« The spectacle football that the times demand@UCL Final Barcelona vs Arsenal Preview | Main | 軽くない4年間の中身 -貢献度に思う一考察- »

May 18, 2006

A still still splendid game@UCL Final Barcelona vs Arsenal

期待していたモノとは違うゲームだったかも知れない。てゆうか最後まで11vs11で見たかったというのは素直な感想としてある。でも、独特の緊張感の中で詰め将棋のような采配の応酬もまた見所充分だった。互いの狙い、変化する状況、厳しい局面の争い、面白くない訳がない。良い勝負だった。

05-06 UEFA ChampionsLeague The Final
Barcelona 2-1 Arsenal @ Stade de France,Paris
Barca:76'S.Eto'o 81'Belletti Arsenal:37'S.Campbell

バルサスタメン:GKヴィクトール・バルデス"陰のMVP"、DFオレゲール(→71'ベレッチ"ズバリ")、マルケス、プジョル、ファン・ブロンクホルスト、MFエジミウソン(→46'イニエスタ"ズバリ")、デコ、ファン・ボメル(→61'ラーション"最後の最後に大仕事、ズバリ")、FWジュリ、ロナウジーニョ、エトー

アーセナルスタメン:GKレーマン(18'一発赤)、DFエブエ、トゥーレ、キャンベル、アシュリー・コール、MFジウベルト・シウバ、フレブ(→85'レジェス)、セスク・ファブレガス(→73'フラミニ)、ピレス"カワイソス"(→18'アルムニア)、リュングベリ"キレキレ"、FWアンリ"キレキレ"

壮大なセレモニー、そして両チームのマスゲーム、華々しい雰囲気の中で向かえたファイナル。期待度はマックス。で、スタメンはどちらも互いを意識したものに。バルサの方は、普段とは左ロナウジーニョ、中エトーというのをチェンジ。又、センターには経験を買ってかイニエスタではなくファン・ボメルを起用。右サイドバックにはアンリを警戒してかベレッチではなくオレゲールを据えた。対するアーセナルはほぼ普段通りの4-1-4-1なもののレジェスではなく、ピレスをインナーセンターに据え、中盤に置けるポゼッションの安定とカウンターの起点を作ろうという意図。DFセンターはセンデロスがけがということもあり、キャンベル・トゥーレのコンビを選択。テストの意味も込めて今回はちょっと趣向を変えて感想も交えたレポートを

・布陣の利と害、鬩ぎ合う意図。

バルサはまずは緊張感をほぐす意味でも簡単に長いボールを使いながらゲームに馴染もうという入り方をしてきたが、そこにアーセナルがつけ込む。ボールを奪ったら落ち着いて繋ぎ、アタッキングエリアで相手を揺さぶる。そして決定機、序盤から何度も上がってきていたエブエの隙間を縫う低いクロスにアンリが反応、マルケスを出し抜き先にボールをコントロール、そのまま超近距離から押し込む。超絶決定機だったが、ヴィクトール・バルデスが足ではじき出した。しかし、この後のコーナーでもショートからペナ角にボールを持ち出したアンリがDFの隙間を突く強烈なミドルでバルデスを襲う。しかし、これも何とか凌いだ。

いきなり冷や汗をかかされたバルサは徐々にボールをコントロールする時間を増やし、アーセナルの整ったゾーンを切り崩しに掛かる。が、ポジションを入れかえたロナウジーニョが、パスコースを切り、ボールが入ったらCDFがチャレンジにこられ、といった感じで非常にきついアーセナルの警戒下に置かれ、彼はほとんどプレーする機会を得れない。しかし、そんな中で一つのプレーがゲームを大きく動かす……。

