« 華やかな開幕@J1 第1節 まとめ | Main | 目覚めの時@J1 第2節 セレッソ vs ガンバ »

March 12, 2006

"羯諦"の如く@J1 第2節 Fマリノス vs アントラーズ

もう、今日はほとんど言うことがないの、幸せ。もちろん道半ばだから、まだまだ詰めなきゃいけないところもあるのだけど、とにもかくにも、気持ちよすぎ。良すぎて心配になるぐらい。

2006 J.League Division1 第2節

アントラーズ 0-3 Fマリノス @ カシマスタジアム「"羯諦"の如く」
F.Marinos:39'&79'マグロン 81'ドゥトラ

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本達也"右手に神降臨"、DF松田直樹、栗原勇蔵、中澤佑二、MF上野良治"抜群"、マグロン"鮪神"、吉田孝行(→66'田中隼磨)、ドゥトラ、奥大介(→75'清水範久)、FW久保竜彦(→86'平野孝)、マルケス

鹿島スタメン:GK小澤英明、DF内田篤人、大岩剛、岩政大樹、新井場徹、MF青木剛(→81'田代有三)、増田誓志(→62'深井正樹)、小笠原満男、本山雅志(→62'野沢拓也)、FW柳沢敦、アレックス・ミネイロ

両チームともスタメンはほぼ予想通り。変更点は調整遅れで開幕戦ではスタメンをはずれたアレックス・ミネイロが先発。Fマリノスは前節と全く同じスタメン。腰痛なのか腰痛じゃないのか一人情報戦のドラゴンが結局スタメン、開幕戦で結果を残したマルケスとのコンビを今節も組む。

前半
開始早々、Fマリノスの新名物・ブラジリアントライアングルが華麗なパス回しを見せ、CKのチャンスを迎えたかと思うと、鹿島は小笠原を軸に落ち着いたポゼッションから丁寧にパスを回し、こちらはFKからチャンスを作る。拮抗した展開を予感させるような立ち上がりを見せた両チームでしたが(鹿島に流れがあったかな?)、時間が立つにつれて相手の出方を見定めて凶悪な顔を見せ始めたのはFマリノス。ボールを失ってもフォアチェック、パスコースをしっかりと切ってプレッシャーを掛け、そして取れると思った所で前への意識高くインターセプトor複数の選手が収縮してプレスを掛けるという形でボールを奪う。その奪ったボールをパスレシーブのためのアクション(去年かなりしつこく書いてたけど、今年はこれに関しては格段の進歩、選手の意識は非常に高い。だからパスが繋がる)と正確な技術で前に繋いで、アタッキングゾーンに入っていく。この守備スタイルが見事に嵌って鹿島の攻撃に牙をむいて攻撃の目を根こそぎ刈り取り、完全にゲームの流れを引き寄せた。

守備から掴んだ流れをゴールに結びつけたかった訳ですが、アタッキング・サードまではボールを運べるものの、入った所からの崩しという部分では精度、アイデアを欠いてなかなかフィニッシュにまで繋がらない。やきもきしそうな流れの中で待望のゴールが生まれたのは39分、マルケスのトリッキーな折り返しに対して久保が粘った所で得たCKを得る。押し気味の展開で回数を重ねてきたCKはここまでファーを狙う形が多かったが、この日初めてニアサイドに。大ちゃんの放った正確にコントロールされたアウトスイングのボールに飛び込んできたのはマ・グ・ロ・ン!青木のマークをモノともせずドンピシャヘッド、これがゴールに突き刺さって先制点となった。前半は0-1。

後半
アウトゥオリ監督の檄に応える形で個々の選手がより高い意識を持ってゲームに入ってきた鹿島が積極的に前に出てビハインドを返しに来ると、早速最大のチャンスが鹿島に訪れる。左からのCK、小笠原の蹴った鋭く速いボールに密集の中でうまくフリーとなった柳沢がドンピシャでヘッド。前半のFマリノスのゴールと同じような形で決まったかに思われたが、このシュートに達也がミラクルセーブ。右手一本で掻き出す様に防ぎ、ドゥトラがこぼれをクリア、この試合最大のピンチを逃れ、一気に流れそうだったゲームの流れを引き留める。しかし、このピンチを凌いだ後も飛ばし気味だったためアプローチが遅れて受け気味となり、度々に訪れるカウンターのチャンスも徐々に単調となって苦しい時間帯が続く。

