« 充実したぶつかりあい@J1 第6節 エスパルス vs ガンバ+まとめ | Main | Shunsuke Nakamura, Humiliation, a successive victory, a champion! Let's go to ChampionsLeague! »

April 07, 2006

途切れなかったゴールへの集中力@UCL Q.Final 2ndLeg

2勝2敗です。何がって、僕の予想。totoが当たらないはずだわ。では、UCLの雑感を。

05-06 UEFA ChampionsLeague QualterFinal 2ndLeg
AC Milan 3-1(Total 3-1) Olympique Lyon @Stadio San Siro
Milan:25'&88'F.Inzaghi 90'+3'A.Shevchenko Lyon:31'M.Diarra

ミランスタメン:GKジーダ、DFスタム(→24'コスタクルタ)、ネスタ、カラーゼ、セルジーニョ、MFピルロ(→71'アンブロシーニ)、セードルフ、ガットゥーゾ(→78'マルディーニ)、カカ、FWシェフチェンコ、フィリッポ・インザーギ

リヨンスタメン:GKクーペ、DFクレルック、クリス、カサッパ、アビダル、MFディアラ、ジュニーニョ、マルダ、FWヴィルトール、フレッジ(→71'カリュー)、ゴヴ(→83'レベイエール)

ミラン、土壇場の逆転で4強入り(uefa.com)
3年前によく似た光景(uefa.com)
勝利に酔う「スーパー・ピッポ」(uefa.com)
不運なリヨン、アウェーでミランに屈する=欧州CL(スポナビ)
最後に散ったリヨンの夢(スポナビ)

まとめてやりたいので、レポは上のリンクで。印象としては、リヨンが1stLegで掴んだ手応えをこのゲームに繋げて良いプレーをしたのに対し、ミランとしてはリヨンに対して明確な対抗策を出せていなかった。でも、リヨンにはしてはならないミスをしてしまい、そこをミランが抱えるスーペルなストライカーに突かれてしまったと言う感じかなぁと。

正直現時点でのチーム力という部分ではリヨンに分があったと思う。1stLegで抑えられたカカ-ピルロラインを復活させることが出来ず、ほとんどリヨンに主導権を握られる展開で、守備も青色吐息だった。でもそこで勝てたというのはミランには世界最高峰のストライカーがいたと言うことだと思う。

まあプレーの質と言うよりストライカーとしての職業を全うしたというか、気の持ち方というのが素晴らしかったのかなと。ほとんどまともなチャンスが出来ない中で集中力を保ってチャンスを待ち続けて、そして訪れたチャンスをモノにする。書くのは簡単だけど凄い難しいこと。プレーのリズムも掴みづらいし、いざ来た時に力が入ってしまってミスとなってしまうことなんて腐るほどある。そういう意味で、この日のピッポとシェバはゲームの中に入って集中し続けて、最後の最後に強い光を放った。賞賛ですよ。特にピッポは調子良いだけあって感覚が研ぎ澄まされていたね。佐藤寿人もきっと喜んでることでしょう。

で、リヨンの方。先週のレポートにジェルランでのゲームで見えた2ndLegに繋がるポジティブ・ネガティブなポイントと言うのを書いたのだけど、そのポジティブな面を活かせていたのは間違いなくリヨンの方だったと思う。しっかりと落ち着いて主導権を握ってサッカーをし、その中でメインラインであるカカとピルロに対しての警戒もしっかりと出来て、そして出場停止から戻ってきたジュニーニョの武器も活かせて実に繋げた。プロセスに置いては負ける要素はほとんどなかったと思うんだけど、まあそこは勝負を決める部分の差かな。マークミス、クリアミス、逸機。残念だけど、その部分は足りなかったのかも知れない。

しかし、サンシーロってさ、何か棲んでるよね。uefa.comの記事にもなってるけど、3シーズン前のアヤックス戦を思い出すような最後の最後でのどんでん返し。今回はそういう気配は全く見えなかったのになぁ。でも、この勝利はミランに勢いを与えるかも。あのアヤックス戦での逆転勝利の時も優勝してるし、今回も?まあ分からないけどね。リヨンは本当に惜しかった。ジュニーニョの言葉通り、このチームで来年もUCLで活躍して欲しい。出来ればフレッジが更に成長してこの日足りなかった勝負を決める選手になってね。じゃあ次。

Juventus 0-0(Total 0-2) Arsenal @ Stadio Delle Alpi

ユーヴェスタメン:GKブッフォン、DFザンブロッタ、R.コヴァチ、ファビオ・カンナバーロ、キエッリーニ(→66'バルツァレッティ)、MFエメルソン、ジャンニケッダ、ムトゥ(→61'サラジェッタ)、ネドベド、FWトレゼゲ、イブラヒモビッチ

アーセナルスタメン:GKレーマン、DFエブエ、コロ・トゥーレ、センデロス、フラミニ、MFリュングベリ、ジウベルト・シウバ、セスク・ファブレッガス、レジェス(→63'ピレス)、フレブ(→87'ディアビ)、FWアンリ

アーセナルが初の準決勝進出(uefa.com)
アーセナルが4強へ ユベントスは精彩を欠く=欧州CL(スポナビ)

