« FIFA Club WorldChampionship PlayBack/Final Report | Main | 05-06 F.Marinos OffSeason News Vol.2 »

December 22, 2005

05-06 Jリーグ 市場動向(3)+J.League Awards

何か風邪引きました・・・。寒いもんね。と言うことで前フリがめちゃくちゃなんですけど、Jの移籍動向3回目行きます。それと昨日のアウォーズとかもくっつけて。まずはとりあえず前回のおさらい。

05-06 Jリーグ 市場動向(2)(LooseBlog)

・監督動向

柏の新監督に石崎氏(スポニチ)

これはびっくりした、ホントに。と言うことで様々な噂が飛んでいた(恥知らずに西野にオファーだとか、反さんだとか、副島さんだとか)レイソルの新監督にJ2の達人石崎ノブリンが就任。

これはJ2の経験を重視して、しっかりと「J2」で勝てるチームを作りたいと、チームとして方針を表したのかなということかも。まあそれで良いと思う。しっかりと地に足を着けてJ2を戦うという姿勢を表すことが大切。

さてさて、これで選手がどのようにアクションを起こすのか、他クラブの手は止まらない。

東京がガーロ新監督を発表(ニッカン)
東京の新監督にガーロ氏(ニッカン)

予想された通り、ヒロミの後任にはガーロ(ガロじゃないのね)氏が就任。どのような監督か分からないけど、まあチームカラーを重視するチームなだけに、そういう特徴といかにフィットするかがポイントか。

名前だけじゃ判断できないけど、サントスという名門を率いていたというのはそれなりに期待できるのかな?下のリンクを読むと「おぉ?」って感じだけど・・・・。

・選手動向

鹿島が稲本獲り!小笠原移籍見越し補強へ(ニッカン)
鹿島 稲本獲り!中田浩にも復帰要請(スポニチ)

今回のメインは鹿島。海外でプレーする選手に対しての動きがかなり活発。で、まず稲本に対して興味を示しているらしい。手を挙げる経緯として、彼が素晴らしい選手だと言うこと、小笠原が今オフにも海外に出るのではないかと言うこと(オファーもあるみたいだし)、終盤出場機会を得ていたリカルジーニョが退団すること、こういう要素を鑑みた上で稲本獲り!になった様子。

まあ、確かに金額的な要素では何とかなるだろうけど(Jで同レベルの選手を獲ってくるよりは安い)、これに関しては厳しい。あれだけ不遇の時期が続いてもこだわったプレミアで、ようやくスタメン確保で活躍している今、自らその好機を放り出すとは思えない。まあこの噂は成立する可能性がかなり少ないと言わざるを得ないかな。ただ次の噂はもしかして・・・。

それが中田浩二、柳沢敦への復帰要請。育て親としての親心みたいな感じですが、そんな気をもませるぐらい二人とも状況は余り良くない。ナカタコはそれなりに出ているような気もするけど、レギュラー奪取とまでは行かずコンスタントには出場機会は得れていない。柳沢の方はもっと深刻、怪我があったにしてもかなり出場からは遠ざかっているようで、ベンチとチームの懐を暖めるだけの存在。かなり厳しい状況と言わざるを得ない。

稲本同様彼らも海外志向は強いけど、出れていない以上状況を鑑みて日本復帰、又は他クラブへの移籍を考えていかなければならない状況かも。契約の問題もあって、復帰するとなれば夏の移籍市場となりそうだけど、WCのことを考えればそれでは遅い。1月での動きがあるかどうか注目したい所。とりあえず中田浩二の方はマルセイユに残ることを明言している模様ヤナギは帰りたい?

これは個人的な思いなのだけど、海外に移籍した後、自分の状況を冷静に、しっかりと捉えて、柔軟に身の振り方を考えると言うことがあっても良いのかなと言う気はする。レベルアップのための海外移籍、確かに様々な面で逞しくなるわけだけど、はっきり言えば海外の空気を吸うだけではうまくなれない。ゲームに出てシビアな部分をこなすことによってレベルアップに繋がるんだと思う。そういう意味ではゲームに出てなんぼな訳で、勿論契約とかも絡んでくるけど、日本復帰と言うことも全然有りだと思う。特にWCを控えているシーズンと言うことを考えれば、ね。

後はJのファンとして彼らの経験がチーム、そしてリーグにフィードバックされることに少し期待したい。特に意識・判断レベルのシビアな部分がもたらされれば、リーグのレベルアップにも繋がる。そういう意味では帰ってきて欲しいかも、稲本は別にして不遇を託っている二人には。Jに帰ってくれば彼らの力が抜けてるのは間違いないしね。

それにしても2年目にして初めて、メッシーナの会長が食わせ物だと気付いたよ。あんまり注目して無くてごめん。

レッチェ 今野獲り認めた -強化部長「1月移籍ある」-(報知)

