« 予測を許さない激動@J1 第31節 酉vs鹿/鯱vs脚/まとめ | Main | 終わりよければすべてよし@J1 第33節 Preview »

November 24, 2005

This is F.Marism@J1 第32節 アントラーズ vs Fマリノス

なんて言うのかな?F.Marism(Fマリズム)って感じかな?まあ鹿島の自滅的な要素が強い気がしなくもないけど、抑え所をしっかりと抑えるようなゲームをして勝ったことって、まさにFマリノスイズム(略してF.Marism)って感じ。強い頃のサッカーって感じでしたね。それにしてもお見事、4連勝!

J.League Division1 第32節

アントラーズ 0-2 Fマリノス @ カシマスタジアム「Flow of the victory that I caught, This is F.Marism」
F.Marinos:48'マグロン 86'大島秀夫

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也、DF中澤佑二、松田直樹、河合竜二、MF上野良治"触発?"、田中隼磨、ドゥトラ、奥大介、マグロン"祝・初ゴール、祈・残留"(→76'山瀬功治)、FWグラウ(→59'坂田大輔)、久保竜彦(→64'大島秀夫"存在証明")

アントラーズスタメン:GK曽ヶ端準、DF青木剛(→65'興梠慎三)、岩政大樹、羽田憲司、新井場徹、MFリカルジーニョ、フェルナンド、増田誓志(→54'野沢拓也)、深井正樹、FW本山雅志"孤軍奮闘"、アレックス・ミネイロ

サッカーは流れのゲーム、流れが来たところでいかにゴールを獲れるか、流れがない時にいかに耐えるか、シンプルにゲームを考えると流れを捉え、そして掴むという感覚が優れていればいるほど、勝機は増す。それが憎たらしいほど優れていたのが強い時。それがようやく戻ってきたのかなと。

序盤はプレッシャーを掛け合って中盤でせめぎ合うような流れ、チームの力は拮抗しているからどちらに流れがあるという感じではない。だから大きくリスクを掛けずにまずは守備からという形で相手にリズムを掴ませないようにゲームを進める。なかなか攻撃に置いては厚みのある形というのは出来ませんでしたが、流れを考えた時とりあえずはそれでも良かったのかなと。

で、後半に入って流れは変わった。両チームがゴールをより強く求めていたこともあってトランジッションが速くなり、スコアが動く可能性が高い流れになる。で、マリは前が孤立していた形が少し改善され、それが実る形で先制点。マグロンが大外でラインをかいくぐる頭脳的なフリーランニングに大ちゃんの対角線のフィードが噛み合って鹿島ラインを突破、マグロンが冷静に決めた!先制点を獲りに行って獲れたこと、まさに流れに乗った善循環と言った感じ。

まあ鹿島のディフェンスラインは大岩不在が影響したと言えなくない。プレッシャーの掛かっていないところでのトラップは愚の骨頂。まあそれだけ鹿島も前に掛かっていたから、抑えるための選択は限られていた訳だけど、最もリスクの高い選択をしてそれが仇となった形かも。まあこれ一つで叩かれるのは可哀想な気もするけど、失点する可能性が高い流れの中でディフェンス側からしてみたら軽率だったのかも。

この後、ビハインドを追った鹿島が前に出てくる、マリが身体を張りはね返すという展開にシフトしていくわけだけど、そうなったらやることは一つ、鹿島のオフェンスをどうにか止めること。しっかりとブロックを作り、鹿島の決定力のなさとどうも噛み合っておらず本山頼みの攻撃(本山をサイドバックに下げて彼のクロスからと言うのを狙ったけど、本山は別にしても他の選手の動きはイマイチ)にも助けられ何とか凌ぐ。ドラゴンが自らピッチを退いたり(肉離れの様子、全治3週間)長距離のランニングが多く、ハードに働いた鮪・大ちゃんが怪我なのか疲労なのかで動けなくなったりとマリとしても限界に近い要素はあったと思うけど、それでもチーム全体で我慢した恩恵がもたらされた。

