« 運を天に任せて@J1 最終節 優勝争い&マリ Preview(2) | Main | Amazing J,Dramatic J! -歓喜- @J1 第34節 フロンターレ vs ガンバ »

December 03, 2005

Amazing J,Dramatic J! -発端- @J1 第34節 セレッソ vs FC東京

Jのキャッチが「Amazing J!」だったり、NHKのJのテーマソングが「奇跡」(倖田來未のね、もう長いね、でも好きよ)だったり、全てはこの日のためにあるんじゃないかというような一日でしたね。ある人にとっては悲しく、ある人にとっては落胆で、そしてある人にとっては歓喜がもたらされるドラマティックな展開には絡まないチームのファンである僕も震えましたよ(まあJファン、サッカーファンとして震えないやつはいないか)と言うことでそのドラマの発端となった長居から。

J.League Division1 第34節

セレッソ 2-2 FC東京 @ 長居「耐えきれなかった3分」
Cerezo:3'&48'西澤明訓 FC:20'鈴木規郎 89'今野泰幸

Super Soccer

セレッソスタメン:GK吉田宗彦、DF藤本康太、前田和哉、柳本啓成、MFファビーニョ、下村東美、久藤清一(→89'山崎哲也)、ゼ・カルロス(→86'黒部光昭)、FW森島寛晃"悲運のハードワーカー"(→82'徳重隆明)、古橋達弥、西澤明訓"神になりかけた男"

FC東京スタメン:GK土肥洋一"プライド"、DF藤山竜仁、茂庭照幸、ジャーン、金沢浄、MF今野泰幸"お礼お待ちしてます"、梶山陽平"王様の片鱗"(→69'近藤祐介)、戸田光洋、栗沢僚一(→54'宮沢正史)、鈴木規郎"ノリカル"、FW阿部吉朗

42000の観客で埋め尽くされた長居スタジアム。紙製のピンクのサンバイザーが配られたらしく皆がピンクに染まって、セレッソ初戴冠の舞台は整ったといった感じの雰囲気でした。セレッソはブルーノ・クアドロス(何かスタンドで見守る姿も格好良い)の不在を怪我から復帰した前田が埋めることに。FC東京は外国人FW二人が出れないが、戸田と阿部が流動的に入る選択。栗澤・鈴木規含めて非常に若いアタックライン(戸田は若くないけど)となった。

前半
序盤からスタンドの熱気に押されるように(モリシの宣言通り)前からガンガン行くセレッソ、それが実る形でいきなりゲームが動く。右サイドのスローインから、本来なら投げることの多い久藤がスペースが空いている隙を見逃さずに縦にスローインを引き出すと、そのままクロス、これに西澤が整っていないDFの中で頭一つ抜けてドンピシャヘッド!これが土肥ちゃんを抜いて先制点。開始3分でスコアに1が刻まれた。まさに虚を突いたと言った感じのクイックスタートからの見事なゴール。それを見いだした久藤の判断、クロスの精度、そして西澤の冷静なフィニッシュを見ると落ち着いていたのかなと。小林監督のパフォがかわいい。

いきなり虚を突かれた形になったFC東京でしたが、相手の勢いを何とかいなしてゲームを落ち着かせると、徐々にペースを引き戻す。ワイドアタッカーが深い位置を取り出したことで久藤とゼ・カルロスを押し込み、相手に対応させる状態を作り上げると、それに呼応するかのように中盤の繋ぎのテンポや切り替え意識も高まる。セレッソは両サイドが押し込められたことによって前線と中盤の距離が空き、又前に行きたい気持ちから積極的なプレスを掛けるがそのプレスが空転と攻守両面に置いて機能性が低下。そんな流れから必然の一発、良い形でのボール奪取から数的同数のカウンター、バイタルで寄せられながらも悠々とキープする梶山に反応するかのように右には阿部、左から中に切れ込む栗澤、そして左から鈴木規郎が待ち受け、栗澤のランニングをデコイに鈴木規男にスルーパス、これを鈴木がファーに豪快に蹴りこんで同点弾。

まあ見事なカウンターからのゴールでした。リズムが来ている中で後はアタッキングサードの質が必要かなと考えていたら、梶山が高い位置に上がったことでその質が補完された。そして、前3人が梶山のキープに鋭く反応したことで、これで完全にセレッソDFの目線を散らし、結果確実な形が出来たのかなと。角度のないところから豪快ながら冷静に枠を捉えたノリカルのシュートも見事。

