« 相性を超越する個の共鳴@J1 第4節 レッズ vs セレッソ | Main | 現状での純然たる差@J1 第5節 Fマリノス vs レッズ »

March 25, 2006

3月25日の徒然とした感想。

一昨日のレッズのレポートの最後に「勝っても負けても・・・」みたいなことを書きましたが、やっぱり負けると悔しい・・・・(当たり前か)しかも完敗だもんなぁ。レッズ強かったよ。今日は疲れちゃったし、録画を見る気も起こらないので、雑感更新で。明日になったらきっと普通のレポートが上げますので。

・抜けるような快晴、ぽかぽかした陽気、スタジアムへの道では桜も咲いてたりと、まさしくピクニック日和サッカー日和。

・ここまで4連勝してたじゃないですか、まあそんな好調の中でその流れを大事にしたいなぁと言うことで試合のある日は験を担いでいたわけです。プレビューをやらないことだったり、ゲームの日の服装を全部同じモノにしたり(ユニからタオマフ&ニットマフラー、ジャケットにシャツにパンツに下着、靴下、靴、鞄、時計にシリコンバンドまで)、北ゲートから入ったり、その日に食べるものも同じにしたりしてたのですが、今日は1つだけ出来なかった、それが食べるもの。その食べてたものが普通に牛丼だったのですが(僕の生活レベルが見える)、今日は胃の調子が悪くて何も食べずに言ったわけで、それがまずかったのかなぁと今更ながらに後悔したり。

・スタジアム入りは13:20分ぐらいだったかな?Jr.ユースはレッズが強いのかな?個人技は向こうの方が上だったねぇ。結局最後はミスから失点、1-2。どんまい。

・最初は埋まるかなぁと思ったけど、マリのゴル裏もレッズのゴル裏も2階席までびっしり。まあホーム側はサポだけじゃない感じもあったけど(アウェー側は真っ赤っか)、やっぱり注目度高かったね。それは本当に良かった。

・決まった範囲以上の所に段幕を張ったことが問題になってるようだけど、全く気づかなかった。バクスタ見えなくて当たり前なんだけどさ。個人的には「Our Home,Our Field!Yokohama」ってやつが赤い段幕に隠されたことが気になった、スポンサーのやつは隠しちゃいけないんじゃなかったっけ?あれはスポンサーじゃないのか?

・ビッグゲームになるといつも緊張して、ドキドキドキドキしてしまう自分。いつもなら、入場前のPVでぐーっと上がってくる感じなんだけど、選手紹介の時ぐらいからずっと来てたね。

・隣の人の拍手の音が異常にでかくてびっくりした。何となく自分の二倍ぐらい。わからないけど手の大きさなのか、叩き方なのか・・・・。しかも、声を上げるタイミングが一緒だったりして苦笑い。

・ゲームの方は平均的に見て、前半まではとても良いゲームだったのではないでしょうか?ぴりぴりするような緊張感の中で厳しい中盤のせめぎ合ってとても締まっていたかなと。時計が進むのが早い早い。

・まあ後は明日かな。対戦してみて改めてレッズのやっていることは間違いなく正しい方向に進んでいて熟成も進んでるのに対して、逆説的にマリの方は曖昧な部分も多く、まだまだ考えなきゃいけないことがあるってことかな、現時点ではね。まあ素直に、「力の差はあった、歴然たる形で」ということ。これは受け止めないと(素直、まあある程度覚悟してた部分はあったからかも知れないけど)

・やっぱり忘れそうだからちょっとだけ。転載しても良いように。

"ゲームの展開として、どんな形であれ、先制点獲られたことは痛かった。先制点というファクターが生まれたことで、レッズとしてはよりやることがはっきりして、パフォーマンスが一気に上がった感じも見受けられた。完全にゲームの主導権をレッズに持って行かれてしまっては、勝つのは難しくなったのも道理だったのも知れない(攻めてたけど、攻めざるを得ず、型を崩した攻撃が多かったし、想像を超える事は出来なかった)

・てゆうか、あの時間帯でどっかんどっかんは早くね?しかもオーシやら久保に放り込むだけ放り込んでセカンドボールを拾うなり、裏に抜けるなりのアクションは整備しきれてなかったりと、力任せも良いとこ。その力でも負けて(くそったれ闘莉王を中心にレッズのDFラインはとんでもなく素晴らしかった)ほとんどはね返されてたのだから、焦りすぎで頭の部分は働いてなかったかなぁ(指示したであろう岡ちゃんにしても)やるのはいいんだけど、運任せじゃなくてしっかりとした共通意識を持ってしないとね。この辺は反省点。

・正直2点差で済んだと言うようなゲームでしたよ。達也が頑張らなかったら虐殺されてもおかしくなかった訳だし。ただ、Jrユースのまねしちゃいかん。

・明日書こうと思ってるテーマ。
1,放棄してしまった繋ぐサッカー

2,はがれたメッキ(ビルドアップとアタッキングサードにおける質と実効性)

