« 冴え渡る世界一の腕@J1 第8節 アントラーズ vs エスパルス+まとめ | Main | 大きな苦労の末のアップセット@J1 第9節 エスパルス vs レッズ »

April 24, 2006

4月23日の徒然とした感想。

はい、負けましたー。ピッチで表されたパフォーマンスはぜーんぶヴァンフォーレの方が上回ってましたよ、間違いなく。だから、最後は神様がFマリノスに罰を与えたんじゃないかな?このサッカーでは勝ち点には値しないって。レポート?書く気しなーい。

で、色々思い返してたら、自分が書いたログの中で良いのを見つけた。だから、コピペ。

しかもずーっとこんな状態が続いてる。理由は様々、中身も様々、結果も様々、でも本質は何も変わらない。

惰性と怠慢と妥協にまみれたサッカーで何が出来るよ、何が生まれるよ?自信というファクターがなかったら出来ない?甘えんなよ。

頭動かせ、もっと考えろ、もっと感じろ、次の予測しろ、気を利かせろ、自分から動き出せ、出てこなかったらキレても要求しろ。選手個々が出来ること、いや、すべきことはもっとあるはず。

惰性と怠慢と妥協にまみれて(LooseBlog /Oct 23.2005)

Anzai

動かないパスターゲット、弱いパス、濡れただけでぼろぼろになるボールタッチ、目的意識のないビルドアップ、責任回避のロングフィード、むちゃくちゃ頭の悪い判断、セルフジャッジ、ジャッジに我を失いプレーの集中を切らすキャプテン、相手を軽視した緩いマーキング、相手へのリスペクトを感じない緩慢なプレー、目減りする運動量、そして切れる集中力………。

惰性、怠慢、妥協、何も変わっちゃいない。緩いプレーも、甘っちょろい意識も、許されないプロの世界の選手なのだから、この失敗は繰り返してはいけないはずなのに……。

とにかく、目を覚ませ。名前や実績だけでは勝ち点は獲れないよ。自分たちがしっかりとサッカーにプレーして、初めて勝ちは取れるモノ。そのための苦労を惜しんで、楽しても勝てないよ。

自分たちが強いという過信も、糞みたいなプライドも、怠惰で妥協にまみれた甘えも、もういらない、見たくない。よりはっきりしたイメージで、それに必要なことを示し、しっかりとトレーニングして、どの相手の時も相手をリスペクトして、最後まで走って、必死で戦ってほしいなと。当たり前のことから、はじめませんか?

監督云々に関しては……まあこの試合のレポートの時にでも。まあ普通なら、ね。

ショックすぎて画像もズレるっちゅうねん。まあいいや、明日はちゃんとやります。そんなにいらいらするなら見なきゃ良いのに……と言われる始末、確かにその通り。と言うことで、今日はここまで。

*エスパ-レッズも書いてあります。そのうち上げます。すぐあげろって?雰囲気違うじゃん?

|

« 冴え渡る世界一の腕@J1 第8節 アントラーズ vs エスパルス+まとめ | Main | 大きな苦労の末のアップセット@J1 第9節 エスパルス vs レッズ »

Comments

こんにちは。

"元"王者のちっぽけなプライドなのでしょうか?いくら今期やっとJ1にあがったチーム相手とはいえナメ過ぎですね。先週のガンバとの試合で見えた光の一端(?)は何だったのでしょう。小瀬の来場者記録を更新した甲府サポ、衛星全国生中継でご覧になった地方のサポ、他サポにも無様な試合で"元"王者っぷりを見せ付けてしまいました、情けない。W杯期間まで何とか持ちこたえてそこで建て直しをと思っていたのですが、それどころではありません、どんな相手にも気を抜かず全身全霊で立ち向かっていく闘うチーム(精神論はあまり好きではないのですが、ボキャ不足でこうとしか表現できません)を作っていくことが喫緊の課題だと思います、課題を克服するにはどうしたもんか。選手も頭ではわかっているのかもしれませんが。。。

試合前のスタンドのなんともいえないユルい空気に、いやぁ~な予感はしたのですがそういう予感に限って的中してしまうものですね。キレるキャプテンの目を覚ますこともできず・・・。内容も完敗でした。次、次。ナビスコの東京、今週末の広島、連戦で名古屋、千葉とシーズン前半最大の山場にイヤなニュースが流れないように、いい流れを取り戻してリーグ前半を締めくくってほしいものです。その後の浦和にやられないためにも。。。

早くワンランク上のマリノスが観たいっ!
#その前に現状でフルパワーのマリノスが・・・。

では。

Posted by: ヨコ | April 24, 2006 at 10:41 AM

ヨコさん、こんにちわ。

もうなんて言ってイイやら……。すいません、僕の頭の中は未だに機能停止状態で逃避中です。プレーの中身以前の問題というのは本当に末期症状ってかんじですね。

しかも、それが岡ちゃんの元でそうなってると言うのが愕然としてしまいます。攻撃整備とか、若手育成はだめだけど、モチベーターとしての腕が評価されてるはず。その監督の下でああいうゲームをしてしまうというのは甘え以外の何者でもないです。マンネリ化……と言うことなんでしょう。選手達は勝てていなくて、今週非公開練習が2回もあった事で、大事なゲームだというのは分かってるはずですし……。そういう意味では大ナタを振るうというのも必要かも知れません。

セルフモチベートというか、自ら危機感を感じてしなければならないことを必死にやって、もがくことをこのチームは出来ないのかなぁと本気で思い悩んでいます。プライドなんて、今のチームには持つ資格さえない。結果を出すために邪魔になる驕りのようなプライドなんて糞ですから。

自覚があるかどうかは別にして、みっともないサッカーしかできないのだったら、必死にやる以外ない。禁句かも知れないけど「プロ」であり、お金を払って見に来ている人たち(特に遠くまで高い交通費を払ってもFマリノスをサポートしてくれる人たち)がいると言うことをもう一度思い直して欲しいですね。見に行った方々は僕以上に憤懣耐え難い気持ちがあると思いますし。

すいません、愚痴っぽくて。まだ吹っ切れてなくて、先を見ることはちょっと出来ないです。明日には…吹っ切ってレポート書きます。全くコメントの返答になっていなくて申し訳ないっす。ではでは。

Posted by: いた | April 25, 2006 at 02:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/9739056

Listed below are links to weblogs that reference 4月23日の徒然とした感想。:

« 冴え渡る世界一の腕@J1 第8節 アントラーズ vs エスパルス+まとめ | Main | 大きな苦労の末のアップセット@J1 第9節 エスパルス vs レッズ »