左サイドドゥトラが駆け上がってグラウンダーのクロスを入れたところで羽田がコースに入ったのだけどミス、久保と交代で入っていた大島が拾い、巧くボールをコントロールして豪快に叩く!これがネットを突き上げるように決まった!一気にこれでチームとしても楽になった。結局この後も鹿島は攻め立てたがマリの堅い守備を破るには至らず2-0。ゲームの流れを捉えて確実に掴んだマリが優勝を争う鹿島を奈落の底の突き落としました。

まさに快勝という感じですな。まあ圧倒という形ではないですが、相手を抑え流れを読んで必要なゴールを掠め取る。相手にしてみたらいやらしい勝ち方って感じで、マリらしいなと。まあ元々守備はしっかりしているのだから、チーム全体がすべき事していけば失点の可能性は自ずと減っていく、そうなれば勝てる可能性も高まる。まあちょっと危ういシーンがあったけどそこは鹿島に助けられた。鹿島が良くなかったことは確かにあるにしても、このチームが負けていなかったことを考えたらこの勝利はマリが少しずつ戻ってきているという手応えが掴めたゲームだったのではないでしょうか。

勝負を分けた部分としては、上に書いた通り(そして本文でも意識的に書いたこと)ゲームの流れを捉えて掴むという要素。現在の流れはどんなものか、捉えた上で個々が何が必要かと考えて、実行に移す。とても当たり前のことだけど、目に見えないから難しい。チームとしての意思統一も必要になってくる。で、このゲームに置いてはは鹿島よりマリの方が優れていたのかなと。

ディティールで言えば今日の布陣的に上野の1ボランチというサンフレ戦でうまくいったシステムを最初から持ってきた訳ですが、あの試合ほど一方的な流れではないから前に掛かりになりすぎるとバランスを失って守備に置いて不安定になる可能性もはらむ。その中で、そして大ちゃんとマグロンが守備に意識を裂きながらプレーしたことでアプローチ不全を起こさずに(ごめん、造語)しっかりを相手を捕まえられた。攻撃に置いてはイマイチになった原因もありますが、ゲームの流れというのを考えた時に、攻撃の充実よりも守備の安定と言う選択は限りなくベターだと思う。無理にこじ開けようとして隙を作っていたら、ゲームは全く違う方向に流れていたかも知れないしね(結果論かも知れないけど)

まあマリにとっては素晴らしいゲームだったわけだけど、一つだけネガティブな要素は怪我。まだドラゴンの身体は連戦に耐えれる仕様になっていなかったことで、肉離れを起こしてしまった模様。まあチームの方向性を一つに定められるエースの存在が又失われてしまったことは非常に痛いし、何よりも怪我の具合が心配。今度は長引かなきゃ良いけどこればっかりは慎重に治してほしいなと。鮪もかなり来ていたようだし、大ちゃんも90分間走れるコンディションじゃない。そういう意味では次節は不安要素を抱えた中でのゲームとなりそう。

で、アントラーズ。まさに自滅という感じだけど、実際穴を見つけるには難しい相手だったことは事実。こういう時に狙いを持ってボールを動かし、複数のプレーの中で相手の穴を生み出すコントロールできる小笠原がいないことが殊の外痛かった。で、フェルナンドが単なるバランサーになってしまっているのももの凄いマリとして助かったけど、本来は怖さを持っているだけに彼らしさを出せないチーム状況というのも痛い(彼の調子も落ちているんだろうけど)積極的な動きでここのところチームを引っ張ってきた深井や増田の調子は落ちてきているし、ミネイロの焦りも目立つだけに、攻撃面では本当に苦しい状態は続きそう。本山が孤軍奮闘していたけど、ねぇ。引き分けが続いてもどかしい流れの中で、こういう負けが来るとチームの状態は一気に下がってしまう事があるからここから踏ん張って勝ちを持ってこれるかどうか、ほぼ降格がなくなったエスパ戦は鹿島の地力が問われるゲームになりそうです。

まあと言うことで大雑把ですがとにかく嬉しいw4連勝なんていつ以来だろう?なかなか出来る事じゃないしね。セレッソは状態も良いし、ああいうチームは苦手なチームなだけに難しいゲームになりそうだけど、ホーム最終戦又空気を読まずに逆恨みのようにリーグを混沌とさせたいですね。ということでとりあえずここまで。