エトーのショートパスを受けたロナウジーニョが一瞬プレーするスペースを得たのを逃さず素晴らしいスルーパスを繰り出す。ボールの行き先はボールをはたいた後一気にランニングをしていたエトーへ、これでアーセナルディフェンスを完全に崩し独走。エトーは一気に突進するとペナ手前でレーマンと対峙、横にスライドしてかわしたと思ったところでレーマンが手で引っかけた(この後ジュリが押し込みゴールネットを揺すった)エリアすれすれの所、完全なる得点機阻害でレッドの判定(ジュリのゴールは認められず)穴を埋めるためにのためにピレスを下げざるを得なかったが、結局このファールで与えたFKは枠をそれ、レーマンの体を張ったプレーは結果的に実った。しかし残り70分少々、アーセナルは10人で戦うことを強いられる。

ロナウジーニョとエトーのポジションチェンジの狙いはなんだったのかと考えたとき、ロナウジーニョの存在感でセンターに注意を引きつけ、警戒の薄くなるエトーとジュリをスルーパスで活かそうという狙いがあったのかな。ただ、その肝心要のロナウジーニョが中盤とDFの収縮で完全に消されてしまった事で、機能してたとは言い難く、最大の武器であるロナウジーニョのスキルも活かせていなかった。この辺は害。ただ、一瞬隙が出て、その隙を名手ロナウジーニョは逃さなかった。このチャンスはライカールトの狙いが具現化した訳で、利も出た結果。個人的には失敗だと思ったけど、ね。

アーセナルとしては、相手のポジションチェンジにもパニックになることなく対応していたし、うまくいっていただけにあのシーンはやはり痛恨。こういうシーンを見て常に思うのだけど、失点を防ぐために退場もよしとするのか、長い時間10人で戦うより、失点を受け入れ11人で戦う方を選んだ方が良いのか、たらればだけど考えてしまう。まあ瞬間的な判断だから、選手にはそんなこと考えている暇はないだろうけど。正直な気持ちとして審判の判断に恨み節の一つも言いたくなるけど、得点機会阻止という判断は正しい判断だからなぁ(もちろんジュリのゴールを獲っても又正しい訳だけど)残念

・数的不利で完全守備体制、そして訪れた好機を生かした集中力

数的不利を追ったアーセナルは4-4-1。アンリ一人を前に残し、4-4のゾーンで収縮しながら、とにかく相手の攻撃を凌ぐ事に主眼を置いたゲーム運びにシフト。バルサはそれを崩しに掛かるが、当然の如くロナウジーニョには厳しい警戒で、なかなかボールに触れない。ボールを動かしながら、エトー、ジュリに裏を狙わせるという狙いの元で攻撃していくが、アーセナルの粘り強い守備を崩しきれず。そんな感じでゲームが進む中、アーセナルに一つの好機が訪れる。

エブエが右サイドを深くまで進入、中に切れ込もうとしたところで、手で押されたっぽいファールを受け(後ろから見るとまさにダイビング)ペナ横でのFKを得る。蹴るのはアンリ、柔らかいボールが中に供給されると、ジウベルトと交差するようにマークを外したキャンベルが完全にフリー、高い打点のヘッドで左に突き刺し、アーセナルは願ってもない先制点を得た。まさに理想的。

失点後、ロナウジーニョとエトーがポジションを変え、普段通りのスタイルに戻したことで、ロナウジーニョのボールタッチ数が増え、彼のパスからエトーが決定機を得たが、アルムニアのスーパーセーブもあり結局追いつけず。前半は0-1でアーセナルの一点リードで折り返すことになった。

アーセナルは見事だったね、本当に一発のチャンスをモノにした。あのシーン、マークがおかしい気もしたけど、試合全般でバルサの守備はおかしかったし、必然だったのかも知れない。まあアーセナルは我慢できるチームになったということの証明のような気がした。集中力は魔法の力。

