« 沈む名門、持ちこたえる名門@UCL 05-06 GroupLeague Matchday6 | Main | 毎年恒例のX.Mas休暇へ@Empror's Cup Round of 16&ヴァンフォーレおめ、入れ替え戦 »

December 10, 2005

2006 World Cup Germany Final Draw!(追記修正版)

決まりましたね、組み分け。やっぱりドローって緊張するな~。引き分けられるたびに緊張しちゃった。でも、組み分けも決まって、色々な所でこれから分析したりと、本大会モードになっていくんだなぁと思うとワクワクしますね。それにしてもジーコは強運、そして裏で糸引いてた人、うまい具合にやったねぇ。

2006 FIFA WorldCup Germany Final Draw Result

GroupA Germany Costa Rica Poland Ecuador

GroupB England Paraguay Trinidad&Tobago Sweden

GroupC Argentina Cote d'Ivoire  Netherlands Serbia&Montenegro

GroupD Mexico Iran Angola Portugal

GroupE Italy Ghana United States Czech.Rep

GroupF Brazil Croatia Australia Japan

GroupG France Switzerland Korea.Rep Togo

GroupH Spain Ukraine Tunisia SaudiArabia

と言うことで追記修正分。

・GroupF(ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本)

日本が入ったグループF。まあ他のグループとの比較論に過ぎないけど、比較的恵まれた印象は強いです。ただ、日本の実力的には何処も気の抜けない相手であることには変わりないけど。

ただ、インパクトは多くない分、いやらしい相手とも言える。クロアチアはスウェーデン、ブルガリアという実力的にはそんなに変わらないチームと同居しながら首位通過、しかも無敗で予選を切り抜けている。プルショ(レンジャース)、クラスニッチ(ブレーメン)、バラバン(どこだっけ?)と粒ぞろいのアタッカー、監督の息子ニコ・クラニツァールが核の中盤、そしてトゥードル、コバチで締めるディフェンスと渋いながらもタレントを揃えている。それを安定した守備を基盤に組織的にまとめたチームという印象。簡単な相手じゃないのはわかりますよね。

オーストラリアに関しては、プレミアシップを中心に欧州でプレーする選手で構成され(キューウェル、ビドゥカ、カーヒル、エマートン、シュウォルツァーなど)、そこに分析力・チーム構築能力に優れたヒディングの頭脳が加わるということで、これまたいやらしい相手。ヒディングの手腕は大陸間POは勿論、今シーズンもごっそり主力を引き抜かれても尚、相変わらずチーム力を維持しているPSVのことを考えたら怖いことこの上ない。日本は丸裸にされた中でいかに戦うかというのを求められそう。

とにかく日本としてはこの2ヶ国に対していかに勝ち点を拾うのかと言うことになるわけで、取り分け初戦の重要度は高いと言えるでしょうね。次の予選からアジアに編入されるオーストラリア、8年越しのリベンジをしたいクロアチアと言うことを考えたら縁のない相手じゃないだけに、頑張って欲しいなと。絶望的な相手な訳でもないし。どっちにしても今の日本はアウトサイダーなので、挑んでいくと言う感じで良いと思う。分析も徐々に。

ブラジルに関してはもう書くこと無いかな・・・ブラジルにとってみたら、おいしい組み合わせとなったといえる。グループリーグで徐々にコンディションを上げるような施術も可能で、連覇に向けて視界良好といった所か。ブラジルとガチで戦う状態になるかは微妙な所で、それはラッキーとも言えるけど寂しかったりもする。やっぱり親善試合とかとは違う雰囲気だしね。まあそれはグループを突破してからと言うことで。突破できればアズーリと試合できるかも、それを楽しみに生きていこうと思います(やっぱりアズーリとやりたかった)

・GroupA(ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル)

露骨なドロー(そのためしわ寄せが)ここまでしなくても抜けれる気がするんだけどな・・・・。(メヒコでもアメリカでもない)コスタリカ、(高地ホームアドバンテージなしの)エクアドル、(実力的に一段違う)ポーランドと、7割程度で突破できそうな陣容にベッケンバウアーはニヤニヤしていることでしょう。八百長。

・GroupB(イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン)

