« 軽くない4年間の中身 -貢献度に思う一考察- | Main | WorldCup is colored with Darkhorses -各国ワールドカップメンバーリスト- »

May 22, 2006

木っ端微塵でも予選突破@Yamazaki NABISCO Cup GroupLeague Day5&6

はいはい、激遅更新ですよ。てゆうかやる気もなくすっての。

2006 J.League Yamazaki NABISCO Cup GroupA Day5

アビスパ 1-1 Fマリノス @ 博多の森球技場「内側と外側」
Avispa:49'久藤清一 F.Marinos:75'OwnGoal

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也、DF栗原勇蔵、松田直樹"有給休暇"、那須大亮、MF河合竜二"プロフェッショナルファールらしい"(88'黄×2=赤)、マグロン、田中隼磨、平野孝"鶴"(→17'吉田孝行)、狩野健太、FW大島秀夫"Not his day"(→54'ハーフナー・マイク)、清水範久(→72'奥大介)

アビスパスタメン:GK神山竜一、DF中村北斗、金古聖司、千代反田充、宮本亨、MF久藤清一(→68'宮崎光平)、布部陽功(→58'城後寿)、ホベルト、古賀誠史、FW藪田光教(→75'グラウシオ)、川島眞也

Q:中々変わらないと仰っていますが、中断期間に入ってもチームが上がっていくような感じを受けないのですが。
         ↓
「中断までの我慢だと思っています」

【ヤマザキナビスコカップ】福岡 vs 横浜FM:岡田武史監督(横浜FM)記者会見コメント(J's Goal)

本当にぃ?

しかし、この質問した記者、凄いね。直球勝負過ぎですから。この質問をした記者の人が、どれくらいFマリノスを見ているのか分からないけど、積み上げという部分を感じないからこそ、こういう質問が出てくるのかも。

まあこのコメントの威を借る訳じゃないけど、きっと誰もが岡ちゃんに疑念の気持ちを少なからず抱いてるはず。当たり前だけど、結果に置いても、中身に置いても今のFマリノスに満足感を抱いている人はいないはずだしね。そういう意味ではこのコメントは、聞いて欲しかったことを聞いてくれた感はありますよ、えぇ。

まあ実際岡ちゃんは狸だから、本音なんてしゃべらないと思うけど。ただ、こういう屈辱的な質問を浴びて腹の中は煮えくりかえってるかもね。

で、選手のコメントを見ると、内側ではそんなにネガティブに捉えてないのかなぁと思ったり。

吉田孝行さんの証言
「やろうとしているサッカーは良くなってきているし、今日もつないでチャンスを一杯作ることができた。まあ入るか、入らないかの差は大きいけれど、それは運もあるんで、個人、個人で練習して、そういう運を引き寄せたり、しっかり決められるように高めていくだけだと思います。
形は作れているんで、それが入れば楽な展開だった。ここ2戦は結果は出なかったけれどもいいサッカーをしているので。まあ、いいサッカーだけではだめなんですけれど、これを続けていくことが勝利に近づくことだと思います。やろうとしていることは間違っていないので、自信を持ってトライしていくことが大事だと思います」(J's Goalより)

清水範久さんの証言
「前半のチャンスを外してしまったのが全て。やっているサッカー自体は決して悪くない。結果が出ていないだけ。パススピードや寄せの速さは、練習を重ねてできるようになってきている。」(Fマリノス公式より)

輪郭を捉えはじめてる……ってことか?んー、やっぱり試合を見ないとわかんね。で、ナビ第6節。答え合わせです。

2006 J.League Yamazaki NABISCO Cup GroupA Day6

レッズ 4-2 Fマリノス @ 埼玉スタジアム「木っ端微塵でも予選突破」
Reds:23'&43'&70'ワシントン 32'相馬崇人 F.Marinos:73'塩川岳人 81'田中隼磨

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也、DF田中隼磨、中西永輔、栗原勇蔵、那須大亮、MF上野良治"お願い、もう少し頑張って"、マグロン"ごめんな、辛い思いさせて"、狩野健太(→58'塩川岳人)、清水範久、奥大介(→46'吉田孝行)、FW大島秀夫(→46'ハーフナー・マイク"miketimeだけが唯一の戦術")

レッズスタメン:GK加藤順大、DF細貝萌、堀之内聖、内舘秀樹、MF鈴木啓太、長谷部誠、平川忠亮(→63'岡野雅行)、相馬崇人、山田暢久(→74'赤星貴文)、FW永井雄一郎、ワシントン"ワ級3連発"(→78'横山拓也)

どう見ても完敗です、本当にありがとうございました。

いくらマツと佑二と河合がいないからって、前半だけで3点献上はおめでたすぎます。これでやってるサッカーが悪くないなんて、中断明けに希望があるなんて、どの口が言うんでしょ?サイドはボロボロ、ポゼッションはカウンター発生機、1vs1はおぞましいほどやられる、相手が強くなったら出来なくなるなんて、出来てるなんて言いません。希望なんてマイクタイムだけじゃん。

それにしても、ワシントンに3戦5点献上ですか、全く持って反省も対策もできてない証拠じゃないですか、しかも今日は「被弾、被弾、被弾」で木っ端微塵ですよ、もう沈没ですよ。まあしょうがないっちゃしょうがないんだろうけど(うまいしね、ワシントン。で、良いボールも来るし。取るわな、そりゃ)、先制点のセルフジャッジとか3失点目のマーキングとか、余りにもふがいないですよ。同じ過ちを繰り返すチームに未来があるのか不安になりますよ。

で、こんなにこっぴどくやられても決勝トーナメント進出決定(2位グループ2位で)で、決勝トーナメント1回戦の相手はジュビロ、なんだそりゃって感じ(6/3@日産、6/8@ヤマハ)すげーな、このレギュレーション。まあ今の状態でガンバやらレッズやらふろん太とやっても全く勝てる気がしないので、まだ良かったのかも。だからといってジュビロに勝てそうかどうかっていったらも全くと言っていいほど自信がないけど。

あー、鬱だ。マリノスが調子悪いと僕も調子悪い。フロント仕事しろよ、もう限界です。

ということでここまで。一応メンバー表まとめてます。まだ出来てないけど。何チームぐらいやればいいんかな?