まあこれで同点に追いつかれてしまったことで、又攻撃モードに入るセレッソ。しかし、中盤では相手センターのパス回しと切り替えの前に後手を踏み、又対応させられる形で主体的な守備が出来ず、主導権を戻すには至らない。しかし、そんな時に天からの贈り物、カウンターで前線に一人残っていた古橋へロングボールが送り込まれると、巧く身体を入れ替えて前オープン。ペナに入り込んできたところでカバーに来た鈴木規にぶつけられるとこれがPK判定。運はセレッソにあるのかなと言うことを感じさせられたプレー。

しかしここで、一つのポイント。FC東京が主審の上川氏に執拗に抗議し、キッカーのゼ・カルロスはこれが収まるのを待つ事に。土肥は執拗すぎてカードを貰うほどのものでしたが、その間にゼ・カルロスには待たされる間に目に見えないプレッシャーが。ようやくホイッスルが吹かれた時、ゼ・カルロスは土肥ちゃんに主導権を握られ、フェイクに誘い込まれるように右側にコントロールシュート。してやったりの土肥ちゃんは読みばっちりこれをセーブ。一つの綾でしたね。

この後、セレッソの勢いは減退するかなぁと思われましたが、それどころか吹っ切ったかのように攻撃。サイドのアグレッシブな姿勢が戻り、決定機も続出。ファビーニョや下村のダイナマイトなミドル、西澤落としからのモリシと言うゴールデンコンビからの超近距離ダイブヘッド等危険なシーンが続出するが、PKで乗ったか土肥ちゃん、落ち着いたセーブでシャットアウト。結局前半は1-1で折り返し。

後半
前半開始直後と似たような形でセレッソが勢い任せに前に出てFC東京を飲み込む。そして同じように電光石火でゴールを奪うという事まで再現する。中に切れ込んでバイタルでシュートチャンスとなったゼ・カルロスが巻くようなシュート(これもそのまま飛んでたら枠行ってたかな)、これをジャーンがブロックするがそのこぼれが混戦を離れたポジションにいた西澤へ、丁寧なファーストタッチから速いタイミングで振り抜くと、当たっていた土肥ちゃんを抜いて再度前に出る。細やかなファーストタッチが出来る西澤らしいゴールでしたが、何よりもこの場面で決めたこと、まさにエース(ちなみに今期10点目で二桁に)

この後、前半のコピーならペースを取り戻してFC東京の反撃となるわけですが、後半でのゴール、又前半の反省あってか、ある程度後ろにバランスを引きながら相手を迎撃するような対応にチェンジ。これが実って前半の悪い時間は対応「させられていた」守備が、主体的に対応「する」形になって守備から良いリズムを継続。これが速いアタックに繋がり、あわや2点目というシーンも作りだす。原監督は栗澤に代えて宮沢、そして梶山に代えて近藤を入れて(これは疑問だけどなぁ・・・疲労があるにしても中盤でクオリティを付随出来る選手を下げる交代は勿体ない気がした。ただでさえ攻撃構築に苦労していたのに)前への圧力と長いフィードでスペースを使いたいと言う狙いを打ち出すが、これも実らず。

しかし、宮沢の投入はセットプレーで脅威となる。上空を舞う強風もあってか、もの凄い弾道のキックがゴール前に飛び、(前半に古橋のCKからのとんでもない変化したキックがあったけど、あれも風だったのね)それがセレッソDFの想像を超える。ロングディスタンスの右サイドからのキックはもの凄い角度で曲がり落ち、遅れて前に出たジャーンにどんぴしゃり、角度がないながらもヘッドで押し込んだり(これは吉田のスーパーセーブ)、同じような位置から今野がGKの前に飛びだし、こぼれたところをジャーンが押し込む(柳本がライン寸前でカバー)などを見ると、このキックは紛れもない脅威(伏線)

そうは言っても流れは変わらず、FC東京の攻撃が散発的な物なのに対し、中盤での良い形でのボール奪取からのダイナミックなカウンターが復活。良いシーンも続出するが、結果だけが伴わない(久藤のシュートやゼ・カルロスからのおしゃれなパスを西澤らしい胸トラボレーなど)それでも着々と時計は進み、優勝まであと○分というカウントダウンが進んでいくとFC東京がパワープレーっぽい形に攻撃が推移していった事で現実的な形にシフト。交代を交えながら守り倒して押し切ろうという展開に。そして運命のロスタイム・・・・・・。