で、しわ寄せその1。イングランドは問題あるものの実力的には最上位・・・かな?まあそんなに実力差はないとも思えるけど。組織・個共に高いレベルを兼ね備えているスウェーデン、堅守が売りもののパラグアイと簡単には勝てそうな相手じゃないも事実。緊張感溢れるゲームの連続になりそう。トリニダード・トバゴ・・・・ドンマイ。

イングランドは、まだ66年のハースとのシュートがゴールかノーゴールかというドイツがふっかけている因縁があるから、こういうグループに組み入れられたのではないかと邪推してみる。

・GroupC(アルゼンチン、コートジボアール、オランダ、セルビア・モンテネグロ)

死のグループ大好き、アルヘンティナって感じでまさにこの言葉が似合う超激戦区に。しわ寄せ可哀想。

アルゼンチンとしては、不運この上ない感じ。Pod3最悪のオランダだけならまだしも、そこにアフリカでは最上級と見られていたカメルーンを撃破したドログバ擁するコートジボアール、そしてSpecialPodと言う形で生まれ変わったプラーヴィまで引き寄せた、マゾとしか思えない。

まあ見る側にとってはどの試合も楽しみでしょうがない。特徴的なチームが集まって、それがせめぎ合うと考えたら、熱くなることは必須。リケルメ潰されて前大会よろしく轟沈なんてない様にね、ペケルマン。

・GroupD(メキシコ、アンゴラ、ポルトガル、イラン)

メヒコは楽勝!アンゴラ、イランと負ける相手じゃないね。ポルトガルとは同格とも思えるけど、まあ2強2弱と言う感じ。ドイツでプレーしている選手のいるイランとしては、厳しいかなと言う感じだけど・・・・さてさて。

ただここを抜けたら死のグループBを抜けた国との対戦、メヒコとポルトガルの突破後は極めて厳しい。

・GroupE(イタリア、ガーナ、チェコ、アメリカ)

ここもしわ寄せ、オランダと並び評される形で嫌がられていたチェコ、北中米ではメヒコと同格のアメリカと強豪国が並び立つ。うーん、グループではあんまり良くない事も多いアズーリにとっては厳しい相手かも。

勿論実力最上位はアズーリ。リッピの元、少しずつスタイルチェンジを計り、ピルロ中心の主体的なチームに変貌を遂げつつある。堅守に翳りも見えるけど、アタッカーは強烈。ヴィオラでスパークしているトニ、昨シーズンの得点王ジラルディーノとサイズ・技術・得点感覚に優れたストライカーの伸長もあって、ファンタジスタへのプレッシャーも軽減されるのかなと。トッティやカッサーノがいかにアクセントを付けてゴールを獲れるのかというのがポイントかな?リッピがアズーリの監督伝統の臆病風に吹かれなければ、何とかなりそうな機がする(希望的観測)

ただ、そんなアズーリでも1位突破が補償されない厳しさ。アメリカはここのところの実績と安定感を考えたら、チェコよりも有力かも知れない。ブルース・アレーナの元、熟成に熟成を重ねたシステマティックで鋭いチーム。タレントも続々と出てきているし(ビーズリーとかね)フィジカルも優れているという感じで、怖い相手。チェコはコラーの復帰次第か。ただ、おっさんトリオ+ロシツキーの中盤の構成力は、大会を盛り上げると思う。ガーナもアッピア、エシアンと優れたCMFを抱え、身体能力は言わずもがな。ユース世代ではかなりの成績を残していることもあり、侮れない。

厳しいけどアズーリ頑張れ、ブラジル勘弁。てゆうか日本とアズーリの試合が見たい。

・GroupG(フランス、トーゴ、スイス、韓国)

世代交代に苦しむフランスはそれなりに恵まれたグループに。けど、その苦労した相手であるスイスと又も同居、そしてジダンを怪我させた八百長コリアとも同居と、状態を考えたら気の抜けないグループかも知れない。

実際レイモン・ドメネクの手腕に疑問が残り、ジダン頼みは否めないチームに代わりはなく、そのジダンのコンディションが何処まで整えられるかというのが大きな鍵になる(前大会と一緒だね)アンリが国際舞台でなかなか本来の力を発揮できないでいるけど、今大会はいかに。

スイスはうまくいけば台風の目に。コビ・クーンの作ったモダンなチームは、何処の列強に対しても互角な戦いが出来ることを先の欧州予選で証明している。主力に代えが利かないと言うことで、大会直前の状況を見ないと分からない部分もあるけど、楽しみなチーム。トーゴはわからないけど、アデバヨール。韓国も日本同様可能性は残ったけど、八百長なしで何処まで切るかは未知数。共に自国開催以外で勝ち点3を獲ったことがないのは変わらないのだから。