で、一つ取り上げたいプレー。失点後のエトーの得点機。ロナウジーニョがタイミングを計ってキャンベルを背負っていたエトーに当て、プレッシャーの受けていない方向にターンしてシュートを打った訳だけど、エトーの体の使い方、ロナウジーニョのパスと意図が完全に通じ合ったプレーだった。右側でプレッシャーを受けていたから左足に付けて欲しかったエトーの意図を感じて、タイミングをズラしてしっかりと意図の通りにパスを付けたロナウジーニョ。このパスがしっかり右足に入ったことで素早く反転することが可能になりシュートに持ち込婿とが出来た。出し手と受け手というシンプルな関係で、文字で書けば「楔から反転してシュート」ということなんだけど、意図を通じ合わせることでこのようなチャンスを生める。そんなことを感じさせた素晴らしいプレーだった。アルムニアは良く止めたなぁ。

・活かせるところを活かす、功を奏したライカールト采配。

後半開始時にイニエスタがエジミウソンに代わってアンカーに入った。数的不利になったアーセナルは前半からエジミウソンの所へプレッシャーを掛けれる状態じゃなく、比較的ノープレッシャーでボールを裁けていたこともあって、そこを活かそうとした狙い。その期待に応えてイニエスタは自らのボールスキルを活かして、ノープレッシャーの中で的確に前線にボールを供給し攻撃構築をスムーズにし、そして自らもアタッキングサードに入ってシュートシーンに絡んだ。この後、ライカールトは余り良い仕事が出来なかったファン・ボメルに代えてラーションを投入、ロナウジーニョを一列下げるというチェルスキ戦で効果を見せた交代策を取る。バルサの攻撃はラーションのポストプレーにより効果的なモノになっていったが、その分バランスとしては前掛かりに。その隙をアーセナルが突くことで、チャンスが生まれる。

何とかクリアボールをマイボールにし(セスクが何とか時間を稼いだりと良い働き。守備をしながらも繋ぎと攻撃参加でも存在感)、前がオープンになると見るとアンリやリュングベリが自らの推進力で、対応するオレゲール(リュングベリに対して)、プジョル、マルケス(アンリに対して)を寄せ付けず、前にボールを運ぶことでチャンスに繋げる。特にセスクのスルーパスからアンリがプジョルを振り切ってバルデスとの1vs1に持ち込んだシーンは完璧なるチャンスだったが、コースが甘くバルデスの手の中に収まってしまう。その他にもリュングベリ、フレブなどにも良いチャンスがあったが、結局この好機を活かし切れなかった。

この後ライカールトはリュングベリにやられまくっていたオレゲールに代えてベレッチ、ベンゲルは余りに多くの仕事をこなしてスタミナ面を心配したのかセスクに代えてフラミニを投入。この采配が勝負を分ける。

・交代をヒントに攻略したバルサ、勢いに飲まれたアーセナル

セスクがいなくなったことで又攻撃に出れなくなってしまったアーセナルは、相手の攻撃を受けるしかなくなってしまう。相変わらず攻撃を続けるバルサはラーションを活かしながら縦にボールを動かす事で揺さぶるという形がチャンスになるというヒントを掴んでいた。そして、それが実を結ぶ。

左サイドジオの斜めの楔はラーションへ、ラーションは戻りながら受けに戻り(すでにエトーは狙いを感じて縦にランニング)ダイレクトの微妙なタッチでコースを変える。これがランニングしていたエトーに繋がり、エトーは完全にフリー、しっかりと収めて冷静にニアサイドを抜いた。ついに同点、3人の見事な意思疎通で縦のギャップを付いたものだった。そしてラーション、エトーの素晴らしい技術と決定力。アーセナルとしては虎の子の一点が水泡に帰してしまう。

このゴールで俄然盛り上がるバルサは立て続けに攻め立て、アーセナルディフェンスを攻略。ベレッチの楔を右に開いて受けたのはまたもやラーション、流れたことでディフェンスも付いていく。すると、当たり前だけどペナの中にスペースが。このスペースを楔を出したベレッチがダイヤゴナルランで突き(逆オーバーラップ)、そのランニングをDFの隙間を縫う素晴らしいパスでラーションが活かした。ペナに進入したベレッチは角度がないながら強振、アルムニアの足に当たってそのまま突き刺さり、逆転。後から考えればシンプルなワンツーだったけど、盲点を突かれてはいくら堅守とはいえ苦しい。それがまして完全に飲まれてしまっていた状況では。

