« 05-06 Jリーグ 市場動向(5) | Main | 考える力の結実 @ 第84回高校サッカー選手権 決勝 »

January 09, 2006

高校サッカーあれこれ。

色々と感じさせられることが多かった今年の高校サッカーについて、色々と。まあ本当はJユースの方が強いんだろ?とか、日本独特のロマンティシズムに酔ってるだけだろ?とか意地悪な感覚も無い訳じゃないんですが、とりあえずそういうのは置いておいて、今大会で色々と話題になってる今日決勝がある野洲と鹿実の良い所だったり、気になったセルジオ風に言えば「僕なら今すぐ契約書を持ってロッカーに駆け込む」と言いたくなるような選手を取り上げようかなと。決まっちゃってたりもするけど。

・野洲が魅せるクリエイティブサッカー、鹿実が見せる基本のサッカー。

さて、今年の高校サッカーもあと一戦。去年初の単独優勝を果たして、今年も公式戦ずっと無失点を続けてここまで上り詰めてしまった鹿実とテクニカルで楽しいサッカーで現在の高校サッカーに一石を投じたと言われる野洲の対戦を残すだけとなりました。で、両校の標榜しているスタイルが対照的と言った感じだったので、その中身を少し探ってみようかなと。

準決勝の野洲-多々良学園戦、野洲が見せたサッカーは高校サッカーでは異質とも言える技術を前面に打ち出した「クリエイティブ」なものでした。野洲の標榜するスタイルは、スタンダードな指導者であればどちらかと言えば「軽い」と判断しがちな足裏でのプレーやヒールパス、股抜きなど相手の意表を突くことを狙いとしたプレーを主体にしながら、相手を翻弄して穴を開けることを狙うと言うサッカー。そんなサッカーが展開する野洲にはとても大きな注目、そして称賛が集まっているようです。

一戦必勝の高校サッカーの中でこういうチームで戦いを挑むことはとても勇気のいることであり、ある意味では命知らずな事だと思うのですが、このチームの指導者である山本佳司監督の「日本の高校サッカーを変えたい」と言う意欲が、こういうユニークな方向性の持つチームにしたということなのかも。

まあ個人的にこれを褒めすぎるのは嫌なのだけど(野洲の場合はこれがアナウンスされていることによって強調されているけど、他のチームだってここまでとは言わないまでもそれなりにやっているから野洲ばかりを称賛するのはフェアじゃない。それとなんかこの監督の言うことは好きじゃない、第3者から言われるものを自ら宣伝してるみたいで)、練習によって培われた軽妙なプレーですが、その技術があってもそれを使うべき時を理解しなければ決して効果的なプレーになり得ない。ただそれが、このチームには出来ているからこれだけこのテクニックが活きるチームに仕上がっているのかなと。野洲の素晴らしさは技術と共に技術を使うための周囲の状況察知と判断の速さ、そして洞察力が優れていると言うことがあげられるのではないでしょうか。

野洲の選手達のトラップの方向や身体の使い方、ヒールパスなどのトリッキーなプレーの繋がりなどを見ると、チーム全体がそういうプレーを共通理解として持ちながら、個々がしっかりと頭を動かしてサッカーをしているというのがよく分かる。こっちに持ち出せば奪われない、このタイミングならこういうプレーを出せる、ここでは勝負していい、と言ったようなプレーの適切な選択がなされているからこそ、軽いプレーがリスクとなることなく効果的となっていたのかなと。野洲の選手達のプレーは確かに軽い、見ていて取られたら危ないシーンでも結構リスキーなプレーを選択している気がするのだけど、それでも奪われないのは、常に周辺情報を頭に入れ、その中で早い判断で相手よりも先にプレーできているから。又相手をしっかりと見ているからこそ、それがうまく回すことが可能になっているんだと思います。

もし頭の部分が欠けていたら、単なる自慰的でリスキーな頭の悪いサッカーになっていたと思うけど、それがそうなっていないというのはこの監督が口だけではなく、指導力もしっかりしていると言うことの証明なのかなと(勿論選手の努力もね)

まあそんな野洲に対して鹿実の良さは、技術がしっかりしていること。野洲のようにトリッキーで軽妙とは又質の違う、キック、トラップなど基礎スキルと言われるプレーが非常に精度があって、それは感心させらぐらいのレベルにあるのかなと。正確な技術というのは、次の正確なプレーを引き出すと言うことに繋がっていく。しっかりとしたトラップがイイ精度のキックを生む。それが繋がっていくと最終的にはイイフィニッシュでゴールが取れると言うことに繋がりやすい(まあ色々あるけどさ、細かいことを言えばね)そういう意味で、基礎スキルというのは本当に大事だと思うし、この要素が他のチームよりもしっかりしているからこそ、今年の鹿実は相手を圧倒しているのかなと。フィジカルの強さ、長いボールを中心に攻め立てるリスクを削るサッカーのこうかだけでは決してないと感じています。

特にキャプテン赤尾のキックはとても素晴らしい。綺麗なフォームから繰り出されるフィードやミドルシュートは綺麗な弾道を描いて、狙った所に飛んでいる。確かに派手さはないけれど、同じ方向性を辿っていった先の最高峰にはリバプールのスティーブン・ジェラードがいる気がする(比べても想像付かないから、あくまでも妄想に過ぎないけどね)

まあ戦術における選択に好みがあり、どちらかと言えば対極と思いますが、技術的な要素から言えば両方大事なこと。創造性のあるプレーは相手を崩すために必要になってくるけど、正確なプレーが出来なければゲームを成り立たせることが出来ない。まあこじつけですけど、どちらの良さもクローズアップされて、技術の大切さというのがもう一度見直されると良いなと。タスク云々も大事だけどね。とにもかくにも良いゲームになることを期待。

とりあえずここまでにしておいて、決勝が終わったら追記します。っていうか書ききれなかった・・・・。え?決勝の予想?野洲のディフェンスはザルっぽいので、一つのインターセプトやコンビネーションミスを突いて鹿実のカウンターの餌食になるんじゃないかなと。だから鹿実が2点差ぐらい付けて勝つというつまらない予想ですわ。又外したよ。

野洲が勝つには?野洲が上回れる部分は判断スピードの速さとテクニックぐらいだと思うから、冷静に相手を見てしっかりと、そして速く一つ一つ判断していくことで相手の速く忠実なアプローチに御されることないようにしていくことかな。準決勝のようなサッカーをして、又守備でもう少し粘って無用な失点を避けることが出来れば、可能性はあると思う。中盤で主導権を握れれば・・・・ね。と言うことで追記予定でとりあえずここまで。予想が外れたら、この部分思いっきり消しちゃおう(笑)

|

« 05-06 Jリーグ 市場動向(5) | Main | 考える力の結実 @ 第84回高校サッカー選手権 決勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/8069521

Listed below are links to weblogs that reference 高校サッカーあれこれ。:

« 05-06 Jリーグ 市場動向(5) | Main | 考える力の結実 @ 第84回高校サッカー選手権 決勝 »