どっちが勝っても良いと思ってたし、1stLegでほぼ勝負は決まってたとは言え、ユーヴェのパフォーマンスには失望。ショートカウンターとアウトサイド頼りの攻撃ではビッグクラブのディフェンスを崩すにはいかんせん迫力不足。主体性を求められるシーンではほとんど何も出来なかった。てゆうか、去年と同じ負け方。しかもビッグクラブと言っても相手はアーセナル、守備に置いてはトップクラスじゃない(良い状態だけどね)

まあチームとしての問題もあったけど、個としても見てもどうにもならなかった。期待されたムトゥはこの2戦通じて鳴かず飛ばず。ズラの不調は深刻でビッグマッチの刺激も復調には繋がらず(楽しようとしすぎ、テクニックにおぼれて恵まれた体格はほとんど活きなかった)。そうなると頼るべきはトレゼゲの決定力とネドベドの鬼神のごとき働きだったけど、ボールがこなきゃトレゼゲもただの人、ネドベドは周囲のパフォーマンスを活性化させようと頑張ったけど、最終的には気持ちが前に出すぎて退場。ヴィエラ、カモラネージ、そして復調アレックス不在の中で、これじゃ崩せないのも当たり前だったのかも・・・。

で、そんな時に展開を変えれるような選手がいれば良かったんだろうけど、このゲームでの交代がムトゥ→サラジェッタ、キエッリーニ→バルツァレッティ。展開を変えれるようなタレントがいないことが見事に露呈。このチームが持ち得る攻撃の幅は相変わらず狭かった。去年と同じように負けたというのは、昨シーズンの敗退の反省を活かせなかったと言わざるを得ないですな。

モッジ様、この敗退を糧とするのなら、中盤で創造性・主体性を発揮できるタレントを獲得して攻めの更なる幅、アタッカーをより活かす攻撃構築を目指す必要性があるのは間違いないところですぞ。スティーブン・ジェラードよりトマシュ・ロシツキーやウェズレイ・スナイデル。他にもスティーレ・ユヴェントスの掟に反するかも知れないけど、素行の悪いテヴェス(チェルスキ行きが決定的という話もあるけど)やカッサーノ(新体制の動向次第では市場に出てくる可能性もあるかな。積めば出してくれるんじゃ・・・)という選択肢だっていい。カッサーノに関しては獲りに行ってたわけだし。とにかく主体的に攻撃を作れる選手か、局面を変えれる選手を獲ってくれ、こういう負け方はもう勘弁。いらいらしてしょうがない。

アーセナルは初めてのベスト4、おめ。ユーヴェのへたれパフォーマンスはあったにしても、1stLegの2点のアドバンテージをしっかりと活かすゲームプランを遂行、0に抑えて逃げ切ったというのは自信に繋がるんじゃないかなと。今までの美しい高速パス崩しこそ減ったけど、速いアタッカーを活かしたショートカウンターは充分脅威を備えているし(決定機のゴールの匂いはアーセナルの方があったと思う。速い展開への慣れはアーセナルらしい)、セスクの今シーズンの成長ぶりは目を見張るモノがある。エブエやフラミニも良くやってると思うし(守備が破綻しなくなったもんね)、勢いが出てきたんじゃないかな。

自分たちの思い通りに進められるほど(先制→逃げ切り)甘い舞台ではないのを改めて感じさせられたゲームでした。ネドベドに何とかビッグイヤーを獲って欲しかったけど・・・。もしUCLのために彼がビアンコ・ネロのシャツを脱ぐとしても今なら賛成してしまいそうだ。

とりあえず今日はここまで。明日残りの2試合の雑感を上げます。てゆうか俊輔のゲームもやるつもり。とにかくセルティックやったね!俊輔おめでとう!

|

« 充実したぶつかりあい@J1 第6節 エスパルス vs ガンバ+まとめ | Main | Shunsuke Nakamura, Humiliation, a successive victory, a champion! Let's go to ChampionsLeague! »

Comments

>自分たちの思い通りに進められるほど(先制→逃げ切り)甘い舞台ではない

 先制どうこうに限らず自分達の思惑に可能な限り近いカタチでプレーしなければいけないのがユベントスクラスのホームゲーム。相手がどこであろうと。
 様々な悪条件が重なったようですけれど。
 見ていないのでノーコメント。
 ただ、ユーベのプライドを感じさせずに敗れたことは確かなようですね。

Posted by: nony | April 09, 2006 at 04:14 PM

nonyさん、こんにちわ。

まあ思惑通りに戦えるぐらいの強さがあれば・・・まあ現状では絵空事ですね。リーグでも格下相手に苦労してますからね。思惑通りになるのは審p)ry

まあとにかく弱かったので、どうしようもないですね。しかも悪条件今+回は前提条件としてビハインドがありましたし、アーセナルも集中力高く、強かったですからやっぱり難しかった。

とりあえずミランの事が良く取り沙汰されていますが、ユーヴェも過渡期(せっかくカペッロが来てくれているけど)なのかなぁと思う事にして、現実逃避します。これからはミランとバルサを応援しますよ、セルティックのストレートインのために。セルティックを抜きにしたら、アーセナルにも頑張って欲しいですけど。

ではでは。

Posted by: いた | April 11, 2006 at 03:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/9467991

Listed below are links to weblogs that reference 途切れなかったゴールへの集中力@UCL Q.Final 2ndLeg :

« 充実したぶつかりあい@J1 第6節 エスパルス vs ガンバ+まとめ | Main | Shunsuke Nakamura, Humiliation, a successive victory, a champion! Let's go to ChampionsLeague! »