選手で、読みに頼りすぎて動けないシーンも。

・相手のビルドアップの拙さを含めてショートカウンターは有効。ドイツ戦のように少ないタッチとアクセントのためを絡めて連動したカウンターを作れれば、間違いなく崩せる。

・ドリブルに対しての守備の意識が高いし、日本にはロッベンもメッシもクリスティアーノ・ロナウドもいないので結構厳しいと思う。ただ、仕掛ける意識は必要だし、前を向いたら深い切り返しとか方向転換を強いるドリブルワークは有効かな。

・総括

この大会の多くの試合と同じように、緊張感と閉塞感に溢れるゲームになると思います。どちらもこのゲームに対する重要性を理解していると思うし、ある意味ではブラジル・クロアチアへの挑戦権を掛けたゲームとも言えるのかも知れない。で、互いに持ってる感情としては日本にとってはオーストラリアはフィジカル的な強さを見ても嫌な相手であるのは間違いないと思うし、オーストラリアにとっても日本は敏捷性があって捉えどころのないところを見ても嫌な相手に間違いないでしょう。だからこそ、緊張感に繋がると思う。

チームとしての戦い方は正反対、そしてここにこのゲームの差となる要素が生まれてくるのかなと。相手に合わせて"しまう"傾向はあるモノの、基本的にどこが相手だろうと戦い方を基本的に変えない日本と、相手を綿密に分析し、相手に合わせて自分たちの形を代えるオーストラリア。そういう意味ではオーストラリアの対策に嵌ってしまうと、苦しくなるし、相手の対策をモノともせず日本の良さが出せれば、日本は優位に戦えると思う。もちろん個人の戦いで負けないということも大きなポイントだし、相手のストロングポイントに対しての警戒も必要なんだけど、自分たちの良さであるグループに置けるコンビネーションと連動性を発揮するという事が勝つためには何よりも必要だと思う。

なので、やってきたことに自信を持って望んで欲しいなと。確かに不満の残る部分がない訳じゃないけど、選手達は様々な部分で大きな進歩を遂げてきたと思う。タスクに従属するのではなく、一人のプレーヤーとして、捉え、考え、それを表現出来るようになった。だからそれを信じて堂々と戦えばいい。結果を恐れるんじゃなくて、とにかく自分たちを出す。結果に関しては前も書いた通り、運でも実力でもあるし、偶然でも必然でもあると思うしね。

私事なんですが、今日誕生日だったりします。なんで、勝ち点をプレゼントされたいなと。

ということでここまでかな。結局俊輔と佑二の奴はやれなかったなぁ……。ごめんなぁ。とにもかくにも、頑張れ、超頑張れ!

*ちなみに昨日は一試合も見れてなかったり。いきなり64試合制覇は頓挫です。まあその気はなかったけど。オランダ-セルビア・モンテネグロはやるつもり。いつやるかはわからないけど、早い内に

*アズーリも初戦、ザンブロッタ(あのウインク見れない)・ガットゥーゾが出れないこと、トッティのコンディション、あのスキャンダルの激震、アフリカというポテンシャル、不安要素は募る。ガーナはほとんど見てないんだけど、コート・ジボアールを見てもやっぱり実力はあるだろうからシビアなゲームになるだろうけど、とにかく勝ち点、勝ち点。トッティ駄目ならアレックスでイイじゃない、時代は相互補完よ、リッピちゃん

|

« 王様の王様たる所以@FIFA WORLDCUP Germany2006 Group C Argentina vs Cote d'Ivoire | Main | 言葉を失うということ。 »

Comments

いたさんお久しぶりです。ついにこの日がやってきましたね。
俺はドイツ戦のようなパスワークを見せれば先に点は取れると思っています。
あとはオーストラリアがパワーを生かして攻めてきたとき、
どこまでディフェンスがふんばれるか、というところに注目しています。
ところで、誕生日おめでとうございます!
私事ですが、俺も今日誕生日なんです。
勝ち点3のプレゼントをもらいましょうね(笑)

Posted by: こいちゃん | June 12, 2006 at 05:38 PM

こいちゃんさん、こんにちわ。ユースの情報とかいつも楽しませてもらってます、僕もユース行ってみようかなぁ。

ドイツ戦のようなトランジッション早く、そしてダイレクトプレーで連動出来れば、どんな相手でも崩せると思っていて、特に敏捷性に欠くオーストラリアならなおのことでしょうね。攻→守という意識は向こうも高いですが、ドイツ戦の先制点のようにセットの後とか意識高くやって欲しいですね。ピンチはチャンス!

後は仰る通り踏ん張って欲しいですね。ツネの背の部分で批判される部分もありますが、彼も又勇気を持ってバイタルを埋めに行ってますし、坪井も非常に安定していて、平面的な守りは結構自信持っても良いのかなと。我らが佑二に関しては言うことないですよね、やってくれるでしょう。Vamos!佑二!

>誕生日

おー、それはそれは、こちらこそおめでとうございます。プレゼント欲しいですね~。うーん、ドキドキ。

ではでは。

Posted by: いた | June 12, 2006 at 08:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/10493194

Listed below are links to weblogs that reference Analysis to defeat Australia@FIFA WORLDCUP Group F Japan vs Australia "Preview":

« 王様の王様たる所以@FIFA WORLDCUP Germany2006 Group C Argentina vs Cote d'Ivoire | Main | 言葉を失うということ。 »