後半のFC東京の唯一の拠り所だった宮沢からの左CK。ダイレクトで近藤がダイナミックにボレー!何とかそれはブロック、しかし後ろにいたのは今野・・・・・・混戦の中をすり抜け・・・・ゴールに吸い込まれた(セレッソの心象風景風)これぞ何が起こるか分からないドラマティックJリーグと言わんばかりの最後の最後のどんでん返し!これで2-2、セレッソは最後の猛反撃に出るが実らない、そしてホイッスル。冬に季節はずれの桜が満開寸前に散るという結果となりました。

毎年毎年良くこんな事が起きるなぁと言うのが素直な感想。マリが完全優勝した2003年も凄かったけど(ロスタイムのドラゴン飛翔ヘッドでジュビロの手の中にあった優勝を奪いさる勝ち点3!そして場所は埼玉、これまたロスタイム、God of Emersonが鹿島の10冠を砕くゴール!そして優勝はFマリノス!完全優勝達成ってやつ)、今年もここまでの全くと言っていいほど読めない展開といい、最後の最後に起きるドラマといい、何か誰かシナリオでも書いてるんじゃないかと思いたくなるような感じ。もうこれを見てるからJ観戦やめられないわけですよ。実際今日は寝坊してストライクフリーダムガンダムを貰い損ねてテレビでザッピング観戦だったけど、凄い得した気分だった(セレッソには悪いけどね)

で、悲劇のセレッソ。残念。悔やんでも悔やみきれないゲームとなってしまいました。まあ何の慰めにもなりませんが、個人的に思ったこととして、チャンスを逃さない電光石火の得点×2、PK失敗にも屈しない強い精神力、前半の反省を活かして自分たちの持ち味を出した後半の修正能力など、ここまでの積み上げを感じさせる逞しさが見え、後半のゲーム展開からはセレッソ勝ったなぁとさえ思うぐらい素晴らしい物だったと思います。ただ、ここまで負の波に飲まれて苦しんでいたガンバと同じようにセレッソにも「終盤失点、耐えきれない」という目に見えない流れがあったのかも知れない。それに知らず知らずのうちに飲まれていて、今日の悲劇に繋がったのかなと。悲劇の失点となったあの今野ゴールに伏線はあっても、全く必然性はないだけにね・・・・まあだからサッカーは怖いと言われるのかも知れませんが。

とにかくセレッソにはお疲れ様と共に、ありがとうと言いたいです。セレッソの躍進がなければここまでリーグは盛り上がらなかったような気がするから。と言うことで、

セレッソお疲れ様、そしてありがとう。

と言うことで歓喜に包まれるはずの長居が悲劇に包まれ・・・・歓喜の舞台は等々力に移る、と言うことでとりあえずここまで。続きは又後で。これから書くからもう少し待って。

*ごめんなさいね、スパサカとかのドキュメントみたいにやりたい気持ちもあったんだけど、そういう風に見て無くて(NHKではやってくれてたけど)ずーっとセレッソ-FC東京見てたから、そういう風には書けなかったの。そんな風に書いてるのが中坊さんの所なんで、見たら良いんじゃないかな?
言葉にならない05年J1最終節(中坊コラム)

*と言うことで次はふろん太-ガンバ。今年最後だしね。ガンガンいきまっせ。マリ?まだ見てない。ドローでしょ?まあ最後まですっきりしないシーズンを象徴してるんじゃないかな?まあ下手に綺麗に終わって反省しないより良いと思うよ。勘違いしやすいしね。

|

« 運を天に任せて@J1 最終節 優勝争い&マリ Preview(2) | Main | Amazing J,Dramatic J! -歓喜- @J1 第34節 フロンターレ vs ガンバ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/7449256

Listed below are links to weblogs that reference Amazing J,Dramatic J! -発端- @J1 第34節 セレッソ vs FC東京:

« 運を天に任せて@J1 最終節 優勝争い&マリ Preview(2) | Main | Amazing J,Dramatic J! -歓喜- @J1 第34節 フロンターレ vs ガンバ »