最近はオフになると今野の周囲が騒がしくなる。まあそれだけ無視できない存在になってきたとも言えるのかも。個人的には怪我をしているとはいえ、彼はヨーロッパに行って、そのポテンシャルの開花というのを期待したいだけに(駄目なりゃ戻ってくれば良いだけだし)そろそろ決断しても良いかも。

で、狙ってるクラブはレッチェ。最近は南イタリアのチームが日本人の獲得を狙うパターンが多いわね。ズデネク・ゼーマンの時にかなり注目を集めたけど、今はどうなんだろう?ただ、育てるのが凄い上手なカラーを持っているし、結構良いんじゃないかな?まあ青田買い的な要素は含まれてるにしても、今野にとっては良いチャンスだと思う。行って欲しいなぁ。

浦和がFWワシントン獲得を発表(ニッカン)

キタわね、ついに。噂となっていて後は公式リリース待つのみと言う所で公式にもアナウンスされてと。ということでアラウなき後のJ最強のゴレアドールがレッズに加入。前回遊びでフォメを作ったけど、何か冗談じゃ済まなくなってきた・・・。

実際、レッズはかなり前への姿勢が高くて、ヴェルディの時のように彼に無理な状態でのキープとかを強いることは少なくなるだろうし、周囲のサポートも多くなる。=周囲との関係性も良くなって、より得点力や技術力が活きてきて、新たなワシントンの魅力が引き出されるかも知れない。まあタイプとしてはあくまでもペナが仕事場のフィニッシャーであり、最終的にはいかに彼をペナに入れて仕事をさせるかに掛かってくるとは思うけど。

しかし考えるだけで怖い。トップの周囲でうまくボールを受けて良い仕事をするポンテと相性良さそうだし。嫌だなぁ。

浦和も相馬獲り参戦 -横浜Mと争奪戦-(報知)

レッズは少し大人しくしててくれませんか?ワシントンを獲って、シンジ、高松と交渉忙しくて、今度は相馬ですか・・・・。

理由がビッグクラブっぽいわけだけど、競争意識の向上。まあアレックスは来年忙しくなりそうだし、質の高いバックアッパーの存在はレッズにとっても欲しい所。マリとの一騎打ちは激しくなりそう(譲れ)ちなみに相馬本人はどちらのクラブかは別にして移籍を希望している模様。よし。

ちなみにシンジの話はシンジ待ちの模様。

G大阪実好、戦力外からUターン就職(大阪ニッカン)

一度は戦力外にさせられたものの、クラブの都合で復帰って気持ち的に微妙じゃね?まあ来期もプレーできる安堵感はあっても、クラブに対する疑念とかも沸くだろうし、複雑というのも納得。

ただ、実好自体は残留を望んでいたようなので、結果的には良かったのかな?実際彼はセンターバックのバックアッパー1番手だったし、切られるのが???って感じだったし。ガンバの補強制作の計画性のなさがオフサイドを生んだわけで、その辺はフロントとして反省しなきゃいけない所でしょうね。

てゆうかガンバのあれだけ出ていた噂のニュースに進展のニュースが出ないことについて。

FC東京 千葉・水野に熱烈オファー(スポニチ)

スポニチ飛ばしですか、かなり来てるね。有望若手大好きなカラーはヒロミがいなくなっても継続という所か。自前で育てたり、見つけてきた所から、強奪という手法を獲ってきたことには少し驚き。

で、そのターゲットがジェフの水野な訳だけど、確かに良い選手。線の細さは目立つけど、技術的に素晴らしいものがあるし、好戦的なプレーはチームに勢いを与える。ジェフのサッカーにすんなりと順応したことも考えればサッカー頭脳も高いものがあると思うし、北京では中心というのも・・・。ただ、出さないでしょ。てゆうか、FC東京に必要?良い選手を既に抱えているでしょ?怪我をしてるとはいえナオがいて、栗澤がいて、馬場がいて、鈴木規朗もいる。まあ彼らに危機感を与えるという意味ではわからなくないけど・・・。

ヒロミ退任ガロ就任、アモローゾ仮契約(ソースがない)、そしてこういう青田買いと更に上に行こうという意欲は感じるFC東京、ついにタイトルに本腰という感じ。

神戸に原、茂木、近藤 北野は完全移籍(スポナビ)

楽天の今オフは本当に順調に進んでいる印象ですな。で、ミキティ涙の謝罪の通り、基本的にはビッグネームよりも若手、それを育てながらと言う姿勢が見える。方向性が定まるというのはとても良いこと。ということで、FC東京の近藤"ヴィエリ"祐介をレンタルで、サンフレの茂木弘人"WY"とFマリノスを戦力外になった原信生を完全移籍で獲得。又Fマリノスからレンタル中だった北野翔もそのまま買い取ると言うことに。