・GroupH(スペイン、チュニジア、ウクライナ、サウジアラビア)

何か微妙なグループ。大体スペインが第一ポッドというのが疑問。まあそれは置いておいてフランス同様恵まれた組み合わせに。

スペイン自体、予選最終盤でようやく本来の攻撃力が顔を出し始めて、少しずつチームの熟成は進み始めた印象。ただ、そんな中でこのチームの核として心中覚悟だったラウールが重傷、中盤でも重用されていたシャビ・エルナンデスも長期離脱とチームの根幹を揺るがす事態が起きてしまっているだけに、予断は許さない。

そこを狙うのは悲願達成のウクライナ。シェバは勿論、シェバ頼みのワンマンチームではないのは先の親善試合でも見えている。鋭くチーム全体が迫り上がって仕掛けるカウンターはこういう舞台では活きてきそう。ボロニン、フシンなど好選手も揃っているし、楽しみ。チュニジア、サウジはアウトサイダー。

そういや親善試合か何かでウクライナはフランスに勝ってるよねごめん、勘違い。とにかくスペインも喰われる可能性はあるかな。

後は決勝トーナメントの組み合わせ。

決勝トーナメントスケジュール

Round of 16
6/24 (1)A1 - B2 ミュンヘン
6/24 (2)C1 - D2 ライプツィヒ
6/25 (3)B1 - A2 シュツットガルト
6/25 (4)D1 - C2 ニュルンベルグ
6/26 (5)E1 - F2 カイザースラウテルン
6/26 (6)G1 - H2 ケルン
6/27 (7)F1 - E2 ドルトムント
6/27 (8)H1 - G2 ハノーバー

Qualter Final
6/30 (9) (1)の勝者 - (2)の勝者 ベルリン
6/30 (10) (5)の勝者 - (6)の勝者 ハンブルグ
7/1 (11) (3)の勝者 - (4)の勝者 ゲルゼンキルヘン
7/1 (12) (7)の勝者 - (8)の勝者 フランクフルト

Semi Final
7/4 (9)の勝者 - (10)の勝者 ドルトムント
7/4 (11)の勝者 - (12)の勝者 ミュンヘン

The 3rd Place Match
7/8 シュツットガルト
The Final
7/9 ベルリン

と言う感じ。まあ徐々にやってきます。半年あるしね。と言うことで追記おしまい。

|

« 沈む名門、持ちこたえる名門@UCL 05-06 GroupLeague Matchday6 | Main | 毎年恒例のX.Mas休暇へ@Empror's Cup Round of 16&ヴァンフォーレおめ、入れ替え戦 »

Comments

 初めまして。ちょくちょく来ている者です。
試合に対する感想感覚が似通ってるところあり世の中面白いなと思ってます。
 最後に記されているフランスとウクライナ。勝っているのはフランスです。2004年6月6日サンドニ1-0。
 で、これがFIFA.comにあった全対戦履歴で、フランスの1勝2分けのようです。
http://www.fifa.com/en/mens/results/resultsdetails.html
 

Posted by: nony | December 10, 2005 at 06:07 PM

なんとなく、スペインは今年のCLのマンUのようになりそうな。
あとドイツは逆にこれで突破できなかったら洒落にならないというプレッシャーありそう。

Posted by: おりた | December 10, 2005 at 06:34 PM

お久しぶりです。
久々にしっかりと書きましたし、
相互補完的な内容だったのでトラバさせてもらいました。
というのも、ブログを見てもらったほうが早いと思いますが、
抽選会を実況中継したような形で書きました。
夜になってから書くのでは、
グループごとにコメントしてもみなさんと重なってしまうだけだと思いましたので。
なお3点ほど、ドイツに有利な抽選方法であろうことに気が付きました。
たぶんそうだと思うのですが。
詳しくは僕のブログを見てください。

Posted by: DECO | December 10, 2005 at 11:28 PM

>nonyさん

つっこみありがとうございます~。お陰で恥を晒し続けずに済みました。何と勘違いしてたのか全く自分でも分からないので・・・思いこみっす。ありがとうございます。

感想感覚ですか・・・余り自覚はないのですが、見ているポイントが似ているのかも知れませんね。どんな所を注意しているのかこっちが気になっちゃいます(笑)