3,No.17

4,ハード&クレバーなレッズの高質な主体的DF

5.ワシントンさん、すいませんでした

・帰り道、一昨年だっけ?ナビの決勝かなんかの前に闘莉王が「FC東京のサッカーは腐ったサッカー」とか何とか言って負けたのを思い出した。相手には敬意を払わないと罰が当たるもんなのかも。まあ負けフラグが早々に立ってたって事ですな。

と言うことで、結局だらだら書く自分、まあためずに発散ですよ。明日はちゃんとやりまーす。では、ふて寝。

|

« 相性を超越する個の共鳴@J1 第4節 レッズ vs セレッソ | Main | 現状での純然たる差@J1 第5節 Fマリノス vs レッズ »

Comments

ご苦労様でした。
勝てばやはりうれしいのですが、まだまだ序盤です。
昨日は、FWの差をつくづく感じました。久保はひどいですね・・・
動けない、走れない、キープできないと思えるような感じでした。大島のほうが・・・、坂田のほうが・・・と思いましたが、最後まで使いましたね。
マリノスに勝てたことは、大きな自信になってきますよ・・・これから・・・
ナビスコはメンバー落ちしますので・・・
浦和のホームのリーグ戦が、優勝決定戦になればいいですね!

Posted by: oldtree | March 26, 2006 at 10:00 AM

去年1点も取れてない浦和から1点取れたのがせめてもの救い。
ウチとしては次、次と切り替えてメンバーと精神面を含め再構築
して先に進んでほしいです。あと岡ちゃんの頭の中の整理も。
来週は昨年勝ててないFC東京ですから気を抜くことなく
すばらしいパフォーマンスを見せてほしいですね。

ナビスコは若手使って新しい戦力を見せてほしい!

Posted by: Looseblogファン | March 26, 2006 at 11:22 AM

oldtreeさん、こんにちわ。こちらこそお疲れ様でした。

まあ岡ちゃんは久保にフィニッシャーとして大きな信頼を置いていると言うことでしょうね。てゆうか、岡ちゃん采配がパターン化してしまって、柔軟な対応が取れなくなっているという事もある気がしています。まあいままでうまくいってましたから何とも言えません(苦笑)ただこの日は明らかに愚策だったかなぁと。

ワシントンはそれにしても凄い!去年のゼロックスで衝撃のデビューを目の当たりにしてから、何度もやられて顔見たくない状態です。しかしあのファーストタッチを代表としたの技術、体の幅と使い方、本当にうまいですし、日本の選手もああなってくれたらなんと頼もしいことか。ヴェルディの時は孤立無援の感が強く、ワシントンもいらいらしながらプレーして多印象が強いのですが、レッズに来て周囲の手厚いサポートが彼の良さを更に引き出してますし、周りもうまくワシントンを使ってるって感じを受けました。このままじゃ何点取るんだ、と言う感じですよ、ふぅ。

いつもマリとレッズの試合は拮抗・緊迫したゲームになるので、こういう一方的なゲームは久々に見た気がします(まあスコアだけという話もありますけどね。いつも攻められっぱなしという気がしなくもないですけど)確かにレッズは素晴らしかったです。まあその辺はレポートを読んでいただけたらと。どちらのファンかわからなくなるぐらいです(苦笑)

埼玉の試合では首位攻防戦になる様な状態で対戦できたらきっともっと盛り上がるでしょうね。まあそうなるようにこれからのシーズン、何とかついていかないと(苦笑)

ではでは、又よろしくお願いします。

Posted by: いた | March 27, 2006 at 01:02 AM

Looseblogファンさん、コメントありがとうございます(自分で言うのも変な感じだなぁ・・・・)

確かに一矢を報いてくれたのは良かったですね。しかもそれをオーシが取ってくれたのは良かった。久保が代表で抜けてオーシにとってはチャンスですし、この一点を起爆剤にナビ、そしてこの後のリーグで爆発してくれることを期待してます。その上で競争が激化すれば、チームも活性化するでしょうし。岡ちゃんは頑固だから・・・。

岡ちゃんにしても選手にしても、この負けは応えたと思いますから、この敗戦は無駄にならないと信じています。ただ、今やっているサッカーは信じて続けて欲しいですね、もう途中でやめてカオスになるのはごめんですから。羯諦です。

FC東京は怖いですねぇ・・・、トラウマです。これから見てレポートでも上げるので又読んでいただけたら嬉しいです。

個人的にはとりあえず坂田と那須を出してくれ、じゃないと出て行かれちゃう(本音)

ではでは。又よろしくお願いします。

Posted by: いた | March 27, 2006 at 01:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/9257771

Listed below are links to weblogs that reference 3月25日の徒然とした感想。:

» マリノス、昨日は赤に2連敗。 [横浜F.マリノスを愛するジュンちゃんで〜す]
横浜F・マリノスは、昨日は赤組に2連敗。前座試合のジュニアユースもマリノスが先制したのに、終了間際に弱点されて負け。本戦も赤をとめられず、青が止まっちゃった。ホント、悔しいよね。レッズの応援もすっごくて、マリノスのホームと言うのがうそみたいだったね。あ...... [Read More]

Tracked on March 26, 2006 at 07:11 AM

« 相性を超越する個の共鳴@J1 第4節 レッズ vs セレッソ | Main | 現状での純然たる差@J1 第5節 Fマリノス vs レッズ »