まあこれから分かるのは、トップの選手が多いと言うことで、契約交渉でもめている播戸に放出フラグが立ったのかなぁと言うのが一つ、それと基本的にポテンシャルの高さが認められてる選手を獲ってきたのかなぁと。近藤も茂木も翔くんも各クラブでは期待されながら、ただ伸びきらなかったり、実力を発揮できなかったり、と言う選手。それを出場機会と共にバクスターの手腕で開花に導こうとしているのかなと。

翔くんとノブッキに関してはまたマリの時にでも。とにかくノブッキは進路が決まって良かった。翔くん・。・゚(ノд`)゚・.。・

名古屋が監督代表金正又(キム・ジョンウ)獲得へ(報知)

今年初めてのグラの動き。まあ既定路線みたいだけど、韓国代表のアンカー的役割を担ってスタメンの座を確保したっぽい選手らしい。あんまり絡まないから覚えてないよ。これでグラは安英学と南北中盤ラインを形成?タイプが凄い被ってる気が・・・。

しかし、これはフロント主導な気がしてならないんですけど。フェルホーセンが会見でもチーム一丸、一体となってとアピールしてたのに・・・・まあ監督のGOサインがあったのかも知れないけど、ここに外人枠を使って良いのかなぁ?てゆうかクライトン・・・。

柏、主力メンバー流出の危機(ニッカン)

今回の柏。まあ予想された通り、主力に次々とオファーが舞い込んでいる模様。現在の所、土屋と波戸に大宮など複数クラブの名前が出ているほか、明神がガンバ、永田らにも勿論、目玉の玉ちゃんにも来ているという話。実際、監督は決まったとはいえ、まだまだクラブとしての姿勢が問われていると言うことなのかも。

どちらにしても去就問題が落ち着くのは年明けになることが予想されるだけに、ある程度ネガティブに考えて動いていかないと、後から焦っても厳しいと思われるだけに、チームとしてもの危機感が問われる。降格の現実って感じ。

・Jリーグアウォーズ

2005 J.League Awards

●最優秀選手賞
アラウージョ(ガンバ)

●ベストイレブン
GK 吉田宗弘(セレッソ)
DF 田中マルクス闘莉王(レッズ)
DF ストヤノフ(ジェフ)
DF 中澤佑二(Fマリノス)
MF 小笠原満男(アントラーズ)
MF 阿部勇樹(ジェフ)
MF 遠藤保仁(ガンバ)
MF フェルナンジーニョ(ガンバ)
MF 古橋達弥(セレッソ)
FW アラウージョ(ガンバ)
FW 佐藤寿人(ガンバ)

●監督特別賞
オシム(ジェフ)
小林伸二(セレッソ)

●最優秀監督賞
西野朗(ガンバ)

●得点王
アラウージョ(ガンバ)

●新人王
カレン・ロバート(ジュビロ)

●優秀新人賞
カレン・ロバート(ジュビロ)
前田和哉(セレッソ)
西川周作(トリニータ)

●フェアプレイ個人賞
茂庭照幸(FC東京)
大黒将志(ガンバ)

●フェアプレイ賞 高円宮杯
※本年度は該当チームなし

●優秀副審賞
柴田正利

●優秀主審賞
松村和彦

●功労選手賞
ビスマルク

●功労賞
モットラム

●JOIN賞(チェアマン特別賞)
「神達彩花ちゃんを救う会」の募金活動を支援した全国のサポーター

●Jリーグベストピッチ賞
埼玉スタジアム2002

J's Goal

妥当な選出。ベストイレブンに佑二が選ばれた訳だけど、まあこれは1年目MVPにならなかった部分の貯金もあるかな・・・。まあどちらにしてもまあ調子が良くなかろうが、そこいらのDFよりは優秀だからね、当たり前だけど。なので、これも含めてまあそんなに予想を超えるような驚きはもたらされず。

まあベストイレブンに外人枠があることで、アラウは決定にしても他に誰が選ばれるかなぁ?と思ってたので、そこはちょっと興味深い。まあでも1年通じてと言うことなら、理解できる。ブルーノ・クアドロス、ポンテ等は半分だしね。ポンテは半分でも選んでも良かったかなぁと言う気はするけど。

まあとにかくこれでようやく1年が終わったという感じ。自分でもそのうちやりますよ。と言うことで今日はここまでです。ごめんね、やっつけっぽくて。

|

« FIFA Club WorldChampionship PlayBack/Final Report | Main | 05-06 F.Marinos OffSeason News Vol.2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/7771797

Listed below are links to weblogs that reference 05-06 Jリーグ 市場動向(3)+J.League Awards:

« FIFA Club WorldChampionship PlayBack/Final Report | Main | 05-06 F.Marinos OffSeason News Vol.2 »