*出来れば今日中にリーグ戦のまとめもやろうかなと。昨日はウイイレが届いてサボっちゃいました。今日も出来なかったらウイイレでサボってることにしておいて下さい(苦笑)

*Fマリズムは他チームに言っても息づいてるね!山崎がリーグ戦初ゴールでセレッソの勝ち点3を阻止!おめでとう、素晴らしい執念からのヘッドお見事!で、アルディージャ-ガンバは久永がカットインから見事な決勝弾のヘッド!綺麗なゴールおめ!来期は福岡に帰るのかねぇ?頑張れ!

*本当はリーグ以外にもアビスパ昇格のこととか(アビスパおめでとう、しっかりしたチームを作って3年目の悲願達成!)を絡めてJ2の中身を探ったり、昨日の夕方にストリーミングがあった、U-18もやりたいんだけど・・・・そこまでは無理かも。J2に関しては、ヴェルディが落ちたらやる、でもやらない方向でお願いします、ヴェルディ頑張れ。

*切ないニュース。「Mr.S-pulse」沢登が引退だそうな。又ドーハ世代の引退かぁ、時代の流れを感じるよ。まあ代表には余り縁がない選手だったけど、Jでは玄人好みのつぼを抑えたプレーで何度も唸らされたし、今でも戦術眼の高さと技巧でエスパの流れを変える存在として頑張ってたわけだけど・・・。もう少し出来そうな気もしたけど、引き際を考えたら良いタイミングと判断したからなのかな。やっぱり寂しいね。一番印象的だったのはあの静岡チャンピオンシップ(99年)かなぁ?アレ退場→スーペルFK弾での咆哮は忘れられない。とにかくお疲れ様でした。てゆうか後2節、激闘を繰り返した鹿島との対決(エスパは鹿島には相性良いし)で、有終の美を飾って欲しい、つぼ抑えたなめらかなスルーパスで。

|

« 予測を許さない激動@J1 第31節 酉vs鹿/鯱vs脚/まとめ | Main | 終わりよければすべてよし@J1 第33節 Preview »

Comments

こんばんわ

4連勝に浮かれてたのですが、怪我人続出なようで(--;
明日の試合見に行くのも、いたさんのレビューみて判断しようと思ったらw
体調良かったら行ってみようと思います!
鮪見たいな~ww無理??

Posted by: ナツキ | November 26, 2005 at 01:56 AM

ナツキさん、こんばんわ。

って、超入れ違い!今あげましたよ、プレビュー。きっと良い試合になると思いますよ、マリが勝つかどうかは非常に微妙ですが。ホームラストで選手挨拶もありますし見ておいてソンはないゲームだと思いますが・・・・身体も大事ですからねぇ・・・。でも楽しいですよ、きっと!

鮪出ますよ、多分。大ちゃんが怪我しちゃいましたし_| ̄|○ こっそりとファビーニョも面白いですよ。活躍されちゃうとマリは負けちゃいますが(苦笑)ではではw

Posted by: いた | November 26, 2005 at 02:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/7295117

Listed below are links to weblogs that reference This is F.Marism@J1 第32節 アントラーズ vs Fマリノス:

» 鹿島戦結果 [絶対マリノス主義]
2005 J-LEAGUE Division1 32節 鹿島アントラーズ0:2横浜F・マリノス <得点> 鹿島:なし 横浜:マグロン(48分)大島秀夫(86分) <スタメン> GK:21 榎本哲也 DF:22 中澤佑二 DF: 3 松田直樹 DF:35 河合竜二 MF: 7 田中隼磨 MF:17 マグロン(→山瀬功治 75分) MF: 6 上野良治 MF: 5 ドゥトラ MF:14 奥大介 FW:19 グラウ(→坂田大輔 59分) FW: 9 久保竜彦(→大島... [Read More]

Tracked on November 24, 2005 at 04:41 PM

« 予測を許さない激動@J1 第31節 酉vs鹿/鯱vs脚/まとめ | Main | 終わりよければすべてよし@J1 第33節 Preview »