結局この後、数的優位の利を活かしてボールをクルージングさせるバルセロナが時間を消費、フレブに代わってレジェスを入れたアーセナルにほとんどチャンスを作らせず。バルセロナが14年ぶりにビッグイヤーを得ることになった。

ライカールトの的確な采配は見事としか言いようがない。イニエスタとベレッチに関しては、数的不利のアーセナルがケアしきれない所で更に攻撃に繋がるポイントにすることで相手を揺さぶる効果をもたらし、ラーションはそしてポストマンとして周囲を活かし、崩すための媒介となってアーセナルディフェンスを攻略のキーとなった。活かせるところを活かす戦術眼が活きた形だったのかなと(しかも代えていった選手も的確、ボメルとオレゲールは良い仕事が出来ていなかった事をしっかりと判断した。まあ、前半のあれはうまくいってなかったと思うけどね)

で、得点に繋がったシーンのラーションのダイレクトパス、そして相手を引っ張ってのスペースメイク+パスという二つのアシストは見事だった。特に一点目、ボールを受けに戻り、体を開いて触ったか触らないかという微妙なタッチでエトーがスピードを殺さずに受けれるポイントへ流したプレーは芸術。エトーの第3の動きを十分に意識し、そしてそのために必要な難しいプレーをこなす。エトーのゴールもこのプレーあってこそ(速い楔も良かった、あのパスが緩かったらエトーはオフサイドになっていたわけだし。ラーションの動きだしを見ながらその先に繋げられる意図を持った楔だったと思う。ラーションも含め、意思疎通ができていたのかな。もちろん決めたエトーもあのスピードでコントロールして冷静に決めきる。素晴らしい)これぞ、世界最高峰の攻撃にそぐうクオリティだった。てゆうか、ロナウジーニョがここに絡んでいないのに、このクオリティ。チームのレベルの高さを物語ってる。

アーセナルの方はとにかく2点差に出来なかったこと、もし出来ていたら勝てていたんじゃないかなぁ。攻め立てられ、苦しい中でリュングベリ、そしてアンリの推進力と技術は余りに見事で、何度かチャンスを演出した訳だけど、これを何とか前半のように実に繋げられたら……と思った。ただ、あれだけの状態の中で相手を翻弄して一人で前にボールを運べるというのは、もの凄いこと。しかもバルサのディフェンス(オレゲール、マルケス、プジョル)は全然対応しきれないぐらいのキレ。凄かった。だからこそ、決めて欲しかった。バルデスを褒めるべきかも知れないけど。

・総評

期待されたようなスペクタクルな攻め合いとはならなかったけど、刻々と変わる状況の中で互いに対応しあう緊張感溢れるゲーム。退場者が出て、展開がある程度固まってしまったことは残念でしたが、それでも守る側の集中力、攻める側のアイデアと技術、そして時折訪れるアーセナルの蜘蛛の糸を辿るようなチャンスはスリルもあって、見応え充分だった。

マン・オブ・ザ・マッチはは迷うところだけど、ヴィクトール・バルデスかな。彼が勝負をつなぎ止めて逆転劇を呼び込んだ。キーとなる場面でのビッグセーブは余りに大きかった。やられてたらやはりアーセナルにビッグイヤーがいっていたと思うしね。もちろん、ラーションも素晴らしかったけど、まあGKの重要性を加味して、ね。

で、今大会はバルサのためのバルサによる大会だったのかなぁと。ロナウジーニョというスーペルクラックが輝きを放ち、チームとしても創造力溢れるオフェンスを作ることが出来る技術と意識を備え、引いた相手にも崩すだけの破壊力は見るモノを引きつけた訳だけど、そこに昨シーズン敗退の反省を糧にして勝つための現実性が加わって、より隙のないチームに仕上がっていたのかなと。その現実性がチェルスキやミランというライバルに勝つ要因となっていた訳で、今大会に置いて勝つ要素を全て兼ね備えていたチームといえるのかも。そういう意味では大会通じて、一枚抜けていた存在だったと思う。おめでとう、バルサ。