前半の立て直しには成功したモノのなかなか崩しきれない展開が続いた鹿島は、悟りを開いたような表情を見せる名将パウロ・アゥトゥオリが動く。本山・増田を下げて、野沢・深井を投入。小笠原を一列下げ、投入された二人をアウトサイド高い位置に張らせ、又2トップを縦並びに修正(狙いとしては2トップに関しては二人とも捕まえられるのを避け、ギャップを意図的に作ることで飛び出しを助長させる。交代で入った二人に関しては、対面のウイングバックのポジションを引かせて収縮の速いプレス組織を崩し、又堅い守りを見せるDF陣を何とか切り崩す狙いがあったのかなと)それに対して岡ちゃんは吉田→隼磨、大ちゃん→ジローにスイッチして疲れの見えるチームを彼らの運動量でチームを再活性化させようとする。結局この采配のぶつかり合いで効果がポジティブに出たのはFマリノス。ジローが前線で動き回ってトップと中盤を繋ぎ合わせ、隼磨が香車の如くサイドを駆け上がり積極的に仕掛けて流れを押し戻す。そして危うい均衡の中で耐えてきたご褒美か、待望の追加点が生まれる。田代が青木に入ってどたばたした隙を突き、マツの右サイドからの柔らかい浮き球の楔が入ると、久保が肩で落とす。近距離でサポートに入ったマルケスに渡ったところで倒されて得たFKはゴール正面20mという抜群の位置。マグロンとドゥトラがスポットに立ち、蹴ったのはマグロン!コースは非常に甘かったモノのGKが逆モーションとなって、ゴールに吸い込まれた!苦しい時間帯の中でこのゴールがどれほどチームを楽にしたか、とにかく大きなゴール。

この後、前掛かりになりすぎたバランスのリスクを突く形で更に1点を追加(新井場との何度目かの対峙で完全に抜き去り、エンドライン際から速いグラウンダーのボールを流し込むとニアで反応したのは久保、ここで潰れたことでこのボールが逆サイドまで流れ、詰めてきたのはドゥトラ!ダイレクトで押し込んでゴール!バーに当たって危なかったけど、よくあそこまでランニングしたご褒美かな?隼磨は本当にナイスチャレンジ)ゲームは3-0、そして内容的にも完勝と言っていいぐらいの出来。最高。

まあアタッキングサードで相手を崩す事、積極的に相手にプレスに来られるとDFラインからのビルドアップが不安定になる事、アウトサイドを押し下げられるとアプローチが掛からなくなるポイントが生まれる事など、まだまだ改善点はあるにしても、開幕戦とは雲泥の出来だったことは間違いなく、チームが「羯諦」の如く前に進んでいることを実感させてくれました。中盤ディフェンスでの厳しいアプローチと収縮の速さ、又バイタルの危ういスペースを消すという部分をしっかり修正できていたのはとても良かった。そしてその武器がリーグでも高いレベルにあるポゼッションに対して根こそぎ叩き潰すような破壊力があるというのは大きな発見。そしてこのパフォーマンスが帰るべきところになるような基準となりえると思うので、そういう意味でもただの一勝以上の価値のあるゲームだったのかなと(褒めすぎな気もするけど)

で、なんと言ってもマグロン!チームの新しい戦い方との核となって、そして結果も残ってと、去年かいま見せたポテンシャルがチームの中で消化出来てきたのかなぁと。去年も繋ぐのはうまかったけど、そこにより高いコンビネーションが構築できて、良治たんと共にリズムの発生源となっているのかなと。しかし、ヘッドが今まででなかったのは不思議なぐらい高く美しいヘッドだったね。FKはリーグで何度か(1回だけかも知れないけど)蹴って、いいのを飛ばしてた印象(ポストに当たったような、当たってないような・・・)があるから、岡ちゃんがダシに使うほど違和感なかったけど、まあ見事(コースは甘々だったけど)それと達也!あのセーブがなかったら、ゲームは変わってたと思う。これぞビッグセーブ、本当に素晴らしかったです。