*得点にしても失点にしても、どちらにしてもスコアに繋がる部分での確信レベルの低さというのが、一番の不振の原因という気がするのは確か。ただ、本当にもう一度自分たちのサッカーというモノを見つめ直した方が良いと思う、フロント含めてね。監督を代えるにしても、ビジョンが曖昧なままでは駄目だと思うし、続けるにしても掛け違えたままじゃいつまで経っても良くならない。現状のやり方は確かに手法として素晴らしいけど、出来ていない訳だからその辺は再考の余地がある。どのようなサッカーをしたいのか、そのためにどのような事をしなければならないのか、そのために練習でどのようなことを意識すべきなのか、選手の復帰待ちじゃなくて、より具体的に、より明確にしていくべきなのでは?マイクタイムでは良くゴールが入ったりしてるけど、あれはマイクというビッグマンが入ることによって選手達のベクトルがある程度揃うからだと思うし。そういう部分を意図的に作ることも必要だと思う。まあ岡ちゃんにはこだわりがあるから、やらないだろうけど、それに心中する気は悪いけどないよ。移転で手一杯って感じもあるけど、フロントは仕事しろよ、本当に。遊びじゃねーんだから。この2ヶ月、ほとんど好転するようなポジティブな要素がないというのは事実としてあるだけに(ナビ4節で抜けたと思ったんだけどなぁ)、本当に判断しどころだと思うよ。危機感を持て、危機感を。

|

« 軽くない4年間の中身 -貢献度に思う一考察- | Main | WorldCup is colored with Darkhorses -各国ワールドカップメンバーリスト- »

Comments

いたさん、こんにちは。

昨日は行けず、TVも見れず、J's goalの速報だのみだったのでした。4点目を食らったときにはついに来たかと思ったのですが、2点取り返すあたりが・・・、生殺し。先週の浦和戦を観て感じた可能性は福岡でもろくも期待はずれと終り、今週は大撃沈で予選リーグ終了。試合終盤ごろは他会場の結果ばかりが気になったものの何とか通過で決勝トーナメントに残りましたね。1試合でも多ければその分入場料も稼げるはずですからとポジティブにとらえます。調子の上がらない磐田ですからまずはホームで内容、結果ともにいい試合を期待して観にいきます。とはいえW杯前後でフロント、なんかしらアクション見せろ!

Posted by: ヨコ | May 22, 2006 at 04:29 PM

ヨコさん、こんにちわ。レスが遅くて申し訳ないです。

まあ精神的に来るゲームでしたね。最後の帳尻あわせをどう捉えるかで変わってくるでしょうが、今のチームにとっては余計なモノだったかも知れません(でもマイクが自信に満ちたプレーをしているのは頼もしいし、選手達がある程度ベクトルの揃った状態でプレーしてくれるのは嬉しい)

そうですねぇ、可能性の感じるゲームだったのに、それがチームとして蓄積できていないという感じでした。やろうとしていることが全てに置いてネガティブに出ているような感じ、といったらいいのかな。モチベーション的にはお本当ならマリの方が高く入っていかなきゃいけないゲームだったのに、残念です。ただ、決勝トーナメントに残ったこと、これだけはポジティブだと思います。真剣勝負の場は様々なモノを掴んだり、見定めたりする良い機会ですからね。

ジュビロに関しては、はっきり言って他に比べたらという感じで、簡単な相手ではないでしょうね。おかしな采配さえしなければ、やはり質の高いチームですし。まあ相手も状態は良くないらしいので、ちょうど良いゲームかも知れませんが。まあ、余り期待せずに行きますよ、僕は。

フロントに関しては、もちろんそうですね。ではでは、又よろしくお願いします。

Posted by: いた | May 24, 2006 at 05:08 AM

こんばんわ

>中断までの我慢だと思っています
ナビスコ準々決勝も厳しい試合になりそうです。
ドラゴン、飛べるようになっているのか?!

いたさんも言われているように中断期間はどのような練習内容になるのか、興味がありますね。
私は練習試合を数多くこなし、その中で自分達がやろうとしていることを徹底的に貫いてやって欲しいです。
(確かキャンプのときなどオシム監督はけっこう練習試合をやっていますよね)

Posted by: けん23 | May 24, 2006 at 05:35 PM

けん23さん、こんにちわ。

そうですねぇ。久保はちょっと難しいかも知れませんね。メンタル的にも厳しい状態だと思うので、思い切って休ませても良いのかなぁという気がします。

一応、少し遠出して合宿に入るそうでそこでコンディションの再調整とチームの再構築ということになりそうですね。練習試合もやるんじゃないでしょうか?

オシム監督はタスクの徹底と合わせて、試合の中でしか磨けないスタミナや判断力というモノを重視しているから沢山練習試合をするとか。キャンプだけじゃなく、シーズン中も沢山やってるそうな。そういう部分では見習う部分もあるかも知れませんね。

では、又よろしくお願いします。

Posted by: いた | May 25, 2006 at 03:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/10187775

Listed below are links to weblogs that reference 木っ端微塵でも予選突破@Yamazaki NABISCO Cup GroupLeague Day5&6:

« 軽くない4年間の中身 -貢献度に思う一考察- | Main | WorldCup is colored with Darkhorses -各国ワールドカップメンバーリスト- »