そして、敗れてしまったけどアーセナルはよく頑張った。アンリの決定機逸、レーマンの退場とネガティブなポイントはあったにしても、集中力溢れるプレーで猛攻を耐え、先制点を取り、間違いなくこのゲームを熱くした。まあ最後は破綻してしまったけど、数的優位のゲームをつなぎ止めて、素晴らしいゲームの立役者になってくれたということで、非難されるべきパフォーマンスではなかったのかなと。大会通じても成長していったチームで、アーセナルも又今大会の充実の一翼を担ったことは間違いないし、充分誇れる戦いぶりだったと思う。お疲れ様、アーセナル。ベルカンプ様、お疲れ様。

ということでここまでかな。毎年思うけど、終わってしまうと思うと寂しいね。ただ、ワールドカップもあるし、今年はそうでもないかも?まあいいや、来年も楽しみ、俊輔も出るし(まだ仮だけど)ということでここまでです。

|

« The spectacle football that the times demand@UCL Final Barcelona vs Arsenal Preview | Main | 軽くない4年間の中身 -貢献度に思う一考察- »

Comments

こんばんは!
観れなかったのが残念です!
映像化されたら、購入して見ようと思います!

アーセナル残念だったなぁ。
来年予選から、また決勝の舞台に!

Posted by: ナツキ | May 19, 2006 at 12:35 AM

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。

今回のBarcelona vs Arsenalですが
私が一番驚いた事はイニエスタの動きに感銘をうけました。
(ラーションに楔を入れたのはイニエスタでは無かったですかね記憶違いかも・・・・)

私が最初見たころは妙にフィジカルコンタクトを嫌がる。
パサー系かなっと思ったんですが、この試合で印象が変わりました。

後メッシーが出ないのが非常に残念でした。

つたない文章で申し訳ありません。
又拝見させてもらいにきます。

Posted by: ueshin0721 | May 19, 2006 at 03:21 PM

ナツキさんこんばんわ。

見れなかったんですか、それは残念でしたね。ストリーミングでもuefa.comで見れると思いますし、何とかしてみた方が良いと思いますよ。とても良いゲームでした。

アーセナル、まあ苦しいゲームでしたけど、よく頑張ったと思います。アンリも契約延長したようですし(残るかどうかはまだ決まった訳ではないですが)来年も頑張って欲しいですね。

ではであ。

Posted by: いた | May 20, 2006 at 01:58 AM

ueshin0721さん、はじめまして、コメントありがとうございます。

あちゃ、イニエスタでしたか。もう一度見直してみますね。ご指摘感謝です。イニエスタは良かったですね。レポの中にも書きましたが彼のプレーがバルサの攻撃を更に促進させた間がありましたね。素晴らしかったです。

まあフィジカルコンタクトに関しては、あの体ですし今でも得意としている訳ではないと思います。ただ、役割を感じてやるべき事をしたという事かなぁと。ただ使い方自体はうまいですよ。センスがあるんでしょうね。

メッシはワールドカップで見ましょう。来年もありますし、まだまだ若いですから。

それでは、又よろしくお願いします。ではでは。

Posted by: いた | May 20, 2006 at 01:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/10131720

Listed below are links to weblogs that reference A still still splendid game@UCL Final Barcelona vs Arsenal:

» Farewell Farewell [The Best Day of My Life]
UEFAチャンピオンズリーグ決勝。 どちらを応援するか? 当然、アーセナル! ボクの大好きなベルカンプとKANAの大好きなアンリがいるから(^O^) そう今シーズンで引退するデニス・ベルカンプ にとってはラストゲーム!(になるのかな?) 先発ではないものの、是非出場で... [Read More]

Tracked on May 21, 2006 at 09:51 PM

« The spectacle football that the times demand@UCL Final Barcelona vs Arsenal Preview | Main | 軽くない4年間の中身 -貢献度に思う一考察- »