個人的に見応えがあったのは、両監督の采配面。結果的に岡ちゃんの采配がポジティブに出たわけだけど、やっぱりアウトゥオリのゲームを読む力というか、相手の弱点を見抜く力はすごいかも。ハーフタイムでの立て直しもそうだし、結果は出なかったけど深井・野沢の投入は狙いが明確で、それが(Fマリノスの弱点を突く采配として)的確に思えた。まあそれが効果を出すかどうかは相手の状態もあることだから何とも言えないけど、これからもマジックの様な采配も出てくるんじゃないかな?この敗戦は結構ダメージが残るかも知れないけど、その立て直しも注目。

ということで気持ちいいけど、又切り替えて次ですな。一つ一つ、次はセレッソか・・・。又違う色のチームだから、チームの懐の深さを問われますよ。選手評やるよ、たぶんインフレするだろうけど。ということで今日はここまで。明日はレッズ-ジュビロ+大阪ダービー。

|

« 華やかな開幕@J1 第1節 まとめ | Main | 目覚めの時@J1 第2節 セレッソ vs ガンバ »

Comments

こんにちは!
ナイスゲームだったみたいですね!
ネットは復活できたんですが、TVは自由に見られないので
昨日の試合は拝めず仕舞い・・・
当日は、千葉-甲府戦の後に呑みに行ってたのですが、
メール速報が来るたびに、追いつかれて残念なジェフサポの中
一人幸せ気分で酔っ払ってましたw

甲府の気持ちのいいパスワークも良かったし、ジェフの水野の
テクに感動したり、ジェフサポの雰囲気が気持ちよかったりと
良かったのですが、マリノスの試合が観たいなぁと思いながら
の観戦でしたねwいや、試合は面白かったんですけどw
あ、勇人観れなかったのは残念だったな!

Posted by: ナツキ | March 12, 2006 at 01:21 PM

ナツキさん、こんばんわ。ネットもテレビもないと不便ですよね、ここ最近僕も経験したのでとても気持ちわかります。

幸せですけど、この出来生で見て浸りたいですね~。今週末も見に行けそうなので楽しみにしてますが、鹿島とは又違う傾向のチームですし、セレッソも修正してくるでしょうから、はてさてって感じです。

違うチームを見るのって結構刺激になったりしますよね。結構慣れがあってこれでもいいのかという感じもあったりするんですが、こういうのもあるとか、もっと詰めなきゃいけないのかとか、見ると思ったりします(生だと特に)でも面白いゲームが見られたようで何よりです。

ではでは。

Posted by: いた | March 14, 2006 at 01:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/9048356

Listed below are links to weblogs that reference "羯諦"の如く@J1 第2節 Fマリノス vs アントラーズ:

» 2連勝!マグロン絶好調!! [ongakuな日々 calcioな時]
4-1、3-0で開幕2連勝とこれ以上にない滑り出しを見せたFマリノス。鹿島戦は、 [Read More]

Tracked on March 12, 2006 at 10:43 AM

» 鹿サンに鴎サンが完勝By千春 [Oh! Really? 〜Tricoに虜〜]
鴎サンやりました!!☆彡(ノ´U`)ノ これで2連勝ですわぃ。『toto』で鹿サンの勝利を予想していた60%以上の方、ごめんなさいね(ノ><)ノ If 鴎サンはsmoIIerでも but 強いんですわw こんなトコロでおふざけを終わりにして今日は鹿島相手に3対0で完勝いたしまし...... [Read More]

Tracked on March 12, 2006 at 06:22 PM

« 華やかな開幕@J1 第1節 まとめ | Main | 目覚めの時@J1 第2節 セレッソ vs ガンバ »