ではでは、ありがとうございました。又宜しくお願いしますw

>おりたさん

スペインはムラがあるので、確かに読めませんね。まあリーグが終わってからのコンディションと決定力次第ですかねぇ・・・。ただユナイテッドと違って層は厚いですから、新たなバランスを探せれば・・・後は精神面ですね。

ドイツは平気でしょう。大舞台に強いですから。プレッシャーは何処の国にもありますし。まあ若いチームに変わっているので、その辺は懸念ポイントかも知れませんね。

ではでは。

>DECOさん

トラバありがとうございます。てゆうか裏読んでますね~。余りそこまで考えていませんでしたが、確かに暖めると言う策はあるかも知れませんね。見ているだけでは温度までは伝わらないですもんね。驚かされました。

確かに今回(も、とって良いのか分かりませんが)はドラマティックな組み合わせ(エリクソンとスウェーデンとか、ジーコとブラジルとか、フランスとスイスとか)が多かったですし、素直にやるなんて信じられないので、何かしらうまい方法があったんでしょうね。

まあ事実はどうかはわかりませんが(まあ証拠がないので何とも言えませんが)、確かにAは露骨過ぎかなぁ。ここまでしなくてもと言う感じですが、ドイツのような大国での開催ですから現状の力はどうあれ優勝を半ば義務、妥協しなかったんでしょうね。ある意味ドイツらしいかも。これならグループはサラッと流しても多分通るからコンディションコントロールも容易になるのかな?いやはや。

とにかく驚かされました。ではでは、又お願いしますw

Posted by: いた | December 11, 2005 at 12:33 AM

こんばんは

とにかく、GroupCが楽しみです。
GroupFよりもw
いや、日本戦始まれば違うんだろうけどw

Posted by: natuki | December 13, 2005 at 02:23 AM

こんばんわ(こんにちわ?)、ナツキさん。natsukiさんとお呼びした方がよいかしらん?

GroupCは楽しみですね~。どんな結果になるんでしょう?守備の堅さでセルビアが抜けるかな?でもオランダもアルヘンティナも強いしな~、ドログバも一試合ぐらいは爆発するかも知れないし・・・、と予想するだけで楽しいです。natsukiさんはどう予想します?

まあ個人的に今回のWCは楽しみです。本物のWCだからこの8年でいかに日本が進歩したのか、そういうものが表れる気がします。まあ惨敗しても前に進むだけですから、結果は置いておいて、勇敢に戦って欲しいなと。ジーコ云々は関係なく、です。

ではでは。又宜しくお願いしますw

Posted by: いた | December 13, 2005 at 05:06 PM

World Cup 2010 Site http://espnnn.com

Posted by: World Cup Sports Flash | July 04, 2010 at 01:06 PM

World Cup 2010 Site http://espnnn.com

Posted by: World Cup Sports Flash | July 05, 2010 at 10:05 AM

I was impressed with the way you expressed your thoughts about 2006 World Cup Germany Final Draw!(?????): LooseBlog. I can not belive that somebody can write an amazing story like thet about I love 2006 World Cup Germany Final Draw!(?????): LooseBlog.

Posted by: payday loans canada | September 12, 2011 at 08:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/7548024

Listed below are links to weblogs that reference 2006 World Cup Germany Final Draw!(追記修正版):

» [2006Germany]ワールドカップ抽選会のトリックをあばく! [各国代表・欧州リーグ観戦記]
今朝起きたのは12時。 さらにはその後、 録画しておいたスカパーを始めから(午前1時放送分から)見ていたので、 こんな時間になってしまいました。 今回の情報シャットアウトは、 ネットはおろかテレビすらつけられない状態だったので非常にきつかったです。 気づけば、ほぼ12時間遅れで一人盛り上がっていました。   さてそんな前置きはさておき、組み合わせの話に。 まずは今日すでに何度も見ているであろうこちらから。 グループA:ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル グループB:イングランド、パラグアイ... [Read More]

Tracked on December 10, 2005 at 11:18 PM

« 沈む名門、持ちこたえる名門@UCL 05-06 GroupLeague Matchday6 | Main | 毎年恒例のX.Mas休暇へ@Empror's Cup Round of 16&ヴァンフォーレおめ、入れ替え戦 »